5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーン達はジャックするようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:15:47.22 ID:rbQhwW4S0

――放送準備室


「……そろそろだお」
「把握した。テンポよく、な」
「そうだお。この日のためにたくさん練習したお」
「一日二時間も費やしたんだ」
「よし、行くお」


( ゚ω゚)「行くわよ! ノリコはい! お姉さまっ!!」

(;゚A゚)「あれえええええええええええええええええ」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:16:16.98 ID:TQgBY21U0
うはwwwwおもすれwwwwwww

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:20:19.95 ID:rbQhwW4S0

ある日の昼休み。
男性用トイレの個室が二つ、ドアを閉めていた。その奥から声が聞こえる。

( ^ω^)「ドクオ」

('A`)「何?」

( ^ω^)「暇だから、放送室をジャックするお」

d('A`)「おk、俺達はやれば出来る子だ」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:21:37.10 ID:rwIdfUF80
うはwwwwおもすれwwwwwww

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:24:01.03 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「そこで、提案があるんだお」

('A`)「あ、やべ。卵焼き落ちた」

( ^ω^)「ただジャックするだけじゃ面白くないお」

('A`)「いいや、食べちゃえ」

(*^ω^)「だから、僕らで勝手に放送しちゃうんだお!」

(;'A`)「え? ジャックってそういう意味だろ?」

( ^ω^)「あ、唐揚げ落としちゃった」

('A`)「具体的にナニやんの?」

( ^ω^)「……げふっ。電波ソング流したり」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:25:03.91 ID:f/9dYYQO0
うはwwwwおもすれwwwwwww

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:26:07.57 ID:yWTSS6FoO
うはwwwwつまんねwwwwwww

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:26:29.80 ID:1aGmhf63O
ガンファイターの臭いがする

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:26:42.81 ID:b/2Fz6sh0
うはすれwwwwwwwwwwwww

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:26:53.77 ID:Ld4fKGEDO
>>1
なぜトップwwwwww

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:27:30.87 ID:rbQhwW4S0

('A`)「たまにだけど、普通に流れるじゃんよ。放送部にオタが紛れてるんだが知らないが」

( ^ω^)「そうだっけ。じゃあダメだお。……あ、また唐揚げ落とした」

('A`)「どうせなら二人でラジオでもすればいいんじゃね?」

( ^ω^)「んえ?」

('A`)「え、何?」

( ^ω^)「いや、何でも」

('A`)「だから、音量マックスファクトリーでアニメのセリフ言ってみたり」

( ^ω^)「ならそれで。げふっ」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:28:16.93 ID:TJHxuGRh0
支援

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:30:28.63 ID:rbQhwW4S0

(*'A`)「俺、お姉さまやりたい」

( ^ω^)「マリア様?」

('A`)「ぶち殺すぞ」

( ^ω^)「分かんねえお。僕は熱血も百合も嫌いだお。暑苦しい」

(;'A`)「分かってんじゃねえか。しかし百合は何か違くね?」

( ^ω^)「じゃあ僕ノリコ」

(;'A`)「絶対知ってんじゃん!」

( ^ω^)「あ、便器の中に弁当落とした」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:31:12.35 ID:Ld4fKGEDO
>>11
斬新wwww

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:33:26.78 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「…………」

('A`)「それでな。あれ、あんじゃん。“行くわよ!”の流れ」

( ^ω^)「三秒ルールだな」

(;'A`)「え?」

( ^ω^)「いや」

('A`)「俺のお姉さまから、シャウトで始まるラジオを……」

( ^ω^)「僕が先がいい」

(;'A`)「え、いや、だって俺がお姉さまを……」

( ^ω^)「別にドクオがお姉さまでもいいお。でも僕からがいい」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:36:05.88 ID:rbQhwW4S0

('A`)「あのな、俺がやりたいのはお姉さまから始まるセリフで」

( ^ω^)「なら無しで」

(;'A`)「お前がやりたいっていったんじゃん」

( ^ω^)「僕からじゃないなら、いい」

('A`)「………」

( ^ω^)「………」

A`)「……いいよ」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:42:14.85 ID:rbQhwW4S0

