5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【鯉のぼり】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 20:58:58.82 ID:2eGkKC8N0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21064.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21071.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21074.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21067.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21068.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21077.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21069.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21070.jpg

こんな絵師たちが色鉛筆を擬人化して絵を描いたり、SS書きが物語を綴ったりするスレです。
>>2あたりに簡単なテンプレがあります。本当に簡単なので、一回は目を通してね。

※初めての方へ
ようこそ。このスレやまとめwikiで絵を見たり、SSを読んだりして萌えたら住人になってください。
いつでも過疎気味なので、絵やSSの投下は大歓迎です。
毎週土曜日の21:00ごろにスレが立ちますが、たまに変動しますので、気に入ったらまとめwikiを必ずブックマークしておいてください。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 20:59:46.55 ID:2eGkKC8N0
赤  活発でスポーツ万能。男女問わず友達が多い
青  気が強く姉御肌。人に厳しく自分にも厳しい
黄  お調子者で明るくムードメーカー
緑  口数少なく読書が好き。目つきが悪く、近寄りがたい
白  清楚なお嬢様。身体が弱い
橙  友達とワイワイ騒ぐのが好き。おしゃれ
桃  巨乳。悪気はないけど天然ボケを計算してる
紫  背が低くてちょっと生意気。寂しがり屋
水  気が弱く人見知り。いつも下を向いてる
黒  言いたいことは何でも言う。人から好かれるか嫌われるか両極端
茶  頑張り屋。落ち込みやすいけど元気
黄緑 母性本能が強く誰に対しても優しい

他にも朱色、群青、灰色、侍黒、焦茶、空色などがいます。さまざまな色鉛筆を、君のイメージで擬人化しよう!

◆前スレ:【お絵描き落書き】色鉛筆を擬人化して萌えるスレ【眩しい新緑】
 http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1177761612/
◆まとめwiki
 ttp://collateral.bitter.jp/cgi/wiki/index.php
◆専用うpろだ
 ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/upload.html

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:01:34.28 ID:v+Tv75nVO
>>1乙だよ
そろそろガチで付き合わせるけどいいよね?



















答えは聞いてない

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:03:11.29 ID:2eGkKC8N0
>>3
が、ガチ?

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:04:40.73 ID:0wiLYU7k0
>>1乙ー

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:06:22.83 ID:bYPptWFh0
>>1乙!

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:06:52.58 ID:5JmJ2Lhv0
絵がうまいとか関係ないよ
ラクガキ感覚でテキトーにやろー

ひきこもりのお絵かきチャット
http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=36121

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:07:50.87 ID:2eGkKC8N0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21079.jpg
剥くべきキャラは黄緑だと最近悟った

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:07:57.22 ID:0wiLYU7k0
白と黒
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21080.jpg

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:08:22.06 ID:O53vS3SO0
サザンのトリビア

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:08:27.36 ID:0wiLYU7k0
>>8
( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:11:46.21 ID:2eGkKC8N0
>>9
( ゚∀゚)o彡°白黒!白黒! GJ!

>>1の絵は上から順にピックアップした、つもり。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:11:53.35 ID:5UZXxsRi0
>>1乙! ここんとこ落ちてばっかりだが、気にせず今を楽しもうw

>>8
その人を剥いちゃうのかwwwwwwwなんてけしから……
okwwwもっとやれwwwそれにしてもすごいくびれときゅーとなおへそだwww

>>9
やはりこの二人は百合風味がよく似合うぜwwwww
ブラシじゃなく櫛で梳いてるところに愛を感じるw


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:22:17.34 ID:5UZXxsRi0
うはーヒトイナスw
スレ保持数700もないし、今夜一番がいいとこか……

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:22:58.85 ID:2eGkKC8N0
スレ保持数減ったのかー

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:23:15.83 ID:sXjXexeA0
>>1

のっけから皆様GJ!!

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:23:59.33 ID:0wiLYU7k0
ほんとに人いねーな
GWを有意義に過ごしてる人が多いってことだ…喜ぶべきことさ(´;ω;`)

青と空
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21081.jpg
空はきっと軽いと思うんだ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:27:33.65 ID:CYeRu+wv0
>>17
これはいい青空

・・・・・・青が思いと申すかwwww

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:27:47.09 ID:2eGkKC8N0
>>17
女子の仲良しは激しく和むwww
軽い女の子いいな、持ち上げたいww

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:27:54.06 ID:CYeRu+wv0
なんという誤字/(^o^)\

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:31:05.74 ID:2eGkKC8N0
なんとなく>>3が凄い大作を投下してくれるような期待

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:33:02.89 ID:bYPptWFh0
序盤からGJすぎる投下の嵐がwwww早速萌え殺されまくったwww

デート前に悩む赤
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21082.jpg

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:34:42.00 ID:cM2XMW6S0
悩みどころが大間違いwww

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:34:53.62 ID:2eGkKC8N0
>>22
ちょwww 全部ジャージwww
でも、そういう知り合いリアルでいるww

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:35:30.31 ID:v+Tv75nVO
白「ねぇ黒ちゃん………ちょっといいかな?」
黒「どうしたの?」
白「えっと……みんなには内緒にしてくれる?」
黒「白、私があなたとの約束を破ったことがあったかしら?さぁ。」
白「どうしよう………こんなの生えてきちゃったよぉ………(ビクビク)」
黒「白………あなた……それ………!」
白「黒ちゃん…………」



















灰「いやいや無理無理。そんなキモイ薬嫌だし。」
緑「そうか…………。(´・ω・`)」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:35:33.26 ID:0wiLYU7k0
>>22
どっちもジャージwwwww
そんな赤もかわいいがww

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:36:49.66 ID:0wiLYU7k0
>>25
ちょwwwwwwww
これから緑のことはキングオブ変態と呼んでいいと思う

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:46:49.12 ID:LMYWmk7VO
>>1


>>25
それを灰に頼む緑の勇気に乾杯

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:46:57.91 ID:hrcMBMoX0
浮上

30 :愛のVIP戦士 :2007/05/05(土) 21:52:32.57 ID:pow3Tq2t0
>>8
黄緑さんは俺の嫁。
ただ、黄緑さんは真夏でも純白スリップ着用派。

亭主の俺が言ってるんだから間違いない!

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 21:59:49.34 ID:hrcMBMoX0
ここで再浮上

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:01:42.23 ID:LMYWmk7VO
と言うか、携帯だと絵が見えないのあるのな
口惜しい〜

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:05:36.38 ID:0wiLYU7k0
>>32
( ´∀`)つ「今すぐ機種変」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:07:33.44 ID:0wiLYU7k0
ネコミミ橙
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21083.jpg

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:08:21.31 ID:hrcMBMoX0
>34
Λした

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:15:59.90 ID:LMYWmk7VO
茶色「色無く〜ん」
ズテッ
色無「大丈夫?ププ…」
茶色「ひどーい」
色無「アハハ、ごめんごめん」
茶色「許しません!」
色無「じゃあお詫びになんか買ってやるよ」
茶色「本当!?」
色無「あ…でも金ほとんど無い」
茶色「大丈夫!」

色無「ここ100均だぞ」
茶色「…あった!これ買って欲しいな」
色無「ただの黒いアメピンの50本入り…こんなんで良いの?」
茶色「うん」
『どうせ私高い物買ってもらってもすぐに無くしちゃうし…これならなかなか無くならないもん☆』

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:19:56.94 ID:/FvctuarO
今北>>1乙!
GW全部バイトなのはリア充と言えるのだろうか……
ここで鋭気を養わせてもらうぜwwwww

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:24:31.27 ID:2eGkKC8N0
これまでの流れ
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21027.jpg

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21084.jpg
座敷童子〜水編〜 2

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:31:59.81 ID:hrcMBMoX0
保守ー!

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:32:32.66 ID:CYeRu+wv0
>>38
これは修羅場の予感・・・!

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:32:45.45 ID:0wiLYU7k0
>>38
ちょ、白の顔がやばいwww
続きwktk

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:33:21.28 ID:/FvctuarO
>>38
これはますます目が離せんなwwwww

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:37:54.89 ID:jrCFgD0pO
ショタほしい

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:43:43.40 ID:0wiLYU7k0
>>43
ショタキャラは今のところいない気ガス
新しい色で絵描くかSS書くかすれば定着するかもしれんよ

水色・ショートver.
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21085.jpg
水色・ツインテールver.
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21086.jpg

45 :愛のVIP戦士:2007/05/05(土) 22:47:34.19 ID:qGH54/+e0
>>44
ショート…いやツインテール…やっぱショート…やはり(ry
やばい混乱するwwwwwww

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:48:21.60 ID:hrcMBMoX0
漏れは迷わずツインテール

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:50:49.96 ID:CYeRu+wv0
>>44
貴様、俺を暗殺しに来たんだな!?
畜生、殺すなら一思いに萌え殺してくれ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:50:58.04 ID:/FvctuarO
どう考えてもショート

いやツインテール

いやショート

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:52:32.38 ID:CYeRu+wv0
ショートとツインテで迷ってるおまいら

ショートツインにすればいいんじゃね?

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:53:08.07 ID:hrcMBMoX0
ロングツインテ大好物の漏れは迷わない!

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:54:21.49 ID:/FvctuarO
>>49
鬼才現……れてないな、これは。常識的に考えて

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:55:07.26 ID:uUpzkmRx0
>>50
ロングツインは付け根が垂れるか膨らむかが重要だ。
もちろん俺は垂れる派だ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:56:09.57 ID:gluAIJou0
>>38
ワロタwwwwwwww

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:56:39.73 ID:hrcMBMoX0
>52
悪いな
漏れは膨らみ派だ…

55 :愛のVIP戦士:2007/05/05(土) 22:58:35.25 ID:qGH54/+e0
ここは、クエス・パラエのような髪型ではどうだろう?

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 22:59:12.53 ID:hrcMBMoX0
>55
誰?

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:01:55.29 ID:CYeRu+wv0
ぐぐったらクェス・パラヤってでたけど?
そしてこれは俺的にねーよwwwwwww

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:02:08.99 ID:v+Tv75nVO
ショタっ子水色くん

橙「おっはよー水色くーん!(ギュ)」
水「むぅッ!!!ぐぅう!!」
橙「ありゃ?苦しかったかな?」
水「ふぁあ。苦しいですよぉ……!」
橙「ごめんごめん。それでどうだった?」
水「なっ、何がですか?」
橙「お姉さんの オ ッ パ イ ♪」
水「えっ!僕は……その………(カァァ)」
橙「何とも思ってないんだぁ?お姉さん、ショックぅ。」
水「でも……それじゃあ………」
橙「お姉さん、女として自信無くしたなぁ。」
水「橙さん……!気持良かったですよ………!うんッ!」
橙「気持良かったって………何もそういうこと聞いたわけじゃないんだけど………。」
水「そっそれは感覚とかじゃなくて」
橙「一種のセクハラだよ、それは。」
水「違います!そういうことじゃなくてぇ!うっ……うぅ…………」

橙(これだからたまらないわぁ………。)

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:02:19.28 ID:uUpzkmRx0
あれだろ、ギりシヤ神話に出てくるエスレ・ノカミを擬人化したって言うキャラ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:02:27.94 ID:cM2XMW6S0
>43
髪型で選ぶことは俺には出来ないっ!



でも胸の大きさでショート

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:02:40.79 ID:CYeRu+wv0
いや冷静に考えてみればこれもありか・・・・・・

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:04:57.48 ID:qGH54/+e0
パラヤだったスマソ

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:05:38.88 ID:hrcMBMoX0
圧倒的に長さが足りない>クェス・パラヤ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:11:26.83 ID:nZ5sd86r0
水「おはよう、色無君」
色無「おお、水。……水、髪形変えた?」
水「あ、うん。昨日橙ちゃんに切ってもらったんだ」
色無「へぇ橙ってそんなこともできるんだ」
水「あの……似合う……かな?」
色無「ああ、可愛いと思うよ」
水「あ、ありがと…///」
色無「でもさ」
水「え?」
色無「ツインテールでもショートでも、俺の好きな水には変わりないからな」
水「……あぅ///」

色無と水。恐らくカップル。


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:11:27.01 ID:hrcMBMoX0
浮上

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:12:34.81 ID:0wiLYU7k0
>>64
あまーーーい!

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:12:57.83 ID:qGH54/+e0
>>64
そういうことだwwwww

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:19:09.29 ID:qGH54/+e0
こうあるべきだと思うんだ

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21087.jpg

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:21:58.21 ID:gluAIJou0
いい鯉のぼりだ


http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21088.jpg

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:25:21.45 ID:0wiLYU7k0
>>68
これはいい保守w

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:26:38.51 ID:LMYWmk7VO
>>69
なんかカッコイイなwww

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:26:38.78 ID:0wiLYU7k0
>>69
なんだかかっこいい橙だ
GJ!!

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:28:13.84 ID:bYPptWFh0
灰化した茶色
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21089.jpg

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:28:37.00 ID:gluAIJou0
>>73
吹いたwwwwwwwwwww

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:29:22.24 ID:0wiLYU7k0
>>73
良くねえwwwwww

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:30:20.51 ID:qGH54/+e0
>>73
このやる気無シリーズ好きだww

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:36:17.87 ID:A943Al2P0
今北いちょつ!!
そして結構スレが伸びてたから保守だらけかと思ったら投下たくさんあって嬉しくなったwww


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:36:28.66 ID:sXjXexeA0
色「あれ?おっかしいなー。ここでいいはずなんだけど…」

―その日俺は茶色を花見に誘った。
しかし約束の時間を過ぎても彼女は現れなかった

色「まぁ、茶色らしいといえば茶色らしいか」

どこかで迷子にでもなっているんだろう。
そう思って連絡をとろうとしたその時携帯が鳴った

色「はい。もしもし?」
茶「ふぇ〜。色無くぅ〜ん」
色「茶か?どうした?いまどこにいr…」
茶「一体ここどこなの〜?」
色「(おいおい…)わかった。すぐそっちに行くから『絶対』にその場所を動くんじゃないぞ」
茶「は、はやく来て〜」

―数分後
色「はぁはぁ。一体どこいっちゃったんだ…ん?何だ、あの人だかり」

A「ねぇ彼女〜かわいいね」
B「俺たちと付き合ってよ〜」
茶「ふ、ふぇ〜。わ、わたし待ち合わせの途中なんです〜」
A「そんなのほっといて俺たちと楽しもうよ〜」
B「そうだよ、そうだよ。」
茶(たすけて〜色無くん)

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:38:05.77 ID:sXjXexeA0
色「あの〜すみません…その待ち合わせ相手なんですが」
A「あぁん!何だよ!」
B「おめぇーはお呼びじゃねぇんだよ!」
色「(ムッ)俺の女に手ぇ出すんじゃねぇー!!」
茶「!?」
A「・・・」
B「・・・」

色「フンっ!ほら、行くぞ茶」
茶「え?あっ」

―さらに数分後
茶「い、色無くん?」
色「ん?どうした?」
茶「えっと、さっき言ってたことなんだけど///」
色「あぁ、あれね・・・」
茶「その…あれはあの場を治めるために言ったんだよね?」
色「違うよ」
茶「ふぇ?」
色「本当はちゃんとした形で伝えようと思ってたんだ」
茶「・・・(グスッ」
色「ごめん…茶色の気持ちも考えずに。迷惑だったよな?」
茶「ううん。嬉しいの。でも、わたしでいいの?」
色「茶色じゃなきゃダメなんだ!」
茶「うぅ〜(泣」
色「ほら、泣くなよ」
茶「うん♪」

今日のことを私は一生忘れないでしょう。


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:39:47.52 ID:sXjXexeA0
書いたはいいが茶の良さが全然出せなんだ・・・ort

まだまだ修行不足。

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:40:25.56 ID:0wiLYU7k0
>>78-79
ほんわかしたw
SS投下する時は終わりがどこか分かりやすいように
名前欄あたりに1/2、2/2とか書いてくれるとありがたい

寝る前投下 侍黒
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21090.jpg

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:41:36.06 ID:qGH54/+e0
>>80
茶色可愛いよ茶色www
ちょっと茶色祭りか?

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:42:24.14 ID:bYPptWFh0
>>78-79
い、色無…かっこいいじゃねぇか…

>>81
水着侍黒キタwwwwwwお尻がテラエロスwwwwww

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:43:16.66 ID:qGH54/+e0
>>81
切られてもいいから飛びつくwww

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:46:36.97 ID:sXjXexeA0
>>81
了解です。

>>84
よし。84が切られてる隙に俺が飛びつくwww

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:50:15.04 ID:nZ5sd86r0
>>85
まてまて、俺が行くよ。



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:51:12.32 ID:A943Al2P0
>>80
茶色が迷子になってるあたりでもう俺のハートは茶色に鷲掴みにされてたから大丈夫だwww

>>86
いやいや、ここは俺が。



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:53:18.23 ID:bYPptWFh0
>>86-87
それならオレが行く!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:55:04.50 ID:A943Al2P0
>>88
どーぞどーz……なんて言うと思ったかこのやろー!

侍黒のお尻は俺がいたdくぁwせdrftyふじこlp;@

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:56:28.59 ID:hrcMBMoX0
死屍累々とはこういう状況のことを言うのだろうな…

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:56:35.92 ID:nZ5sd86r0
なんというかここの住人たちは一生の仲間になると思う。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/05(土) 23:58:32.75 ID:CYeRu+wv0
男「馬鹿言うな。侍黒の尻は俺のものに決まっt・・・・・・
  お、おい、侍黒、その刀下ろそうな?な?」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:01:28.85 ID:xQAJbpzv0
侍黒「(……もう少し人の居ないところで、二人きりになった頃に言えば…男のばか……。)」

―ズバッ!

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:04:15.09 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

侍「さっきより機嫌悪くなっておらんか?」
男「べっつにぃ。」
侍「無理矢理お主を連れ出したことは謝る。しかし何もそこまで怒ることはなかろう。」
男「怒ってないしぃ。」
侍「眉間にしわが寄っとるぞ?」
男「はいはい正直怒ってます。だってよく考えてみろ押し掛けられたと思ったらこれだぞ?」
侍「…………すまん。」
男「ったく自分勝手もいいとこだ。俺のこと少しも考えちゃいないもんな。」
侍「それはそうだったかもしれぬが」
男「人のこと散々引っ張り回していい迷惑だ。」
侍「そんな………そこまで……!」
男「…………ほら家着いたぞ。お互い今日は頭冷やそうぜ?」

ガラッ
男「おーいこら俺の部屋に木刀忘れてったぞー。」
侍「ッ!………あ、何をしに来たのだ?」
男「お前さっき俺の部屋に素振り用の木刀忘れていったろ。ほら。」
侍「ははは、すまぬ。ちょうど探しておったところだ。」
男「そうか。なら良かった。」
侍「迷惑をかけたな、さっき言われたばかりなのに。」
男「あ、それなんだがさっきのは俺が悪かった。忘れてくれ。」
侍「………あぁ、端からそんなもん気にしとらん!気にするな。」
男「いや悪かった。」
侍「だからもういいと言ったであろう。さぁ某は風呂に入るから帰った帰った。」

男「………まぁ、今のとこ一件落着か。」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:06:48.88 ID:UZDeI1UFO
状況は前の続き
前スレを保守出来なかった自分は斬られるべきである













ナイフを持った緑に

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:10:10.68 ID:H2Tz65tTO
なんか今スレ保守が多い気がするけど、今のVIPだとこのくらいの間隔じゃないと落ちちゃうってヤツ?
色鉛筆スレ以外見てないからわからないんだ…

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:10:32.09 ID:gaXVk97f0
わかった自分も一緒に切られよう…



とりあえず尻触ったあとにな

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:10:52.95 ID:zaWAS2jB0
>>95
残念ながらそれは翠緑かもしれん

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:15:54.98 ID:GvWH7qmY0
ナイフを持った翠緑を想像したら雛見沢が浮かんできてしまった……

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:17:08.23 ID:gaXVk97f0
>>96
自分も色鉛筆スレ以外ほとんど見てないんだが
五分くらいで300位に落ちてるなあ

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:19:02.22 ID:xQAJbpzv0
>>95
それなら俺は紫がさらしに巻いた包丁で斬られますね/(^o^)\

>>96
俺も良くは分かんないけど、俺の専ブラの最下層にあるスレは立ってから12分くらいのスレだったから早めの保守に越したことは無いと思う。



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:26:54.38 ID:UZDeI1UFO
保守

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:34:25.93 ID:H2Tz65tTO
>>100>>101
d。12分か……結構厳しいな。微力ながら頑張る。

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:40:35.35 ID:a4TSzHcOO
空「第一印象って全くアテにならないですよね」
青「そう?」
水「んー……」

『入寮時』
青「私の名前は青です。よろしくお願いします」
水 (綺麗な人だなぁ……きっと育ちがいいんだろうなぁ)

『入寮後』
青「うぅ、色無ぃ……色無ぃ……」
水「青ちゃん………」

水「…………」
青「……何よ?」
水「うん。第一印象って全然アテにならない」

保守@空

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:48:56.06 ID:GvWH7qmY0
まぁ大切なものではアルwww

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:53:16.01 ID:xQAJbpzv0
二人でお留守番。〜青とお留守番〜

色無「青ー。」
青「なに?」
色無「呼んだだけー。」
青「よ、用事も無いのに人の名前呼ばないでよっ!///」
色無「でもなんか二人っきりで会話も無いとちょっと気まずいじゃん?」
青「そ、それはそうだけど…」
色無「ほら、俺が青の名前呼んだだけでこんなに会話しちゃったし。」
青「うーん…じゃあこうしましょ?5分くらい何も話すことがなかったらお互いの名前を呼び合うの。」
色無「なるほど。やってみるか。」
青「じゃあさっきは色無が私の名前呼んだから今度は私が色無の名前呼ぶわね。」
色無「分かった。」

―5分後
青「………(そ、そろっと5分経ったかしら?)」
色無「……。」
青「………(改めて人の名前を呼ぶのも…け、結構緊張するわね…)」
色無「……。」
青「(よ、よし!呼ぶわよ!)………い、色無…?」
色無「……。」
青「(あれ?反応が無い?)…色無?色無ー?」
色無「……すー…」
青「寝てる……わね。」
色無「……。」
青「…もう、しょうがないわね。(バサッ)…寝顔に免じて毛布くらいは掛けてあげるわ。」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:54:26.65 ID:qoayN9F60
久しぶりに来ました

あんま焦げてないけど焦茶
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21091.jpg

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:57:23.02 ID:xQAJbpzv0
>>107
なんという焦茶さん。
一目見ただけで分かってしまった。
間違いなく俺の心を熱く焦がしたのはこの焦茶さん。

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 00:59:31.20 ID:a4TSzHcOO
空「黄色先輩、おはようございます!……ってどうしたんですかマスクなんか着けて」
黄「いやー……風邪ひいちゃったみたい」
空「最近暑かったり、寒かったりですからね」
黄「そうなんだよ。まいっちゃうよねー」
空「今日はゆっくり休んで早く元気になってくださいね」
黄「うん。ありがとー」
空「…………あれ?」
黄「ん?」
空 (黄色先輩が……風邪……?)
黄「………」
空 (……『あの』黄色先輩が風邪?!)
黄「空、考えてることまるわかりだから……」

保守@空

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:04:10.05 ID:POhn509q0
>>109
空w一応先輩なんだぞwww

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:06:03.23 ID:xQAJbpzv0
>>109
どんなにくるしくても
カレーたべればなおるよ!
                 ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ なおるよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:06:04.28 ID:gaXVk97f0
>>109
素直すぎるのも考え物だww

ところで「色鉛筆の冒険」と言うのを書いてるものだが…
カキコしようと思ったら7レスになりそうなんだ
投下に向く時間帯とかってあるのなら教えてくれ


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:06:55.17 ID:a4TSzHcOO
空「黄色先輩、今日の昼ご飯はカレーだそうです!」
黄「本当に?」
空「黄色先輩が具合悪いって言ったら黄緑先輩がカレーにしてくれました」
黄「やったー!!」
無「はぁ………」
空「色無先輩、どうしたんですか?」
無「朝から腹の調子悪くてさー。もう出るわ出るわで……」
黄「………」
無「よう、黄……な、なんだよ怖い顔して?!」

保守@空

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:09:10.24 ID:UZDeI1UFO
>>112
今頃でいいんじゃあないかな

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:11:10.67 ID:xQAJbpzv0
>>112
気が向いた時にいつでも投下すればおk。

>>113
色無空気嫁wwwww

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:14:42.63 ID:qoayN9F60
>>112
いつでも大丈夫だと思う


http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21094.jpg

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:17:04.18 ID:gaXVk97f0
>>114->116
d
>>116
その学校の入学願書くれ


では
http://collateral.bitter.jp/cgi/wiki/index.php?%BF%A7%B1%F4%C9%AE%A4%CE%CB%C1%B8%B1
の続きいっきまーす

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:17:26.63 ID:gaXVk97f0
遺跡探検 白色のがんばり (1/7)

南門から程なく行くとケース遺跡にでる。
色無が先頭でズンズン歩くので、遺跡周辺まではあっけなく着いた。しかしそれからが大変だ。
遺跡の回りは人は居ないものの、近くの遺跡調査の為に立てられた施設の中に警
備が24時間常駐し、結界魔法を発動させている。

ここからは白色が先頭にたった。赤色は小さな炎を白色の足元にともす。
白色が霧を出して、見えない結界をさぐる。霧を少量地面に這わす。
するとかすかに白い霧がピンク色に変わるところがある。そこの近くに結界があるのだ。
いくら霧であって魔力で出来た霧であるから、結界に触れば警備に気づかれてし
まうのだが、そこは白色の超一流の技術で敏感に魔力を察知して触れるか触れないかのギリギリを探っているのだった。
あまりの白色の繊細な魔法に一同は目をまるくした。
あまりの高度な魔法に途中色無が白色に
「無理するな」
と言ったが
「大丈夫です」
と白色は笑顔で答えた。

白色の思わぬ活躍で白色を除くみんなは多少たじろぎながらもどんどんと遺跡に近づいて行った。
遺跡とは言っても、教科書で見た通りのなんのへんてつも無い石が直径20m四方に転がっているにすぎない。
色無立ちは気が付けばその石が転がっている一体の真ん中に来ていた。他の石よりも一回り大きな2m四方位の石が地面に埋め込まれている。
そしてこの石に黒歴史についての古代文字が彫ってあるのだ。





119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:17:46.92 ID:gaXVk97f0
(2/7)
「なーんの編てつもないただの石ね」
赤色が残念そうに言う。
「でもそろそろ帰った方が良くねえかな…」
言い出しっぺの黄色はすっかりびびっている
「私ちょこっと疲れました」
白色はさすがにしんどそうだ
「だから無理するなって言っただろ」
色無はいつもしんどくなる白色に苛立ちを隠せない。あんな魔法が身体に負担をかけないはずが無いのだ。その時、赤色が叫んだ
「あっ」
見ると、白色が又ふらーと倒れかかっている。それも丁度身体が倒れようとしている先には、例の古代文字がかかれた遺跡があった。
色無はとっさに、白色の身体をかばって遺跡に倒れこんだ。 ガツン!

