5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンとツンξ゚听)ξの健康で病的な日常のようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:06:33.08 ID:pEQ5rPqF0
いつからか世の中は
せちがらいですが
えーと…短編投下させてください
びくびくしながら。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:08:12.51 ID:pEQ5rPqF0


第一話「思い日と、想い人」


小鳥「チュンチュン」


( ^ω^)「うーん、朝だお、あさごはん食べて学校いかなきゃ、だめだめお」

( ^ω^)「でも別に学校は存在しないから行かないお」


2ちゃんねるに連なるスレッドを住処とするAA達。

今、そんな中の一人が目を覚ましました
名をブーン、または内藤ホライゾンと人は呼びます。


( ^ω^)「さて、それじゃあ今日も行くとすますかお」



 「ぶーーーーーーーーーーん!!!!」



そんな訳で目を覚ましたブーンは元気良く立ち上がると外の世界へと飛び出しました
向かう先は、幼馴染のツンデレの住むスレッド。


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:08:42.81 ID:pEQ5rPqF0

ここはネットの海に広がる広大な世界。

そこでは様々なAAが今も新たに生まれ、この世界に生きています。

ブーンは両手を広げ、そんなAA達が住まうスレを渡りながら彼女の元へ走るのでした。


街を抜け、山道を渡り、包丁飛び交う一軒家を命からがら逃げ出し

海を横目に、空を駆け、車を追い越し、ひたすら目的地へ向け全力疾走。


その果てに。


( ^ω^)「着いたお」


やがて到着したのか、立ち止まると周囲を一通り見渡し
その場に居ない事を確認すると、大きな声で彼女の名を呼びました。


( ^ω^)「ツン、きたおーーー!!」

ξ゚听)ξ「あら?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:08:57.04 ID:L431fVth0
wktk

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:09:06.80 ID:pEQ5rPqF0

すると何処からともなく、ひょっこりとツインカールのAAが顔を出しました
それを確認するとブーンはにっこり微笑み挨拶を交わします。


( ^ω^)「おはすー」

ξ*゚听)ξ「…今日も来たの、あんたも飽きないわね」


そう言うツンでしたがその表情はほころび、どこか嬉しそうです。


ξ゚听)ξ「それで、なn…っ」

ξ><)ξ「けほっ、けほっ」


と思いきや、ツンは咳き込み、苦しそうな呻き声をあげました
ブーンは側によると優しく背中を撫でながら、心配そうに問いかけます。


(;^ω^)「大丈夫かお?」

ξ゚听)ξ「…え、ええ、もう落ち着いたわ」

(;^ω^)「また風邪かお?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:09:49.03 ID:zBBNL6LBO
しえん

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:09:52.93 ID:pEQ5rPqF0

ξ゚听)ξ「どうかな…わかんないけど」

( ^ω^)「最近は暑いから気をつけなきゃ駄目だお」

ξ;゚听)ξ「うん…そ、そんなの分かってるわよ」


彼女は生まれつき身体が弱く、こんな事は日常茶飯事でした
つい先日も40度の高熱を出して一週間ほど寝込んだばかりです。

そんな彼女にブーンは淡い恋心を抱き、その想いを届けようと毎日ツンの元へと通うのでした。


(;^ω^)「うーん、じゃあ今日は安静にしてた方がいいかお」

ξ゚听)ξ「変な気使わないでいいわよ、何? 今日はどうしたの?」

(;^ω^)「え、えと、特にはないんだけど……散歩でもどうかなー、なんて」

ξ゚听)ξ「散歩? そうね、どちらでも構わないけど」

ξ゚ー゚)ξ「…まあ…良いわよ、行っても」

( ^ω^)「お、けど体調悪いなら無理しない方が…」

ξ゚听)ξ「あら、軽い運動した方が身体にはいいのよ?」

(;^ω^)「そう、なら……いやでも」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:10:17.36 ID:pEQ5rPqF0

ブーンは迷いました。

自分としては凄く行きたい、けれど彼女は無理をしているのではないか
そう思うと、ここで自分が取るべき行動は強引にでも休ませるべきなのでは、と思考をめぐらせます。


(;^ω^)(………どうしよう)


すると、ツンは悪戯めいた笑みを浮かべ、穏やかに言葉を投げかけました。


ξ゚ー゚)ξ「なに? 気が変わって行きたくなくなった?」

(;゚ω゚)「なっ! そんなわけないお! 行きたいお! 凄く行きたいお!!」

ξ^ー^)ξ「そう、なら決まりね」

(* ω )「う……」

( ━l *)「じじ、じゃあ、早速行くお!」


微笑む彼女に胸を打たれ、ブーンは内心小躍りしながら平静を装うのに必死でした。

そうして、ついついにやけてしまう表情を隠すべく背を向け出発を促し
そんな様子にツンもハッと気付き、わざと聞こえるように独り言を呟きました。


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:11:38.61 ID:pEQ5rPqF0

ξ*゚)ξ「もう、しょうがないんだから…ま、まあ、どうせ暇だったしちょうどい…ぃ」

ξ゚−゚)ξ「……?」


ξli゚听)ξ「hey!?」


と、そんなブーンの背に何を見たのか。
ツンは驚愕の声を上げ、真っ青な顔で再び苦しみはじめました。


━l( ;^ω)「お!?」

ξli><)ξ「ちょ、あん…げほ、げほっ」

(;^ω^)「ツン!? どうしたんだお!?」

ξli゚听)ξ「こほっ…ぜぇ、ぜぇ…ブー、ンあんたがどうしたのよそれ!」

(;^ω^)「へ…なんだお?」

ξ;゚听)ξ「背中! なんか刺さってるわよ!?」

(;^ω^)「背中…?」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:12:50.95 ID:pEQ5rPqF0

ブーンが不思議そうな表情で背中をまさぐると、すぐに何かが手に触れました
まず感じたのは細身の直線物である事、そして硬く冷たい鉄の感触。


( ^ω^)「ペロ…これは包丁!!」

(li^ω^)(いて、切れた)

