5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

川 ゚ -゚)クーは生き続けるようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:09:46.55 ID:p2bmU/NR0
ウッウー
キョウハ コッチ デショウ

http://vip.main.jp/291-top.html

ホンジツハ 第五話 ナリダス

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:11:37.92 ID:TQVUH2QY0
ktkr
今日はこっちか

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:12:07.64 ID:p2bmU/NR0
第五話 『親友』

正午過ぎ。
太陽が丁度頂点へ昇り、春らしい暖かい光を浴びせてくる。
その下、広めの敷地に古びた道場がある。

周囲は森に囲まれていた。
この敷地は街から少し離れた森の中にある。
人を嫌う師の家らしいと言えば、らしいと言える。

( ・∀・)「ふぅ」

流れ出る汗を拭き取ったモララーは、風を求めて外へ出た。
道場内に満たされていた熱気から解放される。
その心地よさは、室内スポーツを嗜んでいる者しか味わうことが出来ないだろう。

少しの間だけ空を仰ぎ、そして左腕を見る。
一部が腫れるように赤くなっていた。

( ・∀・)「僕もまだまだ、だな」

朝から三時間ほど、武術の師と殴り合っていたのだ。

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:13:55.71 ID:p2bmU/NR0
そんな休憩中のモララーの前に、一人の男がフラリと現われる。

('A`)「……よくやるねぇ」

( ・∀・)「ドクオさん」

やる気のない表情。
今風の格好にして、何故か腰に一振りの日本刀。
御世辞にもフツメンとさえ言えない顔パーツの配置。
というか、ブサメン過ぎて普通のブサメンがフツメンに見えるレベルである。

物理的にも雰囲気的にも色々とズレている男は、めんどくさそうにモララーの格好を見つめ

('A`)「お前とは長い付き合いだが、よくもまぁここまで頑張れるもんだと感心するな」

( ・∀・)「貴方とは長い付き合いですが、よくもまぁここまで堂々とサボれると感心しますよ」

('A`)「良いんだよ、俺は好きでサボってんだから」

( ・∀・)「なら、僕も好きでやってるから良いんです」

('A`)「あー」

空を軽く見上げ

('A`)「問答マンドクセ」

と、気だるそうに呟いた。
彼の表情から察するに、太陽の光さえも疎ましいようだ。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:16:28.14 ID:p2bmU/NR0
( ・∀・)「あ、そういえば師が呼んでいましたよ」

('A`)「モララー……今日、俺がここにいるのは本当に偶然なんだが。
   何であの野郎、俺が帰ってきてるの知ってんだよ」

( ・∀・)「さぁ、僕に言われても」

('A`)「しゃーねぇ、顔くらいは見せてくるか」

まだ熱気が残る道場へ入っていくドクオ。

彼はいわゆる『落ちこぼれ』だ。
師から剣術を主に習ってはいたものの、その実力は門下生の中でも下から数えた方が早かった。

後から入ってきた門下生に次々追い抜かれるのが嫌だったのか
その内、ドクオは道場に姿を見せなくなった。

しかしモララーは、そんな彼に憧れている節がある。

彼は自由なのだ。
家の都合で武術や知識を叩き込まれるモララーとは違い
彼は自分の意思で道場へやってきて、そして自分の意思でサボっている。

それが何よりも羨ましかった。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:17:52.20 ID:+JYd+wQVO
支援

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:18:41.59 ID:p2bmU/NR0
いつしか話すようになり、何度か練習に誘ったりもした。
誘いに乗られても断られても、モララーはドクオを嫌ったりはしない。
その自由な行動を、ただただ憧れの目で見ているだけだった。

( ・∀・)(さて、話はどうなってるかな……?)

師とドクオの口喧嘩は見ていて面白い。
休憩も終わったことだし、暇潰しに見に行こうと立ち上がった時。

正面に構えられた巨大な正門。
そこに、苦しげに喘ぐ人影を発見した。

(;,,゚Д゚)「ハァ、ハァ……モ、モララー……」

汗だくのギコだ。
しかも女性を背負っており、更には棺桶までも引き摺っている。
ギコだと知らねば、どう見ても不審者だった。

(;・∀・)「お、おいおい……何をやっているんだ? まだハロウィンという季節ではないぞ?」

(;,,゚Д゚)「すまねぇ、お前しか頼れそうな奴がいねぇんだ……」

(;・∀・)「は?」

(;,,゚Д゚)「クーを、クーを何とかしてやってくれ……」

力尽きたのか、ドサリ、と背負っていたものを地面に降ろす。
慌てて駆け寄ったモララーは女性を見て、思わず一筋の汗を流す。

(;・∀・)「……この女性は」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:20:39.24 ID:FmUBMWUeO
支援

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:21:22.69 ID:p2bmU/NR0
グッタリしているクーを師に任せ、モララーは道場へ戻ってきた。
ギコは道場の壁際で水を飲んでいる。

