5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンがカービィに代わりスパデラを攻略するようです

1 : ピアニスト(長屋):2007/03/29(木) 21:20:41.58 ID:JjGa7ceu0
代理

2 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:21:22.09 ID:+3/IDDxLO
2げと

3 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:22:03.51 ID:+3/IDDxLO
wktk

4 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:23:50.50 ID:lXJosk3i0
2ヶ月前くらい、一回で投下とか調子こいた事言ってました
色んな都合上無理でした

今日と明日の二部構成にさせてください

5 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:24:49.12 ID:lXJosk3i0

ドゥーレン

『リアクター1出力良好』

ドゥーレンデデデン

『バランサー調整0003だス!錨をあげるだス!』

ドゥ――

『反重力プラントチェック 1.2.3番おk』

レンデデデン

『セイル解放ソーラレベル288!』

『機は熟した。今こそ我等が力を見せる時、
 堕落に満ちたプププランドをこの手で変えてみせる』






            メタナイトの逆襲

                    デーレーデデーン



6 : ピアニスト(長屋):2007/03/29(木) 21:24:50.85 ID:JjGa7ceu0
ガンガレ

7 : 電話番(ネブラスカ州):2007/03/29(木) 21:25:28.99 ID:z0rFA3QXO
wktk

8 : 留学生(兵庫県):2007/03/29(木) 21:25:54.50 ID:eBN6ioMA0
wktk

9 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:26:26.62 ID:lXJosk3i0
戦艦ハルバード離陸寸前、そいつは星に乗りやってきた。

この世界を守るため。

カービィ「戦艦ごと潰してやんよ」

カービィの相棒、ワープスターは一段と加速する。
光の速さで迫る危機に、メタナイト軍は驚愕した。

【;●ω●】「カ、カービィがやってきました!
       真っ直ぐこちらに飛んできます!」――――アックスナイト

(;゚ー゚)「大変!大変!どうしよぉ!」――――ワドルディ

( <●><●>)「こんな所で邪魔されたくないだスよ!」――――メイスナイト

鳥「メタナイト様、いかが致しましょう?」――――鳥

( ,_ノ` )y━・~~~「甲板付近の者は戦闘準備!他の者は離陸に備えよ!」








( ,_ノ` )y━・~~~「と、言いたい所だが、やっぱ俺が出るわ」

鳥「いってら」

10 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:28:19.60 ID:lXJosk3i0
甲板に到着したカービィは、早速袋のネズミとなった。
左右前後、何処を見渡しても敵。四面楚歌とはよく言ったものだ。

カービィ「懸かって来い、それとも俺が怖いか?」

挑発の台詞を合図に、クルー達が攻撃を仕掛けた。
ある者は剣、ある者は銃、ある者は槍、ある者は核兵器、
しかし、どれもカービィの前では無に等しい。
気付けば五分もかからず、甲板のクルーは全滅していた。

カービィ「こんなものか、所詮戦闘力5の雑魚戦闘員だったな」

唾を吐きかけ、内部に侵入しようとする手前の事だった。

「そこまでだ」

頭上の声と共に、足元へと剣が落ちる。

カービィ「早速お出ましか。ラスボスはにしちゃ、せっかちだな。
     それとも俺に会えなくて寂しかったのか?」

( ,_ノ` )y━・~~~「ああ、貴様を斬れなくて寂しかったよ。
          しかし、それも今日まで。自分から来てくれるとはな」

カービィ「こんな剣まで用意してくれて……俺とタイマン張ろうってか」

足場が揺れ、両者一瞬バランスを崩す。
離陸は既に始まっているようだ。野望を翼に込めて。


11 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:28:27.84 ID:+3/IDDxLO
鳥wwwいたいたwww

12 : ピアニスト(長屋):2007/03/29(木) 21:28:56.17 ID:JjGa7ceu0
展開はぇぇよw

13 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:29:19.55 ID:lXJosk3i0
( ,_ノ` )y━・~~~「貴様、何故今日が計画の実行予定日だと分かった?」

カービィ「テメーがブログに書いたんだろうが……丁寧に赤文字でな。
     そんな馬鹿には……制裁を」

血に塗れたクルーを勢いよく吸い込むと、星の弾丸に形を変え、発射した。
爆音と爆風に乗せて、メタナイトが飛ぶ。藍色のマントが靡いた。
次に空中で剣を構える。カービィも同様に、床に突き刺さった剣を抜いた。

そして互いの剣が交わる。スピードは常人が出来る想像のそれじゃない。
唸る金属音、痺れる空気、二人はこれが「戦い」なのだと再認識した。
両者一歩も退かない接近戦、距離を取るなど甘ったれた概念は無い。
カービィのソード能力は体力が満タンであれば、剣の先から波動とも言うべき、
ビームソードが射出される。メタナイトはそれも計算し、戦略を練らなければならない。
だが、カービィに剣を持たせたのは他でもない本人。
それは全身全霊を懸けて、目の前の男を倒そうとする闘志の表れか。
はたまた何か策があっての事か。
どちらにせよ無謀。事実、カービィの放ったビームソードが一発メタナイトを直撃した。

( ,_ノ` )y━・~~~「ぐ……」

これを見逃す者はいない。隙の出来たメタナイトを、一閃。渾身の斬撃を浴びせた。

カービィ「勝った……!!」

戦いの中で、誰もが最も油断する場面がある。
それは戦いが終わった瞬間だ。
安堵の後の絶望。今のカービィがその例である。
切裂いたものは、ただのマントだ。間違ってもメタナイト本体では無い。

14 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:30:52.64 ID:lXJosk3i0
ならば何処に。
そう考える暇も無く、背中を一刀両断。
致命傷にはならないが、現状ではこれで十分と加害者は判断した。
一方のピンクの男に意識は無い。それを確認したメタナイトは、男を海へと放り投げた。

( ,_ノ` )y━・~~~「さらばだ」

その言葉を受けた男は、紺碧の波に飲み込まれていった。
もう二度と這い上がってはこれない。
勝敗は完全に着いた。勝者は天空、敗者は海の底、この世の理に叶った結果である。



戦艦ハルバードは轟音と共に上昇していく。
風を裂き、雲を抜け、やがて誰の手も届かない天空へ。
















15 : 留学生(兵庫県):2007/03/29(木) 21:31:38.18 ID:eBN6ioMA0
支援

16 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:32:42.62 ID:lXJosk3i0



















場面は変わり、ここは暗黒の深海。
ピンク色の戦士は怨念と共に沈没していく。
力を失い、正義は崩れ、やがて誰の声も届かない海底へ。

   (希望はまだ……途絶えてはいない……)


( ^ω^)ブーンがカービィに代わりスパデラを攻略するようです

     PLAY『REVENGE OF META KNIGHT』この英語あってんの?


