5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

( ^ω^)と4色の音色達のようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 02:20:24.22 ID:f5E9mp/80
遅くてご迷惑をかけ申し訳ない親愛なるまとめさんはこちら
http://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-5156.html
http://vipmain.sakura.ne.jp/251-top.html

2 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:22:09.40 ID:f5E9mp/80

山を覆う一面の緑、空はどこまでも青色が広がっている

とても大きな樹木、そこかしこから伸びた小さな枝には数枚の葉が揺れていた
僕はその木の陰に座り込んでいる、隣には………人が、居る
居るのに、何故か僕はそちらを見ようとはしない


隣の人が立ち上がった、白いスカートがヒラリと揺れた


見上げると、風に煽られる葉がざわざわと鳴いていて
その隙間からは、たくさんの光の粒が輝いていた。
同時に、隣の人が視界に入ったけれど、上が眩しくて、影になって、わからない


音が聞こえる

風が気持ちいい

目が熱い


僕は座ったまま、いつまでもこうして居たいと思った



3 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:23:12.47 ID:f5E9mp/80


「    !」


けど、誰かが呼んでる

行かなきゃ、何故か知らないけどそう思った
すると、隣から聴こえていた音色が止んだ

息がつまる、苦しい


「  」


誰かは、僕へと手を伸ばした
透き通るような白い肌、けれど細く長い指にはいくつかの腫れ
それが酷く不釣合いで、同時にすごく尊い物だと思えた

だからだろうか、僕はその手を握る事ができなかった

何も言えず、何もできず、ただただ俯く
わけもわからない恐怖心に煽られるように、目が、やっぱり熱い



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 02:24:31.45 ID:I7+fHNioO
随分と久しぶりな
支援

5 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:24:43.06 ID:f5E9mp/80
「なにしてんのよ、ほらいくわよ!」

誰かは、もう一度言うと僕の腕を掴み、強引に立ち上がらせた

僕が正面を向こうとしたところで、樹木が大きくざわめいた
突然の強風に目を開けていられない、強く眼をつぶると、一気に熱がこぼれていくのを感じた
なにか、嫌な予感がして…せめて一目だけでも、そう必死に願いながら

俯いていた顔を上げ、目を開くと、そこには――――



(  ω )「…ぁ?」

見慣れた天井があった。

薄暗闇の間に浮かぶのは、汚れとも模様とも取れる古ぼけた天井
僕はそれを見つめたまま、混濁する意識の中、しばしまどろみに身を委ねる。

今…何を考えていたんだろう、何を想っていたんだろう
思い出そうとすればするほどに、それは遠のいていく。

( ;ω;)「うっ…ぅ…うぅっっっ」

何故か止まらない涙を堪える事無く、閉じていく記憶の箱を追うように、僕はもう一度目を閉じた。
それが、忘れようとする為なのか、再び視る為なのか、それさえわからないままに
残ったのは、胸に重く圧し掛かる……強烈な喪失感だけだった。


6 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:26:45.41 ID:f5E9mp/80



【 第7音 「反去吹奏」 】



川 ゚ -゚)『まだ着かないのかな?』

(;^ω^)「まだ出発してもいないお…」

( ・∀・)「それじゃあ、よろしくね」

ξ;゚听)ξ『…ところで、これからアレを回収に行こうっていうのに、何で私達だけ? 他の人は?』

( ・∀・)「ああ、今日は派遣のみんなはお休みなんだよ」

(;^ω^)(派遣さんだったのかお…)

( ・∀・)「まあ、それにしぃさん…だったかな?
      彼女の家に行くのに皆で行く訳にもいかないだろう?
      だから、よろしく頼んだよ」

川 ゚ー゚)『うん、任せて』

(;^ω^)「お、じゃあ行ってくるお」

そう言う僕等に、モララーさんは笑顔で手を振っている
返事に軽くお辞儀を一つ、そして踵を返し、歩き始めた。


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 02:27:34.25 ID:h3bEGbVF0
shien

8 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:27:55.46 ID:f5E9mp/80

今、僕等はしぃの家に向かっている。
彼女の家には代々伝わる謎の楽器があるという話を聞いたからだ。

というのも、話は…夜の公園で彼女と再会した三ヶ月ま…数日前にさかのぼる――――



川 ゚ -゚)(お盛んだねぇ)

ξ♯゚听)ξ(……)


(;^ω^)(おわ!? いつの間に!?)