「白色大丈夫か」
色無は自分の胸の中にスッポリと収まっている白色に声をかけた。見ると白色は無傷のようだ。ただ意識は朦朧としているようで、何故か微笑んでいる。
ホッとした次の瞬間、激痛が色無の腕を襲った。
「痛っ」
赤色は色無に駆け寄った
「大丈夫!?ちょっと腕痛いの!?」
黄色も心配している
「二人とも怪我ないか」
「大丈夫。白色も大丈夫みたいだ」
色無はそう言うと、黄色も赤色も落ち着いたが、遺跡を見てギョッとした。
「あれ何か…ズレてない?」
赤色が言うと、黄色もこう言った。
「何か確実に…ズレてるね」
見ると遺跡の石板はどうやら二枚目重ねになって居たようで、上の方の石板が少しズレてしまっている。
「…――?」その時に色無は嫌な違和感を覚えた。

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:18:50.55 ID:gaXVk97f0
(3/7)
「そっち持って」
「よいしょ」
赤色と黄色は必死に直そうにも直らない。
「俺がやる。赤色、白色を頼む」
そういって色無は青白い顔で、白色を赤色に渡す。その時白色は色無の服の裾をつかんでいた。
しかし色無はそれに気付かずに離れた為に、白色の手はブランと振り子のように揺れて、虚しく白色の身体に戻っていった。
石板は何故か色無が触ると簡単に動き元の位置に戻った。みんなは不思議そうにしている。
色無もほたんど無意識でやったことなので、自分の行動を説明できずにいた。
すると白色が目を覚ました。
「大丈夫か!?」
色無が駆け寄ると白色は笑顔で
「大丈夫です」
と力無い笑顔で答えた。

なにはともあれ急いで遺跡を後にすることにした。白色はまだ少し体調がすぐれないために色無が白色をおんぶして進むことになった。来た道を慎重に進む。
「…色無しさん」
白色が色無に聞こえるくらいの声で肩越しに話かけてくる。色無は無理をした白色に腹を立てているし、腕は痛いし、先の石版で気分が悪いしの最悪の気分である為に答え無い。
「もうしわけありません。本当は歩けるんです。でも話したいことがあるのでもう少しこのままで居させて下さい」
白色はびっくりするような事を話し出した。
「黒色の杖は実在します。なぜこんな事を知っているかというと私はこの国の青色王の娘だからです。今日、この冒険に参加しようと思った理由は、なんとか色無私は姫なのだと伝えたかったからなんです。」
色無は混乱してしまって何も答えることができない。さらに白色は続ける。
「学校ではなかなか二人にはなれませんし…本当に申し訳ありません。それで先日父に許婚を紹介されました。でも私断ったんです。私には…心に決めた人が居ますって言いました。」
色無は白色の強い意志がこもった声とは裏腹に、華奢な体が震えているのを感じた。一生懸命に勇気をだして自分の気持ちを伝えようとする気持ちが肩越しに伝わってくる。
「好きです…色無さん…!昔からずっと…ずっと好きでした」
その瞬間色無は首筋に熱いものを感じた。白色の涙だった。
白色は自分でもあとからあとから出てくる涙と、あふれ出る思いを止める事ができない。
色無の肩から伝わってくる暖かさは、この世で唯一のぬくもりに感じられた。


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:19:27.15 ID:gaXVk97f0
黒い力 (4/7)

その時先頭を歩く黄色が
「なんかおかしい」
と言い出した。そういえばこの道はさっきも来た様な…みんながそう思うのと同時に
みるみる黒い霧が辺りを包み始めた。そういえば、遺跡であれほど大騒ぎをしたのに気づかれないのは、よく考えれば大変不自然であった。
「ちょっと待――」
色無はそう言った瞬間、一瞬背中が軽くなった気がした。ハッとして振り返ると全く知らない黒髪の女の子が色無の背中におんぶされていた。
「へえ…よく気づいたわね」
ゾッとするような澄んだ声でその子は言った。そして手には黒い杖を持っている。
「魔法も使えない無能な色無。白色は、私と黒色と一緒にきてもらうの…」
そういうと色無の首筋をペロッと舐めた。ちょうど、白色の涙が通ったところだった。
「あなたにはあげない!」
そしてそう強く言い放つと、黒色はドンッと色無の背中を突き飛ばし、闇にまぎれていった。
「待て!白色をどこへやった!」
そう言うと闇の中から声がした。
「確かに、白色をこけた時にかばってくれたのは、あなただし…その腕の怪我でも頑張っておぶったのは、褒めてあげる…ご褒美に白色がいる場所を教えてあげるわ。
北の出会いの森よ。早く青王様にでも伝えてみればいいわ…」

「いきなり大声を出してどうしたの」
「何転んでんだよ、てか白色は」
不思議な事に二人には黒色の姿・声が分からなかったらしい。
黒色の得体の知れない力に色無はぞっとした。どうやら暗いところで全ての魔法が使えるのは本当のようだ。
一部始終を二人に話した後、色無は色無は言った。
「二人に頼みがある……」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:19:58.31 ID:gaXVk97f0
決意 (5/7)

黄色は城の謁見の間で、水色王妃の前に膝まついていた
「では色無がというものが、白色を姫と知っていて森に連れ出し、その結果白色が行方知れず…という事ですか」
王妃は、静かにそう言った。黄色は、初めて会う王妃にすっかり緊張しまっている。
もしも厳しさで有名な、青色王が急用で出かけてなければ、黄色はきっと話す事も出来なかったと思われる。
「ははい。そっそれで、どどどこに行ったかはわからないと言っていました。取り急ぎ
おお伝えた方がいいと思っあwせdrftgyふじこ」
「もう良い、さがりなさい」
意外なほどあっさりとした言葉に黄色は拍子抜けをした。怪しまれて牢獄に入ってもしかたないと考えていたからだ。しかしこれは幸いと、
「シツレイシマス」
と言って早々に退出した。その姿を見て
「もう少しマシな嘘は思いつかないのかしら」
と、王妃が呟いたのも知る由も無い。

「本当に一人で行くの」
赤色は色無に言った。二人は北の出会いの森の前に来ていた。
「ああ…だからもし明日までに俺が戻らなかったら、王に、ここに白色が捕らえられている可能性がある事を伝えてくれ。わがままを言って悪い」
「私も行こうか」
「俺が助けたいんだ」
数少ない言葉が逆に、色無の決意の強さを物語った。今まで、何をするにも無気力で、面倒な事に巻き込まれないようにしてきた色無だった。いかし、黒色の所に怪我を押してでも一人で行きたいと言う。
「いってらっしゃい」
赤色は、森に入っていく色無に声をかけた。色無は振り返りもしない。
赤色は呟いた。
「絶対に帰って来てね。そしてちゃんと私に告白させて、思いっきり振ってくれないとダメなんだから…」
本当は泣いて好きだと言って、すがりついたかったけれど、赤色は色無を困らせまいと必死の思い自分を抑えたのだった。赤色は泣かない様に顔を空に向けると、まるで慰めるように自分と同じ色の朝日が昇った。



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:20:34.06 ID:gaXVk97f0
最強の魔法使い(6/7)

色無は薄暗い森を進んでいく。この暗さだときっと黒色はいつでも魔法を使えるのだろう。色無はこの森を嫌いだった。出会いの森―ここは自分には運命の出会いをくれなかったからだ。
「何で一人来たの」
ゾッとするような澄んだ声が聞こえて黒色が姿を現した。見ると黒色が色無の真上に浮かんで、色無を見下ろしていた。しかし色無は不思議と物怖じせず答えた。
「君と話がしたかったから」
あまりの事に黒色は驚く
「あんたバカ?なんで私と話をする必要があるわけ」
色無はいった
「冷静になってみると君が悪い人には思えない。俺は魔法は使えないけどのこういう直感は今までに外れない。特に君は白色を傷つけるようには思えないし。でも、明日には王様の軍がやってくる。君もきっとそれでは無傷ではいられないと思う。それまでに、白色を返してくれ」
黒色は大きなため息を吐いて言った。
「仕方ない」
そして黒色は色無めがけて杖をふりかざした。色無は時空が歪んでいく間隔に襲われ思わず目をつぶった。

次に色無が目を開けると、そこは城の謁見の間であった。青色王が苦虫を噛み潰したような顔で言った。
「合格だ」
目の前には白色が目に涙を浮かべて微笑んでいる。何の事か分からないでいる色無に、桃色大臣は言った
「ごめんなさい〜実は色無君が、白色姫と将来を添い遂げるに、ふさわしい相手かためさせてもらいました。考えたのは私…本当にごめんなさいね〜。もちろん、この事は、王様と王妃様と私しか知らなかったのよ〜」
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21093.jpg
あまりに、悪気なく言う為に色無は怒るタイミングを切り出せない。

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:21:09.77 ID:gaXVk97f0
(7/7)
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21092.jpg
すると白色が走りよって色無に飛びついた。
「ありがとうございます…!!色無さん」
白色はまた泣いている。
「仕方が無いので、色無…君を白色の婚約者候補としてみとめよう」
王様が言った。
だんだん、色無にも状況が理解できてきた。つまりテストだったということか。そして自分はそのテストに合格したらしい。色無は大好きな白色との結婚はまだ少し早いと思いながらも、幸福な未来に夢をはせた。
「色無さん…改めて聞くが白色が好きですか?」
水色王妃が訪ねた。
「…はい」
色無は少し照れくさそう答えた。
「実は最近の黒歴史の研究でわかったことがあります。それは七歳で杖を持たなかったものにはこの国の神になる事ができる。というものです。まだ研究は途中ですしにわかには信じられませんが、たしかにそう記述してあります」
水色王妃の言葉に、色無は目を丸くした。続いて青色王が言った
「ところで、杖を持たないおまえが、最強の魔法使いになれるであろう言い伝えがあるのだが…聞きたいか?」
色無は、嬉しい事ばかりで調子にのっていたのだろう。
「是非!自分の出来る事なら全力で努力します」
と言うと、青色王に近くに来るように言われる。
「その方法は…30歳までd……」
色無は見る見る固まっていった。
「守れるな…!!」
王の強い口調に今すぐ逃げ出したい気分の色無だった。




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:24:16.58 ID:l36piKo60
>>34
遅ればせながら今夜は橙と一緒に寝ようと思う

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:24:17.15 ID:gaXVk97f0
長々とスマソ
あと脱字やら直してくれている、まとめの人本当に感謝wwww

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:28:48.29 ID:GvWH7qmY0
>>124
確かに魔法使いwwww

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:34:37.79 ID:a4TSzHcOO
>>124
最強の道は厳しいなwwwww

黄「……とりあえず気を取り直して。いっただきまーす!」
黄緑「どうかしら?」
黄「んー!おいしーい!流石は黄緑っ!」
黄緑「ありがとう。おかわりもあるからね」
黄「うん!」
空「先輩の持ち物ってなんでも大きいですよね」
無「あぁ、よく言うじゃん。『大』は『小』をかねるって」
黄「………」
無「黄色、さっきはゴメ……な、なんだよ?俺またなんか言ったか?!」
黄「食事中にそんなこと言うなっ!!」
空 (何か色無先輩が不憫だ……フォローしなくちゃ……)
空「黄色先輩、とりあえず今までのことは水に流して……」
黄「話が話なだけに水に流せと?」
空「あっ……いや……そういうわけじゃ……」

保守@空

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:37:13.97 ID:UZDeI1UFO
>>124
「姫を愛す」「童貞も守る」『両方』やらなくちゃあならないってのが
「次期国王」のつらいところだな

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:40:52.88 ID:gaXVk97f0
>>128
なんかごっつい上手く話続いてるww


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:43:57.43 ID:Y0ZmtPT80
皆様GJであります!

むらさき
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21095.jpg

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:48:30.23 ID:gaXVk97f0
>>131
なんか服も可愛いwww

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:51:28.63 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

5月2日学校
男「と、いうわけで手を繋いじゃってたのさ。なぁ?」
侍「………う、あぁ。」
男「ったく自分からやっといて照れんなよ。」
侍「はは、そうだな。」
色「………………。」
侍「………………。」

色「お前侍黒となんかあったの?」
男「…………バレた?」
色「侍黒の調子おかしかったからな。」
男「でも一応済んだ感じなんだけど。」
色「………それはないだろ、常識的に考えて。何あったの?」
男「実はカクカクシカジカで…………」
色「………………カクカクシカジカじゃわかんないよ。」
男「………………。」

色「そりゃまずいよ。特に最後の『迷惑だ』とか。」
男「こっちの身にもなってよ。迷惑極まりないって。」
色「お前なぁ、侍黒がお前を無理矢理連れ出す理由わかる?」
男「大方予想はできるけど俺には俺の時間があるわけで。」
色「わかってながらそれを言うお前は最低だな。」
男「…………カッチーン。」
色「見てて思うけどさ、どっちかがはっきりしないと自然消滅するぞお前ら。」
男「だって恥ずかしいし。」
色「侍黒は意思表示したと思うんだけどなぁ。」
男「…………はいはい。」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 01:53:34.24 ID:H2Tz65tTO

灰「だるー……」
男「もう五月病かよ……っていうかまだGW終わってないぞ」
灰「でも残すところあと一日でしょ?」
男「まぁそうだけど?」
灰「だるー…あと一日って聞くと、もったいなくてなんにも出来やしないよ…」
男「何その発想の転換」
灰「だるー……」
男「……よし、じゃあどっか遊びに行くか!」
灰「………」
男「なんだよその視線は…」
灰「…この人は私の言うことを聞いていたのかなぁと」
男「だから遊び行こうぜ。明日ならみんな帰宅ラッシュだからどこも結構空いてるんじゃない?」
灰「……そううまくいくかなー」

灰「…そううまくはいかなかった、と」
男「あれー?おかしいなー…こんなはずじゃなかったのに。みんな同じ考えなのかなー?」
灰「まぁ私は最初っからわかってたけど…」
男「わかってたなら教えてくれよ!」
灰「だから行きたくないって…まぁいいや。色無しおんぶー。人ごみ疲れたー」
男「ったく…まぁ俺のせいだしな。ほら」
灰「……ん」
子供『あー!いいなぁおんぶ!おとーさんボクもおんぶー!』
父『こら、もうお兄ちゃんだろう。自分で歩かなきゃだめだぞ』
子供『えー……おんぶー!もう疲れたー!』
灰「……色無し、あの子に近寄って」
男「…?何すんの?」
灰「……見せ付ける」
男「諭してあげるとかじゃないのかよ!」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:00:40.54 ID:XJHunLaK0
桃と紫
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21096.jpg

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:02:10.68 ID:a4TSzHcOO
>>133
本当に2人をくっつけるのか?w

>>134
さすが灰wwwww

空 (ヒマだしお姉ちゃんでもからかってみよう)
空「ねぇ、お姉ちゃん」
青「んー?」
空「ケンカするほど仲が良いって言うじゃん?」
青「それがどうしたのよ?」
空「それって正に先輩とお姉ちゃんじゃん?」
青「ま、まぁそういうことになるわね」
空「でもさ、本当に仲が良かったらケンカしないと思わない?」
青「………そ、そうかもね。まぁ、私には関係ないけどねっ!」
空「と言いつつ、『じゃあ私と色無は仲が悪いの?どうしよう……』と思うお姉ちゃんであったー」
青「うるさいっ!」

保守@空

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:16:59.28 ID:WoXye3zV0


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:24:03.74 ID:4xee5ktA0


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:25:51.97 ID:gFK+Ajrs0
>>1

なんか上のほうでショタの話が出てるな…ようは泣き虫気味の僕男って認識でおk?
こんな時間に懲りずにカップリング色募集。百合はないからな?

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:28:15.95 ID:qoayN9F60
保守がてら前にうpしたやつの手直し

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21097.jpg

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:37:37.20 ID:4xee5ktA0
保守

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:48:13.57 ID:tFaUqnWEO
あと2つ
保朱

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 02:54:50.19 ID:4xee5ktA0


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 03:06:19.31 ID:gaXVk97f0
ねるほ朱

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21098.jpg

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 03:09:21.08 ID:tFaUqnWEO
>>139
青・緑はいかがですか?

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 03:10:33.45 ID:Vq8GsC7EO
>>139
桃と緑希望

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 03:11:44.27 ID:Vq8GsC7EO
しまった
先に出た方ので

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 03:27:53.61 ID:tFaUqnWEO
上の方でショタがどうとか言う話が出てたのを見て浮かんだ
小学生バージョンの投下をします。

一応、一人を除いて小学生のつもりで書きました。
学年等の設定はバラバラですのであらかじめご了承下さい。

五分以上空いたらさるさんに捕まったと思って下さい。

保守も兼ねながら投下しますがそれぞれの話は独立してます。
なので割り込みとかは気にせずどうぞ。

では13レスいきます

149 :おにごっこ:2007/05/06(日) 03:31:46.66 ID:tFaUqnWEO
赤「いーろなしー、あーそーぼー」
無「いいよ、何して遊ぶ?」
赤「おにごっこ!」
無「じゃあジャンケンで鬼きめよう」

赤「じゃあ、あたしが鬼ね」
無「よーし、捕まらないからな」
赤「いっくよー……うわっ!」
赤「うぅ……グスッ」
無「転んだりして、赤はバカだなー」
赤「バカじゃないもん!」
無「泣きそうな顔で言うなよ、ひざから血が出てるし」
赤「泣いてないもん!」
無「仕方ないなー、特別だからな? ……ちゅ、ぺろ」
赤「い、いろなし! ひざなんかなめたらキタナイよ!」
無「母さんにしてもらった事があるんだ……ほらこれでだいじょうぶ」
赤「ぁ……ぅ……」
無「あとは、はい」
赤「な、なによ」
無「家までおんぶしてやるから」
赤「い、いいわよそんなの」
無「ケガしたときは大人しく言うこと聞くもんだって母さんが言ってた」
赤「……う、うん」
無「よいしょっと……赤、軽いな」
赤「そ、そお?」
無「走れそうなくらい軽いよ」
赤「……歩いてもいいよ」
無「そう?」
赤(ひろいな、いろなしのせなか)
無(赤ってかるくてやわらかいな)

150 :掃除:2007/05/06(日) 03:34:08.89 ID:tFaUqnWEO
青「色無、そうじサボってどこいくつもり?」
無「そうじ? 今日当番だったっけ?」
青「今日、遅刻したでしょ」
無「……そうだった」
青「校庭のそうじだからね」
無「わかったよ」

無「……あー、めんどくさいなー」
青「……やっぱりね」
無「青!」
青「適当にやって帰ろうなんてだめなんだからね」
無「わかったよ」
青「ほら、半分やってあげるわよ」
無「いいの?」
青「早く終わらせないと学級委員の私が怒られるから、仕方ないから手伝ってあげるわよ」
無「ありがと、青」
青「っ……、口よりも手を動かしなさいよね」
無「うん」
青「……」
無「青? 顔赤いよ、かぜでもひいたの?」
青「ひ、ひいてないわよ!」
無「だって」
ぴた
青「!!」
無「ほらおでこ熱いよ、耳も真っ赤だし」
青「い、いいから早くそうじしなさいよ(……手伝いにきて良かったかも)」

151 :遠足:2007/05/06(日) 03:37:26.22 ID:tFaUqnWEO
黄「いろなし、お昼一緒に食べよ?」
無「いいけど」
黄「じゃーん」
無「へぇ、きれいなお弁当だね」
黄「実は一種類だけ私が作ったのが入ってるのよ」
無「ごはん作れるんだ、すごいね」
黄「すごいでしょ」
無「うん、すごいよ。いいお嫁さんになれるね」
黄「!!」
無「じゃあ、いただきます」
黄「い、いろなし」
無「ん?」
黄「これひとつあげる」
無「コロッケ?」
黄「そうよ、特製カレーコロッケなんだから」
無「カレー味なんだ……いただきます」
黄「……ど、どう?」
無「おいしいよ、黄が作ったの?」
黄「そ、そうよ」
無「すごいなー、これならいいお嫁さんになれるね」
黄「そ、そう?」
無「うん。黄のおむこさんになる人がうらやましいなー」
黄「だ、だったら!」
無「ん?」
黄「あたしをもら……(恥ずかしくて言えないよー)」
無「変な黄?」

152 :図書室:2007/05/06(日) 03:39:44.55 ID:tFaUqnWEO
無「緑」
緑「色無、なに?」
無「にらまないでよ」
緑「にらんでないわよ」
無「そうなの?」
緑「そうよ。それで何か用?」
無「図書室の本を借りたいんだけど、緑、図書委員でしょ?」
緑「借り方を教えればいいのね?」
無「うん」

緑「はい、これで次からは大丈夫でしょ?」
無「ありがと、緑」
緑「これくらい大した事じゃないわよ」
無「緑ってもっと怖い人かと思ってたよ」
緑「目つきのせいね、私も気にしてるのに」
無「ごめん、でも何でも知ってるから、カッコいいなーって思ってたよ」
緑「女の子にカッコいいはあんまりほめ言葉にならないわよ」
無「でも、かわいいよりカッコいいって感じだし」
緑「……そう」
無「あ、そうだ、面白い本があったら今度教えてよ」
緑「……いいわよ」
無「じゃあ、またねー」

緑「カッコいい、か。変なの、いやな気分じゃないわね」

153 :届け物とお菓子:2007/05/06(日) 03:42:43.35 ID:tFaUqnWEO
ピンポーン
白「はーい」
がちゃ
無「白、今日のプリント持って来たよ」
白「色無くん……ありがとう」
無「じゃあ帰るね、また明日――」
白「ま、待って」
無「?」
白「ひまだったからクッキー焼いていたの、良かったら食べていって?」
無「いいの?」
白「うん、一人で退屈だったし」

無「おじゃましまーす」
白「はいこれ」
無「うわ、すごい! 売ってるお菓子みたいだね」
白「いっぱい練習したから」
無「もぐもぐ……うん、おいしいよ」
白「……良かった」
無「でも寝てなくていいの?」
白「少し寝たら熱も下がったし、あんまり寝てると夜眠れなくなるから」
無「そうなんだー、あ、そうだ。クッキーのお礼に今日勉強したところ教えてあげるよ」

無「えー、だからここは、えー、こうなります、えー、それでは色無、えー、答えなさい」
白「……色無くん、先生のまね上手なのね」
無「あれ? 教室でやったときはみんな笑ったのに。面白く無かった?」
白「学校に行ってるみたいで嬉しかったです」
無「白……わかった、出来るだけ白の家に来て教えるから、白も学校にこれるようにがんばってね」
白「はい……ありがとう、色無くん」

154 :るーじゅ:2007/05/06(日) 03:45:17.84 ID:tFaUqnWEO
橙「どう? 色無」
無「えっと、ケチャップ?」
橙「どうしてそうなるのよ!」
無「え? だって、くちびる赤いし」
橙「ルージュよ」
無「るーじゅ? 口紅の事?」
橙「そうよ。大人っぽいでしょ?」
無「なんか、変な感じ」
橙「変……」
無「なんか、いつもの橙じゃないみたい」
橙「……橙ちゃんは変と言われて傷つきました」
無「あ、ごめん」
橙「バツとして『キスマークの刑』をします」
無「きすまーく?」
橙「動かないでね、動くとつみが重くなりますよー」
無「う、うん」
橙「……ちゅっ」
無「うわっ!?」
橙「家につくまで触ったらダメだからねー」
無「橙! ……帰っちゃった」

●月▲日
 今日、橙にきすまーくのけいをされた。家についたら母さんに「あらあら、この子は」って笑われた。
 鏡を見たらほっぺたに赤い後がついていて、なぜか橙にされた事を思い出して顔が赤くなった。

――へんなの

155 :せいちょうき:2007/05/06(日) 03:47:08.73 ID:tFaUqnWEO
無「桃、おはよう」
桃「……色無くん」
無「ど、どうしたの? 具合悪いの?」
桃「なんか痛いの」
無「痛い? ケガしたの? お医者さんにみてもらわないと!」
桃「だって、はずかしいよ」
無「え?」
桃「ほらここが痛いの」
むに
無「!!」
桃「……どうしよう」
無「桃、はずかしいって言ってどうして触らせるの?」
桃「色無くんなら平気だもん。そうだ! 色無くんお医者さんになってよ」
無「ど、どうして?」
桃「色無くんになら見せてもいいから、お医者さんになって私の胸を治して、ね?」

156 :つま先立ちで……:2007/05/06(日) 03:48:34.56 ID:tFaUqnWEO
紫「むー」
無「紫、どうして怒ってるんだよ」
紫「ちゃんと牛乳も飲んだのに」
無「?」
紫「運動もたくさんしたのに」
無「??」
紫「どうして色無の方がのびてるのよ!」
無「そんなこと言われても」
紫「明日からまたがんばらなきゃ」
無「どうしてそんなに背が高くなりたいの?」
紫「だって色無にとどかないんだもん」
無「え? おんなじくらいになりたいの?」
紫「違うの! だって、今は背のびしても届かないんだもん」
無「何に?」
紫「……とどくようになったら教えてあげる」

157 :たのみごと:2007/05/06(日) 04:02:26.37 ID:tFaUqnWEO
水「あの……静かにして下さい」
ザワザワ
無「……」
水「あの、静かに……」
ザワザワ
無「ほら、水が困ってるだろ静かにしろよお前ら」
男「なんだよ、水の味方しやがって、そんなに好きなら結婚しろよお前ら」
無「なっ!」
水「もういいよ、ありがとう色無君」
男「ふひゅーふひゅー」
無「とりあえず吹けもしない口笛は止めろ……侍黒」
侍「すまんな……ほら来い、今日は二時間は説教してやる」
男「ちょっとま――」
ズルズル

無「ごめん、役にたてなくて」
水「そんなこと無いよ、嬉しかったです。ありがとう色無君」
無「なにか出来ることあったらやるから、何でも言ってくれていいから」
水「そ、それじゃ私を」
無「なにすればいい?」
水「お、およ」
無「?」
水(言えないよ……『お嫁さんにして』なんて)

158 :好きな人:2007/05/06(日) 04:05:00.45 ID:tFaUqnWEO
無「黒は好きな相手はいないのか?」
黒「いきなりね」
無「昨日テレビで、好きな人に告白するとか言う番組やってたんだけど、よくわからなくて」
黒「私は色無が好きよ」
無「黒は好きだよ、友達だしね」
黒「そうじゃなくて、友達よりももっと好き」
無「?」
黒「だから、手をつないで帰ったり、お昼ご飯を一緒に食べたりしたいくらい好き」
無「そ、そうなんだ」
黒「私にこんな事言わせたんだから今日から付き合ってね」
無「いいよ、それくらいなら」
黒「それくら……いいわ、本気にさせてみせるから」
無「え?」

