5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(メ^ω^)砂漠で子作りするようです

1 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:05:36.65 ID:SvpTaRnr0
   /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   シコシコ…ああっ、いいお、いいお…シコシコ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /        シコシコ…そろそろイクお……ウッ!


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \. 砂漠に生きるの番外編です
   |    (__人__)    | 短編読みきり
   \    ` ⌒´    /
   /              \

まとめ オムライスさん
http://vipmain.sakura.ne.jp/418-top.html


2 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:07:13.28 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「……はぁ」


時計を見て、ため息をつくのは、これで何度目だろうか。

自室だと言うのに、どこか落ち着かない。
心臓はどくどくと脈打っており、喉はすっかり乾いていた。


(メ^ω^)「……落ち着け俺。部隊長を務める者が、こう焦っては示しがつかないだろ」


自分に言い聞かせるように、呟く。
そんな言葉とは裏腹に、落ち着かない様子でウロウロと部屋の中を歩き回る。

ふと、扉を叩く音が、二回ほど鳴った。



3 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:10:28.72 ID:SvpTaRnr0

「デレです。ナイトウ様、入ってもよろしいでしょうか?」

(メ^ω^)「あ、ああ。構わん」


精一杯、威厳を出した口調で返事をするナイトウ。
直後、扉がゆっくりと開き、ツインテールの可愛らしい少女が姿を現した。


ζ(゚ー゚*ζ「今晩は。ナイトウ様」


窓から差し込んだ月明かりが、デレと名乗った少女の顔を照らした。


( ^ω^)ブーンが砂漠に生きるようです 番外編


       (メ^ω^)砂漠で子作りするようです





4 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:12:51.02 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「ま、まぁ座れ。お茶でも出そう」

ζ(゚ー゚*ζ「あ、いいですよ。私がやります」

(メ^ω^)「む……そうか? 悪いな」

ζ(゚ー゚*ζ「いえいえ、とんでもございません。こういうのは、元々私の仕事ですから」


ぎこちない動きをするナイトウを他所に、落ち着いた様子のデレ。
ナイトウは椅子に腰掛けると、お茶を汲むデレの背中をじっと見つめた。

改めて、愛しい女性が自室に来ているのだと実感し、生唾をごくりと飲み込む。


(メ^ω^)(い、いかん。平常心だ。平常心)


ナイトウは目を瞑り、精神を統一する。
デレと出会った頃の記憶が、自然と頭に浮かんできた。



5 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:16:01.90 ID:SvpTaRnr0

             ※


見渡す限りの砂の世界。

砂漠の大陸の北部に、ナイトウが属する満月の国は存在した。


(メ^ω^)「ちぇえい!」

「ぐっ……ま、参りました」

(メ^ω^)「まだまだ打ち込みが甘いな。精進しろ」


剣を鞘に収めながら、そう呟く。
若くして、武芸の才能を開花させたナイトウは、満月の国でも屈指の武士であった。

その才能と高い忠誠心を買われ、今では軍の部隊長を勤めている。



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:16:56.14 ID:+V5F62jk0
(´;ω;`)イイハナシダナー

7 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:18:07.07 ID:SvpTaRnr0

ζ(゚ー゚*ζ「お疲れ様です。ナイトウ様」

(メ^ω^)「おお、いつもありがとう。デレ」

ζ(゚ー゚*ζ「いえいえ」


礼を言いながら、貰い受けた布で汗を拭くナイトウ。
満月城で家事手伝いをしているこの少女――デレは、ナイトウに好意をよせているようであった。


ナイトウもまた、そんな彼女を愛しく想い、しかし一歩踏み出せずにいた。
何とも曖昧な二人の関係だったが、そんな関係が長く続いたある日のこと。

ナイトウは、ついに覚悟を決めた。



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:18:23.07 ID:YVwpiLEn0
(メ^ω^)「まだまだ打ち込みが甘いな。精進しろ」

なんか興奮した

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:18:46.05 ID:tyHqkl7e0
DQ5の小説の話かと思ったら違う・・・?

