5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)机は繋がり僕らは出逢うようです。

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:45:31.86 ID:ZZh9BIx50
http://vip.main.jp/300-top.html
まとめサイト。ありがとう! 大好き!

【あらすじ】
机に落書きを書いた。翌日、その落書きに返信がされていた。
だが話が進む中、その返信の人と自分との間には三年間の時間のずれがある事がわかった。
そして友人の話で、その人は事故で亡くなっていると聞かされる。
しかもその事故現場に自分がいたと言うのだ。
そうしてブーンは、全部を思い出したのだった。

机は繋がり、僕らは出逢う!

という訳で、そのじゅうなな、はちの投下です。
今回の投下最後! しばしの間お付き合いください。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:46:37.17 ID:9oy4WB+r0
ktkr
ついに最終回か・・・

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:46:40.26 ID:ZZh9BIx50
《そのじゅうなな 大空はばたくとりのように。》


(; ^ω^)「なん……なんなんだお?」
その声に呼応するように、もう一度僕の机の周囲が淡く光る。
結局僕は、ホームルームの扉前で立ち尽くしながらその様子を見るしかない。



一体全体、これはどう言う事だお……?
現状を分析しようとする度に混乱は増していって、思考力は削ぎ落とされる。




( ^ω^)「…………」
前方にある窓から朝日が差している訳でもないし、
どこからか強い光が当てられている訳でもなかった。

言葉通りの意味で、机とその周囲自身が『発光』しているんだ。


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:47:52.62 ID:ZZh9BIx50
( ^ω^)「…………光?」


そして僕には、どうしてもそれが危ないようなものには思えなかった。


誘い込まれるように一歩進み、体をその光に踏み入れる。
教室の敷居を踏む間際、ああ、切り替わった。そう思った。


(^ω^ )「別にかわった所なんてないお……?」


きょときょとと僕はその辺り一帯を見回してみる。
鼻腔をくすぐるのは、生暖かいような、それでいてどこか埃っぽい木の匂い。いつもと同じ匂い。
何度か確かめるように足踏みしてみるけれど、そこに何か変わったような物はなくて。
結局どれもこれも、一つの異常を除けばいつもと同じって事だ。


( ^ω^)「いつもと同じ、だお?」


いや、そもそもいつもってなんだお?


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:49:03.56 ID:q0XDuYGOO
今日は本当にいい日だ
支援

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:49:05.40 ID:9oy4WB+r0
しえん

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:49:22.69 ID:ZZh9BIx50
(^ω^ )「…………」
そこでふと、思い至る事が一つだけあった。
まだ光を失わない自分の机と、出入り口の扉を交互に見る。



( ^ω^)「……あの感覚は、」


教室に入る時に感じた『切り替った』って言う感覚。
視覚、聴覚、触覚、その全部。まるでチャンネルを回した時みたいな、あれは。


( ^ω^)「僕は毎日感じてたけど……」
別段珍しくもないと思ったそれそこが、そもそもの根幹じゃないのかお?
頭の隅っこで、僕が呟く。脳みそがそんな思考で一杯になり始めていた。
考えは形にならないまま泡になって消えていって、


( ^ω^)「でもなんで……?」
容量からはみ出たそれは言葉になる。

何かを忘れているような気がする。でもその何かって、なんだお?
考えれば考える程思考のスピードは減速していき、目的地は遠ざかって行っているようで。


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:50:52.44 ID:ZZh9BIx50
窓辺まで歩き出し(また切り替る。)僕は遠目からその様子をもう一度見てみる。
視点を変えれば、何か新しい発見があるかも知れないと思ったからだ。


( ^ω^)「…………」
それでもやはり事実は事実のままらしく、
僕の机と机の周りは、やんわりと発光しているだけで。


(#`ω´)「ああくそもう――!」
どうなってんだお。と苛立った所で、突然の眩しさに僕は目を瞑る。
何もあの光が強くなった訳じゃない。ただ、


(-ω- ;)「朝日かお……」

東向きの窓から降り注がれる、太陽の一矢のせいだった。
腕時計で時間を確認してみれば午前5時55分。
すげぇぞろ目だお。どうでもいい事にちょっと嬉しくなったり。

答えは一向に見つからず、グラウンドの土色を眺めながら頭を掻いた。
悩んでようが一日は始まって来ている、それだけの話だ。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:51:46.40 ID:q0XDuYGOO
支援

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:51:47.33 ID:ZZh9BIx50
( ^ω^)「……机が光ってようが、今更驚くようなもんでもないかお」
これ以上のミラクルを、僕は体験してるんだから。
ため息と一緒にそんな言葉を吐いて、頼まれているマイナスドライバーを探すべく僕は振り返った。



