5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

コピペで俺を鬱にしてみろやwww

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 15:17:40.78 ID:exyuZuiL0
まあ無理だろうけどなwwwwwwwwwwwwww

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 15:18:47.42 ID:/V2ScmAT0
15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/05/09(水) 21:28:33.64 ID:+a6F4rEH0
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 15:19:34.73 ID:1ZqBuOEAO
俺の場合は
俺はハイパードレインデーモンとかかな

備考:非常に強力でその尖爪はひとふりで山1つふっとぶ
常に人の精気を欲していて半径50m以内の人間の精気を吸い取り続け、相手は死にいたる
周りに人間がいないと契約者(俺)の精気まで吸い取られてしまうのだ

かな

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 15:23:26.47 ID:exyuZuiL0
まだまだ鬱になれねえなあwwwwwwwwwwwwwwwww

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 15:25:56.00 ID:0xOzNqQaO
おまいらのかあちゃんが
どんな気持ちで自分を作ってくれたか考えたことある?
 

乳首ビンビンに固くして、オマ○コグチャグチャに濡らして
「早くオチンポぶち込んでぇ〜」なんておねだりするの。
いきり立った男根を奥深くまで咥え込んで、
「いい、いいのぉ〜。オ○ンコ気持ちいいのぉ〜」なんてよがり狂うわけ。
自分から腰を振って、押し寄せる快感に身をゆだね、最後には
「出してぇ、中にぃ、中にいっぱい出してぇ〜」なんて言いながら膣内射精。
そうして出来たのがお前らなわけだ。
 
だから、両親に対して最大の感謝をするのはあたりまえだし、
それが人間としての最低限の常識。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 15:27:41.69 ID:mGLJCXaN0
オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
「笛 先 を 交 換 し た 」
名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
悲劇は起こった。
好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
先生に笛を見せる。
ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」
ザワザワ・・・
先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/20(土) 15:31:46.70 ID:exyuZuiL0
もっとくれwwwwwwwwwwwwwwww

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)