10 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:20:59.89 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「このままでは、いかん。俺も男だ。今夜、部屋にデレを呼ぼう」


男が自室へと女を招き入れる。
それが意味する物は、一つであった。

荒い鼻息を必死に抑え、あくまでさり気なくデレを誘ったところ、
小さな顔を真っ赤にしながら、静かに頷いたのであった。


そして、今に至る。




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:23:30.13 ID:YVwpiLEn0
ムッハー

12 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:23:41.91 ID:SvpTaRnr0

―――……


ζ(゚ー゚*ζ「ナイトウ様、お茶が入りましたよ?」

(メ^ω^)「あ、ああ」


木製のテーブルの上に、茶の入った椀が置かれる。
正直、茶など飲んでいる場合ではない。

問題は、どう切り出すか。

この時が来るまで、あらゆるパターンを考えたのだが、納得できる切り出しなど思いつかなかった。
立場上、他の兵に聞くわけにもいかず、己の力量だけに任される事になった。



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:26:00.38 ID:MAmlzrCj0
FFのしょうせつかとおもったけどちがう?

14 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:26:56.77 ID:SvpTaRnr0

ζ(゚ー゚*ζ「……」

(メ^ω^)「……」


互いに、沈黙する。
デレはナイトウのすぐ傍に立ち、言葉を待っているか、押し黙っている。

ここは、男の自分が先導すべきだ。

そう判断し、ナイトウは乾いた口を開ける。


(メ^ω^)「デレ」

ζ(゚ー゚*ζ「……はい」


ぎこちない表情を浮かべるデレ。
その表情と仕草から、かなり緊張しているのが見て取れた。


15 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:29:49.77 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「……」

ζ(゚ー゚*ζ「……」


見詰め合う、二人の男女。
二人の距離は、ゆっくりと縮まっていく。

ナイトウは、デレの髪をやさしく撫で、その小さな体を包み込んだ。


ζ(///*ζ「あ……」

(メ^ω^)「デレ……」


体全体から伝わってくる柔らかな感触に、心臓が激しく鼓動する。
デレの髪から漂う女独特の香りが、余計にナイトウを興奮させた。



16 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:32:03.75 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「ん……」

ζ(///*ζ「あ……ナイトウ様……」


己の唇を、デレの口内に入れると、デレもまたそれに答えた。
互いの柔らかな舌が、濃厚に絡み合う。


(メ^ω^)「デレ……」


デレの、子猫のような瞳を見つめる。
何も言わず、彼女はただ小さく頷いた。


ζ(///*ζ「ん……あっ……!」


ナイトウは、滑らかな膨らみに手を伸ばし、愛撫をする。
服の上からでも感じ取れる、双丘の弾力が、手のひらから全身へと伝わる。

下から持ち上げるように掴み、上下左右に動かす。
乳房に指が触れると、ふにふにとその形を変えた。



17 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:33:41.86 ID:SvpTaRnr0

(メ*^ω^)(なんという心地よさ……これが女の胸か)


ナイトウの大きな手で掴んでも、指の間から柔肉がはみ出るほどの豊かな乳房。
むしゃぶりつくように、揉み解した。


ζ(///*ζ「うっ……んぅ……あっ……!」

(メ^ω^)「気持ちいいのか? デレ」

ζ(///*ζ「ひゃうっ……や、ダメ……そんなに……んっ」


デレは声を漏らし、息を荒げた。
その声が、さらにナイトウの理性を奪っていく。



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:33:47.59 ID:VP8PsxMK0
支援

19 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:35:42.72 ID:SvpTaRnr0


(メ^ω^)「お? 乳の先端が固くなっているぞ。いやらしいな、デレ」


乳首を転がすように、指を動かした。
デレのそこはさらに硬くなり、指でいじるほど、どんどん感度があがっていく。


ζ(///*ζ「くっ、あぁ……! やっ……!」


そこをいじると、濡れた声をさらにあげるデレ。
ナイトウは豊かな乳を撫でながら、唇に舌を入れ、互いの唾液を交わらせる。



20 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:36:47.78 ID:SvpTaRnr0


(メ^ω^)「デレ……俺は、デレの体が、見たい」

ζ(///*ζ「……はい」


愛撫する手を止め、そう耳元で呟く。
デレは消えるような声で返事をすると、質素な上着をゆっくりと脱ぎ始めた。

ボタンを一つ一つ外し、少し躊躇した後、上着を両側に開いて豊かな乳房をさらけだした。



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:38:09.62 ID:+S5MMxzOO
官能小説に走ったかエクシーード