17 : ピアニスト(長屋):2007/03/29(木) 21:33:32.91 ID:JjGa7ceu0
おいwww

18 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:33:48.22 ID:+3/IDDxLO
支援

19 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:34:18.45 ID:lXJosk3i0
CHAPTER 1『集結』

『プルルルルルル』

今日も電話が鳴り響く。
ダイナブレイドの撃退、マジルテの崩壊、
主役代行のブーンは、ここ最近で随分と名が売れたようである。

以前はビルの一角にある小さな事務所で、ひっそりとやっていたビジネスだが、
金が入るようになって、ついにブーンは念願のマイホームを手に入れた。
自宅と兼用で、一階に事務所を設けてある。
ブーン以外にスタッフはいない。なぜなら彼は人付き合いが苦手だからだ。

『プルルルルルル……ガチャ』

( ^ω^)「毎度ありがとうございます、主役代行のブーンですお」

( ^ω^)「マリオさんですかお、えぇその件につきましてはどうも」

( ^ω^)「え?『ブリリアンカード』?盗んでませんよ。
       はい、『ジャッキーベルト』も『ゆうれいくんしょう』も盗んでません。
       『ジャンパースカーフ』?『フラワーギフト』?何の事です?
       『レッドヨッシーエキス』も知らない間に貴方が使ったんじゃないすか?」

マリオ『おま…………ブツッ』

電話の主が何か言いかけたが、ブーンは何処吹く風で切ってやった。
これ以上はボロが出ると判断した結果だ。
これだけ金が入った理由。それは以前攻略を頼まれたゲームで、
金目の物は全部、依頼主の許可無しに頂戴したからである。

20 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:36:17.47 ID:+3/IDDxLO
ブーンwww

21 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:36:17.53 ID:lXJosk3i0
( ^ω^)「ハフッwwwハムハムwww『コオロギようかん』うめぇwwwwww」

この茶菓子も、その時のゲームで手に入れた物だ。
カエル仙人とかいう老いぼれが、執拗に欲しいとねだって来るもんだから、
つい殺してしまった。そんな思い出のある菓子だ。

( ^ω^)「そういえば最近……」

小学生でも五秒で描ける、あのピンクの丸い生物の姿を見ない。
洞窟で大作戦をしてから、もう三ヶ月が経つ。
いれば鬱陶しい。しかしいなければ、それはそれで寂しい。

( ^ω^)「それはそれで寂しい……」

…………!

(;^ω^)「いやいやいやいや待て待て待て待て!
       何を考えてるんだお、あの野郎はやっぱいない方が世のためだお!!」

左右に首を激しく振る。
もう振り回しすぎて、首が360度に回転した。妖怪である。

彼が化物になりかけている最中、不意にインターホンが鳴った。

「宅配便でーす」


22 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:37:00.00 ID:+3/IDDxLO
支援

23 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:38:41.58 ID:lXJosk3i0
何やら小包のようだ。
それでもって送り主は例のトラブルメーカー、カービィ本人。

鼓動が高鳴る。ワクワクする。
ブーンはあれほど送り主を毛嫌いしていたのに。
何故であろうか。答えはCMを跨がなくても分かっている。
ここ最近のブーンには冒険心を擽るようなイベントは何一つ起きちゃいないからだ。
主役代行という職業柄、ラブアンドピースだけの世界を抜け出して、
危険な危険なイバラの道を行きたいという願望が、心の奥のタンスと壁の間あたりに詰まっているからである。

しかし万が一開けてみろブーンよ。ロクな事は起きないぞ。
今までを振り返って考えて味噌漬け。

血に塗れ、炎に焼かれ、宝は横取りされ、
依頼の報酬で一つでもマシな物があっただろうか。
退屈な世界を抜け出したくて君が始めたビジネスだ。
その気持ちは今も変わらない、分かる。
だけど、もう一度だけ考え直s( ^ω^)「さーて開けるか」パカッ

地の文の忠告を無視するなんていい度胸だ。
もうブーン君なんて知らない! バカ!
謝っても遅いわよ、もう私出ていくから!
居なくなった後で、私の重大さに気付いても許さないんだから!

( ^ω^)「お……? ワープスターと手紙だお……」


24 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:38:59.75 ID:+3/IDDxLO
支援

25 : 留学生(兵庫県):2007/03/29(木) 21:39:57.75 ID:eBN6ioMA0
支援

26 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:40:50.66 ID:lXJosk3i0
( ^ω^)「拝啓ブーン様……

ようピザ!元気にしてたか!?
この手紙を読んでいると言う事は、もう俺はこの世にいないって事だな。
とかいって生きてたらハズいよな(ワラ
メタナイトのブログにプププランドを滅ぼすと言う犯行予告があった。
こればっかりは俺もMK5だったわけで、だだだだだだだだだだだだ
カインを焼いてたのを忘れて、家を飛び出していったわけよ。
家……燃えてるだろうなぁ。         だだだだだだだだ
俺は必ずメタナイトの野望を止める。しかし万が一、俺だだが死ぬような事があれば、
やつをとめるのはおまえしかいないってことだだだだだだだだだだだ。。

↑スマンスマン、上の文ちょっとヤバい事になってんな(ワラ(ワラ(ワラ
強風が酷くてな。この手紙書いてるのワープスターの上なもんだから、仕方が無いだろう?
俺もよくメモ用紙一枚分のスペースにこれだけ書けたよ。表彰モンだよ。
ワープスターは俺からの差し入れだ。小包に上手くねじ込んだから小さく見えるが、
水をあげれば大きくなる。風呂で遊んでもいいぞ。
最大四人まで乗れるからな。もしもの場合は、頼れる仲間を三人集めて、
メタナイトを潰しにいってくれ。

PS.このPSって何の略なんだろうな……

                    カービィより、愛をこめて 敬具    」


( ^ω^)「……」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「あー、エロゲの主役代行の依頼こねーかなー」

27 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:43:26.27 ID:lXJosk3i0
( ^ω^)「そういやメタナイトのブログってまだあったのかお……」

( ^ω^)「さっそく、デスクの上にある新品のノートパソコンを起動させて、
       僕は暇つぶしにメタナイトのブログを見る事にするかお」

( ^ω^)「ややっ、そこにある内容に僕は愕然としているお……
       今時女子高生でもありえない程の顔文字を使って、
       自分がカービィを抹殺したとほざいてるお……」

( ^ω^)「残虐非道……僕の怒りの炎が沸きあがってきたお!!」

( ^ω^)「こうして僕は、一緒にメタナイトの討伐をする仲間を集めに、
       街へ繰り出したんだお!!」

( ^ω^)「プアー、パパー、ブゥゥン……ざわ……ざわ……ワイワイガヤガヤ……
       うーむ、人ゴミは避けたい所だお……」

( ^ω^)「……はぁ……」






( ;ω;)「僕が悪かったお、戻って来てくれ地の文!!」

べ、別にあんたの為じゃないんだからね。
酷すぎて見ていられなかっただけだからね。


28 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:45:01.13 ID:lXJosk3i0
ブーンはよくよく考えてみた。
カービィは単身で要塞に乗り込んだというのだ。
奴に出来て自分に出来ない事なんて何一つ無い。コピー能力も得たんだから。
そうと決まれば突撃だ。
大体、今までに出会ったヘルパーでマトモな奴が一人でもいたか?
個々の能力は確かに高いが、無駄にキャラが濃い奴もいる。
主役である自分を差し置いて目立たれると、何かカッコ悪いじゃないですか。

決して友達感覚で声が掛けられなかったんじゃないぞ。
最初から一人で行くつもりだったんだよブーン君は。
新しいクラスに微妙に馴染んできたところで、席も近いし、いつも親しくしてくれている
クラスメートに勇気を出して、たまには自分から声を掛けてみたら、(呼び捨てで)
馴れ馴れしくすんなよ、みたいな眼で見られたトラウマは、今回の件で全く関係ないぞ。

そんなこんなでワープスターが飛び立てるような丘にやってきた。
カジオーが橋を壊して、クッパ城に行けなくなった丘を想像してもらうとありがたい。

( ^ω^)「よし、コンパス(算数で使う)も持ったし、冒険の準備は整ったお!!」

意地を張って、本当に一人で来たブーン。
背中には何とも言えない哀愁が漂い始めている。
会社で一人だけ、おにゃのこにお茶を貰えなかった、窓際の席のおっさんみたいだ。

( ^ω^)「……行くかお」

「ちょっと待ちな!!」

岩の陰からひょっこり姿を現したのは、燃える闘魂の格闘家。

( ,,゚Д゚)「ファイターのナックルジョーだ」

29 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:45:09.78 ID:+3/IDDxLO
ちょwwwwwwテラ説明口調wwwwww

30 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:46:52.39 ID:lXJosk3i0
( ^ω^)「矢吹……来てくれたのかお……」