( ・∀・)「大丈夫か? 何があった?」

( ,,゚Д゚)「……話していいのか迷う」

( ・∀・)「そうか」

( ,,゚Д゚)「ただ、モララーが『術式』って言葉を使った記憶があったから。
     お前なら、何とかしてくれると思ったんだ」

( ・∀・)「なるほど」

別に聞き出そうともせず、隣に座る。

( ・∀・)「まぁ、事情は何なく把握している。
     彼女が僕達に比べて特異な存在である、と」

しかし首を振り

( ・∀・)「だが問題はそこじゃない。
     お前がどの程度まで知っているのか、それを僕は知りたい。
     とりあえず、『術式』という言葉の意味を知っているようだが」

( ,,゚Д゚)「…………」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:22:52.93 ID:FmUBMWUeO
支援

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:23:59.08 ID:TQVUH2QY0
支援

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:24:23.60 ID:p2bmU/NR0
少し逡巡するような沈黙の後、ギコは重い口を開いた。

その昔、二十一種という化物が存在したこと。
魔術師・気術師・方術師が組んで殲滅にあたったこと。
まだ三種ほど生き残りがいて、術式連合がそれらを狙っていること。
現に中国風の女と、大男が連続で襲い掛かってきたこと。

それらを聞いたモララーは開口一番

( ・∀・)「で、ヒートさんは無事なのか?」

などと聞いてきた。

(;,,゚Д゚)「クーさんが頑張ってくれたおかげで大丈夫だ。
     っていうか、お前って結構ドライなのな」

( ・∀・)「何故に目の前でピンピンしているお前の心配をせねばならん」

(;,,゚Д゚)「ですよねー」

話を戻すぞ、と脱線させたモララーが言い

( ・∀・)「つまりお前は上辺を知っているだけで
     術式の概要や、組織構成については一切の知識を有しないというわけだな」

( ,,゚Д゚)「あぁ」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:25:58.44 ID:p2bmU/NR0
よく解らない話だが、それ故にギコは素直に頷く。
そして引っ掛かっていた疑問を口にした。

( ,,゚Д゚)「やっぱりというか、何というか……モララーは気術師なのか?」

( ・∀・)「何故にそう思う?」

(;,,゚Д゚)「『術式』って言葉を知っていたってのもあるけど
     二十一種なんかの冗談みたいな話に対して、まったく驚きを見せなかった。
     逆に、もう既に知ってるから……みたいな空気を感じ取った次第で」

( ・∀・)「お前の空気の読み方は面白いな」

はは、と嬉しそうに笑う。
そして軽く天井を見上げ

( ・∀・)「そう、僕は『気術』を扱う人間……いわゆる『気術師』と呼ばれる存在だ」

と、簡単に白状した。

( ,,゚Д゚)「じゃあ、この街に来たってのは――」

( ・∀・)「あぁ、武術を習うというのも確かにあるが、大部分は気術の修行のためだ」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:28:04.75 ID:NTa7We9gO
支援的書込

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:28:42.49 ID:p2bmU/NR0
モララーの父は、気術東派という流派をまとめる宗家現当主らしい。
他に『北』『南』『西』の三種があり、気術は現在のところ『東』を加えての四派に分かれる。

東の『気術』。
西の『符陣』。
南の『装具』。
北の『式神』。

上記が示すとおり、それぞれの流派によって得意分野が異なるという。
モララーの家は東派なので、どうやら気術に長けているようだ。

(;,,゚Д゚)「って、何で気術師が気術を得意としてんだ? 普通じゃね?」

( ・∀・)「気術といっても色々と幅がある。
     術式としての気術、活力を籠めた符陣、特殊な力を備えた装具、分身体のような式神。
     それら全てをひっくるめて『気術』と呼ぶんだ」

( ,,゚Д゚)「はぁ」

( ・∀・)「ぶっちゃけるとお前には関係のない話だな。
     周囲に他流派の人間がいるわけではないし、聞いても意味がない。
     とにかく憶えておいてほしいのは、僕が『気術』という術式を行使出来る人間だということだ」

( ,,゚Д゚)「気術、ねぇ……よく解らん」

( ・∀・)「術式は、魔術・気術・方術と三種類あるわけだが、それぞれ使い道が異なる。
     魔術は『放出』、気術は『流入』、方術は『吸収』、と言った感じで――」

(;,,゚Д゚)「……へぇ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:28:52.20 ID:FmUBMWUeO
支援

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:30:15.98 ID:p2bmU/NR0
興味なさげに受け流してみたものの、モララーの口が閉じる気配はない。
説明好きだったのを完全に忘れていた。
さてどうやって止めようか、などと思った時。

