5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)('A`)( ,,゚Д゚)ξ゚听)ξ(*゚ー゚)川 ゚ -゚)

1 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/02(金) 23:32:41.89 ID:LBt21MHx0


このスレは「ブーン系小説」ジャンルです。
読者参加型の小説ですので、選択肢が来た場合はぜひご参加下さい。

また、オムライス様(http://vip.main.jp/69-top.html)にまとめていただいています。
初めてという方、前回見逃した方は、↑で読むと話が分かるかもです。

ニューゲーム、ロードゲームとあり、現在は
メモリーカードの残量がないので、自動的にロードゲームが選択されます。

その場で文章を書いているので、多少投下に時間が掛かります。
ご了承の上、お読み下さい。


主なるーる。
・安価の際、選択肢外のレスの場合は一個ずらす
・時間の都合上、短くなる事があります。ご了承下さい。
・夜更かししない


2 :愛のVIP戦士:2007/03/02(金) 23:33:13.25 ID:w9Th+QF80
ミラクルサマナーキュイ
http://www.cuionline.jp/

http://www.gazoru.com/g-5c8f8737b816bd38592ea99052a5951b.jpg.html
http://www.gazoru.com/g-a3367775abff1def805ebe66bc7ce51a.jpg.html
http://www.gazoru.com/g-4fb71b141ff59bd7c7db429a896641d2.jpg.html
キャラ絵こそ可愛いが、システムは本格的で新たなアクションFPSとしての道を切り開いた作品。
まず、武器ともいえる召喚獣(乗り物)の数が多く
召喚獣1体につき一つの固有スキルを持っている為、頭を使った戦略も必要になってくる。
対戦ゲーよろしくのチーム戦はもちろん、大勢でワイワイやれる個人戦。
更には駆け引きが要される本格派の召喚カードゲームで、日々徹夜プレイヤーを作っている。
これに懲りず今後実施されるクエストモードでは、巨大なボスを倒すといったアクションMMOまで搭載。
正に見掛けとは裏腹なやり応えのあるゲームだが、まだ驚いてはいけない。
戦うだけのはダルいし飽きる・・・そんな貴方にも「モンスター育成」という嬉しい要素が入ってます。
育成すれば能力だけでなく、スキル・外見共に変わるので
周りと違うモンスターを育成して興味を集める事もできます。

さあ、皆も今すぐキュイキュイだ!

3 :愛のVIP戦士:2007/03/02(金) 23:34:14.07 ID:+iP5z2fIO
ktkr

4 :愛のVIP戦士:2007/03/02(金) 23:37:46.95 ID:95LVcAU00
          l      /    ヽ    /   ヽ \
          /     / l    ヽ /      |  \
| し な 間 〉 //  l_ , ‐、   ∨ i l  | |    \      は
| ら っ に |/ l ,-、,/レ‐r、ヽ  |   /`K ,-、 <   し
| ん て あ   / | l``i { ヽヽ l | / , '/',` //`|_/       や
| ぞ も わ    |> ヽl´、i '_   。`、llィ'。´ _/ /,) /\    ろ
| |   な   |`/\ヽ'_i ,.,.,.⌒´)_ `_⌒  /__/l  \       く
っ   |    く    |/ / l´,.-― 、l`ー一'_冫 /l l |   /   っ
!!!! |        \ ', /  /`7-、二´、,.| /// |   /
           lT´ {  /  /  ト、 |::| /// /  /    !!!!!
          l´ ヽ、 > ー    ,/ |ニ.ノ-' / / _
              i``` 、/ }    ',,,..'  |-'´,- '´     ̄/ ヽ∧  ____
           \/ ' \_  `´ノ7l´      /    // ヽ l ヽ
         / ̄ |      ̄ ̄/ ノ L___/      ★  U  |
        /   ヽ      /`ー´     /l                 |


5 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/02(金) 23:41:42.71 ID:LBt21MHx0




           ( ^ω^)('A`)( ,,゚Д゚)ξ゚听)ξ(*゚ー゚)川 ゚ -゚)





                 1、ニューゲーム(残数0)
                ⇒2、ロードゲーム(4)

ロードします。

6 :愛のVIP戦士:2007/03/02(金) 23:43:26.67 ID:Tflfydm2O
4

7 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/02(金) 23:47:21.09 ID:LBt21MHx0

メモリーカード1
主人公:('A`) ドクオ
時:昼
場所:食堂
参考:……最悪。最悪=俺=バカ

メモリーカード2
主人公:( ^ω^)   ((=゚Д゚=)
時:夜
場所:街路
参考:にゃ?

