5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンは砂漠に生きるようです

1 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:05:56.40 ID:/eS2mpRz0
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

まとめサイト オムライスさん
http://vipmain.sakura.ne.jp/418-top.html


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:07:40.61 ID:uZ3tnQ82O
エクシード(笑)

3 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:08:13.08 ID:/eS2mpRz0

第六話「砂漠の決闘」


バーボンハウスから、やや南東にある砂漠地帯。
強烈な熱気が地面から沸きあがり、見渡す限りの砂の海に二つの対立する人影があった。


( ,,゚Д゚)「ここら辺なら邪魔は入らないだろう。
     小僧、覚悟はいいか?」

( ^ω^)「それはこっちの台詞だお!」

( ,,゚Д゚)「ギコハハハハ! 威勢のいい奴だ!
     そう言う心意気のある餓鬼は嫌いじゃねえぜ!」


口を大きく開けて笑うギコ。
ひときしり笑い終えると、硬く握られた拳を前方に突き出した。



4 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:09:24.42 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「お喋りは終わりだ。
    それじゃ、始めようぜ……風使いの小僧――――!」

(#^ω^)「おぉっ!」


腰を落とし、戦闘態勢に入るブーン。
それと同時に、二人の声が広大な砂の海に響き渡った。


(#^ω^)( ,,゚Д゚)「「エクシ――――ド!!」」





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:09:43.50 ID:/ScYhKbTO
エクシード!

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:10:15.38 ID:JOR0OJlB0
エクシード支援!

エクシードって格好いいと思うんだけどなぁ……

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:10:33.87 ID:Qpl8oYrbO
支援

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:10:36.45 ID:l0kbtpUuO
見つけてしまった
寝ようと思ったのに…。眠れない

9 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:10:57.34 ID:/eS2mpRz0

二人の体が輝き、互いにエクシード状態へと変化する。
どこからか吹き始めた激しい風が、意思を持ったようにブーンの体に纏った。


( ´_ゝ`)「おやぶーん、頑張ってくださいねー!」

(´<_` )「……ほう。あれが風を使う能力か」


対立する二人を遠くから眺ているのは、流石兄弟だ。
その横では、ショボンとツンが固唾を呑んで戦況を見守っている。


ξ゚听)ξ「エクシード……!? ってことは、あの男もナチュラリストなのね」

(´<_` )「いかにも。ギコの親分はナチュラリストだ。
      それも……相当な強さのな」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:12:11.79 ID:snYqJJqD0
支援

11 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:13:45.19 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「かかってこい小僧!!」

( ^ω^)「行くお!」


その一言を期に、状況が動いた。
風を足に纏い、ブーンは高速で距離を詰める。

対し、ギコはその場で構えもせず立ったまま動かない。

勢いをそのまま乗せたブーンの突きが、ギコの顔面目掛けて振るわれた。


(;^ω^)「おっ!?」

拳に反動が走る。
だが、その感触に違和感を感じるブーン。

(;^ω^)「硬いッ……!?」



12 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:16:29.62 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「いい拳を持ってるじゃねえか……」


振るわれた拳は、確かにギコの顔面を捉えた。
しかし、それは彼の肌まで到達していない。

一瞬でギコの頭部全体に展開した、茶色い兜のような物に防がれたのだ。


(;^ω^)「いつの間に……!」

( ,,゚Д゚)「次は俺の番だ。歯ぁ食いしばれ小僧――!!」


ブーンが呆気に取られてる間に、ギコは横殴りなフックを放つ。
我に返り、咄嗟に右手で防ぐブーン。

衝撃音と共に、強烈な痛みが右手に走る。



13 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:19:24.51 ID:/eS2mpRz0

(;^ω^)「グゥゥッ!」

( ,,゚Д゚)「っしゃぁ!!」


ガードの上から、拳を強引に打ち抜くギコ。
その威力に押され、ブーンの体はされるがままに吹っ飛んだ。

地面に手を着き側転。
一回転し、攻撃を受けた右手を気にしながら構え直す。


(;^ω^)「なんだお今のは……!」


右手があまりの衝撃に、痺れている。
その手で受けたギコの打撃は、信じられないほど重く、硬かった。



14 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:22:51.68 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「ほう。普通ならば腕の骨ごとぶち割れるのだが……。
     感心するぞ、小僧!!」