そうして、省みたその光景が全部の答え。



( ^ω^)「――――おぁ」
思わず言葉が出る。

あぶり出しの暗号を解く時みたいに、そこには正解が記されている。


なるほど。そう言う事か。


そこでようやっと僕は気付いた。相変わらず、僕は気付くのが遅い。
でも今は手遅れじゃない。それだけが救いのように思えた。
目的地と終着地点は、始まったここだったってだけだったんだ。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:52:49.23 ID:ZZh9BIx50
( ^ω^)「ここ……朝日が当たらない場所だったのかお」
頭から漏れ出した情報が言葉になって出て行く。


机の一角、あの発光していた部分だけに朝日が当たっていないんだ。
僕の予想が正しければ、それは多分――



( ^ω^)「3年前から――」



ようやく行き着けた。行き着いた思考が指さす仮定はただ一つ。



『朝日と時間の経過、その関係』



朝日や、あるいは日の光こそが、あらゆる物や人の時間を調節する
ペースメイカーなんじゃないかという事。

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:56:05.36 ID:ZZh9BIx50
それは例えばドクオ。
3年前のあの日から、朝日を遮断したあの部屋の主の事。

『外に出たほうがエネルギー使って余計老けるって事だろ。』
3年前からまったく変わっていない姿で笑うドクオの姿が思い浮かぶ。
それはそうだろう。彼は一度だって、あの日から日の光を浴びた事がないんだから。


それは例えば僕の記憶障害。
取り戻した時の、あの頭痛の正体の事。

そもそもあれは3年前のあの日の事を封じ込めた僕への戒めなんじゃなかったのか?
日の光を受けて、確かに進んでいるのに記憶の時間を止めた僕の罪への、罰なんじゃないだろうか、と。


そしてその最たる物、




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:56:11.14 ID:q0XDuYGOO
支援

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:57:10.51 ID:ZZh9BIx50



( ^ω^)「何でクー先輩と交信がとれたか……!」



それを考えるべきだったんだ。
3年前のあの日交通事故にあって亡くなったハズの彼女と、僕が通信していた事。
それこそがこれに直結する確かな証拠じゃないか。


いつか僕が穏やかだと思ったこの場所は、
いつか僕が高岡と喋った誰そ彼のこの場所は、3年前から時間を止めていたって――!



机から発せられる光は強くなる一方で、嫌が応にもやがてくる『交信の時』を連想される。
僕はもう一度時計を見た。5時57分。

机の中にあった文化祭の連絡用紙の事を思い出す。
この朝日が射す時にも、この場所にあったはずのプリントは、確かに3年前の彼女に届けられたんだ。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:57:18.77 ID:9oy4WB+r0
しえん

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:57:55.46 ID:ZZh9BIx50
( ^ω^)「いちか、ばちか、かお!」
頷き、新しい仮定を打ち出す。
つまりは3年前に送り出すものを、メッセージじゃなく僕自身に出来ないかってこと。


行動で出来なければ、言葉で示せばいい。
言葉で出来なければ、行動で示せばいい。


( ^ω^)「だってそれが僕のポリシーだったお?」


まだ強く光を放つ自分の机に歩み寄り、椅子を引く。



        ヽ       初めてそう言われたお! ありがとう
         (^ω^)-┐   
       ┗-ヽ ノ       どういたしまして。
         ┏┘     友人はムカツクと言っていたが、私はそうは思わないよ。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 17:59:32.47 ID:ZZh9BIx50
『みんなムカツクって言うから正直落ち込んでたんだお!
 それにしても雨がうっとおしいお』


 【あのらくがき、どうやって書くんだ?
 やろうと思っても上手く書けないんだが……】
『なにこのモッコスww えっと、コツはまず体を書いてから……』

机に記された彼女とのやり取りを指でなぞり、僕はそれに座った。
その視界に飛び込んで来た、彼女の最後のメッセージは――


『絶対なんてこの世にはないよ。絶対に。』


彼女らしい、クー先輩らしい現実論だった。
けれど僕はその『絶対にない絶対』に、縋りに行くんだお。思い、僕はゆっくりと目を閉じる。


( ^ω^)「絶対に、逢えるお」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:00:03.96 ID:vA7vjzwH0
支援

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:00:50.29 ID:ZZh9BIx50
朝日を浴びないようにと僕は縮こまって、机に寝そべる。

( ^ω^)「ああ、もう――」
これじゃあまるで始まりと一緒じゃないかと小さな笑いが出て来る。

結局全部はここにあった。落とした瞼。そして降りて来る黒。
ただ耳に響くのは、世界が時間の微調整にかかる音。

そうして、


カッチ、カッチ、カッチ、


それが止まった音がした。


カチ。




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:01:49.47 ID:ZZh9BIx50
緩急、強弱。