呼び方は違うが、ブーンは確かに感動している。
例えるなら、どっこいおむすび君の最終回くらい感動している。

「自分もいるぜ!!」

( ^ω^)「あ、アナタは……」

<ヽ`∀´>「ニンジャのバイオスパークニダ」

ぶっちゃけ、あまり面識はないが共に戦ってくれるなら大歓迎だ。
しかし、何故コイツなのか。

<ヽ`∀´>「メタナイトの飛行船でディ○ニーランド行くニダ」

ブーンはあえて何も突っ込まなかった。

「俺を忘れるな!!」

小石の影からひょっこり姿を現したのは、燃える人。

从 ゚∀从「ファイアのバーニンレオだ」

忘れる以前に会った事も無いような気がするのは気のせいじゃないだろう。
目的を尋ねると、飛行船で伊豆に行きたいらしい。自費で行けよ。

31 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:46:55.54 ID:+3/IDDxLO
支援

32 : 巫女(dion軍):2007/03/29(木) 21:47:26.73 ID:ZjmVSij90
(´・ω・`)ブーンカワイソス

33 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:47:45.14 ID:lXJosk3i0
奇妙な面子だか役者は揃った。
どう見ても視聴率が取れなさそうなキャストだが、問題は無い。
出演者の穴は脚本で埋める。
この戦いのストーリーはヤワなもんじゃない。
命を懸けた男達の物語なのだから。

( ,,゚Д゚)从 ゚∀从<ヽ`∀´>「俺達は仲間だ!!」(^ω^ )



マト#>д<)メ「何だよこの手抜き臭い集結は! スパデラは飾りか――――!!」



【;●ω●】「ブ、ブーンがやってきました!
       真っ直ぐこちらに飛んできます!」

(;゚ー゚)「大変!大変!どうしよぉ!」

( <●><●>)「別に大変でもなくね?」

鳥「メタナイト様、いかが致しましょう?」

( ,_ノ` )y━・~~~「丁重にお迎えしようか」


メタナイトはこの事態を重く受け止めていなかった。
それほどブーンを危険視していないのだ。

戦闘力などたかが知れている。周りのヘルパーも同様だ。

34 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:48:08.35 ID:+3/IDDxLO
メンバー影薄っwwwww

35 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:48:49.76 ID:lXJosk3i0
( ,_ノ` )y━・~~~「甲板付近の者は戦闘準備!他の者は昼飯に備えよ!」

丁度甲板でワープスターの電池が切れ、四人は無事に到着した。
やはりスピードは馬鹿にならない代物だ。
算数のコンパスは全く役に立たなかった。


少なくとも今は無事というだけで。
これからどれほど出血し、何本骨が折れるかなんて誰にも分からないが。

(;^ω^)「あっという間に囲まれちゃったお」

ブーン達四人を円状に取り囲み、じりじりと距離を詰めていく甲板の兵士。
だが、これで臆するくらいなら、最初からこんな登場はしない。
初っ端からジャッキーばりのアクションシーンが始まる。



36 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:49:52.54 ID:lXJosk3i0
CHAPTER 2『潜入』


从 ゚∀从「うらあああああああああ!!」

一番派手な戦いを見せているのはバーニンレオだ。
屈強な兵士相手に、自慢の火炎を浴びせていく。

( ,,゚Д゚)「せぇぇぇぇい!!」

最も古典的、かつ強烈な格闘業。
それらを使いこなし、バッサバッサと敵を倒していくのはナックルジョーである。
強靭な拳は槍や剣をも凌ぐ。

<ヽ`∀´>「ウォォォォォォォォォォ!!!」

壁に張り付いたり、離れたりを繰り返しているのはバイオスパークだ。
一度ペッタンとくっ付いて、離れて落ちようとしたのに、何かまたくっ付いていく。
おまけに飛んじゃう。で、またくっ付くのさ。
無限ループって怖いね。

(;^ω^)「ハフハフハフハフハフハフ……」

隅でお茶漬けを食ってるのはブーンだ。
思ったけど、電話にただいまお茶漬け中って貼ったって、相手は分かんねーだろ。

37 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:50:14.21 ID:+3/IDDxLO
支援

38 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:52:11.09 ID:lXJosk3i0
甲板の兵士は全滅、立っているのは侵入者四人のみ。
早くも祝勝会をあげている始末。飲んだら乗るな。

<ヽ`∀´>「あ、ここから内部へ行けるみたいニダ」

ピンクのスイッチを押すと扉が開き、通路が現れた。
これが、戦艦ハルバードの進み方だ。
ブーン達は内部から破壊してしまおうと、外道かつセオリー通りに事を運ぼうと誓った。

( ,,゚Д゚)「さほど複雑な造りじゃないのが幸いだな」

( ^ω^)「複雑にすると作者が描写に困るからだお」

しかしながら、実際機内は想像よりもシンプルであった。
やはり敵と戦う事を想定しての設計か。
ならば戦ってやろう。この命燃え尽きるまで。

福島の希望の星、聖光学園のキャプテン?も春の甲子園に望むに当たって、
「この命を尽くし……」とか言ってた。野球で死ぬなよ。てか負けたよね。

【;●ω●】『ブーンがロケットバルブに侵入!』

鳥『ヘビーロブスターを投入しろぉ! 急げぃ!』

【;●ω●】(鳥うぜぇ……)

お詫び
ググっても出てこなかった鳥の名前。
顔文字も別に思い浮かばなかったんで、誠に勝手ながら「鳥」と表記させて頂きました。
ご了承ください。幼女と風呂入りたい。

39 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:52:32.12 ID:+3/IDDxLO
支援

40 : 野球選手(関西・北陸):2007/03/29(木) 21:53:19.38 ID:ieXb/IUYO
なんだろこのスレ・・・昔のブーンが洋館の人が書いたマリオみたいなノリだ・・・・

41 : 巫女(dion軍):2007/03/29(木) 21:53:28.57 ID:ZjmVSij90
ブーンやる気無さ杉wwwww

42 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:54:20.92 ID:lXJosk3i0
( ^ω^)「よし、このロケットバルブを完膚なきまでに破壊するお」

( ,,゚Д゚)「ああ、これはハルバードにとっちゃ大打撃になるはずだ」

いよいよもって、ブーン達はノズルまでやってきた。冒険し過ぎだろう。
しかしこの男達、戦艦を墜落させる際、自分達はどうやって脱出するのだろうか。
その質問をブーンが皆に問い掛けた結果、日傘が一本あったので、
それをパラシュートの代わりにすれば大丈夫だろうという安全策が提案された。

四人は親指を立て、拳を合わせた。
それから涙を流し、抱き合った。感動のエンディングである。

『ピンポンパンポーン』

从 ゚∀从「やべっ、お昼の放送だ!」

( ^ω^)「でよーwガヤガヤ……」

委員長「しーずーかーにーしーてーくーだーさーい」

( ,,゚Д゚)「それでそれでwwwワイワイワイワイ」

委員長「しーずーかーにー……(涙目)」

それから委員長は給食も食べず、グスグスと泣いていた。
でも片付ける直前でデザートのプリンだけ食ったりするんだよな。

鳥『諸君はよく頑張った。だがここまでだ! ヘビーロブスター、君に決めた!!』

(;^ω^)「うはwwwwポケモンすかwwwwww」

43 : 経済評論家(三重県):2007/03/29(木) 21:54:49.51 ID:ZP/1GbYm0
あのチキン名前なかったよな確か

44 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:55:37.11 ID:lXJosk3i0
轟音、そして地鳴り。
下は地面ではないのだから、この表現が適当なのかどうかは分からない。
しかし、金属が擦れるような音を立て、そいつがやってくるのは紛れもない現実だ。

