5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ひっなみっざっわに行ってみよー!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:29:38.41 ID:6ZxoM6Lb0
俺は前原圭一
この雛見沢に引っ越してきてもう三週間になる
…どうも、俺はこの村には馴れない…
必要以上の人間関係、親切さが俺にっては鬱陶しいだけだった
いい加減、都会のあの忙しない毎日が懐かしい…五月蠅い塾の先生、馬が合わない友人達
俺にはあのくらいの人間関係で十分だったはずなんだ
全く…
親父の都合だかなんだか知らないが、息子の俺まで巻き込むなよな…

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:30:06.09 ID:6ZxoM6Lb0
「おーい!圭ちゃん!おっはよー!」

「あ?…あ、あぁ…どうも…」

この女は園崎魅音、クラスのまとめ役で学級委員長をやっている
クラスの連中には随分と慕たわれて居るようだ…
まぁ、最年長だからと言う理由もあるだろうが、何よりこの女の家は
この辺り一帯を仕切っている暴力団らしいのだ…
普段はこんなんだが裏では何をやってるのかわかったもんじゃない


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:30:29.15 ID:6ZxoM6Lb0
「レナは?先に行っちゃったのかね?」

「さ…さぁ?…どうなんですようかね?…先行ったんじゃないスか?」

「…あれぇ〜?…おっかしいなぁ、どうしたのかな?…う〜ん…あの子が遅れるなんて珍しい…」

おいおいおい、俺が"先に行った"って言う仮定は完璧無視かよ
ったく…最初から何となく感じていた、こいつとは絶対仲良く馴れないと
先陣を自らとって、全体をまとめるだなんて奴にロクな奴は居ないのだ、都会でもそうだった…
俺の一番嫌いなタイプだ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:30:48.82 ID:6ZxoM6Lb0
「…分かりませんね、風邪でもひいたんじゃないんですか?」

「…圭ちゃんさ」

「…はい?」

「それ、止めてよ」

「………?」

は?……………
何を言ってるんだこの女は
止めるも何も俺は何もしてないぞ

「敬語、なんか他所他所しくておじさんは嫌いだな〜」

「あ?…あぁ…あはは…」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:31:05.26 ID:6ZxoM6Lb0
とりあえず、その場は笑って誤魔化しておく
第一、先輩を呼び捨てで呼ぶなんてのは、呼ぶ自分でも気味が悪い
大体こいつと親睦を深めようなんて思わない
まぁ、確かに俺が過剰にこいつを毛嫌いしてる部分もあるかもしれないが
いつだったか、コイツがヤクザを引き連れて
いろいろと法律に触れるようなことをやっていたらしいと言う噂を聞いたことがる
…そんな奴とどう仲良くなれと言うのか?
コイツの機嫌を損さないように顔色を伺いながら接しろってのか?
本当…たかがこんな田舎を牛耳ってるだけで支配者気分なのかよ?
ああ駄目だ…何度も繰り返すようだがコイツとは絶対仲良くなれん
絶対だ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:31:30.42 ID:6ZxoM6Lb0

「はぅ〜!魅ぃちゃーーん!」

「お?レナ?…はっはぁ〜ん!レナでも遅刻することあるんだね〜!おじさんてっきり今日は休みかと思っちゃったよ〜!」

「はぁ…はぁ…ご、ごめんね!ごめんね!今日お寝坊しちゃって…」

今、息を切らしながら走って来たのは竜宮レナ、とにかく変な口癖のある女だ
それ以外のことは知らん

「圭一君もおはよー!…ごめんね?待たせちゃったね…はぅぅ…」

「………いや……別に」

「はぅ…怒ってるかな?…かな?」

「あはは、まだ圭ちゃん、女の子と話すの馴れてないだけだよ〜、その点おじさんは男だからいいけどね!レナは乙女だからまだ馴れないってさ〜」

「はぅぅ…乙女…」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:31:51.30 ID:6ZxoM6Lb0
余計なお世話だ
園崎は何故か自らのことをおじさんと呼ぶ…つくづく変な奴だな
と、言うか、コイツは基本的に"空気"と言うものが読めないんだろう
都会じゃやってけないタイプだ、自分の敷地内のお城でふんぞり返ってるような奴には絶対都会は向いてない

「…………竜宮」

「え?……何かな?かな?」

「お袋がお総菜、……ありがとうだって…」

「ああ!あははは〜!どういたしまして〜!どう?おいしかったかな?かな?」

「………ああ」

別にわざわざ持ってきてくれなくても良いものを、お総菜なんかはスーパーに山ほど売ってると言うのに
余計なおせっかいは止めてくれないだろうか…まぁ、竜宮が作るお総菜は味が良かったのは素直に認めるが
正直、おせっかいすぎるのは迷惑だ
止めてくれないだろうか
彼女自身を否定してるわけじゃないのだが、ただ……必要以上の人間関係は面倒くさい


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:32:11.02 ID:v23Ea9Go0
何この鬱設定wktk

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:32:15.90 ID:6ZxoM6Lb0
ガラッ


教室に入ると、俺より何歳も年下達の子がキャーキャーとはしゃいでいた
この学校は教室数が少ない為、全学年が同じ教室で過ごしている
学校?…と言うより、学童と言った感じにも俺には思えた
きっと教育委員会はこの学校を見落としているのだろう
騒ぐ子供達の仲で、飛び際目立つ存在が居た

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:32:23.15 ID:NtIvbhyPO
不覚にも

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:32:33.99 ID:6ZxoM6Lb0
「あっははーー!!根暗な顔して何やってんのー!」

