5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中学の時の黒歴史ノート見つけた

1 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:45:37.69 ID:o1GbEK2M0
代理立て

2 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:46:39.44 ID:g+5GxEu7O ?2BP(3192)
このスレは延びる

3 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:48:39.42 ID:mCVbNMr6O
>>1
乙&thx!

とりあえずうpはイメピタでおけ?
携帯あぶろだ他にあるならお願い

あと酉って#と@どっちだっけ?

4 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:51:57.64 ID:o1GbEK2M0
>>3
トリは#だ

5 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 13:54:37.76 ID:mCVbNMr6O
>>4
thx
とりあえずノートたち
http://imepita.jp/20070306/500130
冊数あるくせ半分以上書いてない

6 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:57:49.05 ID:mXGELNT/0
wktk

7 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:58:17.11 ID:Qie1Rg4C0
見ないでねと書いてあるが中身をうpしてもいいのか?

8 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 13:58:33.48 ID:Pe3k0IS+0
wkwk

9 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:00:49.28 ID:1YiScfN8O
wkwktktk

10 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:02:13.84 ID:ifyw8hHVO
dkdkwkwk

11 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:03:17.08 ID:9gb5MNBAO
パズいんだな

12 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 14:07:44.98 ID:mCVbNMr6O
とりあえずルーズリーフ片付ける。ちなみに詩とコード書いてある
しかも詩は銀色のペンw

冬の帰り道はとても寒いけれど君と手でつなかっているからとても暖かかいよ
〜中略〜
手をはなしてさよならするけど、心の中ではまだ二人
これからもずっと手をつないでいよう
後悔なんかしたくないから。
失いたくないものが今ここにある。
幸いときはいつもそばにいるよ
後悔するってことは自分がそれだけ弱かったせい。
大丈夫またなんとかなるよ。時間は無いけど、君がいるから…


これを
C G Am D/A
C G Am E
Am G C F
F C G Am

に乗せて歌う。気持ち悪い進行w
http://imepita.jp/20070306/503700

13 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:08:16.71 ID:CCgbgBDh0
きめええええええええええええええええええええ

14 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:08:56.49 ID:qScm8h4z0
あれ・・・パートスレみつけた・・・

15 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:09:14.29 ID:p3eboTgg0
いやぁああああああああ

16 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 14:19:27.83 ID:mCVbNMr6O
小さなイラスト達も見つけた
http://imepita.jp/20070306/514510
http://imepita.jp/20070306/514410
http://imepita.jp/20070306/514240
http://imepita.jp/20070306/514140
次ノート行くわ

17 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:20:33.93 ID:mXGELNT/0
二枚目の電波クマカワユスwwwww

18 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:21:50.22 ID:CYsF45T00
>>16
ノートwktk

19 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:27:36.61 ID:mCVbNMr6O
見ないでねノートからいくわ
まる秘なくせに3ページしか書いてねえw

『花丸』
君がそこまで一生懸命なのは 理想を理想のまま終わらせるのがイヤな君だから
大切なのは自信じゃなくてそれをやる事の誇りだから
何も考えず飛ばしてみよう。
紙ヒコウキでも石ころでも君が飛ばせる限りのすべてを
これからは君のオリジナル
道は君が作る。
走り続けて 君にしかない 新しい何かのために

1ページ目…

20 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:31:50.58 ID:Pe3k0IS+0
カオスwwwwwwwwww

21 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:32:06.31 ID:mXGELNT/0
2ページ目と3ページ目に期待ww

22 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:32:24.79 ID:+LTinsux0
やべえ…







俺も見つけた

23 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:33:44.35 ID:mCVbNMr6O
>>19
2ページ目はクサくも無くキモいだけだからカット3ページ目

『道』

今日という一日が昨日と一緒で また明日が今日でも僕は幸せ
君という存在がそこにあるだけで満たされてしまうから。
くだらない事がはずかしくて なかなか言えない時もあった。
伝えるのは言葉じゃなくて心だから。
あなたという人達に会えて本当にうれしかった。
心から好きと言える事が
気持ちを伝えられるという事が
とてもすばらしく思えた。
それを君が教えてくれた。


次2冊いくよ

24 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:40:15.43 ID:ifyw8hHVO
2ページ目を晒せ

25 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:41:28.96 ID:3rhk3Qi3O
詩人だなww

26 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 14:45:31.33 ID:mCVbNMr6O
>>24

たぶん『道』の続きかなんか


いくじがなくて弱虫で
傷つきたくないからためらってばかり
安全な道探し回ってる
今がキライで理想を夢見てまたふさぎこんで
ただ前を見て、前を向く事が難しかった。
道を引き返すばかり
だから、また戻ってくる
どうして僕は此所にいるの?
それがわからないからここにいるんだ
此所が僕の行くべき道だった
寄り道したけどそれも行くべき道
進む方向は一つじゃなかった僕だからここにたどり着いた。


27 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:47:18.32 ID:s3dyvCzcO
俺には1が撲殺天使ドクロちゃんの桜くんに見える

28 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:47:50.85 ID:mXGELNT/0
>>22
内容はどんなの?