22 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:39:12.26 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「おお……」


ナイトウは、その光景に見入った。
ベットの上に正座する、半裸の少女。

その乳房は、小さな体に似つかわしくないほど豊かだ。

むっちりとした胸の谷間や、突起した乳首が月光に照らされ、余計に美しく見える。


ζ(゚ー゚*ζ「ナイトウ様……その、そんなにじっと見られては、恥ずかしいです……」

(メ^ω^)「ああ、すまない。あまりに美しいので、見とれてしまった」

ζ(゚ー゚*ζ「そんな、私なんて……んっ!」


言葉の途中で、ナイトウは彼女の唇を塞いだ。
そのまま覆いかぶさるように、デレを押し倒す。


23 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:41:24.87 ID:SvpTaRnr0

ζ(///*ζ「んっ……うっ……」


胸に顔を埋め、乳首を中心に舌を這わせる。
膨らんで硬くなった乳首を、舌先で転がし軽く歯を立てる。


(メ^ω^)「デレの乳房は、とても柔らかくて心地がいいな」

ζ(///*ζ「やっ……そんな、こと……言っちゃ……あっ……!」


ナイトウの手は、やがて胸から下へと移っていく。
柔らかな太ももを経由し、やがてその手はデレの下着の中へと進入する。



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:41:45.76 ID:VP8PsxMK0
支援

25 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:42:45.28 ID:SvpTaRnr0

ζ(///*ζ「ダメッ……そこは……あっ……んっ……!」

(メ^ω^)「そこは、何だい?」


下部へと伸ばされた指は、秘部を中心に、ゆっくりと円を描くように撫でた。

それを拒むように、デレは太股をきつく閉じる。

だが、それが余計にナイトウの指を秘部へと食い込ませる。


ζ(///*ζ「んぅっ……ダメ……おかしく……ん……なっちゃう……!」


デレの腰が大きく跳ね上がる。
ナイトウは指を秘部から抜くと、先についた愛液をデレに見せた。



26 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:45:17.97 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「もう、こんなに濡れているじゃないか。いやらしいな、デレは」

ζ(///*ζ「ん……はっ……」


デレの甘い吐息が、室内に響く。
ナイトウは膨張した己の股間を見て、自分の服を脱ぎ捨てた。


(メ^ω^)「こいつを見てくれ。どう思う?」

ζ(///*ζ「すごく、おっきぃ……です」


天に向けて突き出るそれは、ナイトウの戦歴に相応しいほど立派な物だった。
デレはその肉竿を小さな手で掴むと、上下にしごき始める。



27 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:46:25.55 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「はうっ!?」

ζ(゚ー゚*ζ「ふふ、いっぱいいじめられたから、仕返しです」


肉竿を包み込むデレの体温が、さらに股間を膨張させる。
女性に肉竿を掴まれるというのは、流石のナイトウでも初体験であった。

そして、そこから生まれる興奮と心地よさは、声をあげてしまうほど素晴らしかった。


ζ(゚ー゚*ζ「ふふ、凄く……硬いですね……」


白くてすべすべしたデレの肌が、ナイトウの肉竿を握り、絞るように大きく擦りあげる。



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:47:46.41 ID:9aKAmDKh0
わっふるわっふる

29 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:48:06.83 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「うぁ……く……」


