5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)エアーがクオリティーを育てるようです

1 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 21:43:52.84 ID:S66Eubf20
この作品を読む前に

○Pマン放送局

URL:ttp://203.131.199.131:8000/air.m3u

各作者さん推奨のBGMが流れます
なお、BGMの使用は自己責任のもとに判断ください
※なくても、十分楽しめます

・聴き方

URLをコピー → 各PlayerのURL(itunesはストリーム)を開くにペースト → \(^o^)/♪

前スレ
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1176470674/

本日の予定:Cパート

死ねない投下中

終わったら異世界編

2 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 21:44:42.68 ID:ErefBeYR0


3 : 番組の途中ですが名無しです(dion軍):2007/04/14(土) 21:44:54.16 ID:ovCNOW7N0


4 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 21:44:57.89 ID:B/TAuaRL0
>>1
乙です

5 : 通訳(樺太):2007/04/14(土) 21:46:34.98 ID:k0BJEWu8O
>>1

俺のIDがキングオブブーン

6 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 21:47:21.83 ID:AaRf9VXlO
イチモツ

7 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 21:48:53.54 ID:sY90N9NnO
―――
――


('A`)「っあー」

 「まだ眠いの? あれだけ寝てたっていうのに……」

('A`)「いや、違います。気持ちいいなって」

 外に出て、背筋を伸ばす。
 もう春になり、暗くなるのも遅くなっていた。
 昼の日差しに温められた地面が、まだ熱を持っている。

 「そうね。春が来たー、って感じするもの。
  あなたが倒れたのはまさに、陽気のせいかしら」

('A`)「何言ってんすかwwwwwwうぇwww」

 保健の先生によると、クーは自ら看病を申し出たらしい。
 理由はわからない。が、先生は嬉しそうに話していた。
 夕陽が染める視界は、だんだんと深まっていく。

8 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 21:49:33.19 ID:S66Eubf20
支援

9 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 21:49:59.73 ID:B/TAuaRL0
支援

10 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 21:50:38.91 ID:Qkxno6iR0
sien

11 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 21:50:46.52 ID:sY90N9NnO
 「ま、後できちんとお礼は言っておきなさい。
  クーちゃん大変そうだったし、贈り物でもしてあげれば?
  彼女、きっと喜ぶわよ」

('A`)「えー……プレゼントか」

 「なによ、冷たいわねぇ」

('A`)「いや、俺ってセンスないんすよ。
    ぶっちゃけあげても困らせるかなぁ、なんて」

 遠くから、サッカー部か何かのかけ声が聞こえる。
 先生はそれに一旦目をやり、そしてまたドクオを見つめる。
 肩まで伸びる栗色の髪。
 近くの灯りが照らし、金にも見えた。

 彼女は、数年前からVIP高校の教諭を勤めている。
 よく悩み、よく叱り。しかし涙腺は最弱だという。

 生徒を想う気持ちは、誰にも負けたくない。
 そう語った彼女が、ドクオには輝いて見えた。
 特に理由がある訳でもない。が、眩しいと感じた。

12 : 主婦(樺太):2007/04/14(土) 21:51:42.02 ID:GzbyienjO
支援

13 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 21:53:07.20 ID:sY90N9NnO
 「……そんなに深く考えなくてもいいんじゃない?
  女の子って、異性からのプレゼントは石ころでも嬉しいものよ」

('A`)「石ころ?」

 先生が、誇らしげに左手の指を向ける。
 その薬指には、シンプルな装飾がなされていた。
 銀色に輝く指輪。それが"石ころ"なのだろう。

('A`)「アンタ頭沸いてんじゃねーの……」

 独り言が、生温い空気に溶けていく。
 散った桜の花びらが、何枚か鞄に降り落ちた。
 やや開ききっていない桜は、むしろ去年より綺麗に見える。

('A`)「……じゃあ、もう帰ります。
    半日近くもすいませんでした」

 「ええ、どういたしまして。
  今日クーちゃんが看病した意味、よく考えなさいね?」

('A`)「ういっす」

 返事をして、すぐに駐輪場へ向かった。
 空気の抜けた自転車を引きずり、帰路につく。
 懐かしいような南風が、伸びきった髪をなびかせた。

14 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 21:53:11.54 ID:B/TAuaRL0
支援

15 : F1パイロット(東京都):2007/04/14(土) 21:53:28.65 ID:ZfGpgba60
必 死 だ な 

16 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 21:54:42.07 ID:QmB8TmBLO
支援

17 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 21:55:05.39 ID:sY90N9NnO
 ※

――


 「……彼、どう考えているんでしょうか」

   「さぁ。そればっかりはわからないモナ」

 「私達が進むべき道を示した方が良かったのでは?
  彼には……あまりに回り道過ぎるかと」

   「うーん。それじゃあ意味がないんだモナ。
    彼が自分で考えて、その結果出した結論。
    悩みに悩み抜いた結論にしか、意味はないモナ」

 「そういうものでしょうか」

   「そうだモナ。……それに、回り道なんかじゃないモナ」

 「え?」

   「今彼は、空気が抜けたチャリンコを必死に漕いでる。
    悲観に暮れる事もなく、当たり前のように。
    つまり――彼にとってこの程度のいじめなんて、日常茶飯事なんだモナ」

 「……」

18 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 21:57:13.88 ID:sY90N9NnO
   「君は今、『なんでそこまでわかっていて助けないんだ』。
    そう思った筈モナ。だけど、それをしちゃいけない。
    彼には、自分から変わる権利がある。
    僕らが勝手に人生をいじるなんて、しちゃいけないんだモナ」

 「は……いえ、お言葉ですが」

   「ん?」

 「彼は、このままいじめに耐えかねて……死んでしまうかもしれません。
  その時、あなたはそうやって同じ事を言えますか?
  人生をいじっちゃいけない。そう言えますか?」

   「言える。むしろ、そう言い切れなければいけないモナ。
    ……君は、僕の考えに少し異論があるみたいだモナ?」

 「あります。理解、出来ません」

   「…………」

 「…………」

   「理解出来ません?wwwwwwwwww
    ちょまwwwwwwクソワロタwwwwっうぇwwww」

 「なな……なっ! 何がおかしいのですか!?」

19 : 高校教師(東日本):2007/04/14(土) 21:57:27.00 ID:03PznwSR0
支援

20 : イタコ(樺太):2007/04/14(土) 21:57:51.43 ID:6QpHKBVlO
支援

21 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 21:58:51.93 ID:AaRf9VXlO