159 :元気の素:2007/05/06(日) 04:07:31.65 ID:tFaUqnWEO
茶「はぁ……」
無「茶……元気出して」
茶「だってテストで答えを一個ずつずらして書くなんて……」
無「点数はくれたんだから」
茶「こんな大事なことで失敗するなんて……」
無「大丈夫だって、これから気をつければいいんだから」
茶「……うん」
無「ほら、帰ろ?」
ぎゅ
茶「色無くん、その……手」
無「……茶が転んだりしたらイヤだから」
茶「うん、ありがと」

茶「〜〜〜〜♪」
無「楽しそうだね」
茶「うんっ! (告白だけは失敗しないようにしないとね)」

160 :よびかた:2007/05/06(日) 04:10:06.43 ID:tFaUqnWEO
黄緑「色無さん」
色無「黄緑さん、さん付けで呼ぶなんて変だよ」
黄緑「色無さんだって、私のことさん付けで呼んでるじゃないですか」
色無「なんでだろ? なぜかつけちゃうんだよなー」
黄緑「じゃあ黄緑って呼んでみて下さい」
色無「え」
黄緑「だめですか?」
色無「いや、だめじゃないけど、急に言われても」
黄緑「結婚してもそう呼ぶんですか?」
色無「け、結婚?」
黄緑「私とじゃイヤですか?」
色無「だって結婚出来るようになるまで、まだずいぶんあると思うけど」
黄緑「いっぱい勉強して、いい奥さんになれるようにがんばりますから」
色無「あ、うん」
黄緑「じゃあ呼んでみて下さい」
色無「えっと……黄緑」
黄緑「はい、あなた」
色無「! あなたって」
黄緑「ふふっ、顔が赤いですよ」

161 :挨拶と生きがい:2007/05/06(日) 04:13:06.98 ID:tFaUqnWEO
焦茶「色無君おはよう、今日も愛らしいな」
色無「焦茶さんおはようございま――うわっ」
焦茶「抱き心地も最高だ」
色無「はずかしいですよ焦茶さん」
焦茶「ただの朝の挨拶じゃないか」
色無「そうなんですか?」
焦茶「そうだとも、映画でもやっている。こんど見せてあげよう」
色無「遊んでくれるのはうれしいですけど、高校のお友達と遊んだほうが……」
焦茶「私の心配をしてくれるのか? 大丈夫、高校の友人ともきちんと遊んでいるからな」
色無「でも、毎日会いますよね?」
焦茶「色無は私の生きがいになっているからね……それではまた後で」


色無「毎日抱きつかれるのはなれたと思ったんだけど、最近またドキドキするように
なってきちゃったし……どうしたんだろ僕」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 04:14:07.36 ID:tFaUqnWEO
以上です
それでは

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 04:29:08.93 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

後「先輩、先輩の彼氏来てますよ。」
侍「付き合っておらん。貴様、何しにきた。」
男「あーいやぁ、一緒に帰りたいな………なんてさ。」
侍「………待っておれ。」

男「今日はいい天気だからさぁ。なっ!」
侍「今は夜だしその台詞は前に某が言った台詞だ。」
男「なはは、そういや部室のシャワー直ったんだな?侍ちゃんからいい香りがするぅ。」
侍「………………。」
男「……………はは。…………よし!」
侍「?」
男「俺と付き合ってくれ。」
侍「ん?どこへだ?」
男「そっちじゃなくて!彼氏彼女の事情の方!」
侍「……………。………………………………………………………………………はあぁッ!!!」
男「いっいいか!俺はぁ、なっ!ほっ本気でいい言ってるからな!」
侍「………某の機嫌とりならいいぞ気にしとらんからな。」
男「んっ……まぁそれもあるが………あれは俺が悪いし言い過ぎたと思うし……とぉにぃかぁくぅ!ごめん……。」
侍「………ふんッ!わっ、わかれば良いのだ!」
男「やっといつもの調子だ。で、それで?」
侍「それで?とは?」
男「いやその……ですね。僕とのお付き合いの………」
侍「……………。(ニタァ)そういえば肝心の言葉を聞いていないのう?『付き合ってくれ』だけでは足りんのではないか?」
男「お前なぁ………それより先がどれだけ言いにくいかわかって言ってんのか?」
侍「早うせい。帰るぞ?今日のこの事明日クラスの連中にいいふらすぞ?」
男「最悪最低悪魔鬼畜ッ!」
侍「吉報になるか凶報になるかは貴様次第だぞ?」
男「………………。」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 04:50:51.17 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

色「昨日一緒に帰ったんだってな?」
男「フフフ………それがですねぇ…………」
色「どうした?まさか告ったか?」
男「…………そうなん」
色「まぁそれはないよな。」
男「………………。」

黄緑「まぁ、二人とも仲治りしたんですね。」
侍「ん?うむ、んー………」
男「僕達!付き合ってるんです!」
侍「なっ!馬鹿者!( ///)」
黄緑「…………侍ちゃん?それは本当なの?」
侍「………ん、まぁその通いだだだだだだだだだ!!!!!」
黄緑「(キリキリキリキリ)嘘つきは泥棒の始まりですよ?」

茶「へぇ、侍ちゃんと男君はお付き合いし始めたんですかぁ。おめでとうございます。(ペコ)」
侍「ああ、ありがとう。」
白「二人とも仲良しですもんね。」
男「これからはどんどん発展したいと思っております。主に体について。」
黒「ちょっとあなた達、白に変なこと吹き込むのはやめなさい。茶、この二人のこういう話の7割は嘘よ。」
茶「ひっ……酷いです二人とも!」
侍「………………。」

男「………お前が日常的に奇行をするからだろ。」
侍「貴様が普段人を食い物にしとるから!」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 04:54:43.65 ID:yvnD2EzU0
>>164
二人とも信用なさすぎw

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 05:22:42.06 ID:1QnXdtfbO
>>58
ショタが来たのはいいが既に水色出てるからヒロシゲ・ブルーで良くね

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 05:54:04.37 ID:j5nGhsSq0
ほ朱

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 05:54:28.78 ID:UZDeI1UFO


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 06:25:56.10 ID:CAsW1Cqb0
ほすー

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 06:42:29.01 ID:CAsW1Cqb0
ショタの条件つてなんだらう

半ズボン?

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 06:43:33.04 ID:Tr9MQUR+0
被虐性

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 06:50:55.83 ID:CAsW1Cqb0
なるほど!

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 07:07:12.06 ID:H4drI8wt0
>>170
台詞のひらがなの割合を増やせばいいんじゃね?

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 07:36:31.91 ID:CAsW1Cqb0
ひらがなかー。ビジュアル的にはどうなるんだろう。

ほす

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 07:55:38.64 ID:CAsW1Cqb0
hosu

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 08:21:58.47 ID:CAsW1Cqb0
ほしゅーん

今日を乗り越えれば大丈夫なはず・・・!

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 08:42:58.29 ID:4xee5ktA0


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 09:01:48.24 ID:1QnXdtfbO
ショタは黄緑以外にはツンツンで黄緑にはデレデレでよくね

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 09:20:49.86 ID:Vq8GsC7EO
起きたホ

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 09:41:42.89 ID:YrJ0M0yi0
おお、一晩越えてるwすげえw
しかもクオリティ高い投下がたくさんある……生きててよかったw

でもここからショタメインの流れになるのはちょっと勘弁して欲しいかなー
ショタ×色鉛筆(女)ならぎりぎり許容できるけどさw
ショタ×男とかはもう完全にアウトw

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 09:49:48.24 ID:xQAJbpzv0
今沖田

>>164
ちょwwwみんな認めてやれよwww
この先の展開にwktkが止まらないwww

>>180
ショタ×男はもう違う世界になっちゃうからなw

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 09:56:17.98 ID:PVzYhrVg0
>>180
おお、危なく黄緑+水色ショタで描いてしまうところだた

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 09:56:23.86 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

男「おーいデートしよー。残りの4日フルに使って。」
侍「んふっ………ふぁ………」
男「デートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデートデート」
侍「ぅるさい!耳元で呟くでない!」
男「やっと起きたか。僕とデート行ってくれる?答えは聞いてない。」

侍「何故に寮なのだ?」
男「だって悔しくない?学校じゃやけに無駄に否定されたし。あ、空ちゃんコーヒーいれてくれない?」
空「はーい。」
侍「しかし何故GWなのに寮の連中は実家に帰らんのだ?」
空「それはですねぇ、色無し先輩が実家に帰らないからですよ。」
侍「親不孝者共め。」
青「親不孝とは失礼ね。」
男「あ、ツンデレ。ったく、なんで姉妹でこんなに性格が違うんだか。妹はこんなに素直でかわいいのに………!」
青「余計なお世話です!大体あなた達こそなんなのよ!休日に寮に押し掛けてきて!」
侍「どうせ色無しは他の奴と遊びほうけているのであろう?順番が回るまで話しているのも悪くはないではないか。」
青「あなた達見たいな人にはわからないでしょうけど私達は」
男「あれ?白と黒いんじゃん。でも…………」
侍「どうした?白と黒?」
男「目の前にいるじゃん。だけどなんか……………小さくね?」
侍「某の前には浮いてるたい焼きだけが見えるんだが。」
空「あれ?男先輩はしろちゃんとくろちゃんが見えるんですか?」
男「一応。ほら、こっちおいで。かぁいいなぁ。」
侍「某には迫ってくるたい焼きしか見えんのだが。」
しろ「おさむらいさんはまだすなおじゃなぁい。」
くろ「おとこだけすなおになった。」

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 10:01:20.04 ID:xQAJbpzv0
>>183
空良い子だよ空www
そしてしろとくろにたい焼きはもうデフォなのかwww

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 10:01:27.76 ID:PVzYhrVg0
>>183
寮デートてwww しろくろ可愛いなあw
てかサムライ保守は本当に毎回楽しみにしてるwww GJww

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 10:26:56.12 ID:Lacq7WW2O
素直になると見えるのかw

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 10:46:26.33 ID:a4TSzHcOO
ほしゅーん

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 10:47:18.13 ID:j5nGhsSq0
スレ保持数500代って修羅場だな

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 10:52:31.44 ID:gaXVk97f0
500代なのか!!
かなり熾烈な争いだな

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:01:23.23 ID:PVzYhrVg0
落とさないようにがんばろうー

でもなんだかんだいって今回は調子よさげだよなw

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:04:08.99 ID:H2Tz65tTO
>>162
GJ!!
毎回全色書くなんて……最高だぜwwww個人的には次は灰色も入れてほしいwww

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:07:14.42 ID:a4TSzHcOO
橙「何みてるの?」
空「小さい頃のアルバムですよ」
橙「かわいい!これ空ちゃん?」
空「そうです。でもなんか照れくさいですね」
橙「おー、青もやっぱり可愛いねー」
青「ありがとう」

橙「ところで2人は安産だった?難産だった?」
空「私は安産でした。あまりにも簡単に生まれて拍子抜けしたくらいって」
橙「なんか凄いわかる。で青は?」
青「私は……」
空「お姉ちゃんはいつまで経っても出てこない上に逆子でしたからね」
橙「その時からもう素直じゃなかったんだね」
青「余計なお世話よ」

保守@空

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:23:29.43 ID:j5nGhsSq0
気を抜くと1時間しないで落ちそうでこええよ・・・

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:25:36.09 ID:xQAJbpzv0
>>192
青カワイソスwww
でも俺はそんな青のことが好くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:28:54.78 ID:GvWH7qmY0
ネタがねぇぞ!!!
という保守。

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:39:00.42 ID:H2Tz65tTO
バイト前保守
頼む!あとは任せた!!

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:45:05.17 ID:xQAJbpzv0
二人でお留守番。〜茶色とお留守番〜

―ピー、ピー
茶「あ、お洗濯終わったみたいだよ、色無君。」
色無「そうか?じゃあ俺の洗濯物とみんなの洗濯物分けといてくれないか?」
茶「え、なんで?みんな一緒に干しちゃわないの?」
色無「よしてくれ、間違いなく殺される。」
茶「う、うん分かった。じゃあちょっと待っててね。」

茶「こっちが色無君ので〜、こっちが他のみんなの!」
色無「どれどれ………これは…俺の洗濯物の中にどう見てもブラジャーが入ってますが?」
茶「ふぇ?あ、あぁっ!ゴメンなさいっ!」
色無「…あれ?洗濯に出したはずの俺の下着もないけど…」
茶「えっ?ちょ、ちょっと待ってね!(ゴソゴソ)……あ、これかな?」
色無「茶、それどう見てもキャミソール。」
茶「えぇっ?!じ、じゃあ……これっ!」
色無「…それどう見てもパンティ。」
茶「うぅ…こ、今度こそ…」
色無「もういいよ、俺がやる。でも寮のみんなには黙っておいてくれよ?生死に関わるから。」
茶「あ、うん…ゴメンね。」

色無「よし、大体こんなもんだろ。」
茶「これでバッチリだねっ!」
色無「あとは干すだけだな。」
茶「うん!」
色無「転んで洗濯物ぶちまけたりするなよ?」
茶「だ、大丈夫だy―(ガッ)きゃぁっ!!(バサァッ)」
色無「………。」
茶「………ぇ…えへへ、ごめんなさい…?」
色無「振り出しに戻る……か。」

198 :愛のVIP戦士 :2007/05/06(日) 11:50:11.85 ID:g3NRCmUT0
>>197
毎日、生身の色鉛筆達に囲まれ、慕われていれば、
下着類なんぞ目じゃないわけですなwwwwwwwwwwwwwwww

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:54:18.54 ID:GvWH7qmY0
>>197
もう色無は漢じゃねえなwww

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 11:55:57.13 ID:Lacq7WW2O
生身の色鉛筆ってのがすごい違和感ww

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:01:07.49 ID:GvWH7qmY0
保守

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:06:34.78 ID:+wnjJJNh0
もうほんと皆GJです

ミュシャっぽいものを描きたかった

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21099.jpg

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:17:54.60 ID:DuHIUH4PO
保守

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:18:12.77 ID:PVzYhrVg0
>>202
美しいww 
これはもうミュシャシリーズを期待するしかwww

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:19:22.55 ID:xQAJbpzv0
>>202
ミュシャがなんだか分からないが、見た瞬間に本のしおりにしたいと思ってしまったwww
緑かぁいいよ緑www

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:32:42.55 ID:POhn509q0
今沖田。

寝てる間に何というGJの嵐…
みなさん乙です。

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:39:09.03 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

男「いるじゃん。ほら。(ナデナデ)」
しろ「ん」
くろ「きゃ」
侍「たい焼きは見えるが白と黒なぞどこにおる。(スゥ)」
男「なぁぁぁぁぁぁ!!!!!手がぁ頭にぃ!!!!!」
空「侍先輩!手がくろちゃんの!くろちゃんの頭に埋まって!」
侍「ん?(スゥ)」
男「それ以上手を下げるな!顔が!顔が!」

青「あなた達が付き合い始めたのって嘘じゃなかったんだ………!」
空「二人とももうキッ、キスとかは」
男「γまでいった。」
侍「いっとらんいっとらん。一昨日からだからな。」
空「でもなんで侍先輩は二人が見えないんですかね?」
男「多分俺から告白したからじゃね?」
空「それです!男先輩は素直になったけど侍先輩は素直になってないんです!」
男「それはあるな。お前は俺の言った台詞に対しての言葉が」
『フハハハハ!やっと言いおったか!仕方ない、貴様がそういうなら某が特別に付き合ってやろう!』
男「だぞ?どうよ第三者から見て?」
空「ズバリ侍先輩も男先輩に好きと言うべきです!」
侍「恥ずかしいのやだし。」
男「お前には見えないだろうがしろとくろ、足元でお前のこと蹴ってるからな。」
侍「………もう帰っていいか?」
青「いいえ!侍黒は私の部屋に来なさい!空もよ!男!あなたはここに残ってなさい!」

青「ねぇねぇ、どういう風に告白されたの?」
空「もうエッ……エッチとか………」
侍「お前ら死ね。」

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:39:31.80 ID:ldUAgwkW0
朝からGJの嵐に目から汗が止まらない

これまでの流れ
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21027.jpg
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21084.jpg

座敷童子〜水編〜 3
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21100.jpg

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:42:03.06 ID:ldUAgwkW0
>>207
結局そっちに興味津々の姉妹www
見えない人は素通りするのかww<しろくろ

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 12:47:26.32 ID:xQAJbpzv0
>>207
空wwwなんてことを聞くんだwww

>>208
( ゚д゚) 

(つд⊂)ゴシゴシ 

(;゚д゚) 

(つд⊂)ゴシゴシ 
 _, ._
(;゚ Д゚)  しろが泣いてる…

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:01:54.89 ID:tFaUqnWEO
>>208
そういう話に、死ぬほど弱い訳だが……

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:12:58.34 ID:xQAJbpzv0
二人でお留守番。〜紫とお留守番〜

紫「ひーまー。」
色無「あぁ、暇だな。」
紫「大体なんであたしが色無なんかと一緒に留守番なんかしなきゃなんないの?」
色無「しょうがないだろ。」
紫「むー…。」
色無「なんかゲームでもするか?」
紫「なんの?」
色無「しりとりとか?」
紫「子どもじゃないんだし、今更そんなの…」
色無「りんご。」
紫「って、勝手に始めるなぁっ!」
色無「10、9、8…」
紫「ご……ごま!」
色無「まり。」
紫「り……りす。」
色無「スリ。」
紫「り……リクエスト!」
色無「鳥。」
紫「り〜…り〜………あー、もう!色無の意地悪っ!『り』で回さないでよ!」
色無「10、9、8…」
紫「カウント始めるなぁ!」
色無「5、4、3…」
紫「だ、ダメ!もうちょっと待って!!」
色無「2、1…終了ー。」
紫「ぅ〜…色無に負けたぁ……」
色無「なんだかんだでノリノリでやってくれたな。ありがと、紫。」
紫「!! う、うるさい!色無のばか!///」


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:29:07.28 ID:gaXVk97f0
>>208
あああ…ちょっと待った!!

>>212
こんな留守番一回でもしてみたいもんだwww


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:42:07.35 ID:Aa7cViyj0
喫茶店「灰色の時間」

無「で、なんで俺なんだ?」

きっかけは灰色の放った一言だった

灰「あ〜、チミ」
無「いまどきそんな部長言葉で呼び止められても。で、なにか?」
灰「取り合えずおんぶ」

学校の廊下で俺におんぶ?
色無、学園追放計画?

無「まぁ、いいけどよ」
灰「ん…」
紫「お二人さん仲がよろしいようで…」
無「うおっ!ちっちゃくて気が付かなかった!」
紫「ちっちゃいゆーな!」
灰「これからは仲が良くないと屋っていけませんぜ」
紫無「はい?」
灰「これから喫茶店を開く、色無は従業員」
無「えええええぇぇぇぇぇ!!!???」
紫「取りあえず話をきこうかな?」
無「いや、待て!俺は何も知らない!」
灰「熱い夜を共にした仲なのになにも知らないと?」
全色「は?」

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:42:29.32 ID:Aa7cViyj0
無「いやいやいやいや!ただ俺のベッドに勝手に入ってきただけだろ!?」
灰「色無君、責任取ってもらうよ」
黒「何よ、結局色無?」
無「黒!何か知ってるのか!?」
黒「いや、灰があぶく銭を掴んじゃったのよ」
無「詳しく」
黒「この子頭だけは良いでしょ?」
無「そこは誰もが認めるところだな」
黒「この間本屋に行ったのよ、そこには世界の数学難問集って言うのが売ってたの」
無「確か世界の数学学者でも解けない難問だっけ?」
黒「そう。んで灰がクロスワードパズルの問題でも買って来たかのような様子で問題を解き始めたの」
無「まぁいいんじゃないの?世界に貢献してるわけだし」
黒「甘いわねぇ。この問題には賞金がついてるのよ」
無「どうせ100万円とかだろ?」
黒「100万ドル」
無「ふ〜ん。。。えええええええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」
黒「日本円で約一億二千万円ね、一時所得の税金を払ってもかなりの額が手元に残った」
無「想像もしたく無い…」
黒「それでてっきりゲームでも買うのかと思ったら」
灰「喫茶店を開きたくなった」
無「俺の背中からいきなり話しに参加かよ!」
灰「まぁ、それで色々と喫茶店に開店準備とかしてて最近寝てないの」
黒「従業員が色無、貴方」
無「いや、勝手に決めるな!」
灰「じゃあお店に行くから学校終わったら私の教室に来て」
男「へいへい…」

そして放課後

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:43:39.98 ID:Aa7cViyj0
無「ほら、学校終りだぞ!」
灰「くー…くー…」
無「寝てるし…」
灰「ふにゃ…あ…色無…」
無「喫茶店行くんだろ?」
灰「あ〜…めんどい…」
無「いや、アンタが話持ち込んだんでしょうが!」
灰「よし、じゃあ行こうか(ぴょん)」
無「うおっ!いきなりしがみつくな!」

学校を出て待ちに出る二人

無「この辺りか〜?」
灰「そこの角右に曲がって」
無「もしかしてあれ?」

そこには小さな喫茶店の看板
そしてその看板には

無「『灰色の時間』ってなんだ?」
灰「明るい時間でも夜でもやってるから混ざって灰色」
無「無理矢理過ぎ…」
灰「ごめん、思いつき」
無「中入っていいの?」
灰「もちろん」

カランカラン…



217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:44:16.93 ID:Aa7cViyj0
無「お、結構洒落てるじゃないか」

店内は決して広いとは言えない
しかし喫茶店独自の落ち着く雰囲気と暗めの店内

灰「そこのリモコンの電源を押してみ」

ぽちっとな

♪〜〜♪〜♪

無「おお、有線か!」
灰「ショパンでもかけておけば落ち着くから」
無「んでどうでもいいんだけど俺達学生ですよね?仕事なんて出来ないよ?」
灰「学校寮は今日で期限切れたから」
無「はい?いや卒業までいれるはずだろ?」
朱「お〜、色無!」
無「あれ?どうしてここに?」
朱「荷物運んでおいたからね♪」
灰「はいはい、ご苦労様」
朱「い〜え〜、どういたしまして〜♪」
朱退場
無「・・・・・何をした?」
灰「いたたたたたた!首絞まってる絞まってる!」
無「あんなに機嫌良い朱色さんなんて見たことないぞ」
灰「いや、ちょっと良いお酒を贈ったんですよ」
無「それだけ?」
灰「滅多に手に入らない珍しいお酒をあげたら喜んで書類を書いてくれてね」
無「さて俺はこれからどうすれば?」


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:44:41.10 ID:Aa7cViyj0
灰「上、上」
無「ん?」

天井には四角い換気扇みたいなものがある

灰「はい、これ」
無「これってシャッター閉める棒だろ?」
灰「これをあそこの穴にひっかけて」
無「こうか?」

色無が軽く引っ張ると階段が天井から階段が下りてきた

灰「れっつご〜」
無「面倒だなぁ…」

階段を上がるとそこには狭いがちゃんとした部屋があった

無「屋根裏?」
灰「そう、色無の巣」
無「言葉には気をつけましょう」
灰「わかった、わかったから抓らないで!」
無「そもそも根本的な問題がある。学校は?」
灰「既に話は通してありまする」
無「言葉遣いおかしいって、話ってなんだよ!」
灰「休学届け出して来た」
無「な〜ん〜だっ〜て〜????」
灰「い、いやちょっとね」

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:45:20.94 ID:Aa7cViyj0
いい加減うんざりしていた頃

黒「その辺にしておきなよ色無」
無「なんだ、黒か」
黒「この子がこんなに一つのことに夢中になったのは初めてなんだ」
無「・・・」
黒「だからこの子のことに付き合ってあげて欲しい」
無「そういわれても・・・」
黒「頼む、このとおり!」
無「わ、わかったから!土下座なんかすんなよ!!」
黒「本当か?!」
無「もうこうなりゃヤケだ!なんでもやってやる!」
灰「じゃあここに名前書いて」
無「書いてやる!」
灰「判子も」
無「押してやる!押してやるぞ!」
灰「よし、じゃあこれからよろしく。パパ」
無「おうっ!!!って、へ?」
灰「はい、これ結婚届」
無「は?へ?ええええっ!」
灰「私も色無ももう結婚できる歳なのよ?」
無「ちょっと待って!それだけはああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

こうして喫茶店での生活が始まる

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:45:28.49 ID:1QnXdtfbO
そういやショタがいなくなったな

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:47:24.02 ID:Aa7cViyj0
まだまだ続きますがもうちょっとお待ち下さい

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:48:06.24 ID:GvWH7qmY0
wktk

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:50:25.00 ID:xQAJbpzv0
>>220
ショタキャラは作ってもいいが、何色にすれば一番イメージにあっているかと模索中。

>>221
唐突に始まったのに驚いたが、これは激しくwktkせざるを得ないwwwww
ていうか色無と灰結婚しちゃったのかよwwwww

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:50:54.66 ID:Aa7cViyj0
__________________________________________________

ある日グレゴール・ザムザは目覚めると虫になっていた
「カフカ変身」

無「ある日色無少年は目覚めると喫茶店に店員になっていた」
灰「カフカをパクらない」
無「カフカって結構不思議な名前だよな」
灰「カフカは烏って意味だったりする」
無「変に物知りだな」
灰「この灰色に分からないことはないのさ」
無「じゃあ今日は何をするのか教えてくれ」
灰「いつもどおりやってよ」

喫茶店がオープンして一週間
灰色に色々教わりながらも独学も交えつつ喫茶店の仕事をこなしていく事が出来るようになっていた

一週間と言う短い時間であるが常連もつき始めた
結婚届を破棄する為とはいえ色々忙しいことは変わりない
こうなった自分を誰が責められよう
不甲斐無い自分を鍛えなおす良いチャンスだと思うことにする

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:51:19.92 ID:Aa7cViyj0
灰「そんなに私と婚約するのは嫌なのか…?(うるうる)」
無「(うっ…これはこれで…)」
灰「なんちゃって」
無「くそっ!俺がバカだった!」

今日も暇な店内

灰「ちょっと出かけてくる」
無「おい!待てよ!俺一人で…、あ〜あ、行っちゃった」

店内で一人取り残され不安になってきた

カランカラ〜ン
いきなり来店を知らせるベルの音

無「い、いらっしゃいませ!」
青「きたわよ」
無「お、青か、いらっしゃい」
青「ここ座って良い?」
無「ど〜ぞど〜ぞ」
青「ホットね」
無「は〜い」

ホット=ホットコーヒー

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:51:57.92 ID:Aa7cViyj0
青「へぇ、結構洒落てるじゃない。灰のセンスも中々ね、人は見かけによらないってやつよね」
灰「余計なお世話」
無「うおっ!ドコから帰ってきた!?」
灰「そこ」
青「ん?」