  木擦れのような、

さざ波のような。


のび、
         ちぢみ、

反流しては穏やかになる。




( ´ω`)「…………あったまいっておー」


頭を抑えながら起き上がる。


実に変な感覚だった。
スーパーボールの中に入って跳ね回ったらあんな感じになるんだろうか。

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:02:49.56 ID:ZZh9BIx50


これでまったく同じ風景だったりとかしたら、ただの笑い種だお――


なんて思いながら押し上げた瞼。



( ^ω^)「お……れれ?」


目の前に広がった光景。それは同じなのにどこか違う。
まるで歯に詰まったほうれん草みたいに、気持ちの悪いような感じが競りあがってくる。
教室を見渡そうとして、右を向いた所で止まった。
閉められた出入り口の扉、その下の部分にある換気口。

( ^ω^)「……とてもつなくボロイお」
ガムテープで補強されてるけど、なんと言うか情けなさすらや哀愁すら漂ってきそうなそれ。


( ^ω^)「冬、足元寒いだろおな……ぁ?」
思考はそこで止まった。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:03:55.01 ID:ZZh9BIx50
フラッシュバックするのは『隙間風がひどくて足が冷える』の言葉。


それは、紛れもなく彼女からのメッセージで。


(; ^ω^)「まさか」
背もたれに腕を置き、上体を捻って自分の後ろにある連絡黒板を見る。
そこへ色とりどりのチョークで書かれていたメッセージは



『文化祭当日!!  3の1、演目・新撰組
 張り切ってやるぞ! ヽ(*>д<*)ノ!』


そしてその脇に添えられた年度は――


(* ゚ω゚)「う、うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおお!!!!」
叫び、僕は立ち上がって握り拳を突き上げる。
その際にガッターンと大げさな音立てて椅子は倒れたけどそれはもう気にせずに。

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:04:10.51 ID:q0XDuYGOO
支援

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:07:04.29 ID:ZZh9BIx50
朝日はまだ昇らず、全部は始まってすらない。



平成16年 6月20日。



黒板に記されているのは、そんな言葉だった。



机はその日、確かに繋がったんだ。


《そのじゅうなな 大空はばたくとりのように。》 終
              そのじゅうはちに続く!

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:07:41.94 ID:5+6ITFyh0
支援

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:11:56.32 ID:ZZh9BIx50
《そのじゅうなな 机はつながりぼくらは。》

(;; *ω*)「っは、ッぅあ……! はっはっはッ……くぅっ! っはぁッ、ぅぉおお!!!!」

体力ってこんな簡単に落ちるもんなのかお。
見慣れた通学路を逆走しながら僕は自分自身に毒づいた。


クソッタレ。
歯軋りする間際でも、足は止めない。
水を打ったようにひっそりと静まり返る道路は、やっぱりどこか違っていて、
シャッターの降ろされた店の名前が違ってたり、建設途中だった場所が空地だったりする。


そんなささやかな違いは、決定的な時間の差を教えてくれる。


(;; ^ω^)「っうぉ!?」
意識を景色に裂いて居たからか、つまずきそうになる。ギリギリの所で姿勢を直す。


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:13:14.99 ID:ZZh9BIx50
脚は高く振り上げて、

腕は振り子のように、


そのままの勢いを殺さずに――


体に叩き込んだことはほぼ忘れてやがるけれど、
3年の間に積み重ねてきたノウハウはまだ健在のようだった。

確かに衰えたスピードには舌打ちが漏れそうになるけれど、
さっきの事で学んだ。今はそんな事に容量裂いてる場合ではない。


( ゚ω゚)「うぉぉぉぉぉぉおおおおお!!!!」

叫び声が閑静な住宅街に木霊する。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:13:48.52 ID:ZZh9BIx50
東から漏れる淡い光の粒はもう町を暖め始めていて、
やがて来る朝への導線をゆっくりと引き始める。



僕は走れているのだろうか。



僕は走れるのだろうか。




――大丈夫。この足はまだひしゃげてなんかいない。




    【平成16年 6月20日 午前5時 57分 タイムリミットまであと3分】

29 :サザソのトリヴィア:2007/07/22(日) 18:14:15.28 ID:zL/g/9Q80
サザンのトリビア?

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:14:48.30 ID:q0XDuYGOO
支援

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:16:03.66 ID:ZZh9BIx50
ξ♯゚听)ξ「阿呆じゃないの馬鹿じゃないの冗談じゃないわ!」

川 ゚ -゚)「ぶちぶち言いながらそれでも登校するのは偉いと思うよ」

ξ゚听)ξ「はいよ、お褒め頂いて光栄至極でございますぅ」

瞼を落としにかかっている友人に、まあまあと私は笑いかける。
致命的な準備不足でクラス全員に呼び出しがかかった文化祭当日の朝、
文句をたれながらそれでも健気に登校する私達。


ξ♯゚听)ξ「大体文化祭の準備なんて前日に終わらせときなさいよ!」


川 ゚ -゚)「まだ準備の出来てない大道具係って言ったら、誰だったかな?」

ξ♯゚听)ξ「っさい!」

ここ一番の図星を食らったツンが噛付いた。
半ばそれを苦笑いでみながら、ため息交じりに返答する。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:17:03.98 ID:ZZh9BIx50
川 ゚ -゚)「はいはい」