ギコが追撃を仕掛ける。
上から振り下ろす軌道のハンマーパンチが、ブーンの頭目掛けて振り下ろされる。

危険を感じ、咄嗟に風力を利用し緊急回避。

瞬間、ブーンがいた場所に衝撃が起こり、大量の砂が舞い上がる


(;^ω^)「危なっ!! なんなんだお、あの威力は!?」

( ,,゚Д゚)「逃げるとは男らしくねぇ!! 失望したぞ小僧!!」

(;^ω^)「言ってる事がころころ変わりすぎだお!」


砂煙が晴れる。
やがてブーンの視界に映ったのは、茶色の手甲を装備したギコだ。

ギコの腕を厚く覆うそれの素材。
それは、姿形は異型だが岩石に酷似していた。



15 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:24:44.83 ID:/eS2mpRz0

ξ;゚听)ξ「何よあれ……!」

( ´_ゝ`)「ヒュゥ! 出たぜ、親分の能力、岩体(ガンテイ)!」

ξ゚听)ξ「岩体?」

( ´_ゝ`)「そう、自在に体を岩で覆うことが出来る最強の能力だ。
      いつ見ても惚れ惚れしちゃうぜ」

(´<_` )「兄者、ペラペラとネタバレするのは良くないぞ」

( ´_ゝ`)「こりゃすまん。つい口が滑ってしまったぞぉい」


悪びれた様子も無く謝る兄者。
その隣で、黙って戦いを見つめていた人影が動く。


16 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:26:22.77 ID:/eS2mpRz0

(´<_` )「おっと、何処に行く」

(´・ω・`)「……加勢だ」

(´<_` )「一対一の決闘に水を差さないで貰おう。
      ルール違反をするようなら、こちらもそれなりのやり方で対処するぞ」

弟者は木刀の切っ先をショボンへと向ける。

(´・ω・`)「目の前で子供が殺されそうになってるんだ。
      これ以上黙って見ていられない」

(´<_` )「男の勝負に保護者がしゃしゃり出るというのか?
       その行為、風使いに対する侮辱になると思うが」

(´・ω・`)「プライドの為に、命を失うよりマシだ。僕は保護者として決闘の中止を求める」


胸を張り、木刀を突きつけられても一歩も引かないショボン。




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:27:36.44 ID:JeypSYPU0
支援

18 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:28:15.57 ID:/eS2mpRz0

一触即発の空気が流れる。
対立する二つの意思。
それが真正面からぶつかり合い、見えない火花を散らした。


( ´_ゝ`)「弟者」

(´<_` )「……」

( ´_ゝ`)「ねぇー、弟者」

(´<_` )「……はぁ。何だ兄者」

弟者はショボンから目を離さぬまま、呆れたように答える。

( ´_ゝ`)「あのスレンダーなお姉ちゃんがいつの間にかいないんだけど」

(´<_` )「そんな事は後にしてく……何!?」


即座に辺りを見回す。
確かに、バーボンハウスを出る時にいた人物が、そこにはいなかった。



19 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:30:06.21 ID:/eS2mpRz0

(´<_` )「やられたな」

(;´_ゝ`)「ど、どどどどうする弟者!? ロマネスクのおっさんがきたらやばいぞ?」

(´<_` )「……参ったな。今から追っても間に合わんだろうし」


弟者が木刀を降ろし、手を額に当て考える。
彼らの視線が自分達から外れたその隙に、ツンはショボンに耳打ちした。


ξ゚听)ξ「ショボンさん。今は動いちゃ不味いと思います」

(´・ω・`)「しかし、ブーンが……」

遠方で戦っているブーンへ、一瞬だけ視線を向けるツン。

ξ゚听)ξ「今、決闘を止めるのは駄目だと思うんです。
     弟者の言うことを肯定するつもりはないけど……ブーンを信じてあげて下さい」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:31:07.06 ID:JeypSYPU0
私怨