そうして二人の男は便座から立ち上がった。

ラジオの内容を考え、次に練習の日程を組んだ。
驚くべきスピードで進んでいく月日と、会話と、展開で、まさかの地の分二行で済んだ。


( ゚ω゚)「行くわよ! ノリコ!」

喉が枯れるまで。

( ゚A゚)「はい! お姉さま!」

叫び続ける。

( ゚ω゚)「行くわよ! ノリコ!」

誰になんと言われようと構わない。

( ゚A゚)「はい! お姉さま!」

今の自分が正解だと、

( ^ω^)「だる」

そう信じて。

( ゚A゚)「はい! お姉さま!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:47:24.06 ID:rbQhwW4S0

そして一週間の月日が経った。
放課後はすぐにドクオの家に向かい、二時間練習をした。

( ^ω^)「あ、ネスは反則だお」

('A`)「うるせ、お前がいっつもカービィ使うのが悪いんだよ」

( ^ω^)「カービィは鉄板。もしくはリンク」

('A`)「ミュウツーとか使いこなせたら神レベルに強いよな」

( ^ω^)「DC乙wwwwwwwwww」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:50:15.23 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「そろそろ、やるお」

('A`)「何を?」

( ^ω^)「あれだよ、あれ。えっとなんだっけ」

('A`)「あーあれか」

( ^ω^)「そうそうあれだお」

('A`)「おk、これ終わったらな」

( ^ω^)「把握したお」

('A`)「何味がいい?」

( ^ω^)「ブルーハワイ」

('A`)「おk」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:53:56.41 ID:rbQhwW4S0

ジャック当日

 ―実行一時間前―

( ^ω^)「うはwwwww楽しみwwwwwwwwwwwwwwwww」

('A`)「学校中を凍らせてやんぜwwwwwwwwwww」


 ―実行三十分前―

( ^ω^)「うは」

('A`)「セリフ丸暗記俺つええええwwwwwwっうぇwwっうぇ」


 ―実行十五分前―

( ^ω^)「」

('A`)「そろそろ行くか」


 ―実行五分前―

( ^ω^)「止めない?」

(;'A`)「え?

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:54:11.32 ID:7XKukXmlO
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:56:14.70 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「いや、だってお? こんなことしたら先生がすぐにここに来ると思うんだお」

('A`)「だろうな。放送できるのは職員室かここしかないし」

( ^ω^)「つまり、他に逃げ道がないこの部屋から逃げることは不可能だお」

('A`)「だな」

( ^ω^)「……まだ分かんねーのかお?」

('A`)「何が?」

( ^ω^)「止めよう。僕が悪かったお」

('A`)「ダメ」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 20:58:00.44 ID:gnyET1130
あるあるwwwwwww

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:00:00.88 ID:YM6NSYnU0
最後の最後で逃げ腰wwwwwww

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:00:28.67 ID:rbQhwW4S0

 ―実行一分前―

(;゚ω゚)「やっぱり止めるお!」

('A`)「もう鍵開けちゃったし、今更逃げるわけにはいかんざき」


ドクオが前もって用意しておいたMDをセットし、それを再生し始めた。
流石にいきなりシャウトで始めたら不味いだろうと、アピールのためにも用意しておいたものだ。

「……そろそろだお」
「把握した。テンポよく、な」
「そうだお。この日のためにたくさん練習したお」
「一日二時間も費やしたんだ」
「よし、行くお」





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:02:23.52 ID:rbQhwW4S0

二時間枠の十分の練習。
その際にも使用していたこのMDを聞いた途端に、条件反射で内藤は口を開く。



( ゚ω゚)「行くわよ! ノリコはい! お姉さまっ!!」



(;゚A゚)「あれえええええええええええええええええ」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:03:50.78 ID:S2ue7+/g0
\(^O^)/

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:07:44.41 ID:rbQhwW4S0

( ゚ω゚)「さぁ始まったお2年の内藤とドクオによるハチャメチャむっつりちょっぴりセクシーな一日限りのレイディオ!」

(;'A`)「はい! それじゃあまず」

( ゚ω゚)「はいはい! それじゃあまず最初に一曲聞いてもらうお! お!」

(;'A`)「お、俺のセリフが……」

( ゚ω゚)「こいこい7で、SUPER LOVE!」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:08:43.67 ID:2zRu06JWO
( ^ω^)「あ、便器の中に弁当落とした」
ワロタwww

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:12:15.47 ID:tct1Tjie0
支援

こいうの好きだwwwwwwwwwwwwww

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:12:17.60 ID:rbQhwW4S0


 メガロ! メガラブ! レディトゥファイッ! レッツゴ!

