5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンがマジ切れしたようです 【Dグループ】

1 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:06:40.02 ID:Y54Kj55K0
まとめさいとさま

オムライス
ttp://vipmain.sakura.ne.jp/310_2-top.html
ブーンノベル
ttp://booooonovel.web.fc2.com/majigire.html


百物語

ねじ的
ttp://mixboon.blog116.fc2.com/blog-entry-8.html


では投下開始します。
Dグループの始まりだ!!

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:07:17.90 ID:4UQvmWHFO
ババロアは俺の嫁
支援

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:07:54.90 ID:5T+bBqhoO
ああん!?
べっ別に待ってなんかねぇんだかんなっ!!!

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:09:04.55 ID:TJ35w2nG0
し、支援なんてしてたまるか!!
このままおちちゃえばいいんだよっ!!

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:11:16.37 ID:E0a7haE2O
べ、別にあんたのことなんか好きじゃないんだからねっ!
ただなんとなく見かけたから支援してやった……ただそれだけなんだからねっ!!

6 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:11:36.46 ID:vLvFiGxdO


【Dグループ主要キャスト】



バトロワ



たろお



おまいら



推奨OPテーマ:私とワルツを/鬼束ちひろ
http://youtube.com/watch?v=xp6NTgtLkDg





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:12:18.43 ID:KACYM56zO
支援

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:12:20.99 ID:L13Jxz9w0
また鬼束かよwwwwww

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:13:22.91 ID:TJ35w2nG0
おにつか好きだなwwww

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:13:32.97 ID:MwlgR4kPO
がんばれー

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:13:37.73 ID:E0a7haE2O
ほんと鬼束好きだなw

12 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:13:53.17 ID:vLvFiGxdO

【共通前半】



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:14:01.11 ID:UkHP/Pnh0
支援

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:14:04.55 ID:5T+bBqhoO
べぶべべべつにおまいらなんて言われてもめがっさにょろーんなんてにょろーんにょろーん

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:14:04.98 ID:4UQvmWHFO
また鬼束かよwwwww

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:14:31.18 ID:3RYR3adcO
べ、別にどんな話になるんだろうとかwktkしてた訳じゃないからね!!

17 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:15:57.94 ID:vLvFiGxdO










( ^ω^) ウィーン
パカッ




^^ ぶっ殺しにきました



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:16:38.59 ID:pbfK1Qh6O
支援支援

19 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:17:48.41 ID:vLvFiGxdO

J( 'ー`)し ひさしぶりに帰って来たと思ったら
開口一番がそれか



J( 'ー`)し おばあちゃん悲しいよ

^^ あぁん



^^そんなことより
用ってのは何だ



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:17:57.86 ID:5T+bBqhoO
^ゝ^し
 ー えん

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:18:08.54 ID:IMHzp+/b0
支援

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:18:12.37 ID:UIqrsuccO
支援

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:18:37.80 ID:L13Jxz9w0
ピーチktkr

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:19:07.68 ID:TJ35w2nG0
ですぴーち!!!!

25 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:19:18.97 ID:vLvFiGxdO




J( 'ー`)し 本の世界に行かないか

^^ え



^^ (ヤベー、このババァ痴呆かよ
さすがの俺でもそれはひくわー)



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:19:59.61 ID:5T+bBqhoO
カーチャン……

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:20:12.04 ID:1b8DJCO+0
支援!支援!支援!

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:20:15.24 ID:KACYM56zO
支援

29 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:21:17.49 ID:vLvFiGxdO

J( 'ー`)し 実は私の元カレがな
遊びに来いってさ

^^ (うわー、ババァの恋愛遍歴とか聞きたくないわー)



J( 'ー`)し 別れた後もいい男でな

^^ (きめぇ)



J( 'ー`)し 実は奴が桃たろおの
本当の父親なんだがな

( ^ω^) !!!?



^^ オヤジ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:21:47.30 ID:JMMwB77LO
支援

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:21:51.03 ID:lGErRKvwO
支援

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:22:27.91 ID:5T+bBqhoO
カーチャン……

33 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:23:02.86 ID:vLvFiGxdO

( ^ω^) 俺の本当の父親だと
俺が幼い頃
いつも遊んでくれた、あの亀が俺の父親じゃないのか



^^ その
何て言うか
まぁ
がんばれ



J( 'ー`)し それでな
その元カレが強いのなんのって
マジ、タートゥーなんかとレベル違うから



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:23:40.33 ID:lGErRKvwO
な、なんだ(ry

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:23:55.14 ID:IMHzp+/b0
支援

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:24:16.98 ID:QqOhEsrlO
ストーリーひでえwww

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:24:27.22 ID:KACYM56zO
支援

38 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:24:55.39 ID:vLvFiGxdO

J( 'ー`)し つまり



【実の父親(童^ω^)】>>>>>>>>>>【越えられない壁】>>>>>>>>>>【( ・∀・)遊んでくれた亀】



J( 'ー`)し ってわけ



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:26:02.06 ID:E0a7haE2O
ひでぇwwwww

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:26:11.90 ID:5T+bBqhoO
イイハナシダナー( ;∀;)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:26:25.28 ID:4UQvmWHFO
何と言うwwwwwww

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:26:25.57 ID:XcfvOgsBO
亀……

43 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:26:29.90 ID:vLvFiGxdO

ナデナデ^^ノ(;ω; )シクシク



J( 'ー`)し なんせ奴は
【本の世界を渡り歩く力】を持っている



ヨシヨシナカナイデ^^ノ(;ω; )エーンエーン



J( 'ー`)し 奴のところで修行して来い
そしてさらなる【力】を手に入れてこい



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:27:51.51 ID:5T+bBqhoO
なんという放任主義

45 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:28:16.27 ID:vLvFiGxdO

^^ わかった
そいつを
俺のオヤジを泣かしたそいつを



^^ ぶっ殺せばいいんだな

J( 'ー`)し そうだ
その意気だ



^^ 殺ってやる
殺ってやるぞ

^^ ゴゴゴゴゴ



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:28:41.68 ID:KACYM56zO
支援

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:29:39.57 ID:IMHzp+/b0
支援

48 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 21:29:56.14 ID:vLvFiGxdO

J( 'ー`)し 凄まじい力だ
本の世界への空間を
薬指と小指だけでこじ開けるとはな



J( 'ー`)し さぁ行け
我が孫
デスピーチ

J( 'ー`)し 【力】への
果てなき探求者よ



^^ くくくくく
うぉー
皆殺しだー




To be continued..........



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:30:43.91 ID:TJ35w2nG0
支援ったら支援

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:31:03.23 ID:ZjeFxBXrO
なんという……

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:31:06.01 ID:5T+bBqhoO
^^うふふ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:31:29.61 ID:KACYM56zO
支援

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:31:31.07 ID:IMHzp+/b0
支援

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:31:59.63 ID:UkHP/Pnh0
支援

55 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:32:25.07 ID:Y54Kj55K0

見渡す限りに存在する本の棚。

棚には所狭しと本が犇めき合っていた。

そこからひとつ本を取ってみる。
その本の題名は『愚かな主人公』。

適当にぺらぺらと捲っていると、途中の話が抜けていることに気づいた。
すっぽりと、綺麗に。

なぜここだけ真っ白なページなのだろうか。
目次にはここにはショボンと魔法の絵の具という話が記されていた。


^^なぜだ
なぜこの話が本に書いていないのだ


腕を組み、考えていると少しはなれたところから声が聞こえてきた。
ババァと、見知らぬ老人が話し合っている声。



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:32:41.36 ID:IMHzp+/b0
支援

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:32:52.80 ID:lGErRKvwO
支援

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:33:44.83 ID:KACYM56zO
バトロリ支援

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:34:34.70 ID:E0a7haE2O
俺の嫁ktkr支援

60 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:34:42.91 ID:Y54Kj55K0

( ^ω^)「久しぶりだお。しばらく見ないうちに随分と老けたようだな」

J( 'ー`)したわけ
あまり私を見くびらないほうがいいぞ

( ^ω^)「おっおっお。調子は昔のままだお」


老人は持っていた本を、ぱたりとテーブルの上に置く。

部屋は暗く、照らす光は蝋燭の炎しかない。
ゆらりと揺れるたびに、影も同じように蠢きだす。


J( 'ー`)しそれでな
お前に頼みごとがあるんだよ


老人の笑顔はとまる。

先程までの笑顔が嘘だったかのように。
そして、一言。


( ^ω^)「……言ってみろお」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:35:12.08 ID:UkHP/Pnh0
支援

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:35:33.57 ID:5T+bBqhoO
違和感がwww

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:36:00.11 ID:QqOhEsrlO
支援

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:36:05.58 ID:UkHP/Pnh0
支援

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:36:06.99 ID:IMHzp+/b0
支援

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:36:49.67 ID:aTiv2c0D0
胃炎
バビロン頑張れ