メモリーカード3
主人公:ξ゚听)ξ ツン
時:夜
場所:家
参考:

メモリーカード4
主人公:从'ー'从
時:卒業式後
場所:デパート
参考:クーの洋服w


>>9-10


8 :愛のVIP戦士:2007/03/02(金) 23:50:27.64 ID:+iP5z2fIO
1

9 :愛のVIP戦士:2007/03/02(金) 23:52:14.44 ID:nFxPTIr+0
1

10 :愛のVIP戦士:2007/03/02(金) 23:57:47.47 ID:rGwesnPIO
1

11 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:01:45.62 ID:ivql7Uzt0
('A`) 「それで──面接は?」

俺は視線をおばちゃんに移して言う。
いつものあの笑顔はなく、『仕事人』の雰囲気を出したおばちゃんが、返事をした。

「今からだよ。今から」
('A`) 「そうですか」

ぃょぅの横の席に座る。
彼の足は小刻みに震えており、額からは大量の汗が流れ落ちている。

(=゚ω゚)「よよよよよっよよろしくお願いしますよぅ」
「ん、それじゃ、なんでバイトをしようと思ったんですか?」

ぃょぅが俺の目を見た。
俺はわざと目をそらし、肩をすぼめる。
しょっぱなから、俺に頼るなと。



12 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:06:46.00 ID:ivql7Uzt0
(=゚ω゚)「ここここののの状態をどうにににかしたくくくくて」
「この状態をどうにかしたくて」

おばちゃんがうなずきながら復唱する。

(=゚ω゚)「すこここしずつつつ外に出ようかなななとととと」
「少しずつ、外に出ようかなと」

「……あなた、引きこもりか何か?」
(=゚ω゚)「そそそそんんんんな感じですすすすよぅ」


溜息をしながら、おばちゃんが口を開く。

「ウチね、意外と肉体労働だよ?昼の時間なんか、大変ったらありゃしない」
(=゚ω゚)「だだだ大丈夫ですよぅ」
「……雇ってあげたいのは山々なんだけどねぇ……」

13 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:06:56.48 ID:u+68uicBO
しぇん

14 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:10:57.39 ID:ivql7Uzt0
('A`) 「……」

残念、というかやはり。
ロクに喋れない引きこもりなんかが、バイトなんてできるはずがないんだ。

交渉は決裂かな、と思っていた俺の横。
ぃょぅが強く机をたたいた。

(=゚ω゚)「どどどどんんんんな仕事でもやりますよぅ!!」
(=゚ω゚)「どんな状態でももも、仕事はしますよぅ!」
(=゚ω゚)「俺を……俺を雇ってくださいよぅ!!」

震える声。
大声のつもりだろうが、実際はそこまでの大きさではない。
だが、伝わる『迫力』

「……皿洗いとか、面倒くさいことばかりだよ?」
(=゚ω゚)「よよよろこんで」

15 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:11:01.12 ID:3e67G3ybO
保守

16 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:11:20.80 ID:JKLREIOK0
がおれん

17 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:12:02.50 ID:Qiqw+xk80
ガンガレぃょぅ

18 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:13:34.46 ID:u+68uicBO
>>16
女子高生レイコ乙

19 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:17:34.70 ID:ivql7Uzt0
「朝は8時から。ちゃんと起きれる?」
(=゚ω゚)「もももちろんだよぅ」
「……うん、面接終わり」

その一言をつげ、立ち上がるおばちゃん。
俺とぃょぅは、目を丸くしておばちゃんを見つめた。

('A`) 「……それで、結果はどうなんですかね」
「合格だよ。合格。明日からでも、顔出しなさい」
('A`) 「軽いノリですね」
「ドクオ編だしね」

そういえば、初期の頃の俺の話はギャグオンリーだった!
それなのに、なんだこの真面目な雰囲気は!
その事を思い出した俺は、今からでも路線を戻そうとする。

('∀`)「良かったわね、ぃょぅちゃん! ママ感動しちゃった!」
(=゚ω゚)「黙るよぅ」

20 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:18:58.58 ID:Kbw+WOA5O
ちょwwww

