5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)('A`)( ,,゚Д゚)ξ゚听)ξ(*゚ー゚)川 ゚ -゚)

1 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 20:47:30.27 ID:KJlpLMsV0

このスレは「ブーン系小説」ジャンルです。
読者参加型の小説ですので、選択肢が来た場合はぜひご参加下さい。

また、オムライス様(http://vip.main.jp/69-top.html)にまとめていただいています。
初めてという方、前回見逃した方は、↑で読むと話が分かるかもです。

ニューゲーム、ロードゲームとあり、現在は
メモリーカードの残量がないので、自動的にロードゲームが選択されます。

その場で文章を書いているので、多少投下に時間が掛かります。
ご了承の上、お読み下さい。


主なるーる。
・安価の際、選択肢外のレスの場合は一個ずらす
・時間の都合上、短くなる事があります。ご了承下さい。
・夜更かししない

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 20:48:57.07 ID:MQZe2psR0
おお、なんか久しぶりに見た

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 20:50:09.15 ID:u693iw2RO
早いな

4 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 20:52:54.40 ID:KJlpLMsV0




           ( ^ω^)('A`)( ,,゚Д゚)ξ゚听)ξ(*゚ー゚)川 ゚ -゚)





                 1、ニューゲーム(残数0)
                ⇒2、ロードゲーム(4)

ロードします。



5 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 20:56:17.84 ID:KJlpLMsV0
メモリーカード1
主人公:('A`) ドクオ
時:夜
場所:家
参考:くーのおっぱい

メモリーカード2
主人公:( ^ω^)   ((=゚Д゚=)
時:夜
場所:街路
参考:にゃ?

メモリーカード3
主人公:ξ゚听)ξ ツン
時:?
場所:家
参考:救急車……遅いなぁ

メモリーカード4
主人公:从'ー'从
時:卒業式後
場所:ラブホテル
参考:ぃょぅ君、動揺しすぎワロタwwww

>>6

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:10:16.72 ID:hQYnWWB0O


7 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:14:23.50 ID:KJlpLMsV0
从'ー'从「ほ〜らほ〜ら」

(((;=゚ω゚)))「やめるよぅ!」

川 ゚ -゚)「……」

从'ー'从「本当はエッチしたいんでしょ〜」

(((;=゚ω゚)))「バカな事いうなよぅ!」

从'ー'从「それとも、クーちゃんの風呂覗きたいの〜?」

(((;=゚ω゚)))「ぶっ」

川 ゚ -゚)「……」

从'ー'从「そだ、覗こう!覗こう!」

川 ゚ -゚)「……」

8 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:17:59.72 ID:KJlpLMsV0
川 ゚ -゚)「私の風呂を、覗くと」

突然、私の背後から声が聞こえた。
振り返ると同時に感じた殺気に、私は冷や汗をかく。

川 ゚ -゚)「面白いことを考えるな、渡辺」

从;'ー'从「えへへ……w」

川 ゚ -゚)「ぃょぅも、渡辺とお楽しみだったようじゃないか」

(=゚ω゚)ノ「コイツが勝手にやったんだよぅ!」

再び訪れる沈黙。
それを破ったのは、またもやクーだった。

川 ゚ -゚)「勝手にイチャイチャしてればいい」

彼女は振り返り、ドアノブに手をかけた。
私とぃょぅ君が立ち上がり、止めようとした時には、既に彼女は部屋から出て行ったあとだった。

9 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:21:06.90 ID:KJlpLMsV0
(=゚ω゚)ノ「……」

クーが出て行き、私とぃょぅ君だけとなった部屋。
沈黙の中、桃色の電灯だけが、私達を照らしている。

从'ー'从「あらら〜。怒っちゃった、クーちゃん」

(=゚ω゚)ノ「……」

从'ー'从「ちょっとしたお遊びだったのにね〜w」

私は軽く笑って、ぃょぅ君の肩を叩いた。
だが、その瞬間、私の手は勢いよく弾かれる。

(=#゚ω゚)ノ「何がお遊びだよぅ!ふざけるのもいい加減にするよぅ!」

ぃょぅ君が、いきなり大声を出した。
その唐突さと、今まで見たことないぃょぅ君の態度に、私は驚きを隠せないでいる。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:23:42.15 ID:XGX0NqlzO
wktk

11 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:24:32.48 ID:KJlpLMsV0
(=#゚ω゚)ノ「お前のせいで、クーが勘違いしたよぅ!」

从;'ー'从「ご、ごめんってばぁ〜……」

(=#゚ω゚)ノ「俺は追いかけるよぅ!」

勢いよく部屋を出て行ったぃょぅ君。

彼が、ここまで興奮することは珍しいことだった。
何をしても、基本的には笑ってごまかしてくれるぃょぅ君。
だが──その彼が、今回はとても怒ったのだ。

从'ー'从「……」

部屋に残された私。
出て行ったクーと、ぃょぅ君。

ぃょぅ君はクーちゃんのことが好きだ。
そして私も、クーちゃんのことが大好きなのだ。


12 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:28:29.26 ID:KJlpLMsV0
でも、クーちゃんは女で、私も女。
この想いは、きっと届かない物なのだ。

クーちゃんも、もう高校生になるから、分かっていると思う。
好きとか、付き合うっていうことを。

ぃょぅ君がアタックをすれば、クーちゃんはきっと、スグに交際を了承するだろう。
彼女本人に聞いた事はないが、絶対に、そうだ。

从;ー;从「ふぇ……」

嫌だ。
クーちゃんが、誰かと付き合うなんて、私は嫌だ。
そんなこと、耐え切れない。

从;ー;从「ふぇ……ふぇぇ……」


13 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:32:44.92 ID:KJlpLMsV0
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・
・・