(*;ー;)(…へ?)


とつぜんの背後の声に、二人そろって身体を震わせ、勢い良く振り向くと
そこには撒いたと思っていた3匹が、抱き合う僕等を背後から観察していた。
だが、不思議とそれについての驚きよりも、いや何よりも、やっぱり気になる事がある。

(;^ω^)((…))


ξ゚听)ξ川 ゚ -゚)从 ゚∀从←

…うん、三人居る。
広場で別れた時は二人だったのに、何故増えてるのか

9 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:28:51.91 ID:f5E9mp/80

まさか 川 ゚ -゚)×ξ゚听)ξ=从 ゚∀从 とかそういうアレか

(*; ‐ )(…え?え?)

ああ、そうだそんな事言ってる場合じゃ無い、今…僕の前にはしぃが、驚愕の表情を浮かべている
この宙に浮かんでる小さい女の子等、怪しすぎるこの状況を、彼女にどう説明したら……。

(;^ω^)(あうあう…)

と、そんな事を考えていると…。


(*;゚ー゚)(お…お化けがいる…)


彼女は、僕の後方を指差し、そう言った。


(;^ω^)(へ?)

ξ♯゚听)ξ(誰がお化けよ!)

川 ゚ー゚)(ははは、こやつめ)

从;゚∀从(ひどい…)

Σ(*゚ー゚)(あっ、しかもこの声は…っ)


10 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:29:48.02 ID:f5E9mp/80

从 ゚∀从(え?)

(*;゚ー゚)(なー君! これ! この子の声よ! こないだから夜になると聞こえてくる変な声は!)

次いで、新顔の子の方を凝視したあと
僕から離れ、指をむけながら言う。

(;^ω^)(ああ…そういえば、言ってたお)

曰く、誰もが寝静まった丑三つ時。
どこからか声が聞こえてくると言う

…いや、それだけなんだけど。

从;゚∀从(あー…えと)

(*;゚ー゚)(間違いないわ! なんか…くらいべ〜、怖いべさ〜って!!
     ぶつぶつ話しかけてきたのはあなたでしょ!?)

从;゚∀从(そ、それは、その…)

(*;゚ー゚)(やっぱり…お化けだったのね…っ)

从;゚∀从(いやいや、違うだべ! 幽霊じゃないべさ!!)

(*;゚ー゚)(嘘だっ! そんな小さくて、浮いてて…どう見たってお化けじゃないの!)


11 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:30:54.94 ID:f5E9mp/80

从;゚∀从(ま、まあ、それを言われちゃいますと…って、何で迫ってくrひゃうん!?)

(*゚ー゚)(………あ、でも触れはするのね…そうよね、こっちはお化けに触れないのに
     向こうは触れるなんて卑怯だもんね、そうよね…)

从;゚∀从(ちょ、ちょ! どこ触って…)

(*゚ー゚)(…それにしても、よくみると…)

从;゚∀从(…?)


まじまじと見つめあい、困惑した様子で新顔の女の子が首をかしげる
と、そんな様子をみるなり、しぃは軽く呻き声をあげた後…。


(*>ー<)(何この子!! ちょーかわいいーーーーーーーー!!)

歓喜の悲鳴をあげ、前に浮かぶ女の子にしがみついた 从li ∀从(ぉごぁ!!)
というか、捕獲した、両腕でがっしりと、ギリギリと締め付けコンボ付きで。

从li ∀从(ぐぇぇ……)

(*>ー<)(あーん、どーしよー! かわいいようかわいいよう!!)

从li ∀从(あ、あがっ、しぬ! たすk)

(ギャー!!)


12 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:32:04.18 ID:f5E9mp/80

そのまま抱き抱え、頬擦りしたり、身体を撫で回したり
抵抗する暇も与えぬ連続攻撃の果てに…哀れ新顔の子は動かなくなってしまいましたとさ。

从li ∀从(……)

だが、そんなのは意に介した様子も無く
今度はその後ろに並んで浮かぶ二人を見ると、しぃはにやりと口元を吊り上げた

(* ー )(しかも…3匹も…)

ξ;゚听)ξ(…え)
川;゚ -゚)(…む)

(*゚ー゚)(……こっちのかわいいお化けさんは、触れるのかしらね?)