从 ゚∀从「右から何かがやってくるぞ!」

( ^ω^)「左に受け流すお」

灰色交じりの蒸気。その中から現れたのは機械兵器ヘビーロブスターだ。

【 ´⊇`】「ゴゴゴゴゴゴ……」

一見可愛いと錯覚すら覚える。
黄金の鎧とエメラルドグリーンの瞳、二足歩行で動く海老の頭みたいなんですもの。

<ヽ`∀´>「ホルホルホルホルwwwwwwww」

Yをながくおす――はたきぎり かえし4連

斬撃の嵐が降り注ぎ、黄金の身体に傷を刻んでいく。
ニンジャの攻撃の最高峰ではないだろうか。
しかし痛覚の無い機械には、怯むという事がない。

【 ´⊇`】「ふみつけ攻撃! ふみつけ攻撃!」

(;^ω^)「グオオオオオオオ! 派手なボディの割に攻撃地味――――!!」

<ヽ`∀´>「今助けるニダ!」

空中でY+↓――ニンジャキック

45 : 巫女(dion軍):2007/03/29(木) 21:55:41.49 ID:ZjmVSij90
委員長カワイソス

46 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:56:44.29 ID:+3/IDDxLO
支援

47 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:56:51.58 ID:lXJosk3i0
( <●><●>)『ノズルの後ろでチョンが戦ってるだス!』

( ,_ノ` )y━・~~~『メインエンジンを最高出力にすればいいんじゃね?』

【 ●ω●】『おk、何かそれっぽいの点火!』

バイオスパークとブーンが葛藤している最中、
残りの二人は煎餅を食いながら携帯電獣テレファングについて語っていた。

从 ゚∀从「ありゃ酷いゲームだったなぁ……味方を携帯で呼んで戦闘させるって……」

( ,,゚Д゚)「改造進化とか遺伝子?進化とかあったなぁ。ポケモンの世界でやったら、
     違法で捕まる事、この上無しだな」

从 ゚∀从「それよか……さっきに増してノズルの動きが激しく……」

鳥『今だ、テイクオフ!!』

( ,,゚Д゚)「まずい、吹き飛ばされ……」


ビョォォォォォォォォォォォォォォォォ……

       ´⊇`            ≡≡≡≡≡
( ^ω       【          ≡≡≡≡≡
          `∀´>    】    ≡≡≡≡≡


うん、何かこんな感じ。

48 : 栄養士(新潟・東北):2007/03/29(木) 21:57:06.57 ID:pLSrio7xO
支援

相変わらずおもしれぇwww

49 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:58:11.22 ID:lXJosk3i0
从 ゚∀从「クソ、ブーンとバイオスパークがぶっ飛ばされちまった!!」

( ,,゚Д゚)「そういうケースもある。
     だが奴らの情熱ならきっと戻ってくるさ、俺達は俺達に出来る事をしよう。
     それが戦いというものだ。指揮官が居なくなったからといって、
     戦意を失うようでは、始めからそいつには戦う資格がなかったという事さ。
     本当に強い者はな、逆境でこそ力を発揮するんだよ。
     根性論は時に、論理を覆す。だから人は強いんだ。
     曲げられない信念というものがあるから……」

从 ゚∀从「ああ、お前の言う通りだ。
     どこかで躓いたって、それは走れなくなる事じゃない。
     立ち上がる気力があれば、屈強な心があれば……
     人はどんな壁も乗り越えていける。燃え上がる魂の炎を絶やさない限り……な」

(*゚ー゚)『こ、こいつら熱いぜ……』

【;●ω●】(でも実際書いてる人は、この前弟にガチで抓られて泣いたんだよなぁ)

鳥『二人残ったか……だが問題あるまい。何せこのまま進まれても……』

( <●><●>)『二連主砲があるだス。その前には我ら同胞のメタナイツも待機させてるだス』

鳥『いや、待てマズイ! この先にはワシの部屋がある!!』

从 ゚∀从「この先、何処に向かう?」

( ,,゚Д゚)「反対側の甲板へ向かおう。あと鳥の部屋も荒らしたい」

鳥『あれれ〜マイクがONになってるよ〜。こっちの声あいつらに筒抜けだったのかよ』

50 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 21:59:38.87 ID:+3/IDDxLO
作者情けねえwww

51 : 張出横綱(関東):2007/03/29(木) 21:59:39.69 ID:r7B/RoGsO
テレファング懐かしすぎるwwwww

52 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 21:59:50.16 ID:lXJosk3i0
【 ●ω●】『一方のブーンは海まで飛ばされたようです』

( <●><●>)『ぷぅ、ヤバかっただス』

鳥『この空中戦艦ハルバードでプププランドは制圧されるのだ』

( ,_ノ` )y━・~~~『まずは小手調べだ。目標、グレープガーデン!』


そのころ、ブーンが飛ばされた離島ではサバイバーが行われていた。
追放免除ゲームは、穴掘って柵の下を潜る奴だった。どうでもいいったらありゃしない。

( ´ω`)「お……ここはどこだお……?」

気が付けば、そこはリゾートのような場所だった。
椰子の木が並び、カラフルな花が靡いている。
一瞬過ぎ去る南風は、鮮やかな植物達と談笑しているかのよう。

(´・ω・`)「ようやくお目覚めか。我が永遠のライバル、ブーンよ」

視界の脇から顔が現れた。
むかついたので頭突きを一発与えてやると、呻き声を上げながら、転がっていった。

( ´ω`)「デデデ大王……何でここに……」

(´・ω・`)「春休みを利用してバカンスに来ているのだよ。
      いやー、赤点が一つだけで良かった。
      いくつもあったら、それだけ解消しなきゃいけないからね」

(;^ω^)「おまwwwwwww学生かよwwwwwwwwwww」

53 : 経済評論家(三重県):2007/03/29(木) 22:00:42.92 ID:ZP/1GbYm0
テレファングとかロボットポンコツって結局きえてったよな

54 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:01:42.25 ID:lXJosk3i0
大王が「お前こそ何をやってるんだ」と当然の返しをしてきたので、
ブーンは大まかに、それでいて大胆に、説明をしてやった。セーラー服着たい。

(´・ω・`)「なるほど、『DAT』の欠片をね……」

( ^ω^)「いや全然違う。大王はここまで自家用ジェット機で来たのかお?
       だったら早くそれ貸してくんろ」

(´・ω・`)「んなもん持ってねーよ。ショベルカーで海を渡ったに決まってるだろう?」

どうでもいいけど、今の大王の服装はアロハ一着だ。
下は穿いていない。キャー変態。

( ^ω^)「勇者現る。でも一人きりとは寂しいバカンスだおw」

(´・ω・`)「バカモン、仮にも大王だぞ。付き添いがいるわ!おーい、出て来ーい!!」

パンパンと両手を叩くと、物凄いパフォーマンスを魅せながら、奴は登場した。


↓物凄いパフォーマンス
http://2ch-library.com/uploader/src/2ch6530.jpg


55 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:02:21.18 ID:lXJosk3i0
(´・ω・`)「紹介しよう、人生サスケの山田さんだ」

山田「今夜が山田」

そう言って山田はブーンに握手を求めた。

( ^ω^)「よろしくお願いしますお。あ、手袋は取って下さいお」

(´・ω・`)「僕もメタナイトには頭にくる事があってね。
      英語のリスニングのテスト中、あの野郎は大音量で鼻をかみやがって、
      全く聞き取れなかったんだ。それで赤点にされたと言っても過言じゃない」

( ^ω^)「ちょwwwwwメタナイトも学生かよwwwwwwwwww」

(´・ω<`)b「僕の記憶では先の森に、観光客用のワープスターがあったはずだ。
        それなら戦艦にも追いつけるだろう?」

( ^ω^)「キモッ」

( ^ω^)「キモッ、でもありがとうだお。
       ところで、僕以外に吹き飛んできた奴がいなかったかお?
       ニンジャのバイオスパークなんだけど……」