67 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:37:03.13 ID:Y54Kj55K0

J( 'ー`)しあの男を
本の世界にいかせて欲しいんだ


ババァと老人が、俺を見る。

響き渡る足音。老人がゆっくりと近づいてくる。
全てを見透かしたような眼で、俺の顔を覗いていた。


( ^ω^)「お前の名前は?」

^^俺の名はデスピーチ
貴様の名はなんだ

( ^ω^)「僕の名はブーン・カシャール。よろしくだお」


老人は棚から一冊の本を取り出す。
表紙が黒ずんでおり、題名が読めなかった。


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:37:34.07 ID:IMHzp+/b0
支援

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:38:06.58 ID:UkHP/Pnh0
支援

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:38:20.52 ID:IMHzp+/b0
支援

71 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:39:29.51 ID:Y54Kj55K0

( ^ω^)「しょうがない、いかせてやるかお」

J( 'ー`)し本当かい

( ^ω^)「あぁ」


短くババァにそう伝えたあと、ブーンはその本を広げる。

すると、その本からは溢れるくらいの光がでてきた。
視界が擦れるくらいの、眩い光。

蝋燭一本では照らせなかった、部屋の全貌が姿を現す。


( ^ω^)「さぁ、デスピーチ。この本のなかに飛び込むんだお」

^^強く
強くなれるのか

( ^ω^)「なれるお。その薄っぺらい強さが、本当の強さに変わる。
       だから安心していってこい」


本の光が、俺の気持ちを後押しするかのように強く光り輝く。



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:40:03.59 ID:IMHzp+/b0
支援

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:40:19.42 ID:UkHP/Pnh0
支援

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:40:42.46 ID:vLvFiGxdO
超・市営

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:40:53.91 ID:KACYM56zO
支援

76 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:42:04.20 ID:Y54Kj55K0

^^ブーン
お前を信じるぞ


途端、身の回りに光が纏わりつく。

徐々に身体を包んでいく光。
心なしか、暖かかった。


( ^ω^)「井の中の蛙よ。本当の強さを手に入れて来い」


次第に弱くなっていく光。
そこに、デスピーチの姿はなかった。


ブーンは、閉じた本を見つめている。
がんばれ、と掻き消されるくらい小さな声でそう呟いた。



――続――



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:43:44.89 ID:UkHP/Pnh0
支援

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:43:55.22 ID:IMHzp+/b0
支援支援

79 :バトロア ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:45:07.10 ID:Y54Kj55K0

  (^o^)
  ̄( (7 私オワタが
  < ⌒ヽ




  (^o^)
  < ( (7 お送りします
  < ⌒ヽ




  ノ
  (^o^)
  ( (7 エロ同人誌!
  < ⌒ヽ



――\(^o^)/がエロ同人をお送りするようです


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:45:41.27 ID:IMHzp+/b0
エロwktk

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:45:41.55 ID:UkHP/Pnh0
エロ同人からはいるのかwwwww

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:45:48.47 ID:1b8DJCO+0
ええぇぇぇwwwwwwwwwwwwwwwww

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:46:11.50 ID:UIqrsuccO
オワタwwwwwwww

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:46:56.97 ID:5T+bBqhoO
やっほほーい

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:47:03.59 ID:4UQvmWHFO
脈絡もくそもねえwwwwww

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:47:09.92 ID:E0a7haE2O
なwwwにwwwwがwwwwwwww

87 :パトロマ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:47:37.43 ID:Y54Kj55K0

      ヘイ!! ヘイ!! オワタ ガ オクル エロドウジンシ!!
      \    オオオオワターオワオオワオワタ/
^^       ♪\(^o^) ♪
          _  )  > _ キュッキュ♪
        /.◎。/◎。/|
  \(^o^)/.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \(^o^)/
    )  )  .|        |/   ノ ノ
((((  > ̄ > )))) \(^o^)/ ((( <  ̄<  ))))
              )  )
         (((  > ̄ > ))))

\(^o^)/「DJオワタだぜ!久しぶりの人も初めての人も以後よろしくまんちゅ!」

\(^o^)/「今日はなんと特別ゲストを呼んだんだYO!」

\(^o^)/「異世界からの来訪者!人はそれを厨二病と呼ぶだチェケラ!」

\(^o^)/「歩く害虫デスピーチだYO!」

^^殺すぞ

\(^o^)/「っぐ」



ティウンティウン



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:48:38.69 ID:4UQvmWHFO
オワタwwwwwwwwwwww

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:48:39.45 ID:KACYM56zO
終了wwwwwwwww

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:49:04.57 ID:5T+bBqhoO
パトロマー――――!!!!

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:49:34.82 ID:1b8DJCO+0
早すぎるだろwwwwwwwwwwwww

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:49:41.47 ID:vLvFiGxdO
死んだwwwwwwwww


93 :ペドロリ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:51:04.49 ID:Y54Kj55K0
             ヘ(^o^)ヘ 人
                |∧
               /
                     /
  ^^            (^o^)/ 生
               /(  )
             / / >

       (^o^) 三
       (\\ 三 シュッ
       < \ 三

 \
 (/o^) オワタ
 ( /
 / く

\(^o^)/「こんなんで死ぬならDJはできないんだZE!」

\(^o^)/「みんなもそのこと覚えとけYO!」

^^(知らなかった……)

\(^o^)/「それじゃ、投下行くぜベイベカモンチュ!」


\(^o^)/「……と。その前に。この話は『パクリ』というタブーをおかしいるんDA
       だから、本編のイメージを崩したくないという人は見ないでくれYO!」

\(^o^)/「本編の作者サン!ソーロー!いや、ソーリー!」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:52:07.66 ID:IMHzp+/b0
支援

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:52:28.61 ID:UIqrsuccO
支援wwww

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:53:17.80 ID:E0a7haE2O
てーか、名前欄wwwwww

97 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:53:25.36 ID:Y54Kj55K0

 __
(終)
 Y  ( ^o^) 花火オワタ   ^^
 Φ[_ソ__y_lつ          つ
    |_|_| |           |
    し'´J :           :

\(^o^)/「HEY YOU!YOUには家族がいるかい?」

\(^o^)/「俺は残念ながら生まれたときから孤独なんだぜチェケラ!」

\(^o^)/「でも大丈夫!俺にはみんなという家族がいるからNA!」

\(^o^)/「おいおい、そんな黄色い声援飛ばしてもなにもでないんだZE!」

^^うぜぇ

\(^o^)/「おっと!殺される前に話を進めるぜ ready GO!」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:54:11.31 ID:1b8DJCO+0
うぜぇwwwwwwwww

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:54:29.86 ID:UkHP/Pnh0
支援wwww

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:55:29.64 ID:L13Jxz9w0
ピーチの手wwwwwwwwww

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:55:33.16 ID:E0a7haE2O
な……何をはじめる気だ……

102 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:56:35.25 ID:Y54Kj55K0

ある日、ポストに入っていた一通の手紙。
その手紙には、こう書かれていた。

『アルバイター達よ!
 我こそが最強と誇るアルバイター達は来る2月14日VIP国際闘技場に集うべし!
 アルバイト力を奮い、見事優勝した者には1000万ペリカを進呈する!』

アルバイト王になるために参加したこの大会。
目の前には、最強の敵がいる。

ノパ听)「私を倒したいのなら本気を出しな!」








〜戦え!アルバイター達!!   のようです、お客様。



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:56:44.40 ID:vLvFiGxdO
これは期待wwwwwwww

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:57:02.39 ID:LwScXwwM0
あるばいたああああああああああああああ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:57:08.91 ID:IMHzp+/b0
ktkrwwwwwwwwwwwwwww

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:57:16.72 ID:5T+bBqhoO
ペドロリ輝いてるよペドロリ

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:57:25.09 ID:UkHP/Pnh0
うはwwwww

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:57:30.80 ID:E0a7haE2O
うわああああああああwwwwwwww

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:57:32.06 ID:UIqrsuccO
アルバイターwwww

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:57:50.03 ID:4UQvmWHFO
フリーダム過ぐるwwwwwwwwww

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 21:58:13.57 ID:5T+bBqhoO
月願www

112 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 21:58:46.08 ID:Y54Kj55K0

ノパ听)「弱肉強食―――店長!そろそろ店じまいの準備しても良いですかー!?」

(メ^ω^)「っぐ!!」

彼女は和食レストランで働いているアルバイターだ。
もちろん、それにちなんだ攻撃を次々に繰り出してくる。
圧倒的な力の差に、僕はただただ呆然とすることしかできなかった。

いまも彼女から放たれた精神攻撃に、僕の心身はずたずたになっていた。

ノパ听)「ふん!そんなものなのかブーン!」

まるで勝ったといわんばかりにふんぞりかえっているヒート。
それも無理はなかった。僕の攻撃は見事に空を斬っているからだ。
このままでは負けてしまう。

敗北という字が、頭の中を何度も過ぎっていた。



113 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:00:22.91 ID:Y54Kj55K0

( ´ω`)(僕はもう、駄目なのかお?)

勝利を諦めたものには敗北しかない。
僕自身、パーセンテージで表示すると80くらい諦めていた。

///「ア…バイ…力を………と…社…に……る」

( ´ω`)(………お?)

どこからか聞こえてきた、謎の声。
最初はノイズが混じっていたが、次第に鮮明に聞こえてきた。

从 ゚∀从「アルバイト力を蓄えると正社員になれる」

それは、高岡石油を経営している高岡社長の声だった。
そうだ、僕は正社員になるためにアルバイト王を目指したんだ……。

あぁ正社員。なんて魅力的な言葉なのだろうか。
7年も働いているが未だになれない正社員。
その正社員になるために、僕はこんなところで負けるわけにはいかない!

( `ω´)「いくおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

眠れる獅子が、いま目を覚ました。


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:01:39.55 ID:E0a7haE2O
こいつ……できる!

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:01:57.40 ID:1b8DJCO+0
死屍ktkr

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:02:14.10 ID:UkHP/Pnh0
よく考えたらオワタのシーンとアルバイター関係ねぇwwwww

117 :バトロリ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:02:24.91 ID:Y54Kj55K0

効かない攻撃なら、効く攻撃をすればいい話。
僕は即座に社会の窓を開いた。

ノハ;゚听)「な、なにをしている貴様あああぁぁ!」

彼女が驚くのも無理はない。
そのまま流れるようにパンツも脱ぎ、僕の眠れる獅子がゆっくりと立ち上がる。

( `ω´)「童貞卒業―――申し訳ありません、お客様」

( `ω´)「100ペリカ未満の給油はお断りさせて頂いておりますお!」

彼女の服を剥ぎ、裸体を露にする。
観客席が心なしか盛り上がった気がした。

ノハ;゚听)「な、なにをするん……」

( `ω´)「なので1000ぺリカぶんの給油をさせてもらいますお!」

ノハ///)「なっ……」

まだ濡れていない蜜壷に、無理やり股間の給油ノズルを捻じ込む。

ノハ///)「い、痛っ……。もっと優しく……」

甘い吐息とともに、掻き消されそうなくらい薄い声が聞こえてきた。
だが敵に情けをかけることはできないのだ!


