5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

('A`)ドクオは方船に乗るようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 22:59:30.24 ID:o4KBF5vR0
本文:第四話、第五話投下します

2 : ◆ph2O.JlUMw :2007/08/12(日) 23:01:54.38 ID:SVWWm0TYO
代理乙です

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:02:59.19 ID:SVWWm0TYO



『第四話 月に吠える』






4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:05:42.96 ID:SVWWm0TYO
深夜、広場で『詔』を伝え終わった後例の二人のスーツの男は酒場にいた。

「バーボンハウス」と書かれた古びた看板を掲げている今にも崩れそうな程老朽化したこの建物は、今はもう誰にも使われていない。

( ^ω^)「ブッヒヒ……これはこれは中々どうして」

肥えた男は嬉しそうな顔で棚に残っているお酒を物色している。


( ^ω^)「まだ結構残っているお。ついていたお。ただビリヤードとダーツがないのが残念だお」


(´●ω●`)「いいんですか? こんな廃墟に来るよりもちゃんとした酒場があるのに」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:06:36.06 ID:qKJeBLAq0
支援

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:09:08.27 ID:SVWWm0TYO
黒スーツはランプに火を灯して席につく。
そしてサングラスを外としんみりとした顔が現れた。

( ^ω^)「いいんだお。ここなら人もいないからゆっくりと話もできるし、仕事の後の一杯もできるお
見てみろお、このワイン相当の年代ものだお。
こう世間から忘れられた所には思わぬ掘り出し者があるものだお」

肥えた男は懐に何本かの酒を抱いて宝物でも見つけたような顔をして黒スーツの横に座る。


(´・ω・`)「確にまぁ……ここなら存分に酒を交しながら話もできますね」


( ^ω^)「何を飲むお?」


(´・ω・`)「ここは私がつぎましょう。ブーンさん」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:09:51.36 ID:SVWWm0TYO
そう言うと手慣れた具合にワインの栓を抜きグラスに半分程注ぎブーンに差し出す。
そして自分にはテキーラを注ぐ。

( ^ω^)「そういえばショボンはバーテンの経験があるといっていたおね」

ワインを下品に喉を鳴らしながら飲みこんでいく。

(´・ω・`)「……昔の話ですよ」


ショボンは少し遠い目をすると、テキーラをいっきに飲み干しまた並々注ぐ。
ランプには既に虫が群がりだしていた。


( ^ω^)「しかし、まあ本当にこんな村があったとは驚きだお」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:10:27.88 ID:SVWWm0TYO
(´・ω・`)「………」

( ^ω^)「実際この目で確かめるまでは半信半疑だったお。
世界に忘れられし村……いや、消された村と呼ぶべきか」


ブーンは鼻を鳴らして笑う。

( ^ω^)「まるで500年間その文化も暮らしも変わっていない村。
村人ごと世界遺産に登録できそうだお」

(´・ω・`)「………」

ショボンはそれを聞いて笑えないジョークだと思った。
そしてまたテキーラを口にする。




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:13:20.73 ID:l3fDeHQd0
ktkr支援

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:13:52.83 ID:PhATdMWW0
寝ようと思っていたのに
このスレを開いてしまった(´・ω・`)
もう寝れないじゃないか

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:14:30.51 ID:SVWWm0TYO
まとめサイトです

http://vip.main.jp/378-top.html



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:15:28.99 ID:SVWWm0TYO
( ^ω^)「逆にこっちがカルチャーショックを受けたお。
でもその村がこんな形で世界の役に立つ時がくるとはね。
見たかおあの盲心的な村人達を、こうも僕のシナリオ通りにいくとは思っていなかったお」


(´・ω・`)「しかしいい趣味だとは思えませんね。別にあんな方法をとらなくとも……」

( ^ω^)「せっかくなんだから楽しまなくちゃ損だお。
こんな僻地まで来た甲斐ってやつが欲しいお」


ブーンは楽しそうに笑うがショボンはあまり乗り気な様子ではなかった。
何か気掛かりなのか、明らかに気分を悪くした顔をする。
勿論ブーンがそれを意に介すことはない。




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:16:18.88 ID:SVWWm0TYO
(´・ω・`)「では、アダムとイブについてはもう検討はつけているのですか?」