('A`)「おい、モララー。 師が呼んでるぞ」

ブサイクな男が道場に顔を出してきた。
ギコの意図を読み取ったのか、モララーの話を潰したようにも見える。
何事かと目を軽く見開き、隣を見れば

( ・∀・)「あ、今行きます」

(;,,゚Д゚)「えぇ? 何で敬語?」

そんな間抜けな表情に、モララーは軽く首を傾げた。

( ・∀・)「僕の先輩にあたる人だ」

( ,,゚Д゚)「あぁ……お前、苦労してんだな」

( ・∀・)「?」

('A`)「何か失礼な発言を聞いた気がするが、俺は心が広いので聞かなかったことにしてやる。
    モララー、早く行かねぇと怒られるぞ」

( ・∀・)「はい」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:31:07.34 ID:dGVjgfY10
支援

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:31:10.68 ID:NTa7We9gO
>>15
( ,,゚Д゚)「……へぇ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:31:15.94 ID:FmUBMWUeO
支援

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:31:50.68 ID:p2bmU/NR0
立ち上がり、ギコを見下ろしつつ

( ・∀・)「ギコ、今日はもう帰ってくれないか?
     彼女の件は今日中にどうこう出来る問題じゃなくてな……。
     ドクオさん、見送り頼んでいいですか?」

( ,,゚Д゚)「え」

('A`)「おぉ」

( ・∀・)「じゃあ、また明日」

有無を言わさない雰囲気を残し、モララーは道場を出て行った。
どうやら長居してはならない理由があるらしい。

('A`)「っつーわけだ。 さっさと帰れ」

( ,,゚Д゚)「アンタそれ客人に対して言う言葉か?」

('A`)「お前のどこが客人だ。
   勝手に厄介事を持って転がり込んできて、その上で客人面かよ」

( ,,゚Д゚)「む……」

('A`)「解ったなら素直に帰るこったな」

ほれほれ、とブサイクに背中を押されて退出を促がされる。
何か釈然としない気分を得るも、クーのことを頼んでいるので強くは言えない。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:33:43.87 ID:p2bmU/NR0
道場を出て、正門へと歩いていると

('A`)「なぁ」

ドクオが呼び止めるように声を発した。

('A`)「お前、どうやってここに入ったんだ?」

( ,,゚Д゚)「へ?」

('A`)「この正門の前にも、いくつか小さな門をくぐったろ?
    あそこに『察知結界』っつー警戒用の術式を張ってたんだが……」

( ,,゚Д゚)「いや、別に気付かなかったな」

('A`)「……そうか、ならいいや」

正門から出たギコに対し、背を向ける。
片手をヒラヒラと振りながら

('A`)「これからも友達は大切になぁ」

などと微妙にかっこいい台詞を残して道場へと入っていった。
顔さえ良ければ、きっとギコも素直に『実は良い奴かも』などと思ったのかもしれない。

代わりに、やはり顔という第一印象は大切だな、とギコは深く思った。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:34:48.81 ID:FmUBMWUeO
支援orz

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:35:21.27 ID:p2bmU/NR0
( ・∀・)「師、入ります」

そう言い、モララーは多少緊張した様子で障子を開けた。

和を基調とした部屋の中は薄暗い。
中央には布団が敷かれてあり、女性がその中で眠っていた。
その枕元には

ν(・ω・ν)「……モララー」

( ・∀・)「何でしょうか、師」

ν(・ω・ν)「この女、誰が連れてきた?」

( ・∀・)「ギコという、僕の親友です」

ν(・ω・ν)「そうか」

あまり意味のない質問のようにも思えた。
しかし師は何かを考えているらしい。

一見隙だらけに見える格好だが、モララーにしてみれば刃の塊だ。
それほど師は強大なのだ、と思っている。
硬い唾を飲み込む音がやけに大きく聞こえた。

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:37:45.82 ID:TQVUH2QY0
支援

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:37:46.86 ID:p2bmU/NR0
ν(・ω・ν)「……モララー」

( ・∀・)「何でしょうか、師」

ν(・ω・ν)「この女、正体は二十一種であろう?」

( ・∀・)「……おそらくは」

ふむ、と師は息を吐く。

ν(・ω・ν)「古い書物によれば、お前達『気術師』は他の術師達と組んでいるのだったな。
        相成れないはずの『魔術師』『方術師』……その両者と。
        その理由を言ってみろ」

( ・∀・)「災厄をもたらす二十一種を殲滅するのために」

ν(・ω・ν)「では、気術東派当主の息子であるお前がとるべき行動は何か」

( ・∀・)「この女を、気術総本山へ連行することです。
     如何に不死といえども、厳重に永久監禁してしまえば事足りましょう」

ν(・ω・ν)「模範解答だな」

師が姿勢をこちらへ向ける。
一気に高まった圧を身に受け、モララーは頬に一筋の汗を流した。

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:39:58.40 ID:p2bmU/NR0
ν(・ω・ν)「では、問いかける。
        モララーという人間がとる行動を述べよ」