そこから生じる快感が、体全体を駆け巡る。
激しく燃え上がる性欲が、まだかまだかと肉竿の入り口で暴れている。


ζ(゚ー゚*ζ「まだ、出しちゃダメです……。先輩に教えてもらった……これを、試すまで」

(メ^ω^)「おぉ!?」


瞬間、デレはナイトウの股間に顔を埋め、舌先で肉竿をなぞった。
痺れるような感覚が、ナイトウの脳内を打ち抜いた。



30 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:50:47.10 ID:SvpTaRnr0

ζ(゚ー゚*ζ「んっ、ちゅ、ん……すごい、口に入りきらないですよぉ……」


デレの柔らかい舌先が、肉竿の敏感な部分や先端を刺激する。
湿った口内の感触と、暖かな吐息が、ナイトウの興奮を絶頂まで突き通していく。


(メ^ω^)「で……るっ……!」

ζ(゚ー゚*ζ「ちゅ……んぅん……いいです……出してください……」


(メ^ω^)「うっ……! ああっ!!」


瞬間、快感と共に溜まっていた精液が、肉竿から飛び出した。



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:51:25.80 ID:VP8PsxMK0
支援

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:51:45.27 ID:Tsp1H69WO
俺の股間がエクシード

33 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:52:09.57 ID:SvpTaRnr0

ζ(゚ー゚*ζ「きゃっ! ……ん、たくさん……出ましたね」


とろとろとした白い精液が、デレの顔にかかる。
デレはそれを指で拭うと、おいしそうに舐めた。


ζ(゚ー゚*ζ「ナイトウ様のいった時の顔……可愛かったですよ」

(メ^ω^)「おのれ。次は俺の番だ」


息を整え、ナイトウはデレの下着を掴むと、一気に脱がす。
デレの淡いヘアに囲まれた秘部が、ナイトウの視界へと飛び込んできた。


ζ(///*ζ「やっ……!」


股を閉じ、咄嗟に隠すも、ナイトウはそれを許さない。
鍛えられた腕で、閉門された股を開かせ、秘部へと顔を埋めた。



34 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:54:12.42 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「秘儀、踊舌」

ζ(///*ζ「ひゃっ……!」


舌で周囲を舐め回し、ゆっくりと秘密の花園の扉を開く。
そこには、ピンク色の、独特の香りを放つ秘肉があった。


(メ^ω^)「これが噂の、女性の花びらというものか」

ζ(///*ζ「あう……」


恥ずかしそうに、声を漏らすデレ。



35 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:55:46.27 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「ふふふ。よい眺めだよ、デレ」

ζ(///*ζ「うう……」


ナイトウはうっとりと、その卑猥な花園を見つめた。
そして、舌先を尖らせると、内部に位置する小さな尖りを舐める。


ζ(///*ζ「やっ、んあぁっ! ん、あっ……ひゃんっ!」


淫らな声を漏らし、腰をくねらせるデレ。
しかし、ナイトウの責めは止まることをしらず、さらに激しく舌先を動かした。


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:56:36.21 ID:VP8PsxMK0
支援

37 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:57:22.49 ID:SvpTaRnr0

ζ(///*ζ「あっ!んっ……だめ……!」

(メ^ω^)「デレ、すごいぞ。いやらしい汁が、たくさん出てる」


愛液を含み、湿った秘部から顔を離すナイトウ。
やがて、彼は再び膨張した肉竿を掴み、デレの股の間へと移動させる。


(メ^ω^)「……いいか?」

流石のナイトウも、緊張と興奮が混ざった声で問う。

ζ(///*ζ「……はい」


デレが、ゆっくりと、しかし力強く頷いた。

ナイトウは息を吐き、腰に力を入れてゆっくりと肉竿をねじ入れていく。


38 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:57:58.35 ID:SvpTaRnr0

ζ(///*ζ「んっ! あぁっ! くっ……熱……痛っ……!」

(メ^ω^)「す、すまん。痛いか?」

ζ(///*ζ「いえ……入れてください……」


ナイトウは一度、肉竿を引き抜き、再度デレ秘部へと差し込む。
濡れた肉が、肉竿の先端に絡み合い、滑るように入っていく。


ζ(///*ζ「んぁ、あっ! ん、あぁぁ――!」


悲鳴に似た声が、室内に響き渡る。
直後、何かが裂けるような感触。

滑らかに入っていく肉竿は、完全に奥まで到達した。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 21:57:59.50 ID:XeYySt+b0
爆シードwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