( ^ω^)「う〜ん。それについては正直誰でもいいお。
ブーンが楽しみたいのは結果までの過程だお」


(´・ω・`)「………」

( ^ω^)「辛気臭い顔するなお。せっかくの酒がまずくなるお。
ノヴィス・ノアに乗ればこんなうまい酒は飲めないお?」



夜空には満月がうっすらと雲に覆われその輝きを妖しくさせている。

それに向かって吠える様な狼の声が木霊する。


( ^ω^)「消された村に、乾杯」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:17:10.42 ID:l3fDeHQd0
支援

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:19:26.64 ID:SVWWm0TYO
その遠吠えを家のベットに横になっているドクオも聞いていた。
彼は思うように眠れず窓から月を眺めている。


(;A`)「…………」


今になってドクオは震えていた。
あんなに人がいた広場でさえ一人孤独に耐えねばならなかった少年は、家に帰った途端に自分の目に涙が溢れているに気付いた。

それから顔を洗い食事をとりベッドに横になりまた彼は泣いた。


その孤独に、恐怖に、絶望に。




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:20:27.63 ID:SVWWm0TYO
(;A`)(誰も……誰も俺が行くことを止めてくれなかった……誰一人として俺の為に泣いてやくれなかった………)


(;A`)(もうこの窓から月を見ることはないのかもしれない……。
かあちゃんと過ごしたこの家にも戻れないかもしれない)


彼はなんとなくエデンに旅立てばこの村に戻れないような予感がしていた。
村にはもう未練はなくなっていたが両親が残したこの家と畑だけが気掛かりであった。

この家で育ち、母と過ごし、畑を耕し、動物と戯れた事を思い出しすすり泣く。


('A`)(…………)


ドクオは涙を拭い少し散歩をしようと決めた。



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:21:30.60 ID:SVWWm0TYO
川の畔は涼しく、水面に月が映る。
ドクオはゆらゆら揺れる明かりをしばらく無心で眺めていると後ろの方から誰かが砂利を踏む音が聞こえた。


('A`)(…………まさか獣か……!?)


ドクオは一瞬で血の気が引き恐る恐る後ろを振り向くとクーがいた。
月に照らされた髪が艶として美しい。


('A`)「クー……」


川 ゚ -゚)「ドクオ……」


クーはゆっくりとドクオに歩みより膝を下ろして物思いにふけるように流れる川を見つめる。



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:22:07.33 ID:SVWWm0TYO
川 ゚ -゚)「お前も眠れないのか……」


クーの目と頬は赤く腫れている。
ドクオはその訳をあえて聞かなかった。
そして少し羨ましいなと思う。


('A`)「……まあ、ね」


クーは立ち上がり後ろからドクオを抱き締めた。
いきなりのことにドクオは戸惑う。



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:22:56.48 ID:l3fDeHQd0
しえん

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:23:08.70 ID:SVWWm0TYO
(*'A`)「お、おいクー!」


川 - )「なあ、ドクオ……」

('A`)「え?」

川 - )「私は許されないことをしようとしているのかもしれない……」


川 - )「……少しだけ……こうさせて欲しい」

(;'A`)「お、おい!」

クーがドクオを抱く力がちょっとだけ強くなる。




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:25:37.29 ID:SVWWm0TYO
川 - )「…………」

('A`)(クー………)


ドクオは彼女が嗚咽しているのに気付いた。
それが両親との別れを悲しむものなのかまた違う理由なのかドクオには分からない。
そして彼はまた彼女に何故志願したのかを聞きそびれたな、と思った。


('A`)(…………)

川 - )「…………」

(;A`)「うっ……うう……」

背中でむせび泣く彼女に感化されて次第にドクオの目にも涙が滲み始める。




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:26:17.44 ID:SVWWm0TYO
(;A;)「うああああ!!!」


そして彼はこの日初めて声をあげて泣く。
その声につられたのか同情したのか、また狼が遠吠えをあげた。

月は相変わらず水面に揺れている。




第四話 終



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:27:59.32 ID:l3fDeHQd0
しえん

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:29:31.86 ID:SVWWm0TYO
『第五話  墓参り』