( ・∀・)「彼女を回復させ、親友の下へ帰します」

即答だ。
最初から決めていた台詞を吐き出すような、そんな流暢ささえ見受けられる。

ギコは、モララーを信じてクーを運んできた。
モララーが『気術師』だと半分解っていて、敵になるかもしれないと知っていて
しかし信頼という絆を信じて頼ってきた。

答えなければならない。
自分は『気術東派当主の息子』の前に、モララーという人間だ。
モララーという人間を見てくれたギコに対して答えるのは、やはりモララーという人間だ。

( ・∀・)「師よ、これだけは譲れません。
     今の僕は『気術師』ではなく、ギコの『親友』です」

ν(・ω・ν)「ならぬ、と言ったら?」

( ・∀・)「力尽くで黙らせてみせましょう」

敢えて殺気を生み出す。
右手に符を持ち、左手を軽く前へと出し、膝立ちになる。
師が動けば、すぐさま対応出来るように構えた。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:41:23.67 ID:p2bmU/NR0
ν(・ω・ν)「……モララーよ」

( ・∀・)「はい」

ν(・ω・ν)「お前は、愚かだ」

( ・∀・)「僕はそう思いません」

ν(・ω・ν)「お前が思わなくても、他の者はきっと思うだろう。
        お前の父であるモナー様も、切磋琢磨し合う仲間のツンやジョルジュも」

( ・∀・)「……いえ」

否定の言葉。
モララーは溜め込むように息を吸い

( ・∀・)「彼らならば僕の行動を解ってくれるはずです……。
     理解の絆を育んできたつもりですし、何より彼らは僕以上に僕を知っている」

厳しくはあるが、義を重んじる父のモナー。
馬鹿で意固地でワガママではあるが、信頼出来る実力と絆を持つ仲間。

( ・∀・)「それに、例え彼らが否定したとしても
     僕は自分の選んだ道を迷いなく進みます……邪魔する存在を切り捨ててでも」

ν(・ω・ν)「そうか」

師が立ち上がった。
暗くて表情を見ることは出来ないが、どこか敵対心はなさそうに見える。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:43:07.25 ID:p2bmU/NR0
ν(・ω・ν)「では、お前の好きにするといい」

(;・∀・)「……良いのですか?」

ν(・ω・ν)「良いも何も、お前は自分の選んだ道を進むと言った。
        師と弟子の関係である私が、色々とやかく言う権利などないだろう。
        私は技術を与えるだけの存在だ」

(;・∀・)「はい」

肩の荷が下りたかのように、張り詰めていたモララーの両肩が落ちた。
安堵の息を吐くと同時、じんわりと嫌な汗が額に浮かぶ。

ν(・ω・ν)「だが、この女の回復……お前の手には負えまい。
        私が何とかしよう」

(;・∀・)「あ、ありがとうございます」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:43:51.80 ID:TQVUH2QY0
支援

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:44:32.18 ID:p2bmU/NR0
ν(・ω・ν)「だから任せるぞ」

師は、障子の隙間から見える外を見ていた。
おそらくは敷地の向こう側を。

ν(・ω・ν)「この女は災厄を運ぶ……いや、災厄が誘い込まれてくる。
        匿うのであれば、それに対処しなければならんぞ」

( ・∀・)「解っております。
     師は彼女の回復に専念お願いします。
     僕はその災厄の相手を」

ν(・ω・ν)「出来るか?」

( ・∀・)「出来ないことを自主的にする、と言う性格ではありませんよ」

口端を軽く吊り上げ、モララーは自信ありげに答えた。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:46:11.33 ID:p2bmU/NR0
('A`)「勇気あるっつーか、無謀っつーか」

道場の奥にある師の家での夕食時。
箸をカチカチ鳴らしつつ、ドクオが面倒そうに言った。

( ・∀・)「何がですか?」

ちなみに師はクーの回復に専念しているので、この場にはいない。
モララーもドクオも、心なしかリラックスして食事をしていた。

('A`)「師にああやって言えるのは、一種の才能じゃねぇかと思うんだわ」

( ・∀・)「盗み聞きしていたのなら話は早いですね。
     ドクオさん、僕の手伝いを御願いしていいですか?」

('A`)「は?」

いきなり何を言い出すのだこのガキは、と言った様子で呆けるドクオ。

( ・∀・)「あの女性を匿っている以上、何処の人間に狙われてもおかしくはありません」

('A`)「あぁ……だからお前、夕飯直前まで敷地内をウロチョロしてたのか。
   トラップやら察知結界やらの調整か? よく働くねぇ」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:47:40.31 ID:p2bmU/NR0
( ・∀・)「ですが、それでも不安要素はいくつか残ります。
     そこでドクオさんがいれば……」