21 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:32:59.53 ID:/eS2mpRz0

ブーンは自分の意思で決闘を受けた。
その意思を尊重すべきだと、彼女は言った。

しばし沈黙するショボン。


(´・ω・`)「……わかった。しかし、まずいと思ったら僕は止めに入るよ」

ξ゚ー゚)ξ「大丈夫ですよ。私は、ブーンを信じてる」


ツンの笑顔を見て、ショボンは頷き顔を上げた。

その視線の先。
風使いの拳と岩使いの拳が、真正面から激しく衝突していた。



22 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:35:25.66 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「ゴラァァァ!!」


ハンマーのように振り回される岩体化した腕が、ブーンを襲う。
その鬼人のような攻撃を、ブーンは風を足に纏わせ高速のバックステップで回避し続ける。


( ,,゚Д゚)「逃げてばっかじゃ俺には勝てねえぞゴラァ!!」

(;^ω^)「そんなこと、言われなくてもわかってるお!」


重い打撃が砂を抉る。
飛び散る砂埃を払いのけ、ブーンは岩体化したギコを見た。

一発でも喰らえば致命傷になるほどの高威力。

おまけに、こちらの攻撃が岩体で防がれれば、カウンターを喰らうだろう。



23 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:38:19.68 ID:/eS2mpRz0

(;^ω^)(何か打つ手は無いのかお!? これじゃジリ貧だお……)

( ,,゚Д゚)「ぜえぇぇ――――!!!」


気合と共に突進してくるギコ。
地面を蹴り、ブーンはサイドステップで横方に回避する。


(;^ω^)「あれ……?」


体勢を立て直し、ギコの方へ体を向ける。
だが、そこにギコの姿は無かった。

忽然と姿が消えた。どこかに身を潜めているのだろうか。
だが、この砂の海の、何処に隠れる場所があるというのだ。

そう疑問に思った瞬間、結論より先に体が動く。



24 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:41:14.59 ID:/eS2mpRz0

(;^ω^)「下かおっ!!」


瞬間、真下の砂が僅かに動く。
柔らかな地を全力で蹴り、真後ろに飛ぶブーン。

直後、轟音と共に、地面から強烈なアッパーカットが放たれる。
砂に潜っていたギコが、ブーン目掛けて飛び出したのだ。


( ,,゚Д゚)「土竜拳を初見で避けるか!! いい勘持ってやがるぜゴラァ!!」

(;^ω^)「くっ……。後一歩遅かったら顎が砕けてたお」

( ,,゚Д゚)「まだまだ俺は満足してねえ! ほら、かかってこいや小僧!!」


ギコが挑発するように手招きをする。
余裕の表情を浮かべるギコは、戦いそのものを楽しんでるようにも見えた。

対し、ブーンは攻撃こそ喰らってはいないものの、徐々に反応速度が遅くなりつつある。



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:42:05.11 ID:JeypSYPU0
C

26 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:42:38.61 ID:/eS2mpRz0


( ^ω^)(このまま防御に徹しても負けるだけだお。……それなら!)


ブーンは拳を硬く握り、一直線にギコに向かって駆けた。
風の力を纏った走力は、二人の間を一瞬で詰める。


( ,,゚Д゚)「真っ直ぐにぶつかってくるつもりか!! いいぞ、それが男ってもんだ!!
     手前が俺を突破しようというのなら、こっちも全力で止めてやるぜゴラァァァ!!!」

(#^ω^)「うおおおおぉぉぉ――――!!!」


腰を落とし、両手を腰に備え待ち構えるギコ。
体全体を岩体で包み、高速で迫ってくるブーンの目を睨み付ける。



27 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:46:25.32 ID:/eS2mpRz0


(#^ω^)「――――おおおおぉぉっ!!!!」

( ,,゚Д゚)「ゴラァァァァァ!!!!」


ブーンの体が止まる。
速度エネルギーをそのまま腕に伝え、さらに風を腕に纏う。


(#^ω^)「くらえお――――!!!!」


全体重と最速をねじ込んだ突きが、ギコの腹部に打ち込まれる。

豪、という風音の後に、それは衝突。

衝撃音が砂漠に響き渡る。
周りに溢れ出た衝撃の余韻が砂を飛ばし、目の前が黄色に染まった。



28 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:47:44.45 ID:/eS2mpRz0

( ´_ゝ`)「うおっ! 目に砂がぁぁ!!」

(´<_` )「っ!」


遠方にいる彼らにまで吹き荒れる砂嵐。
轟音と砂埃で、視界と聴覚が一瞬奪われる。

数秒の間。
無音と暗闇が、彼らの時間を止める。


ξ゚听)ξ「……ブーン?」

( ´_ゝ`)「親分!?」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:47:46.07 ID:Vuy+Pjp60
しえん

