5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンが金の袋を振り回すようです

1 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:19:07.06 ID:kMOqnFSX0
※注意事項
この小説のジャンルはギャグではありません。かといってファンタジーでもありません。
金玉が主役のいわゆるファン玉ジーといったところです。

まとめ様
ttp://terux2boy.web.fc2.com/boon-golden,bag-novel/contents.html
ttp://vip.main.jp/255-top.html

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:19:41.26 ID:NNi/n/360
ktkrwwwwww

3 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:21:59.68 ID:kMOqnFSX0
第四章は少し短めです。すいません

では投下します

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:22:21.37 ID:Vw8+XBXdO
wktk支援

5 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:22:44.29 ID:kMOqnFSX0
第四章【瞬】


(,,゚Д゚)「第六姦のギコ! 能力は【冷】だ! 貴様の金玉を凍えさせて破壊してやる」

( ^ω^)「くそっ! また第六姦かお」

('A`)「ブーン、俺の能力で……」

( ^ω^)「これなら勝てるお」

(,,゚Д゚)「ぐわーやられたー」

ブーン達は勝った。

6 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:23:45.13 ID:kMOqnFSX0
以上で第四章の投下は終了です
個人的にギコの心の葛藤を書ききれたのが満足です
それでは質問などあればどうぞ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:24:51.17 ID:pM+okiDe0
うはwwwwwwwwww

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:25:28.56 ID:XdBU1Nn60
乙!
ギコはやっぱ漢だな

9 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:26:18.86 ID:kMOqnFSX0
特に質問がないようなのでこのまま第五章を投下開始してもよろしいでしょうか?

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:26:28.70 ID:NNi/n/360
ちょwwwwwねーよwwwwwwwwww

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:27:10.69 ID:Y599ABeMO
ちょwwwwwwwwwwww

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:27:25.57 ID:w3PiQhgp0
ドクオの使い方がうまいな。
能力系バトルだと使い方限定される能力が多いけど、このドクオは評価されるべき。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:27:25.87 ID:/6+oBFKH0
短めってレベルじゃねーぞwwwwwwww

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:27:28.49 ID:Vw8+XBXdO
作者の心理描写の巧さに嫉妬wwwwwwwwwww

15 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:29:15.29 ID:kMOqnFSX0
それでは第五章投下開始します

16 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:30:35.88 ID:kMOqnFSX0
第五章【冷】


( ^ω^)「第四章は釣りだおwwwサーセンwwwwwww」

ということで正直すまんかった。
ここから第四章の省略された部分をご堪能ください。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:31:06.53 ID:O32DbEzm0
ちょwwwwwwwwwwwwwww

18 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:32:12.06 ID:kMOqnFSX0
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

つい先日の戦闘にも見事勝利したブーン。
人生において常に負け続けていたブーンであったが、まさかの二連勝である。
その勝利を新友となり、親友となったドクオと祝い合うのであった。

( ^ω^)「僕は勝ったおー!」

('A`)「おー」

( ^ω^)「ショボンに続いてドクオにまで勝てたんだおー!」

('A`)「おー」

( ^ω^)「なのに何で敗者のお前はここにいるんだおー!」

('A`)「おー」

( ^ω^)「……」

('A`)「おー」






( ^ω^)「人をおちょくるのも大概にしとけよコラ」

('A`)「ゴメン」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:33:01.42 ID:6Klq+gvEO
どうなってんだこれwwwwww

20 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:33:09.71 ID:kMOqnFSX0
( ^ω^)「とにかくお前は負けたんだからさっさと組織に帰れお」

正直家にいても邪魔なだけの存在のドクオを何とか追い出そうとするブーン。
しかし、ドクオの意志は固い。

('A`)「いや、俺は改心したんだ。もう金玉を大事にしないあんな組織に戻る気はない」

それに……と続けてドクオは口を開く。

('A`)「俺は任務を失敗したんだ。戻っただけで処刑されるのがオチさ」

21 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:34:02.01 ID:kMOqnFSX0
(;^ω^)「mjd? 熱とかそんな凄い能力があるのに処刑されちゃうのかお」