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:03:16.99 ID:1b8DJCO+0
色エロじゃねwwwwwwwwwwwwww

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:03:37.64 ID:TJ35w2nG0
なんというwww

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:04:39.34 ID:FRmFLy0uO
てめえwwww

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:04:43.93 ID:5T+bBqhoO
意www味wwwがwww

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:04:58.01 ID:UIqrsuccO
期待wwwwwwww

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:04:59.24 ID:UkHP/Pnh0
早いwwww

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:05:45.35 ID:KACYM56zO
前戯はwwwwww

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:05:51.61 ID:vLvFiGxdO
エロかよwwwwwwwww

126 :バト口フ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:06:24.38 ID:Y54Kj55K0

( `ω´)「高速腰振―――補欠満タンですか、お客様」

ノハ///)「ふぁぁぁぁぁぁぁっ」

腰を振るたびにでてくる甘い蜜。
淡いピンクの乳首を弄びながら優しく口付けをする。
どうやらヒートは僕の服を握りながら喘ぐことしかできないようだ。

ノハ///)「うっくぅぅぅうぅぅ……!!」

肩までかかった髪は無造作に振り乱れている。
両手で覆われた顔は、どうやら紅潮しているみたいだった。

( `ω´)「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

ノハ///)「き、気持ちいぃ……!」

彼女の股間からは、溢れるように恥汁が垂れていた。
いやらしく、とろけるように落ちる雫。



127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:07:29.13 ID:5T+bBqhoO
パトレイバー自由だなwww

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:07:31.05 ID:UkHP/Pnh0
この速さなら言える
バトロワは間違いなく童貞

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:08:00.87 ID:vLvFiGxdO
ワッフルワッフル

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:08:14.24 ID:KACYM56zO
自重wwwwwwwww

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:09:33.01 ID:1b8DJCO+0
ワッフルwwwwwwwwww

132 :パトロン ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:09:33.95 ID:Y54Kj55K0

狂うように腰を打ち付ける自分。
狂うように蜜を垂らすヒート。

ノハ///)「ふぁぁぁぁ!」

相変わらずヒートは顔を隠している。
せっかく可愛い顔をしているのに勿体無い。

その顔を見るために、両腕を優しく振りほどく。

ノハ///)「やぁぁぁぁ!」

彼女の膣内が、小さく、次第に大きく波打っていく。
どうやら絶頂が近いようだ。
僕も最後の力を振り絞り、腰を激しく動かす。

( `ω´)「いくおおおおおおおおおお!!」

ノハ///)「あぁぁぁぁあぁぁぁっぁぁ……!!!」



133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:09:55.37 ID:E0a7haE2O
>>128
しーっ!

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:10:28.35 ID:ZjeFxBXrO
わっふるわっふるwwwww

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:10:28.54 ID:5T+bBqhoO
もぅ……えっち////

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:11:20.82 ID:UkHP/Pnh0
支援wwww

137 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:12:13.41 ID:Y54Kj55K0

( `ω´)「九連宝灯―――満タンですか、お客様」





僕たちは、絶頂に達した。
顔が紅く染まった彼女は、抱きしめたいくらい可愛かった。




――――


――





138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:12:59.21 ID:UIqrsuccO
エロもう終りかwwww

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:13:36.05 ID:ZjeFxBXrO
支援

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:14:03.73 ID:KACYM56zO
中出しwwwwwwwww

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:14:13.96 ID:hbDrsja+O
名前統一しろwwww

142 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:14:29.98 ID:Y54Kj55K0

――楽屋裏


\(^o^)/「今日も俺のビートをみんなに届けたZE!」

^^俺にはお前のビートが届かなかったけどな

\(^o^)/「ツンデレ乙」

^^むかっ

\(^o^)/「ごめす」

^^しかしオワタよ
お前はこんなことをやって楽しいのか?

\(^o^)/「急にどうしたんだYO!」

^^あんなピーピー騒ぐ雌豚どもを相手にして
楽しいのかと聞いているんだ



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:14:43.49 ID:1b8DJCO+0
楽屋裏wwwwwwww

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:15:45.69 ID:E0a7haE2O
やりたい放題だなババロアwww

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:16:06.86 ID:TJ35w2nG0
自由すぐるwww

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:16:10.55 ID:IMHzp+/b0
何という童貞
支援

147 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:17:02.03 ID:Y54Kj55K0

\(^o^)/「俺はみんなに、幸せになって欲しいんだYO!」

^^幸せ、か

\(^o^)/「そうだZE!みんなが幸せになって、俺も幸せになることほどいいことはないんだYO!」

^^なるほどな

\(^o^)/「小さいころから一人だった俺に、元気をくれたみんなには恩返しをしなくちゃNA!」

^^オワタよ
お前は立派な男だNA

\(///)/「て、照れるじゃないかYO!」


\(;^o^)/「……ッ!!」

^^どうした

\(;^o^)/「デスピーチ……君の身体が透けてきてRU……」


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:18:01.43 ID:E0a7haE2O
何この微妙にいい話

149 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/02(火) 22:18:03.95 ID:vLvFiGxdO
やはり童貞にセックス描写はきつかったか…

軽く抜いたけどさ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:18:13.44 ID:UIqrsuccO
しえーん

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:18:44.60 ID:2FfMz852O
オナニー支援

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:19:12.25 ID:+KHDQY5iO
遅延

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:19:33.12 ID:4UQvmWHFO
たろおは俺の婿
支援

154 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:19:35.79 ID:Y54Kj55K0

^^この世界の
強さを見つけれたってことか

\(;^o^)/「な、なにを言ってるんだチェケラッチョ……」

^^オワタ
俺は決して厨二病ではない
本当にこの世界の住民ではないんだ

\(;^o^)/「………GOKURI」

^^俺は
次の世界に行かねばいけないようだな

\(;^o^)/「といううことは、もう君には会えないってことになるのかメーン」

^^おそろく
そうだろうな

\(;^o^)/「………」




\(;o;)/「いやだYO!!!!!!!!!」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:19:44.25 ID:KACYM56zO
>>149ちょww
支援

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:20:41.70 ID:E0a7haE2O
いやだYO!!!

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:20:48.59 ID:UkHP/Pnh0
たろおwwwww

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:21:00.13 ID:5T+bBqhoO
俺はお前が童貞でも好きだぜバビロニア

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:21:26.42 ID:goX4hmpz0
ディスっちゃいなメーン

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:22:09.98 ID:IMHzp+/b0
たろおまだ寝るなよ支援

161 :おっぱっぴー☆ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:22:11.55 ID:Y54Kj55K0

^^オワタわかってくれ
俺も別れは寂しいんだ

\(;o;)/「うぇっく……だって…せっかく友達になれたと思ったのNI……」

^^俺たちは友達、だろ?
離れていてもそれは変わらない

\(;o;)/「デスピーチ……」













\(^o^)/「ならば友達として最後に言葉を送るんだオワタ!!」



162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:22:24.53 ID:vLvFiGxdO
いやだYOで泣いたのは内緒

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:22:28.68 ID:aTiv2c0D0
たろおの言う事など気にするな
バルチモア

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:23:32.21 ID:KACYM56zO
よしおwwwww

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:23:42.81 ID:E0a7haE2O
元気の出る呪文wwwww

166 :パトローナム ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:24:36.44 ID:Y54Kj55K0

                 / ̄\
                | ^o^ | 
                \_/
                / 丶'  ヽ:::::   デスピーチ……。
               / ヽ    / /::::   君と一緒にいた時間、最高に楽しかった。
              / /へ ヘ/ /:::::   事があれば斬られ、何度も死線をくぐってきたけどな。
              / \ ヾミ  /|:::    でも、そんなスリリングな毎日が楽しかったんだぜ。
             (__/| \___ノ/:::::::   家に帰れば一人だった俺に、お前という家族が加わってくれて。
                /    /::::::::   これからも俺はDJ道を歩き続けるだろう。決して、止まりはしない。
                / y   ):::    だからお前も、自分の道を前だけ見て進み続けるんだ。過去を糧にしてな。
               / /  /::::     道を見失っても、想えば必ず見つけられる。
             /  /::::        俺はお前の生きる道を応援しているぜ。
            /  /:::::        
          (  く::::::::           ……おっと、もう残りの時間も少なくなってきたようだな。
           |\  ヽ:::::          最後に言いたいことがあったんだ。
            |  .|\ \ :::::        デスピーチ、おまえ俺が楽しみにしていたよっちゃんイカ勝手に食っただろ。
      \    .|  .i::: \ ⌒i::       探しても見つからなくて、ゴミ箱をふと覗いたら食いカスがあったのを見つけたときは
       \   | /::::   ヽ 〈::       さすがの俺の怒り狂ったもんだぜ。まぁ、殺されるのがオチだから言わなかったけど。
          \ | i::::::   (__ノ:       さぁ、お別れの時間だ。
         __ノ  ):::::              「人生はまだオワテない」
         (_,,/\              そう信じて、生きていけ。



167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:25:09.53 ID:3+v+CogY0
たろお・・・好きだぜ?