从'ー'从「……」

ベッドで一人、泣いていた。
いや、それは既に過去のことだ。
今は、既に泣きつかれて、ベッドに寝転んでいる。

中学の卒業の日が、こんなとこで一人でいるなんて、考えもしなかった。
私の妄想では、クーちゃんと二人でパフェに行く予定だったんだけど。

ぃょぅ君が……ぃょぅがいたから、それは不可能となった。

从'ー'从「……」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:34:40.80 ID:UwUN3eu70
wktk支援

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:34:58.86 ID:Ar0Rbdr1O
二日連続wktk

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:35:16.50 ID:7uf8dexD0
ま さ か こ れ は   ・・・

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:35:42.96 ID:u693iw2RO
wktkwktk

18 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:37:36.39 ID:KJlpLMsV0
家に帰った私は、特に何もすることなく、眠りに付いた。
明日からしばらく、ニートという奴だ。
時間はいくらでもある、急いですることなど何もない。


次の日の朝、私は『いつもの時間』に目覚めた。
習慣とは怖いもので、何も考えなくても、学校に行く時間には起きてしまうのだ。

从'ー'从「……今日も、クーちゃんと遊ぼうかなぁー」

何て独り言を呟いた。
誰も聞かないことを分かって、呟いたのだ。
自分の、クーちゃんに対する、愛を確認するために。

从'ー'从「よし、メールしよう!」

やはり私は声に出して、携帯を取り出した。
ポチポチとボタンを押して、クーちゃんにメールを送る。


19 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:40:50.56 ID:KJlpLMsV0
・・・・・
・・・


从'ー'从「返信きたぁー!」

私がメールをしてから10分後、彼女から返信が来た。
私は急いでメールを開き、内容を確認する。


送信者:クー
本文:午前は勉強するが、午後からなら付き合えるぞ。
    ぃょぅには私から連絡するから、何をするか考えておいてくれ


从'ー'从「……」

遊べる、ということに関しては、素直に喜ぼう。
何をするか考える、ということも、別に何の変哲もないことだ。

だけど。


从'ー'从「……一々、ぃょぅなんて呼ばなくていいのに……」



20 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:43:02.58 ID:KJlpLMsV0
私はクーちゃんに、返事を打ち始める。
内容は……こうしよう。


1、「ぃょぅ君は今日、何か用事あるから遊べないらしいよ!」

2、「ぃょぅ君、どうしても呼ばなくちゃダメ〜?」

3、「了解〜。それじゃ、また午後!」


>>21

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:43:43.30 ID:Ar0Rbdr1O
1

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:43:45.67 ID:8+Jin6sY0
3

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:43:54.68 ID:arJN1hQx0

1

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:44:35.44 ID:u693iw2RO
2

25 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:46:46.08 ID:KJlpLMsV0
从'ー'从「……」

私がボタンを押すと共に、画面に表示されていく文字。
このメールは、出来る限り早く送らないと意味がない。


宛先:クー
本文:ぃょぅ君は今日、何か用事あるから遊べないらしいよ!

从'ー'从「……」

文章の見直しもせずに、私は送信ボタンを押した。
……これで、今日は、私とクーちゃんだけで遊べる。
これで……いいんだ。



26 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:52:52.76 ID:KJlpLMsV0
数分後、クーちゃんから、「了解」という意味のメールが帰ってきた。
どうやら、彼女がぃょぅ君に連絡する前に届いてくれたようだ。

从'ー'从「……」

問題は、午後から何をするかということだ。
今まで、何かと3人で遊んでいたから、いざ2人で遊ぶとなると、
デートみたいで恥ずかしく思ってしまう。

从'ー'从「カラオケはク−ちゃん嫌いだし、ボーリングは2人じゃなぁ……」

意外と、遊べるところは少ない。
考えれば考えるほど、色々な問題点が浮かんできて、結局は消えてしまう。

………。
……。

午後1時、クーちゃんからメールが来た。
「何して遊ぼうか」という内容。
私は、先ほど考えた事をクーに伝えるため、返信を打ち始めた。

27 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 21:54:47.76 ID:KJlpLMsV0
メモリーカード4
主人公:从'ー'从
時:ニート生活中
場所:
参考:今からクーちゃんと、デート……?

セーブしました。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:57:18.99 ID:Ar0Rbdr1O


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 21:58:26.73 ID:g7ApMbTM0


30 : ◆sHNGWXTAUA :2007/06/13(水) 22:00:43.15 ID:KJlpLMsV0
みなさん、お疲れ様でした。
本日の投下はこれで終了です。

ここで一つ、ちょっとしたお知らせ。

次回の投下は、『いつもと違う、特別バージョン』でお送りいたします。
何か意味の分からないことを言っていますが、簡単に言うと、
次回の投下は、『おまけ編』を投下する。ということです。

今回、おまけ編で選べるキャラクターは、
・( 'A` ) ドクオパパ編
・( ><)わかんないんです編
・( ´∀`)モナー編
の3キャラクターです。

面子を見ると分かりますが、まともな展開は期待しないほうがいいかと。

では、今日もありがとうございました。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 22:01:04.09 ID:u693iw2RO
乙かれ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 22:01:11.63 ID:2Jd0pIhWO
カレー

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/13(水) 22:03:50.11 ID:UwUN3eu70
乙かれさん

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)