('A`)「あぁ、俺なんか所詮第六姦の中でもNO.3だからな。上には上がいるんだ」

( ^ω^)「そんな格付けとかあるのかお。kwsk」

('A`)「俺も全部知っているって訳じゃないがな。とりあえず俺の持っている情報は……」

ここからは会話文で説明させるのは面倒なので地の文で説明させてもらう。
ドクオが言うには第六姦は六人おり、それぞれにそれぞれなりの感覚を操る能力がある。※第二章参照
その中でもショボンはNO.6、ドクオはNO.3だと言うこと。
あぁ、もう面倒くさいから表にする。

22 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:35:39.51 ID:kMOqnFSX0
NO.1 ( ・∀・)モララー 【?】

NO.2 ??? 【?】

NO.3 ('A`)ドクオ 【熱】

NO.4 ??? 【?】

NO.5 ??? 【?】

NO.6 (´・ω・`)ショボン 【痛】




うん、こんな感じ。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:35:49.43 ID:BKTgZm+4O
地の文でめんどくさがるなwww

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:36:17.98 ID:O32DbEzm0
おいおいwwwww

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:36:29.26 ID:NNi/n/360
作者めんどくさがりすぎwwwww

26 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:36:40.21 ID:kMOqnFSX0
(;^ω^)「結局わかったのはNO.1のモララーとかいう男だけじゃねぇかお。それに下っ端のショボンのが能力的に強そうだお」

('A`)「仕方ねぇだろ。基本的に他のメンバーには関わりを持たないように言われているんだから。
   仕事とかもリーダーであるモララーからしか伝えられてこないんだよ」

('A`)「それに格付けは能力じゃなくて戦いのセンスが基準だ。だからあいつは下っ端」

一通り第六姦についての情報を得たブーン。
自らの持つ情報を全て伝えたドクオは――

( ^ω^)「情報全部言ったならお前はもう要らねぇお。もう帰れお」

――用済みになった。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:37:35.48 ID:BKTgZm+4O
ドクオいらない子www

28 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:37:55.48 ID:kMOqnFSX0
(;'A`)「え? 普通は情報を教えたりしたら仲間にしてくれたりするんじゃねぇのか?」

( ^ω^)「そんなの漫画や小説の世界だけだお。シッカリと現実を見据えないと空想に足を取られるんだお」

冷たく突き放されるドクオ。
そんな彼の視界が涙で滲み始めた。

(;A;)「何でだよ! 俺はお前の仲間になりたいだけなのに何でそこまで拒否するんだよ!!」

( ^ω^)「うはwwww泣き顔きめぇwwwwwww」

(;A;)「……」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:37:59.61 ID:XdBU1Nn60
これは期待

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:38:05.28 ID:O32DbEzm0
ブーンヒドスwwwwww

31 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:39:09.41 ID:kMOqnFSX0
( ^ω^)「ねぇwwwwそんな顔で生きてて楽しいのwwwwwww」

(;A;)「……」

( ^ω^)「サーセンwwwww楽しいわけないっすよねwwwwwwww」

(;A;)「……」

( ^ω^)「お前きっと学生時代のあだ名ウンモだったろwwwwwww」

(;A;)「……」

( ^ω^)「どうせ好きな女の子のリコーダーなめ回してアナルに突っ込んでアフンアフン喘いでたんだろおwwwwwwww」

(;A;)「……」

(,,゚Д゚)「いや、こいつはリコーダーが無かったからピアニカでやってたらしいぞ」

( ^ω^)「マジでやったのかおwwwwwきめぇwwwww」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:40:51.42 ID:BKTgZm+4O
きめぇwww

33 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:41:35.87 ID:kMOqnFSX0
Σ(;^ω^)「っていきなり出てきたあんたは誰だお!?」

(,,゚Д゚)「ん? 俺か。俺は……(;A;)「チクショウ! なんで突然出てきたキャラが俺の赤裸々な過去を知ってるんだよ!!」

突如現れた自己紹介をしようとした瞬間、遂にきれたドクオが雄叫びを上げる。

(;A;)「もう皆死ね! 【熱】だ!!」

( ゚ω゚)「熱いっ!! 金玉以外の所は熱が発散できないお!!」

泣き喚きながら【熱】を発動するドクオ。
どうやら極度の興奮状態でいつも以上の力が出たようだ。
ブーンは体中に熱を感じている。

34 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:43:06.68 ID:kMOqnFSX0
もちろん突然の来訪者も。

