5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

('A`)はダークヒーローのようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 14:34:28.82 ID:dTBoPHOM0
代理

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 14:37:21.55 ID:cpKQ6OfsO
wktk

3 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:41:03.45 ID:gKhdfQsFO
第七話 出撃、そして再会

兵員輸送車の幌の隙間から覗く太陽が、ドクオの目に鈍い光りを映す。
朝からの曇天は、だがしかし小隊の面々の士気に多少の影響もきたしはしなかった。
現在時刻午前四時五二分。
ドクオ達魔物討伐隊━━「ジョルジュ小隊」はVIP峡谷の奥深く、通称「屍鬼の穴」の手前に待機し、突入の時間を待っていた。
ドクオ以外の小隊のメンバーは、強化装甲服「ギア」を装着し、それぞれ重火器を手に思い思いの戦前儀式を行っている。

ドクオはと言えば、軍用拳銃とカトラス、それに手榴弾とヘッドセットのみを装備し黙々と文庫本を読んでいる。

(=゚ω゚)「ぃよう救世主様、戦闘前に読書かい?そんなことより、もっとまともな装備を身に付けた方が、オレっちはいいと思うね」

ぃようが、ガムをかみながらドクオに絡んでくる。

4 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:43:26.09 ID:gKhdfQsFO
('A`)「オレはお前ら人間と違って装甲服なぞいらん。自分の心配でもしてろ」

文庫本から顔を上げるでもなく、ドクオは言い放った。

(=゚ω゚)「へっ、そうかい。まぁ救世主様にはいらない心配だったかね」

気を悪くしたのか、ぃようは鼻を鳴らしてそれきり押し黙る。
他の面々も口を開く者はおらず、兵員輸送車の中は出撃前の静寂に支配される。

(*゚ー゚)「……突入まで、あと二分を切りました」

オペレーター兼兵員輸送車運転手として同行したしぃが、静かに告げる。
皆、銃を構えて輸送車を降り始めた。

( ゚∀゚)「いいか、もう一度今回の作戦について確認する」

ジョルジュの声は幾分真面目な響きが加わっただけで、いつもと変わりは無かった。

( ゚∀゚)「突入開始の合図として、まずオレが手榴弾を横穴に向かって投げ入れる。
それが爆発したのを確認したら、突入開始だ。ヒートとぃよう、それにオレの三人が先行する。
兄者と弟者はその援護を頼む」

兵士達が口々に了解と呟く。

( ゚∀゚)「ドクオ、君は我々の隊列を乱さない程度に自由戦闘を行ってくれ」

('A`)「了解だ」

5 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:44:41.68 ID:gKhdfQsFO
ドクオが頷いたのを確認すると、ジョルジュは全員の顔を見回す。
皆、緊張した面持ちで頷いた。
ヘッドセットから聞こえるしぃの声が、突入開始のカウントダウンを始める。

(*゚ー゚)「…四…三…二…一…」

( ゚∀゚)「よし、それじゃあぼちぼち始めるかぁ!」

その掛け声と共に、兵士達は立ち上がった。
ジョルジュが後腰に下げた手榴弾を掴み、眼前の横穴に投擲する。
手榴弾の描く弧が、世界の時間の流れを遅滞させるような錯覚を、兵士達は覚えた。
やがてその錯覚は、耳をつんざく轟音によって覚まされる。

( ゚∀゚)「突入開始ぃ!」

ジョルジュの掛け声が、皆の足を動かした。戦闘開始である。

6 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:46:30.16 ID:gKhdfQsFO
ノパ听)「おらおらぁぁ!!突撃だぁぁぁぁぁ!!!!1111」

ヒートが手にしたヘビーマシンガンを乱射しながら、一番に横穴へと突入していく。
横穴の中からは、うめき声とも唸り声ともつかないおぞましい声が響いてくる。
おそらく、この横穴の住人「グール」だろう。