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:26:19.86 ID:E0a7haE2O
感動した

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:26:30.87 ID:vLvFiGxdO
これはやばいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:26:58.54 ID:UIqrsuccO
よっちゃんいかwwwwwwww

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:27:16.10 ID:UkHP/Pnh0
支援支援

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:27:57.48 ID:QqOhEsrlO
その顔で言われましてもwww

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:28:02.13 ID:IMHzp+/b0
支援

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:28:17.85 ID:HOn5jozr0
何が何だかwwwww

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:28:44.25 ID:WF3cE9YiO
鼻糞ボンバーワンツースリーwwwww
   ∧∧∧
  (回∞回)
  ( ∀ )
   | |
 ( ̄ ̄  ̄ ̄)
 ( 鼻糞  )
 (ボンバー )
 (ワン   )
 ( ツー  )
 (  スリー)
wwwwwwwww


176 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:28:49.28 ID:Y54Kj55K0




      ,' /
     i .l
.    | 、
    、.\ ヽ
      、 \ . ヽ ._
         丶.   ‐  _
           ` ‐ _   ^^(^o^)
                  (ー(,, O┬O
                   ())'J_))
     じゃあな、オワタ


    「頑張れYO、デスピーチ」





――続――




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:31:03.79 ID:vLvFiGxdO
泣ける…

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:31:14.43 ID:1b8DJCO+0
泣け……ねーよwwwwwwwwwwwwww

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:31:38.99 ID:UkHP/Pnh0
デスピーチかわいいなwwww

180 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:31:48.99 ID:Y54Kj55K0

長々と続いている廊下。そこで俺は一人立っていた。

空から降り注ぐ太陽の恩恵。
その暖かい光は、気持ちを陽気にさせた。

窓の外を見ると、青々とした木々が風に煽られ揺れている。
葉と葉が風に吹かれ重なるたびに、音を奏でていた。


その光景を目に焼きつけた俺は、ゆっくりと視線を前に戻す。

自分はいったい、どこに行けばいいのだろうか。
おそらくこの建物のなかに、ブーンに求められたものがきっとあるはず。

ならば、自分の思うとおりに進めばうまくいくのかもしれない。


^^こっちに行ってみるか


自分を鼓舞するように、小さく呟く。
足が目的地に導いてくれているのだろうか、歩みは止まらない。

目の前に現れた扉。
その扉を開けるのに、躊躇なんてものはなかった。


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:31:57.57 ID:E0a7haE2O
後ろの不気味wwwww

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:32:04.26 ID:HOn5jozr0
え・・・?


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:32:05.53 ID:IMHzp+/b0
支援

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:32:36.94 ID:UkHP/Pnh0
支援

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:32:41.89 ID:KACYM56zO
違和感www

186 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:33:20.46 ID:Y54Kj55K0

扉を開けると、心地よい風が頬を撫でた。
この白い部屋の持ち主であろう男は、開けた窓から外を眺めている。

自分が先程まで眺めていた空。
鳥が気持ち良さそうに羽ばたいている。

空を駆け巡る、二匹の鳥。親友なのか、恋人なのか。
恋人なら今すぐたたっ斬ろうとしたのは内緒の話だ。

皿の上に置かれているリンゴは、しばらく時間が経過したのか少しだけ黄ばんでいた。


気持いいねぇ。男はそう呟いたあと、顔をこちらに向ける。
その表情は、穏やかなものだった。


(´・ω・`)「さて、君は誰だ?」


これが、ショボンとの初めての出会いだった。



――( ^ω^)は魔女を狩るようです


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:33:39.98 ID:UkHP/Pnh0
魔女狩りktkr

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:34:11.15 ID:IMHzp+/b0
支援

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:34:19.07 ID:4UQvmWHFO
自重wwwwwwwwwww

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:34:24.17 ID:E0a7haE2O
魔女狩りだとおおおおおおおお

191 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:34:48.63 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「そうか、君は他世界から来たのか」

^^あぁ
探し物を見つけにな


妖刀キビダンゴによって、新しく剥かれたリンゴ。
口に運ぶと甘酸っぱく、清らかな味が舌にひろがる。


(´・ω・`)「探し物か。見つかるといいね」

^^ああ


リンゴが無くなった皿の上に、爪楊枝を置く。
ふとショボンの顔を見ると、なぜか口元が緩んでいた。


^^どうした

(´・ω・`)「やはり、人生はおもしろいと思って」


まるで子供のように笑っているショボン。
不思議と、心が和んだ。


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:34:59.83 ID:UkHP/Pnh0
これが本当の魔女借りですね^^

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:35:07.68 ID:IMHzp+/b0
支援

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:35:08.02 ID:QqOhEsrlO
魔女狩りwwwww

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:35:17.05 ID:1b8DJCO+0
刀でリンゴ切るなwwwww

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:35:28.59 ID:KACYM56zO
mjskwwwww

197 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:36:26.94 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「君は、僕のヒーローなのかもしれないね」

^^俺はヒーローなん
て柄ではない

(´・ω・`)「それを決めるのは僕自身さ。君に拒否権はないよ」


また、この笑顔だ。悪戯っ子のように、ニヤニヤと笑う。
どうやら彼は俺をからかうのが好きなようだ。

なにを言っても無駄だろう。
そう感じた俺は、小さくため息をつくのであった。


^^勝手にしろ

(´・ω・`)「そうさせてもらうよ」


起こしていた上半身を、横に寝かせる。
顔は、窓の外に向いていた。


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:36:27.23 ID:E0a7haE2O
そういやペペロン、魔女狩り好きだったっけ……

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:37:00.63 ID:IMHzp+/b0
支援

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:37:28.10 ID:UkHP/Pnh0
支援

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:37:31.92 ID:5T+bBqhoO
クオリティの増加!!

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:38:31.30 ID:aTiv2c0D0
マカロンやりたい放題だな

203 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:38:33.82 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「人間は、どこまでいけば満足するのだろうか」


タオルケットを肩まで覆ったショボンは、ぽつりと呟く。
カーテンは風に吹かれ、ぱたぱたと揺れている。


そんな彼の様子とは裏腹に、俺は考えていた。


その問いに答えはあるのだろうか。
そもそも、何故そんな質問をしたのだろうか。


いつまで経ってもでない答え。
退屈そうに寝転がる男。

そんな時間が数秒過ぎたとき、扉が開いた。


川 ゚ -゚)「ショボンさん、窓を開けていたら身体が冷えます」


そこにいたのは、髪の長い綺麗な女性だった。



204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:39:01.89 ID:KACYM56zO
支援

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:39:32.71 ID:IMHzp+/b0
支援

206 :マカロン ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:41:00.85 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「クーか」


クーと呼ばれた女性を見ると、ショボンは再びタオルケットのなかに身を包みこんだ。

彼女は窓を閉めたあと、椅子に腰を下ろす。
長い髪が、少しだけ揺れた。


川 ゚ -゚)「ショボンさん、こちらの方は?」

(´・ω・`)「彼の名はデスピーチ。僕の知り合いさ」

川 ゚ -゚)「ショボンさんに知り合いがいたなんて初耳です」


ショボンは空を見上げながら、気だるそうに頭を掻く。

彼の目にはなにが映っているのだろうか。
少しだけ、気になった。


(´・ω・`)「クー、僕にだって知り合いくらいいるさ」

川 ゚ -゚)「それはすみませんでした」


ぺこり、と小さく頭を下げる。
いやいや、いいよ。という声が虚しく部屋に響いた。

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:41:01.07 ID:vLvFiGxdO
支援だメーン

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:41:07.26 ID:HOn5jozr0
自重wwwww

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:41:21.05 ID:UkHP/Pnh0
支援

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:41:27.17 ID:IMHzp+/b0
支援

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:41:51.63 ID:UIqrsuccO
支援

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:42:34.38 ID:HOn5jozr0
支援

213 :あだ名募集 ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:43:44.61 ID:Y54Kj55K0

川 ゚ -゚)「ショボンさんも大分、身体が動けるようになりましたね」


指を開き、握る。単純な運動を繰り返すショボン。
見てる感じだと、まだまだたどたどしいが、不自由なく動かせていた。

強く、自分の拳を握る。


(´・ω・`)「そうだね。リハビリもしてみるもんだ」

川 ゚ -゚)「あれだけ嫌がっていたのに……やけに肯定的になりましたね」

(´・ω・`)「生きているのもおもしろい。そう思っただけだよ」


気づくと、ショボンは俺の事を見ていた。

彼にとって、俺は一体なんなのだろうか。
本当にヒーローだと思っているようで、なんだか恐かった。


……







214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:44:00.93 ID:5T+bBqhoO
バトロリ可愛いよバトロリ

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:44:30.52 ID:1b8DJCO+0
募集すんなwwwwwwwwwwwwwww

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:44:37.33 ID:UkHP/Pnh0
あだ名:童帝
これでおk

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:44:44.09 ID:HOn5jozr0
ポポロンは俺の嫁

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:44:50.70 ID:IMHzp+/b0
支援

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:45:15.81 ID:QqOhEsrlO
ネタギレっすかwww

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:45:32.05 ID:E0a7haE2O
ああ……いい空気だ……
魔女狩りいいぜ……

221 :バトロリ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:45:36.91 ID:Y54Kj55K0

もう、辺りは暗くなっていた。

太陽は落ち、月が昇る。
弧を描いた、綺麗な三日月だ。


川 ゚ -゚)「もうこんな時間か」


彼女は腕時計を覗く。
短針は7を指している。面会時間は当に過ぎていた。


広げた資料とパソコンを鞄に詰め込む彼女。
試供品のラベルが貼られていない栄養ドリンクは、そのまま台に置かれていた。

座っていた椅子を片し、部屋を出ようとしたとき。
不意に後ろから声が掛けられる。


(´・ω・`)「明日も、来るよね?」


あぁ、と短く告げ、彼女と共に部屋を出る。
廊下は嫌なくらい静かだった。



222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:46:15.08 ID:UkHP/Pnh0
支援

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:46:36.40 ID:E0a7haE2O
ロリと認めよった!!

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:47:16.73 ID:IMHzp+/b0
ロリ童貞支援

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:47:18.32 ID:vLvFiGxdO
ゲルババ頑張って!!!

226 :童帝 ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:47:55.10 ID:Y54Kj55K0

街灯に照らされた、病院の近くにある公園。
そこに俺たちはいた。

公園には三人の人間がおり、ベンチに座っている男がやたらと俺を見ている。
奴は危険だ。長年培われた戦闘本能がそれを伝えていた。

ツナギの男の視線から逸らそうとしたとき、彼女が話しかけてきた。


川 ゚ -゚)「君は誰なんだ?私が知る限り、あの人には知人がいない。
     あのとき、魔女と戦ったメンバー以外は」

^^ふん
そんなことで俺を呼びつけたのか


綺麗な顔立ちをしているのに、まったく表情を崩さない。

なにが彼女を縛り付けているのだろうか。
そのせいでこんなにも無機質な顔をしているのだろうか。

鷹のような眼光が、俺を睨みつけている。


^^俺はこの世界の人間ではない


身を突き刺すような冷たい風が、この場を流れた。


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:49:24.05 ID:4UQvmWHFO
パパドプロス頑張れ!