(;,,゚Д゚)「熱っ、いきなりこれはねぇだろうが」

しかし、大したダメージは受けていないようである。
【熱】を受けながらも落ち着いて精神を集中させる。
そして……

(,,゚Д゚)「【冷】!!」

刹那、彼らのいた部屋が一瞬にして真冬並みの気温に下がったように感じられた。
叫き散らしていたドクオもまた、言葉通り『クールダウン』してしまうのであった。

('A`)「この能力は……第六姦?」

(,,゚Д゚)「お前は確かNO.3だったよな。俺はNO.2、副リーダー兼情報通(自称)係の……


〜以下第四章の流れになります〜

35 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:44:50.86 ID:kMOqnFSX0
〜只今第四章の流れが終了したことをお伝えします〜

(,,゚Д゚)「クソッ! 俺が負けるなんてな……」

('A`)「俺やブーンだけじゃNO.2のあんたに勝てなかった。これは絆が掴んだ勝利さ」

( ^ω^)「まさか【熱】で伸びた金玉袋でギコを叩くなんて思いもしなかったお。ある意味本当の袋叩きだったお」

(,,゚Д゚)「絆……か。ふん、またな」

捨て台詞を残して去っていくギコ。
その背中にはブーンが玉袋で叩き付けた時にゴッソリ脱けた陰毛にまみれていた。

(;^ω^)「かっこつけている割には後ろ姿が果てしなく不審者のようですだお」

('A`)「あいつもまた、絆の強さに気付いたのかな」

( ^ω^)「いい加減お前帰れお」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:44:53.66 ID:XdBU1Nn60
wwwwww

37 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:45:49.51 ID:kMOqnFSX0
第五章投下完了です
第六章は只今執筆中
総合で短編書いているどころじゃなかった……

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:45:54.46 ID:pM+okiDe0
これは酷いwwwwwww

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:46:36.01 ID:badFbbEXO
支援

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:47:43.80 ID:XdBU1Nn60



41 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 22:49:16.89 ID:kMOqnFSX0
NO.1 ( ・∀・)モララー 【?】

NO.2 (,,゚Д゚) 【冷】

NO.3 ('A`)ドクオ 【熱】

NO.4 ??? 【?】

NO.5 ??? 【?】

NO.6 (´・ω・`)ショボン 【痛】


一応表を改正してみました

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:51:00.36 ID:qQwBeHXpO
きんたま(´・ω・`)

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:51:31.70 ID:O32DbEzm0
ちょwwwギコwwwwww
乙wwwwww

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:55:18.15 ID:t+yA2Yuh0
乙wwwwギコの出番短すぎるだろwwww

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 22:58:38.03 ID:kBh4LgAzO



46 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:04:35.96 ID:kMOqnFSX0
上手くいけば12時ちょい過ぎあたりに第六章投下します

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:05:45.94 ID:O32DbEzm0
わーいwktkだぞー(^o^)

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:16:09.75 ID:2bI3mm7X0
なんと言う第四、第五章
まちがいなくこの作者はめんどくさがりwwwwwww

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:29:00.43 ID:RVsFdOMz0


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:29:31.24 ID:JBq/9EzzO
( ΦωΦ)y-~
紫煙さてせもらおう

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:41:45.72 ID:2bI3mm7X0
四円

52 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:43:28.60 ID:kMOqnFSX0
只今書き上げました
誤字脱字がないかチェックした後に投下したいと思います

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:47:44.81 ID:Wk0r77KgO
wktk

54 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:48:35.52 ID:kMOqnFSX0
それでは第六章投下開始\(^o^)/

55 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:49:33.77 ID:kMOqnFSX0
第六章【震】


少々蒸す空間に男が二人。全裸で。
互いに向き合って座っていて、どちらの額にも汗が滲んでいる。全裸で。
もちろんウホッな展開ではない。全裸だけど。

(;^ω^)「暑いお。【熱】なんか使うバカがいるからこの部屋は暑いんだお」

(;'A`)「だって仕方なかったじゃないか。あの時の状況的に考えて……」

(;^ω^)「そんなの関係無いお。僕が片付けてやろうとしたのにお前がテンパるからダメなんだお」

(;'A`)「……悪い」

(;^ω^)「……おぉ」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:50:38.18 ID:Wk0r77KgO
支援