('A`)「お前ね、俺を買い被りすぎじゃねぇか。
   俺は落ちこぼれのサボリ魔だぜ?」

( ・∀・)「本当にそうだったら敬語なんか使いませんよ」

(;'A`)「何気に酷くねぇか、それ」

( ・∀・)「とにかく御願いします。
     僕一人で何とかしてはみますが、もしもの場合は――」

普段のモララーから出る言葉ではない。
他人を極力頼らない彼が、『もしも』という仮定の状況まで考えて頼んできた。
それほど大切なモノを守ろうとしているのか、ドクオを信頼しての台詞なのか。

('A`)「……それは、あのギコとかいうガキのためなんだな?」

( ・∀・)「もちろんです」

やはり即答だ。
真っ直ぐ過ぎる言葉を受けたドクオは、やれやれと肩を竦め

('A`)「……まぁ、気が向いたら手伝ってやんよ」

( ・∀・)「ありがとうございます」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:48:47.06 ID:p2bmU/NR0
('A`)「でもあまり俺を頼ってくれるなよ。
    何といっても俺は、木も人も鉄も斬ることが出来ないのだ」

( ・∀・)「はは、それで充分ですよ」

自慢げに言うドクオの言葉に対し、モララーは笑みで答える。

懸念していたことが解消したのか。
心なしか彼の箸の速度が上がったのをドクオは見逃さなかった。

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:50:17.35 ID:p2bmU/NR0
夜が来る。
太陽が消え失せ、夜の象徴である月が浮かぶ時間。
闇と木々に紛れて動く影が二つ。

(*゚∀゚)「ホントに、あの女はここにいるのかネ?」

(゜∈゜)「…………」

ツーとクックルだ。
鬱蒼と茂った木々の中を、素早い動作で進んでいく。
時々、何かに気付いたように足を止め

(*゚∀゚)「ふぅむ……それにしても妙に警戒強いネ。
     結界や陣の数が半端ないヨ。
     これじゃあ、何か大切なものを匿ってますよって言ってるようなものネ」

(゜∈゜)「…………」

(*゚∀゚)「でもホントなのかネ?
     ここに気術師の関係者が住んでるって。
     もし彼らが匿ってるなら、連合に対する裏切り行為だと思うヨ」

返事は無い。
隣の大男は言葉を発することなど滅多にないし
そもそも隠れながら進んでいるというのに、声を出すという行為自体がおかしいわけだが。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:51:31.65 ID:p2bmU/NR0
なのだが

(*゚∀゚)「面倒ヨー」

などと言えるのは、やはり自分の力に自信があるからなのだろうか。

(゜∈゜)「!」

その動きが止まった。
今までスムーズに進んでいた潜入の足が止まったのだ。
ツーは上下左右に目玉を動かし、ニヤリと笑う。

(*゚∀゚)「見付からずに行けるのはここまでネ。 どうするヨ?」

(゜∈゜)「…………」

(*゚∀゚)「ですよネー」

躊躇なく、二人は敷地内に足を進めた。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:54:20.99 ID:p2bmU/NR0
キィン、という甲高い音が頭に響いた。
それは不審者侵入を示す警鐘だ。

( ・∀・)「来たか……思ったよりも早い」

道場の真ん中で瞑想していたモララーが立ち上がる。
元より明かりは点けていないので、外に出ても目を慣らす必要はないだろう。
簡易防護術式を纏わせた和製戦闘服を羽織る。

敵は二人だけ。
もっと大人数で来るのかと思っていたのだが――

( ・∀・)「……だからこそ警戒しなければな」

逆を言えば、二人で充分と判断されたからこその少人数なのだ。
ある程度以上の力を持つと考えた方が良いだろう。

張り巡らせた察知結界をアッサリと潜り抜けたのも気になる。
あれは『察知用』というよりも、『警告』の意味で張ったものだ。
襲撃が来ることは既知済みだと、そういう意味を籠めている。

普通の襲撃者ならば、そこで考えるはずだ。
『既に察知されているのならば、待ち伏せや罠があるに違いない』と。
しかし敵二人は、躊躇することなく敷地内に入った。

( ・∀・)「……考えていても仕方ない。 行くか」

彼女には指一本触れさせない。
モララーは、ギコに対する義を果たすために戦いへと赴いた。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:57:39.84 ID:+JYd+wQVO
支援

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:57:51.39 ID:p2bmU/NR0
月下。
とはいえ、頼るにはあまりに薄い明かりだ。
その薄光に照らされた妙に静かな敷地内。
ツーとクックルは、迎撃が無いことに対して肩透かしを食らっていた。

(*゚∀゚)「どういうことカ? 誰もいないヨ?」

(゜∈゜)「…………」

クックルが腕を上げた。
その指が差す方向には、微弱だが異質な何かが発せられている。

不死の臭い、とでも言うのだろうか。
死の臭いがあれば、もちろん不死の臭いも存在する。
言うなれば『絶対に死なない』という安心感に包まれた甘い臭いだ。

(*゚∀゚)「さぁて、トラップかフェイクか……ネ?」

目の前に出された情報を鵜呑みにするほど愚かではない。
敵地の全ては疑って掛からなければならないのだ。

ツーは腰から曲刀を引き抜き、慎重に足を踏み出す。
その時だ。

「……止まれ」

男の声。
突如として聞こえた音に対し、ツーとクックルは警戒の素振りを見せずに首を動かした。
長年培ってきた神経が、『動揺を悟られてはならない』を無意識に実行したのだ。