22 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 21:59:02.53 ID:B/TAuaRL0
支援

23 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 21:59:16.64 ID:S66Eubf20
支援

24 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 21:59:54.09 ID:sY90N9NnO
   「ぷくく……言いたい事は、よくわかるモナ。
    君の性格からして、まぁ予想するべき発言だったモナ。
    でもね、やっぱり君にはまだ早いモナ」

 「……何がでしょうか?」

   「一つの"世界"を受け持つ事が、モナ。
    悪いけどそんな考えじゃ、まだまだだモナ」

 「まだまだ? 人に対して、冷酷になれと?」

   「そうじゃないモナ。それに君は、大きな勘違いをしている。
    僕の考えは、僕の考えでしかない。それはおk?」

 「わかります」

   「だから、君は理解する必要は無いんだモナ。
    僕の判断が正しいか正しくないか。それを眺めていればいいんだモナ。
    ……他の"彼ら"が住む世界は、本来僕の世界じゃない。
    けど、ここは仮にも僕の世界なんだから」

 「……そう、ですか」

   「まぁ、焦らずにじっくり見てるモナ。
    人間って"生き物"と、心って"生き物"を。
    よく見えるように、君には特等席を用意したモナ。
    感謝して欲しいもんだモナ」

25 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:00:25.48 ID:Qkxno6iR0
sien

26 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:01:46.47 ID:ErefBeYR0
支援

27 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:02:17.42 ID:sY90N9NnO
 「……生き物……」

   「いつか君が世界を持ち、こんな状況になった時。
    その時どう判断するべきか、を考えてみて欲しい。
    僕が正しいとは言えない。それこそ、人それぞれだからだモナ」

   「千人の人間がいるとして、全員にわかってもらえる考えなんかない。
    だったらせめて、限りなく千人に近い支持を集めようとする。
    それが上に立つ人間の、宿命だと僕は思う。
    この考えすら、万人に通ずるものではないけれど」

 「……いつか。私も世界を持てるんでしょうか。
  あなたを見ていると、そう不安になります。
  こう考える事が、自分に出来るのかって」

   「……いやに素直だモナ?」

 「私は、なんだかんだ言って今のあなたを信じています。
  ですから、あなたの思想と施策についていくのみです」

   「そうかモナ。期待には応えられる、と思う。
    それを見て、君がどう感じるかだモナ。
    『クオリティ』が高まる人間の様。とっても、美しいんだモナ」

 「クオリティ?」

   「そう。クオリティってのは、人間が持つ――」

28 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:03:13.21 ID:sY90N9NnO
 ※

――


(;'A`)「……はぁ、は」

(;'A`)(パンクとかありえねーよ、マジ氏ねよDQN)

 自転車というものは、本気で漕げば疲れる。
 もちろん、貧弱で脆弱という前提条件があればこそ、だが。

(;'A`)(やっべもう死ぬマジやばい死ぬ倒れる死ぬ)

 スピードの出ない自転車のペダルを、これでもかと漕ぐ。
 まだ肌寒い気温だというのに、額から汗が滴った。
 それを肩で拭う。一際強く、足に力を込めた。
 急カーブを曲がろうとした、その瞬間――

(;'A`)「っげぇ!」

 足に違和感を感じると共に、ドクオは空を舞った。
 重力から解放されるのも束の間、体は草むらに突っ込む。

 自転車は近くに転がり、自身は草まみれ。
 深い怪我は無かったものの、至る箇所に擦り傷を負っていた。
 ふと横をみやると、千切れたチェーンが転がっている。

('A`)「あ……チェーンまでやられてたんだ……
    とても……しにたいです…………」

29 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 22:04:04.12 ID:QmB8TmBLO
支援

30 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:04:50.58 ID:ErefBeYR0
支援


31 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:05:07.29 ID:sY90N9NnO
 ゆっくりと体を起こす。
 すぐに歩き出す気分にはなれず、傍に腰を降ろした。

('A`)「いってー……」

 人気の無い裏道。
 脇にある段差に腰かけて、上を見上げた。

 月明かりが、青光となって降り注ぐ。
 街灯の不気味さも、神秘的な光には敵わない。
 優雅な円を描いている月に、ドクオは見入っていた。

('A`)「ぶっちゃけやってらんねーっての……
    俺が何をしたわけ? 何もしてねーじゃん」

 一つだけ、深い、深いため息を吐く。

('A`)「あー……死にたい」

 闇をただひたすらに深める心。
 暗い自分の気持ちとは逆に、星は輝きを失わない。
 昔からずっと、同じ輝きを放っているのだろう。

 それに対して、自分はどうだろうか。
 いつも世界の端を歩き、決して目立つ事はない。
 星や月でさえ、何かを魅せられるというのに。

 虚しさは、着実に積み重なっていく。

32 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 22:05:37.84 ID:B/TAuaRL0
支援

33 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:06:06.36 ID:sY90N9NnO
 いじめなんて、正に日常茶飯事だった。
 毎日が真っ暗で、毎日が辛くて。
 高校生になってからも、ずっと続いていた。
 この扱いは、一生続く。そう考えていたのに。

('A`)「クー……さん」

 恐らくは他人から人並み以上の扱いを、初めて受けた。
 その感覚はやはり心地よく感じ、幸福を感じていた。

 しかし、そんな感覚を知ってしまった事は、痛い。
 幸せを知らないまま惨めな人生を送る方が、ずっと良かったかもしれない。
 クーに出会わなかった方が、ある意味では幸せだったのかもしれない。

 ――幸せになりたい。そう感じてしまったのだ。
 でも、なれない。少なくとも今の状況は、幸せではない。
 それが歯がゆくて、そして悔しかった。
 他の人間が掴める幸せを、自分では掴めないと諦めていたから。

 中途半端な希望。
 今では、重荷に感じた。

34 : 高校教師(東日本):2007/04/14(土) 22:07:23.46 ID:03PznwSR0
支援

35 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 22:07:58.04 ID:B/TAuaRL0
支援

36 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 22:08:51.41 ID:QmB8TmBLO
支援

37 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:09:20.27 ID:sY90N9NnO
('A`)「はぁ……なんで俺ってこんなんなんだろ。
    カーチャン、もうちょっとだけカッコよく生んでくれたら良かったのに」