ξ゚听)ξ「……大体クーはいいわよ。世捨て人みたいに早起きしてるんだし?」

川 ゚ -゚)「いや、私だって十分眠いぞ?」

ξ゚听)ξ「鏡持ってたら突きつけてやるのに!」

実に危なっかしい足取りで隣を歩くツンからあくびが出る。
その様子を横目で見ながら、両手を突き出して私は伸びをする。

起き慣れている、と言う程毎日早起きをしている訳じゃない。
ただ自己管理が出来ているだけの話だよ。


ξ゚听)ξ「うわ、何それ凄いむかつく」
さらに出た大あくび。


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:17:33.25 ID:ZZh9BIx50

川 ゚ -゚)「これ女の子がはしたない」


ξ゚听)ξ「上品にしてたら金一封でも出るわけ?」


悪態ついた友人と、



川 ゚ ー゚)「……確かにな」


軽く笑いあった朝の一コマ。



   【平成16年 6月20日 午前5時 58分 タイムリミットまであと2分】


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:18:50.28 ID:ZZh9BIx50
('A`)「大体お前は寝起きが悪すぎるんだよ」

( ^ω^)「おっおー、申し訳ねー申し訳ねーお」

('A`)「…………」
右目だけを細めて、ドクオは僕を睨む。
なんでもない、中学校への登校風景だった。


( ^ω^)「へっへっへ、見つめられると照れるんだお」
にやついてたら殴られた。


('A`)「ブーン、靴下解けてる」
ボロボロ、と言うよりもべろんべろんになっている僕の運動靴を差してドクオが言う。


( ^ω^)「君は言った『あるがまま』に」
('A`)「名曲を汚すな」

( ^ω^)「あるがままに♪ あるがままに♪」
('A`)「英語で言え。無理矢理日本語に直すな語呂悪い」
じゃり、と靴が砂を噛む。
ドクオはため息一つ挟んで前方を向く。不思議な踊りを踊りながらその様子を見る僕。
マジックポイントは減ってなさそうだが、ドクオの中での僕の像は確実に目減りしている。


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:19:27.84 ID:ZZh9BIx50
('A`)「…………」
( ^ω^)「何か反応しろお」
('A`)「…………」

ちょっと寂しくなったので不思議な踊りは終了して普通に歩く。
前方に見える横断歩道は赤信号。


( ^ω^)「ドクオ見てろお! マジカルミラクル☆」
ワントゥースリーで信号を差した。まだシグナルは赤信号。

('A`)「…………」
( ^ω^)「今日はキてませんお」
('A`)「黙れ似非マリック」
どうしようもないほどいつも通りなやりとりである。
自分でも飽きずによくやっていると時々思うがこれが僕らの関係なんだと思えばそれも心地良いもんだ。



('A`)「あ――あれクー先輩たちじゃね?」



   【平成16年 6月20日 午前5時 59分 タイムリミットまであと1分】

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:21:20.39 ID:ZZh9BIx50
見間違うはずなんかない。


この光景、この風景、この場面。


向う側にいるあの黒髪、そして隣にいる金髪ツインテール。
あれは確かにクー先輩とツン先輩だ。


そして二人の脇を通り抜けようとしている猫。
あれは多分、ポリフェノールだろう。



と言う事は、横断歩道の手前側にいるカッターシャツの男子二人組みの背中は――



……そんな事今はどうでもいいお!


余計な思考を捨てて、僕は全部の性能を足に回す。

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:23:00.11 ID:q0XDuYGOO
支援

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:24:18.44 ID:ZZh9BIx50
何も考えずに走る。今必要なのはその一点だ。


( ^ω^)二⊃「っぅお…………」
そうするとフォームは自然に、あるがままに戻っていくらしかった。
ふっと、体全体軽くなるような錯覚。ああ、まるで背中から浮いているようなこの感覚は――


いつだって僕は、こうやって走ってきたじゃないか。
そうして叫ぶ。僕は飛ぶ。


⊂二二( ^ω^)二⊃「ブ―――――――――――――ン!!!!!!!!!」


       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
      |    /
      ( ヽノ
      ノ>ノ
  三  レレ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:25:29.27 ID:sk7wExec0


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:25:32.68 ID:ZZh9BIx50
僕は僕を追い越して、横断歩道へ飛び出る。

クー先輩がポリフェノールを追って、走ってくる。
車の存在に気付いたツン先輩が後を追う。



そうしてトラックが――




セッティングはもう完璧に整っているらしかった。


⊂二二二( ^ω^)二⊃「間に合って、くれ、――お!」
ヒュウと喉が悲鳴を上げる。声の方はそれっきりだ。
そうして一抹の願いと共に、僕は走り、そして彼女に腕を伸ばして――