この餓鬼は北条沙都子
どう考えても甘やかされて育った、すがすがしい程生意気な糞餓鬼だ
無論、俺とは歳が随分離れてるから、向こうは俺と関わろうとはしてこないのでこっちは大助かりなのだが
放っておいても五月蠅いので迷惑このうえない

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:33:05.72 ID:6ZxoM6Lb0
「こ…こら沙都子…止めないか…」

こっちは北条悟史
どう考えてもこの糞生意気な沙都子の兄とは思えない、すがすがしい程穏やかな人だ
俺の一つ上、園崎と同級生、先輩と言うことになる
まぁ沙都子の保護者役と言ったところだろう
ただ、あまりにも沙都子に対し過保護な傾向があり、正直それは見てていらいらする場面もある
が、放っておいてもストレスが溜まるあの餓鬼を大人しくさせることが出来る唯一の人間だ、居てくれなくては困る

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:33:33.36 ID:6ZxoM6Lb0
「…………………」

「梨花ちゃん、おはよ!」

「おはようなのです、にぱー☆」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:33:53.09 ID:6ZxoM6Lb0
竜宮に声をかけられたこの子は古手梨花
存在が地味すぎて俺はこの子のことは殆ど知らないが
神社の巫女さんらしい、それで村の老人達から拝められているんだとか
こっちも十分甘やかされて育っていると思うのだが、沙都子とは性格が反対で、こっちは大人しい
まぁそれだけでも俺の中の彼女の株価は上がる


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:34:21.78 ID:6ZxoM6Lb0
「はいはいみんなー!先生が来るよー!ほらほら席着いてー!…ちょ…沙都子!あんた何処行くのッ!?…悟史ー!!沙都子が脱走したー!!!」

「…こら沙都子!駄目じゃないか?…ほら、先生がもう来ちゃうよ、早く教室に戻るよ」

「だって授業、つまんないんだもん」

「はぁ…そんなわがまま言っちゃ駄目だろ?他の子はちゃんと教室に入ってるよ?…」

「にーにーなんか嫌い…」

「おや?どうしたんですか?悟史君?」

「あ…す、すみません知恵先生…ほら沙都子、行くよ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:35:54.04 ID:6ZxoM6Lb0
俺はドアから一部始終を覗いていた
…ったく、どう育てればああなるんだかねぇ?
田舎のすばらしい自然で囲まれたって人間が人間じゃあな
雛見沢の大自然(笑)は正直田舎なだけで
実際にすんでみると大して良いことは無い

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:36:40.39 ID:6ZxoM6Lb0
「きりーつ!きょうけー!れい!」




「はーい!皆さんおはようごじゃ・・・ございます(´・ω・`)」

噛むな



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:37:00.57 ID:NBZSD4aS0
羽入なんか残尿感がするよ羽入

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:37:03.08 ID:6ZxoM6Lb0
「圭一君は本当教え方が上手で助かるよ…」

「いや、悟史先輩の飲み込みが早いんですよ」

「うぅ…おじさんにはさっぱりだよー!」

「魅ぃちゃん、ここはね、こうXをね…」

勉強は明らかに俺の方が進んでいた
が、特に優越感を覚えるわけでも無かった
何せこんな田舎だしな…勉強なんて出来なくても大して問題では無いのだろう

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:37:29.05 ID:6ZxoM6Lb0
「…むぅ…先輩、って言うの…なんだか照れるなぁ…」

「…え?…あ、…あぁ…」

そうえばこの人は俺が先輩と呼ぶのを前からいやがっていたな
園崎に関してもそうだが、この学校は上下関係があまり無い
…やっぱり、歳が限りなく近い歳下ってのが今まで居なかったから抵抗があるんだろうか
まぁ、この人もそのうちすぐ馴れるだろう


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:37:56.23 ID:6ZxoM6Lb0
「はぁ…あのさぁ、圭ちゃん…」

「はい?なんスか?」

「都会じゃさ、こんなにしなくちゃいけないワケ?…勉強」

「…そりゃ、…進学したい奴はこんくらいはやらないといけないんじゃないスかね?」

「………ここじゃさ、出席日数さえ足りてれば進級出来るんだよ…」

「は…はぁ…」

「おじさんはさぁ、やっぱさ、そんなことに時間をかけるより、もっとこの思春期の貴重な時間を有意義に過ごすべきだと思うけどねぇ」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:38:27.00 ID:GMzOj6Jg0
必死だな

クソスレたてんな

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:38:39.97 ID:nzmPfEhh0
1読んでるぜ。がんがれ!

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:38:46.02 ID:6ZxoM6Lb0

はぁん?なんなんだコイツ
それは思春期をそんなことに時間かけた俺への嫌味か?
それともただ空気読めてないだけなのか?
…ったく…つくづく気にくわないなやつだな…


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:39:48.01 ID:6VEaSrDLO
wktk

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:40:39.36 ID:v23Ea9Go0
スレタイとのギャップが酷いよケーちゃん…

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:42:23.64 ID:9q6WzVj0O
寝なきゃいけないのに面白い

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:43:24.58 ID:w5K6VGhpO
展開鬱だな

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:45:03.77 ID:6VEaSrDLO
>>1まだー

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:47:02.24 ID:ds6sbSb50
これはwktk

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:50:48.64 ID:S/8/6waM0
wktkが止まらない

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/03(金) 01:55:09.62 ID:99CTtjPp0
おもしろいなこれw

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)