ξ;゚听)ξ「ちょ、おま…」

(;^ω^)「ああ、そういえば来る途中に包丁飛び交う中を通ってきたから…」

ξli゚听)ξ「……!!!」


ブーンが自分の背に深々と突き刺さる包丁をやれやれと言った様子で引き抜くと
それを見たツンは口をぱくぱくさせながら言葉にならない悲鳴を漏らし


ξ )ξ「…ぁ」


そのまま、ふっ…と急に意識を失い倒れこんでしまいました。


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:13:16.81 ID:pEQ5rPqF0

(;゚ω゚)「ツ、ツーーーーーーーーーーーーーン!!」


「ツン!! しっかりするんだおおおおおお!!!」


ブーンは背中から血を噴出させながら倒れた彼女へ駆け寄ります。


それからしばらくして。


( ;ω;)「ツン…目を覚ましてくれお!」

ξ--)ξ「ん…」

( ;ω;)「ツン! 平気かお!?」

ξ゚听)ξ「あ…ぶーん……?」

( ;ω;)「よかった…よかったお」

ξ゚ー゚)ξ「ばかね、なにないてるのよ…」

( ;ω;)「だって…急に倒れるから…僕は…」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:13:36.92 ID:pEQ5rPqF0

ξ゚听)ξ「急に…? ああ、そういえば……あら?」

ξ;゚听)ξ「変ね、何かさっき凄いものを見た気がしたんだけど…何だったかしら」

( ;ω;)「何もないお! それより…」


どうやらツンは先程の出来事を忘れてしまっているようです
ブーンはそんな彼女に何も無かったんだと説き、今日はもう休むように促します。


ξ゚听)ξ「平気よ、むしろ今ので楽になったわ」

(;^ω^)「…」


しかし、ツンは大丈夫だの一点張り。
やがてブーンも根負けしたのか、二人は寄り添うように歩き始めました。


(*^ω^)

ξ*゚)ξ


最初はツンの身体を心配し、戸惑っていたブーンでしたが
しばらくすると一緒に居られる喜びの方が勝ったのか、すぐに会話も弾みます。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:13:48.53 ID:GQH1A9PH0
これ数日前に見たことある

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:14:15.48 ID:pEQ5rPqF0

ξli--)ξ「ん…」

(;^ω^)「ツン?」


ですが歩いている途中、ツンは額に手をあて急に立ち止まりました。


ξ;゚ー゚)ξ「あ、大丈夫、ちょっと眩暈がしただけ…」

(;^ω^)「…」


やはり自分が無理をさせているのではないか、ブーンは気が気ではありません。

すると、ちょうど前方に自動販売機を見つけました。


( ^ω^)「お、ちょっと何か買ってくるお!」

ξ゚听)ξ「え、いいわよ別に」

( ^ω^)「いいから、待っててくれお!」

ξ゚ー゚)ξ「…もう」


ブーンはそう言うと赤い四角形を目指し、両手を広げ走りました。
ツンもゆっくりとその後を追います。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:15:05.78 ID:pEQ5rPqF0

⊂二二二( ^ω^)二⊃「ぶーーーーーーーーーーん!!!」


               
⊂二二二(    )二⊃「うわああああああああ」 



ξ;゚听)ξ「…ぇ」


そんな彼女の目の前で、ブーンが消えました。


思わぬ出来事に声を失うツン。

なんと走るブーンの姿が突然、地面に吸い込まれるように消え去ったのです
いったい何が起きたのか、ツンは訳もわからず呆然と立ち尽くす事しかできませんでした。



   。  。  。  。  。  。  。  。




(;´ω`)「うぅ……お?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:15:40.53 ID:pEQ5rPqF0

一方、ブーンは仰向けに倒れこんだ身体を起こし、周囲を見渡します
そこは薄暗い空洞が広がっていて、見上げれば遠く円形に穴が空いていました。

そう、ブーンは何故か開いていたマンホールらしき穴へと落下してしまったのです。


(;^ω^)「ああ、あそこから落ちたのかお…まあいいお、それより早く戻らないと」

「ダレダイ」

( ゚ω゚)「ぶるぁ!?」

(;'A`)「オイオイシツレイダナヒトノヘヤニイキナリアガリコンデオイテ」

(;^ω^)「…??? 人の部屋?」

('A`)「ソウダココハオレノイエニシテココロヤスマルリソウノバショダソコヘトツゼンオチテキヤガッテ、ノッククライシロヨ」

( ^ω^)「何いってんだお、日本語でおk」

('A`)「アン? …これでいいか?」

( ^ω^)「おk、それでなんだお、あんた誰だお」

('A`)「俺か、俺はドクオ…闇の住人にしてこの世を統べる影の支配者さ」


ドクオは口元を無理に吊り上げ、ひくついた笑みを浮かべながらそう言いました。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:16:56.90 ID:pEQ5rPqF0

(;^ω^)「な、なんですって!?」

('A`)「実はこの世に夜が来るのも俺の仕業だ」

(;^ω^)「まさか…!」

('A`)「くくく…だがそれだけではないぞ」

(;^ω^)「・・・ごくり」

(;'A`)「・・・エート、ドウシヨウ」

('A`)「お…お前も俺の力の糧となるがいい!!」

(;゚ω゚)「ひぃいいい、勘弁してくださいいいい」


ちなみにドクオはただの引き篭もりの毒男
更には自分が特別だと信じて止まない中二病患者でしたが。

お馬鹿なブーンはすっかりその言葉を信じ込み、脅えきっています
そしてそんなブーンの様子はドクオを更に増長させるのでした。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:18:07.17 ID:pEQ5rPqF0

('A`)「フゥーハハー!! 喰らうがいい、我が超炸裂暗黒奥義(ダーク・フォルトゥム・ゲイオス)を!!」

( ;ω;)(…ツン、せめて、せめて最後に君の顔が見たかったお…)

(♯'A`)「カ、ガ…ガオティック・アザファルードル!!!」

(;>ω<)「うっっっ!!」


ちょっと台詞を噛みながらも、大げさな手振りでよく分からない技名をドクオは叫びました
ブーンは目を閉じ、これから襲い来るのであろう何かに備え、ぐっと全身を強張らせます。



('A`)「…」

(li>ω<)「…っっ」




('A`)「……」

(li^ω^)「…????」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:18:26.78 ID:L431fVth0
支援