( ゚∀゚)「あまり先行し過ぎるなよ。今回はドクオの実力を見る為の作戦だ。
オレ達がグールを全滅させたって意味は無いんだからな」

ジョルジュがセミオートショットガンを発砲しながら、ヒートを窘める。

ノパ听)「しゃらくせぇぇぇぇ!!戦場では早い者勝ちだぜ、隊長ぉ!!」

( ゚∀゚)「やれやれ。聞いたかい、ドクオ。君も彼女に負けないよう、存分に暴れてやってくれ」

('A`)「言われなくとも」

ジョルジュの言葉が終わらないうちに、ドクオは駆け出した。グールごときに戦術など必要ない。
その足で一気にヒートを追い越し、先頭に出る。
視界に皺だらけのゴムのような皮膚をした、人影の群が飛び込んでくる。
死んだ魚のような、鈍よりと濁った眼孔。指先にねじくれた鉤爪を持つそれが、「グール」だ。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 14:48:08.71 ID:cpKQ6OfsO
支援

8 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:49:13.14 ID:gKhdfQsFO
奴らの数歩手前で足を止め、腕を構える。

('A`)「目的、前方五メートル×五メートル×七メートルの空間の焼夷。掌を支点に九十度に展開。開始」

そう呟き掌をグールの群に向かって開く。
すると、ドクオの掌から噴き出すかのごとく、灼熱の炎が荒れ狂う。
その炎がグール達を飲み込み、穴の中を赤々と照らす。
グール達は魂消るような絶叫を上げ逃げ惑うが、炎が彼らを逃すことは無かった。
無慈悲なる灼熱が、一匹残らず彼らを焼き尽くしていく。

9 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:50:37.58 ID:gKhdfQsFO
( ;゚∀゚)「これは……」

ジョルジュが、信じられないと言わんばかりに目を見開く。

(=゚ω゚)「うっひょー!まさかこれが『魔術』ってやつかい!?」

口笛を吹き、眼前の光景を見つめるぃよう。

ノハ*゚听)「熱いぜぇぇぇ!!!」

興奮して歓喜の雄叫びを上げるヒート。

( ;´_ゝ`)「流石救世主、『魔術』を扱えるとは……」

(´<_` )「それぐらい、やってくれなければ救世主としても認められないがな」

後方から、兄者と弟者がそれぞれの感想を述べる。

10 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:51:29.80 ID:gKhdfQsFO
やがて炎が沈静化すると、そこには消し炭と化したグール達の死骸が散らばっていた。

('A`)「さぁ、ここは片付いた。さっさと先へ進むぞ」

ドクオは後ろも見ずに言うと、さっさと奥へと進んでいった。

( ゚∀゚)「これは、頼りになるな」

ジョルジュが、ニヤリと笑う。

( ゚∀゚)「さぁオレ達も負けてられないぞ!進撃!」

11 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:52:58.25 ID:gKhdfQsFO
暗闇にマズルフラッシュが煌めき、屍鬼達の絶叫が木霊する。
硝煙の臭いと、屍鬼の流す生臭い血液の臭い。それはまさに死臭。

(=゚ω゚)「いやっはぁ!これでも喰らいな!」

暗がりから這うようにして現れるグール達を、ジョルジュら前衛が重火器で蹴散らす。

( ´_ゝ`)「よし、二匹ゲット」

(´<_` )「流石だな、兄者。こっちも二匹ゲットだ」

彼らが伐ち漏らしたのを、兄者と弟者がライフルで丁寧に駆除する。

('A`)「鬱陶しい猿どもだ。纏めて片付けてやる」

ドクオは一人先行し、かたまったグールの群をその『魔術』で一掃する。
グール達はその勢いに抗うこともできず、次々と地に沈む。最早、これは一方的な虐殺になっていた。

やがて銃声が止み硝煙が晴れる頃には、穴の中に動くグールの姿は無かった。

12 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:54:48.26 ID:gKhdfQsFO
( ゚∀゚)「よし、大方片付いたな。しぃ、穴の中の熱反応はどうだ?」