   【平成16年 6月20日 午前5時 59分 タイムリミットまであと30秒】

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:32:01.80 ID:s38KGwHI0
支援

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:32:17.57 ID:ZZh9BIx50
ズシャ、っと体がアスファルトを滑る。




――――――――そうして静寂があった。





綺麗に決まったが故に不恰好なヘッドスライディング。
そうして地面を転がるのは、僕一人。

クー先輩と言えば、


ξ♯゚听)ξ「何考えてんのよクー!」
川 ゚ -゚)「…………む」


ツン先輩の腕の中である。


まあ僕と一緒に地面の熱い抱擁交わすよりは幾分もマシだろうと思うけど、
なんだろう。なんなんだろう、この言いようもない悲しみは。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:34:44.95 ID:s38KGwHI0
支援

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:35:42.31 ID:ZZh9BIx50
キッ、とツン先輩がトラックの走り去っていった方向を睨み、

それから、


ξ゚听)ξ「この人がアンタの背中押してくれなかったら今頃どうなってたかわかる!!!?」
( ω )「……………」
くい、とツン先輩がうつ伏せで倒れたままの僕を親指で指した。
結局、彼女に足りなかったのは助けたいと言う意志じゃなく物理的な距離だ。
よかった。と彼女を思う反面、なんだかなぁ、と自分の無様さを思う僕。


川 ゚ -゚)「……ミンチ?」


その穏かな声が耳に届く。ああ、くそ。泣くなよ男の子だろ。
いつか言われたような台詞を思い浮かべて一人鼻を啜る。

ξ♯;;)ξ「バッカじゃないの!!?」
ツン先輩も鼻声だ。
泣きながら怒れるって凄い芸当だなぁ。とちょっと思った。


川 ;゚ -゚)「すまん。けど、この猫が、」
僕をほっぽり出して話はすすむ。
いや、いいんだけどね。体の節々が痛くて立ち上がる気力と体力がないし、
顔を見られたらそこで多分アウトだろう(だって僕は向こう側にいるんだから。)

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:37:17.73 ID:ZZh9BIx50
ξ;;)ξ「猫ぉ?」
にゃぁう。ややあってから響く猫の鳴き声。
いつかショボンの家で聴いたものと一緒の、ポリフェノールの声だ。
それに気付いたらしいツン先輩が、クー先輩の腕の中を覗きこむ。


ξ゚听)ξ「「………………」」川 ゚ -゚)


再び沈黙が訪れ、ツン先輩は


ξ゚听)ξ「いっちゃなんだけど――」
僕が言いたくても決して言えなかった一言を


ξ゚听)ξ「ブッサイク」
感心しきりに吐いたのだった。


……先輩、それ言っちゃおしまいですお。



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:38:43.53 ID:q0XDuYGOO
支援

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:40:55.99 ID:ZZh9BIx50
ξ゚听)ξ「…………起き上がらないけど、大丈夫アンタ」
(;; ^ω^)「だ、大丈夫です!」
ツン先輩がこちらに気付き、それから手を貸そうか、と聞いて来る。
白魚のような手と、血色のいい肌が眼に入る。


(;; ^ω^)「一人で起き上がれますお!」
ふるふると首を振れば、あっそと簡単に引き下がるツン先輩。



川 ゚ -゚)「君、すまなかった。ありがとう」



そうして背中越しに聞こえてくる、クー先輩の声。

――そう言われると、振り返りたくなるじゃないですかお。
忘れていた事を懺悔して出逢えた事に感謝して、それから振り返って抱きしめたくなる。
かっこよく去ろうとしてた決心がグラグラと揺らいだ。


そうすると多分、色々パラドックスやら難しい事が起るだろう。
けどそんな小難しい事全部ほっぽり出して触れたくなるじゃないか。

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:44:34.63 ID:s38KGwHI0
支援

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:45:19.67 ID:LkGCHJ7BO
支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:45:37.17 ID:kS5wZO2B0
しえん

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:46:09.34 ID:ZZh9BIx50
その思考を諌めるように、一瞬東の空が鮮烈に煌いた。
それは正しい意味でのタイムリミット宣告でもあり、時間と世界の微調整を知らせる光でもあった。


つまりは朝が来るって事。


途端、それを浴びた僕の体は、足先から細かい光の粒子になっていく。
僕と言う針の狂いを見つけた世界か何かが、急ぎ足でゼンマイでも巻いてるんだろう。


僕は『今』と言う時間に戻り、僕の存在はあるべき場所に戻っていく。
炭酸の中へ徐々に体を浸しているような感覚は、少し愉快だ。


ξ;゚听)ξ「な……アンタ」
驚いたような、そんなツン先輩の声がする。

そりゃそうだ。朝日を浴びた人間が急に消えかかってるんだから。
肩口まで光の粒になった僕に残された時間は、ごくごく僅かで。

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:48:06.31 ID:s38KGwHI0
支援

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:48:38.27 ID:ZZh9BIx50
無言で立ち上がり(傍から見たら肩から上だけの人間が浮いている感じだろう。)振り返る。


これぐらいのわがままは、許されるだろう?