30 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:48:59.77 ID:/eS2mpRz0

砂嵐が晴れる。
その先に見える人影は二つ。

一つは、ギコの腹部に拳をめり込ませたまま、固まっているブーン。

そしてもう一つの人影は――――


(;^ω^)「そんな……!」

( ,,゚Д゚)「お前じゃ、俺の壁を打ち破れなかったようだな小僧」


岩体化した鎧を纏い、威風堂々と大地に立つギコ。
あれほどの打撃を受けたにもかかわらず、その体には傷一つ存在していない。




31 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:50:42.20 ID:/eS2mpRz0

(;^ω^)「ぐっ!?」


ギコの岩体化した腕が、ブーンの胸倉を掴み上げる。
軽々と持ち上げられた少年の体は、晒し者のように高く掲げられる。


( ,,゚Д゚)「そういや、まだ兄者の殴られた分を返してなかったなぁ……」

(;^ω^)「ぐっ……離せお!」


手足をばたつかせるブーン。
だが、胸倉を掴むギコの腕が首を締め上げ、足掻けば足掻くほど苦しくなる。

ギコが左手を大きく引いた。
その拳が、ゆっくりと岩体化されていく。



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:51:20.08 ID:JOR0OJlB0
しえ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:52:34.47 ID:0F5XVFizO


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:52:36.68 ID:Qpl8oYrbO
支援

35 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:52:37.76 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「兄者が世話になったな。遅くなったが、こいつはお礼だァ――!!!」

( ^ω^)「――――っ!!」


体を捻り、引いた左手に回転を加えるギコ。
弦の張った弓矢のようなそれは、岩が擦れ合う音を立てながらブーンに標準をあわせた。

ギリ、という引きが限界に達した音。
溜められた運動エネルギーが、解き放たれる。


( ,,゚Д゚)「ゴラアアアァァァ――――!!!!」


地面が激しく振動する。

轟音。
衝撃。
破壊音。

爆発するように放たれた衝撃は、地へと伝わり砂煙を上げる。



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:52:49.69 ID:u0a8uClg0
土竜拳(笑)

37 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:53:48.82 ID:/eS2mpRz0

(;゚ω゚)「があぁぁぁぁっ!!!」


突き抜ける衝撃と痛みに耐え切れず、苦痛の叫びをあげるブーン。
心臓をぶち抜かれたような痛みが、胸部を突き抜ける。

衝撃をまともに受けたブーンの体は、宙を舞い、転がりながら砂の海に落下。
七回転して、ようやくその身は止まった。


(; ω )「ぁ……がっ……!!!」


ブーンの口から、苦痛の声が漏れる。
余りの痛みに、悶えることも出来ない。

岩の拳で、胸部を打ちぬかれたのだと、痛みの中で理解するブーン。

だが、そんなことを考えた所で痛みが消える訳ではない。
強烈な衝撃は体中を破壊し、指の一本さえ動かすことが出来ない。



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:54:38.54 ID:IFG7G0D90
エクシードって英語で『超える』って意味なんだな

39 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:54:54.60 ID:/eS2mpRz0

ξ;゚听)ξ「嘘……!?」

(;´・ω・`)「ブーン!!」


ショボンとツンが、慌ててブーンの元へ駆け寄る。
うつ伏せに倒れたブーンは、吹き飛ばされた場所からピクリとも動かない。

ブーンの体から、光が失われる。

エクシード状態の解除。
それは、ブーンの戦闘不能を意味していた。


( ´_ゝ`)「おやぶーん!! うわあああやっぱ親分は最強だ――!!」

( ,,゚Д゚)「ギコハハハ!! ……って、くっつくな気持ち悪い!!」

(´<_` )「親分、お疲れ様です!」


対し、勝利をかみ締め、喜びに溢れる盗賊三人組。
ギコはくっ付く兄者を蹴り飛ばしながら、倒れているブーンを見やる。



40 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:56:05.73 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「借りはきっちり返させてもらったぜ、小僧。
     中々良い心意気だったが、俺の方が上だったようだな」

