5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

セガールとイチローが戦ったらどーなるの?

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:51:38.33 ID:V1Dd8ECk0
どうなるの?

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:52:26.00 ID:WvmgXXMX0
とりあえずドラゴンボールの願いで地球を元に戻すのは必須

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:52:25.84 ID:QYikGJv7O
2get

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:52:32.99 ID:Rl7ltVhG0
鈴木が勝つかな

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:53:10.41 ID:s6wKdvId0
イチローの打ったボールをスナイパーライフルで狙撃する

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:54:12.29 ID:5qU0V6Er0
セガローになる
もしくはセチロー

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:55:20.85 ID:Kd1idzQX0
室伏のトルネードとイチローのトルネードがぶつかり
世界が危機に瀕する

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:56:02.14 ID:tHi3H7J3O
後のビッグバンである

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:57:01.83 ID:OO/p9MzO0
キムタクのわきがが治る

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:57:08.86 ID:g/K9TgH+0
うちゅうの ほうそくが みだれる









程度ではすまない




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:57:13.25 ID:r3IKeieG0
またこの話かよ。
イチローもすごいけどセガールには遠く及ばないのが結論だ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:59:10.05 ID:KVi9NuGfO
セガールは強いとかじゃなくずっとセガールのターンなんだ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/18(月) 23:59:31.71 ID:QDcd477MO
イチローは神の子

セガールは唯一神


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:01:02.65 ID:+6jrrF3l0
>>13
ぶぶー
神の子はKIDです。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:02:47.96 ID:FlVgTHFQO
>>14
セガールが神でそのこどもがKIDか?

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:04:53.60 ID:M1AlLUHg0
図書館に「武蔵とイチロー」という文庫本があったけど
蜷川の子孫の方じゃなくて宮本武蔵のことだった

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:11:38.22 ID:779hmvnoO
全盛期伝説を頼む

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:13:28.51 ID:O6DBj1Ip0
イ『』
セ「」

『もう一度説明して頂けますか?スティーヴン』
「合衆国はベースボールの本場。
しかし、日本代表に負けた事、不公平な審判などの問題から
聖地では無くなった。
イチロー・スズキには合衆国の尊厳を傷つける工作員の嫌疑がかけられている」
『そんな馬鹿な話・・・』
「また、日本野球界にも徐々に圧力をかけていく計画になっている」
『!』
「イチロー。君は子供たちにヤキュウを教える事を許されなくなる」
『・・・なにが尊厳だ・・・子供たちには関係ないじゃないですか。』
「・・・私は君を連行しなければならない」
『嫌です』
「・・・そうか・・・では・・・」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:17:05.67 ID:FK586Bxm0
>>18
イチローの野球の師匠がセガールで、
野球で殺しあうんだな。

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:25:24.24 ID:O6DBj1Ip0
「(合図を出し、仲間が銃を取り出すのを見る)」
『そんなもの、無駄ですよ』
パン!(威嚇射撃)
「イチロー・スズキ、これは警告です。おとなしく・・・」
『(バットを振る)』
「おっと!」
警官「この!」
「待t――」
パン!ギン!
「な・・・」
警官「!?」
『こんな遅い弾、打つのは簡単ですよ』

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:26:50.04 ID:HJjlzw6Z0
>>20
厨ニ病小説家乙

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:27:02.01 ID:O6DBj1Ip0
>>19
すまん。今回のセガールは政府側の実力ある下っ端。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:37:06.13 ID:O6DBj1Ip0
「これは驚いたな。さすがだ」
『ありがとう』
(警官がもう一度銃を構える)
「やめておけ、打ち返されたらどうするんだ?」
警官「そ、そんな魔法があるもんか!(パン!)」
ギン!
(警官の後頭部を何かがかすめる)
警官「え・・・」
『さすがに、木製バットでは打ち返せないのでね』
「なるほど、壁にワンクッションさせての打ち返したのか」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:48:47.96 ID:O6DBj1Ip0
『野球はみんなのものだ。アメリカだけのものじゃない』
警官「くっ」
警官は銃をいつまでも構えている。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:50:55.25 ID:0h+MENoY0
わくてか

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 00:55:19.59 ID:O6DBj1Ip0
突如イチローの姿が見えなくなった。
一瞬の内に警官の懐まで接近していたのだ。
「!さすが盗塁王だな・・・」
警官の銃を難なく奪い取り、レーザービームで遠くへ投げ捨てる。
警官「ひ!」
「俺ガ相手ダ。スズキイチロー(日本語)」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 01:06:38.41 ID:O6DBj1Ip0
『スティーヴン・・・あなたには手加減できませんよ』
「ああ、イチロー。Japanese『ヤキュウ』の力を存分に発揮してくれ。
俺も本気で行く」
『わかりました・・・。』

