5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)ブーンは砂漠に生きるようです

1 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:04:25.60 ID:SvpTaRnr0
       / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |      更新遅すぎだろ・・・
     . |:::::::::::     |     常識的に考えて・・・
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

まとめサイト オムライス ブーン系小説まとめなんたら
http://vipmain.sakura.ne.jp/418-top.html


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:05:01.39 ID:qt11Uu0yO
支援

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:05:58.60 ID:qt11Uu0yO
支援

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:06:25.17 ID:qt11Uu0yO
支援

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:06:36.38 ID:qyBPmpgb0
キターーーーー

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:06:50.74 ID:qt11Uu0yO
支援

7 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:07:07.75 ID:SvpTaRnr0

第八話「新たなる門出」


( −ω−)「お……」


意識が覚醒し、うっすらと目を開けるブーン。
目をこすりながら、上半身を起こす。


(;^ω^)「あれ? 僕は何をやって……痛っ」


体を動かすと、全身を鋭い痛みが走った。
苦痛の表情を浮かべながら、ブーンは辺りを見回す。

壁に掛けられた、どこの誰が書いたのかもわからない、草原の絵。
無造作に転がっている、錘や砂袋。



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:07:33.53 ID:1NJgBXg90
しえーん(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:07:37.05 ID:qt11Uu0yO
支援

10 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:08:32.91 ID:SvpTaRnr0

( ^ω^)「ここ……僕の部屋だお」


ぼんやりと現状を把握すると、徐々に記憶が戻ってきた。
ギコとの決闘。そして、突如現れた巨大な蟲との戦い……。


(;^ω^)「……って、そうだお! 皆は無事なのかお!?」


痛む体を引きずり、階段を降り一階へと駆け下りるブーン。
階段を半分ほど降りると、バーである一階から何人かの笑い声が聞こえた。


( ,,゚Д゚)「いや、だからよぉ。俺の土竜拳がそこでドカンと決まったわけよ!」

( ФωФ)「ワハハハ! あの技をはじめて受けた時は、度肝を抜かれたもんだ!」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:10:03.23 ID:qt11Uu0yO
支援