(  ω )「……」


そう言い放つと、ギコは背を向けて歩き出す。
流石兄弟も続いてそれを追った。


( ,,゚Д゚)「長居は無用だ。帰るぞ」

(´<_` )「小娘、次はお前の番だ。今日はロマネスクが来る前に引かせてもらう。
      だが、必ず雪辱は晴らす。覚悟しておけ」

( ´_ゝ`)「やーい、まいったか! 俺達に逆らうとこうなるんだぞー!」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:56:12.89 ID:0F5XVFizO


42 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:57:07.61 ID:/eS2mpRz0

ξ;゚听)ξ「ブーン、しっかりして!」

(;´・ω・`)「くそっ! ブーン、待ってろ。家まで背負って……」

(  ω )「……」


差し伸べるショボンの手を、弱弱しく、しかしはっきりと払いのけるブーン。
顔は下を向いたまま、拳を地面に立てて、ゆっくりと起き上がる動作を見せた。


(;´・ω・`)「ブーン!? 動いちゃ駄目だ! 傷が……!」

(  ω )「……」


無言で、首を小さく横に振るブーン。
拳に力を込め、上半身を必死に持ち上げる。


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:57:52.18 ID:0F5XVFizO


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 00:57:59.65 ID:JeypSYPU0
しえん

45 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 00:58:40.23 ID:/eS2mpRz0

ξ;゚听)ξ「ブーン?」

(  ω )「まだ……だ……お」


満身創痍のブーンの体を、プライドと強い意思が支え直す。
体が悲鳴をあげ、無理だ無理だと脳が叫ぶ。


(;´・ω・`)「やめるんだ、ブーン!」

( ´_ゝ`)「親分、何かまだ足掻いてるみたいっすよ。マジ往生際悪いってかんじー」


背を向けていた盗賊達も、足を止めてブーンへと視線を移す。
調子に乗り、ブーンの元へスキップで駆け寄る兄者。


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:01:04.49 ID:0F5XVFizO


47 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 01:02:17.90 ID:/eS2mpRz0

( ´_ゝ`)「少年ー。君は負けたんだよー。決闘は終わり。
       命を大切にしなさーい。はい、解散!」

(  ω )「……はっ」

( ´_ゝ`)「ん、何がおかしいの?」


倒れている自分が、滑稽だった。

もう動けない?
もう立てない?
もう戦えない?

そうやって逃げ出して、何度後悔してきたのだろうとブーンは思う。

強くなると、誓ったはずだ。
強くなって、実の両親の敵を取ると。

なんだ、この様は。この程度の信念だったのか?

自問自答を繰り返すブーン。
やがて、その答えは一つに集結する。


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:03:02.63 ID:u0a8uClg0
覚醒→倒す

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:03:14.51 ID:QWnzV7c6O
覚醒でもするのか?

50 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 01:03:41.68 ID:/eS2mpRz0

(#^ω^)「お……お……おおおおぉぉぉぉぉ!!!!」


歯を食いしばり、足に気合を込め、叫び声をあげ――――ブーンは、立ち上がった。


(#^ω^)「負けたら終わり? 笑わせるなお!負けても終わるわけないんだお!!
       終わりは、諦めたとろで終わりなんだお!諦めない限り終わらないんだお!!」


心の底から、言葉となり現れる少年の意志。


(#^ω^)「僕はもう二度と諦めないお! そう誓ったんだお!
       自分で自分の限界を決めてたら、強さなんて手に入るもんかぁ――――!!!」


叫び声が、砂の海に響き渡る。

それは、強さを求める少年の叫び。
それは、無力であった自分を恨んだ、過去への咆哮。

少年の意志に答えるように、砂漠に風が吹き始めった。


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:04:55.88 ID:IFG7G0D90
覚醒覚醒
_
( ゚∀゚)o彡゜