メガロ! メガロ! ガロガロガロガロアッーガロガロアッーメガロ! オッスオッスオッスオッス!

ポーズ! キメテ! オッスオッスオッスオッス!

アッー


( ゚ω゚)「聞いていただきましたのは、こいこい7からSUPER LOVEでした!」

(;'A`)「それさっき説明した……」

( ゚ω゚)「イヤーナントイイマスカ!」

(;'A`)「んん?」

( ゚ω゚)「ボクラガナンデコンナコトヲヤッテイルノカトイイマスト!」

(;'A`)「……うん」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:12:30.64 ID:Ld4fKGEDO
内藤バロスwwwwww

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:17:46.34 ID:rbQhwW4S0

内藤の暴走と、ドクオの噛み噛みトーク。
誰もが「失敗だろう」と思わざるをえない状態だった。


(;'A`)「あははー。そ、そそそそそそsそうなんだよね」

( ゚ω゚)「そうだお!そうなんだお!」

(;'A`)「それじゃあ次の曲。スクラ、スク、スクールランブルからスクランブルです」



グルグルマワール グールグルマワーッル
ワワワワスレモノグルグルマワール グッルグルマワール

フワフワニッウカブアタイ オッスオッス クーモーノーウーエー


(;'A`)「どうしよう」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:22:45.86 ID:rbQhwW4S0

( ゚ω゚)「(どうするお、どうするお)」

(;'A`)「(一曲四分……その間に考えないと。でもハイペース過ぎてもう話すこと無いんだよな)」


そして曲が終わり。
またラジオが始まる。

( ゚ω゚)「僕はやめとこうって言ったお!」

(;'A`)「もとはお前が言い出したんだろ! 最後まで責任持てよ!」

(#゚ω゚)「ふざけんなお!」

(#'A`)「んだと!」


全ては校内に流れていた。

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:24:23.31 ID:rbQhwW4S0


('A`)「……これで、終わります」









ブツッ

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:27:37.27 ID:TO1ogS5TO
>>35終わったwwwwwwwwwww

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:28:34.87 ID:rbQhwW4S0

数時間後、ドクオ宅。


( ^ω^)「乙。反省会でもするお」

('A`)「……ん」






(;゚A゚)「テメェ何だあの様はァァァァ!

(;゚ω゚)「うっさいわボケェェェェェェェェ」

(;゚A゚)「出だしから躓いてんじゃねーかよォォォォォォ」

(;゚ω゚)「うるせェェェェェェェェ!」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:30:43.44 ID:rbQhwW4S0
疲れたので休憩とります。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:31:18.42 ID:ezUCMvfOO
バロスwwwwwwwwwwwwww

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:32:06.11 ID:S2ue7+/g0
乙wwwwwwwwwww

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:32:19.61 ID:LkgIMWI40
ワロタwwww

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:36:30.44 ID:YM6NSYnU0
ちょwwwwww

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:43:45.52 ID:rbQhwW4S0

part:2 内藤の事情と彼女の私情

ξ゚听)ξ「今日も疲れたわ……」
( ^ω^)「お疲れ様お」
ξ゚听)ξ「聞いて、今日も課長ったら……」

これは僕の日課の一つ。
彼女が家に帰る前に夕食を用意し寝床を整える。しかし僕の料理を彼女が食べることは無い。
ランプの電球は切れていないか、シーツも皺一つ無く伸ばしてあるか。避妊の準備も抜け目無く。
帰ってくれば彼女の話し相手に、そして。