40 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 21:59:07.17 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「奥まで、入ったぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「嬉しい……やっと、一つに……なれたんですね」

(メ^ω^)「ああ。くっ……!」


肉竿が、内壁によって締め付けられる。
引き抜こうとするも、肉と肉が擦れ、さらなる快感を生み出している。


(メ^ω^)「動かすぞ」


ナイトウはゆっくりと、腰を前後に振った。
狭い秘内で肉竿が動き、強く擦れる。

油断すればすぐに達してしまいそうな快感が、ナイトウを包み込んだ。


41 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 22:00:47.62 ID:SvpTaRnr0

ζ(///*ζ「んっ! はっ……んん……あっ!」


少しずつ、腰を振る速度を速めるナイトウ。
もっと、もっと繋がっていたい。

快感の中で、そんな想いが強くなっていく。

(メ^ω^)「んあっ……!」


ナイトウはデレの腰を押さえつけ、さらに奥へと突く。
愛液と精液が混ざったものが、肉竿と秘部の間から溢れ出ている。


ζ(///*ζ「ひゃうっ……あっ! んんっ! はぁんっ!」

(メ^ω^)「ぐっ……いく!」


42 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 22:01:47.91 ID:SvpTaRnr0

ζ(///*ζ「んっ――ッ!」

(メ^ω^)「うぁ――ッ!」


熱く滾った肉竿が、デレの中で爆発した。
全てを出し切り、ゆっくりと肉竿を引き出すナイトウ。


ζ(゚ー゚*ζ「はぁ……はぁ……ん」

(メ^ω^)「デレ……」


絶頂期が過ぎ、やがて二人の間に平穏が訪れた。
互いに汗だくになりながら、肌を寄せ付けあう。

ナイトウはデレをしっかりと抱きしめ、微笑んだ。



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:02:30.14 ID:VP8PsxMK0
支援

44 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 22:04:36.94 ID:SvpTaRnr0

(メ^ω^)「愛しているぞ、デレ」

ζ(゚ー゚*ζ「私も……愛しています、ナイトウ様」


互いに愛を確認しあうと、二人は唇を重ねた。

外に浮かぶ月は、満月。
夜空に輝く星が、二人を祝福するかのように、まばゆい光を放ち続けていた。




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:08:19.44 ID:pk6Ne6120
ケッ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:08:56.63 ID:qt11Uu0yO
支援

47 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 22:11:50.00 ID:SvpTaRnr0

そして、月日は流れる。

永遠の愛を誓い合った二人。
やがて、彼らは愛の結晶である、赤ん坊を授かった。


幸せそうな笑顔で、我が子を抱くデレ。
そして、赤ん坊の顔を覗き込み、泣きじゃくられ肩を落とすナイトウ。


      二人は、その子供に願いを込めた。

      いつまでも、風の子のように元気に生きるようにと。

      子供の名は、ブーン。

      二人は願う。



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:12:42.81 ID:qt11Uu0yO
支援

49 : ◆ExcednhXC2 :2007/10/29(月) 22:14:33.17 ID:SvpTaRnr0


(メ^ω^)「願わくば、この子に幸せを」

ζ(゚ー゚*ζ「願わくば、この子に神のご加護を」


運命の歯車は、無常にも廻り始める。
その歯車に立ち向かうその子供は、何を想い、何を感じるのだろうか。




(メ^ω^)砂漠で子作りするようです 終わり


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:15:34.33 ID:qt11Uu0yO


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:15:37.27 ID:VP8PsxMK0


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:17:20.34 ID:z4ihgBUrO
しょーもな


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/29(月) 22:17:29.44 ID:2MLD2Bpe0
エロクシード

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)