 虚ろな両目で、漆黒の空を眺めてみる。
 瞬きと光の加減が、美しい。空の芸術を感じた。
 天や地。そんな存在として生まれてきていれば、どんなに幸せだったろうか。

 たらればの考え。もしもの思考。
 ドクオの数ある弱点で、一番の存在感を臭わせる。

('A`)「つーか、DQNが氾濫してっからわりーんだよ。
    僕のように真面目な人間はいつもこうですよホントに」

 確かに、ドクオに非は無い。
 世界から悪が消え去れば、幸せになれる。
 だが、実際に起こる筈もない奇跡を望んでいるだけでは、現状は変わらない。

 周りが変わらないのなら、自分が変わればいい。
 それに気付かないままでは、一生幸せになる事など出来ない。


 自らの判断で決断する事が大事。
 自らの意思で変わる事が大事。
 自らの状況を、受け入れる事が大事なのだ。

38 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:09:56.85 ID:Qkxno6iR0
支援ぬ

39 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:10:19.62 ID:S66Eubf20
支援

40 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:10:31.12 ID:ErefBeYR0
支援

41 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:10:32.03 ID:sY90N9NnO
 このままでは、いつまで経っても決断出来ない。

   「ならば、きっかけを――チャンスをやるモナ」





 このままでは、一生変わる事など出来ない。

   「変わる気があるのなら、その舞台は用意するモナ」





 このままでは、幸せを掴み取る事は出来ない。

   「向こうでどうするか。それは、君の自由だモナ?」

42 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:11:30.49 ID:sY90N9NnO
 意識が散る。
 桜は笑い、夜でさえ微笑んだ。

 闇に抱かれたドクオは、夢を見る。
 壮大で、しかし小さな夢の世界。
 目が覚める頃には、闇は晴れているだろうか。

( -A-)「……」

 静まりかえる道路には、やはり人気は無い。
 だが、声が聞こえる。囁くような、二人の声。






 「私達には、信じる事しか出来ないのですね」

   「うん。その通りモナ」

 星座の脇に、流れ星が見えた。
 十一の光。徐々に、黒の彼方へと消えていく。

 "この世界"から、三つの気配が無くなった。



 ('A`)は死ねない身体のようです 外伝前編
           〜終わり〜

43 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 22:11:31.90 ID:AaRf9VXlO


44 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:11:37.48 ID:ErefBeYR0
支援


45 : 番組の途中ですが名無しです(dion軍):2007/04/14(土) 22:11:56.04 ID:ovCNOW7N0
支援

46 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:12:09.98 ID:ErefBeYR0


47 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 22:12:23.31 ID:AaRf9VXlO
乙!

48 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:13:49.67 ID:Qkxno6iR0
乙だっ!

49 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:14:01.06 ID:S66Eubf20
乙!

50 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 22:16:06.02 ID:QmB8TmBLO
ようです

51 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 22:16:22.53 ID:B/TAuaRL0
乙カレー

52 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 22:17:07.95 ID:QmB8TmBLO
間違えた、乙だぜ

53 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:17:57.99 ID:sY90N9NnO
 ※一部本編と異なる表現等がございます。気にしないで下さい。



  「お前は……野菜じゃない。果物なんだ」

 白い世界。集まる変態。
   三人合わせてスーパーアホ。

          「アスパラガス戦役……まだあの脅威が……」

 グロ。エロ。そんな低俗なモノは無い。
   あるのはスカトロ、この一つ。

      「お前にはわからないだろうよ、"カレー"に入れない屈辱をなぁ!」

 うんこは食え。塗れ。そして崇めろ。
   スカトロ神は、そうおっしゃったのだ。

「キャビア……テメーは俺を怒らせた」

 スカトロ? ねーよwww
   ……そう考えていた時期が、僕にもありました。

             「俺の敗けだ。……そうだな、キュウリ」

 クオリティ。
   何それおいしいの?

54 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:18:41.36 ID:sY90N9NnO
    「さぁ、宴を始めよう。"全農戦争"をね」

           「これが……伝説の"ベジタブレード"」

   「僕なら、あるいは勝てるかもしれない。狂気のレタスにね」

 ――農作物を愛する、あの作者。

        「キャベツーーーーーーーッ!!」

  「許さねぇ! 必ずお前を鍋にぶち込む!」

           「無農薬! それが我ら"VIP"の合言葉!」

「私が罪を被ればいい。そうだな? ――ジャガイモ」

 この世で、一番美しい野菜。
 赤く、艶やかで、柔らかい。
 神すら愛した農作物。

 ――その名は、トマト。



     エアー合作 Cパート異世界編

     ( ^ω^)の子供はメジャーが好きなようです

                    ――キミはスカトロジーを感じる――

55 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:19:45.27 ID:ErefBeYR0
なんという混沌www

56 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:20:51.54 ID:sY90N9NnO
  後書き

 まずはすいませんでした。
 我ながらアホみたいな事をしていたと自覚しています。
 自分からツッコミを入れさせてもらうと、ポイントは丁度三つあります。

 一つ目。人物紹介……やる気あんのか……?
 二つ目。次回予告……なめてんのか……?
 三つ目。とても……gdgdです……
 四つ目。地の文……多すぎです……

 反省はしています。後悔はしていません。
 自分の作品ながらに引きました。ガチで。
 繰り返しますが、すいませんでした。

 次はCパート異世界編。続けての投下になります。
 作者はあのトマトさん。ブーン小説界のスカトロ神です。
 チャンネルはそのままで! 見逃すと損するよ!するよ!

57 : 番組の途中ですが名無しです(dion軍):2007/04/14(土) 22:22:15.19 ID:ovCNOW7N0
どう見ても一つ多いです。本当に(ry

58 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:24:08.63 ID:S66Eubf20
>>56
え?異世界編はじまるの?