「抱いて、内藤」
「お。今日もツンは頑張ったお」
「私には貴方しかいないわ。いつもごめんね。貴方も疲れてるはずなのに」
「僕も幸せだお」

「ありがと」

悪い気はしない。彼女の魅力は本物で、僕は確かに充実している。
たったこれだけのこと。彼女が帰るまでにそれだけの事をしていればいいのだから。
彼女が一つひとつボタンを外し、僕に近寄ってくる。一方、僕はと言えば既に彼女に脱がされベッドの上に真っ裸だ。
ゆっくりと彼女が体の力を抜き、僕に倒れてくる。それを僕は優しく受け止める。
冷たい右手に温かい素肌が直に伝わる。
悪くない。事実、僕のそれは彼女の吐息に簡単に反応しては反り立っているのだ。

「こうしてるときが、一番安らぐ。やっぱり私ってダメね」

そう言って彼女は苦笑する。いつもと同じことを。いつもと同じように。

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:46:53.81 ID:YM6NSYnU0
あれれ〜?wwww

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:47:00.51 ID:s1/QnCewO
なんだ!?

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:47:10.22 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「僕も嫌じゃない。だから気にしないで」

そう言って僕は彼女と夜を共に過ごすのだ。
上半身を起こしたままベッドの上に座り込んでいたツンが僕の首元に腕を絡めてくる。
あぁ、そうか、と目を瞑るツンデレに僕も同じように目を瞑り顔を近づける。

僕の部屋から会話が途絶える。
何も聞こえない、という訳ではない。声じゃない何かが僕の部屋を包み込んだ上での静寂だ。
これでやっと今日の仕事はお終い。
この後も規則的で機械的な運動を繰り返しては、彼女と共に夜を過ごし眠るのだ。

達成感があったかどうか、それは覚えていない。彼女の安らかな寝顔を見ては、僕はいつも安堵している。
彼女を満足させてあげられたかどうか、それ以外に確認する術を僕は知らないから。
僕が起きたら彼女はもう居ないのだ。

( ^ω^)「……早く会社に行かないと。遅刻したらまた怒られちゃうお」

彼女とは職場は違う。
さらに家が近いということも無い。互いに自分の職場に近い家を選んだからだ。
そんな彼女といつ知り合ったのか。それはかなり記憶を遡ることになる。
生憎、そんな時間を僕は頂いてはいないので素直に身支度を始めた。

( ^ω^)「あー。あー。休みてぇお」

愚痴を漏らしながら僕は家を出た。先ほどの彼女、ツンデレとの夜を思い出しながら。

ちなみに、僕と彼女は交際関係を持っている訳ではない。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:47:51.11 ID:vFxfQKr3O
ちょwwwいきなり何だwww

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:49:42.95 ID:rbQhwW4S0

カタカタッカタカタッカタカタカタカタッアッーカタカタ……

( ^ω^)「タイトルは、“僕はヒトリノ夜を眠るようです”っと……」




('A`)「何やってんの?」

( ^ω^)「VIPでスレ立てて小説書いてたんだお」

('A`)「あぁ、そう」

( ^ω^)「何でも、作者が地の分濃い目で書いたのに没になって悔しいから無理矢理日の目に当てるって」

('A`)「失態だな。死ねよ」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:51:30.62 ID:YM6NSYnU0
うはwww

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:52:35.64 ID:3pv16U+w0
自スレをジャックしたと言うわけか

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:55:06.82 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「Hey,ドクちゃん。話があるんだ」

('A`)「Oh,BooN君。なんだい? さぁ言ってみろよ」










( ^ω^)「放送室ジャックしようぜ」

d('A`)「おk、俺達はやれば出来る子だもんな」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:56:27.43 ID:TojpMXF7O
>>31にDPNで全一なガチムチ兄貴を連想した俺ガイル

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:57:51.78 ID:rbQhwW4S0

('A`)「次は何やるよ?」

( ^ω^)「前回の二の舞は勘弁だお」

('A`)「つってもなぁ……」



( ^ω^)「あ、その前にちょっと待って」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「>>50 誰が上手い事を言えと(ry」

(;'A`)「投下中にレスをしてはいけないという暗黙のルールを……! 内藤、恐ろしい子!」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 21:58:53.50 ID:O0PWQz9t0
内藤wwwwww

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:00:23.98 ID:iOHb7fkYO
作者の才能に嫉妬

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:04:01.47 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「よし、いいことを思いついた。お前俺のケツの中で食事しろ」