ギアのヘルメット部分に内蔵された通信機に、ジョルジュが呼びかける。

(*゚ー゚)「はい、穴の中にいるのはジョルジュさん達だけです。作戦終了ですね、お疲れ様です♪」

ドクオのヘッドセットからも、しぃの軽快な声が聞こえてくる。

ノパ听)「あーあ、もう終わっちまったのかよぉぉぉ……ドクオ、てめぇが一人で殺し過ぎなんだよぉ!」

ヒートが、勢いよくドクオの背中を叩く。

('A`)「少し黙れ」

ノハ#゚听)「あぁん?てめぇ、誰に口k」

('A`)「いいから黙れ」

ドクオが手でヒートを制す。彼の耳を済ますような姿勢に、全員が訝しげな反応をする。

( ゚∀゚)「……どうしたドクオ」

ジョルジュの声を無視して、ドクオは穴の更に奥へと入っていく。

( ゚∀゚)「おい、待てドクオ、作戦は終了だ!待て、待つんだドクオ!」

ジョルジュの声が、穴の中に虚しく響いた。

13 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:56:12.72 ID:gKhdfQsFO
ジョルジュ達を後ろに残して、ドクオは横穴の奥へと走る。
微かに人の声を聞いた気がして、それが彼の深層心理の琴線に触れた。

壁に沿って進むと、やがて突き当たりの空間に誰かが立っているのがぼんやりと見えた。
逸る気持ちを抑えられず、ドクオはその人影に声をかけた。

('A`)「おいお前!」

ドクオの呼びかけに、その人影がゆっくりと振り返る。

美しく真っ直ぐな黒髪に縁取られた顔は、恐ろしい程に均整がとれていて、今まで見たどんな人間よりも美しかった。

川 ゚ -゚)「やぁ、久し振りだね、『オリジン』。それとも、今は『救世主様』と呼んだ方がいいかな?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 14:57:01.60 ID:cpKQ6OfsO
支援

15 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 14:58:27.55 ID:gKhdfQsFO
その顔にドクオは見覚えが無かった。
だが、胸の内から沸き起こる言いようのない「懐かしさ」にも似た感情が、目の前の女と自分が過去に会合している筈だと訴える。

('A`)「お前は……」

頭に残る違和感を振り払うべく、強気な態度を取り繕うが無駄だった。
ドクオは弱々しい言葉しか捻り出せない。

川 ゚ -゚)「思い出せないのも無理は無いさ。
彼らは君に幾重にも重ねた記憶封印を施したのだから。
今の君は、邪神を倒す術と五千年前の生活風習ぐらいしか頭に残って無いハズだ」

女は表情を変えずにそこまで言い、小さく呟いた。

川 ゚ -゚)「私のことも……な」

悔しそうな、辛そうな表情はだが一瞬で、直ぐにまた平坦な表情に戻る。

川 ゚ -゚)「君はまだ自分が何者なのかも知らない。
邪神を倒すのも、ただ本能に従っているだけ」

('A`)「オレは……」

混乱した頭では何も言えず、ドクオは言葉を繋げられなかった。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 14:59:01.39 ID:oGqPqjn70
ササミと鳩胸

17 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 15:00:33.96 ID:gKhdfQsFO
川 ゚ -゚)「思い出したかったら、『魔術師の末裔』を倒すんだ。いや、倒して欲しい」

川 ゚ -゚)「そうしないと、私達は『時の墓標』へと帰れない」

女の言葉に被せるようなタイミングで、後ろから足音が響く。
恐らくはジョルジュ達であろう。

川 ゚ -゚)「む、まずいな。ここにも奴らの飼い犬がいるのか。それではな、ドクオ。私は去らねばならない。
落ち着いて二人きりで話したいが、そうもできない」

そう言うと、女は後ろを向き『魔術』の展開に入ろうとする。

('A`)「待て!名前を、名前を教えろ!」

川 ゚ -゚)「クー……君がくれた名前だ」

寂し気に呟くと、彼女は『魔術』を再開する。

川 ゚ -゚)「目的、自身の転移。前方の壁を支点に二メートル×一メートルに展開。座標、ここより十キロ先の山中。開始」

彼女の言葉と共に壁が光を発する。その光の中に彼女は足を踏み出し、やがて光と共に見えなくなった。

('A`)「クー……」

残されたドクオの耳に、ジョルジュ達の声がぼんやりと入ってくる。

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 15:02:14.96 ID:vD5oCdk8O
なんという厨二病小説