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:30:04.19 ID:uAwcJisu0
支援

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:30:13.24 ID:SVWWm0TYO
早朝、ドクオは荷物をまとめ終えると畑に水をやってからまず墓地に行くことにした。
母親に挨拶をしていくためである。

墓地への一本道を歩いているとドクオは背中に衝撃と痛みを覚えた、同時に石がころげ落ちる。


('A`)「!!」


( ^Д^)9m「プギャー」

( ・∀・)「デベソのかあちゃんに墓参りか〜?」


道脇にある木陰から二人の男が出てくる。

( ・∀・)「絶対に墓地に来ると思ってたぜマザコン」


('A`)「…………」


ドクオは拳を震わせ無言で睨みつける。



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:31:12.38 ID:SVWWm0TYO
彼等はジョルジュの舎弟、きっとまたろくでもないことを考えているに違いない、と思った。

( ・∀・)「絶対にそんなことはないと思うが、もし間違えでも起きてお前がクルーに選ばれたらジョルジュさんが困るんだよ」

( ^Д^)9m「プギャー」


('A`)「………知ったことか」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:31:56.24 ID:SVWWm0TYO
ドクオが構わずに行こうとするとまた石が飛ぶ。
今度はそれを上手くかわす。


('A`)「なんのつもりだよ!」

流石にドクオの口調も高ぶる。
それを見てモララーはニヤっとして笑う。彼が怒るのを楽しんでいるようだ。

( ・∀・)「怪我したらよぉ〜、流石にクルーに選ばれないだろう?」

( ^Д^)9m「入院プギャー」


モララーの言葉にドクオは背筋がゾクッとする。
ジョルジュが村のガキ大将にまで登りつめた理由が分かった気がした。



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:32:36.29 ID:JhGp9Dq50
支援

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:32:41.56 ID:SVWWm0TYO

(;'A`)(………駄目だ………逃げなきゃ……)


相手の動きを見ながら一歩ずつ後退りをして距離を開ける。
そして「今だ!」と思った瞬間ドクオは地を思いきり蹴る。

( ・∀・)「待ちやがれ!!」


ドクオに一歩遅れをとってモララー達も走り出した。


('A`)「くそ……!」


ドクオは一生懸命走ったが彼等の足は早かった。
あっというまに距離を詰められていく。


( ・∀・)「プギャー!!」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:34:09.39 ID:SVWWm0TYO
モララーがあと一歩でドクオに手が届くというプギャーに声をかける。
その掛け声に反応してプギャーはドクオに飛び掛る。

m( ^Д^)m「プギャー!!」


プギャーはドクオの背中に乗り掛かり、体勢を崩したドクオはそのまま地面に倒れこんだ。


(;'A`)「う……あ……」


プギャーは馬乗りになりドクオを殴りつける。


( ・∀・)「よし、そのままおさえてろよ」

モララーは腰に差してある50センチ程の木の棒を右手で抜き、ゆっくり歩いてくる。


(;'A`)(こいつら本気だ!!)




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:34:57.16 ID:l3fDeHQd0
支援

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:35:34.47 ID:SVWWm0TYO



殺られる……。やらなきゃ殺られる……。
ドクオにおぞましい感情が流れ出す。







34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:39:02.09 ID:SVWWm0TYO
(;゚A゚)「うあ嗚呼あああ!!!」


彼は握り締めた砂をプギャーの目にぶつけて怯んだところを突き飛ばす。

(;^Д^)「ぷ、ぷぎゃあ」


(;・∀・)「な……!」


予想外の事に一瞬たじろいたモララーにタックルをかまし、倒れたところを馬乗りになる。


(;゚A゚)「ハアハア……!」


そして拳ぐらいの大きさの石を広いあげ腕を振り上げる。



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:39:41.41 ID:SVWWm0TYO
そして勢いよくモララーの頭めがけて振り落とそうとする。