キッチンの床には灰が通れるくらいの穴

無「まさか、また秘密通路?」
灰「御名答」
青「ドニに繋がってるの?」
灰「学校まで直通」
無「学校か、何もかも懐かしい・・・」
青「休学してるのよね?」
灰「寮に居ない分会いにくる人が多いのよね〜♪」
青「なっ!わ、私は違うわよ!」
無「ホットお待ち」
灰「ほほう、やはり計画通りですな」
青「だ、だから私は!」
灰「まぁまぁ、色無の手作りコーヒー飲めるって思えば良いじゃない」
青「…。それもそうかも(ボソッ)」
無「何か言った?」
青「な、なんでもないわよ!」

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 13:55:34.36 ID:gaXVk97f0
>>221
これは…wktkwktk

228 :226続き:2007/05/06(日) 13:56:36.23 ID:DuHIUH4PO
カランカラ〜ン

紫「来たよ〜」
無「お、小学生が来るとはめずら…」
紫「ちっちゃいゆーな!」
無「あ、紫か。いらっしゃい」
紫「こいつ、わざと…」
青「あら、紫。どうしたの?」
紫「(あ、先客いるなんて予想外…)え?いや、喫茶店出来たって聴いたから…」
無「何にする?」
紫「じゃあココア」
無「やっぱり子供じゃ…」
紫「ちっちゃいゆーな!」
灰「(ふふふ…計画通りね)」

______________________________


規制くらったぁぁぁぁ!
携帯からスマソ

229 :ふにゃふにゃ ◆9VYoqq2yjY :2007/05/06(日) 14:09:24.39 ID:N5Ov3rdX0
age

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:16:09.23 ID:tFaUqnWEO
15分くらい投下しないで待てば解除されるんじゃないかと
夜中にさるさん食らったやつが言ってみる。

ついでにさる解除支援
灰SS
以下3レス

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:16:36.38 ID:gaXVk97f0
>>228
頑張るんだスネーーク

232 :暖かな日差し 1/3:2007/05/06(日) 14:17:31.28 ID:tFaUqnWEO
 ゴールデンウイークも終盤にさしかかったある日、灰は1人で寮の屋上にいた。
「はぁ」
口から出るのは気の抜けた音。そして、
「……ひま」
降り注ぐ日差しは、風にはためく洗濯物と灰に、等しく影を作っている。
「おねーちゃんは白先輩と出掛けてるし、からかって面白そうな色無先輩は朝から居なかったし」
 洗濯物が奏でる単調な音の繰り返しと、青空に浮かぶ光が、灰を眠りの世界へ誘う。

――眠りに落ちる直前
「あ、日焼けするかも?」
と言う思考が脳裏をよぎったが、今更動くのも面倒で
「まあいいや、見せる相手がいるわけでもないし」
と思ってそのまま眠りについた。

――うっすらと意識が浮上し始め、違和感を感じた。
(屋上で寝てたはず、でも顔には強い日差しが当たってる感じはないし)
――しばし考える。
「やば、寝過ごした!」
日が沈む時間まで寝てしまったのか、最悪夕食の時間も過ぎてしまったんじゃないか、
と焦りながら目を開けた。

233 :暖かな日差し 2/3:2007/05/06(日) 14:18:14.10 ID:tFaUqnWEO
「……よ」
「……ふぁ!」
 独りで寝ていたはずの屋上で、目を開けたら寮生唯一の男が隣にいれば変な声が
出るのも仕方ないと言える。
「い、いろなひ」
「なんだ、寝ぼけてるのかよ」
「う、うるさいな。寝起きでちょっと焦っただけよ」
「そっか」
 そこで気づいた。いつの間にか灰の頭上にはビーチパラソルが開いていて丁度良い影を
落としていた。
「……これは?」
「ああ、朱色さんに頼まれて物置の整理をしてたんだけどな」
――色無の話はこうだ
 珍しく朝早く目覚めたと思ったら、寮母であるところの朱色に捕まり昼過ぎまで
強制労働をさせられていたと。
「それでやっと解放されたのね」
「ああ、ついでに海水浴で使うから、一度干しておいてくれって言われてな」
 頭上のカラフルな傘を指しながら続ける色無。

234 :暖かな日差し 3/3:2007/05/06(日) 14:19:21.05 ID:tFaUqnWEO
「なんで屋上まで持ってきたの?」
 物置は寮の一階にある、わざわざ屋上に持ってくる必要は無いはずだ。
「ん……ああ、屋上の方が風通しがいいかなと思って」
――ここでまた違和感、すぐにその理由に思い当たる
「へぇー」
「……なんだよ」
「なんでもなーい」
 風に当てるために屋上に持ってきたのなら、わざわざ私の全身が影に入るように
パラソルを立てる訳がない。
「これは、おねーちゃんもやられるわけだー」
「なに訳の分からん事言ってるんだよ」
 何にも言ってないのに気を配ってくれる、そんな所にみんな惹かれるんだろう。
「お礼に夏の水着はがんばっちゃおうかなー」
「は?」
 私だけ日陰に入れて、自分はお日様をもろに浴びている色無を見ながら、
少しはおしゃれしようかな?
と考え始めた灰だった。

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:20:13.49 ID:DuHIUH4PO
>>230
情報Thanks
ご飯食べながらゆっくり待ちます

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:21:25.46 ID:tFaUqnWEO
喫茶店の続きにwktkしつつ
投下終了

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:21:26.19 ID:xQAJbpzv0
>>234
灰の水着姿、俺も楽しみにしていいですか?(´д`;)ハァハァ

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:23:36.07 ID:Lacq7WW2O
萌黄色
名前とその幼い容姿、変声前の中性的な声からよく女の子に間違えられる。



とか昼間から妄想してる俺はもうダメかもわからんね

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:34:20.06 ID:Aa7cViyj0
______________________________


灰「これを見ろ!」
無「なにこれ?飴?」
灰「これぞ新発明動物キャンディ!コレを舐めると自分が一番近い動物に限りなく近づくのだ!」
無「ほほう、これをどうするんだ?」
灰「ここに置いておく」

キャンディです、ご自由にどうぞ(はぁと)

無「ご丁寧にちゃんと包んであるのが怖いな…」
灰「でれで臨床実験が出来てしかも目の前で観察出来る!」
無「さて、コレは危険だからちゃんと包んで捨てるか」
灰「待って待って!さりげなくゴミ箱に捨てないでっ!」
無「いや、臨床実験なら自分の体でやれ。客を実験台にするな!」
灰「コレさえあれば猫耳や犬耳も思いのまま!」
無「うっ…」
灰「茶とか見て見たいわねぇ」
無「ふんっ!(ばしっ!バタっ…)」
灰「自分の目にパンチ?!」
無「あれれ〜?僕何も見てないよぉ〜?」
灰「何か腑に落ちないけどまぁ良いか」

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:34:41.80 ID:Aa7cViyj0
キャンディは不気味に光っている
実験台になる不幸な人間が現れたのはそれから一時間後

薄黄「どうもですぅ〜」
灰「あっ、シュークリーム!」
薄「ひぁっ!は、灰色ちゃん?!」
無「はいクリームちゃんを食べない(がしっ)」
灰「こらっ!持ち上げるな!」
薄「色無さん、ありがとうございます!」
無「さて、何にしましょう?」
薄「じゃあ、オレンジジュースをお願いしますぅ〜」
無「かしこまりました」
薄「(色無さんが私に敬語!?これはこれで斬新!!!)」
灰「ふふふ…」
無「はい、お待たせしました」
薄「あ、ありがとうございます」
無「いや、従業員にお礼って言わないんじゃないの?」
薄「あ、それもそうでした。あはははは〜・・・」

こうして他愛も無い雑談を交わす
そしていよいよ…

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:35:03.88 ID:Aa7cViyj0
薄「このキャンディもらいますねぇ」
灰「ど〜ぞど〜ぞ」
薄「いただきますぅ」

飴玉(?)を口にする薄黄色

薄「あ、結構美味しいかもです」
灰「ゆっくり舐めてください(ニヤニヤ)」
薄「あ…あれ?何か…眠…く……」

バタッ

無「お、おいこれでいいのか?」
灰「起きたら分かるわ」

十分後

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:35:24.33 ID:Aa7cViyj0
薄「う…うぅ…」
灰「お、実験体が目を覚ました!」
無「ドキドキしますなぁ」
薄「チュ、チュ〜」
無「・・・・・・」
灰「これは・・・リス?」
薄「チュ〜チュ〜(ビクビク)」
無「あ〜、確かに合ってるわ」
灰「いつも逃げ回ってるから小動物っぽいのは確かかも」
薄「チュ!?」
無「ん?」
薄「ちゅ〜ちゅ〜♪(スリスリ)」
無「えっ?!どういう…」
灰「どうやら気にいられたみたい」
無「おい、元に戻せ」
灰「さようなら〜」
無「おい!通路使って逃げるな!」
薄「ちゅ〜ちゅ〜♪」
無「うっ・・・かわいい・・・」

カランカラ〜ン

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:35:46.67 ID:Aa7cViyj0
朱群「きたぞ〜」
無「うわっ!一番見られたくない人たちが!」
薄「ちゅ〜♪」
朱「ほほう、楽しそうな事をしてますなぁ」
群「休学して店開いて女を連れ込む?いい度胸じゃないか」
無「ま、待って!コレには事情が・・・」
朱群「問答無用!」

色無は死刑にされた後血眼で灰色を探し当て、灰色を逆さ吊りにして元に戻す薬を作らせたという

________________________________________

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:37:02.43 ID:Aa7cViyj0
________________________________________

無「THE1500シリーズ」
灰「結構遊べたりするよ、あれ」
無「あれも結構昔からあるよな」
灰「インベーダーとかブロック崩しとか買って一週間で飽きるのがオチだったりするけど」
無「あ、ファミコンやりてぇ」
灰「エミュで良ければ」
無「喫茶店にPC持ち込むな!って俺のPCじゃん!!!」
灰「ほうほう、『絶対★妹至上主義』ですか」
無「うるさい!俺の趣味を覗くな!」
灰「まぁ好みは其々ですから。なつかしのマリオ3なんてやってみる?」
無「いいねぇ、いいねぇ。今の若者はマリオが葉っぱを取るとどうなるのかも知らないらしいぞ?」
灰「ヘタするとマリオカートに羽根があることも知らないかもよ?」
無「うおっ!笛とか懐かしいぞ!」
灰「そこでもう一回使うと8面までいけるよ」
無「知ってる知ってる!」
灰「古き良き物は忘れ去られるけど、色無は私を忘れるなよ?」
無「もちろんだ!…って今なんて言った?」
灰「何も言ってないよ?脳みそ湧いた?」
無「失礼な!元からじゃ!」
灰「(なんで素直になれないかな、私…)」

________________________________________

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:44:45.98 ID:xQAJbpzv0
>>243
クリームのリス姿想像したら萌えたwww

>>244
『絶対★妹至上主義』吹いたwwwwwww

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:52:00.68 ID:9KUgaBbC0
ここで浮上

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:58:48.85 ID:Aa7cViyj0


無「そろそろ暖かくなってまいりました」
灰「そういうときに客がくるっ!(ビシィ!)」

カランカラ〜ン

侍黒「邪魔するぞ」
男「色無さんこんにちわっす」
無「侍に男じゃないか、どうした?」
侍「それが男が『暑くて休憩したいからここに入ろう』って言うもんでな」
男「それで入ってみたら色無さんの喫茶店だったわけですよ」
灰「タイミングは良かったが、こいつら店の物を壊しそうで怖い」
無「そしたら灰の出番だろ、期待してるから」
灰「よし、頼れる女になる!」
無「さて、ご注文は?」
男「アイスを二つお願いします」
無「かしこまりました」

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:58:50.84 ID:H2Tz65tTO
休憩中保守
みなさんGJ!!!
日曜の昼間にこんなに投下があるとは思わなんだwwwww

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:59:09.98 ID:Aa7cViyj0
男「灰さんは幸せですね」
灰「え?なんで?」
男「アイドル独り占めですよ?優越感に浸りません?」
灰「いや、最近姉様が夜な夜な枕元に立つ夢を見ててそれどころじゃないのよ」
男「…」
無「はい、お待たせ」
侍「かたじけない」
灰「まぁ姉様はどうにかなるけど他のが問題だよね」
無「ん?なんの話?」
灰「いや、なんでもない」
男「それより、そろそろアレ返してくださいよ」
無「あ、忘れてた。ちょっと待ってて」

屋根裏に行き紙袋を持ってくる色無

無「ほい、これ良かったわ。サンキュ」
男「いえいえ、コレぐらいならまた言ってください」
侍「其れは何だ?」
男「さて、帰ろうか。勘定ここにおいておきま〜す」
侍「おい!見せろ!(バリッ!バサバサバサ)」

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 14:59:30.50 ID:Aa7cViyj0
男「あ…」
灰「淫液に濡れた教室〜真夏の陵辱〜」
侍「巨乳の調教方法…」
男「いや、これは色無さんので…」
侍「お主はさっき『返してください』って申しておったろうに…!」
灰「私は慣れた」
無「嫌な慣れだな、おい」
男「おい、話を…」
侍「問答無用!!!!!!」
男「ちょ、おまあwせdrftgyhじこl」

__________________________________________

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:00:07.47 ID:gaXVk97f0
>>234
灰の水着はスク水でつか?

>>238
確かにイイwwww

>>244
すごいGJwwwww
灰スキーは本当だったみたいだなwww

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:00:20.81 ID:Aa7cViyj0
__________________________________________

無「これで元通りか…」
灰「あの二人にはちょっとお仕置きが…」

カランカラ〜ン

紫「色無ー!来たぞー!!」
無「子供みたいにはしゃぐn」
紫「ちっちゃいゆーな!」
灰「ふん、私より大きいくせにちびっこキャラか?」
紫「灰色ちゃんは年下でしょうが!先輩に敬語使いなさい!」
灰「色無ー、怖いよー(だきっ!)」
無「お、おいおい」
紫「(ムカッ!)ちょっと、なにやってんのよ!」
灰「おっぱい無いくせに!」
紫「ムキー!!!言ったわねぇ!!!!!」

ギャーギャー!ギャーギャー!


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:00:52.95 ID:Aa7cViyj0
無「はい、ストップストップ」
灰「はぁはぁ…」
紫「はぁはぁ…」
無「んで?ご注文は?」
紫「あ、すっかり忘れてた」
無「全く、しっかりしてくれよな」
紫「私ここで働くから」
無「は、私ここで働くをお一つですね?ホットでよろしいですか?」
紫「いえ、アイスで…って、注文扱いするな!」
灰「却下」
無「俺はなんとも言えない」
紫「将来の為に色々勉強したいの!お願い!」
灰「店のスペース考えてよ、こんな狭い店にもう一人いても邪魔なの」
紫「お願い!何 で も するから!」
灰「(キラーン☆)それなら良いわよ」
無「お、おいおい!」
紫「ありがとう!灰ちゃん!」
灰「は?上司には敬語でしょ?」
無「うわ〜、何か出たよ〜」
紫「…ありがとうございます、灰色さん」
無「いや、ここは全員タメ口にしよう!書いてる方も意味が分からなくなるし!」
灰「手抜き」
無「苦情禁止!ここは譲らない!」
紫「ありがとう!色無!」
灰「じゃあここ掃除して窓拭きね」
紫「はいはい…」
無「エプロン持って来る」

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:01:23.86 ID:Aa7cViyj0

屋根裏へ行く色無

無「はい、これ」
紫「え?これって色無のでしょ?」
無「店開けて買い物になんかいけないから明日までこれで我慢してくれ、俺のなんて嫌だろうけど」
紫「そ、そんなことない!私これがいい!」
無「? まぁいいけど」
灰「(これで実験台が増えたか…ククク…)」

_________________________________________

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:02:23.87 ID:Aa7cViyj0

無「さて、今日はどんな客が来るかな…」
紫「掃除掃除っと(ゴシゴシ)」
灰「こら〜、ここ汚れてる!」
紫「そこは今からやるから良いの!」
無「俺も食器拭いておかないと」

カランカラ〜ン

無「いらっしゃいませ〜」
DQN1「お?こんな所に喫茶店なんかあったのか」
DQN2「狭い店っすねwww」

椅子に座るなり携帯で音楽を流すDQN

D1「この曲マジ調子良くねぇ?www」
D2「良いっすねぇwww」
無「ご注文は何にしましょう?」
D1「あ?何もいらねぇよボケ」
紫「ちょっと、灰ちゃん…」
灰「まだまだ堪えて」
無「かしこまりました、ご注文されないならばご退店下さい」
D1「テメェ誰に口きいてんだ?」
D2「やっちゃいます?」
無「社会のゴミに口をきいてるんですけど?」
D1「テメェ!(ガシャーン!)」
灰「あ…、コップが…」
紫「それより色無を心配しなさい!」
灰「大丈夫大丈夫(目で合図する)」

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:02:47.30 ID:Aa7cViyj0
D1「表出ろや!」
紫「えっ!?ヤバく無い?!」

トコトコと灰色が近付く

灰「どうも、オーナーの灰色と申します」
D2「何だ?このガキ!」
灰「ムカッ!(ポケットから注射を取出し色無のケツに射す)」
無「いってぇ!」
D1「あん?まだ何もしてねぇよwww」
D2「コイツビビって逃げる気ですかねwww」
無「バタッ…」
灰「(これは怒りによって身体能力が飛躍的に向上する薬!さぁ!実験の始まりだっ!)」
D1「倒れやがったwwwおい女、こっちこい!」
紫「えっ?あ、あの…」
無「ピクッ…」
D2「コイツがどうなっても良いのかな?(色無の髪を持って引っ張る)」
紫「やめてっ!分かったから…」
灰「相手にされない私…」
D1「脱げ」
紫「えっ…」
灰「分かりました…」
D2「いや、お前じゃないから」
灰「…」
無「ピクッピクッ」
D1「脱がないとこの童貞やっちまうぞ?」
紫「わ、分かったから…」

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:03:07.96 ID:Aa7cViyj0
紫がスカートのホックに手をかけた瞬間

無「童貞って言うなーーーー!!!!!!!!(ビリビリビリィ!)」

いきなり起き上がった色無
その身体は驚異的な筋肉の発達により上着が破けている

灰「(成功だっ!)」

色無はボディビルダーのような身体付きになった!

http://d.pic.to/8fyyv

紫「い、色…無…?」
無「童貞の何が悪い!好きな女に捧げる為に取ってあるんじゃぼけぇぇぇ!!!!!!」
D1「な、なんだコイツ!」
無「キサマ…許さん!」
D2「虚仮威しになんかにビビるかよっ!」

DQN2のパンチが色無の顔に直撃する

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:03:32.26 ID:Aa7cViyj0
紫「キャッ!」
灰「おお…素晴らしい…」
D2「そ、そんな…」

色無の顔に直撃した拳はたしかに減り込んでいる
しかし色無は全く動じない

無「ん?もう終わりか?」
D1「死ねやぁぁ!!!!!」

D1がナイフを持って色無に飛び掛かる

紫「キャァァァ!」
無「ふんっ!(ビシィ!)」
D1「ぐぁ…」

色無の手刀がナイフをたたき落とす

灰「(防御、攻撃、瞬発力!完璧だっ!)」
無「俺の大切な仲間に何て事をしてくれた…(顎を持って持ち上げる)」
D1「ひいぃぃぃ!」
紫「色無!止めて!」
無「…チッ!(ポイッ)」
D1「す、すいませんでしたー!(バタバタ!)」
D2「お、同じくー!」

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:04:14.43 ID:Aa7cViyj0

カランカラ〜ン

無「うっ…(バタッ)」
紫「い、色無!」
灰「副作用あり…っと(メモメモ)」

一時間後

無「う…」
灰「おや、気が付きましたかな?」
無「あ…?何で俺灰色にひざ枕?」
灰「記憶の欠落…っと(メモメモ)」
無「何のメモだ…?まぁ良いか…」
灰「お疲れ様」
無「全然覚えて無いんっすけど…」

カランカラ〜ン

紫「ただいまー、って色無!気が付いたの!?」
無「今起きた」
灰「そろそろどけてくれません?」
無「ごめんごめん、あんまり気持ち良いからつい…」
紫「(ムカッ!でも今日は我慢我慢…)」
灰「あ、あんたの為じゃないんだからね!」
無「似合わない」
灰「チィッ!」
無「なんかわからないけど二人共ありがとうな」
紫「何言ってんのよ!頑張ったのは色無でしょ!」
灰「う、嬉しくなんかないんだから!」

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:04:35.06 ID:Aa7cViyj0
無「もう良いから」
灰「とりあえず服を着てね」
無「あっ…」
紫「キャァァァ!(バチーン!)」
無「なん…で…こうなる…」


__________________________________________

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:05:51.56 ID:Aa7cViyj0
今日はここまで
これ以上はまだ書いていませんので…
来週までにまた書いてきます
それでは〜

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:11:11.82 ID:tFaUqnWEO
>>261
GJ!

写真に吹いたww

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:18:51.53 ID:xQAJbpzv0
>>261
途中に変な写真入れるからもう色無がそれにしか見えなくなったじゃねーかwww
なんにしろGJ!!!!
次に投下する時は名前欄にでも「1/4」とか、残りのレス数が分かるようにしてもらうといいかも試練w

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:20:51.06 ID:a4TSzHcOO
ほしゅ

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:21:38.07 ID:a4TSzHcOO
間違えた……

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:22:20.36 ID:a4TSzHcOO
間違えた……

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:23:28.88 ID:ldUAgwkW0
>>261
乙! そしてGJ!

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21101.jpg
灰喫茶

写真を貼られたとき、すでに線画は終わっていたwww
失敗したwww

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:31:42.52 ID:UZDeI1UFO
>>261
写真見た瞬間キモッと呟いた俺ガイル

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:32:23.16 ID:xQAJbpzv0
>>267
仕事早ぇwwwGJwwwww
もうアナタの絵は大好きだwww

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:32:44.02 ID:qvVxUUdyO
ひねくれ白

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:33:32.53 ID:qvVxUUdyO
ミスったw
http://kjm.kir.jp/?p=117352

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:33:46.93 ID:gaXVk97f0
>>261
割り込みまくってすまなんだ
GJwwww

>>267
あの写真は反則だったwww

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:42:30.51 ID:xQAJbpzv0
>>271
某薔薇人形の蒼いのにしか見えない俺ガイルw

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:43:43.28 ID:Aa7cViyj0
>>267
GJ!!!
まさか絵を付けてくれる人がいるなんて…
感謝です!

写真が何気に反響呼んでますね
探した甲斐があったってものでs(ry


275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:46:35.24 ID:gaXVk97f0
>>271
こういう白もイイww
自分にはショタにみえたw

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:49:33.01 ID:Vq8GsC7EO
クリスマスのフラッシュも良かったが、ssも良かったwww
まだフラッシュ見れる?

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:52:15.48 ID:Aa7cViyj0
>>276
本URLは生きてます
うpしましょうか?

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:57:20.76 ID:Vq8GsC7EO
今は外出中だから見れないんだが出来れば頼む
つーかわがまま言ってスマソ

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 15:59:16.84 ID:Aa7cViyj0
>>278
http://www7.tok2.com/home/fukoch/Christmas.wmv
一回携帯でアクセスしてURLブクマしてPCにURL転送で見れます
一応ずっと残しておくのでご自由にどうぞ

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:04:05.94 ID:Vq8GsC7EO
ありがd

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:15:36.82 ID:Aa7cViyj0
保守

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:18:43.27 ID:gaXVk97f0
>>279
つい2回も見てしまったw

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:21:38.99 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

バタン
男「お前ら!人の彼女にそんなこと聞いてどうする!」
緑・黄・橙・青・黄緑・紫・空・朱・群「ん?」
男「……………………………。」
男「増えてるうぅぅぅ!!!!!!!!!!」

黄「君達を見てて前々からじれったいと思ってはいたのだよ。」
橙「しかし何で侍ちゃんはこんなダルそうな男を好きになったんだろうねぇ。」
侍「貴様らには関係ない。」
紫「じゃあさ、何で男は侍黒が好きなのさ?」
男「かわいいからだろ常識的に考えて。」
緑「しかしどの様な状況からいきなりここまでの発展をとげたかを聞きたい。」
侍「緑よ、その帳面はなんなのだ?」
緑「……………参考に。」
侍「じゃあ頼んだぞ。」
男「お、俺かよ!?」
侍「だってそなたからであろう?告白してきたのは?」
男「前の休みにちょいと喧嘩?みたいなのしちゃって、それを色無し様に悟られてこう言われた。」
『わかっていながらそれを迷惑と言うお前は最低だ。』
                      by色無し
朱「確かに最低だな。」
男「俺もそう思いました。こいつは俺に積極的だったから次は俺が答えなきゃって。」
侍「………………馬鹿者。( ///)」
男「なんでお前が赤くなる?あ、でも俺一つ思ったことあるんだけど。」
青「何よ?」
男「いや、みんなの好意を一身に受けてながらもそれに気付かない色無しさんにそんな台詞言われたくねぇなぁって。」

全員「……………………。(´・ω・`)」

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:31:33.91 ID:xQAJbpzv0
>>283
>男「いや、みんなの好意を一身に受けてながらもそれに気付かない色無しさんにそんな台詞言われたくねぇなぁって。」
あるあるあるwwwwwww

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:37:31.95 ID:GvWH7qmY0
あるあ……あるあるwwww

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:39:05.72 ID:Aa7cViyj0
あるあ・・・あるあ・・・あるあるあるあるwwwwwwwwww

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:39:51.08 ID:zaWAS2jB0
男が真理を突いた

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:46:44.70 ID:Aa7cViyj0
夏=空色
ということで空色も入れてみるか

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 16:59:31.91 ID:GvWH7qmY0
夏保守

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 17:10:34.00 ID:gaXVk97f0
>>283
男も色無も人のことなら気づくwwww

291 :1/3:2007/05/06(日) 17:19:39.63 ID:Aa7cViyj0
無「しっかしひどい目に逢ったな…」
紫「ムッキムキの色無…」
灰「気持ち悪い…」
無「いや、お前の薬のせいだろ!しかもビンタまで食らうし…」
灰「至れり尽くせりじゃないっすか」
無「勘弁してください…」
紫「あ、ちょっと買出し行って来る」
無「ん?何買うんだ?」
紫「ゴミ袋とかポーションとか」

ポーション=スジャータ、コーヒーミルク
ポーションシロップ=ガムシロップ

無「いいよ、俺が行く」
紫「え?!でもゴミ出したりもするから良いって!」
灰「人の仕事を取らないの」
無「分かった、じゃあ気をつけてな」
紫「いってきま〜す」

紫は大きなゴミ袋を持って店を出て行った

灰「じゃあ私たちはコレ」
無「ん?伝票?」
灰「番号振って」
無「ああ、分かった」

伝票の番号を二人で書いていく
灰と俺で500人分ずつ、合わせて1000人分


292 :2/3:2007/05/06(日) 17:20:22.16 ID:Aa7cViyj0
灰「早く〜」
無「おまっ!早いな!?」
灰「ふふん、こんなの朝飯前だよ」
無「いつもやる気が無いお前からでる台詞じゃないよな、それ」

カランカラ〜ン

黄緑「こんにちわ〜」
紫「帰ったよ〜」

無「あれ?黄緑さん!いらっしゃいませ!」
灰「ほら、紫も着替えて!」
紫「はいはいっと」
黄緑「あの〜、これどうぞ」
無「なんです?これ?」
黄緑「たけのこご飯です、お口に合うか分かりませんが召し上がってください」
灰「おお、これは美味しそう!」
紫「いただきま〜す」
無「本当にすいません…なんとお礼をして良いのやら」
黄緑「それでは私は寮に戻りませんで、今日はこの辺りで」
無「え?コーヒー飲んでいってくださいよ!」
紫「そうよ!私が奢るから!」
灰「そうよ!ちゃんと給料から引いておくから!」

293 :3/3:2007/05/06(日) 17:20:49.25 ID:Aa7cViyj0
黄緑「じゃあ一杯だけいただきますね」
無「アイスかホットどちらにしましょう?」
黄緑「じゃあホットでお願いします」
紫「お冷とお絞りです」
黄緑「あらあら、ありがとう」
無「はい、ホットになります」
黄緑「ありがとう(ニコッ)」
灰「たけのこUMEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!」
無「何一人で食ってるんだよ!!!!」
紫「独り占めしないでよ!!!!!」

ギャー!ギャー!