(;'A`)「なんと言うキラーパス。裂けるぞ?」


( ^ω^)「どうしようもないからもう一度ジャックするお」

('A`)「それしか出来ないもんな」

( ^ω^)「そういえば曲の歌詞に“Boooooooon”とか“ちょっ”とか入れるのは何か嫌だお」

(;'A`)「それ共通点ありまくりじゃね?」

( ^ω^)「いや、そんなことは無いと思うお!」

('A`)「上手い! さりげなくカバーを入れておけば後々問題にもならないよね!」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:09:05.20 ID:rbQhwW4S0


( ^ω^)「適当にアニソン流して、適当に喋る感じで」

(;'A`)「まぁ、合ってるんだけどな。何か素っ気無いな……」

( ^ω^)「もう今度は練習とか必要ないお」

('A`)「本当か?」

( ^ω^)「もう失敗は繰wりw返wさwなwいwぜwwwwwwwwww」

('A`)「把握した。それじゃ明日でいいか?」

( ^ω^)「おk。台本は任せたお」

('A`)「うい。でも多分尺足りないからその場その場で繋げていくぞ」

( ^ω^)「最悪、曲流しまくればいいお」

('A`)「まぁな」

( ^ω^)「出だしはまた同じように、ノリコのシャウトでいくお」

('A`)「分かった」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:11:12.95 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「今度はドクオがお姉さまやれお。この前のお詫びだお」

(*'A`)「mjd?」

( ^ω^)「前は悪かったお。次こそは成功させるお!」

('A`)「おうよ!」






そして夜は更け朝陽が昇り。

昼休みが、やってきた。


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:13:33.53 ID:YM6NSYnU0
支援しよう

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:14:52.57 ID:bYjOhxTH0
またトップかwwww支援

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:15:15.89 ID:rbQhwW4S0

('A`)「(俺の一声から始まるこのレイディオ……。へへっ、少し緊張してきたぜ)」


ドクオは胸に手を当てゆっくりと深呼吸をし、少しでも興奮を抑えようとする。
そして振り返り内藤に声を掛けた。



('A`)「よし、行くぞ」

( ゚ω゚)「おっおっおっおっおっおっおっお」

('A`)「……ふぅ。よし、行くぞ!」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:18:30.90 ID:rbQhwW4S0


( ゚ω゚)「はい! お姉さまっ!!」





(;゚A゚)「何ィぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」








63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:21:20.14 ID:rbQhwW4S0

またもや極度に緊張していた内藤は、ドクオの“行くぞ”という声掛けに反応してしまった。
間違いなく、ドクオのミスである。

現場ではこういった些細なミスから大惨事を引き起こすことがある。
普段から気をつけていればこんな初歩的なミスはしない。
しかしドクオは親方の言いつけを怠っていたのである。


(;゚A゚)「ドウシヨウ」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:25:27.44 ID:rbQhwW4S0

(´・ω・`)「困るんだよね、そんなんじゃさぁ……」

(;゚A゚)「ス、スイマセン!! オヤカタァ!!」

(´・ω・`)「僕もここを任されているから、いつまでも目を瞑っているわけにもいかないんだわ」

(;゚A゚)「(ドウシヨウドウシヨウ)」



( ^ω^)「親方、そいつを許してやってはくれませんか」

(´・ω・`)「内藤か、どうした」

( ^ω^)「こいつ、昨日は徹夜で病気のおっかさんの看病してたんですよ」

(´・ω・`)「!」

(;^ω^)「親方の言い分は分かります……けど!」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:26:15.65 ID:rbQhwW4S0





( ゚ω゚)



めくるめく時の中で、ブーンはそんなことを考えていた。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:28:56.76 ID:rbQhwW4S0

(; A )「終わります」











プツン

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:29:50.12 ID:iOHb7fkYO
ドクオ涙目wwwww

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:31:22.62 ID:rbQhwW4S0

二度目のジャック失敗により、報酬金が無くなりました。

クエストを終了します。

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:33:12.44 ID:bYjOhxTH0
クエストってwwwwww

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:34:22.76 ID:YM6NSYnU0
ちょwwwwww