57 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:50:48.99 ID:kMOqnFSX0
〜それは遡ること数分前〜


(;'A`)『やっべ! G出た! マジやっべ!』

( ^ω^)『僕んちでは良くあることだお。今叩き潰してやるから待っとけお』

(;'A`)『早く早く!! G無理だよ!! ひぃぃぃぃぃいいいいいいいぃぃいい!!!!』

(;^ω^)『G如きでうるせぇお。……あれ? スリッパが無いお』

(;'A`)『もうダメだ! 【熱】!!』

58 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:51:48.33 ID:kMOqnFSX0
〜そんなこんなで現在に至る〜


つまりはこういう事だったのである。
そしてブーンの家には冷房機がない。
二人は暑さを凌ぐ為に全裸になっているのであった。

(;^ω^)「【熱】をやりすぎたせいでGが爆発して飛び散ったから余計惨事だったお」

(;'A`)「正直Gの破片が顔面に付いた時は失禁するかと思った。てか、失禁した」

( ^ω^)「頼むから死んでくれお」

(;'A`)「なんか……ゴメン」

( ^ω^)「……このアンモニア男め」

59 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:53:20.10 ID:kMOqnFSX0
二人が全裸で言い争っている頃、家の外には一人の女性が立っていた。全裸で。

川 ゚ -゚)「表札に内藤……。ここか」

まるで日本人形のような美しい表情を崩さずに一人呟く。全裸で。
数回深く呼吸をした後、ドアノブに手を掛ける。全裸で。

川 ゚ -゚)「今貴様の玉を破壊してやるぞ」

決意の声を上げ、一つの人影はドアの向こう側へと消えていくのであった。全裸で。

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:53:36.47 ID:3J2OUs4C0
見つけたwktk

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:54:10.40 ID:Wk0r77KgO
支援


62 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:54:21.41 ID:kMOqnFSX0
川 ゚ -゚)ノ「たのもー」

ブーン達の耳元に究極に時代遅れな挨拶の声が届く。
久々にリアルな女の子の声を聞きつけたブーン達は涎を垂らしつつ出迎えに玄関まで参るのであった。全裸で。

( ^ω^)「何か用かお? この童貞を奪ってもらいたくて仕方ない僕に何か用なのかお」

('A`)「セクロスしたい! セクロスしたい!!」

通行人が聞きかけたら即通報ものの言葉を叫びながら二人は駆けていった。
その姿はまるで咲きたての花の甘い香りを届けるそよ風のように。
二人は玄関に着いた瞬間、一発で血走った眼で来訪者を捉えた。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:54:35.34 ID:3J2OUs4C0
全裸強調しすぎwwwwwwwwwwwwww

64 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:55:08.61 ID:kMOqnFSX0
( ^ω^)「生の女の子発見だお!!……って」

('A`)「セクロス!! セクロス!!……って」






(;^ω^)(;'A`)「「全裸で来訪!!??」」








川 ゚ -゚)「お前らも全裸だろ」

65 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:56:02.83 ID:kMOqnFSX0
来訪者は冷静に、尚かつ的確にツッコミをする。全裸で。
その冷静さに感化されたのか二人はすっかり冷静になっていた。

(*^ω^)「あらやだ、私ったらはしたないお」

('A`)「そんなことよりセクロスしようぜ」

特にドクオは独自のマイペースさで来訪者に迫っている。全裸で。
そんな彼の誘いに対して……

川 ゚ -゚)「あぁ、良いぞ」

答えはYESであった。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:56:57.34 ID:Wk0r77KgO
支援

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:56:57.26 ID:8vubptzO0
おまwwww支援

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:58:03.87 ID:Wk0r77KgO
ドクオうらやま支援

69 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/19(土) 23:58:31.54 ID:kMOqnFSX0
('A`)「俺の童貞よ。サラバ」

(;^ω^)「ちょwwwwねーよwwwwwww」

思わず声を上げるブーン。
当たり前だ。
今まさにこんなに気持ち悪い男が自分より先に童貞卒業を果たそうとしているのだから。

(;^ω^)「せめて僕の童貞も奪ってくださいお」

切実に懇願する。
そんな彼の哀れな姿を見つめる来訪者。
しばしの沈黙の後、遂にその口が開かれた。

川 ゚ -゚)「お前チンコ無いだろ」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:58:55.42 ID:3J2OUs4C0
痛恨wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/19(土) 23:59:37.03 ID:Wk0r77KgO
支援www