(*゚ー゚)「ふふ…」

ξ;゚听)ξ(…う)

すると今度はツンをターゲットに定めたのか
向き直し、手をわきわきさせながらじりじりと滲み寄る、笑顔が怖い。

(イヤー!コナイデー!!)

(アアン、マッテー!!)

そして何やら追いかけっこを始めてしまった

13 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:32:49.99 ID:f5E9mp/80
どう説明すべきかとか、一瞬でも真剣に考えていた自分が馬鹿らしく思えてきた
なんていうか…順応性高いねしぃさんは、そうだね、そうだったよ、こういう人だったよね…。

と、感慨にふけりながら、そんな様子を見ていると
ふと横を見れば、いつの間にやらクーが僕の隣へと避難していた


川;゚ -゚)(……なかなかどうして、逞しい子じゃないか)

(;^ω^)(お…それより、いくつか聞いていいかお)

川 ゚ -゚)(うん、どうぞ?)

( ^ω^)(まず…そこで死にかけてるのも、君等の同類なんだお?)


僕はそう告げながら、指をさした
向けた先には、仰向けのまま宙を漂う女の子
ちなみに呻き声を漏らしながら、ヒクヒクと痙攣を繰り返している、しょうじき不気味だ。


川 ゚ -゚)(…同類って一括りにされるのは好ましくないんだけど
     残念ながらその通りだよ…)

从li ∀从(ひ…ひどい…)


14 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:33:21.81 ID:f5E9mp/80

(;^ω^)(…いつの間に増えたんだお?)

川 ゚ -゚)(君が広場から駆け出して、その後を追う道中にばったり会ったんだよ)

(li^ω^)(んなバッタリ会うもんなのか…)

川 ゚ -゚)(気にするな、うはwwwおkwwwwとでも言っておけばいいんだ)

( ^ω^)(うはwwwwwwwwwおkwwwwwww)

川 ゚ -゚)(よし、という訳で、そういう訳だよ)

(;^ω^)(…把握)

川 ゚ー゚)(あれ、ずいぶんと物分りがいいね)

( ^ω^)(……いい加減学習したお、言うだけ無駄なのはわかってるお)

川 ゚ー゚)(よいことだよ)

(;^ω^)(よかない…っ、けどそれより…しぃがさっき言ってた事だお)

川 ゚ -゚)(声が聞こえてくるってやつかな?)

( ^ω^)(そうだお、それってもしかして…)

川 ゚ -゚)(うん、多分そういう事だろうね)


15 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:34:57.89 ID:f5E9mp/80

しぃが自宅で聞いたという声、そして目の前に浮かんでいる空中どざえもん
この二つが同一であるというのなら…それは、つまり……


( ・∀・)(4奏器の三つ目、その本体は彼女が持っているのかもしれない…か)

(;゚ω゚)(!?)

川 ゚ -゚)(だね、どうする?)

(゚ω゚;;)(!??!?)

(;;゚ω゚)(!?!?!?)

( ・∀・)(そうだな…できるだけ早く確認に行きたいね
      そういうわけで、頼めるかな、内藤くん?)

(li ω )(……)

( ・∀・)(おや、どうしたんだい?)

(;;^ω^)(…なんで)

( ・∀・)(私がここに居るのか、そんな質問は非常に無意味だと思わない?)


思いません、本当に、どっから湧いて出てきやがりましたか
ああ突っ込みたい、ものすごく突っ込みたい


16 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:36:05.46 ID:f5E9mp/80

あ…なんか頭痛がしてきた。

僕はそろそろ疲れたよパトラッシュ、なんだかとっても眠いんだ…

いや、比喩でもなんでもなく、ほんとに。


(li ω )(そうですね…)

( ・∀・)(そうだろう、じゃあ明日にでm…)

(li^ω^)(?)