29 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 14:49:44.52 ID:mCVbNMr6O
ノート2冊目

なんか自作料理のレシピ書いてある あと詩


ご飯 湯 のり 塩 しょうゆ こしょう
を適量


君がいなくなったあの日から僕の心は冬になった
はずかしくていいだせない好きすぎて嫌われたくない
そんな気持ちをつらぬくことが勇気だといえる 伝えられる
ずっと二人で歩いて行こう そんな気持ち持ち合わせまた今日も帰ろう



30 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:52:03.80 ID:+LTinsux0
>>28
痛い歌詞と絵…

http://l.pic.to/bylms

31 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:53:21.91 ID:mXGELNT/0
湯とかねーよwwww

>>30
絵うめぇwww

32 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:55:01.52 ID:F2Tr+7K70
>>29
何のレシピだよwww

33 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:55:05.37 ID:W+ocJvY/0
確かに上手いがどこか違和感がw

34 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 14:55:26.66 ID:azz/C/1t0
妹が書いたと思われる官能小説を発見

35 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 14:58:26.35 ID:mCVbNMr6O
>>27
キッカとか雛苺好きだよ うん。


結構でかく書いてあるから読めるかも?
http://imepita.jp/20070306/536640

あと厨バンドがびっしり書いてある
http://imepita.jp/20070306/536860
BUMP
あじかん
スムルース
藍坊主
ランクヘッド
ジャパハリネット
太陽族
マスミサイル
ゴイステ
19




36 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:01:33.47 ID:9mE7Pygp0
>>34
うp!うp!

37 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:02:41.07 ID:mXGELNT/0
なんでお前ら色々出てくるんだwww

38 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:03:39.89 ID:azz/C/1t0
>>36
打つの遅いから時間かかるんだぜ
ごめn
急ぐ

39 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:04:36.47 ID:zAdpYnWGO
子供は秘密と黒歴史を持つことで成長するんだってばっちゃが言ってた

40 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:04:58.29 ID:F2Tr+7K70
>>38
ガンガレ

オレも先週部屋片付けた時に見つけたけど捨てちゃったなぁ

41 :妹小説一章:2007/03/06(火) 15:07:56.07 ID:azz/C/1t0
〜恋と愛のかなしい物語り〜

あるところに、国王とイイナヅケの、別国の、娘が、いた。
その姫の名は、ミツキとゆう名で、おさななじみの別国の王子がいた。その王子の名は、タクトといった。
この二人は愛し合い、2つの国は、合併すると、気まった。
が、ミツキの身には、イイナヅケがいたため、その「けん」は、なしとなってしまった。


なにこれwww間違い多すぎwwwww

42 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:08:07.41 ID:ifyw8hHVO
>>40
それを捨てるなんてとんでもない

43 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:09:26.13 ID:Pe3k0IS+0
>>41
原文まま?句読点多いなww

44 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:10:54.78 ID:azz/C/1t0
>>43
原文まま。句読点のつけ方もわからぬようだな。
続き書く

45 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:11:06.43 ID:9mE7Pygp0
>>41
ワッフルワッフル

46 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:13:05.30 ID:q78CQejN0
>>41
凄いなw
中学時代、友人の友人から回ってきた手書き小説が
「千年前の銀河系」で始まったのを思い出した。


47 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 15:13:26.87 ID:mCVbNMr6O

なんか楽譜ちっくなのあったから弾いてみた
http://g.pic.to/d0uyk
携帯録音&ZO-3だから音悪短小でごめ

48 :妹小説二章:2007/03/06(火) 15:14:47.32 ID:azz/C/1t0
二人はそれでもくじけず、まだ、愛し合い、情熱的に暮らしていた。
だが、ある日、国王からの命領(命令にしたかったのか?)で、もう、
城へ行かなければ、ならなくなったのだ。
そして二人は、最後に愛を感じ、ミツキは、国王の城、正城へ、ひきとられていったのだった。
ミツキと、タクトは、ぜったいまた合えると、また愛し合えると信じ、ぜったいわすれないと、
約束したのであった。

49 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:15:23.64 ID:ifyw8hHVO
千年前wwww一千万年前なら分かるがww

50 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:19:15.47 ID:9mE7Pygp0
>>46
1000年前って確か平安時代だぞwwwwwwwwwwwwwwwwwww

51 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:20:25.37 ID:mXGELNT/0
冷静に考えるんだ。妹の名前がミツキで、兄の名前がタクトだという考え方はできないだろうか?
これは、ひょっとすると…

52 :妹小説三章:2007/03/06(火) 15:23:15.77 ID:azz/C/1t0
となりの国にある城、正城へと向かったミツキは、初めて合う、
国王のタダシにびっくりしたのである。
いやらしい顔つきと、おぼっちゃまのような服そうは、いまにも、この城をとびだして帰りたい
と、思うほどの気持ち悪さだったのである。
ミツキはそれを抑えて、タダシに無愛想にあいさつし、お部屋へと案内された。
そこで、まちうけていたものとは・・・・・!?