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:18:52.90 ID:pEQ5rPqF0

しかし、何時まで経っても何も起こらない事を不思議に思ったのか
ブーンが自分の身体を改めます、すると、何やらボキリと鈍い音が静かな空間に響きました。



('A`)「…」

( ^ω^)Λ「…」


見ればそこにはおかしな方向に折れ曲がるブーンの腕がありました。
ちなみにこれは先程の落下時の衝撃によるものでしたが、彼らにそれを知る術はありません。


(;゚ω゚)Λ「ぬおおおおおおおおおおおおおお!!??」

(;゚A゚)「ぎゃああああああああああああああ!!!!」



(゚ω゚;)Λ「おおおおおおおおおおおおおおおおーーーー!!??」

(;゚A゚)「うわあああああああああああああああああああああああーー!!!!」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:20:04.73 ID:pEQ5rPqF0


    ⊂( ゚ω゚ )
     ヽ  Λ)
     (⌒) | ダッ
        三 `J




      (゚A゚)っ
      (彡 r  ダッ
       i_ノ┘



(;゚ω゚)「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

(;゚A゚)「あああああああああああああああああああああああああああ!!」


そうして二人は雄叫びを上げながら暗闇の中へと消えて行きました。



   。  。  。  。  。  。  。


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:21:09.83 ID:pEQ5rPqF0

その頃、ツンは…。


ξ;凵G)ξ「けほっ、うっ…うっ、ごほっごほ…ひっく……」

ブーンが消えた辺りに来てみると、そこには謎の穴が地面に空いているだけで彼の姿はなく
いつまで待っても帰ってくる様子はありません、そうして訳もわからず一人取り残され
寂しさに耐え切れず、苦しげに咳き込みながらもさめざめと泣いていました。


「…君、大丈夫かい?」

ξ;凵G)ξ「ぇ?」


と、そこへ現れたのは、皮膚の光沢が輝く普通のマッチョでした。


(´・ω・`)「具合悪いの?」

ξ;凵G)ξ「ぇ、あ、あの…」

(´・ω・`)「ああ、ごめん僕は…まあショボンとでも名乗っておこうかな
      それで、用があってここに来たんだけど…君が苦しんでるみたいだったからつい、ね」

ξつ凵G)ξ「それは、どうも…あ、でも…大丈夫ですから」

(´・ω・`)「ほんとに? 顔色悪いよ?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:22:16.37 ID:pEQ5rPqF0

マッチョは微かに笑みを浮かべながらツンへとにじり寄り
そんな様子に恐怖したのか、ツンは接近してくる筋肉の塊から逃れようと後ずさります。


(´・ω・`)「うーん…とりあえずさ、ここじゃ何だしどっか休める所に行こうか?」

ξ;゚听)ξ「いえっ、ひ、人を待ってますので…」

(´・ω・`)「こんな何も無い、道の途中で?」

ξ;゚听)ξ「それは…」

(´・ω・`)「ほら、いいからおいでよ、すぐ近くだから、ね?」

ξ;><)ξ「ちょ、ちょっ…やめ…っ」


マッチョは強引にツンの腕を掴むと、何処かへ向け歩き出しました
ツンも必死に抵抗をしますが、元々身体の弱い彼女が筋肉に適う筈も無く
そのまま何処かへ連れ去られてしまうのでした。



    。  。  。  。  。  。




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:24:16.57 ID:pEQ5rPqF0

更に場面は戻り、ブーンはと言うと…


(;゚ω゚)「うおおおおおおおおおおおお!!!」

(;゚A゚)「はああああああああああああああ!!!」

まだ走っていました。

あれから複雑な通路を進み、やがて何処か知れぬ明るい場所に飛び出すと
いつの間にか治った腕を振り回し、そこら中を駆け回ります。

しかし、そこで一つの悲劇が…。

  《イメージ図》

         タクシー
      ('A`)ノ
    ノ|ミ|
     」L
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        _/ ̄ ̄\_
       └-○--○-┘=3


      ('A`)ノ  アイヨー
 ギャー ノ|ミ|_/ ̄ ̄\_
     //└-○--○-┘=3
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ミ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:25:14.53 ID:pEQ5rPqF0
     
哀れドクオは車に轢かれ、全身を強打し病院に搬送されました。
(ちなみにニュース等で言われる○部を強打と言うのは大抵ミンチ状態だそうです)

ですがブーンはそれには目もくれず、走り続けます
全てはあの場所で待つ愛しいツンの為に…。


( ゚ω゚)「おおおおおおお!!!!」


やがて、ブーンは本来の目的地であった公園へと辿り着きました。

しかし今はこの場所に用はありません、彼女はこの道の先に居るのですから
そう思い、更なる加速度を持って走るブーンでしたが、ふと横目に園内を覗き見ると…

(;゚ω゚)「え!?」



(´・ω・`)   n  <ワンモアセッ
⌒`γ´⌒`ヽ( E)
( .人 .人 γ /
=(こ/こ/ `^´
)に/こ(



   ξ ←


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:26:14.37 ID:pEQ5rPqF0

視界の中に、怪しいマッチョと見慣れたワンテールが飛び込んできました。


(;^ω^)「ツン!?」


ですが、どうも様子がおかしいです…。

ツンは公園のトイレの前にあるベンチに横になっており、その前には見知らぬマッチョが居たからです。


(;゚ω゚)「…!」

(*´・ω・)「ん?」


すると、当のマッチョがブーンに気付くと怪しく笑みを浮かべ
微かに頬を紅潮させながらゆっくりとこちらへと歩み寄ってきました。


(;゚ω゚)「ぁ…な…」

(*´・ω・)「やあ! 君がブーン?」

(;゚ω゚)「だ、お前誰だお!!」

(*´・ω・)「あ、やっぱりそうなんだ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:26:33.97 ID:L431fVth0
支援

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:26:41.17 ID:pEQ5rPqF0

(♯゚ω゚)「誰だと聞いてるんだお!!」

(*´・ω・)「いやね、彼女、ずっとうわ言のように君の名を呼んでいたよ」

(;゚ω゚)「お前…っ、ツンに何したんだお!!」

(*´・ω・)「別に? ふふっ……それより」

( ゚ω゚)「ふざけんじゃねーお!!」


ブーンは思い切りマッチョに殴りかかります、ですがそれは容易く受け止められ
ぺちんと音を立てて筋肉の掌にそっと包まれました。

そして、そのブーンの身体を引き寄せると、耳元に息を吹きかけつつマッチョ言います。


(* ω )「あふんっ…」

(*´・ω・)「ドッきゅん…いやドクオはどこに居るのかな?」


全身に電気が流れ、ブーンの脳内が真っ白に染まっていきます
あらゆる抵抗する力を奪われ、成すがままに問われた言葉を返す事しかできません。


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:26:45.79 ID:ebE+hniw0
アッー
支援