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 01:24:22.77 ID:O6DBj1Ip0
二人の距離は約7m。
あたりにはいくつものボールが転がっている。
イチローがボールを拾う。
セガールがゆっくりと銃を取り出す。
イチローがレーザービームを放つ。
セガールは身を低くしてかわし、即座に銃を撃つ。
しかしイチローは信じ難いスピードで走って来る。弾丸は外れたようだ。
セガールは銃を構えなおし、撃つが、バットで跳弾にして返される。
それをかわして、また撃つ。
イチローは跳弾にして返しながら、ノックの要領でボールを打っていく。
「こ、ここまですごいのは君がはじめてだよ」
精密機械のように返される跳弾と連打されるボールに、
さすがのセガールも驚きを隠せない。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 01:26:07.21 ID:O6DBj1Ip0
みんな!書こうよ!さびしいよ!

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 01:31:34.48 ID:r6qiNdmzO
いや、俺は見てる。
存分に書いて欲しい

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 01:34:14.76 ID:O6DBj1Ip0
>>30
感動。と共に奇特な人だなあと感じた。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 01:43:55.81 ID:O6DBj1Ip0
さすがのセガールも避けきれなくなり跳弾はかわし、ボールは打ち落とす。
当たり前だが弾切れになる。
「くそ!」
ボールの一つがセガールの頭をかすり、頭部から血がにじみ出た。
『・・・す、すみません。わ、私の勝ちですね』
「いいや」
セガールが素早く接近してきた。
『!』
「あんたは戦い慣れていない」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 01:50:11.27 ID:O6DBj1Ip0
『く――!』
振り子打法を応用してバットで打とうとするが、
格闘術ではセガールが上手だった。
交差法と関節技で素早くバットを奪い取られる。
『・・・なるほど、敵に情けをかけてはならなかったのですね・・・』
「いや、隙を作ってしまったのが敗因さ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:09:46.17 ID:r6qiNdmzO
どうした?寂しいのかい?



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:10:25.91 ID:O6DBj1Ip0
『・・・そうですか・・・なら――!』
「ん?(何だ!?)」
イチローが、突如ハイキックを繰り出した。
「ぅ!」
唸りを上げるハイキックがセガールの脇腹に命中した。
続けて、蹴り出した脚を地面に擦り付けるように落とし、
左手で右肘を押し出すように打ち出す。
セガールもそれに反応し、威力を流そうとするが、
重みがありすぎて流しきれなかった。
「ぐっ!(イチローが拳法!?)」
それぞれ廻脚、掃腿、弓歩頂肘に見える動きだった。
『2005年から、ハイキックの力を応用した打法を使っているんですよ』

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:14:20.51 ID:O6DBj1Ip0
>>34
イチロー対セガールを書いてくれる人が居ないのが寂しいです。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:15:18.11 ID:oltFf+mh0
野茂とイチローの対決から矛盾という言葉が生まれたのはあまりに有名

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:15:35.73 ID:zLMGAj/u0
野球の勝負では五分五分だろうけど
サッカーで勝負したら間違いなくイチローが勝つだろうね

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:17:00.26 ID:O6DBj1Ip0
>>37
そう!それ!

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:17:22.44 ID:WAH80cPOO
この世界はイチローが見ている夢

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:18:52.26 ID:XkIT//zvO
パン!
迫力がない

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:18:56.27 ID:NSELn9KR0
>>18はセガール映画を観て、もう少しセガールについて学んで欲しい

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:20:57.07 ID:O6DBj1Ip0
>>42
実は28の時点で、
アメリカのベースボール界が雇った殺し屋と共闘する方向に行きたかった。

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:21:40.14 ID:NUw3UNQj0
ピッコロ「…信じられん。二人とも凄い気だ…!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:23:47.28 ID:O6DBj1Ip0
>>42
43文章訂正
実は28の時点で、
セガールがイチローに協力。
アメリカのベースボール界が雇った
ターミネーターシュワルツネッガーに追いかけられ、
共闘する方向に行きそうだった。


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:24:51.70 ID:O6DBj1Ip0
>>44
ピッコロが言うなら相当凄いんだな。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:26:20.92 ID:ObmjYWQ60
こ、これがS級同士の戦いか・・・

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:27:45.91 ID:SoS+i0SVO
悟空「ちょっと、3じゃねえとついていけねえな…」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:33:09.41 ID:O6DBj1Ip0
「ベースボールの打法がこれほどの纏絲勁(回転エネルギー)を生み出すとは」
『あなたは無敵の存在と聞いているんだが。
そろそろ本気を出して頂いても良いのですよ?』
「・・・そうか、確かに。君ほどの相手には、全力を出すのが礼儀だな」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:40:37.43 ID:O6DBj1Ip0
セガールがどこからとも無くナイフを取り出し、逆手に持った。
イチローもそれに応じ懐から鉄球を取り出した。
今までのボールより一回り小さい。