53 :妹小説三章:2007/03/06(火) 15:23:47.44 ID:azz/C/1t0
>>51
バレたk……ねーよwwwwww

54 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:24:47.90 ID:ifyw8hHVO
タwwwwwダwwwwwシwww

55 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:25:13.32 ID:Bz3g2s9a0
>>50
千年前のどっかの星で占い師が千年後の予言をした
みたいな感じの始まり方だった希ガス
で、千年後にとある女の子がその星にワープして
プリンセスに世界を星を救うとかなんとか誓って美少女コンテストに出る

56 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:25:23.16 ID:CNk6oRfgO
wktk +

57 :妹小説四章:2007/03/06(火) 15:28:37.86 ID:azz/C/1t0
なんと、とても広く、一人でいるにはもったいないほどの部屋だった。
が、部屋の中には監視カメラや、アダルトビデオ、ふいた利用のベットなど、
いやらしいものばかりあったのであった。それに、ミツキが一番びっくりしたものは
なんと、外からしかかけられない鍵と、お風呂場にも監視カメラがついていること、
それから、この、屋内プールには、かならず一日五回以上素っ裸で、入らなくてはいけない
とゆうことです(いきなり丁寧wwwwwww)
とりあえず、タダシとは違う部屋だったので、ほっとしました。

58 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:31:37.13 ID:ifyw8hHVO
>>57
もしかして本名タダシ?

59 :妹小説四章:2007/03/06(火) 15:32:18.85 ID:azz/C/1t0
>>58
全然違うww

60 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:32:28.13 ID:f4qf0Knh0


61 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:33:40.49 ID:9mE7Pygp0
>>59
クラスの好きなやつと嫌いなやつという可能性は?

62 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:36:15.35 ID:nIIRQW8o0
>>16-17
             、、
         <^ゝ < ヽ 何
   僕     <'-, / < .げ
   に   lv、,,_ `i フ/. な
   一   '^´v‐‐Φ'   い
 必 番        |     こ
 要     r-、_ | ,-,.  と
 だ.     >'´   ̄`ヽ  が
  っ.     |(・) .(・) |
 た。    k、 λ  メ
        `ーi--i-‐'
         | |

63 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:39:07.72 ID:mXGELNT/0
>>62
仕事早ぇwww
このクマ超好きwww

64 :妹小説五章:2007/03/06(火) 15:40:07.63 ID:azz/C/1t0
いろいろ説明をうけ、その夜。
ミツキは裸で、シャワーをあびていた(服着て浴びるヤツはいないw)
5.6分すると、なっなんと、あの、タダシが裸で入ってきたのだ!(だから服着てry)
ミツキは「キャッ〜」(アッー!!)とさけび、そこにあったタホル(なんだそれwww)をつかみ、体を、隠した。
タダシは、なにかを、たくらんでいるように、ニヤニヤと、しながら、ミツキに近づいて
きたのだ。
ミツキはあとづさり(ず)しながら、ききました。
「なっなんですか?」
ミツキははづかしくて(ず!!!)、赤くなってしまいました。
そして、タダシは言いました。
「イイ体だ。――、オレ様と、いっしょに、入るのだ。お前の体は、カメラニ、じっくりと、
とっておいてるぞ! それにしてもいい胸だ。大きいなぁ。もませろ!!」
タダシは、ミツキが持ってるタオルをむりやりとった。

65 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:42:01.87 ID:9mE7Pygp0
wktk

66 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:42:14.17 ID:ifyw8hHVO
>>64
ワッフルワッル

67 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:42:38.27 ID:gw60CJ34O
>>1の電波熊は秀作だな

68 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:44:36.31 ID:+LTinsux0
>>62
いいなww

69 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:44:55.61 ID:azz/C/1t0
>>61
タダシ……はいなかったと思うなぁ


70 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:48:02.15 ID:NtEX+ZifO
キャッーwwwwwwwww

71 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:49:36.32 ID:Ww1728f00
これはwwwwww

72 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:52:36.01 ID:9mE7Pygp0
キャッー!は秀逸wwwwwwwwwwwwww

73 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:52:52.74 ID:mXGELNT/0
タホルとか、大正ロマンwwwww

74 :妹小説六章:2007/03/06(火) 15:54:36.13 ID:azz/C/1t0
「オォ〜いい体だ。まぁ、この体も、おまえ、すべてオレ様のものだ」
そういうと、ミツキの腕をつかみ、むりやり、広い風呂場の地面に、おしつけたのだ。
ミツキは、はづかしくて(兄ちゃんがはづかしいよ)、うごけづ、もがいているだけだ。
タダシはあいかわらず、ニヤニヤしながらミツキの体を、みわたす。
そして、目に付いたのが、大胆にも見えている、ミツキのア・ソ・コ。(何この・はww)
ミツキは見られていることに気づき、いった。
「やめてっ下さい。こんな・・・こと、しないでっ・・・・。」
あいかわらず赤くなっている顔が色っぽく、いまにも、出きしめてやりたくなるような、
かんじだった。


75 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:55:04.22 ID:mCVbNMr6O
>>62
ktkr thx!
>>47にドラムやらベースやらなんやら付けてたんだけど結構携帯だときれいに録れない…
http://c.pic.to/638w7

今は妹小説に期待

76 :妹小説六章:2007/03/06(火) 15:55:05.64 ID:azz/C/1t0
自分で言うのもなんだが





オォ〜

77 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:56:18.76 ID:9mE7Pygp0
>>76
ワッフルワッフル

78 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 15:57:30.42 ID:ifyw8hHVO
いっちょめいっちょめ