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:28:15.44 ID:pEQ5rPqF0


(* ω )「あ…あっちで…たくしーに…ひかれてましたぁ…」

(;´・ω・`)「なんてことだ…よし、ありがとう!」


するとマッチョは飛ぶようにブーンから離れ、指差す方向へと物凄い勢いで駆けていきました
ブーンはそのまましばらくマッチョが走り去った方向を眺めながら呆けていました。


「ブーン!?」


どれくらいそうして居たでしょうか、やがて一つの声がブーンの意識を現実へと引き戻します。


(;^ω^)「はっ!? 僕は何を!?」

ξ*゚听)ξ「ブーンなのね!?」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:29:09.98 ID:pEQ5rPqF0

( ^ω^)「ツン! 僕だお!!」


そうして、悪戯な運命によって引き裂かれた二人はようやくの再会を果たしたのです
ブーンはもう一目散に彼女の下へと向かいます。



( ^ω^)ノシ「つーーーーーん!!」

ξ*゚听)ξ「ぶーん!!」



ツンもおぼつかない足取りながらも必死に彼の下へ向かい、そして――。





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:29:51.62 ID:pEQ5rPqF0

                ド ン ! !
    ∩ ∩
    | ∪ | ←ブーン              ________
 ..  ノ  ノ              ―――――――、     ヽヽ
  ((つ ノ⊃ミ       .   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ 三
                  /.    ∧// ∧ ∧| ||        ヽヽ三
            ヽ从 / [/___ (゚_//[ ].゚Д゚;,) ||    .  |  |
                 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  三
                 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
             WW ヾ|_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
                  ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'   三


(,;゚Д゚)「やべ! 今なんか轢いたぞゴルァ!」

(,,^Д^)「え?ほんと? 逃げなきゃだねアハハッ!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:30:46.97 ID:9oLEo9+UO


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:31:17.75 ID:pEQ5rPqF0

    ∩ ∩
    | ∪ | ミ ←スロー映像
 ..  ノ  ノ            
  ((つ ノ⊃ミ      




ξ;゚听)ξ「え…っ」


突然響いたのは、まるで胸を打つ様に低く、鈍い音。


ツンはその光景を異様なまでにゆっくり感じていました
トラックに撥ねられた彼の体が回転しながら宙を舞い、吹き飛ばされていきます。


ξ;゚听)ξ「ぁ――」


やがてその身体が激しく壁に打ち付けられ、まるでピンボールの様に跳ね返り
激しく砂埃を巻き上げながら、そのまま数メートル地を転がりました。



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:32:28.67 ID:pEQ5rPqF0


そこへ、更にトラックが迫ります。


(,;゚Д゚)「おいこら何してんだ!そっち行くなゴルァ!!!」

(,,^Д^)「え? アハハッ、だって中途半端に生きてたらめちゃくちゃ金取られるんだよ!」


猛スピードで迫るトラックは、残酷にもそのままブーンの上を通過します、まさに外道。

そしてがたんと何かを踏み抜いた音を立てるとそのまま走り去ってしまい
後に残ったのは線状に伸びるタイヤの跡だけでした…。


ξli゚听)ξ「う、そ……」


横たわる彼は当然のようにピクリとも動きません
残酷すぎる現実に、ツンは茫然自失な様子でふらふらと一歩ずつ歩を進めました。


ξli;凵G)ξ「やだ…やだよ……」


どんなに願っても、目に見える物に変化は無く
すぐにツンの瞳には大量の涙粒が溜まり、溢れ出しました。


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:33:36.80 ID:pEQ5rPqF0

ξli;凵G)ξ「うっく…げほっ! げほっ!!」


真っ青な顔で咳き込み、苦し気な呻き声をあげながらも足を止めず
必死にブーンの下へと向かい…それを目の前にした時、がくんと膝を地に落としました。


ξli;凵G)ξ「がふ…っ…お、え…」


ツンは今にも吐きそうになるのを堪え、懺悔するように手をつき…何度も彼の名を呼び…


ξli;凵G)ξ「ぶーん……おきてよ…ぅ、ん……」


ξli;凵G)ξ「やだ、やだよ…こんなの…」



「…ぃ、いやあああああああああああああああああああ!!!」



遠く空に…ツンの、あまりに悲痛な声が響き渡りました。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:35:30.03 ID:pEQ5rPqF0

( ゚ω゚)「うわっ!?」

(;^ω^)「あー、びっくりした…なんだお?」

ξ*;凵G)ξ「ブーン!! 良かった!!」


ブーンはがばっと身を起こすと、隣でうなだれるツンを心配そうに覗き込みました。


(;^ω^)「ツン、大丈夫かお!? なんか顔色悪いお!?」

ξli;凵G)ξ「わ、私はへい……」

ξli><)ξ「げほっ!」


ショックのあまり既に満身創痍なツン、精一杯の力で返事をしようとするも
気が緩んだせいか、一気に苦しみが襲い喋る事さえままなりません。


ξli><)ξ「がふっ…げふっ!」

(;^ω^)「ツン!! しっかりするんだお!!」

ξli <)ξ「けほっ、けほっ…ごふっ、ぜぇっ、ぜえっ…ぅ…」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:37:19.54 ID:pEQ5rPqF0

ツンは口を手で覆い、聞いた事も無いような声で咳き込み続けます
そんな苦しみ呻く背をブーンが優しく摩りました。


「ご、ぽ…」


不意に奇妙な音が漏れると、口を押さえる指の隙間から赤い線がゆっくりと伸びて行き
やがて…ぽたりと、地に落ちる水音が数回響きました。

(;゚ω゚)「…血が!!!」

ξli--)ξ「ごほ、ごほっ…ぅ、も…だ、め…」

ツンは口から一筋の血を流し、最早どこを見ているかもわからぬ虚ろな目でどうにか言葉を紡ぎました
それきり、彼女は黙り込みゆっくりとその目を閉じていきます。

( ゚ω゚)「ツン…嘘だお!?」

ξ )ξ「がく」

((li゚ω゚))「あ、ああ、ツン…」

「つーーーーーーーーーーーん!!!!!!!」


遠く空に、二度目の悲痛な叫び声が響き渡りました。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:38:27.64 ID:pEQ5rPqF0