72 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:00:09.96 ID:2WH6kAVJ0
またしても的確なツッコミ。
あまりにも完璧で、あまりにも冷徹な言葉を受けたブーンは自我を崩壊させてしまった。

( ゚ω゚)「あばばばばばばっばばばばばwwwwwwwハローさんうめぇwwwwwwwww」

急にトイレに閉じこもり奇声を上げ始めたブーンを尻目に、ドクオは来訪者へと歩を進めた。

('A`)「さぁ、邪魔者は消えた。そろそろ始めようぜ」

川 ゚ -゚)「あぁそうだな。ここからが本番だ」

('A`)「俺達の――」

川 ゚ -゚)「私達の――」





('A`)川 ゚ -゚)「「セクロスを!!!!!」」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:00:39.69 ID:SIhoZ1Zq0
勃起した支援

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:00:58.27 ID:Kf0R3rBx0
おまえ総合見てただろwwwwww

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:01:03.03 ID:8/b/PVKfO
支援

76 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:01:04.57 ID:2WH6kAVJ0





そして二人の舞は始まる。


時に激しく、時に緩やかに。



男は女を強く抱き寄せ、女はその激しい運動に息を荒くする。

女は男を挑発するように見つめ、男はその眼差しの虜となる。




二人から飛び散った汗は暗闇の支配する空間の中を美しく飛び散っていった。






77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:02:27.93 ID:8/b/PVKfO
支援て

78 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:02:38.66 ID:2WH6kAVJ0
やがて舞を終えた二人はセクロスのために普通に布団に入っていった。

(;'A`)「セクロス前のダンスは疲れたぜ」

川 ゚ -゚)「準備運動にはちょうど良いじゃないか」

二人の舞がセクロスシーンの描写だと勘違いした人乙。
兎にも角にも二人のセクロスは今まさに始まろうとしていた。





川 ゚ -゚)(こいつに気付かれないように能力を使わなくてはな)

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:03:20.75 ID:q8XFpPdSO
支援wwwwww

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:03:51.02 ID:SIhoZ1Zq0
やられたぜ…だがもう射精しちまった

81 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:04:18.83 ID:2WH6kAVJ0
(;'A`)「よよよよっよよよし、今こここのおおお俺のおティンティンをいいいい入れちゃうぞ」

童貞という言葉をその存在自体で表現しているドクオ。
そんな彼が童貞を捨てる日が来るなど本人ですら思っても見なかったのである。
緊張するのは当然だ。

川 ゚ -゚)「そんなに硬くならなくても良いぞ。硬くするのはここだけで良い……」

そう言うと来訪者の手は優しくドクオの欲望を包み込み――

川 ゚ -゚)「ここだ。入れるぞ」

自らの秘部へと招き入れていった。

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:05:08.42 ID:MdyC58NPO
ちんこに『消』を加える力!!

83 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:06:02.59 ID:2WH6kAVJ0
('A`)「あ……あぁ……」

思わず声を漏らす。
ドクオ自身を待ち受けていたのは暖かで滑らかな蜜壺だ。
自分の感覚全てをそこに集中させる。

川 ゚ -゚)(よし、今だ。【震】)

来訪者が心の中で念を込めた瞬間、ドクオには今まで訪れたことのない感覚が襲ってきた。

((('A`)))「な、何だこれ……急に振動しだした?」

川川 ゚ -゚)))「おっとすまない。膣痙攣を起こしたようだ」

((('A`)))「そうなのか。じゃあ一旦抜く……抜けない!?」

もちろんその抜くって言うのはシュッシュして抜くとかじゃなくてチンコが抜けないという意味合いだ。
膣痙攣は起こしたら病院に行って辱めを受けながら医者に合体を解いてもらおう。

84 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:08:02.58 ID:2WH6kAVJ0
((('A`)))「そう地の文は言ってるがどうする?」