52 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 01:05:41.70 ID:/eS2mpRz0


(#^ω^)「エクシ―――ードッ!!!!!」


再び、光が少年から発せられる。

風が舞う。
砂が舞う。
太陽の日差しが、少年を照らす。


それは、まるで砂漠が少年の意思に共鳴したの如く。




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:06:08.92 ID:u0a8uClg0
倒す→気絶

54 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 01:06:51.83 ID:/eS2mpRz0

ξ゚听)ξ「きゃっ!!」

(;´・ω・`)「うおっ!!」


ブーンの体に、嵐のような風力が集まる。
今までの比ではない。

一線を越えた『風』がブーンの周りに集結していた。


( ^ω^)「まだ勝負はついてないお。荒くれのギコ!!」

( ,,゚Д゚)「ふふふ……ハハハハハ!!!」

(´<_` )「親分?」

( ,,゚Д゚)「どいてろ。奴はまだ納得して無いらしい」


弟者の横を通り過ぎ、ギコがブーンへ向かい歩み始める。
歩きながら、音を立てて全身を岩体化するギコ。



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:07:16.58 ID:IFG7G0D90
気絶→ツンデレ

56 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 01:08:28.92 ID:/eS2mpRz0

( ,,゚Д゚)「勝敗は体じゃねえ、心で決まるんだ……そうだろぉ!! 小僧!!!」

(#^ω^)「おおっ!!」


瞬間、拳と拳がぶつかり合う。
常人離れした速度で移動し、放たれたブーンの突き。
それを一瞬の判断で合わせたギコ。

拳を合わせたまま、二人のナチュラリストは微笑んだ。




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:09:11.94 ID:u0a8uClg0
微笑みながら睨み合い→キス

58 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/23(火) 01:09:15.40 ID:/eS2mpRz0

(#^ω^)「あんたが越えられない壁というのなら、僕はそれを壊してみせるお!!!」


目にも見えぬ、連続打撃を放つブーン。
対し、ギコはそれを岩体化した腕で的確にガードする。


( ,,゚Д゚)「だったら、てめえの全力をぶつけて来やがれ!!!死んでもうらむなよ、小僧――!!!」


意思。
プライド。
信念。


互いの全てをぶつけ合う、砂漠の決闘が幕を開けた。



第六話 終わり

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:09:27.82 ID:0F5XVFizO
ありきたりな展開・・・・だがそれがいい

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:09:40.82 ID:ffANSlC8O
ツンデレ→ ^^

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:10:12.32 ID:0F5XVFizO


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:10:39.85 ID:lYxesCR20
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/male/1177139216/

ちょーおまwwなにこの廃墟スレwww

ゆとりVIPバカにしてるしw
オマエらなんか言ってやれww

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:10:56.91 ID:u0a8uClg0
ありきたりを如何に上手く表現するかだよな…
だがこの作品はいい

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:12:26.26 ID:ue9BhC95O
乙かれー

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:12:46.17 ID:42avehKaO
乙!ありきたり好きな俺wktk

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:13:06.99 ID:JeypSYPU0
おつ!

自分で自分の限界を決めてたら
ここがオナリストとシンクロした俺は間違いなく変体

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:16:50.88 ID:IFG7G0D90
( ^ω^)きっと空も飛べるはずだお

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:18:23.30 ID:q5SeRKbRO
ギコかっけぇ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:19:12.89 ID:Qpl8oYrbO


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:19:27.08 ID:l0kbtpUuO
乙!
今日も楽しませていただいた!
次回もwktkしながら待ってるぜ!

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:21:39.20 ID:OVjvaRu3O
鳥肌が立つほどの厨臭さ…これおもしろいとか言ってる奴はリアルでアレなんだろうな

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:22:07.60 ID:snYqJJqD0
乙ー

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:23:15.31 ID:JOR0OJlB0


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/23(火) 01:25:52.56 ID:i0JxkWW3O
>>71
内容がよければ厨二病系も面白いだろ
内容がよければの話だけど

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)