(;゚A`)「こいつっ!!」


(;・∀・)「うわあ!」


(゚A`)「!!」



しかしドクオの腕は動かない。
というよりも動けない。
誰かに後ろから力強く腕を掴まれていた。




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:40:37.96 ID:SVWWm0TYO
(゚A`)「なっ……」


(´・ω・`)「………」


ドクオが腕を掴んでいる手の先を目で追うとショボンが立っていた。
そして彼は静かにドクオに言う。


(´・ω・`)「こんな物を人の頭に振り落とすってことは………それなりの覚悟をしなくちゃならない」

('A`)「あ……あんたは……」


ドクオは我に帰り手に持っていた石を落とす。

(´・ω・`)「そこの二人、見なかったことにしてあげるからさっさと帰りなさい」


あくまで落ち着いた様子で二人に言う。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:41:01.20 ID:uAwcJisu0
支援

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:41:38.90 ID:l3fDeHQd0
支援

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:41:39.14 ID:SVWWm0TYO
モララーは助かったというような顔をしてプギャーを連れて走って逃げて行く。


(´・ω・`)「やれやれ……大丈夫かい?少し顔が腫れてるみたいだけど」


(;'A`)「い、いえ大丈夫……です」


ドクオは動揺を隠せない。
村人全員が神の遣いと畏れた男がこうも優しく自分なんかに話しかけてくるとは思っていなかった。
まして信じられない事に彼は自分を助けてくれた、と。


('A`)「ありがとうございます……」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:41:50.99 ID:uAwcJisu0
支援

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:44:05.95 ID:uyF3wN5XO
しえん

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:45:03.68 ID:SVWWm0TYO
(´・ω・`)「……大切なクルー候補に大怪我でもされたらこちらが困るからね」

彼は相も変わらぬ口調で言う。


('A`)(………そういう事か、この人は俺に優しくて俺を助けたんじゃない。
候補者を救っただけなんだ。そしてそれがたまたま俺だったというわけだ)


そう考えるとドクオは少し憂鬱になる。


(´・ω・`)「君………送って行こうか?」


('A`)「……いいです」


(´・ω・`)「そうか」

ドクオは肩を落として墓地に向かおうとする。

(´・ω・`)「…………」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:45:36.63 ID:SVWWm0TYO
(´・ω・`)「君……」

ショボンはドクオを呼び止めた。
ドクオは驚いた顔で振り向く。

(´・ω・`)「一つ忠告をしておきたい」


('A`)「……はあ」


(´・ω・`)「君は今すぐにでも志願を取りやめてこの村から出るんだ」


('A`)「………え?」





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:46:03.99 ID:uAwcJisu0
支援

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:47:17.00 ID:SVWWm0TYO
ショボンの思わぬ言葉にドクオは間の抜けた返事を返した。


(´・ω・`)「今からでも遅くはない」


('A`)「な、なんでですか……?」


(´・ω・`)「………君には向いていない。私には分かる。
だから──」

('A`)「俺は行きます」


ドクオはショボンの言葉を遮りはっきりとした声でそう言い切った。


(´・ω・`)「……」
そして一回お辞儀をしてお墓に向かっていった。
その背中をショボンは黙って見送る。




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:50:38.71 ID:qKJeBLAq0
ドクオ・・・支援

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:53:23.26 ID:uyF3wN5XO
シエン

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:53:38.33 ID:SVWWm0TYO

ドクオは墓地につき、母親のお墓にいく。


('A`)(あれ……花だ………)

綺麗な黄色い花が供えられていた。
不思議に思いつつもドクオはお墓に語りかける。


('A`)「かあちゃん………俺、行ってくる。
方船に選ばれたら俺……きっと世界を救う方法見付けるから。
そしたら皆俺をちょっとは見直してくれるかな。
その時はもっと立派な墓作るから」




第五話 終



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:53:46.01 ID:uAwcJisu0
支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:54:03.37 ID:SVWWm0TYO
以上で今日は終了です

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:55:00.06 ID:l3fDeHQd0
乙〜

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:56:37.67 ID:uyF3wN5XO
乙です!
ちびっと泣きそう。


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/12(日) 23:59:49.98 ID:uAwcJisu0
乙乙

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/13(月) 00:08:37.66 ID:o33o0RQ4O


18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)