黄緑「あらあら」


294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 17:23:06.14 ID:Aa7cViyj0
今日はネタが色々浮かぶなあ
ちなみにたけのこご飯をくれた人が本当にいました、半分実話です

うちのの店にもこれぐらい人が来て欲しいw

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 17:25:35.96 ID:zaWAS2jB0
>>294
GJなんだが、誤字が多いのが惜しい・・・
もうちょっと推敲して欲しいな俺が言えた立場じゃないけど

296 :ふにゃふにゃ ◆9VYoqq2yjY :2007/05/06(日) 17:37:38.67 ID:N5Ov3rdX0
age

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 17:47:58.64 ID:GvWH7qmY0
>>294
じゃあお店教えてくれよ、近かったら行くし。

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 17:51:46.65 ID:1QnXdtfbO
ショタは泣き虫だから紺色ってどうかな

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 17:55:23.96 ID:tFaUqnWEO
灰の薬で色無がショタ化

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:05:51.56 ID:gaXVk97f0
>>294
次々浮かぶってすげww

緑の気難しいかんじのショタも想像してしまう

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:13:01.57 ID:tFaUqnWEO
ふと気付けば300を越えていた件について

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:13:07.21 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

侍「やっと解放か。」
男「俺は連中に周知することできたから満足満足。」
侍「しかし某が気になるのは見えざる白と黒なのだが………」
男「いるんだって紫ぐらいの身長の白と黒が!」
侍「わかったが何故某には見えん?」
男「単純に素直じゃないからだと思いまーす。」
侍「………その白と黒は可愛かったか?」
男「和服着ててまんま小さい頃の白と黒って感じだよ。」
侍「……………今から吐く台詞は貴様に宛てたものではなくその白と黒に会うための言葉だ。勘違いするな。」
男「どうぞどうぞ。」
侍「…………好きだ。」
男「はいはい。」
侍「いつも某に世話やかせるくせに頼りないくせに変態のグズだが………某に優しくて普通に扱ってくれて………
   いつも某の見方で側にいてくれて…………好きで好きでっ、堪らなく好きで…………」
男「もう十分だ。(ギュ)てかお前自爆すんなよ、泣いてんじゃねぇか。」
侍「泣いてなぞおらん!これは汗だ!」
男「(ペロ)しょっぱいな。確かに汗だ。しかし目から汗が出るなんて難儀な体してんな。乙。」
侍「貴様………!貴様こそさりげなく某の胸を己の胸板に押し付けるな!」
男「あはぁ?ばれた?」
侍「貴様ぁ!(シャキン)」

色「何してんだあいつら?」
水「さぁ?でもいつもの感じが出てていいと思います。」
色「俺達も早く寮に帰らなきゃな。」

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:24:21.37 ID:1QnXdtfbO
浮上

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:24:34.88 ID:gaXVk97f0
うはあwwニヤニヤしてまう

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:36:51.82 ID:gaXVk97f0


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:48:57.40 ID:GvWH7qmY0


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 18:56:38.53 ID:tFaUqnWEO


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:04:40.00 ID:Aa7cViyj0
>>297
茨城ですw

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:05:08.74 ID:Aa7cViyj0
>>299
それいただき!

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:06:24.31 ID:xQAJbpzv0
>>302
おめでとう、侍黒に男wニヤニヤが止まらないぜwww
違う意味でバカップルになっていきそうだが、それはそれで期待www

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:10:22.79 ID:GvWH7qmY0
>>308
微妙に行きづらいwww

>>299
ショタ化って性格も変わるの?

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:20:03.62 ID:1QnXdtfbO
>>311

変わってほしい

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:23:25.78 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

侍「(ドキドキ)…………たのもー……………」
空「(ソー)わっ!」
侍「ひゃぁ!」
空「どうしたんですかっ先輩♪」
侍「おどかすでない!さて、白と黒はどこにおるかわかるかのう?」
空「黒先輩と白先輩は軽井沢の別荘で療養中」
侍「違う違う。小さい方の白と黒だ。」
空「二人なら今頃黄緑さんのお手伝」
しろ「そらー」
くろ「おふろはいろー」
空「あら、お手伝い終わったの?ほら先輩…………先輩?」
侍「……………なんという。」
しろくろ「?」
侍「なんという愛くるしさ!この世にこの様な者が存在していたとは!(スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ)」
しろ「あうぅ」
くろ「くふぅ」
侍「さらさらな髪に柔らかい頬!なんという!なんという!(パシン)痛っ!何をする!」
男「そろそろ危ない気がしたから。」

色「えっ?マジで付き合ってんの?」
男「だってほらおいで。」
しろ「(パタパタ ドサ)ん。」
男「(ナデナデ)この子ら見えるのが何よりの証拠でしょ?」
侍「よし!某はしろくろと風呂に入ってくる!待っておれ!」
男「いってら。」

男「さて、じゃあ僕も入って」
色「やめろって。」

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:23:28.17 ID:q+VCz9Kj0

| ∧         ∧
|/ ヽ        ./ .∧
|   `、     /   ∧ 
|      ̄ ̄ ̄    ヽ      
| ̄5月7日月曜日   ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-  /   
|::    \___/    /     やぁ・・・・・GWも終わりだね。
|:::::::    \/     /   言っとくけど、7月中旬まで祝日ないよ



315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:28:11.00 ID:xQAJbpzv0
>>313
侍黒を脅かす空が可愛いすぐるwww
ていうかしろくろは風呂も入っちゃうのかwww

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:37:42.80 ID:YrJ0M0yi0
Aa7cViyj0は以前のスレで「気をつけます」って言ってた気がするが、あんまり分かってねーな

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:45:01.22 ID:1QnXdtfbO
浮上

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:46:42.80 ID:Tr9MQUR+0
>>279
こんあのあったのかwwwwwwwwwww



オレお笑い担当ジャネーカwwww

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:47:18.41 ID:DuHIUH4PO
>>312
参考がてらにショタの性格を教えて欲しいんですが…w

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:48:56.03 ID:1QnXdtfbO
黄緑にはデレデレだが黄緑以外にはツンツン

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:50:38.05 ID:Y0ZmtPT80
だいだい
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21102.jpg

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 19:53:16.04 ID:Aa7cViyj0
>>318
サーセンw

こどもの日が終わって紫をいじれないのが残念…

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:07:03.80 ID:9KUgaBbC0
浮上します

324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:16:39.48 ID:gaXVk97f0
あげ

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:20:46.42 ID:Aa7cViyj0
上げますよ

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:26:38.17 ID:Tr9MQUR+0
みど×はい
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21103.jpg

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:32:10.62 ID:9KUgaBbC0
すでに300以下に沈んでる

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:38:10.27 ID:1QnXdtfbO
あげ

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:39:03.79 ID:tFaUqnWEO
緑「……」
ぺら
灰「……ひーまー」
ぱら
緑「……」
灰「ひーまー」
緑「……」
灰「ひ」
緑「……」
ギラリ
灰「ひっ!」
緑「……」
灰「……」
緑「……」


……保守のようなもの(まともなセリフ無し)

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:39:19.57 ID:a4TSzHcOO
>>326
和んだwwwww

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:40:52.59 ID:xQAJbpzv0
>>326,329
この組み合わせなんかツボだわwwwww

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:49:47.78 ID:9KUgaBbC0
落ちるよ?

333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:54:19.85 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

侍「むう、たまには寮の風呂もいいな。」
男「しろちゃんくろちゃん、ちょっと来てくれないかな?」
しろくろ「はーい。」
男「(ヒソヒソ)ここだけの話だよ?おねちゃんの体どうだった?」
しろ「おねちゃんきれーだったよ。」
くろ「髪長かった。」
男「他はどうだっ」
侍「某も混ぜてくれよ、その会話に。」
男「さささささ侍さん?なんか目が怖いででででですよ?」
侍「さぁくろちゃん、しろちゃん、髪乾かそうか。」
男「はぁ。」

侍「ったく子供からそのような事を聞き出そうとはけしからん!」
男「地味に反省しております。しかしいつかはあんな可愛いい子供が欲しいなぁ。」
侍「その気味悪い笑みを抑えてから言え。視線があからさまに某の体だけに向けられてるんだが?」
男「いやぁ安産型かどうか見てただけですよ。」
侍「大体貴様は……は…っくしゅん!」
男「ったくまだ夜は寒いからな。ほら、着てろ。」
侍「すまない。………大体貴様は」
男「くしっ!」
侍「なんだお主も寒いのではないか。無理をするな。上着は返」
男「いいから。お前こそ風呂に入ったあとなんだから風邪ひいちまう。」
侍「かたじけない。……大体貴様は………貴様は……忘れてしまったではないか!」
男「俺のせいかよ!」
侍「まぁ上着に免じて今日のところは許してやろう。特別だぞ?」
男「はいはいありがとさん。」

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:56:24.15 ID:Aa7cViyj0
補習

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 20:59:53.08 ID:Tr9MQUR+0
>>329
うお!
ありがとう

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:05:00.31 ID:9KUgaBbC0
浮上します

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:11:40.23 ID:tFaUqnWEO
緑「……」
ぺら
無「熱心だな」
緑「……」
ぺら
無「暇だなー」
緑「……」
チラッ
?「wktk」
無「ん?」
緑「はい」
無「面白そうな本だな」
緑「……おすすめ」
ぺら
無「……」
緑「……」
無「……」
緑「……」


灰「あれ〜〜? 扱いが違うよ〜〜?」

……保守?

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:11:52.12 ID:9KUgaBbC0
浮上

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:12:22.46 ID:H2Tz65tTO
バイトおわた保守
よかった、まだ生きてた…!

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:13:09.11 ID:9KUgaBbC0
>339
5分くらいでデッドラインぎりぎりになるから気をつけよう

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:16:21.04 ID:Aa7cViyj0
保守

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:18:22.60 ID:xQAJbpzv0
5分は流石にアレだが、今の時間だと15分経つともう落ちるくらいのスピードだな…

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:19:12.30 ID:r/JhDnwU0
だがそんなことで挫けては色鉛筆スレ住人の流す樽!!!!

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:22:31.27 ID:H2Tz65tTO
そんなに厳しいのにここまで落ちてないのが感動だwwww

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:27:03.53 ID:UZDeI1UFO
サムライブラック保守

闇「とぅ!」
侍「(キィン)母上!」
闇「聞いたわよ!男君とお付き合いし始めたんだってね!(シュ)」
侍「(キィン)お陰さまで!」
闇「友達に教えるのもいいけど(シュ)」
侍「(キィン)ぬっ!」
闇「お母さんに言ってくれないなんて寂しいじゃない!(シュ)」
侍「(キィン)言うとあーだのこーだの聞いてくるではないか!」
闇「(シュ)本音をいうなら最近出番なくて寂しかったんだから!」
侍「(キィン)一生出なくてよい!」
男「あの………そろそろ僕も会話に混ざっていいですか?」

闇「まだご飯食べてなかったんでしょ?たーんと食べなさい。」
侍「………………。」
男「………俺はトロロで侍には赤飯ですか。」
闇「二人に聞くけどぉ。もう…………した?」
侍「それが母親の言う台詞かぁ!」
闇「だって10代の付き合いなんてそんなもんじゃない。」
男「言っときますけど自分は侍黒が好きだから付き合ってるんですからね。」
侍「い、いきなり何を!( ///)」
男「だから体だけなんて考えは一切ありません。お付き合い、認めてもらえますか?」
闇「…………………臭っ。」
男「(カァァ)僕、おいとまさせてもらいまーす。」

闇「良かったじゃない?好きなんだって。」
侍「ふんっ!しっ、知るか!( ///)」

346 :愛のVIP戦士 :2007/05/06(日) 21:27:30.56 ID:g3NRCmUT0
>>320
それじゃ、まるで黄緑さんはおかあs(ry

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:27:49.23 ID:Vq8GsC7EO
五分か早いな

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:29:50.63 ID:xQAJbpzv0
>>343
流す樽をそのまま読んでどんな意味なのかちょっと考え込んでしまったのは内緒だw

>>344
だがこれからが修羅場なんだぜ?

>>345
闇黒母さんヒドスwwwww
乙!!そしてGJ!!


寝る前紫保守

紫「色無ぃ、眠いよぉ。」
無「じゃあ寝ろよ。もうお子様は寝る時間だぞ?」
紫「ちっちゃいゆーなっ!」
無「それともなんだ、俺と一緒に寝たいとか?」
無「う…うん。///」
無「なんだよ、最初からそう言えば良かったのに。」
無「だ、だって……恥ずかしいもん…///」
無「よしよし、紫は可愛いな。こっちおいで。」
無「うんっ♪」

紫「……。」
無「っは?!」
紫「……。」
無「……い、いつも上手く話が進むと思ったら大間違いだよな?ははは…」
紫「……。(変な妄想しなければ一緒に寝ようかと思ったのに…)」



349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:36:26.48 ID:Tr9MQUR+0
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21104.jpg

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:38:32.71 ID:mrKlvTnQ0
男「茶さん、トランプなんか持ってどうしたの?」
茶「あ、あのっ、5段くらいのトランプタワーを作ってみようかなって思ってるんですっ」
男「……何事もチャレンジしないとね。頑張って」
茶「はいっ、がっ、頑張りますっ!!」
男「……がんばれ〜」
黒「何で必要以上に優しい目で見守ってるのよ」
男「だって……なぁ? 茶さんだぞ?」
黒「あんた、茶の事馬鹿にしてるでしょ。あの子手先はかなり器用よ」
男「はっはっは、いくら俺でもそんなのに騙されたり――」
茶「……ふぅ」
男「って既に4段目!?」
黒「ほら、器用でしょ? でもね――」
茶「へくちっ」
バラバラバラ
黒「……今まで私が見てきた限りでは完成させた事ないんだけど」
男「……さすが茶さんって言うべきなのかな」
茶「あうぅ……」



茶に対する勝手なイメージ。超高校級。

>>349
食べられました。性的ないm(ry

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:39:36.81 ID:8UH9Cn6kO
>>349
カワユスwwwメインではほとんどでてこないけど、たまに出てきたり絵が投下されたりするとかなり萌えてしまうwww

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:39:46.40 ID:mrKlvTnQ0
男「ってかさ、お前茶さんがこれしてるの結構見てる?」
黒「ええ」
男「何となくお前って、こういった細かい作業とか嫌いだと思ってたんだけど」
黒「確かに自分でやる分には嫌。ただ、人がしてるのを見るのは好きよ。例えば今の茶みたいに頑張ってる顔とか」
男「あぁ、いいな」
茶「(ツルッ)っきゃあぁぁっ!?」
グシャッ
茶「あうぅ……」
黒「特に今の失敗して泣きそうな顔とか最高ね。頑張っても報われない所なんてゾクゾクするわ」
男「……さすが黒って言うべきだな」

黒に対する(ry。こいつもやっぱり超高校級。

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:44:59.68 ID:8UH9Cn6kO
>>352
ねー……あるあるwwwwww黒は絶対Sだww

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 21:52:47.48 ID:Tr9MQUR+0
ネトラジはいいねぇ
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21105.jpg

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:01:07.05 ID:YrJ0M0yi0
クールな紫カッコヨスw
ラジオは昔よく聞いたな。県外のAM聞くためにラジカセ抱えて部屋中をうろうろしたもんだw

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:12:11.86 ID:9KUgaBbC0
あぶねえええええええええええ

357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:12:13.77 ID:H2Tz65tTO


358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:13:16.42 ID:Tr9MQUR+0
みな考えてることは同じ
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21106.jpg

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:17:59.60 ID:YrJ0M0yi0
どうにも駄目なら、俺はVIPの外でも全然かまわんけどね
保持数500じゃ、落ちてなんぼの糞スレか、速攻で埋まる祭スレしか
生きていけねー罠

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:20:25.86 ID:K1bBIbYx0
まぁ難しいところではある。

とりあえず頑張ってみよう。

361 :愛のVIP戦士:2007/05/06(日) 22:23:54.07 ID:oxOU3iWw0
半年振りくらいに来たがまだこのスレがあってとても嬉しい

362 :愛のVIP戦士 :2007/05/06(日) 22:24:09.95 ID:g3NRCmUT0
過去スレでとっくにネタが尽きて、何もできない俺が




保守させて頂きます。ノシ

363 :ふにゃふにゃ ◆9VYoqq2yjY :2007/05/06(日) 22:27:32.71 ID:N5Ov3rdX0
age

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:28:11.42 ID:Aa7cViyj0
保守!

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:31:24.65 ID:H2Tz65tTO
だが保守

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:34:28.46 ID:WoXye3zV0
>>349

翠緑に比べたらまだ...

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:40:18.90 ID:a4TSzHcOO
空「うわぁ……辛い……」
緑「……水」
空「ありがとうございます」

空「なんだか頭が痛いな……」
緑「……バフ○リン」
空「ありがとうございます」

空「なんだか胃が痛いや……」
緑「……胃薬」
空「いつもすいません」

空「今日、車にぶつかるところでしたよ」
緑「……お守り」
空「え?あ、ありがとうございます」

空 (緑先輩って優しいな。少しズレてるけど……)

保守@空

368 :ふにゃふにゃ ◆9VYoqq2yjY :2007/05/06(日) 22:42:10.89 ID:N5Ov3rdX0
age

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:48:06.10 ID:H2Tz65tTO


370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:51:19.96 ID:GvWH7qmY0
絵が来たりすると文章をつけたくなる。
文章のせいで絵の価値が下がったりしないか心配ではある。

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:54:28.98 ID:a4TSzHcOO
空「ねぇ、灰ちゃん」
灰「何?」
空「友達の絆を深める為にお互いのことを知ろうよ」
灰「……いいけど」
空「じゃあ質問ね。オニギリの海苔はパリパリ派?しっとり派?」
灰「んー……しっとり」
空「納豆に辛子は入れる?入れない?」
灰「んー……入れない」
空「猫まんまはご飯にお味噌汁をかける?お味噌汁にご飯を入れる?」
灰「……お味噌汁にご飯」
空「全部私と違うよ……ダメじゃん」
灰「……自分からふったくせに」

保守@空

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:54:43.80 ID:gaXVk97f0
その心配は無用と思う

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:55:28.07 ID:tFaUqnWEO
>>370
もうやってしまった私はどうすれば……

それはさて置き
緑SS投下します
以下2レス

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:55:30.45 ID:gaXVk97f0
>>372>>370に向けたやつ

375 :休日 1/2:2007/05/06(日) 22:56:35.61 ID:tFaUqnWEO
 読み終わった本を閉じると私は深呼吸した。
「……さてと」
 一息入れると次の本に手を伸ばす。
「ふーん、そっかー」
 隣から聞こえてくる無意味な声。
「色無、少しは静かにしてもらえないかしら」
「え?」
「声、出てたわよ」
「そっか、すまん緑」
 謝りはするものの、少しするとまた声を出し始める色無。
「はぁ……」
 私は聞こえないようにため息をついた。

 休日に私の部屋で本を読むのが習慣になりつつある色無を見つつ、思考を巡らせる。
 だいたい年頃の異性の部屋にきて、本を読むだけなんてどういうつもりなんだろう。
「……なるほど」
――今度はなにやら感心している。
「……ねえ」
――話しかけてみた。
「ん?」
「面白い?」
「ああ、ここだと普段より早く読めるから面白いよ」
 普段より早く? こっちは色無が気になって、ペースが半分くらいに落ちてるって言うのに……
「早く読むことと、面白さは違うでしょ?」
「え?」
「大体速読なんて出来るの?」
 少し八つ当たり気味に喋る。

376 :休日 2/2:2007/05/06(日) 22:57:37.21 ID:tFaUqnWEO
「いや、なんて言うか頭にすんなり入ってくるんだよ」
「静かな所が良いなら図書館にでも行けばいいじゃない」
 気味と言うより完全に八つ当たりだ。しかも出て行けなんて、思っている事と
正反対な言葉が口をついて出る。

「緑の読んだ本がある、この部屋がいいんだ」

「は?」
 この男、今なんて……
「緑が読んだ本を読めば緑の考え方が解るかな、と思って」
「!!」
――ああ、どうしよう!? 今、間違いなく顔が赤くなってる。
「そ、そ、そうなんだ」
――声まで動揺してる。
「……そう言う事だから」
 そう言って本に視線を落とす色無。
「……」
「……」
 カチカチと、壁掛け時計の音だけが響く。
 そう言う事って……そう言う事よね。
 一方的にやられたみたいで面白く無い私は
「じ、じゃあ今度色無の部屋で本を読んでも良いかしら?」
 と聞いた。

――色無の部屋に行った緑が、そこで見つけた本に別な意味で赤面するのは、また別な話。

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 22:59:59.69 ID:tFaUqnWEO
以上
何故か打ち込んでる途中、いきなり携帯の文字色が
黒から灰色にかわってびっくりしました。

……灰SS書いてたから?

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:02:18.13 ID:GvWH7qmY0
>>372>>373
安心した。自虐的になってすまなかった。

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:02:57.32 ID:r/JhDnwU0
>>352
こういう話をしているときの黒の顔を拝んでみたい

>>376
読書好きにはたまらないシチュー

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21107.png
ちょっと前にカードネタがあったなぁとか思い出して・・・
中身を描くべきか書かざるべきかで20分くらい悩んでしまった

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:07:23.43 ID:gaXVk97f0
>>376
やっぱりこの書き方スキだwww

>>379
中身が見えないような…

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:10:51.57 ID:r/JhDnwU0
>>380
>>2の12色と灰で13+色無で1枚ずつ挑戦してみようとして
楽そうだから色無しからでいいやと思って始めたんですが
そもそも絵に描かれることが殆どないからどうにも困ってですね・・・描いてませんです

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:13:32.16 ID:gaXVk97f0
>>381
そうだったのか張り間違いかと勝手に勘違いしたスマソ

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:14:13.68 ID:9ZEm8Mfh0
空気読まずに
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21108.jpg


384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:14:30.64 ID:a4TSzHcOO
空「喉乾いた……」
緑「……はい」
空「え?いいんですか?」
緑「……私が飲んだのでよければ」
空「ありがとうございます」

空「眠くなってきたなー……」
緑「……ひざまくら」
空「え?み、緑先輩?」
緑「……遠慮はしなくていい」
空「……だ、大丈夫ですよ!(親切で言ってくれてるんだろうけど流石にこれは……)」
緑「……空に嫌われた」
空「そ、そういうつもりじゃなくて!」

保守@空

385 :愛のVIP戦士:2007/05/06(日) 23:18:14.22 ID:oxqWqQOV0
>>383
実にナイス

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:18:48.99 ID:gaXVk97f0
>>383
ごめん今から青とデートに出かけるwww

>>384
空の初々しさがいいwww

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:25:53.73 ID:H2Tz65tTO

灰「……あ゛〜」
緑「………」
灰「あ゛〜…」
緑「………」
灰「あ゛
緑「読書に集中出来ないからやめてくれる?その呪怨みたいな声出すの」
灰「……やっと喋ったな」(ニヤリ
緑「……何よ」
灰「どんなの読んでんの〜?」
緑「…推理小説よ」
灰「あ、その本なら私も呼んだことある。小学生のときだったかな?まぁすぐトリック見破っちゃってつまんなかったけど」
緑「………」
灰「確か○○が真犯人でー…」
緑「………」
灰「追い詰めたら自殺しちゃって結局動機がわかんないんだよね?」
緑「………」
灰「……いやー本当に懐かしい…ってあれ?」
緑「………」
灰「…ど、どうかしましたー?」
緑「………」
灰「……?」
無「おーい灰色ー、黒が呼んでたぞー。またなんかやったのか?」
灰「うぃー、今行くよー」

無「危なかった……もう少しで危なかった!!」


388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:28:27.57 ID:gaXVk97f0
色無GJwww

389 :花見(黒の場合) 1/3:2007/05/06(日) 23:28:50.69 ID:K1bBIbYx0
黒「お花見ねぇ…」
色「い、嫌だったか?」
黒「ううん。色無にしては上出来よ」
色「…何か複雑だけど、とにかく黒が喜んでくれてよかった」

―俺は先日、白のお見舞いから帰ってきた黒を花見に誘った

黒「この桜、白にも見せてあげたかったわ」
色「ああ、そうだな」
黒「白から聞いたわ、桜の枝を病室に届けてくれたんだって?」
色「ほんとは一緒に見に行けたらよかったんだけどね」
黒「お礼を言うわ」
色「そんな、礼を言われるようなことじゃないよ」
黒「あんなに嬉しそうな顔した白は久しぶりに見たわ」
色「・・・」
黒「どうしたの?」
色「…いや」
黒「?」

―黒は白の話ばかりする。彼女にとって白が大切な存在であることは分かっている。
でも・・・分かっていても、俺は白のことが少し『羨ましかった』
黒からこんなにも想われている白のことが。

390 :花見(黒の場合) 2/3:2007/05/06(日) 23:30:00.29 ID:K1bBIbYx0
色「あっ」
黒「ん?」
色「黒、髪に花びらが」
黒「え?どこ?」
色「俺が取ってやるよ」

色「よし。取れたぞ」
黒「ありがとう」
色「それにしても黒の髪ってきれいだよな。サラサラしててさわってて気持ちよかった」
黒「ふふっ」
色「な、なんだよ?」
黒「白もね気持ちいいって言って、私の髪をさわりたがるのよ」

―また白の話…

391 :花見(黒の場合) 3/3:2007/05/06(日) 23:30:49.23 ID:K1bBIbYx0
黒「…でも光栄に思いなさいよ」
色「?」
黒「白以外で私の髪をさわっていいのはアナタだけなのよ、色無」
色「え?」
黒「もっと言えば、異性で私の髪にさわれるのはアナタだけってこと」
色「・・・」
黒「なに?嬉しくないの?」
色「い、いや、スゲー嬉しいよ」
黒「じゃあ今日はしっかりおもてなししてちょうだいね♪さぁお花見の続きよ」
色「お、おう」

―白と競っても勝てそうにないけど
でも、せめて肩を並べるくらいにはなれたらと思う

散り始めた桜の花びらに映える彼女の黒髪は

やっぱりきれいだった

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:32:15.07 ID:K1bBIbYx0
色無目線になってしまいました…

う〜ん。黒はなかなか難しい

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:34:02.39 ID:Tr9MQUR+0
しかし黒スキーにはたまらない

よし

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:36:38.29 ID:gaXVk97f0
無自覚な小悪魔に萌えたww

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:45:05.01 ID:tFaUqnWEO
保朱

396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:46:26.82 ID:Aa7cViyj0
いい具合に酔いが回ってきた・・・

SS投下乙です
自分はドロップアウトしますがみなさん後よろしくです!
では!