12 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:11:28.14 ID:SvpTaRnr0

(;^ω^)「おっお?」


目の前に見える光景に、少し違和感を覚えるブーン。
目の前で楽しげに語り合っているのは、どう見ても盗賊団と保安官であった。


( ,,゚Д゚)「おう、起きたか小僧!」

( ФωФ)「お邪魔しておりますぞ」

(;^ω^)「えーっと、ロマネスクさんはともかく」

ゆっくりと息を吸い、

(;^ω^)「なんであんたがここにいるんだお!?」

椅子にどっしりと座っているギコを指差し、叫ぶブーン。
ギコは酒のせいか、すっかり赤面した顔をブーンの方へ向ける。



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:12:24.79 ID:Eot8OdtY0
支援

14 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:12:47.37 ID:SvpTaRnr0

( ,,゚Д゚)「んあ? 何でって、酒飲む為に決まってんじゃねーか!」

(;^ω^)ノシ「いやいや、そういう事を聞いてるんじゃなくて……お〜」


もどかしげに言葉を切るブーン。
頭を抱え込み、納得がいかない様子で唸っている。


( ´_ゝ`)「まぁまぁ少年。ジュースでも飲んで落ち着け」

(´<_` )「あたかも自分の物のように言っているが、それは店の商品だぞ兄者」


カウンターからジュースのボトルを取り、グラスに注ぐ兄者。
ブーンは礼を言いながらそれを受け取ると、一気に飲み干し、一息ついた。



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:14:19.48 ID:qt11Uu0yO
支援

16 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:15:40.43 ID:SvpTaRnr0

( ^ω^)「落ち着いたお。……で、何で盗賊団の皆さんがここにいるんだお?」

( ,,゚Д゚)「おいおい、俺達は客だぜ? ったく、接客態度ってもんがなってねぇな」

(;^ω^)「お客?」


握り飯を頬張りながら、偉そうにふんぞり返るギコ。
その横に座っていたプギャーが、首をかしげるブーンに対し説明をはじめた。


( ^Д^)「いやぁ、命を救ってもらったのでね。
     せめてものお礼にと、食事を御馳走させてもらってる次第です」

( ,,゚Д゚)「おい、おかわり!」

('、`*川「うーん、凄い食べっぷり。料理のし甲斐があるなー」

(´<_` )「おい、小娘。酒を注げ」

ξ゚听)ξ「ちょっと、誰が小娘よ!」

(*´_ゝ`)「ツンちゃ〜ん! この醜い豚めに口移しして下さい!」

ξ#゚听)ξ「全力で断る!」


17 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:17:18.08 ID:SvpTaRnr0

奥のテーブルで騒ぐツンと流石兄弟。
そのやり取りを見て、納得したようにブーンは頷いた。


(;^ω^)「おー。なんとなく状況は把握したお」

( ,,゚Д゚)「おら、小僧! おめぇも飲め飲め! 疲れが吹っ飛ぶぜ?」

(;゚ω゚)「オフゥッ!」


頭をつかまれ、無理やりボトルに入った酒を飲まされるブーン。
喉が焼けるのではないかと思うほど、熱い液体が体内へ入り、体温を急上昇させる。


(;´・ω・`)「ちょ、ちょっと! ブーンはまだ未成年……」

( ,,゚Д゚)「ギコハハハ! 細けぇとこは気にするな!」

(;゚ω゚)「おー、おー……」


ふらふらとよろめくブーン。
そのまま力無く壁に寄りかかり、沈黙してしまった。



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:18:00.06 ID:qt11Uu0yO
支援

19 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:18:39.62 ID:SvpTaRnr0

(;´・ω・`)「ほら、言わんこっちゃない! ブーン、大丈夫か?」

(  ω )「おふ……ふふふふ」

(´・ω・`)「ブーン?」


俯きながら、不気味に笑うブーン。
その口からは、随分と濃いアルコールの匂いが漂っている。


(*^ω^)「おっおっお!! オウフwwwww酒うめぇwwww」


いつも以上に崩れた笑みを浮かべるブーン。
テーブルの上にあるボトルを掴むと、その一瓶を一気に飲み干した。


( ,,゚Д゚)「いい飲みっぷりじゃねえか! お前、いける口だな!?」

( ^ω^)「おっおっお。酒うめぇwwww」

( ,,゚Д゚)「よーし、飲め飲め! 小娘! もっと酒もってこい!」

ξ#゚听)ξ「だ・か・ら、小娘って言うな――――!」


20 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:19:45.69 ID:SvpTaRnr0

そんな騒がしいテーブルを、カウンターから眺めるショボン。
鼻で笑いながら、グラスを拭く彼の目の前に、誰かが移動してきた。


( ФωФ)「いやはや。何とも愉快な夜だ」


そう言いながら、カウンター席へと、その大柄な体を沈めるロマネスク。
彼は手に持ったボトルを、グラスに注ぐと一口飲んだ。


(´・ω・`)「いいんですか? 保安官のあなたが、盗賊団と一緒にお酒を飲んだりして」

( ФωФ)「なぁに。悪さをしなければ、捕まえる必要など無いのですよ。
     そりゃ盗みを働いた時は我輩の鉄拳と、もれなく三日間の拘束が待っていますがね」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:21:12.47 ID:1NJgBXg90
しぇん

22 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:21:14.84 ID:SvpTaRnr0

(´・ω・`)「しかし、彼らは根っからの悪人という訳ではなさそうですね」

( ФωФ)「……あいつらも、まともな職につければ盗みもしなくなると思うのですよ」


そう呟き、騒々しいテーブルへと目をやる。
視線の先では、流石兄弟が歌を歌い、ギコやブーンも乗じてお祭り騒ぎをしている。


( ФωФ)「VIPで職を持つのは、中々難しいですからな。
      我輩も奴らとは長い付き合い。何とか職を見つけてやりたいのですが……」

( ^Д^) 「ありますよ。彼らにとっておきの職なら」

( ФωФ)「おや、あなたは……」

( ^Д^) 「商人のプギャーと申します」

プギャーはロマネスクに手を差し出し、軽く握手をした。



23 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:23:07.76 ID:SvpTaRnr0

( ФωФ)「商人さんですか。しかし、彼らはお金の計算すら怪しいですぞ。
      正直、商人として働くのは厳しい野のでは……」

( ^Д^) 「いえいえ。そういう事では無いですよ。
      実は、彼ら……いえ、正確にはギコさんに、私の護衛をお願いしたいんですよ」

( ФωФ)「護衛?」


首をかしげるロマネスク。
グラスに残った酒を一飲みし、プギャーは説明を続ける。


( ^Д^)「私ども商人は、砂漠を渡って町を行き来し交易をしているんです。
      ですが、最近、砂漠を移動中の我々を狙ってくる盗賊が多くなりましてね」

( ФωФ)「それで護衛を?」

( ^Д^) 「はい。ナチュラリストの方が護衛につけば百人力です。
      今日みたいにサンドワームに襲われても、安心ですからね」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:24:21.70 ID:YOyrCXENO
支援

25 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:24:48.37 ID:SvpTaRnr0

( ФωФ)「お、おおおお……! そうか、その手があったか……!」

(;^Д^)「な、ななななんですか!?」


プギャーの肩をがっしと掴むロマネスク。
その瞳はきらきらと輝き、尊敬と感謝に満ち溢れていた。


( ФωФ)「まさに天才! そういったことなら、きっと奴らの馬鹿力も役に立ちますぞ!
      本当にどうしようも無い奴らですが……一つ、よろしくお願いします!!」

