5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

('A`)はダークヒーローのようです

1 :代理:2007/06/10(日) 21:14:52.15 ID:SGBVtx5Z0
久々だな

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:20:45.43 ID:kLl4epcI0
wktk

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:24:29.12 ID:XhTzZE0G0
wktk支援

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:29:06.80 ID:lwoyrsxC0
wktk

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:34:03.43 ID:SGBVtx5Z0
もしかして代理立てたの気づいてない?

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:39:34.31 ID:Y+JZTB3v0
とりあえず保守しとくか

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:45:25.23 ID:52NVclBx0
酒飲んでるっつってたから寝ちまったのかもわからんね

8 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 21:47:06.80 ID:BDyp4T7cO
>>1
有難うなんだぜ。

まとめ
http://vip.main.jp/279-top.html

「('A`)はダークヒーローのようです」では皆さんの感想をお待ちしています。
リクエストの曲名とこのお話しを読んでみて思ったことをハガキに書いて送ってみてね!

それじゃあ始まるよ☆

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:48:08.65 ID:Y+JZTB3v0
支援

10 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 21:52:03.36 ID:BDyp4T7cO
第九話 ニコチン

大蛇のようにうねる人の波。
生きているが生気の無い目。
疲れきった表情。
つまらなそうな足取り。
溜め息。愚痴。怠惰。

感情渦巻く交差点、彼女は大衆の中で孤独に打ちひしがれていた。

从゚∀从「死者の行進だな、こりゃ」

人の流れを振り返る。
仕事に追われるサラリーマン、携帯片手に声高に喋る若い女、薬物依存らしい虚ろな表情の男性。

ラッキーストライクの煙越しに見る人々は、このタバコの煙よりも存在が不確かなような気がして。

彼らは本当に生きているのだろうか?

真の意味で人生を生きているのか?

彼女の脳内を、そんな考えが支配する。

11 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 21:54:00.17 ID:BDyp4T7cO
从゚∀从「こいつらは真に守るに値するのかね?」

イントネーションに、彼女なりのアクセントをつけて独りごちる。

今日のタバコは、不味い。

从゚∀从「はは、考えるだけ無駄、か」

馬鹿馬鹿しくなったのか、彼女は肩をすくめるとまた歩き出した。
まだ随分と残っているラッキーストライクを、携帯灰皿にねじ込む。
彼女の背中は、大衆の中にあって一人だけ妙に生き生きとしていた。

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:54:27.07 ID:SGBVtx5Z0
支援

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:54:53.45 ID:Y+JZTB3v0
支援

14 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 21:56:33.13 ID:BDyp4T7cO
ドクオが、コーヒーの最後の一口を飲み干すと、彼の探し人が曲がり角から姿を現した。

( ゚∀゚)「やぁドクオ、散歩かい?」

ジョルジュはいつもの気だるげな歩き方で彼の目の前の自販機に歩み寄ると、ドクオのと同じコーヒーのボタンを押し、カップを取りドクオの隣にもたれかかった。

('A`)「お前を捜しているうちに散歩になった」

紙コップをゴミ箱に放ると、長い前髪をかきあげる。
自分でも、鼻につく癖だと思う。

( ゚∀゚)「オレを捜して?はは、オレもついに男にモテるようになっちまったか」

軽口を叩き、コーヒーを啜る。

('A`)「聞いて欲しいことがあってな」

含みのある声で、ドクオは切り出した。

15 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 21:57:48.27 ID:BDyp4T7cO
( ゚∀゚)「オレに聞いて欲しい事?」

決してジョルジュはせせら笑う事をしない。それが彼の魅力だ。

('A`)「あぁ。少し困ったことがあってな。今まで何千年も生きてきた筈だが、こんな事は初めてだ」

ジョルジュは黙って先を続けるよう促す。

('A`)「嘘を、ついたんだ」

ジョルジュはコーヒーをまた一口啜ると、ドクオの方を見た。

( ゚∀゚)「嘘か。どんな嘘なんだ?」

('A`)「些細な事かも知れん。だが、相手にとっては、その言葉が、唯一の、希望なんだ」

一つ一つ区切って言葉を紡ぐ。彼にしては珍しい喋り方に、ジョルジュも真剣な顔をする。

( ゚∀゚)「ふむ。偽りの希望を相手に与えてしまったと」

('A`)「あぁ。オレでは彼女の願いを叶えてやることはできないのに、だ」

ドクオは、今までに感じたことの無い不安を抱えていた。
何においても完璧であった筈の自分が、こんな感情を抱くとは夢にも思っていなかった。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:57:55.80 ID:Y+JZTB3v0
支援