    。  。  。  。  。  。



ξ;--)ξ「…ふぅ、落ち着いたわ」

(;^ω^)「大丈夫かお?」


一度は気を失ったツンでしたが、なんとかすぐに目を覚ましほっと一安心です
病弱な彼女は血を吐く事も既に慣れっこだったのです、日常茶飯事なのです。


ξ゚ー゚)ξ「ええ、でも何だかもう、疲れちゃった」

(;^ω^)「むむ…じゃあちょっとあそこで一休みするお!」


そうして二人は再び公園へと入っていきます
日を避けながら進むと、ちょうど木陰にあるベンチを見つけ、座りました。



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:38:57.76 ID:L431fVth0
支援

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:39:19.18 ID:pEQ5rPqF0

⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
                          ,.、.,.,,.、.,..、.,.,
            ξ゚ー゚)ξ (^ω^*)              .,.,,.、.,.,,.、
              /  |   と   )   ,.,,.
、.,.,,.,..,.,,..      ||三三三三三三三三||      .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.
 .,.,,.、.,.,.、      ||三三三三三三三三||
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
,, ,,,二,, ,,;;:;-,,;;.,,.二二二二二二二二二二二二二 ,,;::,, ,,,二二,, ,,;;:;-,,;;.,,,,


( ^ω^)「………だから、びっくりした時に寿命が縮むって言うのは
       昔の人は心臓の鼓動する回数は決まってると思ってたからなんだお」

ξ゚听)ξ「へー」

穏やかに時を告げる木漏れ日の中、談笑は続きます
ツンも座って休んだおかげか大分楽になった様子です。


ちなみに、ブーンはツンが倒れたのはさっきのマッチョに何かされたのかと考え、問い詰めたところ…
どうやらあの筋肉は単純に具合悪そうなツンを心配しただけだったと分かりました

肉塊はツンを公園まで連れて来ると飲み物を買ってきたり、冷えたタオルを持ってきたりと
とにかく、怪しい見た目に反して非常に親切だったそうです。

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:40:25.81 ID:pEQ5rPqF0


( ^ω^)「…そうだったのかお、あのマッチョが…」

ξ゚ー゚)ξ「ええ、苦しむ私を…凄く元気の出る言葉で何度も励ましてくれたわ」

( ^ω^)「へぇ、なんだお?」

ξ^ー^)ξ「それはね…」







   「   ワンモアセッ!   」







そうして、二人は陽が暮れるまで公園のベンチで過ごしましたとさ、めでたしめでたし。
 
                                一話 糸冬

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:42:00.19 ID:pEQ5rPqF0
とりあえず最初から投下しようと思いそうしました
見た事あるという人は覚えててくれて嬉しいです
次の2話で終わりですが、10分以内には始めます、すいません

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:42:05.40 ID:5OI9dI9q0

(´・ω・`)   n  <ワンモアセッ
⌒`γ´⌒`ヽ( E)
( .人 .人 γ /
=(こ/こ/ `^´
)に/こ(

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:44:33.89 ID:cdW7nYAS0





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:51:25.03 ID:V1T7UEWrO


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:52:47.97 ID:pEQ5rPqF0


第二話 「マッチョとドクオ」






('A`)(あの木の葉が全部散ったら…俺も…)


一人、病室の白いベッドの上で窓の外を眺めながらドクオは呟きました。

見れば、四角形の窓の外には一本のすごく…太い樹木が雄雄しく立っています
細かく分かれた枝の先には、まるで季節を無視するように数枚の葉っぱがぶら下がっていました。


('A`)「…ァ」


今、また風に煽られその一枚がはらりと舞い散り
ドクオは憂いを込めた瞳でそれを眺めながら、か細い声を漏らします。

気付けば、窓へ向けて伸ばしていた手は虚しく空を切るばかり
ゆっくりと下ろすと、ドクオは自分の体を見つめ…布団にいくつかの染みを作りました。


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:54:47.70 ID:lqy5nN+JO
隊長!
支援しまっry

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:54:57.27 ID:lYROkXIwO
そういえば毒男板ではドクオは半角カタカナしか認識できないんだよな

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:55:26.96 ID:Nge4YCsJO
しえ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:55:27.85 ID:pEQ5rPqF0

                ( ミンチ )
先日、不幸な事故により 全身を強打 の重症となったドクオ。

どうにか一命は取り留めたものの……その後遺症は重く
下半身に障害が残り、もう二度と足の中指と薬指だけを動かす事が出来ない身体になってしまいました。


( ;A;)「ウッ…ウウ…ウ…ッ」

( ;A;)「チク…ショウ…」


誰にとも無く、ドクオは悔やみの言葉を吐き出します
いったい何が悪かったのか、何を恨めばいいのか…。

または、あの時タクシーを呼びさえしなければ…そんなぶつけようの無い憤りと後悔
その二つが混ざり合い、ぐちゃぐちゃな感情は涙となって溢れ出すばかり。


その時、不意に入り口の扉が開かれました。


「見つけた」


(;'A`)「!!」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 22:57:05.47 ID:pEQ5rPqF0

突然の侵入者にハッと気付いたドクオも入り口に立つ物を視認すると目を見開き、声を失いました。

そう、そこには筋肉マンが居たのです。


(´・ω・`)「やっと見つけたよ、ドッキュン…」

(;'A`)「セ、センセイ…」


そう、彼はドクオの引き篭もりで中二病の性格を治す為
彼の両親が依頼した家庭教師だったのです。


曰く。


一週間で生まれ変わる! 家庭教師マッチョマン SHO・BORNキャンプ!!