(´・ω・`)「二度も言うなよ……それと飛んできたのは君だけだ」

( ^ω^)「パイオスバーク……君の事は忘れはしないよ」

もう名前を忘れかけていた。


56 : 張出横綱(関東):2007/03/29(木) 22:03:27.14 ID:r7B/RoGsO
ちょwwwww山田wwww

57 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:03:59.43 ID:lXJosk3i0
CHAPTER 3『修羅』

戦艦の露出が多い部分、上を見上げれば茜色の空。
風は先程でもないが、大砲やトゲトゲ等の罠がウザッたい。

( ,,゚Д゚)「反対側の甲板に出たぞ!」

从 ゚∀从「鳥の部屋はどこだ! エロ本漁ってやる!!」

鳥『チクショー! あいつらどれだけ俺の部屋に執着してるんだよ!!』

鳥の願いも虚しく、バーニンレオが戦艦の異変に気付いてしまった。

从 ゚∀从「おい、奇怪だなこりゃ……」

足場をコンコンと叩いてみる。
銅色で出来た床は金属製の音を立てるが、明るいオレンジで出来た床は、
明らかに別の物質で出来た、それも空洞を感じさせるような音だ。

( ,,゚Д゚)「この部分だけはブロックで出来てるな。破壊可能だ」

読み通り、強い衝撃を与えると、その足場だけが砕け散る。
カービィでお馴染みの星型ブロックだ。
下方で漂っているトゲ野郎に注意をし、二人は隠し部屋に辿り着いた。

鳥『……見つけられたか』

( <●><●>)『何だスか? ここは』

可愛らしい小物と、ぬいぐるみが飾られた、一見女の子の部屋のような場所だ。

58 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:04:05.80 ID:+3/IDDxLO
山田wwwwww吹いたwwwwww

59 : 運転士(関東):2007/03/29(木) 22:06:02.92 ID:D40+IB11O
wktk

60 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:06:12.91 ID:lXJosk3i0
从 ゚∀从「ぎゃはははははwwwwww見ろよコレ、赤ん坊の時のアルバムwwwww」

鳥 一歳
________
|              |
|  / ̄ ̄ ヽ,  |
| /        ', |
| {0}  /¨`ヽ {0}, !
|.l   ヽ._.ノ   ', |
リ   `ー'′   ',|
|              |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

( ,,゚Д゚)「ちょwwwwwww結局コイツの名前鳥かよwwwwwwwwww」

从 ゚∀从「あwwwwww卒業文集の写真もあったwwwwwwwwwww」

    、         i
    iヽ、       /i
    i ヽヽ、      /i
    i  i __ヽ、   ./.i
    i /__|  ヽ、 / i
    i'"゛i1|  __.|/ .i
    i  ‖|/i\i___|
    .\‖.|∠___/" ̄\
      ‖.|/    \ .  \
      W" ̄\    \  .ヽ
           `''‐-、_  \ i
               `''‐-、ヽi
                  `ヽi   

61 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:08:34.46 ID:+3/IDDxLO
成長し過ぎだろ…常識的に考えて…

62 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:08:42.70 ID:lXJosk3i0
鳥『チクショオオオオオオオオオ!!! 断じて許さん! もう許さん!!』

【 ●ω●】『安心汁、今トライデントナイト率いる、
       メタナイツ第一部隊をそっちに向かわせた!!』

鳥『え? そっちって俺の部屋?』



( ,,゚Д゚)「さて、散々楽しんだし話の本筋に戻ろうか」

爆撃された鳥の部屋。
本棚は倒れ、お菓子のクズは散らばり、ソニンのカレンダーも奪われた。
今回ばかりは鳥に同情してあげよう。

从 ゚∀从「じゃーお邪魔しま……」

本当に邪魔であった。
そのバーニンンレオの台詞が終わる前に、武器を構えた兵が突入してきた。
その数、十人余り。少数精鋭のメタナイツ第一部隊は、
三椏槍のトライデントナイトが部隊長で、周りも相当血の気が多そうな輩である。

( ,_ノ` )y━・~~~『そこまでだ、ナックルジョー! バーニンレオ!』

鳥『メタ・ナイツの力を思い知るがいいっ!』

(*゚ー゚)『ファイトっ!』

63 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:10:13.64 ID:+3/IDDxLO
支援

64 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:10:22.27 ID:lXJosk3i0
( ´ー`)「皆さん、やってしまいなさい」

トライデントナイトが黄門様の如く合図をする前に、戦闘は開始されていた。
通常の敵とは違うタフさに、格闘家も炎使いも苦戦を強いられる。

从 ゚∀从「このタコ助が!!」

(:::::::::::::::)「……」

赤く小さく、ふわりふわりと浮かびながら槍で突いてくるのはジャベリンナイトだ。
まぁタコにも見える。厄介なのは、動きの読めない独特の空中移動だ。

( ´ー`)「俺漏れも」

( ,,゚Д゚)「くっ……!!」

三椏槍といった威圧感のある武器に加え、小柄な身体を持つ部隊長。
ジョーの大振りな攻撃がなかなかヒットしてくれない。
拳や蹴りは、全て部屋の壁紙に。既に幾つもの穴が。

鳥『状況更に悪化しとるwwwwwwwwwwwwもうやめれwwwwwwwwww』

部屋の中は戦場そのもの。
どちらが白旗を振っても、マイルームは帰ってこないだろう。
鳥は涙が枯れ果てるまで泣いた。

从 ゚∀从(ぎゅうぎゅう詰めじゃねぇか、この部屋……かくなる上は……)

何を血迷ったのか、バーニンレオは部屋の天井いっぱいにジャンプした。

65 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:11:49.67 ID:+3/IDDxLO
支援

66 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:12:22.67 ID:+3/IDDxLO
支援

67 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:12:50.96 ID:lXJosk3i0
標的が逃げ場の無い空中へ。敵はバーニンレオに釘付けだ。
次の瞬間には襲い掛かってくるだろう。

从 ゚∀从「ナックルジョーよ! 外に避難しろ!!」

( ,,゚Д゚)「何だと!?」

逃げろではなく、避難しろ。
鳥はさっきから非難しているが、この状況下で何が始まるのか。
とにかく言われた通り、敵を振り切ったジョーは、小さな出口を抜けて部屋から脱出した。

メタナイツの攻撃は一斉にバーニンレオに集まる。
しかし、それすら計算済みである。

空中でY――ひだるまスピン

炎に突撃した敵さん達は、火と熱の餌食となった。
それだけではない。バーニンレオの暴走はまだ、始まったばかりである。

从 ゚∀从「わーいwwwwwwwwwww」

DASH+Y――バーニングアタック

炎に包まれながらの突進、狙いは敵ではない。
この部屋そのもの。可愛い黄色の壁紙は、黒く染まり、炭となっていく。

( ´ー`)「この部屋燃えてね!? やばくね!?」

どうみても火事です。本当にありがとうございました。
危機を感じたトライデントナイトは、真っ先に出口へ走っていった。

68 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:14:07.82 ID:lXJosk3i0
数秒後……そこには拳を構えるジョーの姿が!