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:49:29.47 ID:UkHP/Pnh0
いい男wwwww

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:49:50.13 ID:E0a7haE2O
童貞より先に、処女を奪ってやるよ支援

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:50:06.52 ID:UIqrsuccO
支援

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:50:42.31 ID:IMHzp+/b0
支援

232 :ポポロン ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:50:52.24 ID:Y54Kj55K0

川 ゚ -゚)「なにを言っている……?」

^^言葉の通りだ
探し物があってこの世界に来たんだ

川 ゚ -゚)「………」

^^もっとも
ショボンはそのことを信じてくれたがな


まるで見定めるように、彼女はじっと俺のことを見据えていた。

永遠とも刹那とも思えるようなその時間。
ふと、彼女は微笑んだ。


川 ゚ ー゚)「ショボンさんが信じるのなら、私も信じよう」

^^あんがと



233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:52:16.83 ID:IMHzp+/b0
支援

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:52:29.43 ID:UkHP/Pnh0
支援

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:52:33.21 ID:UIqrsuccO
あんがとwwwwwwww

236 :ゲルババ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:53:41.20 ID:Y54Kj55K0

おそらく、彼女は自分でも笑ったのに気づいていないだろう。
それくらいの小さな笑みであった。

気兼ねなく笑いかけてくれるその日まで、俺はその微笑を胸のうちにしまうことにした。


川 ゚ -゚)「ところで、異世界からの来訪者さんは寝床があるのか?」

^^ない

川 ゚ -゚)「しょうがない奴だ」


小さく手招きをするクーに、俺はついていく。
公園に、ツナギの男を残して。


阿部さん「やらないか?」



237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:54:18.91 ID:UkHP/Pnh0
支援支援

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:54:28.51 ID:IMHzp+/b0
支援

239 :パパドプロス ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:54:53.03 ID:Y54Kj55K0

  デスピーチ……ここだ……

                   そうだ……

     もっと優しく……
              あっ……


 ゆ、ゆっくり……            あんっ……

          はぁ……はぁ……


   っく……       
                   いっちゃう……

   あぁ……
          気持ちよかったぞ……


                   です……ぴーち……



240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:55:09.36 ID:UkHP/Pnh0
童貞が頑張りますね^^

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:55:32.09 ID:E0a7haE2O
ちょwwwww

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:56:13.55 ID:UIqrsuccO
フリーダムすぎるwwwwwwww

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:56:15.61 ID:UkHP/Pnh0
支援

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:56:17.19 ID:3RYR3adcO
ヒーロー何やってるのwwww

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:56:32.31 ID:+KHDQY5iO
ババ専www

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:56:42.79 ID:IMHzp+/b0
童貞だが処女ではないのかもな
支援

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:57:20.60 ID:4UQvmWHFO
使ってくれたwwwwwプスタポンテありがとうwwwwwww

248 :ババ専 ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:57:37.34 ID:Y54Kj55K0

となるはずもなく、今日も俺は病院に来ていた。

扉の先にいるショボンは、今も俺のことをまだかまだかと待っているだろう。
ふふ、可愛いやつめ。いま行くからな。


^^ノおいすー

(´・ω・`)「ん?……あぁデスピーチか。忘れていたよ」

;;

(´・ω・`)「泣くなよ……」


心底迷惑そうな顔しながら、ショボンは読んでいた本を横に置く。
古ぼけた本。手垢にまみれ、色褪せた表紙が年季を感じさせた。

ベッドの横に備わっている椅子を出し、腰を下ろす。


(´・ω・`)「君はまるで、本の世界から出てきたみたいだ」


何か確信めいたものがあるのだろうか、やけに強い口調だ。


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:58:03.47 ID:IMHzp+/b0
支援

250 :プスタポンテ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 22:59:49.17 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「僕は、君がいた世界のことを聞いてみたい」

^^俺の世界か

(´・ω・`)「事実は小説より奇なり。まさにこのことだ」

^^ふん
まぁいいか


そこから俺は、自分の世界のことを話した。

父親の桃たろおのこと。鬼神退治に出かけたこと。
犬と猿に裏切られ、雉が殺されたこと。犬と猿を殺したこと。
鬼神のトップは実はババァだったこと。

こうして話せば、たくさんの出来事が起きたものだ。
語りながら、俺は感傷に浸っていた。


(´・ω・`)「それはもしかして、桃太郎の世界じゃないか?」

^^桃太郎?
俺の父の名は桃たろおだが


ショボンは小さく頷き、引き出しからひとつの本を取り出し俺に渡す

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 22:59:49.53 ID:UkHP/Pnh0
頑張れたろお!

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:00:22.73 ID:LwScXwwM0
私怨

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:00:40.48 ID:IMHzp+/b0
たろおはもう寝たのか?
支援

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:00:47.98 ID:vLvFiGxdO
支援

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:00:57.96 ID:UIqrsuccO
支援

256 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:02:32.65 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「この世界にある、おとぎ話のひとつさ。君の世界に似ていると思ってね」


渡された本を、一枚ずつ丁寧に捲っていく。
色採られた可愛らしいキャラクターが物語を進め、鬼を倒す。
たしかに、似ていた。


^^肝心の俺がいないが
要所要所は似て
いるな

(´・ω・`)「不思議なものだ。他世界の物語がこの世界で本になっているなんて」


なにやら関心深く、本を見つめていた。

頭がいい彼のことだ。
きっとなにか考えているのだろう。

窓の外を見ると、空が朱色に変わっている。
もうそろそろ帰る時間だ。


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:02:35.96 ID:UkHP/Pnh0
もしや今あだ名に迷ってるのかwwwww

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:03:22.26 ID:vLvFiGxdO
たろおはギンギンに起きてるさ!!

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:03:24.81 ID:IMHzp+/b0
支援

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:04:10.85 ID:E0a7haE2O
ペロペロキャンディー!

261 :ババンババンバンバンハービバノンノ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:04:47.08 ID:Y54Kj55K0

^^ショボン
そろそろ帰るわ

(´・ω・`)「もう帰るのかい?」

^^ああ
門限が近づいているのでね

(´・ω・`)「……門…限………?」


椅子を片付け、扉を開ける。
別れの挨拶をしようと振り向いたとき、先に声を掛けられた。
妙に重苦しく、かつ真剣な顔をしながら、ショボンは口を開けた。


(´・ω・`)「昨日の質問の答え、待ってるよ」

^^あぁ


完全に言いそびれてしまった。
タイミングを逃した俺は、そのまま静かに扉を閉めた。


262 :ペロペロキャンディー! ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:06:31.26 ID:Y54Kj55K0

川 ゚ -゚)「遅いぞ。とっくに門限は過ぎている」

^^悪い悪い


草履を綺麗に並べる。
昨日乱暴に脱ぎ散らかしたらクーに右こぶしを食らわせられたからだ。
ショボンの苦労が身に染みてわかったような気がした。


川 ゚ -゚)「なんか言ったか?」

^^なんも


居間に向かう。
この世界の三種の神器といわれるテレビを見ようとするが、目の前に彼女が立ちはだかる。
うぜぇ。


川 ゚ -゚)「手を洗え」


まるでカーチャンだ。
やれやれ、先が思いやられるぜ。



263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:07:34.49 ID:UIqrsuccO
支援

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:07:49.13 ID:KACYM56zO
支援

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:07:54.81 ID:UkHP/Pnh0
頑張れ腐れマンコ虫!

266 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:08:32.92 ID:Y54Kj55K0

それからしばらく時間が過ぎ、食事の時間になった。

器用になんでも作る彼女は、カルボナーラというものをつくっていた。
香ばしい匂いが鼻に入り、食欲を注ぐ。


川 ゚ -゚)「待たせたな」


皿に丁寧に盛り付けられたそれを見て、まるで料理人のようだと思った。
あたたかい湯気が部屋を包みこんだ。


^^いただきます

川 ゚ -゚)「いただきます」


両手を合わせ、小さく頭を下げる。これがこの世界のマナーらしい。
飯が目の前に在ればがっつく俺にとって、このマナーの意味がよくわからなかった。



267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:08:33.72 ID:E0a7haE2O
したらばを見るんだペペロン
おまえのあだ名はまだまだあるぞ

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:08:34.30 ID:19qmSCbkO
名www前www欄wwwwww

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:09:04.13 ID:HOn5jozr0
頑張れ!! 神奈川県在住ギアス大好きっ子!!

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:09:21.30 ID:aTiv2c0D0
エビアン支援

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:09:43.84 ID:IMHzp+/b0
支援

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:10:23.65 ID:KACYM56zO
ハロウィン支援

273 :ペペロン ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:10:49.91 ID:Y54Kj55K0

^^うめぇー

川 ゚ ー゚)「そりゃ良かった」


昨日に比べ、笑顔をみせる回数が比較的増えてきた。
大分俺に心を開いたということなのだろうか。

それはそれで嬉しいが、いつも天涯孤独の身だった俺にはそれがなんだかくすぐったかった。


^^むしゃむしゃ


礼儀作法を無視する俺の額に、フォークを刺す彼女。
それはマナー違反ではないのか?と思いながら流れ出る血を拭く。


^^いてぇーよ

川 ゚ -゚)「君が悪い」


再びフォークを動かす。

優雅、といえばいいのだろうか。なにをするにも様になっているクー。
食事をしている姿も、見とれてしまうくらい美しかった。



274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:11:25.46 ID:UkHP/Pnh0
支援

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:11:40.61 ID:IMHzp+/b0
支援

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:11:58.70 ID:vLvFiGxdO
支援

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:12:38.27 ID:UIqrsuccO
支援

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:12:49.62 ID:4UQvmWHFO
パー子支援

279 :神奈川県在住ギアス大好きっ子 ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:13:14.90 ID:Y54Kj55K0
川 ゚ -゚)「ショボンさんはどうだった?」

^^元気だったぞ

川 ゚ -゚)「……そうか」


元気なく、もくもくと食べる彼女。明らかに先程と様子が違っていた。
不機嫌……いや、その表情は不安という言葉が一番合っていた。


^^どうしたんだ

川 - )「私は……私はショボンさんに必要とされているのだろうか…?」

^^なぜそう思う

川 - )「ショボンさんは……いまだ私に心を開いていないからだ…」

^^お前はショボンに必要とされている
気にすることは
ない

川 - )「ならッ!!」


突然、拳をテーブルに叩きつける。皿の上に乗ったフォークが、からからと揺れた。


川 ; -;)「なら……なぜショボンさんは私に笑顔を見せてくれない…」

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:13:46.84 ID:UkHP/Pnh0
ガンガレwwwww

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:14:27.00 ID:KACYM56zO
告白wwwwwwwww

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:14:34.94 ID:IMHzp+/b0
支援

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:14:45.17 ID:E0a7haE2O
な……ギアス大好き……だと……!?