( ・∀・)(…と、言いたい所だけど、どうやら本当にお疲れのようだね)

(;^ω^)(お…)

( ・∀・)(今はゆっくり休むのがいいかもだね)

(;^ω^)(そうしたいかも、ですお)

( ・∀・)(よし、任せたまえ)


そう言うと、モララーさんは左腕を横向きに突き出した
みれば手首には腕時計がつけられ、続けてレンズ部分が起き上がり、こちらを向いた。


17 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:36:39.51 ID:f5E9mp/80

(;^ω^)(……なに、してるんだお?)

( ・∀・)(おやすみ、内藤君)

(;^ω^)(ちょ!? 今はってそのまんま今かお!?)

( ・∀・)(うんそう、時計型麻酔銃はっしゃー)

(;゚ω゚)(はぅあ!!)


喉元にちくりとした痛みが走り、すぐさま視界が暗転
すでに疲労、気苦労が溜まっていた僕は、そのまま深い眠りに落ち…

結局、まる2日間眠り続ける事になった。


……。




川 ゚ -゚)『そして、冒頭に戻る』




川 ゚ -゚)『無限ループって怖いよね』


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 02:38:22.14 ID:yUKchIPd0
支援

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 02:38:55.74 ID:UkZ+Rc0HO
めちゃくちゃ久しぶりだな

20 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:38:56.35 ID:f5E9mp/80

ξ゚听)ξ『そんな事より着きましたよ』

( ^ω^)「おいすー」

(*゚ー゚)「いらっしゃーい」

川;゚ -゚)『おお、いつの間に』

彼女の家の前まで来ると、玄関先で待ち構えていたしぃが僕等を出迎えてくれた。
しかも、にこにこしながら、何だかやたら楽しそうだ。

ξ゚听)ξ『あら、やっぱりあの子は居ないのね…』

( ^ω^)「みたいだお」

例の、昨夜に居た新顔の子はしぃに連れられていったが
聞くところによれば、彼女が家に着くと…気付けば居なくなっていたそうだ。


(*゚ー゚)「…ツンちゃん」

ξ;゚听)ξ『ぅ…な、なによ?』

(*^ー^)「うふふ、呼んでみただけ」

ξ; )ξ『…!』

(;^ω^)「お?」


21 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:40:50.37 ID:f5E9mp/80

身の危険を感じたのか、ツンはその場で身震いし
すごい速度で僕の背中にまわると、全力で警戒の姿勢を取る


(*゚ー゚)「三ヶ月ぶりだっけ?」

ξ;゚听)ξ『え!?』

(*^ー^)「うそうそ、三日ぶりだよねー?」

ξ;゚‐゚)ξ『……』

(* ー )「アア、カワイイ・・・・・カワイスギル・・・」


((ξ;凵G)ξ))『…』


何かを物々と呟きながら、どこか虚ろな眼で見つめるしぃ
そんな様に恐怖を感じたのか、ツンは僕の肩にしがみつき、もう完全に脅えきっている。

…何か、余程トラウマになる事でもあったのだろうか


22 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:41:58.42 ID:f5E9mp/80

ちなみに今日の事、つまり4奏器と呼ばれる楽器の捜索、及びその他詳細は既に話を通してあったりする
なんでも…僕が倒れた後、事の経緯をモララーさんが伝えてくれたらしい
そして今日の事を連絡したのもそうだ、手回しが早くて驚いたけれど…むしろそれより。

しぃは、詳しい事情を聞くと、すぐさま異常な速度で理解を示し
快く楽器探しの了承をするばかりか、むしろ自ら進んで捜索まで申し出たそうだ…

…みんなおかしいんです。

初対面というものはですね、まずは様子を見るというか
そんなすぐに馴染めるものじゃないと思うんだ。


(*゚ー゚)「クーちゃんもこんにちわ、お菓子あるんだけど食べない?」

川 ゚ -゚)『やあ、気持ちだけもらっておくよ』

(*゚ー゚)「まあまあ、そう言わないで餌付けされてよ
    そして両手でもきゅもきゅ食べてよ
    クーちゃんみたいな子がそうすると、ギャップがまたかわいいと思うの」