今をときめく一流のマッチョ、それが彼なのです。

ドクオはそんな筋肉の下で、毎日厳しく、時に優しく鍛えられていましたが
4日目にして耐え切れず逃亡、そして件の穴倉の中に隠れ住んで居たのでした。

そしてマッチョはそんなドクオを心配し、捜索の末に居場所を突き止めた所で
ツンとブーンに出会い、その後、ドクオがタクシーに轢かれたと聞き大急ぎで病院に駆け込んだのです。


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:00:14.42 ID:pEQ5rPqF0

(´・ω・`)「まったく…逃げ出したと思えば、こんな事になってるなんて…」

(;'A`)「アノ・・・オレ・・・」

(´・ω・`)「…こら、その喋り方は止めなさいと言った筈だよ?」

(;'A`)「う…その………ごめんなさい」

(´・ω・`)「…うn、いいんだ」


マッチョは胸筋を吊り上げ、優しく微笑みかけます
ドクオはそんな様子に困った表情を浮かべながら、たどたどしく謝りました。


(´・ω・`)「親御さんも凄く心配していたよ…君が行方不明になった、ってね」

('A`)「…そんなの、上辺だけに決まってます」

(´・ω・`)「そんな事はないさ、今はただ仕事が忙しくてそう見えるだろうけど
      何時だって両親は君の事を想ってくれているよ」


ドクオは、そんな言葉に俯くと震える拳を握り締め、嘲笑うように呟きました。

('A`)「でも、今だって来てくれないじゃないですか…俺が死に掛けたって言うのに」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:01:57.48 ID:pEQ5rPqF0

('∀`)「…結局どうでもいいんですよ、俺なんて」

('∀`)「この足と一緒です…もう、駄目なんだ…」

(´・ω・`)「…ドッキュン、とりあえずこいつを見てくれないか?」


ドクオの毒吐く、もとい独白を黙って聴いていたマッチョは、不意に筋肉の鎧に覆われた懐をまさぐり
何か紙状の物を二枚ほど取り出すと、ドクオの眼前に突き出しました。


(;'A`)「そ、それは…!」

(´・ω・`)「どう思う?」

(((;'A`)))「あ、ああっ…あ…」


(;A;) ぶわっ


ドクオは、ゴツイ手の平に包まれたそれを見た瞬間
肉塊にしか見えない腕にすがりつき、止め処なく大粒の涙を溢しました。


一つは両親からの手紙でした。


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:02:00.33 ID:Nge4YCsJO
しぇ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:04:43.62 ID:pEQ5rPqF0

内容はこうです。

 _____________________
|                              |
|                              |
|                              |
| 今夜は遅くなるから 店屋物でも頼んでね.    |
|                              |
|                              |
|                              |
|                              |
|             J( 'ー`)し( '灬`) .両親より.  |
|                              |
|                              |
|______________________|




そして、もう一つは…。


 
(;A;)「…覚えてて…くれたんだ…」

(´・ω・`)にこ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:06:52.67 ID:pEQ5rPqF0

ドクオが小さい頃から大好きだった、諭吉の絵と壱万円の文字が書かれた紙幣でした。

そこには、これでなんでも好きな物をお食べなさいと言う、比類なき愛情があったのです
ドクオはまるで両親の気持ちが胸に流れ込んでくるような思いです。

それからしばらくの間、顔を伏せざめざめと泣いていたドクオでしたが
やがて未だ乾かぬ潤んだ瞳で筋肉の塊を見つめ、力強く言いいました。


(;A;)「先生…ショボ先生」

(´・ω・`)「…」

( A )「…キャンプが…したいです」



それは、強くなりたい、変わりたいと願うドクオの精一杯の懇願でした。


(´・ω・`)


そんなドクオをずっと黙って見守っていたマッチョはやさしく微笑み
ゆっくりと確かめるように頷くと、ワンモアセッ! と言いました。


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:08:32.41 ID:pEQ5rPqF0

――数時間後。



(*゚ー゚)「ドクオさーん、回診でーす」


(*゚ー゚)「あら?」


ドクオが居る病室に颯爽と現れたナースのしぃは、すぐに異変に気付きました
なんと、ベットで寝ているはずのドクオが居なくなっていたのです。

すぐに焦ってナースコールを押そうとベットに駆け寄ると
そこに一枚の置手紙を見つけました。


(*゚ー゚)「これは……ドクオさんの文字」



   ('A`)(もう入院したりしないよ!)



脳内にドクオが元気に走り回る映像が流れます。


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:11:42.27 ID:pEQ5rPqF0

そして、どこからか柔らかな風が吹き、カーテンをふわりと持ち上げ、しぃの頬を優しく撫でると
何故か開いたままの窓を見つめ、呟くように、囁くように言いました。



(*゚ー゚)「……行ったのね」



外では一本の肉棒が雄雄しくそそりたっています
そして、それが筋肉の力だと言う事を、彼女は知っていたのです。




  。  。  。  。  。  。  。  。  。




時は流れて、三日後。



( ^ω^)「ツーン!! 来たおーーー!!」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:12:30.37 ID:pEQ5rPqF0

太陽が真上に昇る正午の空に、ブーンの大きな声が今日も元気に響きます
すると、すぐさま狙い済ました様にツンがひょっこり顔を出しました。


ξ゚听)ξ「ん、こんちにわブーン」

( ^ω^)「おいすー」

ξ゚听)ξ「…今日は、遅かったのね」

( ^ω^)「?」

ξ;゚听)ξ「な、なんでもないわ…それより」


  ζ(゚Δ゚;三;゚听)ξ

    (;^ω^)「??」


ツンは何を思ったのか、突然ブーンの身体をまさぐり
全身をくまなく調べ始めました。


(;^ω^)「なんだお? どうしたんだお?」

ξ;゚ー゚)ξ「う、ううん、何でもないわよ」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:13:52.54 ID:L431fVth0
支援

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:14:03.18 ID:pEQ5rPqF0

ξ;--)ξ(ほっ…今日はなにもないわね)


以前、彼の背中に包丁が突き刺さっていた事が余程トラウマになっているのでしょう
ツンはブーンの身体のどこにも異常な部分は無い事を確認すると溜息を吐きました。


ξ゚听)ξ「それで、今日はどうしたの?」

( ^ω^)「お!今日は…」
ξ゚听)ξ「!?」


「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!」


と、言葉も途中にブーンの後ろから誰かが猛烈な速度で走ってきました
同時に、ツンはその誰かの手に銀色に輝く物体を見つけ、背筋を冷たい物が走ります。


それは、鋭く尖った小刀。


(,,^Д^)「死ねえええええええええ!!」

( ゚ω゚)「ぎゃああああああああ!!」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:16:05.85 ID:pEQ5rPqF0

それは、本当に一瞬の出来事でした。


突然後方から駆けて来た男がブーンの背中に衝突すると
目の前に居るブーンの腹部から、その刃の先端が飛び出したのです。


ξ;゚听)ξ「…ぁ、あ」

(  ω )「…ご…ぽ…」


すぐに真っ赤な血がブーンの体を染めていきます
ツンは、そんな光景をただ呆然と眺める事しかできませんでした。


(,,^Д^)「アハハハハハッ! お前が悪いんだ、轢かれた癖に生きてたりするから!」


ブーンから引き抜いた小刀に付着した血液を振るい落とすと、高笑いしながら言いい放ちます
彼はタカラ、先日ブーンをトラックで轢き逃げした事が原因で捕まりそうになりましたが
相乗りしていたギコを犠牲にどうにか逃げ切り、逆恨みして殺しに来たのでした。