顔が光で埋め尽くされる最後の最後、


( ω )「始めまして、久しぶり。 ――また三年後に!」


彼女から伝えられた言葉。
僕が伝えたかった言葉。
もっと欲張ればよかったかな、なんて思わずに、今はただ現状に満足しよう。
段々と落ちていくスピード。弱い僕と言う光が、終息に向かう。

終わりだと言うのに、それでも気分は極めて安らかだったんだ。
街路樹に止まっていた鳥が空に向かって羽ばたいて、


僕の残り時間は、ゼロになった。



   【平成16年 6月20日 午前6時 00分 タイムリミット】


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:49:22.65 ID:s38KGwHI0
支援

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:51:14.28 ID:5+6ITFyh0
支援

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:53:17.04 ID:ZZh9BIx50



「おいこらブーンてめェ!!」


ガツン、とか、ドン、とかそんな生易しい音じゃなく、
耳に残るエグイ破壊音を出す純粋な暴力を受けた。


ドガ、ドン、べチャ。ズシャー、ガッシャン。


本日、いや本日と言う訳でもないんだろうけど、二度目。僕の体が地面を滑る。
続けて机と椅子が吹っ飛んでくるのを風圧で感じ、思わず両目を瞑った。


「何? 何用具とってこいって言われて寝てる訳?
 眠たいし眠りたいのは俺も同じなんですけど!」


天から振ってくるのはそんな声。
こっちだって色々あるんだお。あったんだお。
内心イラつきながら、目を開ける。瞬間、網膜に焼き付くのは陽光。

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:56:22.23 ID:s38KGwHI0
支援

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:56:48.27 ID:LkGCHJ7BO
支援

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 18:59:11.64 ID:ZZh9BIx50
何センチか先に僕の椅子があった。
……ここまで飛ぶとは、かなりのスピードで打撃を受けたらしい。



(♯^ω^)「っなにすんだお、馬鹿高お…………か?」



立ち上がり文句つけようと振り返った先にいたのは、



('A`)「誰と勘違いしてんだか」


引きこもりが居た。
学校指定のポロシャツを着崩して、ポケットに手突っ込んで笑う友人。もとい、長距離走者。

(;;^ω^)「……ド、ドクオ?」
('A`)「うん、俺だけど」

( ^ω^)「おま、……お前、老けたかお?」
('A`)「は?」
訝しげにイントネーションは語尾上がり。

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:01:31.63 ID:ZZh9BIx50
頭が沸いたとでも思われているらしく、

('A`)「もう一発、殴っとくか?」
ドクオは大きなお世話様に拳を固めてくる。


(;;^ω^)「いや、それは結構ですお」
丁重にお断わり申し上げて、それもそうか、とちょっと納得。


事故があって、見間違いにしろツン先輩のあの姿を見たからドクオはひきこもり始めた。
そうして朝日を遮断し部屋の時間、もとい自分の時間を止めた。

『ひきこもる』って言う行動の原因だった『事故』がなくなれば
当然ドクオは普通に生活してて、つまりはひきこもらなくて、
そうなると当然ドクオの時間は――


何かをしているかぎり、積み上げるかぎり、諦めないかぎり、結果は付きまとってくる。
行動には結果。それが当たり前だ。

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:02:06.88 ID:s38KGwHI0
支援

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:02:34.88 ID:ZZh9BIx50
(;'A`)「あんだよ、ニヤニヤして気持ち悪りー……」


机が繋がったから、今この場所にドクオはいる。


『未来は変えられるが歴史は変えられない』
そんな言葉。どこぞの偉い人が残したのはまるで正確な世界の定義だった。



('A`)「……まあいいや。ほら、さっさと会場行くぞ」

( ^ω^)ノ「おっおー! ……あ、ドクオ。その前に一つ聞きたいことが」


片手を上げて元気に返事する僕をやはり訝しげにみるドクオ。
その手の中には何本ものマイナスドライバー。

もしかして出し物ってお化け屋敷じゃなくてマイナスドライバー屋敷?