川;゚ -゚)『そ、そう…?』

(;^ω^)「あの、しぃ、それよりも…それがそうなのかお?」

(*゚ー゚)「え? うん」


23 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:43:32.52 ID:f5E9mp/80

(*^ー^)「ではどうぞー、こちらご注文の品になりまーす」

そう言うと、彼女は手にぶらさがっていた黒色のケースを突き出す
横長の年季の入った感じのその入れ物を、僕等は思わず小さな歓声を漏らし、それを見つめた
すると…垂直に突き出した彼女の腕がぷるぷると震えだした

(;*゚ー゚)「…おもっ」

そして、重力に引かれて再び下に下がっていった。

(;*゚ー゚)「もうっ、はやく受け取ってよ!」

(;^ω^)「あ、ごめんだお」


そうして、ケースを受け取ると、その場で地面に置き
取っ手の横に手をかけ、パチンとロックを外し、蓋を開いた。

赤い布が敷き詰められた内装、そのくぼみには
くすんだ金色をした、U字型の物体が埋められている

片側には、長く伸びたスライド式の鉄棒
もう片側には円錐状に膨らんだラッパ口


( ^ω^)「…トロンボーン、かお」


24 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:44:39.64 ID:f5E9mp/80

(*゚ー゚)「そう、なんでもずーーっと昔の物で、見たとおりボロボロ…しかも音が狂ってて
    まともに吹けたものじゃないんだけど…何故か捨てられずにずっと残ってるの」

( ^ω^)「なるほど…それっぽいお」

(*゚ー゚)「でしょー」

( ^ω^)「で、どうなんだお? これで合ってるのかお?」

川 ゚ー゚)『ためしたらどうだい?』

( ^ω^)「ふむ…じゃあそうすr」

ξ♯゚听)ξ『だ、駄目!!!!』

(;^ω^)「…へ?」


突然、ツンが声を張り上げた
何事かと伸ばしかけた手が止まる


(;^ω^)「えーと…なにゆえ?」

ξ;゚听)ξ『あ…ぅ、その…』


25 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:46:18.27 ID:f5E9mp/80

問いてみるも、なんだか口淀み、どうにもはっきりしない
何故か、クーだけはニヤニヤしながらそんな様子を眺めている
すると視線を察したのか、ツンは僕へと近寄り、手を握った。

ξ;゚听)ξ『そんなの…私を弾けばわかるからよ!』

(;^ω^)「!?」

言葉に次いで発光、すぐに消光、そして僕の手にはヴァイオリンが握られていた。


(;^ω^)「…そうなの?」

『そうよ』

川 ゚ー゚)『…まあ、ね』

『ほら、いいから早くしなさい』

(;^ω^)「わ、わかったお…そんな急かさなくても…ん?」


ふと、妙な視線を感じる
見ればしぃが喜々とした表情で瞳を輝かせていた。

いつの間にか、楽器と会話する自分に慣れ始めている事に気付いた。

…それもどうなんだろう。


26 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:46:50.22 ID:f5E9mp/80



…………。



同時刻、先日の巨大ロボットが暴れたとされる跡地で
二人組みの男がその焼け跡を眺めていた。


( ´_ゝ`)「あーりゃりゃこりゃま…けっこう派手にやってくれたみたいじゃん」

(´<_` )「派手なだけでは、何の意味もないのだがな」

( ´_ゝ`)「そりゃそうだっと、あーなんか良い物残ってたりは……しねーか」


黒く焦げた大地に、溶解し半壊した建物群が広がる無惨な光景
そんな中、キョロキョロと何かを探すように見回しながら廃墟を進み、男は呆れたように呟いた。


( ´_ゝ`)(…こうまで何も残ってないたぁ、なんだかねぇ)


そこには、何も残っていなかった
見えるのは、荒廃した大地のみ、何の処置が行われた様子もなく
ある種、綺麗にそのまま残されていた、故にそれが少しだけ引っかかった


27 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:49:20.89 ID:f5E9mp/80

( ´_ゝ`)(残骸さえ残さず…こっちのアレを消し去った…ってか?)