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:14:49.94 ID:vLvFiGxdO
( ゜ω゜)ギアス!!

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:14:52.11 ID:UIqrsuccO
名前欄で集中できないのは俺だけでいい

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:15:19.12 ID:UkHP/Pnh0
支援

287 :エビアン ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:15:30.08 ID:Y54Kj55K0

彼女の頬から、雫が零れ落ちる。

初めてみる、クーの泣き顔。
気丈を装っていた彼女の声は、わずかに震えていた。


^^お前はショボンのことが
好きなのか

川 ; -;)「……わからないんだ」

^^なぜだ
自分の気持ちくらいわかるだろう

川 ; -;)「私は…私は……」


くらだない女だ。自分の気持ちを隠し続け、自分を傷つけるなんて。
自分の想いをちゃんと打ち明ければいいのだ。

相変わらず女々しく泣いているクーの横に座る。


^^お前はいつまで亡霊に付き纏われる気だ

川 ; -;)「……なに…?」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:15:45.40 ID:IMHzp+/b0
支援

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:15:47.88 ID:1b8DJCO+0
( //ω//)

290 :ハロウィン ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:17:11.79 ID:Y54Kj55K0

^^ショボンから聞いた
過去の戦いのことを
魔女のことを

川 ; -;)「……ショボンさんが?」

^^あぁ
ジョルジュという男のこともだ


魔女を倒すためにつくられた組織、討伐隊。
その討伐隊で、クーと共に魔女と戦ったジョルジュ。

彼は魔女との戦いのさいに、命を散らしてしまう。
他でもなく、彼女たちを護るために。

クーは、そいつのことを未だに忘れられないのだ。


^^ジョルジュはお前を苦しめるために死んだのではない
それくらいわかれ

川 ; -;)「貴様になにがわかるッ!?」


頬に、痛みが伝わる。
叩かれたのに気づいたのは少々時間がかかってしまった。


291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:17:20.52 ID:KACYM56zO
ハローキティ支援

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:17:24.02 ID:L13Jxz9w0
sien

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:17:41.12 ID:IMHzp+/b0
支援

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:17:47.10 ID:UkHP/Pnh0
ししししっ支援

295 :( ゜ω゜)ギアス!! ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:19:12.90 ID:Y54Kj55K0

川 ; -;)「貴様に……なにがわかるんだ………」

^^わからねぇよ
わからねぇから言ってるんだ

川 ; -;)「……?」

^^お前はジョルジュという男の背中しか見なかったのか?
違うだろ。ジョルジュの生き様を、心をその眼で見たんだろ?

川 ; -;)「デスピーチ……」

^^お前はそのことを
忘れずに自分の幸せを願うんだ


クーの瞳が、乾いていく。
涙を拭ったあとの彼女は、いつもの凛とした表情になっていた。


川 ゚ -゚)「ありがとう、デスピーチ。少し考えさせてくれ」


食器を片付け、クーは自分の部屋へ戻る。

それから数日間、俺はショボンのところへ行かなかった。
それは、彼女も同様だった。


296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:19:39.97 ID:IMHzp+/b0
支援

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:19:55.61 ID:UkHP/Pnh0
名前欄wwwww

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:20:33.46 ID:E0a7haE2O
ジョルジュ好きだったなあ……

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:20:37.62 ID:1b8DJCO+0
( ゜ω゜)

300 :ハローキティ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:21:08.69 ID:Y54Kj55K0

この世界に来て、幾日が経った。

初夏が訪れたようで、蝉たちが音楽を奏でている。
額から流れる汗を拭きながらテレビを見ていたとき、扉が開く。

玄関には、仕事に行っていたはずのクーが立っていた。


^^どうした

川 ゚ -゚)「私は、私は決意したよ」

^^そうか

川 ゚ ー゚)「あぁ。一緒に来るかい?」


それは、今まで見たなかで一番良い笑顔だった。

優しく微笑み、車のキーを指先でまわす彼女。
そのあとを、俺はついていくことにした。


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:21:25.75 ID:UkHP/Pnh0
支援

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:21:59.20 ID:IMHzp+/b0
支援

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:22:06.60 ID:aTiv2c0D0
支援
バンバンビガロ頑張れ

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:22:25.45 ID:HOn5jozr0
もしお前が真の勇者なら・・・名前欄に

植物? けちょんけちょんにしてやるよ

と書き込むことも出来る筈

305 :バンバンビガロ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:23:13.51 ID:Y54Kj55K0
この世界の技術は凄まじい勢いで進んでいるようだ。

この車というものも俺の世界にはなかったものだ。
人間には出せないスピードを出し、目的地にたどり着ける便利な乗り物。
だが、俺にとっては素晴らしいの一言に尽きるこの乗り物も、これから更なる進化を遂げるだろう。

人間とは欲望深き生き物だ。自分たちの利便性を掲げ、決して妥協しない貪欲な生き物だ。
だからこそ、いまのこの世界があるんだろう。貧しいという言葉が見つからないこの世界。
全て、上を目指したものだけが成す得るこの偉業。感服することしかできない。


――――人間は、どこまでいけば満足するのだろうか。


そんなことを考えていたら、ふとショボンの質問が脳裏に浮かぶ。
もう、俺の答えは出ている。この答えを、お前に届ける。


窓の外は、流れるように景色が変化していく。
まるでいまのこの世界のように。


川 ゚ -゚)「ついたぞ」


車を止め、ショボンの病室へ急ぐ。

目の前の扉を開けるのに、彼女に躊躇なんてものはなかった。
あのときの俺のように。


306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:23:20.27 ID:E0a7haE2O
>>304
!!!!!

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:23:35.11 ID:IMHzp+/b0
支援

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:24:21.18 ID:UkHP/Pnh0
支援

309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:24:42.99 ID:vLvFiGxdO
支援

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:25:08.84 ID:KACYM56zO
支援

311 :植物? けちょんけちょんにしてやるよ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:25:32.82 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「どうしたんだい?それにデスピーチも」


目を丸くしながら、読んでいた本を横に置く。

そんなショボンを無視し、クーはベッドに座り話し出す。
クーの心には、迷いなんてものはなかった。


川 ゚ -゚)「ショボンさん、私はこれからもあなたの手助けをするつもりです。
     あなたが一人で『歩ける』ようになるまで、ずっと」


少し驚いた素振りを見せるショボン。しかし、すぐに表情を元に戻した。


(´・ω・`)「やはり、僕を死なせるつもりはないんだね?」

川 ゚ -゚)「自分の足で歩けるように、前に進めるようになるまで……。
     私はあなたを見守ります」


小さく、ショボンはそうかと呟いた。
それは否定的なものではなく、肯定的なもの。

ゆっくりと、顔を俺に向ける。


312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:25:57.28 ID:UkHP/Pnh0
やりやがったwwwwwwww

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:26:05.10 ID:aTiv2c0D0
やりやがった

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:26:08.40 ID:IMHzp+/b0
>>311
>>311
>>311

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:26:29.59 ID:vE9X11me0
次は
料理人? 中出ししてやんよ
でお願いします

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:26:30.16 ID:L13Jxz9w0
やりやがったwwww

317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:26:39.28 ID:UIqrsuccO
うはwwwwwwww

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:26:53.32 ID:E0a7haE2O
おまえ……あとでどうなっても知らないぞ……

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:26:55.29 ID:vLvFiGxdO
ばかめwwwwwwwwwwwwwww

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:27:24.78 ID:KACYM56zO
ちょwwwwww

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:27:27.67 ID:3+v+CogY0
感動すればいのか笑えばいいのかわかんない><

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:27:31.70 ID:vbcl2w/jO
朝に引き続きDQNの集会場発見wwwこれは酷いwww
単車(笑)実名(笑)トピックス(笑)ヤリマン(爆)噂(核爆)ヤンキー(大爆笑)こいつら成人(水爆)
http://www.bakusai.com/bbs/i/bbs/list.php?id=kagoshima-rap
暇なら・・・とにかくスレ乱立→ページ埋葬援護頼む!!グチャグチャ・火炎マニアいってこい
また一からのスタートだが全ページ制覇が目標!!!!(乱立しまくってくれ)
それマジで言ったから2ちゃんねら総力をあげて潰してくれ!!!