セガールが近づこうとするが、イチローは一定上の距離を保つ為に離れる。

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:45:10.08 ID:O6DBj1Ip0
「どうした?かかってこいよ?
(走っても追いつけないだろう。グリマーマンの時のように・・・)」
『挑発には乗らない
(鉄球は一発。確実に当てなければ)』

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 02:59:17.33 ID:O6DBj1Ip0
「・・・」
セガールが左手で、更にナイフを取り出した。
バッと袖が空気を叩く音がした瞬間、
右手で逆手に持っていたナイフと
左手で順手にもっていたスローイングナイフが入れ替わっていた。
間髪入れずにスローイングナイフを投げ放つ!
イチローはグローブでボールを受け止める感覚を応用し
鉄球で飛んでくる凶器を受け、はじく。
『!』
予想はしていたが、一気に間合を詰めた元SEALの指揮官が眼前に居た。

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:02:45.57 ID:Jv4mqz+50
wktk

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:06:17.80 ID:Jv4mqz+50


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:10:05.41 ID:Jv4mqz+50


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:13:08.00 ID:Jv4mqz+50


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:15:24.74 ID:qfdMFymVO
良スレ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:18:58.71 ID:l5LuJP0PO


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:25:59.24 ID:Jv4mqz+50


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:28:50.37 ID:Jv4mqz+50


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:29:49.46 ID:Jv4mqz+50
 ほ

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:30:59.29 ID:Jv4mqz+50
  ほ

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:32:17.27 ID:Jv4mqz+50
   ほ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:33:05.83 ID:Jv4mqz+50
    ほ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:33:45.88 ID:Jv4mqz+50
     ほ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:34:23.54 ID:O6DBj1Ip0
自分よりも10数cm背の高いセガールの頭が、
自分の胸ほどの高さまで身を沈めて接近していた。
触れては居ないが、密着とたいして変わらない近さだ。
その状態から、左手で逆手に持っていたナイフで、
地の底から突き上げられるような鋭い斬撃を繰り出してきた。
反射的に退いてかわす。
ユニフォームの表面が斬られてしまったが、体は無傷のようだ。
セガールは、切上げた左手のナイフを切上げた高さで手放し、
右手に持ち替えた。ナイフからチッという音が鳴った。
ナイフに袖のボタンがぶつかった音かもしれない。
チッと鳴っている間の、一瞬の出来事だが、
イチローには、セガールが右手に持ち替えても、
相変わらず逆手に持っているのが見えた。
「(逆手に持つ事にどんな利点があるのだろう?)」
などと考えてしまう。
が、
次の瞬間、セガールが両手を使って
一秒間に4〜5回と思われる斬撃・打撃の嵐を繰り出してきた。
さすがに他の事は考えられなくなった。

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:34:31.04 ID:Jv4mqz+50
      ほ

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:36:36.28 ID:Jv4mqz+50
お、戻ってきた

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:38:47.48 ID:Jv4mqz+50


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:39:37.68 ID:Jv4mqz+50


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:40:28.94 ID:Jv4mqz+50
  ほ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:41:16.57 ID:Jv4mqz+50
    ほ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:42:35.85 ID:Jv4mqz+50
      ほ

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:43:17.51 ID:Jv4mqz+50
        ほ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:43:46.77 ID:O6DBj1Ip0
最高の品質の革で作った特注グローブで、
何とかナイフの動きを緩めるが、止めるのは難しい。
セガールの左手が、打撃を繰り出しながらも
こちらのグローブを掴もうとしてくる。
「(右手のナイフで自分の左手を斬らないのはなぜだろう・・・)」
この状況に順応したのか、
運動能力のおかげで脳の使用率が低いままなのか、
またも必要でない事に興味を持ってしまった。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:44:40.76 ID:Jv4mqz+50
          ほ

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:45:36.08 ID:Jv4mqz+50


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:46:55.74 ID:Jv4mqz+50
  ほ

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:48:22.51 ID:Jv4mqz+50
    ほ

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:49:29.22 ID:Jv4mqz+50
      ほ


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:50:56.53 ID:Jv4mqz+50
        ほ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:51:58.00 ID:O6DBj1Ip0
>>66
>>75
の「」は『』の間違い。ごめん。

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:53:59.05 ID:Jv4mqz+50
大丈夫、口調でわかるさ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:55:54.44 ID:Jv4mqz+50


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:56:50.01 ID:hhN0RPuVO
今更だが、>>3はちゃんと>>2をゲットしてるwwwwww

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 03:57:34.79 ID:Jv4mqz+50
  ほ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:03:47.93 ID:Jv4mqz+50