59 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:24:37.40 ID:ErefBeYR0
異世界wkwktktk

60 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:25:32.88 ID:S66Eubf20
            ∧  ∧
            |1/ |1/
          / ̄ ̄ ̄`ヽ、
         /        ヽ
        /  ⌒  ⌒    |
        |  へ  へ    |   ふふ、いってみただけ♪
        /          |
       /           |     BGMスタート!
      (          _ |
      (ヽ、       /  )|
       | ``ー――‐''"|  ヽ|
       ゝ ノ       ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

61 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:26:03.13 ID:S66Eubf20


       ( ^ω^)エアーがクオリティを育てたようです



  『 Cパート : ( ^ω^)ブーンの子供はメジャーが好きなようです 』


       〜外伝より字だらけとかもうね、知らんがな〜

62 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:26:49.55 ID:ErefBeYR0
wktk

63 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:27:04.07 ID:sY90N9NnO
wktk

64 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:27:22.74 ID:Qkxno6iR0
ええ歌や

65 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:27:47.78 ID:S66Eubf20
ドクオは、白で統一された不思議な場所に佇んでいた。

地面は白、空も白の空間が、果てしなく広がっている。

('A`)「……なにここ」

世界の中心に立っているかのような錯覚を起こしてしまいそうなほど、
白一色の大地がドクオを中心に延々と広がっている。

真っ白な地面からは細長い木が群生している。幹や枝、葉も白い。
陰影がないせいで、全てが平面に見えた。

('A`)「地球じゃないよな。こんな場所があるわけないし。夢?」

夢なら怖がることないな、と呟きながら足を踏み出した途端に、
ドクオの足元で砂が擦れて嫌な音を立てた。
遠くからは、野鳥の鳴き声が聞こえてくる。

('A`)「なんなんだよ。気持ちわりい」

大げさに肩を震わせ、きょろきょろと周囲に視線を走らせた。

踏まれて音を立てる砂や、風に揺れる葉にさえ過敏に反応してしまう。
臆病者だな、と自嘲しながら、背筋を駆け上がる悪寒に耐えた。

地球上の物質全てが白いペンキで塗りつぶされたとでも形容しようか。
兎にも角にも、不思議な場所だった。

66 : うどん屋(樺太):2007/04/14(土) 22:28:08.34 ID:aS2ikYv6O
wktk!

67 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:29:31.00 ID:S66Eubf20
('A`)「いてっ! なな、なんだ? 人か? 馬か?」

ドクオが頭を押さえながら、頭上に手を伸ばした。

('A`)「え、枝かよ」

暗闇で黒猫を視認しようとしても、うまく捕捉することはできない。
カメレオンのように真っ白な枝は、完全に背景に溶け込んでいた。

('A`)「こうも白くちゃ、なにがなんだかわからな……って、柔らかい?」

「駄目よ、どっくん。それは私のおっぱ」

指先に触れる枝の感触は、木材とは似て非なるものだった。

ドクオが目を凝らすのと同時に、枝が大きく口をあけた。

68 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:30:54.66 ID:S66Eubf20
ドクオの視界が赤く染まる。蛇の口内だ。
蛇が大口をあけ、枝の上から醜悪な瞳をドクオに向けた。

ドクオは震えながら身を捩った。視線は頭上に固定されたままだ。
分厚い瞼の奥に、陶器のようにドクオを映す目があった。

ドクオが身を固めると、それに応えるように、赤く染まる切れ長の瞳孔が瞬いた。

('A`)「へ、へへ、蛇っ! 蛇っ!」

剣呑な空気を切り裂くように宙を舞う蛇を、懸命に身を屈めて避ける。

頬の肉がわずかに抉れ、血が滴った。

蛇はそのまま地面におち、体勢を立て直した。
当然、蛇の体を確認することはできないが、
砂の擦れる音によって、行動を容易に想像することができる。

ただ不気味な音だけが近づいてくる。
地面に擬態した体を視認することはできない。

ドクオは四肢を強張らせ、いずれおとずれるであろう瞬間を待った。

濁った血液が四散した。

69 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:31:13.17 ID:Qkxno6iR0
支援ヌ

70 : イタコ(樺太):2007/04/14(土) 22:31:51.46 ID:6QpHKBVlO
支援

71 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:32:20.86 ID:S66Eubf20
脛に牙が突き刺さり、痛みに顔をしかめる。
白い大地に血液が垂れ、瞬く間に広がっていった。

雑巾を絞るような音が鳴り響き、噛み合わさったあごに力が加えられる。

('A`)「ばばばばばばばばばばばば
ばばばばばばばばばばばばばばばば
ばばばばばばばばばばばばばばば
ばばばばばばばばばばばばばば
ばばばばばばばばばばばばばばばばば」

叫びながら足を振るが、牙が固く食い込んで一向に抜ける様子はない。

('A`)「ぐうう」

蛇の尾をつかんで強引に引き抜こうとしたが、痛みのせいで力が入らない。
それどころか、無理に引いたせいで肉が抉れてしまったようだ。

まるでドラゴンボールのフリーザが死ぬ場面のような大量の血が流れ出した。

ドクオの脳内が、眩い光に包まれた。

72 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 22:32:30.01 ID:AaRf9VXlO
頭くわくわしてきた

73 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:32:30.93 ID:ErefBeYR0
支援

74 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:33:44.22 ID:S66Eubf20
前歯を万力で押し潰されるような、つめ切りで乳首を千切りにされるような、
カッターナイフを鼻腔に突っ込まれるような、睾丸をライターで炙られるような、
尿道口に指を挿入されるような、汚物で溢れたドラム缶に閉じ込められて
三日間放置されたような、蛆の湧いたトマトを咀嚼するような、
憧れのあの子に告白されると思って体育館倉庫にいったら男が待っていた苦い思い出のような、
毎晩モニターの前で一人寂しくオナニーをしたあとのような、しかもそれがランドセルを背負った
愛くるしい少女の全裸画像で、醜くそそりたった一物を挿入されて口からは糞尿を、
鼻からは濁った血を、目からは大量の涙を垂れ流している、変態ご用達の画像だったりしたときのような
想像しがたい苦痛がドクオを襲った。

痛みと恐怖以外の感情が破裂してしまったように、ドクオの肌に粟が生じる。

蛇の牙は骨まで届いているのではないだろうか。
そう錯覚するほど、左足から広がる激痛に苛まされた。

手足の先が震え、ドクオの感覚が遠のいていった。

75 : イタコ(樺太):2007/04/14(土) 22:35:26.30 ID:6QpHKBVlO
確かに想像し難いwww

76 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:35:33.45 ID:Qkxno6iR0
なんという映写力

77 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:35:42.09 ID:S66Eubf20
('A`)「ふざけんな、ふざけんな、ふざけんな」