仮にも機械同士が争い、そしてこちらの送り込んだ物は全て撃破された
ならばその残骸の一つや二つ転がっていてもおかしくはないはず
だが…そこには、それが無かった、片付けられたという跡が無いにも関わらず、だ。


( ´_ゝ`)(これが、これも遺産の力の一部か…そりゃ王様も怖がるわけだ)

(´<_` )「どうした?」

( ´_ゝ`)「あぁ?べつに?」

(´<_` )「…ならばもういいだろう、そろそろ定刻だ…捜索に戻るぞ」

( ´_ゝ`)「あいよっと、っと…いて!」

(´<_` )「…間抜けめ」


その場に背を向け、歩き出した弟者を追おうとした兄者が石につまずく
対する弟者は、後方をちらりと一瞥すると、舌打ちついでにぼそりと呟いた。


( ´_ゝ`)「おーいてぇ、つーかよぉ…時間過ぎてんじゃねーか…遅刻か、妹者のやつ…」

(´<_` )「そうだな、だがようやく着いたらしいぞ」


28 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:50:18.08 ID:f5E9mp/80

( ´_ゝ`)「お? おお、マジだ」


そういう二人の遥か上空を、何かが通り過ぎた
地を走る高速の影は、まるで残像の様に過ぎ去っていく。

それは唸るような音を響かせながら、建物の上を何事もなく通過し
今度は急上昇、空高くへとぐんぐん飛び上がっていく。

色は赤に染められ

細く、流線の形状

全体で三角形を作るような、二対の羽


(´<_` )「…空飛機械、ベル」

( ´_ゝ`)「んじゃ、お仕事開始といくかね」


空へと昇った空飛ぶ機械が、ふわりと宙で僅かに停止し、しばしの横回転を伴い浮遊
続いてぐるりと頭を下に向け、一気に降下を始める。

黒点ほどの小ささにしか見えぬであろう位置から
落ちていく点を見た二人は軽く笑みを作り、何処かへと消えていった。


29 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:52:17.44 ID:f5E9mp/80


………。


ξ; )ξ『…ふ、ぅ』

从(;^ω^)「…ふー」

(*゚ー゚)「ぱちぱちぱち」

川 ゚ー゚)『おつかれさま』


促されるままに、短い演奏を終え一息つくと
二人は何処か楽しそうにしながら、ねぎらってくれた。


从(;^ω^)「えと、それで、どうだお? 当たりかお?」

川 ゚ -゚)『うん、そうみたい』

从(;^ω^)「そう…そう? でも、何も変化がないお?」

川 ゚ -゚)б『いやいや、うしろうしろ』


30 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:53:10.59 ID:f5E9mp/80

从( ^ω^)「うしろ?」


从 ゚∀从(^ω^ )「うしろ…」


(;゚ω゚)「ぎょあ!!!」
从;゚∀从『わわ!?』


振り向けば、すぐ背後に彼女が居た。


(;^ω^)「いつの間に…」

从;゚∀从『んや、けっこう前から……それより』

(;^ω^)「?」

从 ゚‐从『やっぱり…あなたは、本物の……ブーン…』

川 ゚ -゚)『そう言ったはずだけど?』

从 ‐从『……』



31 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:54:15.09 ID:f5E9mp/80

何故か、その子は俯いたまま黙り込んでしまった
どうにも居辛さを感じて、たまらず口を開いた所で


(;^ω^)「お…なんのはなs」


強烈な地響きが、僕の言葉を遮った。


ξ;゚听)ξ『え…』


遅れて、張り詰めた空気が破裂するような圧迫感と、轟音
それも一度や二度でなく、爆発音が連続して響いてくる。

まさか…、と嫌な予感を口にするよりも先に、クーが言った。


川 ゚ -゚)『また…来たらしいね』

(;*゚ー゚)「そ、それって……帝国の?」


从;゚‐从『…!!』


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 02:57:23.98 ID:79byLY6ZO
支援