(;^Д^)「は、はぁ」

( ФωФ)「よっしゃ! お――い! ギコ、お前にとっておきの話が来たぞ――! 祝杯じゃー!」


ロマネスクは新しいボトルを手に持ち、向こうのテーブルへ走っていった。
残されたプギャーは、ぽかんと口を開けてその光景を見つめる。



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:25:32.34 ID:qt11Uu0yO
支援

27 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:26:52.96 ID:SvpTaRnr0

(;^Д^) 「彼と盗賊団は敵対関係ですよね? 何故あんなに喜ぶんだろう……」

(´・ω・`)「きっと、悪ガキと親のような関係なんでしょうね」


そう言いながら、共感するようにショボンは微笑んだ。
向こうでは求職の報告を受けたギコを、流石兄弟が胴上げしてさらに馬鹿騒ぎになっている。


('、`*川「ショボンさーん、ボトル追加でーす」

(´・ω・`)「まったく、店の酒を飲み干すつもりかね、彼らは」

('、`*川「ふふ、店としては嬉しい悲鳴ですね」

ペニサスはそう言いながら、空のボトルをショボンに渡した。

( ^Д^) 「これはこれは、ペニサスさん。どうです、一杯」



28 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:28:51.17 ID:SvpTaRnr0

('、`*川「う〜ん、せっかくですけど、まだ私はお仕事が残ってるのでごめんなさい」

( ^Д^) 「では、お仕事の後に二人きりで……どうでしょう」

('、`*川「え……」


二人の男女が見つめ合う。
その間に生まれる沈黙は、何とも心地よい物だろう。

しかし、そんな光景を黙って見ていることが出来ない人物が一人。


(´゚ω゚`)「おいおい、誰がそんな逢引をしていいと言ったのかな?」

(;^Д^) 「げっ。い、いや、その……」


29 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:29:24.84 ID:SvpTaRnr0

(´゚ω゚`)「ヘイ、バットボーイ! カモン!!」

(;^Д^) 「すいません勘弁してくださ―ーい! 嫌だぁぁぁぁ!!!」


ずるずると引きずられていくプギャー。
数秒後、店の奥から痛々しい悲鳴があがった。


('、`*川「プギャーさん……うふふ、私に気があるのかしら。
     やだ、どうしよう。……うふふ」


こうして、バーボンハウスの夜は更けていった。



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:30:20.53 ID:qt11Uu0yO
支援

31 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:32:36.85 ID:SvpTaRnr0

               ※


(;^ω^)「うう……呑みすぎたお」


宴会騒ぎから二時間後。

青ざめた顔で、トイレから出てくるブーン。
辺りはすっかり暗闇に包まれ、窓から差し込む月の光が、店内を僅かに照らしている。


( ´_ゝ`)「んが……ツンちゃんはワシの嫁ぞぉい……にゃむ」

(´<_` )「ん……兄者……そっちは……地獄だぞ……むにゃ」


頭痛に耐えながら、ふらふらと店内に戻ると、そこには大の字で眠る流石兄弟の姿があった。


( ^ω^)「まったく、図々しいお客だお。こんなとこで寝てたら風邪引くお」


ぶつぶつと文句を言いながら、適当な毛布を持ってきて、寝転がる二人にかけるブーン。
カウンター席に座ると、酔いさましにと水を一杯飲んだ。



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:33:46.31 ID:qt11Uu0yO
支援

33 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:34:21.56 ID:SvpTaRnr0

( ,,゚Д゚)「まだ起きていたか」

( ^ω^)「あ、ギコさん」

( ,,゚Д゚)「よっこいしょっと」


ギコはブーンの隣の席に、どっしりと座った。
二人の間に、何ともいえない、しかし悪くはない雰囲気が流れた。


( ,,゚Д゚)「結局、お前との決着はおなざりになっちまったなぁ」

( ^ω^)「お?」


開口一番に、そんなことを言いだすギコ。
ずっと気にしていたのだろうか。


( ,,゚Д゚)「まぁぶっちゃけ俺の勝ちは見えてたけどな。
     あのままぶつかってりゃ、間違いなく最後に立っていたのは俺だったぜ?」

( ^ω^)「む……。そんなの、やってみなくちゃわからないですお。
      僕が勝ったかもしれないですお」

( ,,゚Д゚)「いや、お前はまだまだ甘ちゃんだ。アマアマだ」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:35:13.48 ID:qt11Uu0yO
支援