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:04:09.65 ID:O6DBj1Ip0
斬撃と打撃の嵐を受けはじめて、十分くらい立ったような気がする。
もちろんそんなにやっていたなら、
このグローブは原型を止めていないはずだが。
『(さっきからジャッとかトとかタンとかビッとか鳴ってるのは何だ?)』
セガールの攻撃が一瞬ゆっくりになり、
ナイフを逆手に持った右手を、胸の前に小さく構えた。
一瞬だが余裕が出来たのだろう
『(ああ、そうだ、さっきからグローブでナイフの動きを抑えていたんだよ)』
と思い出した。
セガールは、胸の前に逆手で構えたナイフを、くるりと回転させ、
一瞬で順手に持ち直して、
「とう!」
と発声しながら突きを放ってきた。


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:07:37.11 ID:Jv4mqz+50
wktk

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:09:50.92 ID:Jv4mqz+50
 wktk


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:14:22.34 ID:orQTPsR90
>>88
Fateでもやってその気になったか厨房?
てめーのブログでオナニーしてろ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:15:16.71 ID:O6DBj1Ip0
いつの間にか無我の境地にいたイチローも我に返る。
セガールの鋭い突きをグローブで手刀風に打ち落とす。
セガールは手首を返して、素早く切り返してくる。
上半身を反らして何とかかわす。
セガールは刃の方向を元に戻しながら、自身の額の前までナイフを戻し、
そのまま腹部を斬りつけて来た。
さっきまでと比べるとかなり大振りな動きだった。

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:16:25.38 ID:O6DBj1Ip0
>>91
武道の経験者なんだよ。
それ、似てるの?

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:17:20.26 ID:orQTPsR90
>>93
痛いってのが共通してる

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:18:23.90 ID:Jv4mqz+50


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:19:21.95 ID:O6DBj1Ip0
>>84
それなら良い。世紀の対決を止められなくなってるし。

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:20:54.30 ID:Jv4mqz+50


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:22:02.24 ID:Jv4mqz+50
  ほ

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:23:20.64 ID:Jv4mqz+50
    ほ

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:24:23.20 ID:Jv4mqz+50
      ほ

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:25:06.05 ID:Jv4mqz+50
        ほ

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:27:16.93 ID:Jv4mqz+50
          ほ

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:28:15.81 ID:Jv4mqz+50
            ほ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:30:01.18 ID:Jv4mqz+50
              ほ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:31:33.03 ID:Jv4mqz+50
                ほ

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:32:57.54 ID:Jv4mqz+50
                  ほ

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:35:25.41 ID:Jv4mqz+50
                    ほ

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:36:17.84 ID:Jv4mqz+50
                      ほ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:36:57.67 ID:O6DBj1Ip0
バランスを崩しかけたが、スキップのように後退して斬撃をかわす。
『(大きく動いた今が隙か!?)』
と右手に持った鉄球を投げつけようとしたが、
『(距離が近いが・・・)』
二人の距離は3m程度だった。
『(よし)』
イチローは鉄球を投げた。
すべての神経を研ぎ澄まし、全身全霊のレーザーボールを投げ放つ。
セガールの足元に。

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:38:48.01 ID:Jv4mqz+50
wktk

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:41:20.55 ID:Jv4mqz+50


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:43:32.26 ID:Jv4mqz+50
   ほ

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:45:01.17 ID:Jv4mqz+50
      ほ

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:46:44.92 ID:Jv4mqz+50
         ほ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:50:03.91 ID:Jv4mqz+50
          ほ

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:50:49.80 ID:O6DBj1Ip0
腹部表面を薙ぐつもりだったが、
胴をかすめたものの、傷が浅いらしい。
イチローはこちらにボールを投げようとしている。
「(この距離であの鉄球を使うか。)」
イチローの行動が早かったため、セガールが今から接近するのは難しい。
再びナイフを逆手に構え、鉄球を受け流そうと後ろへ下がりながら身構えた。
イチローは、投げ放つ寸前までこちらの顔を見ていた。
鉄球を投げ放たれ始め、加速し始めた瞬間、
自分の足元を狙っている事を察した。

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:51:59.25 ID:Jv4mqz+50
wktk

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:53:45.22 ID:Jv4mqz+50


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 04:56:41.21 ID:Jv4mqz+50
   ほ

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:08:47.51 ID:Jv4mqz+50
まだまだ、ほ

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:11:49.73 ID:Jv4mqz+50
         ほ

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:11:52.84 ID:O6DBj1Ip0
なぜか列車で狙撃されたときの事を思い出した。
反射的に跳び上がると、
さっきまで立っていたコンクリートの床は3〜4cmほど穿たれた。
足が地面に降り立つ瞬間、
距離を縮めたアメリカンリーグの新人王が蹴りを放ってきた。
「ぐあ・・・」
体が浮いた状態を蹴られては、
さすがの元対テロ部隊指揮官も捌けなかった。
しかも、このMVPはスパイクの裏で蹴りつけてきた。
出血は免れない。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:13:29.35 ID:Jv4mqz+50
暴走特急