323 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:27:46.75 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「デスピーチ。質問の答えはでたかい?
       長らく待たせたのだから、それなりの答えは出してくれよ」

^^ああ
そのつもりだ


――人間は、どこまで進めば満足するのだろうか


ショボンは俺に会った日、そう質問した。
そのときの彼の顔は、悲愴感溢れる顔をしていた。

だがいまは違う。
心のつかえが取れたような、清々しい顔をしている。

彼は、長年迷っていた答えをやっと導き出したのだ。
その答えが合っているかどうか、答え合わせをしようとしているのだ。


ショボン、これが俺の答えだ。
念じるように心の中で呟き、ショボンの顔を見据える。



324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:28:02.05 ID:IMHzp+/b0
支援

325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:28:18.77 ID:QqOhEsrlO
お前らwwww本文読めwwwwwwww

326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:29:04.24 ID:UIqrsuccO
支援

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:29:25.63 ID:aTiv2c0D0
支援
満足するな
マジギレするんだ

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:29:44.84 ID:KACYM56zO
バトロリ\(^O^)/オワタ

329 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:29:46.22 ID:Y54Kj55K0

^^人間は、永遠に満足することはできない


俺たちは数秒間見つめあった。
そして笑いあう。長年の友人同士のように大きな声を上げながら。


(´・ω・`)「やはり、君は僕のヒーローだ」

^^それはどうも


(´・ω・`)「クー」

川 ゚ -゚)「……なんでしょうか」


不意に声を掛けられたか、少し驚いていた。
ショボンは右手で握り拳を軽くつくり、優しく微笑んだ。


(´・ω・`)「僕は、一人で歩きたい。そのためには君が必要だ」



330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:30:09.54 ID:IMHzp+/b0
支援

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:30:43.55 ID:QqOhEsrlO
支援

332 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:31:21.83 ID:Y54Kj55K0

(´・ω・`)「僕は、満足することは止めた。この世界を納得するまで謳歌することにしたよ。
       平和を取り戻した、この人間の世界で」

川 ゚ -゚)「ショボン…さん……」

(´・ω・`)「まずは歩けるように。次は車の運転ができるように。
       次は……そのときに考えよう。僕はまだ満足したりないんだ」

川 ; -;)「はい……頑張りましょう……ショボンさん………」


泣いているクーの髪を撫で、笑いかけるショボン。


そう、人間は永遠に満足することはないのだ。
人間の欲は無限だから、ここまで世界が発展することができた。

人は物を美味しく食べたいと願った。人は速く移動をしたいと願った。
人は空を飛んでみたいと願った。人は人に勝ちたいと願った。

だからこそ、良くも悪くもここまできた。
願いという欲を糧に。

これからも人間は歩むのを止めないだろう。
そこに願いがあるかぎり。ずっと。


333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:31:25.56 ID:vLvFiGxdO
支援

334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:32:09.41 ID:IMHzp+/b0
支援

335 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:32:36.12 ID:Y54Kj55K0

^^おっと
次の世界に行かないと駄目なようだな


指先がちりちりと、粒子状になって空気中に溶け込んでいく。
そこからゆっくりと、確実に身体を蝕んでいた。

俺は自分にない強さを手に入れたのだろうか。見ることができたのだろうか。

絶対に会うことができない人物に巡り会わせてくれたことを、ブーンに感謝した。
この世界に導いてくれたことを。


(´・ω・`)「いってしまうのか」

^^あぁ

(´・ω・`)「次は、僕が君の世界に行かせてもらうよ」

^^楽しみにしている


もう、視界が定まらない。ショボンがそこにいることさえわからなくなっていた。
そんな俺の耳に、ひとつの言葉が聞こえてくる。

ありがとう、と。



336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:32:47.50 ID:UkHP/Pnh0
支援

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:32:59.33 ID:IMHzp+/b0
支援

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:34:06.87 ID:E0a7haE2O
いいなあ……支援

339 :料理人? 中出しして……ぐふぅ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:34:28.76 ID:Y54Kj55K0
ショボン、お前はそこにいるのか?

俺には、もうお前のことが見えない。
だからその声を頼りに信じてみるよ。


完全に視界が白に染まっていた。
彼らの世界に、自分という存在はもういないのかもしれない。
いまさら、言葉を伝えても遅いのかもしれない。


だけど、俺もお前と同じく伝えたいたい言葉あるんだ。
ショボンの心に届くと信じて、願いを込めて呟く。



――――ありがとう。



想いをのせた紙飛行機が、ゆっくりと飛び立った。



――続――



340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:34:35.92 ID:IMHzp+/b0
支援

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:35:15.10 ID:UkHP/Pnh0
またwwww

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:35:50.87 ID:UIqrsuccO
感動するべきか笑うべきなのかwwwwwwww

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:35:58.32 ID:L13Jxz9w0
イったのか?wwww

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:35:58.87 ID:vLvFiGxdO
ちかちゃんwwwwwwwwwwwwwww

345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:36:04.96 ID:HOn5jozr0
こwwwwwろwwwwwさwwwwれwwwwたwwwwww

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:36:16.42 ID:QqOhEsrlO
む、無視だ
支援

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:36:33.42 ID:E0a7haE2O
うわあ……

348 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:36:42.87 ID:Y54Kj55K0

目の前は真っ白だった。
決して比喩などではない。

地はあるのか。壁はあるのか。空はあるのか。
白い宇宙空間に投げ出されたような感じだ。

この空間に人はいるのだろうか。

奇妙な光景を見渡そうとしたとき、視界にカーテンがかかる。
目の前は反転して黒に変貌するが、優しい温もりが瞼を塞ぐ。

あたたかい手だ。


『だ〜れだ?』

^^知らん


相手にも聞こえるよう、力強く答えた。


――( ^ω^)が料理人になるようです



349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:37:06.35 ID:UkHP/Pnh0
ちかたんネタにしたばかりなのにwwww

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:37:41.95 ID:E0a7haE2O
料理人きたああああ

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:37:54.40 ID:amdHhiR70
支援

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:37:54.58 ID:IMHzp+/b0
支援

353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:37:59.99 ID:utbtzHxB0
追いついた
支援するぜポロロッカさん

354 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:38:29.14 ID:Y54Kj55K0

川 ゚ -゚)『ま、そりゃそうだろうな』

手を離しぴょん、と目の前に現れる。
年増の分際でなんだかよくわからんひらひらした洋服を着ているこの女。

彼女は何故ここにいるのだろう。
以前のクーと比べると違和感を感じた。


^^おいクー
なぜお前がここにいる

川 ゚ -゚)『それは違う世界のクーだろう?私はこの世界のクーなんだ』


わけわからん。頭がどうにかなりそうだ。
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。


川 ゚ -゚)『話進めていいか?』


やけに冷静な口調で、ぴしゃりと言い放つ。



355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:38:50.19 ID:IMHzp+/b0
支援

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:39:07.03 ID:3+v+CogY0
たろお地獄の料理人書いたやつやんwww期待

357 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:40:17.12 ID:Y54Kj55K0

^^どうぞ

川 ゚ -゚)『君は、パラレルワールドというものを信じるか?』

^^信じるぜ

川 ゚ -゚)『だろうな。今の君にはそれを信じる度量ができている。
      まぁ、信じないっていったらそれこそ頭がどうにかなってるぞ』


この世界も含め、俺は三世界渡り歩いた。
オワタ、ショボン、そして目の前の女性、クー。

自分にはない強さを探し、普通なら逢うことのないはずの人物と逢っている。
おそらく、渡り歩いた世界以外にも別の世界があるだろう。
それが、彼女のいうパラレルワールド、平行世界。


川 ゚ -゚)『その通りだ。私はその数多の世界の一人のクーにすぎん』

^^なるほどな
お前と魔女世界のクーは似て非なる人物ってことか

川 ゚ -゚)『思ったより頭がいいじゃないか』


余計なお世話だ。


358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:40:52.28 ID:IMHzp+/b0
支援

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:40:59.13 ID:aTiv2c0D0
支援
馬喰横山さん、なんか凄いボリュームだ



360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:41:46.49 ID:vLvFiGxdO
支援

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:42:01.98 ID:HOn5jozr0
『』にセンスを感じたwww

362 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:42:21.79 ID:Y54Kj55K0

^^ということは俺という存在もお前の世界にいるのか

川 ゚ -゚)『いないから安心しろ』


そうなんだ。


川 ゚ -゚)『まぁ、そんなことは別にどうでもいい。
     私がここにいる理由は、答えを聞き出すためだ』

^^答えか

川 ゚ -゚)『そうだ。この旅の目的は見つけることができたのか。
     そのために私は老人からここに呼ばれた』


答え合わせ。

オワタ、クー、そしてショボン。俺は彼らから学んだ。
人と人の繋がり。人の本当の強さを。

その答えを言うときがきたのだ。



363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:43:21.05 ID:IMHzp+/b0
支援

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:43:41.31 ID:qWY8Gjzp0
答え合わせwwwwこれはwwwww

365 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:44:10.82 ID:Y54Kj55K0

^^想い、だ

川 ゚ -゚)『正解だ』


彼女が左右の手の平を合わせるごとに、音が聞こえてくる。
その音が心を満たし、なんだか心地よかった。

想い。俺にはいままでなかった強さ。
オワタは観客を、ショボンとクーは互いを。

彼らは想いあうことで自分の信じる道を歩んできた。
それをこの眼でみて、自分がいかに薄っぺらいかを教えてくれた。

俺も彼らみたいに強くなれるのだろうか。


川 ゚ -゚)『なれるさ』


彼女の言葉が、俺の心を貫いく。


川 ゚ -゚)『お前にはわからないのか?見えないのか?
     彼らの想いは、君の心にちゃんと繋がれているのを』

^^心にか

川 ゚ -゚)『そうだ。そして彼らだけではない。ちゃんと私の想いも君の心に』

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:44:23.82 ID:UIqrsuccO
支援

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:44:26.35 ID:UkHP/Pnh0
支援

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:44:34.94 ID:IMHzp+/b0
支援

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:45:37.97 ID:vLvFiGxdO
支援

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:45:44.94 ID:QqOhEsrlO
支援

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:46:00.03 ID:E0a7haE2O
支援

372 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:46:31.55 ID:Y54Kj55K0

クーは手の平を宙にかざす。忽然と現れるグラス。
なかには並々と液体が注がれていた。


川 ゚ -゚)『さぁ、飲んでくれ。私から君へのプレゼントだ』


そう言って彼女はそのグラスを俺に渡す。

淡い紫色の水。
不思議と、心が安らいだ。


川 ゚ -゚)『そのカクテルの名前はシオン。
     あなたを忘れない、お互い忘れないようにという意味が込められている』


グラスを口に傾け、シオンを喉に流す。甘く、清らかな味だった。


川 ゚ -゚)『これで、私の役目は終わった』


いままでの世界と同じように、消えていく自分の身体。

寂しさなんてものはない。
シオンが、俺の心に刻まれたから。


373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:46:52.42 ID:IMHzp+/b0
支援