噛まれていないほうの足を、がむしゃらに振り下ろす。
視界が狭まってよく見えないが、蛇が身をくねらせ、尾で地面を叩く音は聞こえた。
音を頼りに、地面を蹴り続ける。

やがて蛇の体が地面に押しつけられて、ようやく牙が抜けた。
蛇は茶褐色に光る内臓を撒き散らしながら痙攣をはじめた。

('A`)「ひい、ひい、ふう、ひい」

血で染まった地面と鈍く光る臓物を凝視しながら深呼吸を繰り返す。

ドクオから流れる大量の血液が、臓物を垂れ流す蛇の死体を覆っていった。

78 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:36:43.31 ID:sY90N9NnO
支援……っうぇ

79 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:37:23.81 ID:ErefBeYR0
支援

80 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:37:27.63 ID:S66Eubf20
息も絶え絶えなドクオの背後から、地面を擦る大量の音が聞こえた。
振り向くまでもない、聞き覚えのある音だ。

ドクオの膝が激しく振動をはじめた。先ほどの蛇は毒をもっていたらしい。
それに加えて、多量の出血からなる貧血が、ドクオを衰弱させていった。

震えが膝から全身に広がっていく。

('A`)「はあはあ、寒い、寒いよ」

ゆっくりと地面に崩れ落ちるドクオの体に、蛇の大群が押し寄せた。

ドクオは風を切るような鳴き声と、背後で蠢く大群を感じながら、ゆっくりと目を閉じた。

81 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 22:37:54.44 ID:B/TAuaRL0
支援

82 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:38:23.27 ID:ErefBeYR0
wktk

83 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:39:06.00 ID:S66Eubf20
それから何度死んだのだろう。

ドクオが目を開けると、返り血で赤く染まった蛇の姿態が見えた。
地面を覆いつくさんばかりの赤い塊を見つめ、恐怖に駆られて悲鳴をあげる。

開かれた口に無数の頭が入り込み、気道を塞ぐように長い体を躍動させた。
意識を失ったドクオが再び目を開くと、
蛇の口に体を突っ込んだまま暴れている蛇が見えた。

そう、ドクオは死ねない身体。

心臓が止まる直前にドクオの見たものが、彼の死因どおりの死に方をする。

それは、人間だろうと、蛇だろうと関係はない。
ドクオが蛇を見た瞬間に毒殺されれば、
見られた蛇が毒で死んだのちにドクオは生き返る。

誰もドクオを殺すことはできない。
ドクオを殺そうと思ったものは、実行した瞬間に己の首を絞めることになるのだ。

('A`)「つーか、はなっから怯える必要なんてなかったな」

84 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:40:50.38 ID:S66Eubf20
一時間後、大量の蛇の死骸を踏みつけながら、ドクオが立ち上がった。

周囲に視線を這わせ、口角に笑みを貼りつけたまま、人差し指でこめかみを叩く。

('A`)「立派な牙をもっていたって、頭を使わなきゃ意味ないんだぜ?」

ぴくりとも動かない蛇の頭蓋を踏み潰し、左右に動かす。
眼球が飛び出し、裂けた舌が地面に貼りついた。

('A`)「まったく、手間をかけさせやがって」

ドクオは肩で息を整え、木に背中を預けて座り込んだ。
酸欠だろうか、視界がぼやけ、思わず目を瞑ると、瞼の裏に学校の屋上が浮かんだ。

身を切るような冷たい風の中を、細い体が落下していく。
眼前には、冷え冷えとした地面が急速に迫った。

('A`)「ああ、んなこともあったっけ」

瞼を開けると、地面が赤く染まる死骸の山に変わった。
しばらく死骸を見つめ、視線を逸らして空を見上げる。

('A`)「青くない空ってのもいいもんだな」

85 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:40:56.69 ID:ErefBeYR0
支援

86 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 22:41:33.09 ID:QmB8TmBLO
支援

87 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:42:11.45 ID:S66Eubf20
/ ,' 3「おう、イタチか」

荒巻は歩みを止め、顔を上げた。前方から微かに気配を感じる。
卓越した視力が、常人には識別することのできないわずかな色を見分けた。

細かな白い砂利が密集する上に、大量の黒目が浮いていた。
黒目は目まぐるしく動き、荒巻の肉付きのよい肢体や、中央にそびえ立つ陰茎を眺める。

/ ,' 3「こんな場所にもイタチがいるのか」

目を凝らすと、眼球にかかる細い睫や、それを取り囲む美しい毛並みが見て取れた。
どのイタチも体勢を低くして、眉間に皺を寄せていた。

/ ,' 3「どうした? ほら、かかっておいでよ」

自慢の一物をプロペラのように回転させながら腰を振る。
しかし、イタチの群れはうなり声をあげるばかりで、一向に襲いかかってくる気配はない。

/ ,' 3「ああ、どうしてだろう。ふふ、なんだかとても気持ちいいよ」

熱く充血した一物が、冷気に晒されてひくひくと痙攣した。
扱いてもいないのに、精液が尿道を駆け上がった。

大量に飛び散る精子の向こうで、一匹のイタチが跳躍した。

88 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:42:54.11 ID:sY90N9NnO
支援

89 : 番組の途中ですが名無しです(dion軍):2007/04/14(土) 22:43:04.99 ID:ovCNOW7N0
支援

90 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:43:39.98 ID:S66Eubf20
荒巻は、跳びかかるイタチに背を向けて体を前傾させたのち、
両手で岩盤のように発達した強靭な尻をひろげた。

イタチの突き出た鼻が肛門に触れた次の瞬間には、
掃除機に吸い取られるように、頭部だけが直腸に飲み込まれた。

/ ,' 3「おうっ、さすがにちんことは違うな」

荒巻の声に連動するように、短い体毛が腸壁を、鼻息が粘膜を愛撫した。

/ ,' 3「うふ、おほ、いいなあ、なかなか、おお、あふ、んあっ」

ぼとりという音を聞いて振り返ると、足元に首のないイタチの死骸が転がっていた。

/ ,' 3「力を入れすぎてしまったようだな。まったく……あふん」

体内に残された頭が、直腸を押し広げながら十二指腸の入り口まで達した。

イタチの体毛に腸壁のわずかな凸凹や前立腺を摩擦され、
荒巻は歓喜に身を震わせた。

恍惚の表情を浮かべる荒巻に、多数の目が飛びかかる。

91 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 22:44:56.11 ID:AaRf9VXlO
なんだこれ

92 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:45:10.04 ID:Qkxno6iR0
きめぇwwwwwww

93 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:45:25.02 ID:S66Eubf20
次々と跳びあがるイタチの頭を掴んで地面に叩きつけ、
潰れた顔をアナルミキサーに突っ込んで押し潰す。