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:16:24.74 ID:Jv4mqz+50


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:18:14.68 ID:Jv4mqz+50
 う

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:18:45.54 ID:TfbHk6ZV0
せがあああああああああああるううううううううう

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:22:50.14 ID:Jv4mqz+50


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:22:54.23 ID:agE2GyTz0
良いスレだな

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:24:33.00 ID:Jv4mqz+50


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:25:19.41 ID:Jv4mqz+50


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:26:06.79 ID:Jv4mqz+50


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:26:46.35 ID:Jv4mqz+50


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:27:29.18 ID:Jv4mqz+50


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:28:17.27 ID:Jv4mqz+50


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:29:09.04 ID:davjH+wiO


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:29:14.49 ID:Jv4mqz+50


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:30:24.73 ID:Jv4mqz+50
うおっ、ミスった

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:31:20.06 ID:Jv4mqz+50


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:31:33.66 ID:O6DBj1Ip0
イチローも相当の斬撃・打撃を受け、傷は浅いがダメージは大きいが。

イチローはセガールの動きが止まった隙にナイフを奪い取り、
そのナイフで斬り付ける。
セガールもなんとか反応し、ナイフを持っている右手の手首を取る。
イチローは、レーザービームの要領でボールを投げるように手首を引いた。
手首を離さなかった為、セガールの体は宙に浮き、投げ飛ばされた。
しかし、足から着地し、
手首を捻り、今度は合気道の技でイチローを投げ飛ばした。


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:33:03.53 ID:Jv4mqz+50


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:34:23.25 ID:O6DBj1Ip0
>>139
ミスった。訂正

>>傷は浅いがダメージは大きいが。

傷は浅いがダメージは大きい。

またまたごめんね。

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:38:45.43 ID:Jv4mqz+50
オーケーオーケー
完結するまで保守する

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:39:17.43 ID:x64HC54hO
↓全盛期のイチロー
http://vista.chew.jp/img/vi8194884676.gif

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:43:08.88 ID:O6DBj1Ip0
イチローは宙に浮き、下にはセガールの顔が見える。
『(セガールのように着地できる自信は無い。
いや、させてくれないだろう。なら・・・)』
抜群の身体感覚を駆使し、空中で右手首を掴まれたまま素早く姿勢を変え、
足裏をセガールに向けた。
さすがのセガールも予想だにしていなかったようだ。
目を見開いている。

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:43:54.81 ID:T+EplUANO
星新一にそんなはなしあったな。
異星人に最強の武器と最強の矛を売り付けられて、
どっちが強いか実験したの。


結局どちらも本当で、地球は滅びる訳だが。

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:45:20.59 ID:O6DBj1Ip0
>>142
ありがとう m(__)m

>>143
やっぱり盗塁王だね。

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:45:22.55 ID:Jv4mqz+50


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:46:34.10 ID:Jv4mqz+50


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:47:41.28 ID:Jv4mqz+50


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:48:02.19 ID:phIG7gta0


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:49:04.93 ID:Jv4mqz+50


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:50:05.80 ID:O6DBj1Ip0


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:50:16.45 ID:7V9td2Hi0


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:53:42.86 ID:Jv4mqz+50


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:54:53.87 ID:Jv4mqz+50


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:56:10.97 ID:Jv4mqz+50


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:57:15.31 ID:Jv4mqz+50


158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:58:14.04 ID:F9uGG4Y70
作家様のスレになっててワロタ

死ね

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:58:20.39 ID:Jv4mqz+50


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:59:41.70 ID:Ac35n/Gm0
>>145
最強の武器と矛・・・?

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 05:59:57.62 ID:d3D37Gg9O


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:00:25.89 ID:O6DBj1Ip0
セガールの顔面に向けて足を落とす。
「(む、まるで剣山だな!)」
セガールは掴んでいた手首を離し、
地面に吸い付くように体を沈めながら、
後ろに伸ばしていた左足を軸に体を回して回避する。
セガールが立っていた場所には、イチローが妙に華麗に降り立った。

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:01:22.23 ID:Jv4mqz+50
>>158
じゃますんなよー
せっかくあと一文字だったのに

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:02:05.65 ID:O6DBj1Ip0
>>162
微妙なギャグを入れて変化を試みた。
やっぱ駄目だな。

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:03:05.45 ID:O6DBj1Ip0
>>163
ほんとだ、惜しい!

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:08:12.18 ID:O6DBj1Ip0
結局、イチローにナイフを奪われてしまい、
取り返すことが出来なかった。
セガールは覚悟を決め、最後の攻勢に出た。

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:12:05.72 ID:Jv4mqz+50
大詰めか!?