関係ない思考がまかり通り、ドクオの声で引き戻された。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:04:17.58 ID:s38KGwHI0
支援


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:04:31.91 ID:ZZh9BIx50
('A`)「あんだよ」
( ^ω^)「ズバリ、長距離に必要なのはなんだお?」
体の半分を扉の向う側に置いて、ドクオは顔だけをこっちにやる。

それからニヤリと笑い、


('∀`)「諦めだな!」



そう言うドクオの顔には、言葉のような色はない。
僕が返せたのは、小さな笑いとそうかお、とただの一言。
トントン、と手に持ったマイナスドライバーで肩を叩き、ドクオが言う。


('A`)「珍しい話繋がりで一つ教えてやるよ」
( ^ω^)「お?」

('A`)「俺さ、三年前お前のドッペルゲンガーみたことあるんだぜ」
(;;^ω^)「…………んな」

('A`)「ま、だーれにも信じてもらえなかったけどな」
ドクオがまた陽気に笑う。そうだ。コイツは元々こんな風に笑う奴だ。
と言うか、そのドッペルゲンガーって言うのは多分――

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:05:07.85 ID:vMutcubU0
支援

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:05:43.54 ID:9oy4WB+r0
しえん


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:06:58.44 ID:s38KGwHI0
支援

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:07:10.80 ID:ZZh9BIx50
( ^ω^)「僕は信じるお?」


僕だ。


('A`)「はいはい。……結局、自分自身が信じれるかどうかの話だよな」

その言葉。
人の思いいざ知らず、サラリと言うドクオを僕は見る。
笑いと一緒に息をつく。まったく、それ僕じゃなくてさ。

( ^ω^)「……ドクオ自身に聞かせてやりたいお」
('A`)「なんか言った?」


別に、と僕。あっそう、とドクオ。


('A`)「じゃ、先行ってるからさっさとこいよ」


残った体の半分を廊下に入れて、ドクオはさっさと行ってしまう。
淡白すぎると言ったらその通りなその様子。まったく、と思う。

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:07:39.15 ID:s38KGwHI0
支援

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:09:46.88 ID:ZZh9BIx50
( ^ω^)「…………」
教室の窓に背中を預けながら、僕は小さな確信を抱く。


やがて僕らは繋がる、と。
茫漠とした距離を跨いで、横たわる永劫の溝を越えて、


そうして僕と君は出逢う。


きっと、やたぶん、じゃなく。


( ^ω^)「絶対に、会えるお」

人気のない教室。最後列、出入り口に一番近い廊下側。
軽くそれらを見渡して、僕は座り込み、足元に倒れた自分の机をなぞる。


『絶対なんてこの世にはないよ。絶対に。』
整った字体を脳裏に思い浮かべて、小さく笑った。


朝日を背中で受けて、ああこれが全部のスタートラインだったんだと柄にもなく感慨深く頷いてみる。

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:10:37.01 ID:LkGCHJ7BO
支援

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:11:23.59 ID:ZZh9BIx50
窓から燦燦と注がれる日の光を一身に受ける自分の机を見、
出来るだけゆったりとした動作で両腕を天に掲げて、伸びをする。


凍った氷が溶けて行くように、時計の針が一日分進んでいく。
そうして今日が始まって行く。


よし、と僕は一つ意気込んでから



( ^ω^)「ドクオー! まってくれおー!!」



両手を広げて、走り出した。


《そのじゅうなな 机はつながりぼくらは。》 終
                ご愛読、ありがとうございました!

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:11:49.97 ID:G1aPjzrb0
先生の次回作にご期待ください!

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:11:55.74 ID:s38KGwHI0
支援

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:12:05.05 ID:ZZh9BIx50
はい、と言う訳で。
『机は繋がり僕らは出逢うようです。』は、これにて幕となります。

支援して頂いた方々、保守して頂いた方々、
ご多忙の中にも係わらずまとめてくださったオムさん、
そして何よりここまでお付き合いくださった皆さんにお礼申し上げます。
ありがとう。何ていうかもうお前ら大好き!


後半で一気に厨くさくなりました。これなんて時かけ。
ねばっこい地の文やグダグダな展開は改善されることなく、
むしろ後半になるにつれて 悪化の一途を辿りまして、
正直皆さんには頭が上がりません。申し訳ない。これからも精進一路ですね。


何はともあれ、ここまで長々とありがとうございました。
最後にもう一度、皆さんに!  ありがとうござーしたぁぁああ!!


                  作者 敬具

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:12:15.11 ID:HMLCMiIrO
乙!

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:12:22.35 ID:9oy4WB+r0
乙ッ!
おもしろかった

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:12:39.00 ID:G1aPjzrb0
>>75
拝啓どこー?

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:12:45.13 ID:s38KGwHI0


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:12:50.40 ID:vA7vjzwH0
乙!
いいもの読ませてもらった

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:14:01.03 ID:q0XDuYGOO
乙!!

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:14:42.07 ID:5+6ITFyh0
乙!
そうやってグダグダになっても完結させた事はGJ

エピローグみたいのは無いのか?