眼球に陰茎を突き刺すと、腰の動きのみで別のイタチに飛ばし、
絡まって落下するイタチの足を掴みながら、竜巻のように回転した。

その間も、左手でイタチを次々と腸内に取り込んでいく。

数を減らすと同時に食欲を満たすという荒業をなんの気なしに
やってみせる荒巻の動きは、人間を遥かに凌駕していた。
鬼気迫るという表現がよく似合う。

奇声をあげて逃げ惑うイタチに向けて、肛門を突き出す。

/ ,' 3「アナル砲」

叫ぶと同時に、肛門から弾丸のように飲み込んだばかりのイタチの頭が飛び出した。

時速三キロで飛ぶ頭が逃げるイタチの顔面頭蓋を貫通し、
地面を削って地平線まで飛んでいった。

イタチの危機察知能力と、頭の回転の速さには目を見張るものがある。

一直線に逃げてはアナル砲の恰好の餌食だと気がついたのか、
方向転換して四方へ散り散りに駆け出しはじめた。

だが、労して功なし、百戦錬磨の荒巻から逃れることはできない。

94 : イタコ(樺太):2007/04/14(土) 22:45:42.54 ID:6QpHKBVlO
エグいなwww

95 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 22:46:21.63 ID:QmB8TmBLO
荒巻支援

96 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:46:58.17 ID:S66Eubf20
/ ,' 3「アナルネット」

腹を窄ませ、腸を高速で振動させる。

瞬く間にシェイクされた排泄物が、
粘り気のある蜘蛛の糸のように肛門から排出された。

糸の先は、木の枝や地面に触れた瞬間に貼りつき、その場と肛門を一直線に繋いだ。

一瞬でも糸に触れてしまえば、蜘蛛の糸に捕らわれた獲物のように、
どれだけ足掻いても逃れることはできない。

/ ,' 3「ふふ、元気なイタチたちだ」

懸命に暴れるイタチによって、糸が激しく揺らされる。
振動が肛門を刺激し、穴がひくひくと痙攣した。

荒巻は余韻を楽しみながら体勢を入れ替えると、
自身の吐き出した糸の上を蜘蛛のように這いはじめた。

97 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:48:41.03 ID:S66Eubf20
次々と腸内に吸収されていくイタチの群れが、結腸を通って腹を膨らませた。
歪んだ笑みを浮かべながら食事をする荒巻の背後で、イタチが断末魔の叫びをあげる。

/ ,' 3「おっと、一匹も逃がさないよ」

イタチを引き剥がしながら、アナル砲を背後に向けて吐き出す。
排泄物を滴らせながら高速で飛んでいった頭が、ドクオの喉元にめり込んだ。

/ ,' 3「ん?」

振り向いた荒巻の眼前に悠然と立つ男は、
小柄な体と華奢な手足に加えて、貧相な顔つきをしていた。

荒巻は、男の口角に刻まれている歪んだ笑みに気圧されるものを感じ、体勢を整えた。

('A`)「変なもん、飛ばすんじゃねーよ」

/ ,' 3「なぜ生きている? 俺のアナル砲は、確かにお前を貫いたはず……」

ドクオは首を回し、億劫そうに耳を穿りながらいった。

('A`)「あー、俺ってば、死ねない人間なんだわ」

至極愉快そうに笑いながら、怪訝そうな顔を向ける荒巻の睾丸を蹴り上げた。

98 : 右大臣(愛知県):2007/04/14(土) 22:48:51.51 ID:bVGKO/0I0
もはや人間じゃねぇwwwwwwwww

99 : まなかな(コネチカット州):2007/04/14(土) 22:49:10.30 ID:Dk1K8ET9O
グロすぎだろwww

100 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:50:41.53 ID:S66Eubf20
もがきながら回転する荒巻の尻からイタチの頭が飛び出した。
ドクオの顔が弾け飛んだ瞬間に、荒巻が脳漿を撒き散らしながら地面に倒れこんだ。

糸の上で、ドクオが楽しそうに笑った。

('A`)「馬鹿なやつ。俺を殺そうとするなんてな」

ドクオがゆっくりと地面に降り立った。

('A`)「無敵なんだよ、俺は。誰も俺を殺せない。
つまり、誰も俺に傷をつけることさえできないってこった」

振り上げた足を荒巻の腹に叩きつける。
軋む肋骨のあげる音が、鼓膜を激しく愛撫した。

暴力は苦手だ。
いじめられていた自分には、殴られる痛みが身に染みて理解できる。
そう考えたのは、一時のことだった。

('A`)(気持ちいい……)

脳内麻薬が大量に分泌されていくのを感じた。

ドクオは屍に向かって淡々と足を振り下ろした。

101 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 22:51:44.65 ID:ErefBeYR0
すごく好きな世界だ・・・

102 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 22:51:46.99 ID:B/TAuaRL0
支援

103 : 留学生(北陸地方):2007/04/14(土) 22:52:09.31 ID:SMslbDzL0
なんか怪獣大決戦みてぇwww死なない男VSアナル怪人

104 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:52:16.15 ID:sY90N9NnO
なんという鬼畜キャラ……支援

105 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:52:18.35 ID:S66Eubf20
太い腕によって、ドクオの足が止められた。

/ ,' 3「蹴りすぎだろう? 常識的に考えて」

荒巻が首を振りながら、ゆっくりと立ち上がる。

('A`)「な、なんで生きているんだ? 耳から変なものが垂れてるぞ」

/ ,' 3「さあ、知らないな。ただ、この脳漿、非常に美味だ。食ってみるか?」

('A`)「じゅるじゅる。うめえ」

/ ,' 3「これもどうだ? お粗末ながら、俺がシェイクしたものだ」

荒巻の肛門から、茶褐色の液体が滝のように流れ出した。
それを両手で受け止め、口に含む。

/ ,' 3「もごもご、もご、くちゃくちゃ」

106 : イタコ(樺太):2007/04/14(土) 22:53:41.76 ID:6QpHKBVlO
ちょwwwww

107 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:53:47.43 ID:S66Eubf20
('A`)「おま、なにしてんだ」

条件反射で背を反らしたドクオに、荒巻が抱きついた。
徐々に二人の唇と唇が合わさっていく。

('A`)(や、柔らかい)