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:56:18.08 ID:tFaUqnWEO
保朱

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/06(日) 23:59:51.70 ID:vw2VWiLK0
School Daysな保守

『風の日』

びゅー
黄「きゃっ!」
橙「うおっ」
黄「橙……見た?」
橙「……高3にもなってバックプリントはないと思うぞ」
黄「…見といてそんなこと言う?」
橙「つーかお前子供っぽいの好きだよな」
黄「うるさいなあ…ってなんで知ってんの?!」
橙「……お前は昔っから無防備すぎなんだよ」
黄「なにそれー」
橙「…俺以外にはぜってー見せんなよ?」
黄「え…あ……うん///」

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:08:14.69 ID:eviJFznkO
>>398
これはいいバカップルですね

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:08:39.90 ID:w3pvKC9Q0
たまには髪長Verで


http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21109.jpg

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:12:15.97 ID:WELm4a4J0
>>398
橙かっこよすぎwww

>>400
これも清楚なお嬢さん風でイイwww

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:15:59.66 ID:n4uPyyVe0
School Daysな保守

『曇りの日』

黒「おい白、傘は持ったか?午後から雨が降ってくるかもしれないぞ」
白「うん、持ったよ」
黒「リップクリームは大丈夫か?曇りの日は意外と紫外線が多いからな」
白「大丈夫だよ」
黒「羽織るものはあるか?雨が降ったら冷えるかもしれないぞ」
白「うん」
黒「よし、じゃあいくか」
白「うん!……ねえ」
黒「何だ?」
白「なんだか黒くんお父さんみたいw」
黒「………そ、そうか」
白「うん♪」
黒(また最近過保護になってきたのかもな…それにしても『お父さん』か……)

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:17:45.61 ID:WELm4a4J0
>>402
こういうカップルがきっと長続きするんだろうなあw

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:19:49.91 ID:n4uPyyVe0
スレ保持が大変ななか皆さん乙ですw

もしかすると近いうちに新しい展開にまたお付き合いしていただくことになるかもしれませんw
そのときはまた長くなるかもしれませんがよろしくお願いしますww

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:25:25.66 ID:KMtQjQHp0
wktkしときますー

406 :お花見(桃の場合) 1/2:2007/05/07(月) 00:30:27.59 ID:KjjynRjf0
桃「♪〜♪〜」
色「ご機嫌だな」
桃「だってデートだよ!デート!」
色「花見にきただけなのに大袈裟だよ」
桃「色無くんがそう思ってなくても、私にとってはそうなの!」
色「そ、そうか…」(すごい気迫だな)
桃「今日だけは私が色無くんをひとり占めしちゃうんだから」
色「お、おう」(何だか嫌な予感が…)
桃「今日は『私が彼氏としたいことベスト10』を全部やっちゃうよ〜」
色「べ、ベスト10〜!?」
桃「ほら!さっそく行くよ!」
色「ま、まだ心の準備がぁ〜」

―その後、桃の彼氏としたいことベスト10に付き合わされる色無
そして、ついに第1位をむかえた・・・

407 :お花見(桃の場合) 2/2:2007/05/07(月) 00:31:33.10 ID:KjjynRjf0
色「はぁ…はぁ…やっと…残りひとつか」
桃「はぁ…はぁ…やっとだね」
色「で、最後は一体何なんだ?」
桃「うっ…それは…」
色「それは?」
桃「それはまた今度でいいよ」
色「何言ってんだよ、ここまで来たからには意地でもやりきってみせるぞ!」
桃「でも…」
色「もうどんなことを頼まれても俺は驚かないぞ!」
桃「…やっぱり今度でいい」
色「だから…」
桃「いいの!!」
色「うっ」(なんという気迫…)
桃「今日は本当にありがとう♪」(チュッ
色「なっ!?」
桃「さ、寮に帰ろ。私、おなか空いちゃった♪」
色「あ、おい!待てよ!」
桃「はーやーくー。置いてっちゃうぞ〜」


―ちなみに第1位は『大好きな人のお嫁さんになること』だそうな…

あれ?こんな時間にお客さんが…

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:35:06.52 ID:ZDX2uzSq0
>>402
上半分までなら親子SSとしか思えないくらいだなww

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21110.png
まずは赤、ハートのエースで。

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:38:13.05 ID:KjjynRjf0
>>400
SUGEEEEEEE!!!!!!
よく見たら文章に絵つけてくれてる!!!

感激すぐる!!!

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:50:39.13 ID:6+52MB5L0
練る保

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:50:49.88 ID:WELm4a4J0
あげ

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 00:51:26.90 ID:KuDxg/mzO
寝る前保守

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 01:03:53.85 ID:eviJFznkO
保朱

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 01:09:43.36 ID:ZDX2uzSq0
保守

修正
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21111.png
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21112.png

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 01:24:08.98 ID:ZDX2uzSq0
保守黒

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 01:32:21.93 ID:WELm4a4J0
灰のssが多かったので
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21113.jpg

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 01:38:20.18 ID:eviJFznkO
>>416
撃 ち 抜 か れ た

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 01:57:57.83 ID:ZDX2uzSq0
保守

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 02:07:18.63 ID:4Qo/bzsN0
ほっしゅしゅ

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 02:17:38.97 ID:WELm4a4J0
>>402
ぽく描いてみた 白
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21114.jpg

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 02:21:25.88 ID:KjjynRjf0
色「やっぱシメは黄緑さんじゃないと」
黄緑「何のことです?」
色「いや、俺(書き手)の勝手な都合です。気にしないでください」
黄緑「はぁ…。変な色無さん。でも、良かった♪」
色「何がです?」
黄緑「私だけ誘ってもらえないんじゃないかって心配してたんです」
色「そんな。俺が黄緑さんにそんなことするはずないじゃないですか」
黄緑「もちろん、私だって色無さんのことを信じていました。…でもやっぱり不安がなかったわけじゃありません」
色「…すみません」
黄緑「色無さんは私みたいなのタイプじゃないんじゃないかって・・・」
色「そんなこと!黄緑さんは俺のめちゃくちゃタイプですよ。ど真ん中ストライクです」
黄緑「…ほんとですか?」
色「本当も何も、信じてくださいとしか言いようが」
黄緑「…嬉しい。」
色「黄緑さんがそんな辛い思いをしていたなんて俺・・・」
黄緑「いいんです。こうして今日誘っていただけたんですから」
色「…でも」
黄緑「そのかわり…」
色「そのかわり?」
黄緑「さびしい思いさせた分、今日はたくさん可愛がってくださいね♪」
色「ま、まかせてください!」


そのとき彼女が見せた最高の笑顔を
僕は忘れることはないだろう

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 02:24:46.41 ID:KjjynRjf0
一応これで基本12色はコンプリートしたはず。
3スレくらいに渡ってしまったため読みにくくなってすまん。


今夜はこれで寝ます。あと頼む。

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 02:39:04.15 ID:shukKH75O


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 02:40:52.79 ID:WELm4a4J0
>>422
12色コンプおめww
GJwwww

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 02:40:57.63 ID:ZDX2uzSq0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21115.png
青 寝ます

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 03:03:39.21 ID:JDJidpvWO
みんな次々に寝ていく
明日まで残ってますように

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 03:19:48.62 ID:eviJFznkO
保朱

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 03:46:10.36 ID:eviJFznkO
ダレモイナイ
マンザイスルナライマノウチ

無「どーもー色無でーす」
緑「緑です」
無「だめだよ緑もっと笑わないと」
緑「こ、こうかしら?」
ニヤリ
無「……」
緑「……」
無「どーもーありがとうごさいましたー」
緑「たー」


そんな保守
……何してんだろ自分

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 04:10:08.64 ID:eviJFznkO
25分で300

430 :しっかり濃厚(愛知):2007/05/07(月) 04:26:52.48 ID:nEThGtPC0
     ∩
( ゚∀゚)  >>1乙ー
また立ってよかったー


431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 04:42:32.26 ID:FlaFFzCL0
今沖田出勤前保守

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 04:59:51.22 ID:AwbVs1FW0


433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 05:19:43.99 ID:k5QSvENA0
おはようほす

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 05:29:06.04 ID:JDJidpvWO
何か起きた
まだスレがあって嬉しい
寝る

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 05:37:46.15 ID:C3VOMMz9O
ショタ期待

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 06:02:40.05 ID:ake9MzZbO


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 06:19:39.08 ID:JDJidpvWO
あげ

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 06:33:49.42 ID:zD6heZF4O
保守

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 06:51:39.79 ID:n0BIciWX0
保守
みんな月曜日に負けずがんばろー


http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21116.jpg

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 07:09:39.42 ID:BpbxyQeH0
ほす

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 07:22:59.81 ID:KuDxg/mzO
沖田保守

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 07:39:30.82 ID:MErLuf/D0
保朱

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 07:46:20.68 ID:n0BIciWX0
目が覚めた

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21117.jpg

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 08:03:31.54 ID:jABNcp270
朝飯ドーナツは結構ヘビー保守

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 08:07:46.89 ID:z/DX/Tb90
>>443
制服のまま寝ると皺になるぞw

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 08:21:20.71 ID:ake9MzZbO
保茶

447 :喫茶店「灰色の時間」 1/4:2007/05/07(月) 08:42:54.76 ID:2+u+xmvf0
無「今日は店の掃除をしたいと思います」
灰「提案は私です」
紫「指摘は私です」
無「じゃあ紫は窓拭き、灰は床拭き、俺はキッチン掃除で」
紫「りょーかーい」
灰「めんどいけどやるか…」
無「汚物は漂白だー!!」

無色サイド
無「油汚れがあるな。でも日ごろからちょっとずづ掃除してたから結構綺麗っちゃ綺麗だな」

コンロ周りや洗い場を掃除していく
無「漂白剤で布巾を漂白して…、ん?なにこれ?」

灰専用!掃除のみ使用!

無「何このボトル?変な色だな…」
赤黒い液体がボトル一杯に入っている

⇒使う
 使う

無「そ〜れ掃除だ〜!」
シュウウゥゥゥゥ…
無「おお!!!金属がピカピカになっていく!!!!!」
シュウウゥゥゥゥ…
無「あれれ〜?頭がクラクラするよ〜?」
バタッ…


448 :喫茶店「灰色の時間」 1/4:2007/05/07(月) 08:43:20.82 ID:2+u+xmvf0
灰「あ、対姉様用トラップが…」
無「お空が回ってる〜…」
灰「ダメだこりゃ…、放置しておくか」

灰色サイド

灰「あ〜めどい…」
グチをこぼしながら床を磨いていく灰
灰「大体なんで床が汚れるって、みんなの靴が汚いからじゃん!」
ゴシゴシ…
灰「ん?靴が汚くなければ床も汚れないじゃん!」
ゴシゴシ…
灰「つまり土足禁止にすれば問題は…あれ?色無が倒れてる」
トコトコ
灰「お〜い、色無〜」
そこには見覚えのあるボトルが転がっている
灰「あ、対姉様用のトラップが…」
無「お空が回ってる〜」
灰「ダメだこりゃ…、放置しておくか」

紫サイド
紫「今日は暑いね〜」
店の外から窓を拭いている紫、今日は少し汗ばむ陽気である
紫「あ、赤じゃん!お〜い!!」
赤「あれ?紫だ。何してんのー?」
紫「この店で働いてるんだよ」
赤「あ、ここなんだ。聴いてはいたけど場所は知らなかったよ」
紫「ちょっと寄っていく?」
赤「う〜ん、今からランニングだからランニング終わったら来るよ!じゃっ!」
赤は走って行ってしまった

449 :喫茶店「灰色の時間」 3/4:2007/05/07(月) 08:43:52.99 ID:2+u+xmvf0
紫「赤は毎日元気だなぁ。私も気合い入れて窓拭いちゃお!」
一通り窓拭きが終り店に戻る

紫「あれ?色無は?」
灰「ちょっとガスにやられてあの通り」
紫の視線の先には伸びた色無が居た
紫「ちょっと!大丈夫!?」
無「あれ?おじいちゃん?」
紫「…」
灰「ちょっとすればよくなるから」
紫「一体どんなガスよ…」
灰「ちょっと姉様の寝首を掻いてやろうと思って、テヘッ☆」
紫「似合わないことはやめなさい」
灰「うおっ!ちょっと姉様っぽかった!」
紫「それよりしばらくしたら赤が来るよ」
灰「赤?あの筋肉バカ?」
紫「この間の色無を見てからそこら辺の筋肉には驚かないわよ?」
灰「じゃあさっさと準備しないと」
色無に歩み寄る灰色


450 :喫茶店「灰色の時間」 4/4:2007/05/07(月) 08:44:19.49 ID:2+u+xmvf0
灰「お〜い、起きろ〜」
顔面を寝ている色無に限りなく近づけて言う
無「かゆい・・・うま・・・」
灰「おきろぉ!!!!」
無「うおっ!(ガバッ)」
ゴチン!
灰「いったぁ・・・」
無「いてててて・・・」
紫「ちょっと大丈夫?!すごい音がしたけど!」
紫が二人の顔を見ると二人とも唇が切れている
灰「あ、口切れてる・・・?」
無「俺もだ・・・何で?」
紫「あ・・・、い、いいから早く仕事!!!」
灰無「?」
紫「(くそぉ!いつか私もドサクサにまぎれてやってやる!!!)」

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 08:45:31.70 ID:2+u+xmvf0
寝起き投下で名前欄間違えました…

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 09:19:51.86 ID:jlEVNI5FO
保守

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 09:36:31.49 ID:tZmpVsRtO
保守

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 10:06:51.37 ID:KuDxg/mzO


455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 10:20:52.22 ID:nEThGtPC0
しゅ

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 10:45:18.66 ID:A1u30dnOO
退屈な講義中にほしゅ

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 11:08:17.75 ID:tZmpVsRtO
仕事中に保守

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 11:27:46.89 ID:KuDxg/mzO
今はただ保守

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 11:43:11.54 ID:oeSX1iIq0
ロルの定理で保守

460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 12:15:01.90 ID:ake9MzZbO
昼休み保空

461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 12:51:55.16 ID:z7kPqT5M0
講義前保守

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 12:56:45.44 ID:z/DX/Tb90
灰「だるー……こんな日の高いうちから学校来るなんて正気の沙汰じゃないよね……あ〜、五月病でなーんもやる気がしない……」
無「いろいろとツッコミどころが多すぎて逆にツッコミにくいんだが……灰さあ、バイトでもしてみたら? 社会に貢献して、意欲的に生きる喜びをだな」
灰「あーだめだめ。バイトはもう二度とやりたくない」
無「え? 二度とって……やったことあるのか? どんな? 正直想像つかないんだが」
灰「あれだよ、ドモ○ルンリンクルがぽたぽた落ちてくるのをじーっと見つめるやつ」
無「ああ……考えてみれば、あれほど灰にぴったりの仕事もないかもな……」
灰「でもさー、さすがに退屈だったから、あり合わせの資材で抽出速度を十倍にする装置を作ったら、他の監視員さんは目を回しちゃうしタンクは溢れるしで、すぐクビになっちゃった」
無「……きっと神様はこの頭脳が悪用されないよう、灰をぐーたらにしたんだな……」

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 13:09:48.66 ID:tZmpVsRtO
保守

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 13:31:29.98 ID:tZmpVsRtO
保守!

465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 13:50:46.01 ID:/zyMItR00
h

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 14:16:32.62 ID:WELm4a4J0
ホッ

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 14:28:23.65 ID:z7kPqT5M0
ッシ

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 14:33:19.25 ID:tZmpVsRtO
ウホッ

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 14:33:21.62 ID:K1YvgVl3O
全レスさんがいないと盛り上がらないなあ

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 14:49:42.44 ID:KuDxg/mzO
>>462
灰にも驚きだが、俺はそんなバイトが存在することに驚きだwwww

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 15:04:43.35 ID:tZmpVsRtO
全力で保守

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 15:09:55.38 ID:Ys31N6udO
>>462
灰スゴすぎワロタwww

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 15:30:15.94 ID:KuDxg/mzO


474 :愛のVIP戦士:2007/05/07(月) 15:30:27.88 ID:VpuMp+8C0


475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 15:54:11.38 ID:soar1vixO


476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 16:12:21.86 ID:WELm4a4J0
ほー

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 16:13:19.14 ID:ake9MzZbO
保シアン

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 16:32:13.56 ID:yuvtBreW0
保守

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 16:48:28.79 ID:aG6RJXgW0


480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 17:13:03.77 ID:rocibg5lO


481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 17:13:44.15 ID:ZDX2uzSq0
   チュンチュン       チュン

無「ふぁー、朝だ、と。起きろは、居ない」
無(今日は休日だったからいつも通りっていう考えもおかしいか)

灰「はぁー……」
無「っといつの間に居たんだ」
灰「んでいつもみたいに布団に潜って来なかったなとか言いそうな色無君」
無「……なんだ?」
灰「これを君に託そう。んじゃ…いてて」

無(ICレコーダー?何を聞かせるつもりなんだろうか)

「みぁー…てすてす。どーも灰です。なんとなくうちの黒姉の寝相について
色無氏からコメントを頂きたく今晩は二人の寝ている布団に細工をして
録音してみようと思ったわけであります。運がよければ喘ぎ声が聞こえちゃうかも。
ついでに言うと今姉は既に寝ております。丑三つ時であります。
この私非常に怖いですが今晩は具体性をアピールするために一緒に寝ることにします。
ほんとに怖いのですが!……始めちゃいましょうか。それじゃぁすたっと。

(非常に静かで殆ど無音に近い。聞く意味あるのかな…)



482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 17:18:38.78 ID:ZDX2uzSq0
無(何かしながら流しておくしかないか。最後まで聞かないと灰がなんかやらかすだろうし)


    ドン
                       バサッ

         『んぅ……ふ…ぅん……』     ボフッ     ドタン

(これは……!?)

 ボフン   ガサゴソバッ     『ぁ…んっ』   バタン

  バタバタバタ…  ドン      ボゴッ       ドゴ 『ぐぇ』 バゴッ

ドズン   バスッ                  ベキッ (ベキッ?)

  ダダダッ     ドドン『げほっ うあぁぁぁぁぁゃ.......ぃ.....ぉもっ.....ちょっとおおおぉぉぉ....』

バダン ボゴン ズデンドタバタギシドゴバガダダダドンドドドドドドドドドドドド

『ぃゃ....ぎぁぁあ......』(濁った黄色い叫び声が反響している……)

  ドドダガンドズンボオン キュピーン  ズドゴォォォオォォオオオオォォン

ドゴンバゴン  バタン   ボフン       ハサ

(再び無音。もう聞く必要はなさそうだ。)



483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 17:21:18.41 ID:WELm4a4J0
>>482
灰色…無茶しやがって

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 17:22:17.81 ID:ZDX2uzSq0
次の日

灰「どだった?某格ゲー並みの効果音とジュラシックパーク並みの迫力は。」
無「あれは本当に黒なのか?」
灰「それ以外の何も想像できないね。あれは……」
無「まぁ、寝言が聞こえたら逃げた方が良いってことなのか?」
灰「これを聞く限りそーなるねぇー…やっぱり色無のところのほうが良い」
無「それは褒められてるのか分かりづらい…まぁとりあえずこれは返すよ」カチャッ
黒「ちょっと色無うちの…あらどうしたのそれ」
無「げっ」灰「ぎゃっ」
無・灰「「な、なんでもないです!」」
黒「だめよ色無。灰がなんか持ちかけてきたんでしょ。ちょっと話聞かせて」
無「えぇいやそういうわけじゃなくてとくになにもなんていうか」
灰「そうそうなんていうか姉ちゃんには関係ないことでそのなんていうか」
黒「関係ない?ほー気になるわね、説明してもらえないかしら?」
灰「あわあああわわわわわああぁぁぁぁ……」


その日3人を見たものは居ない

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 17:41:28.92 ID:eviJFznkO
>>484
ムチャシヤ(ry

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:00:24.67 ID:WELm4a4J0
>>484
二人の嘘のつけなさに和むわw

487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:14:49.73 ID:eviJFznkO
保朱

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:15:12.84 ID:AdLz8TdY0
う左斬→note→リビア

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:26:06.13 ID:yuvtBreW0
補修

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:38:18.95 ID:yuvtBreW0


491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:38:40.83 ID:AdLz8TdY0
おまいらすごすぎ。このスレに光あれ

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:49:08.53 ID:9yhbaTmO0
hosyu

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 18:49:32.17 ID:9yhbaTmO0
下げてどうすんだ俺死ね

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:05:29.09 ID:oHOjec+lO
これからが修羅場だ保守

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:05:34.22 ID:eviJFznkO
保朱

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:10:49.76 ID:yuvtBreW0
239

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:24:46.95 ID:yuvtBreW0
382

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:27:52.67 ID:ZDX2uzSq0
おー久しぶりに500超えそう

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:32:45.98 ID:WELm4a4J0
やっとできた
http://collateral.bitter.jp/cgi/wiki/index.php?%BF%A7%B1%F4%C9%AE%A4%CE%CB%C1%B8%B1
上野のと設定は続いてるが独立ストーリーのつもり。
7レス連続でいっきまーす。


500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:33:51.30 ID:WELm4a4J0
色鉛筆の冒険

王から宿題編(1/7)

ある日、桃色大臣が大きな胸を揺らしながら、色無達の学校にやってきた。
まだ、白色姫と色無の事は内緒である為に、学校の視察…と言う事になっている。
しかし、やはり学校の男子生徒は色めきだす。

男生徒A「桃色大臣、綺麗だし、スタイルいいし…いいよなあ」
男生徒B「あのけしからん乳!!」
男生徒C「てか、あの天然ボケのところ、かわいすぎだろ!」
男生徒D「ああ、なんか視察にきてる時は、学校も休みたくないし」
男生徒E「俺も授業頑張っちゃうんだよな」
男生徒F「あんな人が、学校の先生だったらなあ…」

「……へえ」
後ろで声がした。男子生徒達がおそるおそる振り返るとそこには、紫色先生が立っていた。
「いや…あのッ!!」
男子生徒は焦るも、紫色先生はかなり面白くなさそうである。
「黒歴史のレポー…」
そういいかけた時に
「ハイハーイ!もう授業始まりますよ」
そういって出てきたのは、黄緑先生だった。みんなに優しい笑顔を振りまいている。
紫色先生もこの笑顔には弱いらしく、少しむくれているものの
「早く、教室に行きなさい」
なんて言っている。ちょっと、簡単な事で怒りすぎかなあ…と紫色は自分を責めて落ち込むとそれを察して
「その素直なところも、紫先生のいいところですよ。なんだかんだで、生徒からは一番好かれてますから」
と黄緑先生は言った。



501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:34:29.04 ID:WELm4a4J0
策士桃色大臣(2/7)

所変わって、桃色大臣が視察の元体育の授業が始まった。
桃色大臣のおかげで、男子生徒はいつもにもましてやる気である。ただ色無を除いてだが。
授業では、2チームに別れ、お互い相手ののネットの中に、ボールを入れるというゲームをしている。
ボールを触るのに、手は使ってはいけない。
「色無君頑張って〜〜」
突然の桃色大臣の大声に、みんなはびっくりした。それと同時に、事情を知らない男子生徒からの、冷たい目線。
ついで白色も、ちょっと憎らしそうな顔で大臣を見る。
実は桃色大臣はかな頭が切れ『時期国王たるもの、まわりが敵だらけでも、それに打ち勝つすべをもたなくちゃ。
それにしても、ただの声援だけで白色姫はちょっと怒っていらっしゃるようね。やっぱり婚約者がいやで無理やりに、色無を担ぎ出してきたわけじゃなさそう』
と、天然のふりをして、いろんな事を計算しているのだ。
ただ、色無は技術は無いものの、かなりすばしっこく動くので、かなりデフェンスの面で活躍していた。そして、オフェンス時にはやはり大臣のせいで、パスがもらえないのであった。

「もう、全く、なんえあんな声援おくるんですか!」
特別室に内密に呼び出された色無は言った。
「えっ?応援しただけなのに…なんでいけないの?」
ウルウルした目線に色無は何も言えなくなる。『悪気はないんだし…』そう思って、口を噤むと大臣はそれを見て心の中でガッツポーズをした。

「ところで、今日私が来たのは、色無君に遺跡の調査をお願いに来たの…引き受けてもらえるわね」
当然のように言ってくる大臣に色無は言いにくそうに言った。
「できれば、お断りしたいのですが…前にも話したようにあそこに行くと気分が悪いんです」
桃「あの事件の後それはきいたけど…でも困ったわねえ〜。じゃあ、遺跡にいくのだけは勘弁して欲しいって事〜?」
無「はい、すいませんがそれだけは…」
桃「じゃあ、他の事ならいいってことね〜」
先に遺跡調査を断ってしまった色無は断りにくい状況に追い込まれた。さすが策士の大臣である。
桃「じゃあハイッ!!」
そう言って渡されたのは、一粒の種であった。

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:34:56.96 ID:WELm4a4J0
仲間(3/7)

「茶色〜ちょっとお頼みがあるんだけど」
ふだんあまり話さない色無から、声をかけられて茶色はびっくりした。
「あの、実はこの種から、オレンジを実らせたいんだ。茶色なら土を司る魔法使えるしなんかアドバイスくれるかなあって思ったんだけど」
色無は、遺跡調査をしなくて言い代わりに、こんな事を命じられたのだった。因みにタイムリミットは一週間。
桃大臣いわく、遺跡調査も大事だが、魔法が使えなくてもみんなの協力を得て事を成しうる事も国王になる為に、大切だから…とのことだった。