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:58:29.05 ID:jDIoSERK0
支援

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 21:59:08.28 ID:f8H8ke9u0
支援

19 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:01:11.45 ID:BDyp4T7cO
ちらとジョルジュの方を見やる。
だが彼は別段笑うでも無く驚くでも無く、真剣な眼差しでドクオを見つめている。
その眼差しに、彼は安堵と安らぎを覚えた。

( ゚∀゚)「それでお前は、その相手の願いを叶えてやりたいのか」

ゆっくりと、ジョルジュが訪ねる。

('A`)「わからない。本来なら、人間なんかに興味など持たない筈なんだが……」

( ゚∀゚)「なら簡単だ。はっきりと『嘘だった』と謝ればいい」

('A`)「しかし……」

煮え切らないドクオの言葉。

( ゚∀゚)「しかし、なんだ?」

('A`)「相手はまだ成熟しきらない子供だ。しかも、物心がついたばかりの」

( ゚∀゚)「ふむ……確かにそいつは厄介だな。子供は嘘に傷付きやすい。余程上手くやらなきゃいかんぞ」

ジョルジュはコーヒーを一気に飲み干すと、カップを捨てソフトケースに入ったマルボロを取り出し、火をつけた。

20 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:02:16.63 ID:BDyp4T7cO
('A`)「オレはどうしたらいい?」

( ゚∀゚)「そうだな……その子供の『願い』っていうのはどうしても叶えられないものなのか?内容によっちゃどうにかなるかも知れん」

('A`)「絵本の中の猫を蘇らせたいんだそうだ」

( ゚∀゚)「……お前さんは何て答えたんだ?」

答えるべきなのか。少し躊躇ったが、一呼吸を置いて、ドクオは胸の内を吐き出した。

('A`)「魔法使いを捜してきてやると」

( ゚∀゚)「……」

二人の間に沈黙が流れる。ジョルジュは思案しているようで、煙を吐き出してはそれを眺めている。
気がついたように、閉まったマルボロを一本取り出しドクオに差し出す。

( ゚∀゚)「お前さんも一本どうだい?」

この直径八センチ弱の細長いニコチンの塊の味を、ドクオはまだ知らない。
試しに一本貰っておく事にしてみた。
ジョルジュがジッポですかさず火をともす。

煙を灰いっぱいに吸い込み、吐き出す。

苦いながらも、ほっとするような味がした。

( ゚∀゚)「……オレが思うに、最後までその子供の魔法使い捜しに付き合ってやるのが、この際一番だと思うぜ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:03:01.72 ID:Y+JZTB3v0
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:03:15.45 ID:f8H8ke9u0
支援

23 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:04:48.64 ID:BDyp4T7cO
('A`)「だろうな。やはり、それが一番なのかも知れん」

タバコの煙がゆらゆらと揺れる。
ドクオの胸中を表しているようで、滑稽だった。

( ゚∀゚)「あぁ。だが結局は魔法使い捜しなんてのも、まやかしなんだ。その場しのぎにしかならん。
いつかは限界が来る。その時どうやってその子を納得させるかは、ドクオ、お前さんが考えることだ」

マルボロをフィルターぎりぎりまで吸うと、ジョルジュは灰皿に押し付けた。
蛍のような火が消え、後には灰が残る。

('A`)「わかってる」

くわえたマルボロから煙を補給する。
唇から離して、マルボロをしげしげと見つめた。

( ゚∀゚)「まぁ、頑張れよ」

我が子でも見るように、ジョルジュが目を細める。

('A`)「お前は、煙草みたいな男だな」

ドクオがポツリと呟いた言葉は、ジョルジュの耳に入ったのか。
彼はいつもの苦笑いを残して、歩いていった。
後には煙草の煙が残る。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:05:15.56 ID:SGBVtx5Z0
支援

25 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:08:07.87 ID:BDyp4T7cO
第十話 雨と追憶

朝はあんなに天気が良かったのに。
そんな事を考えながら、ツンはあまり広いとは言えない自室のベッドの上でオカルト雑誌「ヌー」のページを繰っていた。
外は天の床板が外れたかのような土砂降りの大雨。
時刻は十二時を回っている。