( ´ー`)「なっ……」

( ,,゚Д゚)「もう火遊びなんてしないよ」

Y――スマッシュパンチ

鉄拳が炸裂した。
白目を向き、泡を吹く部隊長。
これにより敵は大混乱。
部屋にいれば炎の焼かれ、出口を目指せば拳が飛んでくる。
おまけに指揮官はぐったりしてる。メタナイツ諸君の人生\(^q^ )/オワタ
ヨダレ出すな。

戦いは、メタナイツ全滅、侵入者大勝利、鳥が精神的に撃沈という形で幕を降ろした。



鳥『ふ、ふふふ……こいつらを側にある主砲の前に案内しろ……
  インド辺りまでぶっ飛ばしてやる……』

( ,_ノ` )y━・~~~(鳥、おもすれーwwww)


69 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:15:04.58 ID:+3/IDDxLO
支援

70 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:15:41.02 ID:lXJosk3i0
――離島

夕方とはいえ、ここらの日差しは強い。
だが太陽光がきついだけで、気温自体は高くない。
よって日陰に入れば、さっと涼しくなるような場所だ。

( ^ω^)「ふーむ、森には着いたけど何もないお」

(´・ω・`)「この辺にワープスターがあったハズなんだが……
      山田さん、見つかったかい?」

山田「僕には……サスケしかないんですよ」

( ^ω^)「ダミだこりゃ」

数分に渡り、近辺を探したが、それらしき物は見つからなかった。
それどころか徐々に体力が奪われていくのも分かる。
諦めかけていたその時、大王が「あ」と声を漏らした。
続けて「いうえお」とか言ったらぶん殴ってやろうかとブーンは考えたが、
そういう悪ノリはしなかった。

( ^ω^)「あったのかお!?」

(´・ω・`)「そり立つ壁だ」

(´<_` )「誰がそり立つ壁だ」

( ^ω^)「馬鹿、これは直角の壁だお」

そういう問題ではない。まずそれは壁じゃない。

71 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:16:33.47 ID:lXJosk3i0
(´<_` )「ここで会ったが百年目だブーン!!
       貴様がGleenGleensの森をゴルフ場にした罪、ここで成敗してくれる!」

怒りに震えているのは、この木何の木、林檎の成る木のウイスピーウッズである。
話を聞くと、仲間の木達は皆伐採され、自分もここに植え直されたんだとか。
切実に環境破壊を止めようと、ボランティア団体を結成した事もあるけど、
全員が木だから何も出来ずに終わったんだとか。

(´・ω・`)「ふん、ウイスピーウッズなんぞ、恐れるような敵じゃないだろう」

(´<_` )「俺単体ではな……だが今日は違う! 紹介しよう。兄貴です」

( ´_ゝ`)「あ、どうも」

( ^ω^)「いえいえ、こちらこそ」

互いは名刺を交換し合った。

( ´_ゝ`)「主役代行のブーンか、覚えておくよ」

( ^ω^)「森林伐採協会最高責任者ウイスピーウッズ(兄)かお。よろしく」

(´<_`;)「ちょっwwwwwwwまっwwwwwww
       森林伐採協会最高責任者って何やねんwwwwwwwwww」

( ´_ゝ`)「俺の職だが」

(´<_`#)「死ねええええええええええええええええええ!!!!」


72 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:17:32.92 ID:+3/IDDxLO
兄者www

73 : ご意見番(福岡県):2007/03/29(木) 22:17:55.63 ID:pvTrU9uD0
ツインウッズ?

74 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:18:12.66 ID:lXJosk3i0
殴り合い、ではなく揺らし合い。
その巨体を二人して揺さ振り合えば、そりゃ地面も震えますとも。

(((;^ω^)))「ちょwwwwwまwwwwwwwwww」

(((´・ω・`)))「タンマ! タンマ!」

山山山田田田「これが3rdステージの新たなコースっすね」

(((;^ω^)))「テメー滅多に3rdなんていかねーだろwwwwwwww
         見栄張らないで1stとか言っとけおwwwwwwwwww」

(((´・ω・`)))「二人を止めろ! 何か武器とか無いのか!?」

山山山田田田「僕には……サスケしかないんですよ」

(((;^ω^)))「コピー能力も無い……絶体絶命だお!」

(#´_ゝ`)「マッチョマックスってなんだ――――――!!!」

(´<_`#)「そもそもリストに仕込んだ磁石でフラッグを吸い寄せるなんて、
      本当に出来るのか――――――――!!!」

(((;^ω^)))「テメーらいい加減にするおおおおお!!!
         ショットガンタッチでボールに鉄球仕込むぞおおおおおお!!!」

タダでさえ時間が無いというのに、こんな兄弟喧嘩に構ってる暇無いというのに、
金剛君は小学生と言う設定以前に、人間という設定が失敗だったというのに。
こんな所で足踏みしていてどうする。
ブーンは焦りを感じてきている。一刻も早く戦艦に戻りたい。

75 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:19:39.08 ID:lXJosk3i0
(((;^ω^)))「……お!?」

ブーンは気付いた。
空気が変わったという事に。
風を切裂きやってくる。翼を広げ、やってくる。

加速をつけた猛突進。
突然の来訪者は、左右の翼でツインウッズを真っ二つにしてみせた。

( ´_ゝ`)「ひでぶ!」(´<_` )

(;^ω^)「お、お前は……」

山田「ケイン・コs(´・ω・`)「ダイナブレイドか!!」

(メメ゚∋゚)「メタナイトの……ブログ……みた。お前ら、乗せてってやる」

( ´_ゝ`)「そこでお前かよぉ〜折角ワープスターを土から出してやろうと……」

(メメ゚∋゚)「死ね、愚者よ」

翼を一振り。あっという間に兄は丸太の山積みになった。

山田「ローリング丸太ktkr」

(´・ω・`)「新しいステージ、なんだよアレ……考えた奴馬鹿だろ……」

(メメ゚∋゚)「背中に乗れ」

( ^ω^)「そうか……お前、子供をメタナイトに食われたんだっけ……」

76 : コレクター(コネチカット州):2007/03/29(木) 22:19:57.25 ID:ydb8oMTlO
ツッコミどころにツッコミが入らない作者カワイソス

77 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:20:47.87 ID:lXJosk3i0
(´・ω・`)「甘えないわけにはいかないな、乗せてもらうよ」

( ^ω^)「よし、絶対メタナイトを倒すお!!」

虹色の翼が大きく開かれる。
背中に希望を乗せ、ダイナブレイドは飛び立った。

そしてバイオスパークは忘れさられていた。
あと山田は蹴落とされたらしい。



78 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:20:54.48 ID:+3/IDDxLO
山田うぜぇwww

79 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:21:55.57 ID:lXJosk3i0
CHAPTER 4『抵抗』

鳥は慌てて部屋を確認しに行った。
この際、小物やぬいぐるみなど失ってもいい。また買えば済む話だからだ。

鳥「だけどタンスの中のアレだけは……アレだけは……」

擦れた声で祈りながら走る鳥。
到着した部屋の有り様を見て膝が落ちた。
黒以外の色が見当たらない。

鳥「諦めるのはまだ早い! タンスの中……」

灰と化したタンスの最上段を開ける。
そこには、虹色に輝く羽根が。

鳥「良かった……これだけは無事で……」

( ,,゚Д゚)「何だそれ?」

鳥「これはなぁ……おとさんの羽根で……」

時間が止まった。

鳥「ぎゃあああああああああ!! 何でいるんだぁぁぁぁぁ!!!
  さっさと出発しろよおおおおおおおおおおおおお!!!」

从 ゚∀从「綺麗な羽根してるだろ……高値で売れるんだぜ。それ」

鳥「やめろ!! こ、これだけは渡さないからな。俺の宝物だ!!」

80 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:22:39.71 ID:+3/IDDxLO
支援

81 : タレント(アラバマ州):2007/03/29(木) 22:23:10.86 ID:pEqncP740
鳥=艦長

82 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:23:35.92 ID:lXJosk3i0
鳥が言うには、幼い頃、自分はメタナイト軍に襲われたんだとか。
親はその時、チャットで釣った中学生をスネークしに出かけていた為、
巣には子供達しかいなかったらしい。
鳥は捕まる寸前に、巣に残った親の羽根をしまいこんだ。
だから、この羽根を持っていれば、いつか自分の親にもう一度会える気するんだとよ。