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:36:13.56 ID:rbQhwW4S0

( ゚ω゚)「クエストは……3死で終わりだお……」

( ゚A゚)「おいおい、常識だろ……」

( ゚ω゚)「お前は何度も3死してるから分かってる筈だお作者……」









続行。

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:37:40.94 ID:bYjOhxTH0
作者涙目?www

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:38:00.75 ID:rbQhwW4S0

また休憩とります。

休憩取ってる間に精神病になったようですが更新してますように。

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:39:51.36 ID:O61UjtziO
いつのだよwwwwwwwwww

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:51:26.51 ID:YM6NSYnU0
保守するべ

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 22:52:37.03 ID:Ld4fKGEDO
保守してみる

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:00:53.31 ID:n/0n2WmrO


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:01:33.18 ID:TQgBY21U0
>>2
俺の言った通りだろwwww

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:02:51.31 ID:Ld4fKGEDO
>>78>>2
自演乙

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:05:41.09 ID:rbQhwW4S0

part:3 内藤の過去と彼女の今日

入社一ヶ月で新人の僕は、まだまだ覚えることだらけだ。
どうしたって仕事には粗が出る。どうしたって周りのスピードについていけない。
仕方ないじゃないか。僕はゆとりだ。

川 ゚ -゚)「大変そうだな、新人君」

溜め息をつきながら残業確定の今月のノルマを確認していると、突然、後から声を掛けられた。
振り向くと、そこにいたのは社内で数少ない知り合いであるクー先輩だった。
彼女は僕が高校のときに入っていた部活のマネージャーという顔見知りで、入社当初から面倒を見てもらっている。
労働量に対して安月給のこの会社でやっていけているのは彼女のおかげに他ならない。

( ^ω^)「おはようございますお、先輩」
川 ゚ -゚)「あぁ。おはよう。……そうだ」

無言で僕の肩を叩くと、少しはなれたところでついて来いと指で訴えてきた。
多分、そういうことなんだろう。

川 ゚ -゚)「今夜、いいか?」
( ^ω^)「散らかってるので僕の家はダメですお」
川 ゚ -゚)「私の家で構わないよ」
( ^ω^)「それなら……」

家庭と会社で顔を使い分ける、というのは語弊がある。
僕とツンデレはどんな形であれ繋がりは一切ない。それはクー先輩とも同じだ。
僕なりのユーモアを交えるとすれば、物理的に繋がっている、とか。そんなところだ。


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:07:06.24 ID:rbQhwW4S0







川*゚ -゚)むひょおおおおお










82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:09:34.92 ID:YM6NSYnU0
総合はおまえかwwwwwww

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:10:33.80 ID:YM6NSYnU0
ごめんね誤爆したからごめんね

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:13:23.75 ID:rbQhwW4S0

そこには元気に走り回るブーンの姿が。

( ^ω^)「もうジャックしようなんて言ったりしないよ」

('A`)「ですよねー」


( ^ω^)「となるとすることがないお」

('A`)「放送室ってのが間違いだったんじゃねえか?」

( ^ω^)「馬鹿言うなお。ジャックって言ったら放送に決まってるお。相場が決まってるお」

(;'A`)「そうなのか? でもよ、スクランみたいに文化祭で体育館をジャックしてライブ! ってのもあるぜ?」

( ^ω^)「…………」

('A`)「(お、割と好感触か?)」

( ^ω^)「>>82違うお」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:15:07.34 ID:rbQhwW4S0

( ^ω^)「楽器を始めるお!」

d('A`)「おk、俺らはやれば出来る子だぜ」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:17:03.71 ID:rbQhwW4S0
今日はここまでのようです。

続きですか。
メルヘンやファンタジーじゃないんですから……。


現行の息抜きでした。付き合ってくれた人ありがとうございました。

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:19:13.21 ID:MLO8cGJs0


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:21:51.52 ID:YM6NSYnU0
乙〜

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:36:53.53 ID:BPHX9w0H0


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:44:16.22 ID:bYjOhxTH0
おつ

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:47:20.19 ID:rbQhwW4S0


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:48:09.21 ID:Ld4fKGEDO


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/19(火) 23:50:40.37 ID:TojpMXF7O
乙、素でわらた

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)