79 :妹小説六章:2007/03/06(火) 16:00:15.32 ID:azz/C/1t0
タダシは、ミツキを無理やり起き上がらせ、お風呂の中へと、いれたのである。
ミツキは「キャッ〜」と悲鳴を上げ、おちたのである。
タダシは、ミツキに、またがり、自分の○○○(自主規制)を、ミツキの口の中に
入れようとしたのである。ミツキは泣きながら、
「いや〜、だれか〜、たすけて〜」
と叫んでいたのだ。

80 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:02:44.50 ID:NtEX+ZifO
妹何歳だよwwwww

81 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:02:58.51 ID:bChSNz3z0
ほ〜ら☆
えっちなものだよぉ〜
(携帯可)
http://kissho.xii.jp/1/src/1jyou2379.htm

82 :妹小説八章:2007/03/06(火) 16:04:41.58 ID:azz/C/1t0
タダシは風呂の中のことで、気がすんだのか、ミツキをむりやり、あがらせ、スケスケの服と、パンツが見えるほど短い、
スケスケのスカートをきせられ、パンツは、とっても、キツイ、セクシ〜なものだった。
ミツキは嫌がりながらも、むりやり着せられ、こんどは、タダシの部屋まで
つれこまれたのだ。
ミツキは、もがきながら泣きながら、「いや〜」と悲鳴を上げ、ベットへとつれこまれたのだ。
タダシは上の服を脱ぎ、ミツキの服をむりやりぬがせた。
ミツキは「やめてください。いやです。はなして! いや〜」
などといいながら、タダシと、ねてしまったのである。(性描写カットされてるしw)


83 :妹小説八章:2007/03/06(火) 16:05:09.54 ID:azz/C/1t0
>>80
12、3くらい。
中一

84 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:05:59.89 ID:aAE3mngA0
>>83の妹・・・恐ろしい子!ww

85 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:06:20.13 ID:9mE7Pygp0
妹の才能に嫉妬

86 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 16:06:23.35 ID:mCVbNMr6O
>>82
着せて脱がしてwww

87 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:06:41.10 ID:VpdWF9tP0
>>79
自主規制する兄の親切心もわかるが、
若い女子が性器をあらわす表現として、
どういう単語をチョイスしたのかリアルに知りたいwwww

88 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:07:11.30 ID:4riAcFA+O
中一でコレかwww

89 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:07:15.53 ID:NtEX+ZifO
>>83
中一クオリティwwwww
カルマといい日本はじまったなwwwwwwwww

90 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:07:53.73 ID:azz/C/1t0
さっきのでラストです。
御精読ありがとうございました。

91 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:08:39.73 ID:azz/C/1t0
>>87
違うのさ、妹が自主規制してんのさ。
オレは無修正で放出してやったんだぜw

92 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:09:15.02 ID:NtEX+ZifO
>>90
ちょwwwタクトはwwww

93 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:09:22.64 ID:9mE7Pygp0
>>90


94 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 16:09:57.96 ID:mCVbNMr6O
>>90
乙!
そろそろ俺も3冊目いっていいすか?

95 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:11:14.46 ID:VpdWF9tP0
>>91
そうか…ありがd
てゆうかタクトwwwwww

96 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:12:27.55 ID:azz/C/1t0
>>94
ぁ、すんません、邪魔してしもうたようですな。
こっから読み手にまわります〜

97 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:13:05.00 ID:kbsk2FCr0
>>90
感動の再会は無いのかww

>>94
どうぞ

98 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:16:07.12 ID:4riAcFA+O
>>90
乙www

>>94
GO

99 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 16:21:51.46 ID:mCVbNMr6O
とりあえず1冊マンガの設定画&落書きで埋まってる

ストーリー設定
プロローグみたいなの

その世界にはおきてがあった。
"罪を犯したモノには印がつく"
その印は命を縮めるものだった。
人々はその印の命を縮めるかわりに得る力に寄って戦うことを始めた。
自分についたその呪いを消そうともがいた。
呪いが消えると信じもがき続けていた。
そんな世界で…

とある夜に一人の罪人が月をながめていた。

http://imepita.jp/20070306/588580

100 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:23:20.36 ID:mXGELNT/0
これはwktk

101 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:24:54.59 ID:sUs2ol5c0
>>99
普通に面白そうだな

102 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:29:39.13 ID:azz/C/1t0
wkwk

103 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:35:16.57 ID:IcHOJD+j0
ここで聞くのもなんだけど、黒歴史ノートと弟の黒歴史スレは落ちた?

104 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:36:04.97 ID:mCVbNMr6O
能力設定

ちなみに印はマーカーて読む
とりあえず3タイプあるみたい
・手から火を出したりコスト無しで力をつかう。親が罪人とかによる生まれつきのもの。力使うと印が浮き出る
・体の一部分をリスクとして使う。牙が生えたり手が剣になったり
・罪を犯した時に使われた道具に宿った印。でっかくなったり火がでたり。

主人公っぽいのは血を刃物にするようです
名前はリエル
http://imepita.jp/20070306/594370

105 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:37:56.93 ID:azz/C/1t0
>>104

普通に絵が巧いんだが

106 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:38:43.82 ID:o1GbEK2M0
>>103
ttp://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1173104402/

107 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:40:44.85 ID:szUtQqevO
>>104
不覚にもwktkしてしまった

108 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:41:58.63 ID:IcHOJD+j0
>>106
サンク

109 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:42:55.28 ID:8DTJirR30
せっかくだから>>12歌ってみるわ