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:58:40.28 ID:7hejLAp9O
支援だよ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 17:59:25.02 ID:p2bmU/NR0
暗がりから足音が聞こえる。
時折、高い音が響くことから、どうやら貴金属を身につけているらしい。
出てきたのは

('A`)「そこから動くなよ」

刀を右手に持ったドクオだった。
腰につけたチェーンが揺れ、断続的な金属音を奏でている。

(*;゚∀゚)(うっわ、ブサイク)

ツーの第一印象はそれだった。
ダメだダメだ、と軽く首を振って

(*゚∀゚)「……迎撃は一人カ? 無謀じゃないカ?」

('A`)「あー? 俺一人かよ。
   ったく、人に頼んどいて遅刻はねぇんじゃねぇの」

なぁ、と右を見た。

(;・∀・)「何で貴方が先に到着してるんですか」

呆れ気味な表情で現われたのはモララーだ。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:01:02.74 ID:p2bmU/NR0
( ・∀・)「まぁいいです、来ないよりマシですから」

('A`)「運良く気が向いたんだ。 感謝しとけ」

運良く気が向いただけならば、先に迎撃に出るのは運が良すぎではないか。
素直ではないドクオの行動に顔をほころばせつつ

( ・∀・)「もちろん感謝しますよ。
     ですが、それはあの二人を撃退してからです」

(*゚∀゚)「嘗められたもんネ。
    気術師風情が魔術師に勝てると思わないことヨ」

( ・∀・)「僕を気術師だと知っていたのか。
     というか、お前は魔術師だったのか……情報ありがとう」

(*;゚∀゚)「あー!?」

('A`)「馬鹿だ、馬鹿がいるぞ」

けけけ、と嫌らしく笑うドクオ。
味方であるはずのモララーでさえ、少しイラっとくる嫌な笑みだった。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:02:39.63 ID:p2bmU/NR0
(*;゚∀゚)「う、うるさいネ! そもそも気術師が何で二十一種を匿うヨ!」

( ・∀・)「僕は気術師という存在の前に一人の学生でな。
     学生の宝は友人だろう? だから僕は友人を優先した」

(*゚∀゚)「はン! gdgd屁理屈面倒ヨ!
     すぐに二十一種を差し出さないっていうなら、力尽くで奪っていくネ!」

( ・∀・)「力尽くなら望むところだ。 お前を殴り飛ばす口実が出来る」

('A`)「じゃあ、俺はあのデカブツの相手するかぁ」

面倒そうに欠伸をしながら、ドクオは別の場所へと歩いていった。
ツーのアイコンタクトを受けたクックルも、同じようについて行く。

( ・∀・)(どうにかこの構図に持っていけたか)

この二人がギコから聞いた襲撃者ならば、クックルの相手はドクオが最適だ。

問題は目の前にいる女。
ギコが言うには曲刀二本を扱う剣士らしいが、おそらくは違うのだろう。
魔術師が魔術を使わないわけがない。

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:04:27.84 ID:p2bmU/NR0
( ・∀・)(しかし……)

(*゚∀゚)「〜♪」

魔術とは『放出』という性質上、どうしても『形』として出なければならない。
不可視にすることは出来るだろうが所詮は『不可視』である。
そこに存在していなければいけないのだ。
さて、上記の条件を勘案して、あの女は魔術を使用していると言えるだろうか?

答えはNOだ。

曲刀自体が魔術という可能性もあるが、根本である魔力を感じない。
見せているのに魔力を隠蔽するメリットは少ないので、あの曲刀は本物だろう。
ということは

( ・∀・)(彼女は『切り札』を備えている。
     攻撃は曲刀で行うとして……おそらくは防御系か補助系)

予測はつくが、まずはその切り札の正体を明らかにしなければならない。
信じて良いのは確実な情報だけだ。
腰のホルダーから数枚の符を取り出して構える。

( ・∀・)「……戦闘開始だ」

(*゚∀゚)「うふっふ〜♪」

器用に手の中で曲刀を回転させるツー。
暴風といえる攻撃が開始されたのは、その直後だった。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:08:16.17 ID:p2bmU/NR0
川 ゚ -゚)「……?」