33 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:57:24.73 ID:f5E9mp/80

川 ゚ -゚)『たぶんね、急いで戻ろう』

(;^ω^)「え゛…戻るて…それってまさか…」

ξ゚听)ξ『…あんたが、またリィンに乗って、戦うのよ』

(li^ω^)「…やっぱり?」


またこの台詞だ、どうして毎度毎度、こう…
心の準備とか覚悟とか、僕の意思を尊重するとか、そういうのをですね


川 ゚ー゚)『いやかい?』

(;^ω^)「え…えと…」

(*゚ー゚)「リィン、それって噂の巨大ロボット!?」

(;^ω^)「へ」

(*゚ー゚)「す、凄い! なー君すごい!!」

(;^ω^)「し、しぃ…?」


34 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:58:26.44 ID:f5E9mp/80

(*゚ー゚)「迫り来る帝国の魔の手……そして立ち向かうは正義のロボット…」

(*゚∀゚)「ささささいこう!!あ、あ、あひゃひゃひゃひゃひゃwwwwwwwww」

川;゚ -゚)『あ、壊れた』

(;^ω^)「ちょ、落ち着けお!」

(*゚ー゚)「大丈夫、すごく冷静だから! やばいと言えるくらいに!」

(;^ω^)(充分やばいお…)

(*゚ー゚)「なー君、がんばって…私女だけど、パイロットってかっこいいと思う」

(*^ω^)「え、そうかお?」

(*゚ー゚)「うん!!!!!!!!!!!」


(*^ω^)「よ…よし、じゃあ行くお!」

ξ♯゚听)ξ『…』



35 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 02:59:24.58 ID:f5E9mp/80

そうして、彼女の異常なまでのプッシュを受け
僕は恐怖とか、なんかそういうしがらみを忘れ、再び乗る事を決意した

我ながらなんという理由だ…

と、そこで酷く沈んだ表情を浮かべる女の子に気がついた。


从li゚‐从『……そんな』

川 ゚ -゚)『ハイン、君も』

从;゚‐从『い…いやだべっ!!!!!』


クーが、当初の予定通り、彼女を連れて行くべく声をかけた
だがそれは、悲鳴にも似た声によって掻き消された。

尚も続く爆音の中、僅かな間が生まれるも
それをすぐに言葉が続き、止めた。

从li゚‐从『…また、繰り返すつもりか…?
     あたしはもう……もうあんな思いをするのは…』


36 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 03:00:54.21 ID:f5E9mp/80

川 ゚ -゚)『言いたい事は分かるつもりだよ、でも、だからこそ、その連鎖を止める為にも…』

从;゚‐从『それは詭弁だべ! そうやって戦って、その結果としてどうなったと思ってる!?
     今だって、結局は同じ、なら繰り返すだけに決まってるべ!』

川 ゚ -゚)『今は違う』

从♯゚‐从『今も変わらん!!』

川♯゚ -゚)『ハイン…!』

(;^ω^)「ちょ、ちょ、何してんだお!」

ξ;゚听)ξ『そうですよ! 口論してる場合じゃ…』

川;゚ -゚)『…っ』

どこか、遠くでいくつかの閃光があがる
地響きは、何か崩れ落ちるような音を放ち、地震となった
聞こえて来る爆発音は尚も激しさを増していく



从;゚‐从『…とにかく、あたしは行かない』



そんな中、はっきりとした拒絶の声だけが…嫌にはっきりと耳に届いていた。
                                        つづく

37 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 03:06:51.92 ID:f5E9mp/80
とってもわかりやすい!  

   次回予告!!



『乗せてください!!』

川 ゚ -゚)『何故…ここに居る』

从 ;∀从『僕は…マジンガーZのパイロット、ハインリッヒです!!』


川 ゚ -゚)『光子力研究所に帰れ』


次回! 「時間との戦い」につづく!

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 03:07:42.61 ID:79byLY6ZO
乙www


39 : ◆6Ugj38o7Xg :2007/11/07(水) 03:13:34.24 ID:f5E9mp/80
このような時間に支援をもらえようとは感謝感激雨霙でした
むしろこんだけ期間あけてこの短さとか、ごめんなさいしないとだよね

でも次は多分今週中にどうにかしたいです
どっかで今週と言っておいて来月になったきがするけど今週と言っておく
これが追いこみ漁

あと三話もあれば終わるかもしれない、とかなんとか、ああ時間がほしい

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 03:25:10.87 ID:yUKchIPd0
otu

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/07(水) 03:51:34.03 ID:aGDR6hBmO
久しぶりだな
乙!

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)