110 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 16:45:21.59 ID:mCVbNMr6O
キャラの設定書いてくわ

紅(紅)
生まれつきタイプ
左手の印から出る炎を操る
右手には短刀をしこんでる
http://imepita.jp/20070306/602930

111 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:47:03.17 ID:sUs2ol5c0
商業クオリティに迫る勢いです

112 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:49:46.41 ID:yNbZxfqt0
俺の今現在よりよっぽど上手いわ

113 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:50:37.76 ID:mCVbNMr6O
>>110

斬気(ざんき)
印のついた刀を使う
話方はカタコト
残忍な性格
http://imepita.jp/20070306/603750

リュンクス
半猫族
目付き悪い
印のついたバンダナにより身体能力をあげる
半猫族なため爪が長く鋭い
http://imepita.jp/20070306/606160

114 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 16:57:15.77 ID:TlU5MeWbO
これは普通に使えるだろ

115 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:04:36.66 ID:mCVbNMr6O
>>109
頼むwww


無我(むが)
〇〇団首領の息子
(↑名前まだ決めてないみたい。とりあえず大規模な盗賊団みたい)
左肩に印があり、左腕は包帯で包まれていて解くと実態は無い。
透明な左腕を水や空気に溶かして戦う。
後半で印のついた指輪を手に入れ気功波みたいなのつかえるようになる。
http://imepita.jp/20070306/611070


名無し
違う世界から飛ばされて来た
それにより記憶がないものの能力は使える。
風を操り、竜巻など大型のものも扱える。
後半で右腕を失い、風の力を利用した義手を使う。また穴が開いていて中が空洞な針の出た鉄球も使うようになる
http://imepita.jp/20070306/611630

116 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:04:43.17 ID:ifyw8hHVO
俺今日誕生日なんだ

117 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:07:16.16 ID:5fAGMG600
流れを読まずにこないだ授業中に描いたエロ画像うpしてもおk?

118 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:10:23.54 ID:sUs2ol5c0
これVIPPERでゲーム化したら面白そうだな
役割を決めて(OP歌は>>109でおk)

>>116
おめでとう!!

119 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:11:18.00 ID:8DTJirR30
>>118まてい俺の歌はキモイからやめてくれwwww
声が気持ち悪いんだ

120 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:11:55.36 ID:mCVbNMr6O
>>115
なんか設定無い怪しいやつ
http://imepita.jp/20070306/615420

これも名前決まってないくま
印のついた縫いぐるみ
ツギハギだらけ
身体の綿を移動、硬化させハンマーみたく扱う
外装は無理だが綿は自由に形を変えられる
http://imepita.jp/20070306/618560

設定はこんだけ
ちなみにネームやらストーリーについてはなんも書いてないわ

121 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:12:23.97 ID:ifyw8hHVO
>>117
(屮°□°)屮

>>118
ありがとう!!

122 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:13:53.75 ID:drnEOg430
http://f.pic.to/4kb4x?r=1
俺も見つけたwwwww

123 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:13:55.70 ID:5fAGMG600
ストッパーになったかと思ってもう少しで練炭するところだった
>>121ありがとう

http://up2.viploader.net/upphp/src/vlphp026378.jpg

124 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:14:30.58 ID:haqaAU7VO
今北産業

125 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:14:36.30 ID:bizVwg490
>>117
>>117
>>117
>>117
>>117
>>117



126 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:15:19.62 ID:8DTJirR30
http://p.pita.st/?m=peb7q5xz
自分に失望した歌うまい人が歌ってくれ

127 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:24:24.91 ID:mCVbNMr6O
>>126
聞けない…(´A`)

128 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:32:14.37 ID:TTj9iNnJO
>>122
グロ注意

129 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:34:47.45 ID:mCVbNMr6O
>>123
授業中にこんなん書くなwww
いやしかしこれは…

130 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:38:12.08 ID:ifyw8hHVO
>>123
授業中にムラムラしてきたのか?

131 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:40:10.48 ID:5fAGMG600
三角関数のグラフを見てたらおっきしてきたからつい・・

132 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 17:44:41.17 ID:mCVbNMr6O
>>131
ねーよwww

133 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:45:08.44 ID:k6O9duh9O
>>131
あるあr……ねーよwwwwwwwwwwwwwww

134 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 17:51:25.12 ID:ifyw8hHVO
>>131
ねーよwwwww

135 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 18:44:20.49 ID:ifyw8hHVO
>>1はどこ行った

136 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 18:48:30.30 ID:mCVbNMr6O
>>135
ノシ

なんか3冊目は設定と落書きで終わりなんだ
つまりネタぎれなんだがどうする…

137 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 18:51:01.04 ID:NtEX+ZifO
>>136
その設定を元に漫画を描けばいいんじゃね?

138 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 18:56:34.17 ID:mCVbNMr6O
>>137
パソコンとペンタブもってりゃ書いたんだけどな…
携帯しかないから良いあぷろだないんだ

139 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 19:30:11.23 ID:4qCXIgYkO
あげ

140 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 19:43:36.07 ID:mCVbNMr6O
とりあえず全員書いてみた
http://imepita.jp/20070306/709580

141 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 19:44:43.47 ID:NtEX+ZifO
>>140
ガチでうめぇwww
乙だれ!