ちなみに他の兄弟は焼き鳥にされて食われたみたい。
何故鳥だけが助かり、仲間になったかというと、
鳥インフルエンザにかかっていて、食うのは危険だと判断したからで、
殺すのもキモくて、誰もやりたがらなかったからだそうだ。それで成り行きで仲間。
何かもう皆馬鹿だろ。

鳥「貴様らは終わりだ……この先へ進むには、二連主砲を倒す他無い」

( ,,゚Д゚)「ほう、面白い。じゃあお前人質な」

鳥「マ、マジで……?」



83 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:24:57.87 ID:lXJosk3i0
【 ●ω●】『ジョーとレオは現在、二連主砲に近づきつつあります』

(*゚ー゚)『あはははははっ!』

( <●><●>)『どれ、死にっぷりをモニターで見るだs……』

( ,_ノ` )y━・~~~『どうかしたか?』

( <●><●>)『鳥が……ロープに巻かれてるだス』


从 ゚∀从「オラッ、さっさと着いて来い!」

鳥「チクショォォォ!!!」

( ,,゚Д゚)「やいメタナイト、見てるか?
     この鳥が〆られたくなかったら、この二連主砲とやらの機能を停止させろ」

鳥「クソゥこいつら……俺がメタナイト様のお墨付きである部下と知っていて……」

( ,_ノ` )y━・~~~『無理な要求だな。だってその鳥どうでもいいもん』

(●)ウィィィィン
【 ○ 】

上段の主砲から砲弾が放たれた。
間一髪『二人』は回避した。鳥は直に受けた模様。
上下に分けられた二つの主砲。これが今回の敵だ。

84 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:26:05.31 ID:+3/IDDxLO
鳥ー!!!
鳥が不憫すぎるwww

85 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:27:06.82 ID:+3/IDDxLO
支援

86 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:27:06.96 ID:lXJosk3i0
( ,,゚Д゚)(上からは砲弾……じゃあ下は……?)

从 ゚∀从「ジョー、上だ!!」

( ,,゚Д゚)「手――――――!!」

敵は大砲だけではない。
自由に伸縮し、稼動するマジックハンドが取り付けられているのだ。
ジョーを掴んだ手は、下の主砲の目の前まで移動する。
同時にエネルギーを溜めるような音が鳴り響く。

分かりやすい図

  (● )
⊃λ【 ○  】ヴヴヴヴヴ……
 ↑
ジョー

( ,,゚Д゚)「や、止めろおおおおおお!!!」

下段主砲から発射されたのはレーザーだ。
青白い光に包まれ、ジョーは一瞬にして塵となった。

从 ゚∀从「う、嘘だろ……」

嘘でも何でもない。
確かにナックルジョーは灰と化した。

从#゚∀从「うわあああああああああああ!!!」

87 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:28:04.85 ID:lXJosk3i0
( ,_ノ` )y━・~~~「お前も死ぬかバーニンレオ」

(●)ガコン
【 ○ 】

頭真っ白の無謀な突進と、精密に自動で動く、冷たい大砲。
力比べするまでも無い。

爆音、そして煙が辺りに広がった。

( ,_ノ` )y━・~~~「己の無力も知らずに抗うな」

从メメ゚∀从「…………どうしろってんだ」

大空に向かって大の字。
いくら問い掛けてもオレンジの空は答えてくれない。

手が迫る。
手が開く。
手が掴む。

誰を掴む。

从メメ゚∀从「俺か……」

自慢の炎を象徴した髪を引っ張られる。
そのまま手は下段の主砲へ向かっていく。

从メメ゚∀从「クソが……」


88 : 農業(東京都) :2007/03/29(木) 22:28:18.90 ID:aCCcm6Tk0
金剛君ナツカシスwwww

89 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:28:20.46 ID:+3/IDDxLO
支援

90 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:29:18.04 ID:lXJosk3i0
バーニンレオは眼を瞑った。
しょぼい人生だった。
振り返る思い出など無い。
一つあるとすれば高校の時の文化祭くらいか。
演劇部だった彼は、文化祭でやる役を顧問から与えられた。
まだ一年だっていうのに、役が与えられたのだ。
他の一年生は大抵裏方に回ってバックアップとかそんなんである。
だが、顧問はいち早くバーニンレオの実力を見抜き、本番で起用する事に決めたのだ。
気になるその役とは……「酸素」であった。
酸素の役とは何だろうか。確かに無くてはならない大切な存在だ。
しかしその役は必要だろうか。うん、いらない。
バーニンレオはてっきり、ヒロイン(先輩)の相手役とばかり思ってたらしく、
酷く落ち込んだんだとか。
本番で彼は、舞台上をウヨウヨ漂っていた。演技の邪魔だった。

从メメ ∀从「さらば……俺の悲しい人生……」

…………
………
……


何分経ってもレーザーが来ない。
変な言い方だが、バーニンレオはイライラしていた。来るなら早く来いと。

手「ちょwwwwどうしたんすかwwwwwwww」

下段主砲「うるせーよwwwwwwあんな過去出されたら撃つに撃てねーよwwwww」

从メメ ∀从(何で大砲に同情されてるんだ俺……)

91 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:30:58.01 ID:lXJosk3i0
下段主砲「そんなに苦しんでいたのか……すまないバーニンレオ君」

从メメ ∀从「え……?」

下段の主砲が割れ、中から緑色の生命体が現れた。

(*'ω' *)「あの時、酸素の役を任せたのは……私なんだっぷ……」

从メメ゚∀从「プラズマウィスプ先輩……何でここに」

(*'ω' *)「私が顧問の先生にお願いしたんだっぷ……演劇をよりリアルにするため、
     酸素は必要不可欠なんじゃないかって……
     それをバーニンレオ君を苦しめていたなんて……」

どうやら、下段主砲のレーザーはプラズマを原動とした代物らしい。
そのプラズマがいなくなった。という事は、もはや二連主砲ではない。

(*'ω' *)「これは……せめてもの償いだっぷ」

身体の周りに、プラズマが発生していく。
それはやがて巨大なオーラのようになり、空気が痺れているのが肌で分かるようになる。
これが後々エステとして大成功を収めるのだが、それはまた別の話。

(*'ω' *)「十字ガチャガチャ十字ガチャガチャ……」

从メメ゚∀从(えぇー何か呪文唱えてるー!!)

プラズマの蓄電が最大限に達する。
狙うは上段の主砲だ。出力全開のエネルギーで、木っ端微塵にしてくれる。

92 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:31:02.32 ID:+3/IDDxLO
酸素の役www邪魔以外のなんでもねぇwww

93 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:32:12.81 ID:lXJosk3i0
(*'ω' *)「めちゃため――プラズマはどうだん!!」

この最大のエネルギー弾がプラズマの魅力だ。
シンプルかつ、強力。破壊力はそこらのコピー能力の技を凌駕している。
実際問題、二連主砲・上段のダメージは半端なものではない。
ヒビが入り、動きは鈍く、所々から煙が噴き出ている。

从メメ゚∀从(ス、スゲェ……)

しかし『ため』ってのが随分あやふやである。
↓五段階の『ため』
ためなし → プラズマニードル
ちょっとため → プラズマアロー
ほどよくため → プラズマスパーク
すごくため → プラズマレーザー
めちゃため → プラズマはどうだん

ほどよくって何やねん。
あとガチャガチャやりすぎると、十字キーが指の油まみれになるよ。

(●)ギギギ……
【 ○ 】

(*'ω' *)「めちゃため――プラズマはどうだん」

(●)プスプス……
【 ○ 】

(*'ω' *)「めちゃため――プラズマはどうだん」

94 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:32:21.41 ID:+3/IDDxLO
支援

95 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:33:09.95 ID:lXJosk3i0
    ◎
◎      ◎ ティウンティウンティウンティウン
        