21 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:22:02.43 ID:ivql7Uzt0
('∀`)「いやいや、ギャグらしくパーッというこうぜ!」
(=゚ω゚)「おおおお俺はすすす少なくとも、真面目なふふふふんいきを貫くよぅ」
('∀`)「無理。つーかすんな」
(=゚ω゚)「いいいい嫌だよぅ」

二人の男──いや、二匹の野獣。
片方は骨のような細い体を持ったゴボウ。
片方は温室で育てられた季節外れのトマト。

二匹の野獣は互いを見つめあい、そして呼吸を止める。
呼吸という行為が戦闘において邪魔なのだと、昔ばっちゃんが言っていた。

('A`) 「……ぃょぅ」
(=゚ω゚)「ドドドドドドドッドドドドドドドドドッドドドドド」

どもりすぎ。

('A`) 「あの日の決着……いま、着けようじゃないか」
(=゚ω゚)「わわわわわわわわわわわわわわわかかかかかかっかかか」

だから、どもりすぎ。

22 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:25:19.00 ID:ivql7Uzt0
「はいはい、そこまでだよ。ケンカは家でやりな」

にらみ合う二匹の野獣を、カビゴンが止めに入る。
ようやく正気を取り戻した二人。

(;'A`) 「そういえば、俺はボケ担当じゃなくてツッコミ担当だった!」

いかん、ついつい体を張ってボケてしまっていた。
俺は深呼吸をいれ、落ち着きを取り戻す。

「はいはい、面接は終わったんだし、早く教室に戻りな」

おばちゃんは俺たちの背中を押し、食堂から追い出す。

('A`) 「……」
(=゚ω゚)「おおおおお俺は、いいい家に帰るよぅぅ」
('A`) 「ん、把握」


23 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:27:32.73 ID:ivql7Uzt0
ぽつぽつと歩き始めるぃょぅ。
恐らく校門の所に、車が待っているのだろう。

('A`) 「……」

問題は、俺だ。
今から最後の授業でも受けに行くか?
……それとも、やはり親のことが気になるのか?


1、親が気になる。病院へ戻る
2、最後の授業くらい……。教室へ向かう
3、もう学校来ないんだし、学校ジャックでもしちゃうか

>>25

24 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:28:32.54 ID:e2EaXvdfO


25 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:28:41.61 ID:Qiqw+xk80


26 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:28:46.95 ID:W6BU2506O
3

27 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:28:48.57 ID:u+68uicBO


28 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:34:13.96 ID:ivql7Uzt0
('A`) (やっぱ、親がな……)

大体、親が自殺未遂で入院しているというのに、
学校に来ている事自体がおかしい。
俺は病院に向かうため、駅への道を歩き始めた。

───二三歩進んで、気づく。

(;'A`) 「俺もう金ねーよ」

こっちにくる途中、金は全て使い果たした。
もう、病院に行く事さえかなわないのだ。

(;'A`) 「俺むっちゃgdgdじゃん」

校門を出た瞬間、後ろからクラクションの音が聞こえた。
その大きな音に慌てて振り向く。

そして、俺の後ろにある車。その中にいる人物を見た。

29 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:37:58.87 ID:ivql7Uzt0
(´・ω・`) 「ドクオ君、病院まで送るよ」
(;'A`) 「……えと……ショボン先生」

3年を担当している、社会か何かの先生だ。
なんていうか、印象に残らないタイプなので、詳しくは覚えていない。

(;'A`) 「っっ!!」

前言撤回、俺は全てを思い出した。
この教師は女子に大人気な奴、そして、全く女子に気が無い男!
──そう、男子の間では、GEIとして恐れられている教師だ。

(;'A`) 「だだだ大丈夫っすよ!」

この車に乗ったら、何が起こるかわからない。
俺は恐怖と期待から、背中に冷や汗が流れるのを感じた。

(´・ω・`) 「遠慮しなくていいのに」

30 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:39:52.26 ID:3e67G3ybO
ショボンktkr

31 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:41:02.25 ID:9gnr95D5O
支援

32 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:43:20.95 ID:ivql7Uzt0
(;'A`) 「大丈夫です!(うわっ!コイツ俺めっちゃ狙ってるのかよ!)」

俺の言葉に、ショボンが返す。

(´・ω・`) 「大丈夫って……大体、君はもうお金すら持ってないんじゃないか」

(;'A`) (だから僕が、君をお金で買ってあげる!という風につなげるのか!恐ろしい!)
(;'A`) 「あ、本当はお金たくさん持っていますよ! もうジャラジャラ!」

(´・ω・`) 「君はお母さんと一緒で、嘘を付くのが下手だね」

……母さん?
コイツとウチの母親が、一体何の関係があるんだ?
家庭訪問なんか来たことも無いだろうし、授業参観で、性格を完全に判断できるはずもない。

(;'A`) (まさか───不倫!?)