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:16:58.16 ID:pgkaick4O


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:18:05.91 ID:pEQ5rPqF0

(  ω )「げふっ、が…ぁう…」

ξli゚听)ξ「ぶー…」

ξli><)ξ「ごほっ、ごほっ……うっ」


大量の吐血をし、苦しそうに倒れ込むブーン
ツンもそのショックの余り血を吐きながら倒れました。


(li ω )「つ…ん……」


目の前に倒れこんだツンへと、ブーンは震える手をゆっくりと差し出すも
その指はすんでの所で届きません、それでも負けじと懸命に手を伸ばします
ブーンは既に腹を貫かれた痛みも忘れ、ひたすら彼女の事で頭がいっぱいでした。


(,,^Д^)「こらこら」


ですが、そんな様を嘲笑うかの様にタカラがブーンの手を思い切り踏みつけます。


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:21:36.20 ID:pEQ5rPqF0

(; ω )「っ…!!」


それは痛みによるものか、届かぬ手を悔やんだものか…
ブーンは顔を苦痛に歪ませ微かに呻き声を漏らしました。


(,,^Д^)「駄目じゃない、お前は死んだんだよ!」

(,,^Д^)「死人が生きてちゃ駄目じゃないか、お前は死んでなきゃああああああああああああ」


タカラは踏みつけた手をぐりぐりと抉り、次いで手にした小刀を大きく掲げると
刃を真下に向け、目下に倒れるブーンへと狙いを定めました。


(,,^Д^)「アーーーーーーーーーーーーハハハハハハハハハッッ!!!」


そして、笑い声と共にその凶刃がブーンの頭へと振り落とされた。


その瞬間。


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:23:11.00 ID:pEQ5rPqF0


,^Д(♯「ママハハ!!」


強く大地を踏みしめる音と風切り音、次いで押し潰すような衝撃が巻き起こり
次いで轟と唸る音と共にタカラの体が猛烈な回転をともない宙へと舞い上がりました。


(li ω )「…!?」




   (´ ω `)  「「 再会は… 」」  ( A )





聞こえたのは二人分の重なった声、そしてブーンは霞む視界の中に何者かの姿を捉えました
立っていたのは何時かのマッチョ…いえ、よく見れば何処か違います




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:24:00.35 ID:pEQ5rPqF0

(´・ω・`)「躍動する肉体!!」   

                   ('A`)「解き放て!マッソォウ!!」


                   _
                  / jjjj      _
                / タ       {!!! _ ヽ、
               ,/  ノ        ~ `、  \ 
               `、  `ヽ.      , ‐'`  ノ 
         _      \  `ヽ( 'A` ) " .ノ/
    (´・ω・`)  ̄"⌒ヽ   `、ヽ.  ``Y"   r '
   / ) ヽ' /    、 `、   i. 、   ¥   ノ
  γ  --‐ '      λ. ;    `、.` -‐´;`ー イ
  f   、   ヾ    /   )    i 彡 i ミ/
  !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"     }    {
  |   ̄`ー-`ヽ 〈  < _ ヽ.    /     `\  
   !、__,,,  l ,\_,ソ ノ   /   /ヽ、  ヽ.
       〈'_,/ /   /   /  ノ    ヽ.   )
           | |  イ-、__  \  `ヽ    {   f  
        l.__|   }_  l    \ \   |  i 
        _.|  .〔 l  l    ノ  _>  j  
        〔___! '--'     <.,,_/~  〈   `、
                          `ー-‐'


そこには、二人のガチムチマッチョがポーズを決めて立っていたのです。

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:26:12.01 ID:pEQ5rPqF0

(,,^Д(♯)「な、なんだお前等は!!!!」


吹き飛ばされたタカラは頬を大きく腫らせながらもすぐに立ち上がり
現れた二人組みを睨みつけ、小刀を構えながら怒鳴り散らします。


('A`)「…」


すると片方のマッチョが一歩踏み出し、片手を横に広げました
それはもう、ここは自分に任せてくれ、とでも言わんばかりの姿勢です。


(´・ω・`)こくり


後方のマッチョはそんな仕草に軽く頷き返事をしました
そして倒れ込むブーンの前で膝をつくと、優しく語りかけます。


(´・ω・`)「大丈夫かい、ブーン君」

(li´ω`)「あ、あなたは…」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:26:15.25 ID:IHqqAQO70
kaosuwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:26:27.56 ID:Rv/mu4udO
支援

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:28:36.80 ID:pEQ5rPqF0

(´・ω・`)「…これは酷い、よしちょっと待ってて」

(li´ω`)「…?」

何を思ったか、マッチョはおもむろに胸筋を
ピクピクと痙攣を繰り返す胸筋をブーンの傷口へとあてがいました。


(li゚ω゚)「ゲエーーッ! 何を!!」

(´・ω・`)「いいから…じっとするんだ!」

(li゚ω゚)「ちょ、動けないのを言い事にそんな、最低だお!!」

(´・ω・`)「むん!!」


マッチョは六つ以上に割れた腹筋に力を込め、いい声で叫びます。

するとどうでしょう、それはいかなる奇跡か…
ブーンの腹の傷がみるみる…消え…ていくではないですか。


(♯´・ω・)「んぬぬぬ…く! …はぁ、はぁっ」


(;´ω`)「う、うぅ〜ん…うーん…」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:29:47.79 ID:Nge4YCsJO
シえ

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:30:18.87 ID:pEQ5rPqF0

ブーンは夢にうなされるように、すごく嫌そうな声を溢し
当のマッチョも、その行為は体力を消耗するのでしょうか
肩を上下させ、あ、荒く…熱い吐息を漏らします。


(*´・ω・)「ぉ…おおおっ」


それでもマッチョは厚い胸板を押し付け続けます、なんという気持ちの悪い状況でしょうか
流石におぞましすぎる光景に、いい加減こんな事を説明するのが嫌になってきました。