目を開くと知らない天井が見えた。
鼻で息を吸えば、また知らない色の匂いを感じる。

それだけの情報で、身が何処かに移動させられていると判断する。
警戒の色を浮かべた両目が、現状を知るために動き始めた。
すぐ傍から声が聞こえたのは次の瞬間。

ν(・ω・ν)「目が覚めたか」

川 ゚ -゚)「貴様は……?」

ν(・ω・ν)「私のことなど良い。 それよりも現状を知りたいのだろう?」

川 ゚ -゚)「貴様のことは現状に含まれんのか」

ν(・ω・ν)「含まれるだろうが、今とこれからには関係ない話だ。
        まずはお前の身の回りから知った方が良い」

川 ゚ -゚)「……?」

上半身を動かそうとする。
しかし思うように動かない。
ピクピク、と微かに動く肩や首を確認した後

川 ゚ -゚)「痺薬の類ではないようだな……。
     外部的な問題というよりも、私自身に何か問題があるのか」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:10:28.62 ID:p2bmU/NR0
ν(・ω・ν)「まだ頭がよく回っていないようだ。
        あまり焦らんでいいから、少しずつ過去を思い出すといい」

む、と不満げな声を出したクーだが、素直に記憶を紐解きに掛かる。
何せ彼女の脳には二百年以上の記憶が蓄積されているのだ。
思い出すのに、少しばかりの時間を要するのは当然だった。

川 ゚ -゚)「……そうだ」

大男と戦った。
ギコの『危険を見る力』で隙を作り出しし、撃破した。
終わったかと思ったが、大男はまだ動く体力を残していた。
それを追いかけようとして――

川 ゚ -゚)「……単純な枯渇か。
     気術師風に言えば、活力が足りなくなったから身体を動かすことが出来ずに昏倒した。
     私としたことが油断――」

ν(・ω・ν)「油断ではない」

遮るように、師が言葉を放つ。

ν(・ω・ν)「いいか、本来のお前ならば追えたはずだろう。
        しかしそれをすることが出来なかった。 何故か解るか?」

川 ゚ -゚)「……右腕が無いから、だろうな」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:12:32.40 ID:p2bmU/NR0
今、彼女に右腕はない。
自分のせいで右腕を無くしたギコへ、代わりとして接着しているからだ。

川 ゚ -゚)「右腕が無いから、その分だけ私の活動容量が少なくなっている。
     今までのように戦えば、オーバーヒートのような現象を引き起こすわけだな」

ν(・ω・ν)「バランスなどの身体的ハンデを負いつつ、しかも活力的ハンデも負ってしまっている。
        全力で動けない分、今のお前の戦闘力は今までの半分くらいだろう」

川 ゚ -゚)「随分と詳しいな」

ν(・ω・ν)「お前のことは少しだけだが知っている」

立ち上がる。
そのまま部屋の隅へ歩を進め、何か大きなモノを持ってきた。
それはクーの武器である、棺桶を模した武器『突撃機構槍』だった。

川 ゚ -゚)「?」

ν(・ω・ν)「この武器……製作者サインは『WK2』となっているな。
        私はこのWK2という人物を知っているのだ」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:14:15.84 ID:p2bmU/NR0
川 ゚ -゚)「……本名を言えるか?」

ν(・ω・ν)「輪九和久(ワクワク)。 日本人。
        今はもうこの世にはいないが、ヨーロッパの方で暮らしていたはずだ。
        一流の武器職人だった男」

少し笑みを漏らし

ν(・ω・ν)「私は彼と関係を持っていてな……輪九和久は死ぬ前に言っていたよ。
        『面白い女に面白い武器を作ってやった』、と」

川 ゚ -゚)「…………」

ν(・ω・ν)「お前がこの国に渡ってきた理由が解った。
        この突撃機構槍を見せてもらったが、相当にガタが来ているようだ。
        おそらくは――」

川 ゚ -゚)「術式連合は私を殺す方法を得ている。
     以前よりも攻撃の手が増すのは明確。
     いくら私が不死でも、奴らを撃退する力が無ければいずれ捕まってしまう」

ν(・ω・ν)「だからこの国へ渡ってきたのだな。
        輪九和久の弟子……『語呂理(ゴロリ)』がこの国にいるのを知ったのだろう?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:15:14.70 ID:JW0GEUtw0
ちょっとカメラ止めろ支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:15:42.04 ID:7hejLAp9O
支援

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:16:02.16 ID:p2bmU/NR0
川 ゚ -゚)「彼ならば、私の『突撃機構槍』を修理強化してくれるかもしれない。
     ところで――」

少し首を動かした。
師の背後、障子の向こう側で行われている行為に耳を傾け

川 ゚ -゚)「戦いの音が聞こえるようだが……まさか、私の存在が迷惑をかけているのか?」

ν(・ω・ν)「だとしたら?」

川 ゚ -゚)「何故私がここにいるのかは知らんが、早急に出て行こう」

ν(・ω・ν)「動けない身体でよく言う。
        どうせ明日まで動けんのだから、おとなしくしておけ」

川 ゚ -゚)「む」

ν(・ω・ν)「その間、ギコとかいう少年に対する感謝の言葉でも考えておくといい。
        昏倒したお前をここまで運んできたのは、あの少年だ」

川 ゚ -゚)「ギコが……?」

自分の右腕を与えた少年の顔を思い出す。
脆いが、あの年齢にして芯を持つ珍しい少年。
おそらく顔を合わせれば、また『腕を返す』などと言ってくるのだろう。
そんな一生懸命な表情を思い出し、師から見えない方の口の端を微かに吊り上げた。