そうかもしれない!
このショボンという教師の魔性の力で、俺のお袋を落としたのか!
そして、それを知った親父がギャンブルにはまり……失敗。
夫婦喧嘩をし、その結果、二人ともあんな大怪我をおったのか!!

(#'A`) (こいつが、俺の家の家庭崩壊の原因──!!)

33 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:44:18.60 ID:gtjOotFvO
GEIがGEOに見えたのは俺だけでいい

34 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:50:24.42 ID:ivql7Uzt0
(;´・ω・`) 「ど、どうしたんだい?怖い顔して……」
('A`) 「……いえ、それじゃ、遠慮なく乗らせていただきます」

俺はショボンの小さな車の後ろ座席に乗り込む。
ショボンは小さく頷き、ドアを閉めた。

('A`) (隙をついて──殺す!)

家庭崩壊の原因。
悪の元凶。
こいつさえいなければ、俺の家は幸せだった。

('A`) (覚悟しろ……ショボン!)

俺は心の中で、小さく雄たけびをあげる。

拝啓、父上様。
俺が父上の仇をとります。だから、父上は母上のハートをagain get してください。

そして出発する車。
その直後、ショボンが振り向いて、俺に何かを差し出した。

(´・ω・`) 「あ、これテキーラ。これはサービスだから受け取って欲しい」

35 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:53:40.84 ID:ivql7Uzt0
        メ\,_        ,メ゙\、
       .メ′ .゙゙アhr    _,zl||y,_ .゙∨
       .″       .y!^⌒ ¨\ .,,,,,,__
         .,yr=¬z  .l|  ◎  《 . ゙゙̄^へu,
     ,メ″,z厂◎  l|  ¥     il!      ゙ミ
     il「  ミy   ..,ilト  ゙ミy_ ア ,メ       .∨
    .ll′   干=冖″       ,,,yyyyy.   l|  ←ドクオ
    .l|     ,,,yvr=冖''''|リ|||》巛》ミ冖'li厂.l|   .,l!
    .l!     《vvvr=冖¨ ̄      .゙干l!  .,メ
    .l|     .l|   .,,yrrvy_   ,,,,,,_   .《yrl″
     \_   ,l|.,yzl^^゙゙^冖《《||7厂`゙リu_ .l|
      .゙\、 .r《l厂      .¨゙冖=vu,フhrト


(;'A`) (こいつ……俺に酒を飲ませて……9
(;'A`) (酔った勢いで……)


拝啓、父上様。
やっぱり、父上の仇より、自分のお尻の方が大事です。
本当にすいません。敵討ちはあきらめます。

36 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:54:17.84 ID:ivql7Uzt0
メモリーカード1
主人公:('A`) ドクオ
時:昼
場所:ショボン車
参考:僕らは風に乗った〜♪

セーブしました。

37 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:54:43.15 ID:Qiqw+xk80
ちょwwwwwドクオww



38 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 00:55:56.67 ID:Kbw+WOA5O


39 : ◆sHNGWXTAUA :2007/03/03(土) 00:57:34.62 ID:ivql7Uzt0
お疲れ様でした。

いきなりで申し訳ないのですが、今日よりしばらくの間
お休みをいただきたいと思います。

大体、10日程度……。
投下を休止させていただきます。
合作のほうにも、なんとか時間を合わせようと思っています。


また、前スレでの保守ありがとうございました。
「お、残ってる!」と驚き、書き込もうとした直前にDAT落ち。
本当に、運が悪く……。


では、復帰の際にはまたよろしくお願いします。
ありがとうございました。

40 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 01:00:03.10 ID:Qiqw+xk80
おk
wktkしながら待ってるよ


41 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 01:00:04.10 ID:ha9t3sesO


>>39
ガンガレ

42 :愛のVIP戦士:2007/03/03(土) 01:17:13.74 ID:9gnr95D5O
乙!いつまでも待ってるんだぜ!

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)