142 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 20:05:15.30 ID:Qie1Rg4C0
>>140
ちょwwうますぎw

143 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 20:26:45.90 ID:ifyw8hHVO
>>140
うまっ

144 : ◆shyH4heDSU :2007/03/06(火) 20:30:52.03 ID:mCVbNMr6O
ちょっとだけ書いてみた
リエルVS斬気
バトル系苦手(書いたこと無い)だから下手でごめんな
http://imepita.jp/20070306/736780


145 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 21:23:13.12 ID:ifyw8hHVO
>>144
ジャンプで連載しろwwww

146 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 21:54:53.44 ID:mCVbNMr6O
>>145
ルジオンみてた

斬の二の舞いだれ

147 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 21:59:45.44 ID:6oEMVplF0
>>144
地味にクオリティ高いな

そういやFate書いた那須は中学校の頃にはもう設定とオチは完成していたそうだ
その話と今の自分の手元に在るノートを比べて、何か練炭買い込みたくなった

148 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 22:25:59.61 ID:mXGELNT/0
>>147
わかるぜ。昔のシナリオプロットとか読み返すと死にたくなるww
数ヶ月前とかのでも、その頃何に影響を受けていたか丸わかりだしなwww

149 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 22:36:30.11 ID:OXSMYCBp0
なんか……出て来た………
しかし……なんでこれだけしか書けてないんだ………?

MS Tactics______
広大に広がるネット上に存在する、一つのゲームだった。
ごく普通のゲームだった。

しかし、ある時「アルテルクス」と言う企業がこのゲームを元にしたゲーム
「MS Tactics R&B」をアーケードで発売、一躍大ブームを引き起こす。
その数年後、家庭用機を発売し大ヒットする

数多くのプレイヤーが生まれ、数多くの機体が生まれた。

そんな中、あるイベントが開催される事になった。
プレイヤーのほとんどがそのイベントに参加した。


そして___あの『事件』いや『事故』が起きた



150 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 22:40:52.55 ID:5fAGMG600
このスレって工房が多いのかな?

151 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 22:43:47.04 ID:OXSMYCBp0
>>150
そうだろう
中1と中2でいろいろ考えて書く→中3は受験勉強→高校に入ってから見て………orz

152 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 22:46:29.56 ID:5fAGMG600
やっぱ似たようなのはいっぱいいるんだなwwwwww
中学3年間で書き溜めた「小説」ってフォルダの容量がおよそ6MBあったからちょっと見直してくる
このスレ見てたら触発された

153 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 22:54:00.14 ID:mXGELNT/0
>>152
wktk

154 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 22:57:37.57 ID:5fAGMG600
当時ふぁてやって影響されてたせいか各ヒロインごとのルートまで用意してある病っぷり
というかかなり端折って書いてるから今読み直すとカオスwwwwwww

155 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 23:01:15.17 ID:mXGELNT/0
うpうp

156 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 23:11:50.56 ID:5fAGMG600
どんな感じでうpすればいいんだろうか・・?
書いた本人が読んでても日本語でおkって感想しか出ないから少し時間をいただくことになる

157 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 23:12:58.48 ID:mXGELNT/0
ファイルうpしちゃいなよwwwww

158 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 23:22:20.07 ID:xp8InFIB0
黒暦史の頃の発想は成長するとできなくなることも多いから結構貴重だと思う
大幅に作り変えなきゃ使えんけど

159 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 23:32:50.44 ID:5fAGMG600
両親と死別している事以外はなんの変哲もなかった少年・三崎宗也(みさき そうや)
彼は高校二年になり、ある4人の少女と出会った。
とある経緯で少女の身体になってしまった男、中沢葵(なかざわ あおい)。
実年齢は200歳を越える"祖"と呼ばれる純潔の吸血鬼、有末千冬(ありすえ ちふゆ)。
魔術師の家系に生まれ、若くして当主となった射陽菜(いくい ひな)。
機巧技師の一人娘で、数々の機巧人形(マリオネット)を使役する神無月澪(かんなづき みお)。
そして ――悪魔憑き、吸血鬼、魔術師、機巧人形。
総ての意味するモノとは。


とりあえず読んでも苦にならなそうな部分を読める程度に改訂して置いておく
ファイルうpは気が向いたらします・・
見てるうちに思い出したけど百姫夜行ってタイトルも仮でつけてたな・・

160 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 23:37:14.89 ID:mXGELNT/0
これは……。

名前に使用する漢字とか、たまらないものがあるな

161 :愛のVIP戦士:2007/03/06(火) 23:58:06.44 ID:9W1vnuaq0
中1の妹が書いた小説見つけたわ。
途中までだけど載っけとく。

  眼下に広がる夜景。
 色とりどりのネオンが街をライトアップする。
 正直、こういう人工的な光は嫌いだ。夜空そのものの美しさが損なわれてしまうような気がして。
 ちらりと横を見ると、美羽がどこか神妙な面持ちでネオンを見つめていた。
「……どうかしたか?」
 何か、心配事でもあるのかと思い、問いかける。美羽はハッとしたように目を見開き、「ごめん」と呟いた。
「夜景が、すごく綺麗だな、って思って……」
 小さな声で言って、美羽はまた静かになった。
 俺は美羽の右手に自分の左手を重ね、優しく握った。
 美羽がいやに儚げで、ともすればこのまま消えてしまうような気がして。