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 15:04:43.11 ID:F+QZXbtG0
なにをいまさら
支援

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 15:05:41.38 ID:x5GghA39O
つまんねwwwwwwwwwwwwwプゲラwwwwwww

21 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 15:07:20.65 ID:gKhdfQsFO
これで今回の投下はおしまい!
夜までに続きを書けたらまた投下するわ。

>>18
まさに厨二病なんだぜ。書いててムズムズするもんwww

そんな厨二病のまとめはこちら↓
http://vip.main.jp/279-top.html

正直まとめられるとは思ってもみなかった。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 15:12:19.90 ID:vL/nQPdI0
携帯厨ここ入ってみw
マジうけるww
http://hey.chu.jp/up/source3/No_2201.xxx

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 15:14:38.64 ID:4+AZqQa/0

書くの早いな

24 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 15:34:16.02 ID:gKhdfQsFO
さて、保守ついでに外伝的なお目汚しでも。
暇潰しにドゾー



朝のコーヒータイムが至福という輩がいる。
私も数十年前までは奴らと同族だった。
煙草と珈琲を愛し、気だるげにまどろむ時間を心から堪能していた。

━━だが、それも昔のこと。
そんなことよりも、ずっと愛おしい時間を見つけてしまったのだ。

\(^o^)/は鬼軍曹のようです

25 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 15:41:13.30 ID:gKhdfQsFO
夜が明けて朝が来る。日の出と共に新しい空気が世界に満ちる、そんな空想。

朝の新鮮な空気に、新兵達の掛け声が響く。

新兵達「一、二、一、二!」

\(^o^)/「気合いが足りぃん!そんなことでは邪神どもの尻の穴に、ぶっといのを一発ぶち込むこともかなわんぞぉ!」

新兵達「サー、イエッサー!」

オワタ専任教官━━通称「鬼軍曹」と呼ばれる彼の怒声に、新兵達はやけっぱちの掛け声を上げる。

26 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 15:46:34.11 ID:gKhdfQsFO
二十年前のシベリア戦役で名誉の負傷を負い帰国した後、彼は軍を退役。
気ままな隠居生活に入った。
退役時の階級は軍曹。
軍を引退してからは、山奥の小さな村に妻であるフッジサーンと引っ越し、畑を耕す自給自足の生活。

一人息子のナンテコッタイは、都会に出て大手の証券会社に就職して、たまに届く便りには多忙ながらも幸せな生活を送っていることが記されていた。

27 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 15:51:50.26 ID:gKhdfQsFO
質素ながらも、慎ましく幸せに溢れた毎日を送っていたオワタに転機が訪れたのは、ナンテコッタイの二十五回目の誕生日であった。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 15:55:52.89 ID:cpKQ6OfsO
wktk

29 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:04:38.13 ID:gKhdfQsFO
その日も一日畑を耕し、自然の恵みを体いっぱいに浴びたオワタは、鼻歌を歌いながら家路を辿っていた。

\(^o^)/「フンフフンフン(←VIP☆STAR)」

と、突然遠雷が響く。


雨が近いのだろう。雲が急にその数を増した。

30 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:08:55.86 ID:gKhdfQsFO
ふと、腐った魚のような悪臭が鼻をつく。
周囲を見回し、ふいに生暖かくなった空気に違和感を覚える。

\(^o^)/「山が、騒いでいる……」

肩に担いだ鍬を正眼に構えるオワタ。
オワタの言葉どおり、山の中からは大小様々な獣の切迫した鳴き声が聞こえてくる。

31 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:13:24.11 ID:gKhdfQsFO
周囲に油断なく目を配り、オワタはその異変の主が姿を表すのを今か今かと待ち受けていた。

━━ふいに、風が止んだ。

オワタの鍬が翻り、雷光が闇をつんざく!
そのまま彼は地を転がり、襲いかかってきた驚異と相た

32 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:20:16.42 ID:gKhdfQsFO
(,,゚Д゚)「あーあ、相変わらずこのドキュメソタリー映画ダルいなぁ」