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:48:10.43 ID:UkHP/Pnh0
支援

375 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:48:12.68 ID:Y54Kj55K0

川 ゚ -゚)『君は、君だけの道標【みちしるべ】を見つけるんだ。
     誰でもいい。君の心を導いてくれる人間ならば』

^^クー

川 ゚ -゚)『なんだ?』

^^ありがとう


彼女は優しく微笑む。
そして、人差し指を天高く掲げた。


川 ゚ -゚)『さよならは言わないぞ、デスピーチ!!
     さぁ、行け!! 想いが照らした君の道をどこまでも駆けて行け!!』


最後に見た彼女は、優しく微笑んでいた。



――続――



376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:48:28.90 ID:IMHzp+/b0
支援

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:48:44.89 ID:UkHP/Pnh0
支援

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:48:52.79 ID:vLvFiGxdO
支援

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:48:59.92 ID:3+v+CogY0
デスピーチかっちょええ・・・

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:49:05.64 ID:DlmyKysR0
支援

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:49:42.54 ID:E0a7haE2O
懐かしい台詞を見た支援

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:49:50.36 ID:HOn5jozr0
支援


383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:50:09.63 ID:qwzrMuQPO
なんだこの感動作は

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:50:20.29 ID:7ctMFJ2O0
支援

385 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:50:50.65 ID:Y54Kj55K0

暗い室内。


蜀台を掲げながら、ブーンが近づいてくる。
その顔は、穏やかなものであった。

窓の外は相変わらず暗い。

眠りについてる深き森は、人を誘うには十分な魔力があった。


( ^ω^)「お疲れだお」


手を、伸ばしてくる。しわが目立つ細い腕。
その手を、優しく握り締める。


^^あんたのおかげで強くなれた
ありが
とう


この旅に出て何度ありがとうと言っただろうか。
しかし、この言葉では表せないくらい俺の心は感謝で溢れていた。



386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:51:42.62 ID:QqOhEsrlO
コピペだよね

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:51:44.28 ID:7ctMFJ2O0
支援

388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:52:05.28 ID:DlmyKysR0
支援

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:52:24.92 ID:UkHP/Pnh0
支援

390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:52:27.52 ID:IMHzp+/b0
支援

391 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:52:48.66 ID:Y54Kj55K0

( ^ω^)「強くなれるとは、まだ決まったわけじゃないお」

^^道標のことか

( ^ω^)「そうだお。君はまず、暗闇を照らす灯台を探さなくてはいけない。
      次に、君はその灯台にならなくてはいけない。
      まずはそこからだお」

^^道標ならもう見つけてある

( ^ω^)「お?」


ブーンは軽く小首を傾げる。道標ならもう何人にも出会った。

彼らは闇に満たされた俺の心を照らしてくれた恩人。
そう、彼ら以外にはありえないのだ。



392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:53:09.60 ID:vLvFiGxdO
支援

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:53:09.48 ID:IMHzp+/b0
支援

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:53:40.67 ID:UkHP/Pnh0
支援

395 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:54:32.58 ID:Y54Kj55K0

^^俺の道標それは


脳裏に、彼らの顔が浮かぶ。

オワタ。幾度となく刺したが何度も生き返った超人。
人を楽しませるために、一生懸命生きるその姿。
俺に、優しさを教えてくれた。

ショボン。生という道を見失ってしまった魔女。
しかし、それを自分の力で探し出した。
俺に、強さを教えてくれた。

クー。わけわからんひらひらの洋服を着ていた女性。
堂々たる行動で、俺を導いてくれた。
俺に、答えを教えてくれた。


そして。


ブーン。黒ローブの服で身を包んだ老人。
俺の心を一瞬で見透かし、旅に出した張本人。
忘れ去られたものを思い出させてくれた。
俺に、自分を教えてくれた。


396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:54:44.35 ID:UkHP/Pnh0


397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:54:59.46 ID:IMHzp+/b0
支援

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:54:59.83 ID:S1ne4Fo10
おいついた。
支援

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:55:10.82 ID:UkHP/Pnh0


400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:55:28.14 ID:UkHP/Pnh0


401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:56:12.99 ID:HOn5jozr0
支援

402 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:56:29.80 ID:Y54Kj55K0

^^彼らが俺の道標だ

( ^ω^)「君は、強くなるお。いまよりも、ずっと」


老人が本を棚から取る。
題名は桃たろお。俺の帰るべき世界。


( ^ω^)「僕からも言わしてもらうお」


ブーンは、両手でその本を開く。

そこから眩い光が溢れ、俺の身体を包み込んでいく。
俺の旅は、終わりを迎えたのだ。


( ^ω^)「君に逢えて、良かった」


その声は、耳にいつまでも響き渡った。


403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:57:16.54 ID:IMHzp+/b0
支援

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:57:22.97 ID:HOn5jozr0
さすがはメロリンQ

wktkだぜ

405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:57:34.57 ID:7ctMFJ2O0
支援

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:57:56.77 ID:E0a7haE2O
支援

407 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/02(火) 23:58:12.28 ID:Y54Kj55K0

老人は名残惜しくその本を見つめたあと、そっと棚に戻す。

この身体を手に入れてから、幾度となく別れを体験した。
そして、自分自身は相手に別れを告げれない。なんだか理不尽だな、と苦笑する。

だが、それが自分自身がもたらした業なのだ。
後悔しても、いまさら遅いのだ。


テーブルの上に置かれた、真新しい本を捲る。

何も書かれていないはずの白いページ。徐々に字と絵が浮かんでくる。
その本の表紙にはこう書かれていた。


『親友』と。


窓の外は朝日を迎えている。



――終――



408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:58:44.08 ID:DlmyKysR0
乙つつ!!!!!!!!!

409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:58:48.14 ID:HOn5jozr0


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:58:56.13 ID:1b8DJCO+0
乙!

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:58:56.70 ID:IMHzp+/b0
乙乙!!

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:59:06.93 ID:L13Jxz9w0
乙!!!

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:59:08.99 ID:7ctMFJ2O0
乙!!

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:59:10.61 ID:UkHP/Pnh0
乙!!!1

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:59:21.21 ID:S1ne4Fo10
乙!!

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:59:27.25 ID:vLvFiGxdO
激乙!!!!

417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/02(火) 23:59:30.20 ID:E0a7haE2O
乙!

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:00:12.05 ID:s6j0+XFMO
乙!

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:00:25.20 ID:+EQYgBXT0
超乙!

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:01:45.71 ID:2j881LhtO
おい、したらばで植物さんがwwwww

421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:03:08.00 ID:6VW5HT670
川 ゚ -゚)『さよならは言わないぞ、デスピーチ!!
     さぁ、行け!! 想いが照らした君の道をどこまでも駆けて行け!!』

これって表合作の料理人だよな?

どこまでも駆けて・・・?

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:03:24.14 ID:+EQYgBXT0
バトロリ全力でスルーの流れwwwwww

423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:04:10.30 ID:stSwrsdG0
やべ、おもしれえ
乙!

424 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/03(水) 00:05:11.88 ID:u+lcUQ0Q0
………終わった。俺の合作が。

読んでくれたみなさん、作品を貸してくれたクーネジさん、植物さん、料理人さんありがとうございます。
結構……いや、もの凄く自由にやらせてもらえて楽しかったです。

まだまだ合作は続きます。明日は我がタッグ相手のたろおです。
嫌々でいいので支援してやってください。

そろそろしらたばに帰りたいですが……(´・ω・`)どうしよう。




最後に!皆さん、本当にありがとうございました!

425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:06:37.28 ID:OlHG2ZHG0
>>424
あれ、これ誰だっけ

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:06:38.11 ID:YPL6n5OD0
乙1!!!!

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:06:40.30 ID:7M/3/UHHO
乙ッ―!


428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:06:54.97 ID:2j881LhtO
ペドロリかわいいよペドロリ
改めて乙!
たっぷり叱られてきなさい。

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:06:56.65 ID:kGIlvO8p0
>>424
お前誰だよ

430 :バトロワ ◆I40z/j1jTU :2007/10/03(水) 00:07:02.53 ID:u+lcUQ0Q0
最後といっときながら追記を。

アリバイターさん、勝手に作品を借りてすみませんです。
そして、ありがとうございました!!

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:07:14.69 ID:6VW5HT670
>>425
バトロワなんて奴、参加者にいたか?

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:07:23.89 ID:+usqnYRO0
無許可なのかwwwwwwwwwwwwwww

433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:08:24.60 ID:qY3JPHCB0
乙!

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:08:56.52 ID:OlHG2ZHG0
>>431
たろおさんのタッグってダンバインさんだったよね?

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:09:30.08 ID:2j881LhtO
バト……ロワ……?

436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:09:37.94 ID:d8aQK2wq0
合作終わったら新作書いてね^^

437 :たろお ◆.clFOOdcGo :2007/10/03(水) 00:10:08.63 ID:AcOs9CziO
ペコペコちゃん禿乙なんだぜ^^

ちょっとエッチなメール入れといたからそれ見て抜いて寝てくださいね^^^^



さーて、明日は僕の投下なわけですが…
8時くらいにははじめるよー^3^



438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:11:49.08 ID:kGIlvO8p0
早いw

439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:12:02.68 ID:d8aQK2wq0
ドンペリお疲れ、たろお頑張れ

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:18:27.74 ID:2j881LhtO
いい忘れてた。たろお頑張れー

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:22:30.83 ID:6VW5HT670
明日はゲリラもありますよ

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:27:40.90 ID:+usqnYRO0
たろお頑張れ

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:27:56.55 ID:Pzu+z2Z+O
よむあげ

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:28:28.88 ID:M+kOe6Dx0
おつ

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/03(水) 00:28:32.27 ID:IJxxD8+cO
乙!

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)