168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:13:49.35 ID:Jv4mqz+50


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:14:45.72 ID:Jv4mqz+50


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:15:35.85 ID:Jv4mqz+50


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:15:49.08 ID:O6DBj1Ip0
スーツのポケットから皮手袋を取り出し、装着する。
イチローは奪ったナイフを、片手でレピアのように構えている。
元SEAL対テロ部隊指揮官は構えなかった。
尊大に胸を張って両手は太股近くに下ろされている。

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:18:08.10 ID:Jv4mqz+50


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:20:23.05 ID:PbgqnyYj0
ID:O6DBj1Ip0
>パン!ギン!
小学生かwwwwwwwwww

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:21:47.74 ID:Jv4mqz+50


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:22:46.82 ID:Ac35n/Gm0


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:24:30.94 ID:hwEbcv1PO
沈黙の沈沈没

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:25:58.30 ID:Jv4mqz+50
セガール対イチローが続く限り何度でもやるぞ!

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:27:28.15 ID:Jv4mqz+50
>>176
俺が目指してるのはそんなんじゃない!

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:27:46.42 ID:O6DBj1Ip0
>>173
おうww、わらってくれいwwww!

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:28:37.24 ID:O6DBj1Ip0
>>176
>>178
ナイス!

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:28:43.75 ID:Jv4mqz+50


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:29:13.29 ID:Ac35n/Gm0
殿

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:34:29.69 ID:Jv4mqz+50
>>182
そうそう液体の底にセガールがたまって…
って、おい!!
またお前か、でもあきらめんぞー

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:36:52.28 ID:Jv4mqz+50


185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:38:31.68 ID:Ac35n/Gm0


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:39:07.15 ID:Jv4mqz+50


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:39:30.58 ID:Ac35n/Gm0


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:39:31.41 ID:Zh/uTZ550
>>1バカだな
イチローとセガールが会った瞬間銀河が消滅するんだよ。
セガールが野球をやりたいって言って反対されたのも銀河消滅を避けるためだったんだ。

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:43:26.61 ID:Jv4mqz+50
>>187
ん?何狙いだ?
要塞か?

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:44:26.69 ID:O6DBj1Ip0
イチローはハイキック打法を応用して、ナイフで突きを繰り出した。
セガールは素早く体を転じて左手をイチローの右肘に合わせ、
右手で肘を逆に捻ろうとする。
それに反応し、イチローは素早く肘を曲げ、腕を引き右足裏で蹴り上げた。
セガールは右に体を転じながら蹴りをかわし、
右拳ですくい上げるようにイチローの右太股裏を打った。

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:44:31.41 ID:Jv4mqz+50


192 :つよし ◆8aK1W1n7G2 :2007/06/19(火) 06:44:58.81 ID:JBA/AgzMO
何このイミフに載りそうなスレ

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:45:46.62 ID:tyEM/0N+O
室伏のアニキ降臨

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:46:09.17 ID:Ac35n/Gm0


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:46:24.12 ID:phIG7gta0
>>192
イミフ厨しね

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:47:29.81 ID:Jv4mqz+50
>>192
載るかどうかはともかく良スレだろ?
作家さんが頑張ってくれてるんだ

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:49:06.81 ID:Ac35n/Gm0
頑張ってるけど内容がなぁ
スローモーで見せられてるようでなんとも

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:49:38.76 ID:GdMHorHi0
>>189
要芽お姉さまだろ

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:54:44.12 ID:Ac35n/Gm0


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:55:37.76 ID:Jv4mqz+50


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:56:37.10 ID:Jv4mqz+50


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:57:47.90 ID:Zh/uTZ550


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:57:51.81 ID:O6DBj1Ip0
右太股裏を打たれた。
一気に上半身に8発ほどの打撃を受ける。
引いていた右手のナイフで斬り付けるが、
スティーヴンは左手で、ナイフを持ったイチローの右手を
下からすくい上げるように捌き、手首を掴まれ一瞬で右に体勢を崩される。
すばやく右足で飛び上がり左足のスパイクで
セガールの左肩・腕を狙い空中で蹴りを放つ。

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 06:59:57.44 ID:O6DBj1Ip0
>>202
祝完成

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:02:02.97 ID:O6DBj1Ip0
>>197
句読点を減らしてみます。

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:02:25.20 ID:Jv4mqz+50
>>204
やったー!ついに完成ー

じゃないっての!!

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:04:12.26 ID:Jv4mqz+50


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:05:31.97 ID:Jv4mqz+50


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:06:25.38 ID:Jv4mqz+50


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:06:41.04 ID:Ac35n/Gm0


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:07:23.14 ID:Jv4mqz+50


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:09:10.24 ID:Jv4mqz+50


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:10:39.59 ID:Jv4mqz+50


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:11:33.20 ID:Jv4mqz+50


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:12:48.14 ID:Ac35n/Gm0
おいおい完成しちまったよ

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:14:23.08 ID:Jv4mqz+50
やったぜ!!
いつじゃまが入るかとひやひやしたけどな

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:15:43.15 ID:lLzGdy2uO
ちんでこのじゃまがはいるかとおもいましたここがうわさのにちゃんねるですね

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:16:20.37 ID:ZaAh5dK7O
スーパースティーブンタイム

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:22:34.49 ID:Jv4mqz+50
よっしゃ、もっかいやってやろ
それでハイパースティーブンタイム♪
セガールを強化

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:24:20.75 ID:Jv4mqz+50


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:25:31.15 ID:Jv4mqz+50


222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:26:11.42 ID:Jv4mqz+50


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:27:18.17 ID:4fd+HjSnO


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:27:25.46 ID:Jv4mqz+50


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:29:36.81 ID:Pt3jjtd/0


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:29:56.01 ID:VVCjPElX0
>>2 >>3 で時空が歪んでるのは俺の気のせい?