川川 ゚ -゚)))「ここは素直に病院に行くとしよう」

((('A`)))「じゃあ付き添いとしてブーンを連れて行くか。おい、ブーン」

先程まで狂気に満ち溢れていたブーンを呼ぶドクオ。
その声によってブーンは現実世界へと舞い戻ってきた。

( ^ω^)「……お? なんだドクオかお。セクロス中にどうしたんだお?」

((('A`)))「見ての通り膣痙攣でチンコが抜けなくなったから病院に行くんだ。付き添いできてくれ」

( ^ω^)「わかったお。それじゃあ行くかお」

85 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:09:20.58 ID:2WH6kAVJ0
そして三人は近場の天国病院へと向かうこととなった。全裸で。
もちろんドクオと来訪者は繋がったままだから気にしない。
そんな彼らの様子を物陰から見守る一人の男がいた。



(,,゚Д゚)「あれはNO.4のクー……? 病院って事はNO.5と組んで奴らを倒しに掛かったか。
     俺は一体どっち側に味方すれば……」

二章にわたっての決戦でなんとか勝利を取った相手、第六姦NO.2のギコである。
この作品らしくない葛藤を彼が繰り広げている間にも、話の流れは先へ先へと向かっていってしまうのであった。

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:10:04.22 ID:0oDpAuEX0
sienn

87 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:10:37.95 ID:2WH6kAVJ0
これで第六章投下完了です
質問などあればどうぞ

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:10:47.09 ID:+9Re1tM20
支援

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:11:45.45 ID:Kf0R3rBx0
全裸強調しすぎwww


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:12:27.05 ID:SIhoZ1Zq0
クーはなぜ全裸?
いや予想はできるが

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:13:14.34 ID:j//Th/OgO
中途におわたwww乙wwwwww

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:16:36.84 ID:FVd7f/YeO
超乙

93 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:18:11.13 ID:2WH6kAVJ0
>>90
個人的なノリです

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:19:22.42 ID:8/b/PVKfO


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:20:36.58 ID:4wZTLt9jO
乙wwwww

ハローさん知ってるって事は総合見てたんだよな?
総合短編投下しないのか?
あんたのカオス短編好きなんだが

96 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:22:33.83 ID:2WH6kAVJ0
>>95
夕方あたりに投下しましたよ
カオスじゃないですけど

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:25:13.85 ID:4wZTLt9jO
mjdk
馴れ合いっぽくなるかもしれんがよければタイトル教えてくれないか?
読んできたい

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:25:51.34 ID:Kf0R3rBx0
>>96
特定しますた

99 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:27:16.45 ID:2WH6kAVJ0
>>97
ドクオの気持ちなようですってやつです
確か総合の>>100ちょいあたりから始まったかと

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:27:33.16 ID:SIhoZ1Zq0
>>93
把握したwwwww

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:29:38.11 ID:4wZTLt9jO
thx
ちょっと読んでくるわ

102 : ◆qvQN8eIyTE :2007/05/20(日) 00:31:03.64 ID:2WH6kAVJ0
そろそろテストが近いんで勉強に戻りたいと思います
それではノシ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:32:29.30 ID:SIhoZ1Zq0
乙でした!

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:39:44.84 ID:4wZTLt9jO
総合行って読んできた

何であんなに良い話書けるのにこんな作品書いてるんだよwwwww

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 00:59:51.10 ID:4wZTLt9jO


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 01:03:25.68 ID:vd9jnohI0


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 01:08:59.67 ID:JOUvH/EGO
7:死亡◆6G2MzSg/lQ :2007/05/18(金) 13:32:37.27 ID:IGj4chUu0 [sibou1961@hotmail.com]
3 すっぴん すっぴん、すっぴん、すっぴん
5 たまねぎ剣士、たまねぎ剣士、たまねぎ剣士、たまねぎ剣士、

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 01:15:10.93 ID:4wZTLt9jO
NO.1 ( ・∀・)モララー 【?】

NO.2 (,,゚Д゚)ギコ 【冷】

NO.3 ('A`)ドクオ 【熱】

NO.4 川 ゚ -゚)クー 【震】

NO.5 ??? 【?】

NO.6 (´・ω・`)ショボン 【痛】


表ってこんな感じで良いんですか?
わかりません><

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/05/20(日) 01:32:12.30 ID:fE1a2//oO
今から読む保守

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)