「はい…。そうですね、私も協力します。そしたら、半年後には大きな実をつけると思います」
『きっと、親しくも無い私に話しかけてくる位なんだもん。きっとよぽどよっぽどの事なんだ』そう根が優しい茶色は思って答えた。
それもどちらかというと、一人この国で魔法が使えない色無は、クラスでもあまり笑顔を見せたことがなく近寄りがたい印象だった。
しかし、それはそれで茶色は色無のことが気になっていたのではあるが。

色無「えっ半年後…。なんとか一週間とかにはならないか?」
茶色「それは無理です。あっだったら、橙色さんに頼んでみたらいいと思います。橙色さんの魔法で創ったオレンジとっても美味しいんです!」
色無「橙色の魔法そんなんなんだ…」
あまり、他人に興味がない色無は、クラスの半分の魔法の種類も知らないのであった。

「橙色〜ちょっと頼みがあるんだけど」
橙色は気安く答える。
「色無か〜いきなりびっくりした。そんな声してたんだね。」
社交的な性格の橙色は、普段話した事がない色無にも物怖じしない。
色無「あの、実はこの種から、オレンジを実らせたいんだ。橙色ならおいしいオレンジを実らせることができるって聞いたから、協力して欲しいんだ」
橙色「へ〜となりの茶色も参加するの。種からってやったことないし…みんなやるので楽しそうだし参加させてもらうよ。」
茶色「ただ期間は一週間なんです。大丈夫ですか?」
橙色「えッ。無理!多少は早くできるけど、専門じゃないもん。そういえば児童クラスにそれに詳しい子がいるって聞いたような…」




503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:35:34.30 ID:WELm4a4J0
(4/7)
というわけで三人は児童クラスに来ていた。
「ほらあの緑の男の子」
橙色が指を指す方向には、なるほど頭のよさそうな眼鏡をかけた少年が本を読んでいる。
「じゃあ、俺ちょっといって頼んでくるわ」
気軽な感じで色無はその少年のところに近寄っていった。二人はそれを戸口で見守っている。
橙色「あれ?なんか言い争ってない?」
茶色「…ほんとうですね。なんか、険悪な感じが…」
橙色「あッ戻ってきた」
「もう、あいつには協力頼まん!魔法が使えないのに無理するなって言われた!」
色無は下手に出れるような芸は持ち合わせておらず、どうやらケンカになってしまったようだ。

「じゃあ、私頼んできてみます」
茶色がおずおずとその少年に近づいていった。二人はそれを戸口で見守っている。
橙色「あっ茶色こけた」
色無「パンツをあの子に見られたみたいだな」
橙色「なんか半泣きで戻ってきた」
「うう…。ドジな人には付き合っても疲れるだけだから嫌って言われました」
橙色はすっかり落ち込んでしまっている。

「ちょっとひどいね。私が言ってくるわ」
橙色が、少しお灸をすえようと、の少年に近づいていった。二人はそれを戸口で見守っている。
「ちょっと、あんたさっきからちょっと言いすぎなんじゃないの?」
橙色がそう言うと、その少年は急に起立して、緊張した面持ちで言った。
「橙色先輩っ!せせ先輩も、種からオレンジ作るのに参加されるんですか?」
「そうだけど…?」
さっきまでの様子とあまりにも違うの、で少しびっくりして橙色が答える。
「僕にも是非参加させてくだしあ!」
こうして、その少年――緑色は仲間になった。

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:35:59.05 ID:WELm4a4J0
いまいちオレンジ(5/7)

こうして、茶色が土に養分を与え、緑色と橙色が成長させ、あとは、橙色がオレンジの実を生らせるばかりになった。
茶色「いいですね。けっこう早くできました。まだ猶予まで三日あります」
緑色「まあ、僕の計算通りだけどね」
色無「俺は水汲みで疲れたよ」
緑色「それ位は、魔法に頼らず自力でやれよ」
橙色「しかし、みんなでなんかするのって楽しいよなあ」
緑色「そうですよね。先輩っ。僕も楽しかったです…先輩と一緒…」
橙色「よし!じゃあオレンジの魔法行くよ〜!!」

こんな会話をしながら色無は、初めて白色と赤色以外と、仲良くした事を嬉しく思った。
自分が孤立していたのは魔法が使えなかったからじゃなくて、自分自らが壁を作っていたことに気づいたのだった。

橙色が、杖を土に突き立てる。そして、一生懸命に念じると、オレンジ色のもやのようなものが発生した。それがだんだんと木に移りやがて、はっきりとしたオレンジ色の球体ができていった。
「えいっ」
パチン!
橙色の声と共にその球体は、いきいきとしたオレンジにかわった。
こうして出来たオレンジを色無達は試食することになった。
「上手いっ!」
色無と緑色は言ったが、茶色と橙色は複雑な顔をしている。
橙色「こんなもんじゃないわ。わたしが作ったオレンジはもっと美味しいもの」
茶色「そうね…もっと甘いし」
緑色「十分美味しいけど…もしかして…。おい色無、ちょっと葉の裏みてくれ」
一応、先輩だぞと思いながらも葉の裏を確かめると何か半透明で五ミリ位の虫がついている。
緑色「やっぱり…魔法で創った木だから、あまり鳥が来ない。だから結果として、害虫が住み着いてしまったんだ。いかもこの虫は古代種。魔法を食らう事もあるタイプだ。だから、橙色先輩が、あんなに…あ〜んな頑張ったのに、その魔力が十分に発揮できなかったんだ」
一同はあまりのことに愕然としたが、緑色が自分に妙案がある。と言ったので、取りあえず明日、又集まる事にして解散になった。

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:36:48.84 ID:WELm4a4J0
それぞれの思い(6/7)

その晩、学校の図書館になにやらゴソゴソという物音が聞こえる。
「やったあった!これで魔方陣がかける!」
ドサーー!!その時いきなり、本が大量に落ちてきた。
「イテテ……。うわ、やべ…身動きできない」
それは緑色だった。一人で、例の古代種の虫について調べる為に、忍び込んで探していたのだ。
「おーい。生きてるか?」
その時に色無の声がした。緑色がビックリしていると、色無は緑色の上に乗っていた本を次々にどかしていった。
「一言声かけてくれれ一緒に探してやるのに」
色無が言うと、緑色は言った。
「別に足手まといは要らなかったんだ。図書館のこの場所は普段入れないのは知ってるだろ。俺はよく来てるから、結界を踏まずにこれたけど。てか俺の後付けて来たのか?」
色無「いいや?今来た」
??「誰そこに居るのは?」
緑色「ほらばれた…」

そこに居たのは紫先生だった、事情を話すと、許してくれた。「仕方ない。でも今度からはちゃんと言ってよね」
案外話せる先生だった。緑色はその禁帯出のその本を内緒で貸してくれた。しかし帰り際に色無は気になることを聞いた。
「もしかして、茶色もそのプランに協力してる?魔法無理したみたいで昨日黄緑先生のところに行ってたみたいよ。」
どうやら、茶色は無理をしたらしい。黄緑先生は、魔法に限りがあるのだから、あまり強力な魔法を無理してはダメだと止めたが、茶色は限りがあるからこそ、悔いが残らないように使いたいといったとの事だ。
黄緑先生は優しい顔で、普段は使わない強力な回復魔法を使ったと言う。色無は、今まで一人でやっていこうと考えていた、こんなにみんなに暖かく接された事がなかった。
自分でも、もし今度誰かが困っていたら全力で助けようと考えれるようになった。その変化が自分でも嬉しかった。

「まったく!紫先生が許してくれたから良かったものの!ドジをやらかしてくれたよ。」
帰り道に、緑色は怒っている。俺が助けてやったじゃなしか…と言おうとしてやめた。
「悪かったな。てか、一人で調べたかったんだよな」
緑色は驚いた顔で色無を見る。色無は笑顔で言った。
「俺も、好きな女いるからな気持ちわかるよ。ついそいつの為に、俺が一人でなんとかしたくなった事があったんだ」



506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:37:18.37 ID:WELm4a4J0

美味しいオレンジ(7/7)

こうして、次の日、緑色は得意そうに木を中心にして魔法人を描き、見事に虫を撃退させた。
どうやら徹夜で、本を読んだらしく目の下にクマができているも、必死で平気なフリをしている。
もちろん色無は何も言わない。
「やるじゃん。緑色」
そう言われて、何よりも緑色は誇らしそうだった。そして橙色は魔法でビックリする位おいしいオレンジを実らせてみたのだった。
それを食べながら色無は言った。
「本当にありがとう。みんな…」
言いたいことはあるのに、ありがとうしか言葉が出てこない。
茶色「本当に良かったです!!私もお役に立ててなんかとっても嬉しかったです」
橙色「楽しかったしいいよ。またなんかあったら誘ってね。」
緑色「橙色先輩も参加するなら、また誘ってくれ」

こうして、かけがえの無い仲間によって得たオレンジを色無は青色王に謙譲した。
「おお!!上手い!!良くやった!!」
王はご満悦だ。
「王様…今回の事は自分にとってとてもいい経験になりました。きっと王様はこれを、俺に教えたくて…」
そこまで色無が言ったr時に…
「水色王妃〜お前の好物のオレンジだぞー!!!!」
「…え」
色無はそう思っていると、奥から王妃が出てきた。
水色「こんな季節に、オレンジ? ムシャムシャ…まあおいしい」
青色「そうだろう、お前の喜ぶ顔が見たくて…」
色無が怒ろうとすると、桃色大臣に連れられて白色がでてきた。
白色「色無さん、母の為にありがとうございます」
色無「たいした事ないよ。おやすいごようさ」

桃色大臣はそれを微笑んで見ていた。

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 19:47:31.41 ID:yuvtBreW0
乙浮上

508 :School Daysな保守:2007/05/07(月) 19:55:40.98 ID:KVO7/hxp0
『Q 恋人の体の部位でどこが一番好きですか?』

赤「そりゃ当然むn(ry じょ、冗談に決まってるだろ……んー、…あえて言うなら髪、かな」
黒「お前のは冗談に聞こえない。俺は…そうだな、肩、かな。絶対守ってやりたくなる。まあ、本人に言えるようなことじゃないんだが」
赤「言うねえw」
黒「まあな」
橙「俺は…なんだろ。んー……部位じゃねえけど、あいつの声は、なんか安心するな。昔っから聞きなれてるしな」
赤「まあ、どこかってよりは全部好きなんだけどなww」
黒「当然だな」
橙「さらりと言えるお前らはすげえよ…」

青「私は…目かな。赤が『あの』目の時は別人みたいになるのよね…」
白「全部、はダメですかね…。……あ、私、胸が好きです!」
黄「胸?」
白「うん。なんか…黒くんの匂いがするの」
青「…そういう状況が多々あるってことなのかしら」
黄「突っ込んだら負けですぜ、姉さん」
白「?」
黄「うーん、あいつの体の一部ねえ…背中?」
青「背中?」
黄「あ、いや、なんでもない!な、なんで顔が赤くなるあたし?!」
白「正直一番なんて決められないよねw」
青「まあ……そうよね///」
黄「…うん///」


509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:10:50.24 ID:ZDX2uzSq0
>>508
ぐああ…窒息しそうなほど桃色空間だっ・・・・

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:29:46.00 ID:nEThGtPC0
自作自演SS「黄金の風〜」にぶんのいち
??「ふふふ、ついに私の出番のようね」

色無「この声は誰だ、何処にいる!?」
赤「外を見ろ!」
橙「鳥だ!」
黄緑「あら、飛行機かしら」
緑「・・・・・・・・・・・・・」

****「・・中にいるわ、私よ私」

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21120.jpg

灰「んーと・・・?」
空「あの、新キャラさん・・ですか?」
赤「知ってる?」
橙「いや・・・・」
黄緑「あらあら・・・」
緑「・・・・・・・・・・・・・」
@@「なんか非道い〜!みんな私のことないがしろにして!そりゃあ12色基本セットには入ってないけど教材とかで買う24色には割りと別格扱いで入って
るでしょー!も少しかまってくれてもいいのに〜」
色無「まあ・・確かに今までほとんど登場したことないよな」
焦茶「知ってるん?」
黄「うーん、遠い昔に会ったような・・」
紫「会わなかったような・・」
薄黄「なんか、可哀想ですね」
    _  ∩
( ゚∀゚)彡 「あなたに言われるのはなかなかむかつくわ!!」
 ⊂彡

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:31:06.46 ID:nEThGtPC0
黒「なかなか騒々しい娘ね、ところであなたどこから湧いて出てきたの。あ、もしかして座敷童子だったりするのかしら」
白「なるほどですね、それなら納得で」
ヽ(`Д´)ノ「全然違ーう!人間でしょぅが正真正銘完全無欠天上天下唯我独尊どっからどう見ても」
青「それで、突然登場してきていったいなんなのかしら」
桃「そうですね、どのようなご用件のでいらしたんですか?」
ぷ___。「ゴールデンウィークよGW!!!一番の出所だと思ったの。ほら金曜だとこのスレ落ちてるでしょ、私の人気が低いのもきっとその所為だと思うん
だけどここで一気に挽回するの」
茶「(でも全然書かれたりしてない)・・・」
水「コソコソ(あの、すれってなんなんですか)・・・・」
色無「(ここは多分)・・」

全色「(突っ込んだら負けなんだろうなぁ)・・・・」

朱「まあとにかく虹色寮へようこそ、来る者を拒まないのがうちのモットーだよ」
金「あ、はい、どうぞ宜しく」
群青「(でも去るものも追わず、それも現実)・・」

侍黒「おお、お主の名前欄が埋まったぞ」

金「わ、ほんとだやった!」
色無「おめでとう、金」
色々「おめでとう」 「おめでとう」 「おめでとう」 「おめでとう」 「おめでとう」

金「えーと、ありがとうって、えっこれでハッピーエンド?嘘でしょ、ちょっまtt」


512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:33:24.35 ID:nEThGtPC0
さんぶんのさんだったww
新感覚空気系いじられキャラ? 金

「今度銀も連れてくるんだからね、劇場版が勝負よ!」
↓この次もサー(ry
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21119.jpg

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:33:32.61 ID:ZDX2uzSq0
>>511
え、エヴァ?

金とか懐かしいなぁ

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:41:32.65 ID:z/DX/Tb90
2009年9月19〜23日がシルバーウィークらしいから、再登場はそこだなw

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:44:53.05 ID:zD6heZF4O
サムライブラック保守

デート中
侍「む?あれは色無しではないか?」
男「おーい色無し(気違い)さーん。」
色「よう、早速ラブラブだな。」
橙「いいなぁ二人とも。」

侍「おや?また色無しがおらんか?」
男「次は黒か。」
色「ん?ほんとにお前ら仲いいな。」
黒「チッ。」

侍「まーた色無しか。」
男「好色無しめ!」
色「俺は悪くねぇよ。」
黄「まぁまぁカレー食べようよ?」

男「俺思ったんだけどさ。」
侍「奇遇だな。某もな。」
男「色無しさんは誰とも付き合わなくていいよな。」
侍「うむ、ダブルデートしたときの新鮮さがたまらん。」

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:49:17.46 ID:nEThGtPC0
>>514
遠いって!www

517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 20:51:59.94 ID:WELm4a4J0
>>513
GJな絵と一緒に投下されてまいったwww

>>515
男と侍のこれからのラブラブに期待www


518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:02:02.08 ID:z/DX/Tb90
>>515
黒の舌打ちが容赦なさ過ぎでワロタwwww
少なくともすでに二人は3回デートしてるのか……カプールになってから展開早すぎw

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:02:30.58 ID:soar1vixO
空「ねぇ、お姉ちゃん」
青「何?」
空「外人の名前によく『ホワイト』とか『ブラウン』ってあるでしょ」
青「それがどうしたのよ?」
空「それて日本人が名前に『白』とか『茶』ってつけるようなものだよね」
青「……まぁ、そうなるわね」
空「それってさ変だと思わない?」
青「……思うけど、私たちが言える立場じゃないわね」

保守@空

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:17:19.79 ID:z/DX/Tb90
空「お姉ちゃん、何読んでるの?」
青「『ロミオとジュリエット』よ。緑が『あなたにお勧め』って言うから借りて読んでるんだけど……」
空「どうしたの?」
青「なんか台詞回しがいちいち大げさなのよね。シェイクスピアって、これ書いてるとき恥ずかしくなかったのかしら? きっと今で言う厨二病だったのね」
空(お姉ちゃんがそれを言うかーー!!)

保守@パクリ空

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:26:40.19 ID:ZDX2uzSq0


522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:32:48.20 ID:2+u+xmvf0
保守

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:39:25.45 ID:ZDX2uzSq0
保守黒

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:47:43.60 ID:zD6heZF4O
サムライブラック保守

男「だりぃ。」
侍「何を言っておる!」
男「流石に4連休のあとはだるいよ。」
侍「確かにそうだが。」
男「よりによって月曜だぜ?水曜とかならまだしもよ。せめて火曜にしてくれよ。」
侍「………某もなんかだるくなってきおった。」

男「はい、これ。」
色「サンキュ。でも最近お前趣味変わったよな。」
男「まぁ………。」
色「彼女できたからかえぇ?」
侍「それを見るかぎりエロゲのようだが?何が趣味変わっただ。」
色「彼に失敬だぞ!」
男「そうだぞ!前は抜きゲーしか集めなかったが今は感動物しか集めてないぞ!」
青「あんたら最低!」

男「あーん。」
侍「…………何をしておる?」
男「恋人同士っていったらまずこれじゃん?あーん。」
侍「するか。」
男「あぁん!あぁっ!あっあぁん!あぁん!あん!あぅん!んあっ!あぁん!」
侍「ほら、あーんしろ?」
男「ごめん!冗談!冗談だから刀の先におにぎあぐぅ!ぐううううう!!!!!」
侍「ほらどうした?噛まんと喉に詰まらせるぞ?噛んだら噛んだで口が縦に裂けるがな!」

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:50:19.49 ID:ZDX2uzSq0
>>524
なんという和SM…

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:53:34.42 ID:z/DX/Tb90
>「そうだぞ!前は抜きゲーしか集めなかったが今は感動物しか集めてないぞ!」

こういうこと言うエロゲオタってマジでいそうだよなw
しかしエロゲやっててもこの二人は彼女持ちorハーレムの主なんだよな……orz

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 21:57:49.48 ID:zD6heZF4O
>>526
男「隠すからダメなんです!ありのままを晒け出せば認めてくれる人はいるんです!」

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:01:24.11 ID:3hQ6TBBh0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21121.png


規制にかかって書き込めないそうなので、代理貼り付け

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:12:16.09 ID:ZDX2uzSq0
>>528
これはいいツン子

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21122.png


530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:14:04.05 ID:z/DX/Tb90
>>528
きょぬー絵師ktkrwwwwwww
ぱっつんぱっつんではじけそうなニットベストもいいが、ニーソとミニスカが生む絶対領域も捨てきれないwGJ!!!!!!!

531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:22:12.22 ID:eviJFznkO
>>34絵を見ていて浮かんだので投下

無「ただいまー」
猫「にゃー」
無「いい子にしてたか?」
猫「ごろごろ」
無「こら、あんまりじゃれるなよ」
猫「ん〜」
すりすり
無「今ご飯にするからね」
猫「にゃーん」

無「よーし、出来たよー」
猫「にゃっ!」
?「に、にゃーん」
無「……」
?「……」
無「あの、橙さん?」
橙「にゃ?」>>34
無「なんて格好を……」
橙「最新型のネコミミセットよ」
無「なんで?」
橙「だって最近子猫ばっかり構ってさ、あんまり相手してくれないから」
無「橙……ごめんな」
橙「だから構ってにゃ」
無「というか目の毒だよな、その格好」
橙「……恥ずかしいけど、色無のためなら平気だもん」

――バカップル・あるいは新婚の1コマより

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:27:18.23 ID:z/DX/Tb90
>>531
最新型ってどんなだw
あの猫耳シリーズでは、黄緑さんの登場を一日千秋の思いで待ちこがれてる俺ガイルw

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:32:05.06 ID:z/DX/Tb90
紫「あはははは! コ○ンもクレ○ンしんちゃんもおもしろかったー!」
黄緑「走ると危ないわよー」
無「そりゃよかった……それにしても、紫ちゃんはまだ元気余ってるんだね……若いっていいなあ」
黄緑「なにジジ臭いこと言ってるんですか。でも、お疲れ様でした。もう明日からお仕事ですけど、身体大丈夫ですか?」
無「あはは……まあ紫ちゃんが学校行ってた二日間は休めたしね。それにしても、結局紫ちゃんの希望を半分も叶えられなかったなあ。面目ない」
黄緑「もともと無理なのは分かりきってたじゃないですか。それでも泊まりでディズニーランド行って、ヒーローショー見て、映画も二本見て……充分ですよ」
無「紫ちゃんもそう思ってくれればいいんですけどねえ」
紫「二人とも遅いよー! レストランでご飯食べるんでしょ? はやくはやくー!」
黄緑「はいはい。ねえ紫ちゃん、ゴールデンウィーク、楽しかった?」
紫「うん! すっごい楽しかった!」
無「それはよかった。何が一番楽しかった?」
紫「……秘密」
無「え?」
紫「秘密! 色無には教えない!」
無「そんなあ……」
黄緑「あらあら」

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:32:41.04 ID:z/DX/Tb90
無「ふは〜、いいお湯でした」
黄緑「はい、ビール冷えてますよ。改めて、連休お疲れ様でした」
無「はは、休みなのにお疲れ様でした、も変ですけどね。紫ちゃんはもう寝ちゃいました?」
黄緑「ええ、お風呂から上がったらすぐ。さっき様子見に言ったら、寝ながら笑ってました。きっといい夢見てるんですよ」
無「そうですか。はあ……でもなんで、何が一番楽しかったか教えてくれないんだろう」
黄緑「ふふふ、私はさっきこっそり聞いちゃいましたけど」
無「え!? なんだったんですか!?」
黄緑「ん〜、どうしようかな〜」
無「意地悪しないで教えて下さいよ」
黄緑「……紫ちゃんね、こう言ったんですよ。『ディズニーランドもヒーローショーも、映画も面白かったけど……色無とお母さんと、ずっと三人一緒にいられたのが一番楽しかった』って」
無「……なんかもう、その一言だけで疲れが全部吹っ飛んだ気がしますよ。明日からは全力で早く帰ってきますね」
黄緑「そうしてあげて下さい。ところで、疲れが吹き飛んじゃったなら……今夜は大人のゴールデンウィークってことですか?」
無「え? あ、いやーその……明日も早いんで……」
黄緑「ふふふ、冗談ですよ。じゃあビール飲んだら休みましょうか。私も一杯いただきますね。楽しかった連休に……」
無「明日からの三人の幸せに」
二人『乾杯』

535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:37:36.42 ID:ZDX2uzSq0
>>534
夫婦円満だなぁー

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21123.png


536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:39:30.62 ID:eviJFznkO
>>532
無「ところで、最新型ってどの辺が?」
橙「えっとね」
ぴく、ふりふり
無「尻尾が動くのか」
橙「そうよ、これで」
ふりふり
猫「にゃ!」
ふりふり
猫「にゃ! にゃ!」
無「夢中だな」
橙「こうして遊んであげれば早く寝ちゃうでしょ?」
無「……そうだな」
橙「だからこの後は、私をかまってね」

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:50:54.76 ID:ZDX2uzSq0


538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:56:54.86 ID:zD6heZF4O
サムライブラック保守

部「侍黒、ちょっといいかい?」
侍「どうしたのでしょうか部長殿?」
部「何があったかわからんげどな。最近妙に士気が下がってる気がするんさ。」
侍「そ、そうでありますか?」
部「副部長たる君に頑張ってもらわんと私困るわけなのさ。」
侍「…………精進します。」

侍「こいつのせいであろうな。」
男「何がだよ?」
侍「某は最近部活で傍目から見て弛んでおるらしい。」
男「ふーん。で?」
侍「某はその状況を自力で打破しようと思う!」
男「鼻息荒げるのはいいけど具体的にどうすんの?」
侍「まず必要以上の馴れ合いはせん!そして貴様からもなるべく某に絡むな!」
男「はーい。」

部「今日は昨日より活力なくなっとるね?何が君をそうしたのさ?」
侍「……………はっ!す、すいません!少しぼーっと。」
部「明日こそ頼むよぅ?」

男「まぁ目に見えた結果だけどな。」

539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 22:58:21.85 ID:UVJOt9fQ0
てす

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:12:38.66 ID:sGb/MxjW0


541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:12:39.99 ID:eviJFznkO
保朱

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:14:28.45 ID:ZDX2uzSq0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21124.png


543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:22:24.09 ID:C3VOMMz9O
ショタ期待

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:24:02.41 ID:ZDX2uzSq0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21125.png


545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:31:56.03 ID:M3HTEs+e0
保守

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:38:28.54 ID:KuDxg/mzO


547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:41:35.18 ID:z/DX/Tb90
>>544
シルエットシリーズ、俺は好きだw
でも普通の絵も見てみたいかなw

今日はもりあがらんな。三日の寿命を全うできますように。

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:49:33.26 ID:KMtQjQHp0
ここで浮上ですよ

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:50:44.19 ID:4r0CHVaA0
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21126.jpg

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:59:33.34 ID:KMtQjQHp0
もう400より沈んだ

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/07(月) 23:59:43.02 ID:4r0CHVaA0
保守

552 :School Daysな保守:2007/05/07(月) 23:59:58.82 ID:g24WFWIN0
『二人乗り』

黄「あ、橙今日チャリなんだ」
橙「なんとなくな」
黄「いいなー楽なんだろーなー」
橙「わかったわかった、ほら乗れ」
黄「え、いいの?なんか催促したみたいで悪いねえw」
橙「したようなもんだろ…」
黄「なんか言ったぁ?」
橙「いいえー」
黄「なんか久しぶりだねー」
橙「そうだな。…しっかり掴まってろよ」
 キィ
黄「う、うん」
 ぎゅ
橙「!!!」
 ぐらっ
黄「きゃ!!」
橙「うわっ!」
黄「何してんの!」
橙「わ、わりぃ! (何だよこの背中の感触!反則だろ!!)」
黄「しっかりしてよねー」
橙「はいよー (事故んねえように最大限気をつけよう…)」
黄「よし!ゴーゴー!!」


553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:08:19.91 ID:EYtc3SZM0
>>552
これはw黄色が巨乳設定?ww
それにしても相変わらず幸せそうな二人だなwww

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:08:41.30 ID:DxZ3Z72B0
佐々ン能登リビア

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:11:00.13 ID:ALxxdi1N0
>>553
胸もあるけど、女の子の体ってめちゃくちゃ柔らかいよねってことを言いたかった…文章が足らなくてスマソw
二人乗りは凶器ですww