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:30:09.35 ID:O6DBj1Ip0
セガールはイチローの手首を離し左後ろに体を転じてスパイクをかわした。
バランスの崩れた着地をしたが素早く持ち直してセガールの右腕を切り上げる。
しかし左手でナイフの柄尻あたりを押さえられ、動きを止められてしまった。
即座にセガールの右拳がイチローの右手首を打った。
イチローは右腕が麻痺してもナイフを離さなかったが、
セガールの左拳は一瞬の間にイチローの脇・咽喉・鳩尾(ミゾオチ)を打った。
イチローは麻痺した右腕で力を振り絞ってナイフで切り付けたが、
セガールは既にイチローの左横に立っていた。

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:30:28.69 ID:JPh1QRVX0
ジャックバウアー「俺もいれてくれ」

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:33:07.55 ID:Jv4mqz+50
>>223
そんなモンスター、ドラクエにいたなぁ

>>226
いや、気のせいじゃないさー

>>227
待ってました!

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:33:58.67 ID:O6DBj1Ip0
>>228
努力する。参戦は難しいかも・・・。

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:34:52.93 ID:Jv4mqz+50


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:37:22.70 ID:Jv4mqz+50


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:38:24.11 ID:Jv4mqz+50


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:39:16.25 ID:Jv4mqz+50


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:40:07.83 ID:O6DBj1Ip0


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:40:12.41 ID:Jv4mqz+50


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:41:28.23 ID:O6DBj1Ip0
スマン、邪魔した。
イメージの参考までに打撃の嵐
http://www.youtube.com/watch?v=iBTM6_l-Gdk

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:49:46.40 ID:Jv4mqz+50
>>237
見てきた
動き速っ!
截拳道か、ブルース・リーすごかったんだな

ちなみに沈黙のステ…の次はなんだったんだ?

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:53:04.30 ID:Jv4mqz+50


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:54:03.42 ID:UVLdRdE/0
今北追いついた

>>228
ジャックも強いがこの戦いでは精々観客レベルだろ。
浦飯対戸愚露(弟)戦を吸収されずに観ていられる位。

>>238
ステイディアムだろ

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:56:30.10 ID:O6DBj1Ip0
>>238
速いでしょ!

ステの後は、ィーブン・セガールとか。
上を見るとスタジアムだったな、単なる勘違いだわ、ごめんね。

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 07:57:09.28 ID:Jv4mqz+50
>>240
幽白の例えいいな、気に入った

そうか、ステイディアムか
じゃ次はそれ目指そう!

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:00:15.53 ID:O6DBj1Ip0
イチローが左側に振り返るよりもセガールの方が速かった。
振り返る間に左手甲・左脇腹・左肩甲骨の下・鳩尾・左顔面・あご・胸を打たれる。
『っ――!』
ひるんだ瞬間に左腕をとられセガールが居た方向へ投げ飛ばされる。
今度は、体勢を立て直すことができない。
『が・・・は・・・』
呼吸ができない。


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:01:19.16 ID:iUhsKUwsO
セラドールに見えた

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:02:31.36 ID:vl/TnDBVO
セガール
イチロー
鳳凰
TAWARA
室伏

あと二人程いたと思うけど誰だっけ?

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:03:45.74 ID:Jv4mqz+50
>>241
うん、速すぎて訳わからん

そうかそうか、スティーブン・セガールだったのね
最終的にはそれ目指そうかな
難易度高そうだけど

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:05:31.54 ID:UVLdRdE/0
>>246
『沈黙の荒野』とか適当なタイトル付けると全く違和感が無い、とビデオ屋勤務のオレがマジレス。

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:10:20.16 ID:Jv4mqz+50
>>247
うーん、でも対イチローだからなー
俺としては『沈黙のスタジアム』かなと
『沈黙の荒野』だとマカロニウェスタン的な感じがする


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:12:17.05 ID:Jv4mqz+50


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:13:31.13 ID:Jv4mqz+50


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:14:52.69 ID:UVLdRdE/0
>>248
ああ、あくまでセガールメインなんだ?w
確かに『沈黙のスタヂアム』かなり判り易いし有力。

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:16:32.61 ID:UKLBJaHzO
イチローと井上康生と室伏が束になってやっとセガールと互角に戦える位