162 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 00:00:13.76 ID:tGQiWhxD0
鬼才

163 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 00:43:43.46 ID:Nt7R36an0
続きwktk

164 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 00:45:53.13 ID:c22nfaBh0
続き。


 そんなのは嫌だ。俺はもう、美羽と離れたくない。
 腕を骨折して、入院していた間だけでも苦しかったんだ。
 美羽と離れて過ごした間、美羽はお見舞いにも来てくれていたし、そんなに長い間離れていた訳ではない。けれど、ひとりで居る時、俺は自分の心にぽっかり穴が開いたような感覚を覚えた。そのブラックホールのような、空虚な闇に、飲み込まれてしまうような気さえした。
 その時に、心から思ったのだ。
 俺は、美羽から離れない、俺が彼女を守ろう、と。
「ねぇ、翔くん――――――」
 そんな事を考えていると、美羽が真剣な顔をして振り向いた。
 あまり見たことのない美羽の表情に、僅かばかりの動揺と違和感を覚える。
 美羽は俺の前ではいつも微笑んでいて、あまりこういう顔はしなかった。
「ん?」
「わたしは…………」
 美羽はそこで言葉を切り、俯いてしまった。
 首を傾げ、「どうした?」と問いかける。
 美羽は俯いたまま、言葉を発しない。


165 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:17:38.77 ID:c22nfaBh0
今の13歳って怖いな。みんなここまで文章書けんのか?
てことで続き。

 その時、強い風が吹いた。
 今、俺達が立っている高層ビルの屋上ともなれば、吹き付ける風はかなりのもので、美羽の長い髪が風で乱れた。
 美羽が咄嗟に髪の毛を手で押さえるのよりも先に、美羽のロングの髪が風で飛んだ。
 あ、と小さな声が美羽の口から漏れ、美羽の頭から取れた黒髪ロングが、風に舞いどこかへと消えた。
 あの黒髪は、美羽の本当の毛髪ではなくカツラ、だったのだ。
 カツラが飛び、そこから現れた美羽の本来の髪は、肩に付くか付かないかのショートヘアだった。

 そんな、バカな。

 長い、腰まである綺麗な黒髪が美羽の自慢だった。
 いつも髪を丁寧に扱い、痛めるようなことは絶対にしていなかった。
 小さな頃からのばしてるの、そう言って美羽は自分の髪を指先でいじっていた。
 なのに、今俺の目の前に立っている美羽の髪は、彼女が大事にしていたはずの長い髪ではない。
「こ、これは違うの! わたし、翔くんを騙すつもりなんか――――」
 あたふたと言い訳をする美羽の表情を見て、悟ってしまった。

 

166 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:18:13.17 ID:c22nfaBh0
彼女は、美羽ではない。
 俺が今の今まで美羽と信じてやまなかった彼女は、美羽ではない。別人だったのだ。
 混乱する頭を落ち着かせようと、深呼吸をし、渇いた喉から声を絞り出すと、その声は情けないほど震えていた。
「美羽は? 美羽はどこにいるんだよ!!」
 掠れた声で叫ぶと、彼女は瞳にうっすらと涙を浮かべ、口を開いた。
「……美羽はもう、いないの」
 言葉の意味が理解できず、声が出ない。
 もういない? どういう事だ。
 俺とついこの間まで笑い合っていたじゃないか。
 また、デートしようね。なんて言っていたじゃないか。

 もう、いない?



167 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:19:03.60 ID:c22nfaBh0
「翔くんと付き合い始めて、他の女の子にねたまれて、呼び出されて……」
 彼女の声が、どんどん小さな物になる。彼女の目から溢れた涙が、ぱたぱたとコンクリートの床に落ちて、いくつか小さな染みを作った。
 他の女子にねたまれ、呼び出された。
 その先は、聞かずともなんとく想像が付いた。
 言って欲しくない。聞きたくない。
 その事実を聞いてしまえば、現実に押しつぶされてしまいそう。
 俺の考えが正しければ、美羽はもうとっくのとうに――――――。

「美羽は、屋上から飛び降りたの」

 どくん。心臓が大きな音を立てて、全身から力が抜けた。
 その場にがくりと崩れ落ち、目頭が熱くなる。
「美羽が、死んだ」
 うわごとのように呟くと、彼女も限界だったのか、声を上げて泣き出した。
 ごめんなさい、と俺に向かって謝罪の言葉を掛ける彼女に、俺はどうすればいいのかさえ分からず、人形のように、焦点の定まらぬ瞳で虚空を見つめていた。


168 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:20:14.60 ID:c22nfaBh0

 美羽は俺に何も言わなかった。
 なにかあったらいつでも言えよ、と念を押したのに。
 美羽は元々、なんでも自分で抱え込む癖があったから、心配はしていたんだ。
 俺の見舞いに来たときも、美羽はなにも言わずに微笑んでいた。
 俺のせいじゃないか。
 美羽が俺に何も言わなかったのは、俺に気を遣っていたからなんじゃないのか。
 俺が「なにかあったか?」と聞いていれば、美羽は今も笑っていたんじゃないのか。
 自分の体のことしか考えないで、俺は美羽のことなんか考えていなかった。
 変化に気付かなくてはいけなかったんだ。俺が一番美羽に近かったはずなのに――――。
「それじゃあ、きみは美羽の妹か」
 楽しそうに妹の話をする美羽の笑顔が、色を失いモノクロになる。
 まるで遺影のようなその映像を、必死に脳裏から消し去る。
 美羽との思い出が、鮮明なカラーから、徐々に色を失い、セピアになりモノクロになる。眼下に広がるネオンの光までもが灰色に見えた。


まだ続くんだが……。
うpした方がいい?