(-_-)「懲罰の内容が『これ』って……ウツダ」

新兵達はひそひそと、目の前で再生されている映像記録に対してやるせない思いを愚痴にして語り合っていた。

(,,゚Д゚)「大体何なんだよ、この主観だらけのストーリーは。結局、これって相手は熊だろ?」

映像の中では、オワタと、オワタの腰ぐらいの大きさの子熊が睨み合っている。

( ^Д^)「しかも子熊てwwwプギャーwwwwww」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 16:21:37.61 ID:xb7TEfyd0
支援

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 16:22:19.75 ID:g3epGizB0
,.――――-、
ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
 | |  (・)。(・)|   ミッキーに蹴りを入れたら
 | |@_,.--、_,>  秘密の部屋に連れて行かれたでござる
 ヽヽ___ノ                              の巻

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 16:25:22.94 ID:g3epGizB0
私怨

36 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:29:49.38 ID:gKhdfQsFO
しかし新兵達は知らない。
今自分達の身に襲いかかろうとしている、恐ろしい出来事に。

\(^o^)/「ほう……そんなに私の英雄的半生が気に入らないか……」

ボキボキと首を鳴らしながら迫りくる笑顔の悪魔。

(,;゚Д゚)「あ、いや、これは、その」

(;-_-)「最近読んだ『('A`)はダークヒーローのようです』が余りに酷い出来だったんで、その内容について語り合っていたわけですよ、な?」

ヒッキーがワカンナインデスに救済の眼差し向ける。

( ><)「続きが気になるんです!あの後教官はどうなってしまうんですか!?」

ワクテカしながら、ワカンナインデスがオワタにまくしたてる。

\(^o^)/「うむ。奴はなかなかに手強い相手だったが、私の必殺の『エターナルカオスディメンション』を食らって木っ端微塵になったのだ!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 16:31:27.21 ID:g3epGizB0
ちょwwwwwwwwwww

38 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:34:30.62 ID:gKhdfQsFO
HAHAHA!と笑うオワタ。ワカンナインデスは、「凄いんです!流石はオワタ教官なんです!」と心酔した声を上げている。

\(^o^)/「さて、それじゃあお前達にも私の必殺技『エターナルカオスディメンション』を見せてやろうか。
なぁ、ギコ、ヒッキー、プギャー?」

(,;゚Д゚)(;-_-)( ;^Д^)「!!!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 16:40:49.63 ID:g3epGizB0
wktk

40 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:40:54.72 ID:gKhdfQsFO
どこまでも抜けるような(性的な意味で)青い空、見渡す限り広がる紺碧のFRONTIER。
そこに響き渡る三人の新兵が奏でる、荘厳なるレクイエム。

今日もVIP基地は、平和なようだ。

\(^o^)/「晴れ渡る 世界に木霊すつわものの あやかなしけり 魂の叫び」

━━\(^o^)/は鬼軍曹のようです

-fin-

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 16:42:10.06 ID:g3epGizB0


42 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 16:54:48.90 ID:gKhdfQsFO
本当に行き当たりばったりで書いた。
今は反省している。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 17:18:53.06 ID:1X2ImJdR0



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 17:49:27.13 ID:34k9aXgT0
遅れながらも乙

45 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/04(月) 17:50:21.98 ID:gKhdfQsFO
代理依頼ばかりだといかんから保守しておく。

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 18:00:52.51 ID:34k9aXgT0
じゃあ保守

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 18:19:11.72 ID:34k9aXgT0
ほっし

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 18:28:51.79 ID:gKhdfQsFO
そこはかとなく保守

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 18:38:31.61 ID:34k9aXgT0


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 18:53:19.81 ID:34k9aXgT0
ほっほっほっ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 19:09:09.57 ID:34k9aXgT0
ほっしゃ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 19:20:34.02 ID:34k9aXgT0
ほっしゅ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 19:29:28.90 ID:UBLwYHMfO
ほっす

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 19:46:04.16 ID:34k9aXgT0
ほっさ

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 20:06:31.18 ID:34k9aXgT0
っほ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 20:21:04.10 ID:cpKQ6OfsO


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 20:39:04.12 ID:cpKQ6OfsO


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/04(月) 20:39:31.25 ID:34k9aXgT0
保守じゃ

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)