上背があり、全身が筋肉の塊であるはずの荒巻の唇は、
マシュマロのような柔らかさを保っていた。

('A`)「んむう、ごきゅ、ごきゅ」

荒巻の唇がわずかにひらき、下痢がドクオの口内に入り込んだ。
じゅるじゅるという下品な音が響き、とろりとした液体が喉を潤していった。

108 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 22:54:55.20 ID:sY90N9NnO
ちんこたってきた

109 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:55:06.50 ID:S66Eubf20
  コクのあるまろやかなシチューのような何年も
  煮込んだカレーのような池の石に貼りつくコケ
  のような男がしこしこすると飛び出す彩りのあ
  るそれでいてどこかゴージャスさを感じさせ面
  白みもあって若妻に人気な透明で卑猥で愛情と
  愛憎のコントラストを二重奏で引き受けるとい
  うのも頷けるほどのあじわいが口内にひろがる
  とともにドクオのちんこがフルボッキしたのだ
  が、ここは読まなくても問題ないのだ。うふふ。

一言であらわすなら、マックシェイク。

荒巻の鍛え上げられた腹筋を原動力に、長い腸内で丁寧にシェイクされた下痢は、
神が動物に与えた自然の雄大さにも勝る食べ物ではないだろうか。

そう、排泄物は不必要なものではない。水と同じだ。

植物に必要なのはご存知のとお――詳しくは短編を読もう。

110 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 22:55:11.79 ID:Qkxno6iR0
シュークリーム食ってるときに見るもんじゃないな

111 : 高校教師(東日本):2007/04/14(土) 22:55:43.35 ID:03PznwSR0
なんというエグさ

112 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 22:55:53.66 ID:AaRf9VXlO
ひいい

113 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:56:10.34 ID:S66Eubf20
二人の唇が、ゆっくりと離れていった。

ドクオは滴り落ちる液体を舌で舐めとり、のどをならしながら飲み込んだ。

('A`)「うまいな」

荒巻が頷く。微笑を浮かべ、何度も何度も頷く。

繰り返し頭をさげる荒巻を凝視していると、
白い衣を身にまとい、胸に赤子を抱いて微笑を浮かべる女神が見えた。

('A`)(そうか、そうなんだ)

ドクオは理解した。

厳しい顔つきや、全身を覆う盛り上がった筋肉は、ただの飾りだと。
膨れ上がった体の奥底には、個室の便器に住んでいる排泄物の紙、いや、神が眠っているのだと。

( ´∀`)(なるほど、トイレットペーパーとかけたモナ。うまいモナ)

/ ,' 3「ふふ、もっと欲しいかい?」

悪魔の囁き――しかし、排泄物に魅了されたドクオには、神の声にしか聞こえない。

114 : 留学生(北陸地方):2007/04/14(土) 22:56:19.67 ID:SMslbDzL0
縦読み頑張って探しちまったよバーローwwww

115 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:56:41.74 ID:S66Eubf20
それから二人は地面を耕しはじめた。

真っ白な地面に真っ白な枝を差し込み、四方をアナルネットで覆う。

土を掘るのは、荒巻の陰茎だ。
荒巻の背後に回ったドクオが、硬くそそり立つ陰茎を手に土を掘り返していく。
当然だが、ドクオのものは荒巻の尻に挿入されていた。

土を掘るごとに快感の波が二人を襲う。
何度達したのか、二人にもわからない。

二つの尿道口から流れ出した精液が川をつくり、植えた排泄物の種を成長させていった。

数年後、そこには一大農園が誕生していた。

116 : ブロガー(dion軍):2007/04/14(土) 22:56:46.74 ID:umoRCZ7i0
スカトロジーってそういう事かよwwwww

117 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 22:57:19.03 ID:B/TAuaRL0
うわああああああああああ

118 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:57:32.18 ID:S66Eubf20
貧相な掘っ立て小屋から出てきた男は、背後から声をかけられて立ち止まった。

('A`)「あなた、忘れ物よ」

男に弁当を渡しながら、まったくもう、おっちょこちょいなんだから、と微笑む。

/ ,' 3「あはは、すまんな。どうも最近、もの忘れが激しいみたいだ」

男が頬を染めながら頭を掻いた。

/ ,' 3「お前にも、迷惑をかけるな」

('A`)「いいのよ。だってこれは、私が自分で決めたことなんですもの」

即答したドクオの瞳は、媚と憂いで淡く滲んでいた。
強い決意を秘めたドクオの瞳を見て、荒巻は誓った。

ドクオを、一生この手で守ろう。
畑仕事しか満足にできないような節くれだった手だが、お前を守ることはできる。
お前の幸せは、俺が守るから、だから。

/ ,' 3「夕暮れ前には帰るよ。身重なんだから、あまり動かないようにな」

だから、頑丈な子供を産んでくれ。
ドクオの膨らんだ腹部を愛おしそうに見つめると、荒巻は畑へと向かった。

119 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 22:57:54.84 ID:AaRf9VXlO
ここにしぃが加わるのか

120 : イタコ(樺太):2007/04/14(土) 22:58:19.02 ID:6QpHKBVlO
数年後ってwwww

121 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:58:39.00 ID:S66Eubf20
排泄物の種と精液を混同すると、種から根が生える。
根から精液を補充し、次に幹が誕生する。
この間も、根は精液を吸い上げ続けている。

やがて幹から生えた枝が、文字通り枝分かれしながら天を突き刺すように伸びていった。

( ´∀`)(枝が枝分かれ……ぷぷっ、枝、枝が生えわかれぷぷぷ)

茶色い表皮をもった木の誕生だ。

この木、実は食べられる。
枝はポッキーのようにサクサクした食感であり、
葉を濾せばコーヒー、根をすり潰せばわさびになる。

しかも本来のコーヒーより酸味が増しており、わさびよりも苦味があるのだ。

さらに耕した畑はプールにもなった。
ドクオが身ごもる前は、よく二人で泳いだものだ。

/ ,' 3「ふむ、これだけ育てば安泰だな。無事に年を越せそ」

122 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 22:59:02.77 ID:QmB8TmBLO
どう突っ込めばいいんだww

123 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 22:59:59.34 ID:S66Eubf20
満足げに頷く荒巻の頭部に、物干し竿が刺し込まれた。
荒巻の脳内で極彩色が弾け、頭蓋骨が軋んだ音を立てた。