そろそろ勘弁してください。

という事でもう一方。


(,,^Д^)「お前も死にたいの!?アハハ!!」


('A`)σ「最初に言っておく」


マッチョのもう片割れは小刀を構えるタカラの前で仁王立ちすると
太い腕から伸びた指を向け、威風堂々、声高々に語りかけます。


('A`)b「俺はかーなーりマッチョだ!!」
(,,^Д^)「見れば分かるんだよおおおお!!!」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:32:08.49 ID:L431fVth0
支援

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:32:15.99 ID:pEQ5rPqF0

タカラは左手で握る小刀を筋肉に向け、下に向けた右手の手の平で柄の根元を固定すると
あの肉の鎧を突き破り、一撃で仕留めるべく一直線に駆け出しました。


(,,^Д^)「くたばれこの肉塊がぁ!!!」


('A`)b ビッ


タカラは怒声を張り上げ詰め寄ります。
しかし、対するマッチョはアンニュイな表情はそのままに
何処か余裕を含む様子でその場から動く素振りも見せません。


(,,^Д(♯)「ハブしゅ!!」

('A`)b ビッ ビッ


Д(♯)「あば!あば!うもr」


するとどうした事でしょう、前へ走っていた筈のタカラが突然後方へ弾け飛んだのです
当然のように、マッチョは相変わらず身じろぎ一つ取っていません。


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:32:33.26 ID:Rv/mu4udO
支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:34:51.51 ID:pEQ5rPqF0


('A`)b ビッ

Д(♯)「こ、こおの…うわらば!」


…いえ、どうやらそれは間違いだったようです
マッチョは立てた親指を人差し指に当てがい弾く、その繰り返しを超速で行っていたのです
そうする事で、圧縮した空気を打ち出し、まるで弾丸のように相手を遠距離から攻撃できるのです。

これこそ、筋肉を極めた者だけが扱えると言われている伝説の技…。



 (゚A゚)b クワッ     【   指      弾    】



d(゚A゚)b「ほーーーおぁたたたたたたたたたたたたたたたたたたた!!!!」


マッチョは両腕を向け、甲高い声と共に物凄い勢いで指弾を連発しました
それはさながら クレイモア! 抜けられると思うなよ!! と言わんばかりの猛攻です。


(♯)「うおおおおおお!!!」



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:37:35.39 ID:jcmG/RJK0
テラカオスwwwwwwwwwwwwww

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:37:41.87 ID:pEQ5rPqF0

そんな中、タカラはせめてもの抵抗か、最後の力を振り絞り
手にした小刀をマッチョ目掛けて投げました。

しかし…。


d(゚A゚)b ギュピーン   北 斗   二  指  真  空  把 !


(ちなみに飛んでくる矢などを指でつかまえ、相手にそのまま投げ返す北斗神拳の奥義です)


によって容易く止められ、次の瞬間には指弾の一斉射撃がタカラを襲います。


♯)「あびゃびゃばや!!」

「あべしぃ!!」


哀れタカラは指弾の連撃をその身に受け、とうとう枠外へと消えて行きました
マッチョは一瞬だけ、元の優しいドクオの瞳でそれを見届けると。

('A`)「…特に言う事は無い」

だそうです。

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:39:25.76 ID:Nge4YCsJO
これは良いカオスしぇ

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:39:28.82 ID:pEQ5rPqF0


  。  。  。  。  。  。  。  。  。



それから、マッチョの看病の甲斐あってかブーンとツンは一命を取り留めました
元気を取り戻した二人は筋肉へお礼の言葉を伝えます。


( ^ω^)「なんだか、また助けられちゃったみたいで…」

ξ゚ー゚)ξ「本当にありがとう二人の筋肉お化けさん」


(´・ω・`)「気にする事は無いよ、困ってる人が居たら助けるのは当然の事だからね」

('A`)「それより…ツン、だったね?」

ξ゚听)ξ「え? なんですか?」

('A`)「どうやら体がだいぶ弱いみたいだね…なんなら君もキャンプに参加してみないかい?」

(´・ω・`)「そうだね、そうすればきっと身体も健康(マッチョ)になるよ」


ξ;゚听)ξ「!!」
(;゚ω゚)「!!」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:40:32.94 ID:pEQ5rPqF0

二人はそんなお誘いを丁寧に、けれど断固としてお断りしました
マッチョ達はそんな様子に苦笑を浮かべ、それじゃあ、と颯爽と去っていきました。


そして…。


(;^ω^)「ああ、しかし今日も偉い目にあったお…」

ξ゚听)ξ「ほんとね…でも」

ξ゚ー゚)ξ「せっかく健康になれるチャンス…少しもったいなかったかしらね」

(li^ω^)「つ…つんさん…? マジですかお?」

ξ;゚听)ξ「ちょ、んなわけないでしょ!!」

( ^ω^)「ですよねwwwwwwww」


そんな馬鹿話をしながらも、今日もおかしな日常は過ぎていきます。

肉に当てられたのか、ツンは少しだけ強くなった事に…今はまだ気付かないままに…。

                                 おわり

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:41:47.99 ID:pEQ5rPqF0

  ( ><)



 え? なんだか分からない事がある?


  ( ><)


 ブーンの頑丈さは何なのか…ですか?
 それは、このお話の核心ですので禁則事項ですw


  (;><)


 うーん…じゃあ、一つだけ言うなら…
 ブーンの住むスレッドは、ギャグキャラの集う場所である…という事でしょうか?

 というわけで、ここまで!



 (*゚∀゚)「では、またいつかお会いしましょう」

   
                             こんどこそ おわり

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:42:15.11 ID:V1T7UEWrO


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:46:17.71 ID:Rv/mu4udO


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:46:34.98 ID:pEQ5rPqF0
終わりです、支援して頂いて本当にありがとうございました
切るときはすぱっと一刀両断しろとおばあちゃんに言われたのでこうなりました

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:47:04.23 ID:L431fVth0
乙です。
核心がまったくわからないけれどまとめてもいいですか?

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:51:43.03 ID:wUFRl4WE0
乙カオス

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:52:24.18 ID:RNT6zWFm0


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:54:43.05 ID:pEQ5rPqF0
>>88
すみません…放り投げるのが好きでしt(ry

なんと…! こんなノリだけで進行してる物をずっと追ってくれてるかと思えば…
全俺が泣いた、嬉しいです、よろしければお願いします。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/14(火) 23:58:36.34 ID:pEQ5rPqF0
あわわ、乙がいくつも…改めてありがとうございました。

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/08/15(水) 00:00:38.04 ID:3MI7+PEbO
>>1
乙!筋肉にやられたわ

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)