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:16:17.44 ID:ZZh9BIx50
ここから先はチラ裏なんで、気になる人はスルー推奨です。
お気づきの点とか質問なんかありましたらバシバシお願いします。

・溝と距離
この話の登場人物は、皆何かしらや誰かしらに対して
絶対、相対、また比喩、具体的な溝や距離を持っています。
それは自分の力でどうにもならない事だったり、考え方や物の見方で簡単に埋まる物だったりします。
そしてそれを皆どうしても理解することが出来ずに苦悩して七転八倒、
荒巻先生の言葉を借りるならヤマアラシのジレンマの真っ最中。

ブーンがもし時を越えなかったら。

机が繋がらなかったら。

もしかすると、また別の話(辛い過去を乗り越えていく人たちの話とか?)があるのかもしれません。
とにかく今回はこんな話になった。そんな話です。

・キャラ
展開よりも地の文よりもストーリーよりも、今回はもうどれだけ
「新鮮なキャラクターが書けるか」って点で勝負しました。
まだ全部取れる程文章力が出来ちゃないので、ただその一点だけ。
それが顕著に出たのがハインリッヒ高岡ってキャラじゃなかったのかなぁと思います。
まだまだ勉強不足な点もありますが、少しでもフレッシュ感が出てれば、と。

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:19:33.93 ID:ZZh9BIx50
・クーとブーン
ごめん俺ツンとブーンってカップルよりも
クーとブーンのコンビの方が色々と萌えるんだ。ただの趣味なんだ。


アルファに抗護に今日は豊作だなぁ……
ああ漫画喫茶でさっきから隣りにいる客の鼻息うるさいなぁ……
と思いながら、これにてチラ裏もとい補足終わります。

長々とありがとうございました!
何ていうか、今度はもうちょっと修行してから来るんだぜ! では!

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:21:33.57 ID:ZZh9BIx50
・クーとブーン
ごめん俺ツンとブーンってカップルよりも
クーとブーンのコンビの方が色々と萌えるんだ。ただの趣味なんだ。


アルファに抗護に今日は豊作だなぁ……
ああ漫画喫茶でさっきから隣りにいる客の鼻息うるさいなぁ……
と思いながら、これにてチラ裏もとい補足終わります。

長々とありがとうございました!
何ていうか、今度はもうちょっと修行してから来るんだぜ! では!

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:21:46.49 ID:O5+TVnhAO


次回作頑張ってくれ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:21:52.21 ID:ZZh9BIx50
>>82
逢ったかどうかは見せない方がいいかなぁと思ってここできります。
書くとしても蛇足になりそう。

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:24:18.58 ID:5+6ITFyh0
ふむふむ、それなりの意図がある訳だな。
ともかく面白かったよ!参考にさせてもらう!

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:25:39.34 ID:jV3Zhy5w0
乙カレー

ぎりぎり追いつけなかったか……

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:33:51.04 ID:ZZh9BIx50
>>78
いっそ心の目で見てください。
……すみません忘れてました。

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:34:11.86 ID:kS5wZO2B0
>>34
靴下じゃなくて靴紐?

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:34:36.20 ID:qksqVIWaO
ブーン×ツンよりブーン×クーの方がいいだと……!?





同士ハケーン

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:34:42.29 ID:G1aPjzrb0
>>90
もしかして小説の一番最初にあったりして敬具で閉めたのかと思った俺に謝れ

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:39:27.24 ID:ZZh9BIx50
>>91
単純に間違いです。ごめんなさい。
仰る通り靴紐ですwwwww 靴下解けてるってのはありえないか。
ありがとう。

>>93
  な / ______
ぁ 訳/        ̄ヽ
ぁな /          \
ぁ い レ/ ┴┴┴┴┴| \
ぁ じ /   ノ   ヽ |  ヽ
ぁ ゃ> ―( 。)-( 。)-|  |
んぁ >   ⌒  ハ⌒ |  / 
!ぁ>  __ノ_( U )ヽ .|/
  ん  |ヽエエエェフ | |
  \  | ヽ ヽ  | | |
 √\  ヽ ヽエェェイ|/
    \  `ー― /ヽ

……ごめん

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:39:58.63 ID:G1aPjzrb0
>>94
もしもそれだったら尊敬したのに…

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:42:03.96 ID:vA7vjzwH0
靴下ほどけてるwwwwwwww

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:46:56.59 ID:kS5wZO2B0
面白かった。ありがとう

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:47:01.19 ID:ZZh9BIx50
>>95
そこまで頭の回す事なんてできるはずないんだぜ!
……ごめん。本当ごめん。


それにしてもドクオとクーが付き合ったりする小説多すぎてワロタwwww
……何でなんだよ。マジで何でなんだよ。
今後ひっそりとVIPの片隅で、クーとブーンが恋愛してたりする話を見た掛けときは、
ひっそりと「ああ多分こいつなんだろうなぁ」と思って下されば幸いです。

そろそろ引き際だ。皆本当にありがとう。  じゃあな!

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:48:00.15 ID:vA7vjzwH0
今度こそ乙
新作も期待してる

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/07/22(日) 19:48:53.14 ID:G1aPjzrb0
正直クーが誰とくっついても好きになれる自分

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)