大学の研究室に顔を出す予定だったが、朝起きてみると頭がくらくらした。
熱を測ってみると、三九度。
心なしか喉も痛むようだったので、内藤にメールで今日は研究室に行けない事を告げた。
内藤と来たら、そんな些細な内容のメールにすら必死に心配して電話までしてきた。
少し大袈裟だと思ったが、そんな内藤の思いやりがツンには堪らなく嬉しかった。
内藤は、研究室の帰りにツンの部屋に寄ると言って電話を切った。
それが四時間前。
急に雨が降り出したのが二時間前。
出来損ないのリゾットを作ったのが一時間前。

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:08:51.18 ID:Y+JZTB3v0
支援

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:09:32.85 ID:jDIoSERK0
支援

28 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:11:12.68 ID:BDyp4T7cO
ξ゚听)ξ「ブーン、何時頃研究室出るのかな」

ξ゚听)ξ「お見舞いには何を買ってくるんだろ」

ξ゚听)ξ「相変わらず、あのキバヤシとか言う大袈裟な男と一緒に馬鹿やってるのかな」

ξ゚听)ξ「雨だけど、傘はちゃんと持ってるのかしら」

ξ゚听)ξ「あ、久しぶりに来るから、道忘れてるかも。大丈夫かな……」

そこでツンははっとする。
先程から内藤の事ばかり考えているではないか。

ξ*゚听)ξ「は、何考えてるんだろ私。馬鹿みたい。ブーンがお見舞いに来るくらいで……」

一人の部屋で上気した頬をつねり、ベッドに顔をうずめる。

ξ--)ξ「私のキャラじゃ、無いわよ」

29 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:12:21.66 ID:BDyp4T7cO
気付けば時計の針は二時をさしている。

ξ;゚听)ξ「二時間もブーンの事考えてたなんて……こりゃあ重傷だわ」

ξ゚听)ξ「あー、やめやめ。とりあえず部屋の掃除でもしとかなきゃ」

気分を入れ替える為、ベッドから立ち上がる。

ξ゚听)ξ「とりあえずは、この『ヌー』の山をなんとかしなきゃね」

そう呟くと、彼女は床に散らばるオカルト雑誌の山を見つめた。
この『ヌー』は、ツンが高校生だった頃から毎号欠かさず購読しているもので、ツンは内藤に教えてもらって初めてその存在を知った。
当時の彼女は、内藤がこの雑誌を教室で読んでいるのを見て、

ξ゚听)ξ「オカルトヲタきめぇwwwww」

などと言っていた。
しかし、放課後本屋から出てきたツンの小脇にはしっかりと『ヌー』が挟まれていたのだった。
内藤を「オカルトヲタ」呼ばわりした手前、自分もこの雑誌を購読していることを知られてはしめしがつかない。

ツンは意を決して床に散乱する『ヌー』をかき集めると、紐できつく縛り持ち上げた。

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:12:34.74 ID:Y+JZTB3v0
支援

31 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:14:26.51 ID:BDyp4T7cO
二年分の雑誌を紐でまとめると、四束のオカルトの山ができた。
自分でも呆れる程に集めたものだ。
ため息を吐きながら、押し入れを開けてその中に『ヌー』を押し込もうとして、彼女はふと懐かしいものをそこに見つけた。
青い表紙の分厚いそれは、ツンの母校である「都立VIP高校」の卒業アルバムだった。

ξ゚听)ξ「卒アルかぁ……懐かしいなぁ」

大掃除お約束のノスタルジィタイムである。
一ページ、一ページを、丁寧に愛おしげに捲るツン。

ξ゚听)ξ「あ、これ貞子じゃん。あの子今頃どうしてるのかな。相変わらず影薄いのかな」

口元を綻ばせながら、思い出を噛み締める。

ξ゚听)ξ「ブーンはこの頃からキモピザねwww」

ξ゚听)ξ「あ、修学旅行。そういえばラウンジに行ったんだっけ。まさかあそこが滅びるなんて思いもしなかったなぁ」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:14:56.86 ID:kLl4epcI0
支援

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:15:15.66 ID:Y+JZTB3v0
支援

34 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:15:23.30 ID:BDyp4T7cO
楽しかった高校時代、何もかもが輝いていた。
つまらないものなど無く、目に映る全てが新鮮で希望に溢れていた。