169 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:25:39.82 ID:28eReoKD0
うpうp

170 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:26:43.65 ID:sRvosjIAO
         鬼         才

171 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:29:18.52 ID:c22nfaBh0
続き投下。

 洋服の袖で涙を拭いながら、彼女が弱々しく頷いた。
 あぁ、そうだったのか、とどこか冷静な頭で思った。
 今日一日、なんとなく感じていた違和感は思い過ごしではなかったのだ。
 なぜ、もっと早くに気づけなかったのだろう。
 美羽は、俺に助けを求めていたんじゃないのか。
 俺に見せた笑顔も、必死に作ったものだったのではないか。
 自分の不甲斐なさと、一気に全てを失ったショックとで、何も考えられなくなる。
 悲しすぎると涙が出ない、とよく言うけど、あれはどうやら事実だったようだ。
 さっきまで溢れていた涙が、いつの間にか止まっていた。
「美羽が死んだ、か」
 美羽が、いつも言っていた言葉を思い出す。
「わたしは、生まれ変わったら鳥になりたいの」と。
 美羽は、羽ばたいていった。最後の瞬間、美羽は確かに鳥となって羽ばたいたのだ。地上に向かい、勢いよく。
「もう、きみは帰った方がいい。ご両親が心配するよ」
 平静を装って、うなだれる彼女の肩に手を置いた。
 彼女は俺の顔を見つめ、また「ごめんなさい」と謝った。
 謝ったって、仕方ないじゃないか。美羽はもう、俺の元には戻ってこない。


172 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:30:11.37 ID:c22nfaBh0
「本当にごめんなさい」
 苦しそうに声を絞り出し、それだけ言って彼女は走り去った。
 背後から聞こえる扉を閉める音が、どこか遠いところから聞こえてくるような感覚がした。目に映るもの、耳に聞こえる音全てがどこか違う世界での出来事のようだ。

 気付けば、俺の口元は弧を描いていた。
 ショックでどこかイカレてしまったかもしれない。
 面白くも楽しくもないのに、悲しくて苦しくて仕方がないのに、笑いが止まらない。
 美羽はもう、鳥になってしまった。
 人としての、俺が愛した美羽は、失われてしまった。
「空を飛べて、嬉しかったか?」
 誰もいない、風が吹き付ける屋上でひとり呟く。
 当然、返事は返ってこない。
 ふとフェンスの下に覗く夜景に視線を移す。
 ひどく魅力的なその光景に、俺は心を奪われた。


173 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:31:01.52 ID:c22nfaBh0
 そこは夜景ではなく、ネオンが光り輝く人工的な景色ではなかった。
 どこまでも続く青空。ぽっかりと浮かぶ白い雲。
 青空はまったく汚れていない、真っ青な色。
 青々と茂った緑が辺り一面を多い、綺麗な花が咲いている。

 その花の中央、ひときわ大きな、真っ赤な花の横に、美羽が立っていた。
 呆然とする俺に、美羽は優しく微笑みかけ、手を振る。
 俺は自然と嬉しくなり、美羽の元へと駆けだした。
 
 助走を付けて足を踏み出すと、今までに感じたことのない浮遊感が俺を包む。
 落ちてしまうのではないかと美羽を見つめると、美羽が俺の背中を指さした。
 その瞬間、俺の背中から翼が生え、羽音を立ててその翼が上下する。不安が消えた。
 美羽の微笑みがすぐ近くまで迫り、俺は微笑んで瞳を閉じた。
 美羽を抱きしめ、花が咲き誇る草原に倒れ込んだ。


次で終わり

174 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:31:25.45 ID:s/TbWyoZ0
13才でyoshi越えですか
これだから世の中は分からない

175 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:31:34.18 ID:c22nfaBh0
 ネオンが辺りを照らす、人工的な風景。
 その中で、ひとりの少年が幸せそうに横たわっていた。
 血だまりが少年の周りに広がり、人だかりが出来る。
 あわただしく人が動き回り、街のざわめきが大きくなった。

 その光景を、この街には似つかわしい、まったく汚れていない真っ白な鳥が見つめていた。
 その白い鳥が空に羽ばたくのと、少年の命が尽きるのは同時だった。
 幸せそうな、安らかな表情のまま、少年の体が冷たくなっていく。
 愛した少女の幻に抱かれ、少年は空へと羽ばたいた。



これで終わり。

176 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:32:33.20 ID:CfTLW07nO
これなんとかクロニクルの続き?

177 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:33:56.50 ID:c22nfaBh0
知らね。
なんかオリジナルとか二次とかで色々書いてるみたいだが。

178 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:36:51.30 ID:hZrjGjbVO
13の妹結構やるなぁ。
痛いのは痛いがちょっと感心するわ。


179 :愛のVIP戦士:2007/03/07(水) 01:51:46.85 ID:O7hOsGHYO
>>175
つか、ケンイチとキャラが被るんだが
(´・ω・`)


44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)