35 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:35:28.27 ID:SvpTaRnr0

そう言いながら、ブーンの髪の毛をくしゃくしゃと撫でるギコ。
子供扱いされてるのが気に食わないのか、ブーンは口をへの字に曲げた。


( ^ω^)「僕はこれでも、腕には自信あるんだお。
      それに、もっともっと強くなるんだお。強くならなきゃいけないんだお」

( ,,゚Д゚)「ふーん」


熱意の篭ったブーンの言葉に対し、鼻で笑うギコ。
強さへの熱意をもった少年の瞳を見つめ、厳しい言葉を投げかける。


( ,,゚Д゚)「外の世界にゃ、お前より強い奴なんざぁゴロゴロしてるさ。
    VIPで細々と鍛錬やって、強くなりたいなんて甘い。甘すぎるぜ小僧よぉ」

(;^ω^)「う……」


痛い所を突かれ、嫌な思い出がよみがえるブーン。
流石兄弟との、初戦。

戦闘経験が少なかったブーンが、初めて己の実力を知らされた瞬間だった。



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:35:43.75 ID:YOyrCXENO
支援

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:37:56.42 ID:YOyrCXENO
支援

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:38:23.09 ID:VP8PsxMK0
sien

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:40:42.00 ID:MF3bQVLr0
支援

40 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:40:59.90 ID:SvpTaRnr0

( ,,゚Д゚)「強くなりたいなら、ぬくぬくと岩ばっか相手にしてねえで外に出るんだな。
    お前の決意がどの程度かは知らんがな」

( ^ω^)「外に……?」


ギコは窓の外に視線をやり、続ける。


( ,,゚Д゚)「明後日、俺はプギャーさんとアサヒ村まで行く」

( ^ω^)「……」

( ,,゚Д゚)「お前にその気があるなら、この機会に外へ出るんだな。
     最初のチャンスってのは、一度逃すと二度目まで長いぞ」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:43:23.55 ID:VP8PsxMK0
支援

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:43:52.38 ID:qt11Uu0yO
支援

43 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:45:12.19 ID:SvpTaRnr0

そう言い終えると、ギコは席を立った。
振り返ることなく、寝室へと向かう。

その大きな背中に向かい、ブーンは問いかける。


( ^ω^)「どうして、僕に……?」

( ,,゚Д゚)「……」


足を止め、しばし沈黙するギコ。
やがて、彼には似つかわしくない、消えるような声で呟いた。


( ,,゚Д゚)「なんでだろうな。お前を見てると……昔を思い出す」

( ^ω^)「お……?」

( ,,゚Д゚)「とにかく、てめえのことだ。これ以上は何も言わねぇ。
     どうするかは、自分で決めろ。選択肢は与えてやったぞゴラァ」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:46:12.20 ID:VP8PsxMK0
支援

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:47:20.65 ID:qt11Uu0yO
支援

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:51:14.72 ID:qt11Uu0yO
支援

47 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 00:52:43.71 ID:SvpTaRnr0

階段を上っていくギコ。
やがてその姿は、ブーンの視界からは見えなくなり、再び静寂が少年を包み込んだ。

( ^ω^)「……」

一人残されたブーンは、美しく光る月を見やる。

思えば、VIPの外の世界は、ほとんど知らない。
かつて知っていた故郷が、どこにあるかさえ記憶に薄い。

( ^ω^)「いよいよ旅立つ時が来たのかも知れないお」

自分に言い聞かせるように、呟く。

( ^ω^)「僕は、強くなって……必ず奴を見つけ出す。
      そして、この手で敵を取るんだお」

拳を強く握り、少年は決意を固めた。

( ^ω^)「決めたお。僕は、VIPを旅立つお! 待っててお、父ちゃん、母ちゃん。
      絶対に、僕がみんなの雪辱を晴らしてみせるお……絶対に」


少年は旅立ちを決意する。
それは、この物語の、本当の始まりに過ぎないことを、彼はまだ知らない。


第八話 終わり

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:53:26.85 ID:VP8PsxMK0
乙シード

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:53:46.16 ID:qt11Uu0yO


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:54:08.77 ID:1NJgBXg90
乙乙

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:55:03.92 ID:YYQM1/hVO


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 00:58:24.24 ID:MF3bQVLr0
乙Ceed

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 01:13:21.19 ID:aHfuAPzn0
イイハナシダナー(;∀;)

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 01:14:06.68 ID:sVqKl+RW0
エクシード!

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 01:19:06.50 ID:euENs52s0
乙乙
しかし気になったことが一つ
>>33
おなざり→おざなり

ではないか?

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 01:28:40.28 ID:MF3bQVLr0
次回もwktkエクシード
http://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/src/boonpic_1165.jpg

牙猫団には門限があるそうなので
http://boonpict.run.buttobi.net/cgi-bin/up/src/boonpic_1166.jpg

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 01:30:33.47 ID:z4ihgBUrO
>>56
映画のポスターみたいだな

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)