ξ゚听)ξ「これ……」

アルバムの中に、かつての傷跡を見つけたツンは、ページを捲るのを止めた。
その視線は、一つの写真を悲しげな眼差しで見つめている。
写真の中では、まだ上手く巻けていないツインテールのツンと、黒髪の美少女がこの世の春を謳歌するように満面の笑みを浮かべている。

ξ゚听)ξ「クー……」

胸の中を、切れ味の悪いナイフが抉る。
写真の中にツンと一緒に写っている少女は、もういない。
最後のページ、卒業写真の中にもその少女の姿は無い。

━━行方不明。新聞やニュースはそう告げた。
ある日、忽然とツン達の前から姿を消したのだ。
去年、死亡宣言の許可が下りるちょうど七年目に彼女の家族は死亡宣言をし、保険金を受け取った。
思えば、家族からは愛されていなかったのだろう。
その後、誰も彼女のことを探そうとする者は現れなかった。

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:16:17.29 ID:Y+JZTB3v0
支援

36 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:17:38.06 ID:BDyp4T7cO
それでもツンと内藤は諦めなかった。
周囲が彼女の事を忘れ去っても、懸命に彼女の行方を捜し続けた。
それはVIP大学民族学部の院生になった今でも変わらない。
暇を見つけては彼女の失踪に関わりがありそうな事なら、どこまでも掘り下げて追求した。

しかし、その成果は芳しく無い。
八年経った今でも、彼女の足取りはようとして知れないでいる。

ξ゚听)ξ「絶対、見つけ出して横面張り倒してやるんだから……」

ツンが呟くのと同時に、玄関のチャイムが鳴った。
慌ててアルバムと『ヌー』の束を押し入れに押し込むと、彼女はふらつきながらも玄関まで駆けた。

ξ゚听)ξ「はいはい、開いてますよ」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:18:25.37 ID:Y+JZTB3v0
支援

38 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:20:09.34 ID:BDyp4T7cO
ツンがドアを開けると、そこにはずぶ濡れの内藤と、その内藤に支えられた見覚えの無い女が辛うじて立っていた。

ξ;゚听)ξ「ど、どうしたのよその人!?」

驚くツンを遮り、内藤は見ず知らずの女を支えながらツンの部屋に上がり込む。
そのままソファに彼女を寝かせると、やっとツンの方を振り返った。

(;^ω^)「道端に倒れてたんだお。死んでるかと思ったけど、まだ意識があったからここまで連れてきたんだお」

内藤の息は荒い。女一人の体重とはいえ、土砂降りの中をここまで支えて来たのだ。さぞかし大変だったろう。
ソファに横たわる女を改めて見る。
恐らく藍色だったであろう長衣は、雨と彼女自身の血液で見るも無残に汚れ、あちこちが破れていた。
長衣の切れ目からは、生々しい傷口がのぞいている。

ξ;゚听)ξ「いけない!早く救急車呼ばないと!」

ツンが慌てて携帯を開く。だが、今までソファで苦しそうに横たわっていた件の女が、その手を掴んだ。

ミセ;>ー<)リ「救急車も、警察も……はぁ、呼ばない…で」

ξ;゚听)ξ「でも、あなた、その傷は流石にまずいでしょ……常識的に考えて」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:21:19.91 ID:kLl4epcI0
支援

40 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:23:04.44 ID:BDyp4T7cO
ミセ;゚ー゚)リ「私なら、平気ですから……少し休ませていただければ、大丈夫です……それに、病院だけは……」

そう言うと、傷だらけの女は目を閉じた。
何やらただ事では無さそうだと、ツンは思った。

ξ;゚听)ξ「わかったわ。どこにも連絡はしないから、とりあえず手当てだけはさせてね?」

救急箱を取り出し、蓋を開ける。

彼女はツンの言葉に黙って従った。

外では遠雷が轟き、雨はよりいっそう激しさを増したようだった。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:24:13.98 ID:Y+JZTB3v0
支援

42 : ◆/ckL6OYvQw :2007/06/10(日) 22:25:55.38 ID:BDyp4T7cO
以上、今日の投下分ですた。
ちょいと投下ペース遅くてスマソ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:27:07.43 ID:Y+JZTB3v0


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:27:59.59 ID:SGBVtx5Z0


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:30:16.57 ID:kLl4epcI0
乙カレー!

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/10(日) 22:32:18.08 ID:jDIoSERK0


16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)