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:20:56.49 ID:Jv4mqz+50
>>251
まー、セガールですからね

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:22:56.26 ID:O6DBj1Ip0
イチローが顔を上げると、そこにはボールが転がっていた。
『ま、まだ勝利の女神様は、ほ・・・ほえんで、くれるのか・・・な』
セガールが近づいてくる。
『駄目だ・・・こ、呼吸が整わない・・・もう少し時間を・・・く』
?「イ、イチロー!」
『(な、誰だ・・・)』
セガールの後ろから声が聞こえた。
「・・・どなたかな?」
?「お、俺はダニエル・セラドール!イチローのファンだ!
あんた、イチローになにをしているんだ!」
「・・・」
D「答えろよこの野郎おお!」
「よ・・・し、じ、時間がある!」

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:25:35.11 ID:O6DBj1Ip0
>>254
ああ、またミスった。最後の「」は『』です。申し訳ない。

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:27:03.48 ID:Jv4mqz+50
>>255
ドンマイ!

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:29:06.00 ID:O6DBj1Ip0
セガールの手にかかり、十数秒でダニエルは気絶させられたらしい。
彼には申し訳ないが、呼吸は整った。
『最後、これで、最・・・後』
全身の力を振り絞りイチローは立ち上がった。

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:30:47.31 ID:UVLdRdE/0
>>252
見事に遠、中、近距離カバーしてるな

この3人ならデルタファース1部隊位なら30秒で片付けるだろう

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:32:11.17 ID:Jv4mqz+50


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:33:20.53 ID:Jv4mqz+50


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:34:44.82 ID:Jv4mqz+50


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:36:45.42 ID:Jv4mqz+50


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:37:45.28 ID:Jv4mqz+50


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:52:10.05 ID:O6DBj1Ip0
『スティーヴン!!』
ボールを投げる準備動作を5割ほど終えてから、
ダニエルの方を向いているセガールに声をかけた。
セガールは速やかに体の位置を変えながら振り向いた。
位置を変えながら振り返るとは予想していなかったが、
投げるのは今しかない。
全身全霊の力をこめてボールを投げ放った。
さすがのセガールも、これは避けきれない。

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 08:55:53.99 ID:Jv4mqz+50


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 09:03:30.75 ID:Jv4mqz+50


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 09:10:38.34 ID:Jv4mqz+50


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 09:11:15.10 ID:O6DBj1Ip0
『(当たった!)』
「(しまった・・・)」
そう思った瞬間、ボールがあらぬ方向へはじけとんだ。
わずかに遅れて銃声が聞こえた。
ボールの一部はそのままセガールに命中したが、
イチローのボールを打ち落とすとは、相当な銃の腕前だ。
??「お待ちください。私は合衆国陸軍、
第一特殊作戦部隊デルタ分遣隊のジャック・バウアーです。」

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 09:25:22.37 ID:O6DBj1Ip0
「・・・デルタフォースが何の用だ?」
J「Mr.スズキにかけられていた工作員の嫌疑は取り消されました。
それをお伝えし、早急に戦闘を中止して頂く必要があったのですが、
非常に危険な状態と化しているとの事で私が参りました。」
『・・・』
「・・・そうか・・・」


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 09:36:41.26 ID:O6DBj1Ip0
『では、これは私闘です、とめて頂く必要はありま・・・せん。』
「・・・(無言で構える)・・・」
J「なに?いや、少なくとも
この場で続けられては困る。場を替えて頂きたい。」
ジャックが言うまでもなく、結局二人とも体力の限界だった。
イチローはその場で倒れ気絶。
セガールはフラフラになりながらも、立ち続けた。
「・・・」
J「セガールさんの勝ちのようですね。」

世紀の対決!!
セガール vs イチロー
第一幕 完
次回第二幕は
無敵の対決!!
セガール vs シュワルツネガー
をお送り致します。

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 09:44:08.38 ID:O6DBj1Ip0
強引ですが終了致しました。
短いギャグを集めるスレにするつもりだったのですが、
いつの間にか私単独のスレになってしまい申し訳ありません。
こんなの書いたことがありませんでしたが、
どうにかこうにかネタとしてでも楽しんで頂ければなあ、と思います。
話が終わるところまで書けたのは保守してくださった方や皆様のおかげです。
皆様、ありがとうございました〜。

最後は特につまらなかったろう。本当にすまん。

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 10:48:09.96 ID:Jv4mqz+50
>>271
俺が先に力尽きてしまった
次は最後まで見届けるぞー!

お疲れ様!!

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 11:26:35.86 ID:lYXrJCqu0
お前等がこんな異次元的な話するから
>>2>>3の時間がおかしくなってるじゃねぇかwwww

274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 11:35:27.85 ID:ObmjYWQ60
まだこのスレあったのかwwwwwwwww

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)