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:15:57.67 ID:Dzj6AVIW0
そんなこと身をもって実感してみたいぜ・・・

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:23:22.46 ID:S5UVxGKW0


558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:28:46.88 ID:S5UVxGKW0
↑↑

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:34:27.58 ID:9MoE/VmpO
おい、オレの神ID見てみろ

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:39:35.16 ID:S5UVxGKW0
↑↑↑( T_ゝT)

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 00:50:07.02 ID:EYtc3SZM0


562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 01:02:04.75 ID:EYtc3SZM0


563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 01:15:09.67 ID:EYtc3SZM0
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21127.jpg

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 01:32:40.95 ID:DhDNryDkO
>>559
ヴィットマップ

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 01:33:29.08 ID:1pJJ8YOx0
灰「ちょいとそこのお嬢さん」
青「何よ?」
灰「色無の旦那のことなんですがね」
青「い、色無がどうしたっていうのよ?」
灰「いやね、このままだとちょっとマズいことになるんじゃないかと思いましてね」
青「どういうことよ?」
灰「男の旦那と侍黒が付き合い始めたことは知っていますね?」
青「もちろんよ」
灰「それでも初めは誰も信じなくて、悔しくなった男の旦那が寮まで乗り込んできましたよね」
青「そういえば、そんなこともあったわね。あれにはさすがに驚いたわ」
灰「驚いただけですか?」
青「な、何よ、他に何かあるっていうの?」
灰「『うらやましい』と思ったんじゃないですかい?」
青「!?」
灰「自分も色無の旦那とあんな風になりたいと思ったんじゃないですか?」
青「そ、そんなこと・・・」
灰「そう思ったのは自分ひとりだけだと?」
青「ど、どういうこと?」
灰「深い意味はありませんよ。でも、そろそろ動き出す輩がいてもおかしくない頃なんじゃないですかい?」
青「・・・・」


水「色無くん、ちょっといい?」
色「ん?どうした水?」
青「!!!!!」

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 01:35:02.94 ID:1pJJ8YOx0
続く・・・

思いつきで書き始めたのはいいが
オチをどうしようかで迷い中。

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 01:40:21.34 ID:EYtc3SZM0
>>565
続きにwktk

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 01:52:44.17 ID:EYtc3SZM0
保守

569 :565の続き:2007/05/08(火) 01:57:35.15 ID:1pJJ8YOx0
青「・・・」
色「お、青。どうした?浮かない顔して」
青「…さっき水と何話してたの?」
色「あぁ、あれか。何でもないことだよ」
青「色無にとっては何でもないことかもしれないけど、私にとってはそうじゃないかもしれない」
色「ど、どうしたんだ一体?」
青「教えて!水と何を話してたの?」
色「う〜ん・・・」
青「お願い」
色「いやな、水が今度『付き合って欲しい』らしくてな」
青「…やっぱり」
色「え?」
青「で、色無は何て答えたの?」
色「オーケーしたよ。別に断る理由もないしな」
青「・・・そう」
色「?」
青「お幸せに…」
色「お、おい!どこ行くんだよ!」

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 02:01:24.25 ID:1pJJ8YOx0
まだもうちょっと続きます。

お付き合いしてくだされば幸いです。

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 02:06:57.54 ID:EYtc3SZM0
>>570
全力でwktkして待ってますwww

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 02:15:49.43 ID:EzGM9p0FO
サムライブラック保守

先「はいじゃあ席替えしまーす。」

侍「隣が貴様とはな。」
男「まぁロマンスの神様の粋な計らいだな。」
侍「そうくるとやはり後ろか。」
男「うん。やっぱり後ろの組み合わせが最悪だ。」
侍「後ろは黒に青、前をよく見れば黄緑と紫の凶悪親子ではないか。正に前門の虎後門の狼。」
男「俺が加藤鷹なら死亡フラグビンビンだ。」

侍「すまぬが消ゴムを貸してくれぬか?」
男「ほい。(チラ)」
黒「…………何?」
男「なんか嫌味いうのかなぁって。」
青「別に………ねぇ。」

男「やべぇ、教科書忘れちまった。」
侍「しょうがない奴め。机を寄せい、某が見せてやる。(チラ)」
黄緑「あら?二人とも仲いいですねぇ。」
侍「まぁな。(ドキドキ)」
黄緑「………………。」

侍「あーん。(ドキドキ)」
男「ん。う、うん。やっぱり侍黒の飯はうまいなぁ。(ドキドキ)」
青「………………。」
黒「………………。」
侍・男「少しはいじってくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!」

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 02:22:23.14 ID:EYtc3SZM0
>>572
ちょwみんな冷たいwww

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 02:55:50.88 ID:EYtc3SZM0


575 :569のつづき:2007/05/08(火) 03:05:15.74 ID:1pJJ8YOx0
―これでよかったのだ

そう自分に言い聞かせる。
彼には自分よりも水のような子のほうが合っているのだ。
でも・・・

青「でも、やっぱり嫌だよぅ…」


色「はぁはぁ・・・青」
青「色無…何しにきたの?」
色「『何しに』って、青のことが心配で追いかけてきたんだ」
青「わたしのことなら大丈夫だから」
色「そんな顔して言われてもな」(グイ
青「あっ」
色「全然、大丈夫そうに見えないんだよ」
青「は、離して!」
色「離さない」
青「いいから!ほんとに大丈夫なんだから!ほっといてよ」
色「ほっとけない。いまの青はほっとけないよ」
青「わ、わたしにかまってる暇があるなら、水のところに行ってあげなさいよ」
色「何で水の話が出てくるんだ?」
青「だ、だってあなた達『お付き合い』するんでしょ?」
色「何、言ってるんだ?」

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 03:09:37.62 ID:1pJJ8YOx0
さて、次で最後です。

一体どうなってしまうのか
自分自身、書いてみないとわからないという現状www

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 03:44:46.88 ID:wokABDDlO
wktk

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 04:02:48.53 ID:EYtc3SZM0
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21128.jpg

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 04:20:36.25 ID:1pJJ8YOx0
色「アッハッハッハッー!!」
青「むぅ〜(///)そ、そんなに笑わなくてもいいじゃない」
色「ご、ごめん。で、でもまさかそんな勘違いするなんて。青らしいといえば青らしいw」
青「だって、色無がまぎらわしい言い方するんだもん(///)」
色「それにしても、俺と水が付き合うかぁ…またすごい勘違いだな。ぷっ」
青「もぉ〜それ以上言うと今度は怒るわよ!」
色「わかったwわかったw」
青「・・・」
色「あれ?ほんとに怒っちゃった?」
青「知らない」(プイッ
色「機嫌直してよ〜。青〜」
青「・・・」
色「ねぇってば〜。あーおちゃん♪」
青「・・・」
色「…悪かったよ。おわびに青の言うこと何でも聞くからさ」
青「・・・」
色「ね?」
青「…じゃあ、ひざまくら」
色「それくらいならお安い御用」
青(ポンポン)
色「え?」
青「あんたが私のひざをまくらにするの」
色「?」
青「ほら、はやく!」
色「あ、ああ…」

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 04:22:03.08 ID:1pJJ8YOx0
青「・・・」
色「何か変な感じだな」
青「何が?」
色「男が女の子に『ひざまくらしてぇ〜』って頼むのはわかるんだが…」
青「色無もしてほしいんだ。ひざまくら」
色「ま、まぁ、してほしいか・してほしくないかって言われれば、して・・・ほしいかな」

青「…それくらいだったら私がいくらでもしてあげるわよ」(ボソ

色「何か言った?」
青「な、何でもない(///)」
色「そっか。・・・それにしてもさ」
青「何?まだ何かあるの?」
色「俺が水と付き合うって聞いてあんな風になるってことは、青・・・」
青「か、勘違いしないでよね(///)わ、わたしはあんたなんかと付き合うことになる水が心配だっただけで」
色「へぇ〜(゚∀゚)ニヤニヤ」
青「も、もう知らない!(///)」

色「いてぇ!いきなり立ち上がるなよ」
青「ふ〜んだ」(スタスタ
色「あ、待ってったら。青〜」

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 04:24:33.57 ID:1pJJ8YOx0
灰「…何だか敵に塩を送ってしまったらしい」
黒「策士、策に溺れる。ね」
灰「お、お姉さま!」
黒「男女の色恋沙汰は公式通りになんていかないものよ」
灰「勉強になりました」
黒「ところで灰…」
灰「?」
黒「私にも色無を落とすためのとっておきの策を教えてくれない?」




以上です。何とか形になってよかったw

黒は灰をたしなめに来たとみせかけて実はそうじゃない
というこの登場の仕方が好きだったりする。

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 05:07:56.80 ID:4m2NJLXiO
保紫

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 05:33:23.32 ID:GUWKV9cp0
>>443の手直し青
http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21130.jpg

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 06:20:01.52 ID:4m2NJLXiO
保赤

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 07:00:39.29 ID:5x4MfWlD0


586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 07:25:46.54 ID://LJ0cP7O
沖田保守
みなさんGJ!!

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 07:57:18.78 ID://LJ0cP7O


588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 07:58:24.31 ID:wokABDDlO
おは
夜にもGJな投下が沢山会って嬉しい


589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 08:27:11.96 ID:4m2NJLXiO
保青

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 08:57:34.31 ID:pRl/glCZ0
保守が増えただけって感じもするけどなあ
スレの維持に気を取られすぎて、投下する人と
「保守」する人との隙間がある感じがするよ

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 09:16:57.89 ID:ElkrP5udO
ほぼ同意
レス番伸びてても単に保守が増えただけな印象…

>583
この青さん好きだなぁ
裸足フェチなのもあるがw

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 09:42:58.39 ID:DhDNryDkO
保守

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 10:10:02.24 ID:06WZ4CYQ0
すまない
確かに投下されてても、まず保守してから…みたいになって
その後連投になるし、感想がなおざりになってた事もあった

しかしこれだけ上がってたら、人の目に触れる機会も増えるから
住人増えるかもwwとか思ってる自分も居る


594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 10:19:05.92 ID:C6+IcDmn0
スレが生きててこそって話もあるしね

595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 10:27:36.67 ID:ElkrP5udO
職人あってのスレなのに保守優先なのが悲しい

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 10:29:39.11 ID:C6+IcDmn0
職人さんたちがネタを投下してくれるまでの間、その投下先を死守するのが役目
そんな風に思いたい

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 10:54:00.52 ID:pRl/glCZ0
まあVIPの仕様がまた緩くなればよし。
きついままなら俺らの方が慣れるから、またうまく絡み合っていけるようになるだろう。

ところで色鉛筆タロット化というアイディアが浮かんだのだが、自分は絵描きではなくSS書きだということを失念してたw
気力のある絵師にぜひ挑戦していただきたいw

それともうひとつ。GW終わると七夕までイベントらしいイベントがないので
きっと投下する人たちもネタに困るはず。
ふっと思いついたが投下にいたらない、なんてネタがあったら保守代わりに書き込んでくれるとありがたいかも。

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 10:57:29.02 ID:C6+IcDmn0
プログラマー(笑)の漏れは保守しかすることがない
今日の夜訪れるスレの寿命までは全うしてほしいな

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 11:19:21.43 ID:06WZ4CYQ0
自分も投下はするんだが
まあ両方あってのスレだしな

確かに案を出し合うのはよさそうw
採用されるかどうかは別にして


600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 11:54:23.29 ID:ZiLvLU4YO
あげ

601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 11:58:35.76 ID://LJ0cP7O
保守するだけ人がいるってことで俺は逆に安心してるんだけどな。やっぱりスレあってのことだから。

保守

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 12:27:47.20 ID:+B3X91ilO
保朱

603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 12:41:23.37 ID:zeEUxgva0
タロットは21種類かー
登場できる色は多そうだけど正位置の意味に合う色とかで悩むだろうなww

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 12:41:47.48 ID:DxZ3Z72B0
名スレの予感…

605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 12:44:00.07 ID:zeEUxgva0
ごめん22種類だった

606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 13:13:35.36 ID:jkBIaP7bO
13番黄緑さんな



あれ、だれかきた

607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 13:17:31.90 ID:zeEUxgva0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21131.png


608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 13:41:43.91 ID:zeEUxgva0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21133.png


609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 13:43:25.73 ID:pRl/glCZ0
茶はシルエットからだとどんな状態かわからねえw

610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 13:47:30.36 ID:zeEUxgva0
>>609
動きはまだ続いていると考えれば・・・!

611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 13:53:02.73 ID:J3mg9tlpO
>>606
わざわざ死亡フラグたてやがって……

愚者には灰。これはガチ

612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 13:55:44.85 ID:zeEUxgva0
世界は色無で恋人は侍黒と男か

613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 14:01:36.10 ID:zeEUxgva0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21134.png


614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 14:11:23.11 ID:nyYrjjFx0
色無は吊るされた男「The Hanged Man」で
世界は虹色寮と思ふ


615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 14:14:42.84 ID:nyYrjjFx0
そういえば「色無」と「男」の違いが
よくわからんのだけど

616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 14:17:32.30 ID:zeEUxgva0
>>614
なるほど…

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21135.png
黄緑

太陽は黄色だろうか

617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 14:18:49.50 ID:zeEUxgva0
虹色寮唯一の男が色無で
男はサムライブラック編の侍黒の彼氏だったような

618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 14:19:27.05 ID:zeEUxgva0
ラスト3枚の絵札は手が混みそうだな…

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 14:48:29.66 ID:zeEUxgva0
保守

620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 15:12:58.70 ID:zeEUxgva0
保守

621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 15:34:25.27 ID:zeEUxgva0
保守

622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 15:34:51.70 ID:DxZ3Z72B0
東京のアイツか

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 16:07:52.22 ID:ZiLvLU4YO
あげ

624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 16:14:02.76 ID:ap1euc8t0
>>606
黄緑さんは
V.女帝
[.力
のどっちかに決まってるじゃない・・・・・・あれ?誰か来たな。

625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 16:14:27.79 ID:DxZ3Z72B0
サザンのオリビアを聞きながら

626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 16:26:51.01 ID:o3Yatjdz0
>>606
>>624
オマイラ、俺のカミサンにケチつけるつもりか!?
いい度胸だな。
ピキピキ

627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 16:49:11.10 ID:ap1euc8t0
>>3
今更だけど意味がわかった
毎回wktkしながら読んでます

628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 16:49:39.76 ID:DxZ3Z72B0
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 17:09:37.32 ID:EYtc3SZM0

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21136.jpg

630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 17:20:24.06 ID:06WZ4CYQ0
>>616
シルエットだけでよく上手に特徴掴むなあwww

>>629
こういう甘えたっぽい黄色もいい

タロットか
てか、今総勢色鉛筆達は何人なのか把握できてない俺が居るww

631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 17:20:52.39 ID://LJ0cP7O
その顔は反則だぜ……www

632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 17:36:20.88 ID:58YQ1nwlO
異論は多々あるでしょーが、こんな妄想...

0 愚者    色無(超鈍感故に)
I 魔術師   灰
II 女教皇   朱
III 女帝    群青
IV 皇帝    黒
V 教皇    青
VI 恋人    桃
VII 戦車    茶(天然クラッシャー)
VIII 力     侍黒
IX 隠者    薄黄
X 運命の輪  白
XI 正義    赤
XII 吊された男 男(なお男を吊ってるのは侍黒)
XIII 死神    黄緑
XIV 節制    水
XV 悪魔    紫(小悪魔)
XVI 塔     空
XVII 星     緑
XVIII 月     黄
XIX 太陽    橙
XX 審判    くろ&しろ(座敷童)
XXI 世界    虹色寮


633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 17:50:59.03 ID:06WZ4CYQ0
>>632
感動した
一人の絵師じゃ大変なら、いろんな絵師の合作とかでもいいんジャマイカ

634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 17:52:22.01 ID:C6+IcDmn0
さて、あと3時間くらいか…

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 17:59:05.02 ID:06WZ4CYQ0
投下ももちろんだが、こういう話も面白いw

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:10:51.23 ID:EzGM9p0FO
サムライブラック保守

侍「弁当を忘れた貴様某が施してやるのだ感謝しろ!」
男「顔(ピー)しろ?」
侍「貴様………!」
男「嘘!嘘だから!やめて!お願いだから引かないで!斬れる!首斬れる!」

侍「そうなるとやはりゴム毬がキャベツという説は正しいのだな?」
男「そのとーり!それは」
茶『(パタパタパタ ドサ)キャ!』
男「(ジー)……………ローレグか。それでそのキャベツは」
侍「某の刀を見てくれ?こいつをどう思う?」
男「すごくおおアッー!」

階段にて
色「…………白!」
男「…………ふっ、黄色!」
カンカンカンカン
色「何ぃ!黄色………!?」
男「固いとこを突いたつもりだろうが俺にはお見通しさ。」
侍「なら某のは何色かわかるか?」
男「……………くr」
侍「貴様の血の色だぁ!」
男「あすっ!」

色「男はなんかの主人公に似てるんだよなぁ…………」
緑「冴羽僚」
色「そうそう、それそれってお前!」

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:19:57.03 ID:nyYrjjFx0
隠者  紫
星   白 
戦車  銀
教皇  緑
魔術師 赤


638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:21:24.55 ID:8AzTqEWTO
>>636
ワロタwwwwwwwwww

639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:25:08.61 ID:nyYrjjFx0
>>617
あんがと
>>632
いい感じ♪


640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:25:24.96 ID:EzGM9p0FO
>>637
節制  黄色
塔   灰
月   青

641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:43:52.10 ID:j7idiYbl0
捕朱

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:57:05.32 ID:06WZ4CYQ0
保守

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:57:22.20 ID:58YQ1nwlO


644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 18:57:35.07 ID:zeEUxgva0
やべぇ目がいてぇー・・・

ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21137.png


645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:07:20.53 ID:06WZ4CYQ0
>>636
前から思ってたが、丁度1p位の漫画にしても良さそうだw

>>644
これはカコイイwww

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:07:45.98 ID:GUWKV9cp0
>>644
シルエットだけでカッコイイわ、すげー(゚Д゚ )
ジャックってのが何となくはまってていい!

647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:09:06.87 ID:0L7P0PW10
守るべきQは白
Kは色無ってとこか

それだけで1本書けそうだな

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:13:23.99 ID:zeEUxgva0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21138.png


>>647
そうかその手があったか

灰がKで色無ジョーカーにしようと思ってたんだがそれもいいな
灰をジョーカーにすると不都合の二つが無くなるし

649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:13:48.09 ID:ZiLvLU4YO
>>644
格好良くてイイ!

でも一つだけ
黄色と緑が同じ3に見えるのは仕様?

650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:15:27.99 ID:zeEUxgva0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21139.png
緑修正

651 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:26:14.82 ID://LJ0cP7O


652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:27:56.83 ID:zeEUxgva0
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21140.png
色無

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:31:06.94 ID:EYtc3SZM0
>>652
これはすごいwwww
でも色無がほとんど見えないwwww

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:31:48.57 ID:0L7P0PW10
色無だけに見えないwwwwwwwww

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:42:44.51 ID:06WZ4CYQ0
そうきたかww
期待を裏切らないなあ

656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:47:59.08 ID:zeEUxgva0
ごめん

ジョーカーには期待してくれwwwwwwwwwwwwww

657 :School Daysな保守:2007/05/08(火) 19:58:13.23 ID:MdH9JI1s0
『カレー』

黄「カレーできたよー♪お昼にしよう!」
橙「手料理作るってこれかい。別にいいけどよ」
黄「だって得意なんだもん」
橙「知ってるっつーの。てかお前カレー以外作れんの?」
黄「失礼な。黄色サマの本気はバレンタインで思い知ったでしょ」
橙「あーそうだった。じゃあ他の料理も作れるんだ」
黄「……お菓子の作り方ならわかるんだけどねぇ」
橙「おい」
黄「えへ☆」
橙「ま、いいけどよ。……もっと色々作れると、俺の将来も明るいんだけどな」
黄「あはは、頑張ります…」

橙(んー、気付かなかったか?ちょっと恥ずかしかったんだけど)

黄(あれ?今重大なことをスルーしてしまったような…)


658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 19:58:34.98 ID:FCEl273O0
でもポーカー的に考えたら
ジョーカー=オールマイティ=誰とでも引っ付く=色無
だよなwwwwww

659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:00:14.00 ID:8AzTqEWTO
青「………」
空「どうしたの?」
青「……もしかして私より胸大きい?」
空「そうだけど?」
青「なんか空にばっかり良いところが行っちゃった感じよね……」
空「そんなこと無いよ。私からすればお姉ちゃんの方が良いところばっかりだよ」
青「そうかしら?」
空「スタイル良いし、髪サラサラだし、『認めたくないけど』たまに仕草が可愛いし」
青「空っていつも一言余計よね……強調して言うな」

保守@空

660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:02:42.94 ID:zeEUxgva0
>>658
役割的にそうなんだよなwwwww

もう 灰色=何でも出来る=ジョーカー って感じで頼むwwwwwww

まぁババぬkkふぇおw3j0げrgびjhp0rgjb0くぁwsくぇrdftgyふじおk

661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:05:55.39 ID:EzGM9p0FO
サムライブラック保守

侍「久々の部活が休みかと思えばこやつは家でこれか?」
男「すぅー……………」
侍「ったく平日の昼間から寝とらんで可愛い彼女のために尽すとか考えられんの貴様。」
男「ふぃ………」
侍「(ペチペチ)こらぁ、聞いておるのか?」
男「んごっ!」
侍「こんなことされても起きんのか?平和呆けの極みだな。(ギュウ)」
男「んぐぐ…………」
侍「…………起きんな。…………(チュ)。」
男「んっ…………」
侍「……………はっ!っておおい!!!!!!!!!!」
男「ふあっ?なんでお前いんあうっ!」
侍「起きんか!絶妙なタイミングで起きんか!」
男「だから゛また゛何!゛今度゛は何の話!」
侍「言えるか馬鹿!うつけ!」

侍「はぁ、なんだかんだで5回目だ………自己嫌悪……………orz」

662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:07:22.26 ID:C6+IcDmn0
>661
乙!

ラスト1時間切ったな

663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:08:08.33 ID:zeEUxgva0
3原色はよくある順番として
緑4…クローバーのしおりとかのイメージで
橙5…5ってすっきりしてそうな感じが
水6…特に理由無し
桃7…ラッキーそうな性格のような
茶8…大貧民より
紫9…黄緑さん夫婦のSSとかから黄緑さんの隣が良いだろう、と
黄緑10…数字の札の中で最強の意
絵札についてはもうネタバレした感じだからいいや

664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:10:22.46 ID:ZiLvLU4YO
>>661
五回目www

665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:12:03.86 ID:8AzTqEWTO
空「でもさ、兄弟とか姉妹って長所短所を分け合ってない?」
青「確かに、私には無いものが空にはあったりするわね」
空「灰ちゃんの所なんか正にそれじゃん」
青「黒はしっかりしてるけど灰はだらしない所とかね」
空「うん。兄弟、姉妹はお互いを補いあってるんだよ」
青「そうね。だから私たちも仲良くしないとね」
空「うん。まぁ、それはそうなんだけどさ」
青「どうしたの?」
空「桃先輩って一人っ子で良かったと思わない?」
青「何で?」
空「だってさ、可愛くて、スタイル良くて、胸大きくて完璧じゃん」
青「そうだけど、それがどうしたのよ?」
空「それだけ長所ばっかり受け継いで生まれてきたら、次生まれる子は間違いなく……」
青「間違いなく?」
空「お茶に例えると『出涸らし』……」
青「物凄いしっくりくる例えね……」

保守@空

666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:15:45.87 ID:zeEUxgva0
>>657
これはありそうだ

>>661
侍黒のツンデレめ…

667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:22:18.48 ID:8AzTqEWTO
空「他に一人っ子って誰がいたっけ?」
青「赤、緑、黄、水、紫、黄緑、白、薄黄、侍黒ね」
空「緑先輩に妹とかいたら物凄い話し好きな子だろうなー」
青「じゃあ紫なら背の高い妹ってところね」
空「黄色先輩の妹は物静かで……秀才」
青「……それ間接的にバカって言ってるのと同じよ」
空「薄黄先輩の妹は……薄黄先輩はいい匂いがするから……はっ!」
青「……そんなに極端な人間は生まれないから大丈夫よ」
空「じゃ、じゃあ侍黒先輩の妹は……」
青「………」
空「……洋風?刀の代わりに銃とか持ってたり?」
青「……だからそんな極端な人間は生まれないって」

保守@空

668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:33:40.81 ID:ZiLvLU4YO
>>667
侍黒の妹はくノ(ry

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:35:50.64 ID:06WZ4CYQ0
>>667
会わせたいww

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:40:45.37 ID:EYtc3SZM0
>>667
空wwさりげなく毒舌ww

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:46:13.12 ID:nyYrjjFx0
紫可哀想すぎるw

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:50:14.12 ID:Dzj6AVIW0
ラスト10分切ったねー

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:54:05.89 ID:zeEUxgva0
あぁ仕方ない
ttp://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21141.png
灰 暫定

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:54:29.71 ID:4m2NJLXiO
乙でした

675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:55:01.02 ID:EzGM9p0FO
サムライブラック保守

ススス チョンチョン
男「あ?灰ちゃんどうしたの?」
灰「お付き合いおめでとうございます。」
男「はぁ、ありがと。」
灰「あなた達の行動が起爆剤になることと思っております。」
男「頑張ってください。」
灰「そこでこれですよ。」
男「これって…………」
灰「見ての通り、婢薬です。」

侍「どうした?話を聞かんか?」
男「ん?あぁ悪い。」
侍「何を考えおる?」
男「率直に聞くけどさ、俺のこと好き?」
侍「はぁ?」
男「冗談抜きでさ。俺はお前のこと好きだ。」
侍「ななな何を言いおる!( ///)」
男「どう?」
侍「……………好きだぞ。ああっ!何を言わす馬鹿者!」

男「(ポイ)まぁ、好きでも嫌いでもこんなの使わないけどな。使ったら負けかな。」

灰「今頃男先輩獣姦されてるかなぁ。」

676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:56:41.25 ID:8AzTqEWTO
空「先輩の学年って美術の授業では何をしてるんですか?」
水「私たちの学年は静物画をやってるよ」
空「『せいぶつが』ですか……」
水「うん」
空「描いてる間動かないなんて頭のいい生き物なんですねー」
水「???」

保守@空

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:58:20.30 ID:pA7D9ItD0

http://collateral.bitter.jp/cgi/uploader2/src/iro21142.jpg

なれないことやるもんじゃないなw

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:58:56.61 ID:Dzj6AVIW0
>>675
流石男!俺たちにできないことを平然とやってのける!
そこに痺れる憧れr・・・・・・る!!!!

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/08(火) 20:58:59.60 ID:KWlCJzIn0
そろそろ終わりか

235 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)