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:16:24.55 ID:nHga3QzVO
はwwwさwwwみwww
チョキチョキチョキwww

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:17:24.13 ID:TQVUH2QY0
なんというクリテロ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:17:29.28 ID:p2bmU/NR0
ν(・ω・ν)「術師関係の友人に頼るのは愚かだと言える。
        しかし結果的には最善だった。
        襲撃のことを考えて家には帰したが、明日また来るそうだぞ」

川 ゚ -゚)「何故、彼は私のことを……」

ν(・ω・ν)「気になるなら聞けばいい、明日にでも」

聞きたくはあるが、巻き込みたくもない。
やはり自分は、ギコに右腕を託したまま何処かへ消えるべきなのだろうか。
無くした腕に関しては、誰かに義手でも作ってもらえばいい問題だ。

川 ゚ -゚)(ふむ……その義手にもギミックを搭載するのも良いかもしれん。
     常に突撃機構槍で戦えるわけでもないしな)

何十年も使い続けた結果、相棒とも言えるようになった武器。
しかし物である以上は壊れることもあれば、紛失する可能性だってある。

――無機質な親友。

かつてそんなことを思ったこともあった、と思い出す。

ν(・ω・ν)「ところで」

川 ゚ -゚)「ん?」

ν(・ω・ν)「この突撃機構槍、名前は付けられていないのか?」

川 ゚ -゚)「いや、あるぞ。 気に入らないから使っていないが」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:17:39.67 ID:7hejLAp9O
ワクワクさ〜ん

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:18:45.38 ID:p2bmU/NR0
輪九和久が嬉々として名付けていたのを憶えている。
間抜けな響きだったので、正直言ってクーとしては拒否したかった。
しかし流石に製作者の意見を断るわけにもいかず、結局つけられた名前とは

川 ゚ -゚)「――『リュミシカラス』。
     何処かの言葉で『永遠の空っぽ』、だったかな」

ν(・ω・ν)「いつまでも空を命ぜられた棺桶といったところか……あの人らしい」

川 ゚ -゚)「実に子供らしいと思わないか?」

ν(・ω・ν)「子供の心を忘れた大人は、ただの大人に成り果てるのだよ」

川 ゚ -゚)「……そういうものか」

ν(・ω・ν)「あぁ、そういうものだ」

クーを見る師の目は、何故か哀の感情が籠められていた。







――――――――――――――――― To be Continued ――――

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:20:52.55 ID:p2bmU/NR0
イジョウデ オワリ デスマス

ナオ、クリテロトハ ナンノカンケイモ アリマセン アリマセン ウッウー

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:21:30.87 ID:TQVUH2QY0
乙wwwwww

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:23:09.38 ID:nHga3QzVO


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:23:17.22 ID:JW0GEUtw0
(゚д゚)ウッウー乙

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:23:46.52 ID:p2bmU/NR0
ノコリ 4〜5話 テイド
ツン トカ ジョルジュ トカハ ナマエダケデ デマセン コンカイハ

ジカイトウカ フメイ

シツモンアッタラ コタエル ヨ

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:30:52.71 ID:g14DTddU0
ketumatu tokaha mou kanngaetearu?


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:35:26.61 ID:x8MtZXg/O
読みやすくてGOOD

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:38:27.85 ID:p2bmU/NR0
>>62
ヨミニクッ!

『クー生き』の結末は考えてます
ただ、この作品から派生する物語があるかもしれない ないかもしれない
元の街に帰った後のモララー編でも書こうかと思ってたけど
新しい長編のネタを思いついてもてな・・・この浮気モノっ!ウッウー!!

アレみたく風呂敷広げる気はないです
まぁ広い意味で言えば、二十一種という存在のせいで今も広がりつつあるのですがウッウー

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:39:57.00 ID:g14DTddU0
漫画化されたい?

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:40:22.68 ID:7hejLAp9O
>>61
『コンカイハ』 ッテコトハ ジカイサクガ アルトオモッテ イインデスカ ?

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:43:18.80 ID:p2bmU/NR0
>>65
難しい質問ですね・・・

されるのは嬉しいです 嬉しくない人なんていないと思います
でも自分から望む気はないです
あくまで受け身です

>>66
ソレガ モララー編 カモシレナイ
デモ カカナイ カモシレナイ
モウ一方ヲ オワラセテカラ カンガエル

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 18:47:15.27 ID:g14DTddU0
>>67
ですね。
これからも楽しく読ませてもらいます
頑張ってください!!

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/25(月) 19:12:01.31 ID:7hejLAp9O
>>67
把握。乙ですた

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)