◎       ◎
    ◎

(*'ω' *)「ずっと俺のターン!」

( <●><●>)『主砲がバラバラだス! 使いもんにならないだス!』

鳥『なんだとぉ!? そ、そんな馬鹿な!!』

(*゚ー゚)『あ、戻ってきたんだアンタ……』


从メメ゚∀从「先輩……」

(*'ω' *)「後輩……」

原型すら留めていない主砲の前で、二人は抱き合った。
バーニンレオは大ダメージを受けた。
そして、今は亡き、ナックルジョーの顔を夕日に浮かべて誓った。

从メメ゚∀从「お前の分まで……戦うからな」


一方の司令室では、ある問題に直面していた。
最も危険な敵が迫ってくる。想定外の出来事であった。

96 : ご意見番(福岡県):2007/03/29(木) 22:33:14.74 ID:pvTrU9uD0
支援

97 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:33:16.99 ID:+3/IDDxLO
支援

98 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:34:07.39 ID:lXJosk3i0
【;●ω●】『ダイナブレイドなんて聞いてねえええええええええ!!!』

   ノノノノ  -___ ドドドドドドドド
  (゚∈゚*)ω^)─_____ ______ ̄
  丿\ノ⌒\⊃ ____ ___
 彡/\ /ヽミ __ ___
    ./∨\ノ\  =_
   .//.\/ヽミ ≡=-
  ミ丿 -__ ̄___________

天空の覇者、ダイナブレイドが空を行く。
背中のおまけは一度殺したはずの男だ。

( ,_ノ` )y━・~~~『避けろおおおおおおおおおお!!!』

( <●><●>)『無茶だスwwwwwwっうぇうぇwwwwwwwオワタ』

(#゚∋゚)「これは息子の分!!!」

一段とスピードが増す。
ブーンと更にその後方のデデデは、振り落とされないよう、しがみ付く事しか出来ない。

( ゚ω゚)「風がすさまじいいいいいいいいいいいいいい!!!」

(´。ω゚`)「尻が裂ける――――――!!!」

心を持たない冷たき戦艦が、復讐に燃える熱い親鳥に敵うはずも無い。
決死の体当たり、狙うは左翼だ。ここを潰せばバランスを失う事だろう。
そのハルバードの左ウィングが、黒煙に包まれ弾けた。
もう羽根の役割は果たせそうに無い。二撃目を加えようと、ダイナブレイドは旋回する。

99 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:34:20.92 ID:+3/IDDxLO
鳥生きてたのかwww

100 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:35:34.24 ID:lXJosk3i0
【;●ω●】『左ウィング大破! 被害面積、約74%!!』

鳥『げげっ!!』

( <●><●>)『左右のバランスを崩しまくってるだス!!』

( ,_ノ` )y━・~~~『セイル収縮、右ウィングの浮力を下げろ!!』

【;●ω●】『そんな暇ねーよ!! このゲス野郎!!!』

バランスを崩し、ただでさえ不安定な飛行戦艦だ。
右の翼を失えば本当にゲームオーバーだ。

(#゚∋゚)「二発目……これで終わりにしてや……」

(;^ω^)「お? どうしたお?」

(#゚∋゚)「メタナイト……」

強風が吹き荒れる、右ウィング上に佇む人影。
右手には橙色に光る剣。この茜空と同じ色だ。
その姿を見て、ダイナブレイドの眼は一層と鋭くなる。

( ,_ノ` )y━・~~~「……」

(#゚∋゚)「ウオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

私怨に走るまま、一直線。

風が止まり、雲が割れた。

101 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:36:53.65 ID:lXJosk3i0
( ,_ノ` )y━・~~~「あまり私を怒らせない方がいい」

メタナイトとダイナブレイド、その間五メートル程まで迫った瞬間だ。
ダイナブレイドの目の前に、予想もしなかった光景が広がる。

八つ裂きにされた鳥。

それでも、我が子だと分かった。
あの日から一度たりとも忘れた事はない。……と言えば嘘になるが、
一ヶ月に一回、便所で用を足している時に思い出すくらい愛していた息子だ。

その子がメタナイトに寝首を捕まれ、血を流している。
「大きくなったな」と言ってやりたかった。
しかし、怒りでそれどころではなかった。

(#^ω^)「メタナ……」

(#゚∋゚)「メタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタ!!!!」

息子は乱暴にも、空へ放り投げられる。
飛ぶ力も無いだろう。このままでは海へ真っ逆さまだ。

助けないと。

攻撃を止めた親鳥。
仮面の裏で笑うはメタナイト。

一閃 ―――――――― 剣が振り落とされた。

102 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:38:11.78 ID:lXJosk3i0
赤い雫が背景の夕日に混ざっていく。
親鳥の傷は深く、子を追うように落下していった。

(#^ω^)「メタナイトォォ!!!」

自分が急降下しているのも忘れ、ブーンは叫んだ。
許せなかったのだ。愛情を踏みにじるようなメタナイトの行為が。

(#^ω^)「顔出しやがれお――――!! フルボッコにすんぞおおおお!!!」

(;´・ω・`)「落ちてる、落ちてるぞ我輩達!!」

二人の背に翼は無い。
重力様の仰せの通りに落ちていく。

(;´・ω・`)「クソ、もうあれしかないのか!!」

(;´・ω・`)「だが……ここでやるのは……!!」

(;´・ω・`)「もうそんな事言ってられない!! やるしかない!!」

(;´・ω・`)「うおおおおおおおおおお!!!」


103 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:38:51.43 ID:+3/IDDxLO
支援

104 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:39:36.56 ID:lXJosk3i0
        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな〜れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

その呪文を唱えた次の瞬間。

【 ●ω●】『あ』

(*゚ー゚)『どうしたんでぃ、とっつぁん』

【;●ω●】『ヘ、ヘビーロブスターが熱暴走を起こして、
       勝手にダクトを進んでるザマス』

( <●><●>)『な、なんだって――――――!!!』


もう、どうにでもなった。




105 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:40:14.79 ID:+3/IDDxLO
適当www

106 : 張出横綱(関東):2007/03/29(木) 22:40:54.16 ID:r7B/RoGsO
なんだそれwwww

107 : 数学者(福島県):2007/03/29(木) 22:41:02.86 ID:lXJosk3i0
ご愛読ありがとうございました!
明日が正真正銘ラストです
テレファングおもすれーw


108 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 22:41:59.11 ID:+3/IDDxLO
乙wwwwww

109 : 野球選手(関西・北陸):2007/03/29(木) 22:42:44.31 ID:ieXb/IUYO
>>1乙色々ワロタ

110 : 張出横綱(関東):2007/03/29(木) 22:43:27.04 ID:r7B/RoGsO


111 : 西洋人形(千葉県):2007/03/29(木) 22:47:51.50 ID:fDuvNjH50
>>1乙www
カオスなギャグって尊敬しますwwwww

112 : ご意見番(福岡県):2007/03/29(木) 22:57:51.26 ID:pvTrU9uD0
>>1
普通にワロタ

113 : コレクター(コネチカット州):2007/03/29(木) 23:23:33.90 ID:UIBB3fuVO
乙!
明日もパンツ脱いで待ってる

114 : 女工(新潟・東北):2007/03/29(木) 23:24:47.01 ID:pIhXIMk7O
>>1乙!

ナックルジョーは俺の戦友なのにー。・゚・(ノд`)・゚・。

115 : 建設会社経営(四国):2007/03/29(木) 23:58:52.62 ID:+3/IDDxLO
保守

116 : 宇宙飛行士(四国):2007/03/30(金) 00:26:54.82 ID:JKNf/2UTO
保守

117 : 建設会社経営(関東・甲信越):2007/03/30(金) 00:45:43.12 ID:Au/asaLVO
てんとう虫コミックスネタわからNEEEEEEEEEEEEE

118 : 宇宙飛行士(四国):2007/03/30(金) 01:17:03.48 ID:JKNf/2UTO
保守

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)