/ ,' 3「ぷぎょ?」

回転を止めようとする脳に鞭を打って、体に指令を送る。
ゆっくりと背後を振り向いた荒巻の首筋に、再び物干し竿がめり込んだ。

/ ,' 3「ぐひゅ」

頚椎が砕け、甲状腺が押し潰される。

慌てて物干し竿を掴もうと手を伸ばしたが、手は空を切るばかりだった。

/ ,' 3(くそ、もう目がきかないか)

白く染まった視界に映るのは、裂けそうなほどに目を見開いた女性の笑顔だ。

(*゚ー゚)「あはは。あはっ、あははははは」

地の果てまで届きそうな笑い声を聞きながら、荒巻は足に力をこめた。

/ ,' 3(ぐおっ、駄目か、ドクオ、ドク……)

全身から力が抜けていった。
すでに脳みそは動きを止め、末端神経まで命令を送ることはできなかった。

/ ,' 3「ド……ク……」

白い大地に広がる赤い潦水が、荒巻の見た最後の景色となった。

124 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 23:00:30.49 ID:S66Eubf20
('A`)「あら? 胸騒ぎがするわ」

ドクオはテレビのスイッチを切ると、窓際まで移動した。
窓から見える景色は、壁画と見まがうばかりの平穏な世界だった。

('A`)「なんでしょう、気持ち悪い声が聞こえるわ」

空気を裂くような、不気味な鳴き声。
いや、これはもしかして、人の笑い声なのではないだろうか。

('A`)「いやだわ、もう。気味が悪い」

身震いしながら、お腹を優しく撫で上げた。

('A`)「ふふ、動いてる動いてる」

身ごもったと知ったときは不安に駆られたが、
いまではもう、この子が生まれてきたときのことしか考えられない。

('A`)「そろそろ夕暮れか。さてと、おいしいご飯を作らなくちゃね」

食卓の上に、ドクオの料理が並ぶことはなかった。
ヤカンの湯が沸騰するのと同時に、彼女の膨れたお腹から物干し竿が飛び出したのだった。

「おぎゃーおぎゃー」

125 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 23:01:02.77 ID:S66Eubf20
( ´∀`)「以上でレポートを終わるモナ」

巨大なスクリーンの映像が途切れると同時に、モナーが頭をさげた。

コメンテーターが次々と賛美の言葉を口にしていく。

「素晴らしい内容だった」

「うむ、人類の進化がよくわかる見事なレポートだったな」

( ´∀`)「彼らはアダムとイブといえるモナ。
現代に生きる人間の根源にして、人類の元祖なんだモナ」

126 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 23:01:23.21 ID:S66Eubf20
『プロジェクトX、人類の根源に迫る、本日はここまでです』

『次回予告、ブーン小説とスカトロの関連性についてをお楽しみに』

スピーカーから流れるエンディング曲を聞きながら、ブーンが口を開いた。

( ^ω^)「ふむ、素晴らしい内容だったお。
人間はこうして誕生し、進化してきたんだお。ギコ、わかったかお?」

感嘆しながら、隣に座るわが子に顔を向ける。

(,,゚Д゚)「うん。それよりとーちゃん、メジャーはじまるからチャンネル変えていー?」

( ^ω^)「いいお。それにしてもプロジェクトX……侮れないお」

(,,゚Д゚)「わーい。メジャー! メジャー!」

( ^ω^)「まったく、人が感動しているというのに、仕方のない子だお」



( ^ω^)ブーンの子供はメジャーが好きなようです:終わり

127 : 高校教師(東日本):2007/04/14(土) 23:01:30.93 ID:03PznwSR0
突っ込みようがねぇwwwwww

128 : 天使見習い(埼玉県):2007/04/14(土) 23:01:48.11 ID:BgNeFmRk0
モナーwwwそれでいいのかwww

129 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 23:01:54.54 ID:S66Eubf20
いよいよ物語は収束していく。

明日終幕、( ^ω^)エアーがクオリティーを育てるようです。

お楽しみに。

130 : 番組の途中ですが名無しです(dion軍):2007/04/14(土) 23:01:55.01 ID:ovCNOW7N0
ちょwwwwww

131 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 23:02:03.02 ID:AaRf9VXlO
どういうことやねん

132 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 23:02:15.65 ID:ErefBeYR0
え?え???

133 : 造反組(山梨県):2007/04/14(土) 23:02:16.15 ID:S66Eubf20
うううううううううううううううううううううううう
んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん
ここここここここここここここここここここここここ


再びあとがきです。

活字に拒否反応が出ていると思うので、一言だけ。

「うんこ」


ここここここここここここここここここここここここ
んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん
うううううううううううううううううううううううう

134 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 23:02:35.18 ID:sY90N9NnO
うほwwwwうほwwwwww

135 : 産科医(東日本):2007/04/14(土) 23:02:38.81 ID:Qkxno6iR0
感動しすぎて失禁した

136 : イタコ(樺太):2007/04/14(土) 23:02:55.83 ID:6QpHKBVlO
ついていくのがやっとなんだが

137 : 共産党幹部(樺太):2007/04/14(土) 23:04:09.92 ID:QmB8TmBLO
乙だ!いいうんこだった!

138 : 釣氏(樺太):2007/04/14(土) 23:04:43.72 ID:oW3I4gXMO
感動した

139 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 23:05:38.25 ID:ErefBeYR0
乙!!!

140 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 23:05:44.80 ID:sY90N9NnO
ナイスうんこ。乙!

141 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 23:06:29.45 ID:B/TAuaRL0
おおおおおおおおおっつつつつつつつつつつつつつつ

142 : 右大臣(愛知県):2007/04/14(土) 23:10:27.21 ID:bVGKO/0I0
これはすごく・・・うんこです・・・


143 : お宮(愛知県):2007/04/14(土) 23:14:21.62 ID:B/TAuaRL0
ファミコンみたいな晴れ晴れキタ━(゚∀゚)━!!!

144 : ピアニスト(樺太):2007/04/14(土) 23:19:06.76 ID:AaRf9VXlO
じゃ、個人的に好きなステージ曲を流して今日は終わりです

明日でエアー合作も終わりです。よかったら見てくださいね

145 : チャイドル(奈良県):2007/04/14(土) 23:20:58.62 ID:ErefBeYR0
BGMも乙
明日も頑張って下さい

146 : 塗装工(樺太):2007/04/14(土) 23:40:27.88 ID:sY90N9NnO


147 : 空気(アラバマ州):2007/04/14(土) 23:46:20.66 ID:/+Cu2xG30


47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)